アニメ

November 11, 2014

結城友奈は勇者であるの制作陣は勇者である&SHIROBAKO、弱虫ペダル

結城友奈は勇者である(笑
(笑、が付く理由はこの手のアニメを観ている人なら説明しないでも分かる。
まどマギ、ヱヴァにと、どこまでパクッテいるんオマージュを捧げているのでしょう、と思えばこそ、まずは戦う時にアプリを使うという処で吹き出し、勇者パンチまで出た瞬間、爆笑してしまい、ちょうどやっていた夜間の日経先物の注文、売り買い間違えてクリックしていまった!
タブレットでやっていたので指が触れたんだよ。
すぐに買い直したんですが瞬時に1万幾ら損をした。
イヤーあの隠れた名作ビビットレッドオペレーションまでオマージュされているとは思わなかった。
ビビットパンチ、懐かしす(笑
このイチイチ感じるああマミさん、ああアスカ、これは杏子、ほむらも眼鏡段階から出ているし(身体弱いキャラから決意新たで主人公守る)武器も一緒の重火器系統、敵が接触するとヤバイ設定と敵が12体なんて辺りはヱヴァ、御魂はコアで、戦う空間は魔女空間はまどマギで、アプリのアンロックというのはしゅごキャラ?
あたしたちで守ったんだよ、この日常は、ミサトがシンジに最初に言ったセリフだよね。
「もう夕奈ちゃんには手出しさせない」は「もうまどかには戦わせない」、敵を男に例えるとこはヱヴァにありました。
「あの子、一人でやるき」は劇場版ヱヴァでマリがゼルエル戦で出て行くとこですね。
「正真正銘、正式な勇者」はアスカ来日回でのセリフ「これこそが正式なエヴァンゲリオンなのよ」
うどん屋はミサトと加治さんの居酒屋。
「どうやったら仲良くなれるのかな」は、まどかがほむらを思って言ったセリフと同じ。
「にぼし、あげないわよ」はアスカが弁当をヒカリに言った「弁当、あげないわよ」
現実の世界に災いが浸食するのは魔女の影響?
クラスに候補が集められているのはヱヴァですよね。
でも「一緒に国防に励もう!」というセリフ(笑
感動した!
カラオケで軍歌歌って敬礼が付くなんて、軍靴の響きが(笑
勇気があるのはこの制作陣だよね。
今後の展開が楽しみです。
しかも愛国とか国防とか神道だし、ここはネトウヨとしてDVD買うかなあ(笑
安倍さんの今日の会見と習近平との会談、良かったよね。
中韓に関してなら、相手が不満そうな顔をしているってことは日本の国益が守られたってこと。

しかし聖地は四国なのか・・・遠いな
でも言いたかないけど、食後の丼は描かない方がイイよ・・・アニメの世界は美しいモノだけで構成しないと・・・本気の批判はコレだけです。
東郷さん、と呼ばれる度に税金のトーゴーサンを思いだしてしまう私は、そろそろ確定申告も意識しております。

他での拾いモノはSHIROBAKOで、アニメ界の実状が漏れ聞こえるスリルとキャラの魅力の二本立てで見せる。

弱虫ペダルは日本独自のスポコンアニメとして、群像劇として一級と感じてます。オモシロイよね、コレ。でも日本のスポコンってどうしてこうオモシロイのだろう。
もうスポコンアニメは、歌舞伎を超える日本の伝統芸なんじゃないの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2014

10月の萌え事情@高水準のイリヤ、安定のうさぎ、ガルパンの良心&アイマス一番くじで欲しかったモノは

最近、フィギュアも買ってないし、アニメイトでも買うモノが見つからないし、萌え関連は下火気味です@個人的に。

それでも購入した、というか予約していたのが届いたのが
プリズマ・イリヤ・ツヴァイ第1巻:視聴すればやっぱり良品。イリヤはかなり高水準のキャラクターです。これからドンドン良くなるアニメなんで、期待。
放映分から結構、変わってます。というか、一話の出だしBD間違えたかと思った。

