サッカーW杯

July 14, 2014

W杯ブラジル大会@オメデトウ、ノイアー&神になれなかったメッシに観るまどかマギカの予言

1)最優秀GKノイアーに拍手
フィールドにまで大胆に進出しながら、盤石の安定感も兼ね備えるという難事を成し遂げドイツを優勝に導いたマヌエル・ノイアー。
内田くんにもずいぶん親切にしてくれていたようで、震災へのメッセージにも気配りしてくれていて、感動しました。
今回、彼が示したスタイルは今後GKの新たな基準になるのではないか?
卓越した判断力と抜群の身体能力が必須だとうけど、サッカーの新たな可能性を切り開いたと思う。
今大会のMVPは彼だろう。

2)神になれなかったメッシに観るまどかマギカの予言
今も過去に置いても、観戦すれば最高に楽しませてくれる選手がリオネル・メッシです。
今回のWカップは守備の義務からの逃れ(=全員守備の全員攻撃という現代サッカーの頸木から自由になって)、一人、神の領域を見せてくれるかと思ったけど不発でした。
最も大きな原因はディ・マリアの不在だったろうな。

では何故ディ・マリアがいなくなったかと言えば、決勝トーナメント二回戦、ベルギーとの試合前半30分に見せたフィールド中央やや左サイドからはるか前方の右サイドに出した絶妙という域すら超えた神がかりのロングパス。

球筋が光り輝くような、ちょっとぞっとするようなロングパスでしたが、アレに追いつこうとしてディ・マリアは故障し、それからメッシの勢いも止まってしまった。
神の子がそれ故に出し得た一条のパスが、その恩寵を広める使徒を傷つけて福音は止まった。
素晴らしすぎるパスを出したメッシは悪くない。
そのパスの値打ちを誰よりも分かるが故に必死に走ったディ・マリアは絶対に正しい。
誰もが一生懸命に正しい事をしようとしても、それ故に運命の歯車が狂った。
なんというまどかマギカだろう。
以下キュウべえのセリフなんだが、
どんな希望も、それが条理にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みを生み出すことになる
やがてそこから災厄が生じるのは当然の節理だ
今回の希望はアルゼンチンの優勝で、その希望を叶える手段があのパスだった。しかしそれは条理にそぐわず(アルゼンチンはそこまでの力はなかった)、ディ・マリアの怪我とい災厄が生じた。
と読めました。


3)岡田監督の解説はスゴイ
この人の解説がこれほど凄いとは思わなかった。
仔細な点を見逃さず考察はお見事で、伊達に日本を16強の導いてない。

4)ブラジル代表の復活を祈ろう
4年に一度、伝説のアバロンから降臨する最強戦士という趣のあったセレソンですが、今回はドイツからの大嵐に吹き荒ばれ霧が晴れたら中身はだいぶ傷んでいたのがバレてしましました。
カナリアイエローの復活を今は願ってます。

5)日本代表については、これからは言葉でなく結果でファンを納得させて欲しい、とだけ言っておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2014

W杯ブラジル大会3位決定戦、瞬発力が、有り得ん・ロッベン&終わるのが寂しいな

前記事で書いけど、ブラジルはオランダのスピード溢れる攻撃に3失点。
得点出来る感じがしないという予感も、0得点ということで、悪い予感が的中してしまいました。
印象的だったのは、倒されたロッベンが芝の上で笑っていたことで、これは確かに自分で言っている通り、燃料タンクは0だろうな、と。
中二日でご苦労さま、としか言えない。
やりきった男の顔は、あんな風に笑えるんでしょうね。
それにしてもロッベンの瞬発力は、それだけでファンタジーでした。
ボールが渡った瞬間に生じる目を見張るようなスペクタクルは、(有り得ん)アリエン・ロッベン。
ま、オランダもこれだけやったんだから、明日のアルゼンチンは分かってんだろうな、南米補完計画。
たのんまっせ、メッシ、ディ・マリア、イグアイン、マスケラーノの旦那方。
今日のオランダ観てたら疲れてんのなんのって言い訳は出来ないよ。

それにしてもWカップも明日でお終い。
私は昨日位から寂しっくって仕方がない。
毎回そうなんだけど、Wカップは始まるまでの期待感というか、盛り上がりが半端ではない。
その反動で、まず日本代表が敗退する所で虚脱感の第一波が来て、大会が終わると第二波が来る。
日本代表が負けた処では、まだ大会自体は続いているので、持ち直すのですが、ホントに大会が終わると空しさが半端でなくなる。
なんでこんなに依存してしまうのか、自分でも分からないのですが、録画しただけでまだ観てない試合は20試合以上あるんだが、Wカップ二か月論でどうでしょうかね。
みんなもっとゆっくりやろうよ。
一日2試合までにしてさ。
そしたらだいたいリアルタイムで見切れるし。
決勝トーナメントはたっぷり日にちを空けてさ。
途中で調整試合はさんだりして・・・
ああ、ホントに終わってしまうんだな。