ご注文はうさぎ第四巻:安定路線ですね。こちらも全巻予約済です。

ガルパン四巻から六巻まで。
買ってなかったんですが、観ているウチに良くなってきて、とうとう全巻揃えました。
このアニメについてくるOVAは力が入った造りで、なんだか良心というか、製作者側の熱意を感じさせて良いですね。
通してみるキャラ全員に独自の魅力がある。
これならイベントとか行ってもイイわ。

DVD以外では、休日前夜にローソンにふらふら入るのは変わってませんが、(それくらいしかやることがないのが寂しいですが)そしたらアイマスの一番くじがあった。
そしてなんと、前ウエハースに入っていたカードで気に入っていた貴音と千早のクリアファイルがあって、欲しい!
でもオッサンだしクジでかえってフィギュアとか当たっても困るのでオークション!
腰に手をあてて科を造る貴音は、いかにも高い女って感じで良い。
Aima
またクリアファイルホルダーを買わないとな。

こんなとこですね。
後はHDD録画からDVDに落としたハナヤマタ、野崎君、ろこどるを観ています、というか、PC仕事の傍らで掛けてます。
ブリュンヒルデもDVDに落として観はじめたんだけど、もうちょっと予算を掛けて時間も掛ければ、泣ける話好きには相当の作品になったのでは。

映画はストライクとかグダグダとか彗星のとかやってますが、行ってません。
ゆるゆりの長いのが観たいです。
アイマス劇場版が10月8日で、たまこの劇場版が10日発売。
今はこれが楽しみ。
となると、やっぱり萌え関連は下火じゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2014

まどマギグラス、リポDキャンペーンの夢を見る&14夏アニメはイリヤで決定

ホントは「夜明け前@藤村」を4巻完全読了したので、そっちの記事を書きたかったのですが、暇とエネルギーがないので一番簡単に書ける萌え関連で一つ。

最近の購入では、火曜日にローソンでやっていたリポD6本でまどマギグラス1つをプレゼントキャンペーン。
グラス3つをコンプリートするのに18本買ったので、ここの処毎日飲んでますリポビタンD!
ファイトー、イッパーツ!じゃねえよ。
18本も飲み切れるか!
まどマギグラス、最初はもういらないよ、と思いつつ、なんと前日に夢にみてしまったというね。
暗い昭和時代の田舎の道を、私は古いフェアレディZに乗って駄菓子屋を駆け回り、全部揃っている店を見つけて喜んでいるという夢で、こんな夢を見ていること自体、負けかなということで、仕事終了後行ってまいりました。
後はまどマギミストグラフ@蒼樹うめ先生の作品が届いたので、寝室に飾りました。

それから買ったのはプリズマイリヤコンプリートブック!
DVD何回も観ていると、勝手知ったるという本でした。
イリヤ・ツヴァイは2014夏アニメではダントツの出来でしたね。
イマイチ気に入らなかったクロも、良く分からんキャラだった美遊も、エピソードが進むにつれドンドン良くなった。
特にバトルシーンに感動したのは、自分でも驚いた。
イリヤの日常回こそ至高と思っていたんだけど、違ったな。
森の中、コンビニの袋が宙に残されて(最初、意味が分からんかった)駆けつける美遊、ペガサスに乗った姿もカッコ良かった。
クロとイリヤの姉合戦も良かったな。
門脇舞以が異常なほどハマっているよね。
BD買いまっせ!
というかコミックス・ドライ第六巻、BD付の予約、アマゾンで出来ないのは何故?
カドカワで直販のみってか?
今どき強気だよね。

後は野崎君、ヤマノススメ、ハナヤマタ、ろこどるは視聴しました。
ハナヤマタはDVD買いとか思ったけど、後半少し一本調子だったかな・・・
残念ですが、DVD購入までは届かない。

BD購入では買ってなかったガルパン3巻目を購入。
オマケのアニメが良くて、秋山さんの戦車道も熱くて見応えありました。
どうも世界観に入りづらかったガルパン、マイブーム来るかもです。
大洗も楽しそう。
行ってみようかなぁという感じです。