シーズンがすぐに始まるけどなあ・・・
Wカップじゃないんだよなあ・・・
終わった後の特集本、何買おうかな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2014

アルゼンチンに、ワールドカップブラジル大会の南米補完計画を願う

ブラジルの負けっぷりにビックリしてしまい、アルゼンチンが心配で早起き!と言っても試合はだいぶ進んでいてHDDレコーダーで追っかけ再生です。
セレモニーはすっ飛ばして試合から視聴ですが、FXや株価指数先物を取引する私はNY市場の数字もチェックしないとならない。
ダウにドル円、ユーロドル、日経夜間の数字なんかを見ているうちに前半の半分は終了。
チラ見ですが、アルゼンチンもオランダも選手たちに多少の疲労の影はあれど、闘志に溢れ、スピードも豊かで強く激しく巧みで、ダーティなプレイは少ない。
私には素晴らしい試合に感じました。(録画は残してあるのでもう一度観ます)
もし昨日のブラジルもこんな試合をしていたなら、負けてもあれほど叩かれることはなかったよね?
早く起きてボーっとしながらそんなことを思いました。
だんたん目も覚めて来て、結果延長からのPKだったので、全部は見切れず。
残りは昼休みに観終えたのですが、ほっとしました。

まず問題は3位決定戦ですね。
正直、昨日の出来だったら、お疲れ気味とはいえ速さならドイツ以上のオランダをブラジルは止めることが出来ないでしょう。
唯一の希望は累積で出ていなかったチアゴ・シウバが休養充分でコンデション良好。DFラインを統率出来れば負けはないか?
でも他の選手のショックがあまりに深いとまた混乱に陥る可能性は捨てきれない。
なによりブラジルが得点出来る感じがしないのは深刻だよね。
かつてWカップアメリカ大会で、ロマーリオは凄かったですかと聞かれた対戦相手が「ブラジルチームは全員がロマーリオだ」と答えました。
当時のセレソンの卓越ぶりを伝える言葉ですが、すでにその片鱗も感じられないのはどうしたことか?
今日のアルゼンチンとオランダには巧くて強い選手が山ほどいだ。
ドイツにはもっとたくさんいる。
スペインが、素晴らしき一時代を築いたことも間違いない。
なんでこうなったのだろう?

決勝はアルゼンチンに勝って欲しいが、休養が一日短いうえにかたやドイツは実質45分。アルゼンチンは120分だから不利?
でも大勝した次の試合は苦戦する、という流れってありますよね。

アルゼンチンの希望はディマリアの復帰だ。
今日のメッシは相棒を失って寄る辺なき孤独感が漂っていた。

それにしてもなんで私はこれほど南米チームの勝ちを願うのだろうか?
というかドイツとイングランドのサッカーを、何故にこれほど嫌うのか?
別に両国が嫌いなわけではなくて、英国は私最大の趣味だったミステリー小説発祥の地だし、ロック大国だったし、若い時は憧れの国だった。
ドイツだって、造るクルマが大したモノだということは納得している。
計5台ドイツのクルマは乗り継いで尊敬している。
一昨日、「美術館の帝王」という美術史の電子書籍をだしたりしていて、決して欧州嫌いという訳ではなくむしろ欧州好き!なのに、何故かことサッカーとなるとこの二か国はなんとなく応援する気になれない。
イングランドはいつも弱いので(失礼)気にならないのだが、ドイツは強いのでイライラする(笑←失礼、いや個人的に知っているドイツの方はホント、イイ人だ。

リネカーの言葉「サッカーは単純なスポーツだ。22人がボールを奪い合い、最後はドイツが勝つ」が実現しないことを今は願う。
メッシよ。
神の子ならば奇跡を見せよ。
そうなったらディマリアは使徒だな。
エヴァンゲリオンじゃないけどさ。
ワールドカップ南米補完計画の実現を今は願うよ。
あ、ドイツ人って完璧超人に見えるけど、エヴァンゲリオンとかまどかマギカみたいな凄いアニメは造れないよね。
アニメWカップなら日本とアメリカの決勝で、日本勝ちです。
今さらこんなこと書いてもむなしいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2014