実は明日、ポルシェ・センターに行くんですが、ついでに久々アニメイト覗いてみようかと思っています。
狙いはイリヤ、ガルパン、まどマギ辺りかな。
ガルパンのドラマCD一巻目も買ったから、それもボクスターに落とします。
今、らきすたのDVD久々に見ているんだけど、鷲宮のお祭り過去最高の7.5万人とか。
凄いですね。
コンテンツを大事にすればこんなこともできるんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2014

花物語 @真夏の清涼剤、何故、劇場版にしなかった

化物語シリーズのオモシロさは主役になるキャラクターに依存する。
私が最も魅力を感じたキャラクターは千石撫子で、彼女についてはいつか詳しく語りたい。
一方、一番分からなかったのは神原駿河で、なんだか宙に浮いたようなはしゃっぎっぷりに、どこでどう反応すれば良いのやら、戸惑いの方が強かった。

だから神原主役のこの花物語はまったく期待はしていなくって、下手すると予約録画忘れそうなので、リマインダーに入れたほど。
それでも忘れかけ、やっと予約したと思ったら、休日夕方故にトレーニングをやったあげく、風呂前に、とHDDに入っていた「ろこどる」をBDに焼く作業を入れてしまい、最初の23分の録画が出来なかったという失敗。

風呂から上がり夕食を取りはじめて気づいて途中から観たのですが、素晴らしかったです。
こうして観ると神原駿河というキャラクターがとても腑に落ちる。
最初のone on oneで、やるって聞かれて、力強く「やるっ」て答えたシーンなんてたった一言なのに、神原の決意がはっきり伝わってきてグッときた。

貝木さんも生きていたのか、幽霊だったのか判然としないが、良かったな。
「幸せになりたかったから肉を食え」
相変わらず苦労人の名言だよね。
EDの映像も感動的で、このストーリー、まったくのスピンオフで一作欲しいな。

それにしても、なんでこれほどの作品を劇場公開にしなかったのだろう。
あんなに中途半端な「中二病の劇場版」だってやったのに・・・
シャフトと京アニの差なのかな?
でも天下の化物語なんだから、これだけオモシロければ評判を呼んで第二の「たまこ」になれたと思うよ。

夏の映画館でこそ観たかった、青春ストーリーでした。
BD買ってもイイかなあ。
録画すら忘れた罪ほろぼしの為に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2014

最近の萌えアニメ事情@2014/5月現在

サッカーではバルサが優勝を逃すのも観ているし、バーナード・ホプキンスの49歳の統一チャンピオン誕生も観てるけど、何よりの楽しみと言えば萌えアニメです。
レンタル込みで最近観ているのは、
ニセコイ:いくら新房昭之監督作品といっても、こんなベタベタなアニメ観るか、と思っていたんですが、途中から観はじめるとオモシロイ!
花澤香菜の魔力はスゴイですね。
今は見逃していた最初の回からレンタルで観始めています。

極黒ブリュンヒルデ:ストーリーがやたら陰惨ですが、その犠牲的精神は萌え系アニメの精髄を突いているよね。
残念なのは作画方面で予算の少なさが透けてしまっていることですかね。

ラブライブ二期:ずっとキャラデザインがオールドファッションで、なんでこんなアニメが当たるのか?と思っていたんですが、観ているうちに魅力が分かってきた。
音楽も良いし、キャラクターも良い。
やっぱり当たるだけのことはあるな。


ご注文はうさぎですか:ホントに癒されるアニメで、今からDVDを買うのが楽しみです。
なんだか観ているウチに同系統のきんいろモザイクのDVDまで買いたくなってしまいました。
キャラクターが可愛い分、きんモザ
今期イチオシはこれですね。
もう一日働いて最後に観るのはコレって感じ。

やはり俺の青春のラブコメはまちがっている:レンタルで借りて由比ヶ浜結衣ちゃんにハマって全巻購入。
ラノベならではの長いタイトルで敬遠していたんですが、比企谷八幡のキャラクター、実に良く分かる。俺もこういうタイプだよ。
「成功出来ない人間は、成功者の積み上げた努力を想像出来ないから成功出来ないよ」なんて言う雪ノ下雪乃についてもいずれ語りたいです。


中二病でも二期:BD一巻だけ買って後、迷っていたんですが、録画されていたのを観なおしてやっぱり購入を決意。
丹生谷森夏がイイよなあ。
丹生谷森夏についてもいつか語りたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2014

14年春アニメはジョジョ3部と極黒ブリュンヒルデ、たまこの映画は観るが、アイマスチェアは行くべきか? クリアファイル収納ホルダーはかなり良い

いよいよ放映が始まってきた14年春アニメですが、観ているのはあいかわらず異様な勢いがあるジョジョ。
不思議にオモシロイのが「極黒のブリュンヒルデ」でしょうか?
後は「フラグ」、萌え枠として「ご注文はうさぎ」、ですね。
「一週間フレンズ」は、話の繋げかたが難しいだろうと感じています。
「ラブライブ二期」も一応観てますが、魅力が良く分からないのは前期と同じ。

「ご注文は」は原作が気に入ったんですが、ストーリーが事前に分かるのが嫌なので、残りはアニメ終了後に買うことにします。
このアニメはBD買うでしょうね。
BD買い候補としては今期はコレ一択。
ジョジョは放映を観て楽しむだけなのに、うさぎはBD買うとかって、なんか嫌ですけど、そうなるでしょう。

放映前だけど期待しているのは、原作が楽しかった監督不行届きと、設定が好みの予感がするM3ですね。

最近、週末が暇なんですが、26日にたまこ劇場版があります。
まるっきり盛り上がってませんが、私は初日に行きます。
アイマスのチェア回はどうしようか、と迷ってますが・・・うーーんどうしょう・・・さすがに私が行くのははばかられるかな・・・
アート方面でバルテュス展があるんだから、アイマスは諦めるか・・・

それから先日、買ったよと報告したクリアファイル収納ホルダー。
素晴らしい商品です。
集めたクリアファイルを一望出来るってすごくイイよ。
マジおススメ!
追加で二セット買いました。
でも郵送料高いね。
これ地上店舗でどっかで売ってないよね。
ま、買いに行くより届けてもらった方が安いのは分かってんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2014

2014、冬アニメ観たモノ概括&ゆるゆり劇場上映に期待

少し飽きてきた萌え系アニメですが、この冬アニメで観ているのは
1)中二病でも二期
先日、第一巻のBDが到着した作品ですが、これほど恋愛ロングストーリーになるとは予想外でした。
この流れはたぶん企画時からあったモノで、だからこそ魔竜院の二番煎じ的なストーリーでもあえて突き進んだのではないか、と考えます。
力の入った二期で、この位造ってくれれば劇場版のBDも買ってお布施したかいもあったということですね。

2)黒子のバスケ二期
しょせんスラムダンクの劣化バージョンで、腐女子向けの作品なんだろうと思っていたらオモシロイのなんの。
いや、日本の確立したスポコンアニメという世界観は、ホント、素晴らしいは。

3)生徒会役員共二期
超人的な会長が無双する深夜アニメの生徒会モノは、なんかもうお腹イッパイと思ってスルーしていた作品でしたが、ないげなく二期を観て吹き出しました。・・・この手があったかという驚きの設定ですね。
個人的にはスズが好みです。
一期もDVDレンタルしてPC仕事の傍ら二度観ました。
OVAも見ないとな

4)のうりん
原作未読だったので、大いに気に入った冒頭ライブシーンみたいなのをたくさんやるのかと思いました。
その点は期待外れだったのですが、スピード感のあるパロディギャグは見逃せません。

5)いなり、こんこん、恋いろは
これも途中まで未視聴で、寝る前、何気なく付けたらやっていて、コンを頭に乗っけているいなりちゃんが可愛い。
健気なうか様もキャラクターがツボ。
という訳で継続視聴中。