王国の魔法、砕け散る!2014ブラジル大会7月9日セミファイナル@ベロゾリオンテ

心底ビックリしました。
ドイツ相手に7対1という歴史的大敗を喫したこの試合にです。
パワフルな個人技に加え、正確に素早くパスを回すドイツに対し、慌てふためくブラジルは、栄光のセレソンというより手合い違いの3流チームのようでした。
1トップで使われ続けたフレッジは、本当にフィールドにいたのでしょうか?
怪物みたいだったマイコンはパワーもスピードもすっかり衰えていたし、フェルナンジーニョやルイス・グスタポはホントにカナリアイエローのユニフォーム着ててイイんでしょうか?
この試合でセレソンらしかったのはマルセロだけだった。

マラカナン以上の悲劇をまさか今日、ミネイロンで見られるとは思わなかった。
とりあえず王国ブランドは完全に崩壊し、サッカー選手市場でのブラジル・プレミアムは消し飛ぶでしょうね。

私がサッカー観戦が好きな理由は、時に素晴らしく美しいプレーが見られるからです。
そして美しいサッカーと言えばブラジルで、強いサッカーと言うのもブラジルなのです、私の場合。
私が初めてサッカーとはなんて綺麗なスポーツだろうと感じ入ったのは、アメリカ大会で観たカフーのドリブル。
それ以来いつもWカップ優勝予想ではブラジル一択。
もう予想というレベルではなく、信仰に近い感情なんですが、今日見事に粉砕されましたね。
主力の二人が抜けただけで、こんなに弱いのかブラジル。
今までだって敗戦は数あれど、今日の負けは負けというレベルではない。
王国にかかっていた魔法が解けた瞬間でした。

今後の希望的観測を述べさせてもらえるなら、明日のオランダvsアルゼンチンは、今大会のメッシ(=88分ふらふら歩き、残り2分で仕事する)で勝つでしょう。
というか勝って下さい。
で、決勝のドイツvsアルゼンチンでは一転メッシは90分駆け巡ってノイアーの壁を破りまってハットトリックする。
南米の生み出す真のmagicを見せてくれメッシ&アルゼンチンメンバー!
お願い。
そうしないと私のサッカー幻想が消えてしまう。
一方、美しさの魔法を操りまくっているのが安室奈美恵様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2014

Wカップ・ブラジル大会!ラフプレーは嫌、コスタリカは偉かった!プリズマ・イリヤのグッツは完全に出遅れ、攻殻とガルパンの映画は行ってない

コロンビア戦で骨折させられたネイマールはホントに気の毒でした。
若い肩にとてつもない重圧を背負っても笑顔のプレーを忘れなかったのに、酷いチャージでそれもお終い。
私はサッカーのラフプレーってホントに嫌いなんです。
殴りあいや蹴るにしろボールでなく人を蹴りたいならボクシングでも総合格闘技にでも転向すれば良いのです。
美しいサッカーが見たいよね。
フィジカル面でもメンタル面でもさ。
ともかく今は彼の回復を祈っておきましょう。

あのオランダを120分完封したコスタリカは素晴らしかった。
途中から完全に応援していたんだけど、最後は地力の差が出たんでしょうかね。
オランダ、随分崩していたけど、最後までやらせなかったものね。
後の心配要素はディマリアが大丈夫か、ということですが、これでブラジルvsドイツ、アルゼンチンvsオランダですよ。
今回のWカップはオモシロイよね。

萌え方面では、二期の始まるプリズマ・イリヤのグッツフェアを見逃してました。
駅売りとかでやってるなんて通勤のないオレは不利だよ。
オークションにも出てないよね。
チャームとか欲しかった。
夏アニメが始まるけど、さすがに今はワールドカップに押され気味。

映画は攻殻もガルパンも行ってません。
なんとか行きたいんだけどね。
映画に行けない分、DVDを買おうか、ということを考え中。
でも先日届いた「ごちうさ」のBDにバグ有りという連絡も受けて面倒です。

ボクスターでドライブするにも良い季節なんで、Wカップとの相乗効果で萌え方面が手薄ですね。
昨日ガルパン新聞を買ったのが最近の収穫と言えば収穫かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2014

アンチポリバレント@ふらふら歩くメッシはどこまで行くのか?