6)ニセコイ
まったく興味のなかった作品なんですが、なにせ監督があの新房昭之なんだから観るかなあと途中から視聴中。
さすがに新房と思いつつ、ま、これで終わりでもイイやという感じです。
3回位しか観てないからね。

以上、飽きたと言いつつ6本観てれば立派なファンですね(笑
BD買っているのは中二病だけですが、いなり、こんこんはレンタルで観てみてオモシロかったら買うと思います。

今、新規で期待しているのはゆるゆり劇場上映のOVAかな。
中二病みたいな半端な作品でなく、通う気にさせるモノを一つヨロシク。
夏のガルパンも楽しみで、4月のたまこも行く予定です。
たまこは劇場版で大化けするのか、微妙なままなのか?

先日まどかマギカの懐中時計も買ったし、やっぱり趣味は変わってないか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2014

2013年末から14年にかけての萌え関連のグッツ、番組レポート

巨大な恒星のような輝きを放った、まどかマギカの劇場版も一段落して、今は1月25日のアイドルマスター劇場版を楽しみにしている毎日です。

13年秋アニメの中での圧巻は、恋物語@千石撫子のキャラクターでした。
原作ですでに驚いていたんですが、アニメでもその「日常に密着し、徹底した凡人だからこそ持てたような狂気の魅力」はそのままで、というか、期待以上の映像化で、やっぱり新房監督は素晴らしい。
彼女はまさしくCool Japanの象徴であり、今の日本だけが造り得る稀有なキャラクターでしょう。
これだけ可愛らしくて、これだけ大人しくって闇まで深い人物造形は、かつてない。
再放送されていたガルパンは初めて通して観ましたが、さすがにブームを造りだすレベルではある。
後は大洗に行ってみようかな、ということですが、無精な私には遠いんだよな。
古典的な恋愛モノでしたが、ホライトアルバムもDVD買おうかな、という出来で悪くなかった。

最近買った萌えグッツはまどかモノばかりなんですが、
1)まどかキャンパスアート
アニプレックス制作のキャンパスアート。
届いてからは大事に本棚の上に飾っております。
PC作業現場を見下ろしてくれるような位置なんで、満足です。
Mado6


2)まどかケーキ
販売されているのを知らずに大幅に出遅れての注文だったので、届いたのは28日でした。遅れたと言っても今さらクリスマスにトキメク年でもなく、プレートは本棚に飾り付け、ケーキも美味しく戴きました。
正月休みの間も少しづつ食べて完食。
今後もこういう動きに期待ですが、情報のカバーが難題ですね。
Mado5


3)コミケローソンで買ったまどかポスター
コミケにも入場したんですが、だいぶ時間をずらしたにも関わらず人多すぎ。
今後の参加、私はアキラメました。
何か欲しいモノがあったらオークションで買いたいと思います。
実際にただ今入札中。

14年冬アニメ、見た限りでは、
1)中二病の二期
老舗の手練れ、熟練の職人たちが造っているかのような安定感は大したモノ。
どう転んでもオモシロい、むしろツマンなくするのって難しいんじゃないの、と視聴者に思わせるレベルでした。
寝てるだけだったくみん先輩に芸域が広がっているし、新キャラにも期待がもててとりあえずは、黒髪、ロングスカートでなんだか古臭いイメージになってしまった森夏の格好を早く戻して欲しい、望みと言えばそのくらいですね。
BDの購入も早々と決定です。

2)のうりん
王国民ではないですが、田村ゆかりの声はやはり魅力なので、一応録画しました。
冒頭、ステージで歌うアイドルのシーンなんですが、伸ばした腕の動きなど、非常に伸びやかで分かっているな、と思えばこそ、ダンスが盛り上がるにつれ出て来る映像エフェクトが夢みるようで、そう、二次元アイドルを出すならこうじゃないと、と膝を打ちたくなるような、お手本のような出来。
さすがFate/kaleid linerプリズマ☆イリヤを撮った大沼心。
その後のギャグもキャラクターのぶっ飛び具合も素晴らしくて、視聴決定。
取りあえずこの二本は観ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2013

Fate kaleid linerプリズマ☆イリヤBD2巻@見逃がせない傑作日常回から

ファッショナブルで都会的な可愛らしさに満ちたキャラクターであるプリズマイリヤ。
本日BD3巻目が届いたのですが、まだ2巻目の記事を書いていませんでした。
特典満載だった1巻目に比べるとCDがなくなって薄くなり寂しい感じもしますが、充実のkaleid liner notesが付いているんだから充分でしょう。

内容は第3話「ガールミーツガール」が絶対に見逃せない傑作日常回。
もう一人のヒロイン美遊が転校して来てからのエピソードが楽しく、積分やキュビズムネタなどでインテリジェンス溢れる笑いを誘っておいて調理実習から唯一得意の短距離走ネタへとつなげて行く。
夕暮れの公園ですっかり傷心したイリヤの卑屈っぷりも可愛いよね。

そしてラストは第4話「負けました」、に続くのですが、この回は笑える日常回から3巻目に続く本格派戦闘回への実に巧みな移行回になっている。
前半は笑いも冴えていて、
「あ、そうか飛んじゃえば良かったんだね、魔法少女って飛ぶものでしょう」、という夢イッパイのイリヤと、アニメを観ても浮力や揚力、航空力学を言いだす美遊の差が品のあるユーモアになって成功している。
最後は凄絶な3巻目へのプロローグとなるエピソードで終わるのだが、ここでも下から手を振って上がってくるイリヤが可愛いんだよなあ。

ともかくこのアニメに結実したキャラクター、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、門脇舞以の声と相まって、およそ可愛らしさという点では、絶後ではないと思いたいが、空前の存在であろう。
Fateからひろやまひろしが派生させ、監督、大沼心が映像へと紡ぎだした究極の愛らしさを愛でよ、と今は言いたい。
笑いのネタも上品で知的で、やっぱアニメって作り手全部が相当凄いとしか言いようがないよね。

久々にフィギュアを買っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2013

Fate/kaleid liner プリズマイリヤBD第一巻@特典の充実に感じる製作側の誠意

カレイドライナー・プリズマイリヤのBD第一巻は、内容はモチロン、特典の充実が素晴らしく絶対に買いの逸品です。

そもそもこのアニメ、放映時から造りに品があり、手抜きのない印象があった。
それはBDで改めて観ても変わらないのですが、その手抜かない印象が、付属CD、ライナーノーツと組み合わされ、単にエピソードを二話収録しました、という録画商品の域を超えさせる魅力がある。

付属のドラマCDは楽しく、新作ショートアニメも、まさにコレが観たいというファンの気持ちの勘所を押さえた造りになっている(笑)のだが、なにより特筆すべきは美麗なliner notesで、キャラクターファイルにストーリーダイジェストと楽しんだ後、に収録されている大沼監督のインタビューが一番の読み処。
この作品は、かわいく、カッコいい、王道のオモシロさ、を目指したということですが、狙いは達成されました。
そして周辺スタッフへの言及。
あのイリヤは牛島希さんという方が描いているそうで、覚えておきます。
ノートには原画ギャラリーも付いているんですが、このレベルの絵画はですね。
セザンヌだのルノワールのデッサンと変わらない価値があるよ。
今はまだこんな事描いても戯けたことを、と思われるでしょうが、いつか歴史がそれを認める日が必ず来ます。

BDの内容も、一話アバンでイリヤの寝姿が見られるので必見です。
非常に美しく可憐でラファエロ前派のエリザべス・シダルも顔色なし。
二話の冒頭で、凛に頭をど突かれて白目になる処とかと、ともかく可愛い。
初めてのバトルシーンで反撃に出た時の「イックヨー」という声も萌える。
この辺は門脇舞さんの力で、良くもまあフィットした、というかまさにマジカルな魅力が炸裂している。
ファッショナブルで可愛いキャラクターを造る、という狙いは極めて高い水準で成功した、と記しておきたい。
これは来年あたり映画化も期待したいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画