欧州チャンピンオンズもユーロもWカップも制覇していたバルセロナ風スペインサッカー。
ともかくパスが繋がって、相手にボールを渡さないんだから最強!と言われていたのに、より速く、より高くを加えたバイエルンにやられたかと思ったら、そのバイエルンまで個の力を押し出したレアル・マドリッドのカウンターにやられた。
まあ旬も過ぎたかと思えばこそ、前回優勝のスペインがオランダ相手てはいえグループリーグ初戦で5-1負けとは思いませんでした。

サッカーにおける戦略とは「所業無常の響あり、ただ春の夜の夢のごとし」とも感じ入ったのですが、組織化された現代のサッカーでは、卓越した個はありえぬ!
ポリバンレントこそ絶対の傾向!
いくら「優れたFWでも、守備しないヤツは使ってやらない」というのはまず覆らない、いわゆるサッカー進化の法則だと思っていました。

ところが今回2014ブラジルWカップで、その絶対法則を公然を破っている選手が一人いる。
言わずとしれたリオネル・メッシさんで、一人だけ見ているとWカップの対戦フィールドにいる、というより公園を散歩しているようなノンビリぶり。

私はかつて走りまくっても敗れたネドベドさんに感激したり、今回もチリの試合に熱いモノを感じたり、走るサッカー当然好きなんですが、他の一流選手たちがよってたかってしのぎを削っても膠着を脱し得ない試合を、フラッと登場して決めてしまう姿には「見逃すにはもったいない真の卓越」を見る。

このまま果たしてメッシとアルゼンチンは何処まで行けるのか?
涙脆いネイマールと、決勝のフィールドでバルセロナ以来の再開を果たせるのか?
そしてそこでの二人の運命は?
今はそれが楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2014

2014Wカップブラジル大会 決勝T@フッキのハンドは気の毒だった&他の印象覚え書き

決勝トーナメント1戦目はブラジルvsチリ
走って走って走りまくるチリは、絶対に負けられないノックアウトランドでは実に嫌な相手でしょう。
この試合もチリは走りまくってブラジルにスペースを与えず。
個人技を封じ込め試合は延長でも勝負がつかず、結局PK戦で主催国ブラジルは薄氷の勝利をつかんだのですが、フッキのハンドは気の毒だったよね。

終了間際のチリのシュートが入っていたら第二のマラカナンの悲劇再現だったのではないか?(笑
笑いごとじゃないか。
反対デモが一気に盛り上がって大会中止に追い込まれていたかもしれない。

日本に対して泣けるメッセージを送ってくれたフッキは、超人ハルクみたいな身体なのに速いはタフだわで抜群の存在感。
応援しているのでこのまま優勝して欲しいですね。

その他今回のWカップで印象に残ったことを覚え書き
1)パスサッカーの限界を露呈したかのようなスペインですが、ビジャの決めたヒールシュートは、オーレッみたいな掛け声が似合うようでカッコ良かった。
唯一の意地に感じました。

2)勝ちのなかったアジア勢だけどオランダと真っ向殴りあったようなオージーの試合は気持ち良かったし、アグエロ、イグアイン、ディマリア、メッシがいるアルゼンチンを終了間際まで抑え込んだイランの守備もお見事でした。
そしてそれを打ち砕いたメッシのゴールは、この大会一番の凄味。

3)今日の(決勝T)コロンビアを見ていてもホントに強い。
すっかりスターのロドリゲスだけど、このチームにファルカオが加わっていたらどうなっていたんだろう。
ネイマールとメッシの大会になりそうな今回だけど、ファルカオが割り込んで三つ巴だったのか?
でもそんなコロンビアのディフェンス陣をなぎ倒したジェルヴィーニョのシュートも忘れられない。

4)悪い方の印象ではカメルーンの選手同士の喧嘩@試合中、フィールドの上で、とスアレスの噛みつきですね。
私は一番好きなスポーツはボクシングと総合格闘技だから乱暴な事、嫌いではないのですが、選手同士がゴール前で噛みつきあっているような試合は観たくないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2014

2014Wカップブラジル大会の話とか録画したアニメDVDの話とか

日本代表一分二敗でGL敗退は残念でした。
今回の代表チーム、なんかおかしかったですね。
強化試合とまったく別のチームの如くで、緒戦からまったく動けてなかった。よほどコンデションが悪かったのか何なのか?
ま、スペインもイングランドもイタリアもGL敗退ですから、決勝トーナメント進出は当然という見方は、少し希望的観測過ぎた。
日本人選手の活躍はメジャーリーグと始まったウインブルトンに期待しましょう。

でも大会自体は実にオモシロイ。
ブラジルという土地の熱気が各チームに伝わっているかのようで、エキサイティングな試合が多いです。
今大会、ネイマールの大会になるのかメッシが凄味を見せるのか?
あるいはコスタリカが奇跡の進撃を起こしたりしてね。
これからも楽しみに見守りたいと思っています。

後の楽しみはアニメですが、本日「恋物語」が到着。
PC仕事の傍らで掛けていたんですが、3話入っているのでお得感はあります。
名物の副音声はまだ少し聴いただけですが、狂女伝説の血統を、現代によみがえらせた千石撫子のキャラクター造型については語りたいのですが、暇がない。
まとまった事書くにはエネルギーがいるよね。

それから最近の整理事情で、録画したままになっている大量のDVD.
捨てようと思ったモノノ、その前に一度は観るかとかけてみたら攻殻機動隊がオモシロイこと。
事件は解決した!と思ってもなんとなくすっきりさせなくてそれがむしろ余韻になっていて、すっかり単純化されたハリウッドアクション物なんて軽く凌いでいる。
攻殻はこの週末映画行きますよ。
でも時間が合わないんだけどね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2014

2014ワールドカップ・ブラジル大会ガイドブックは何を買ったか?

いよいよワールドカップ・ブラジル大会が始まりますが、私はとりあえず全試合録画!
重要な試合(日本戦)と主要強豪国(ブラジル、アルゼンチン、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ウルグアイ)辺りの試合はなるべく当日中に観て、残り物は延々、休日のトレーニング中に長期的に消化する、という方針です。

で、書店に行くとワールドカップガイドブックが山のように積まれ始めてますが、1冊は買うことをおススメします。
終わった後でもその本は残るから思い出になるんだよね。

問題はどの本を買うかです。
本来なら全部でも買って延々と読んでいたい。
ワールドカップが始まる前にその直前情報を集めた本を読んでいるというのは幸福の極みなんですが、そんなことばっかりもしていられない。
では何を買うかですが、過去の経験から、評論家の先生たちが延々持論を述べていたり、写真が豪華なモノはあえておススメしない。

事前の予想やら論評やら、終わってみればなんだんったんだよ、という事、多いんだよね。
思いもかけないことが起こるのがワールドカップで、結局、現地に行かない限り試合はテレビの中で起こっているんです。
となると本は予約に便利なようにテレビ欄の充実したモノがヨロシイ。
さらに言うならグループリーグでの勝敗、点数表や決勝トーナメントへの進出チーム、進行状態を書き込める欄のあるモノがヨロシイ、となるので個人的に選んだのがこの本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2013

長谷部誠選手、被災地に2億円寄付@実際、真似出来ないよね。自分だったらさ。

長谷部選手が私も読んだ本「心を整える。」の印税を全額。
2億2500万円を寄付したようです。

今回の震災。
多額の寄付をしたかたは沢山いたわけですが、おそらく寄付した額との所得比、資産比率で言えば長谷部選手は最も多い人の一人ではないでしょうか。
日本に帰る度、現地に飛んで支援活動もしているようです。
若いのに立派ですね。
本当に見上げるような人間性で、胸を打たれます。
オタグッツを見つくろいながらそのお店のWi-Fiで接続したハムスター速報からこのニュースを読んだ時、一瞬、自分のダメさに落ち込みました。
まあ私も寄付はした(○万円)んで・・・あまり恥るのは止しときましょう。
世の中には慈善活動を食い物にする人間もいるんで、下には下がいるってことでね。
ただ仕事などしていて、たまたま巧く行った時、少しでも自分が偉いなんて思えたら長谷部選手を思いだして戒めにしますよ。
少しでもマシな人間になるためにね。

そんな私が最近見つくろった萌えオタおススメDVD(←やっぱりダメかもワカラン)は
キスシス:中野梓ちゃんのCVをした竹達彩奈さんが、かなり際どい演技をしています。あずにゃんファンは必見、必聴。
アマガミ:ゲーム原作らしく、キャラ絵はイマイチと感じたのですが、実際はけっこうオモシロい。
ですね。
後は春アニメとして超電磁砲はおススメしておきます。
髪を花で飾った初春飾利ちゃんといのが一押しキャラです。

今週末には「花咲くいろは」が公開になります。
4月はシュタインズ・ゲートで、8月には「あの花」の劇場版ですね。
あの花も観たことないんで、レンタルしていきます。

オタグッツではまどかマギカグッツをアニメイトで見つくろいキーチェーンやらコードまとめやらを購入。
クリアファイルも買いました。
オマエは美術展やらアニメやらのクリアファイルばかり買っているが、何してんだ、というご心配あるかもしれませんが、ウチは資料が多いので結構みんな使ってます。
最近は去年かった「けいおん」手帳もノート代わりに使いだしました。
やっぱり使わないとね。

さてヨルダン戦。
仕事は終わったので応援モードに入らせて戴きます。
テレ朝、松木さん、出てないんだけどなんで?
唯一の取り得をなくしてどうするテレビ朝日。

松木、出てた。
良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画