二人の娘

June 17, 2013

父の日の出来事で、自分の幸せを噛みしめる

昨日の日曜は午前中資料整理をした後、午後は会合と勉強会に行っていた。
ま、面倒な会合も行ってみればあちこちで話も弾み、勉強会で知り得たニュースもまずは良好で悪くはなかった。
それでも休日が終わったな、という落胆と共に自宅に帰ると次女が「父の日のプレゼント」と渡してくれたのがコレ。
Titinohi1
中身はまどかマギカのサイダー缶で、絵柄の部分を妻が切り取り裏側にアルミ板を貼ってある。
それを次女がガラスケースに入れてくれた。
こんな大人げない趣味につきあってくれる娘と妻には感謝するしかない。
その後、ウエイトとバイクトレーニングをして入浴したらiphoneに長女から「父の日オメデトウ、何か欲しいモノない」というメッセージが入っていた。

前記事でも書いたばかりだけれど、私は欲しい物は何もない。
「欲しいモノは貴女が元気でいてくれることだけです」、と返信したが嬉しかった。

私は恵まれた人間だ。
二人の娘たちにプレゼントなんてしたことないのに、私だけ誕生日のプレゼントももらっていたっけ。
なんでこんなに良くしてもらえるのか?
今日は娘が冷たいとお嘆きのお父さんに、参考になるかならぬか分からぬけど、思う処をちょっと書いてみる。

1)まったく無理していなくても、趣味が若い
自分でも謎なんだが、私は趣味が異様に若い。
音楽から映画からアニメまで、若い人以上に夢中になる傾向がある。
よって次女のオタク趣味にも長女の芸術趣味にも対等に話が出来る。
・・・これはまあ生まれながらなんであまり参考になりませんですかね。
でも無理に話を合わせるのは、よした方がイイかもしれない。
彼女たちが求めているのは、本気のノリなんじゃないか?と思う。
ウソはダメ。これは基本だ。

2)認めて褒める
娘たちよりハイスペックの大学生も随分いるだろうが、「私の娘」という枷の中なら二人とも良くやっていると思える。
でもこれは鶏と卵であって、ふざけている、と思ったら怒るけどね。
だから認めているのは、二人が努力した結果なので、やたら褒めて認めれば良いという訳ではないね。
ホントはダメだと思っても、関係を巧くやりたいが為に褒める「お世辞」はやはり逆効果だろう。
こういうことはやはり敏感に見抜かれる。
ウソはダメ、基本だ。

3)アドバイスは理想論でもなく、現実的に過ぎるでもなく自分も考える
何かに迷っている時は本気でアドバイスする。
それは理想論でもなく、功利的に過ぎる打算論でなく、自分も悩みつつ話すってことでしょうかね。
うん、やはりウソはつかないってことだ。

4)妻との仲
娘と妻の絆というは意外なほど強い。
よって妻から良い感情を持たれていれば、自然、娘にも伝わるだろうと思われる。
では妻と巧くやって行くには、というとこの記事の最初からとなる。
曰く、会話が合って、趣味があって、ダメなら怒っても、基本、褒めて認めて、悩みがあるようなら本気でアドバイスするという・・・循環論ですが、そういう事ですね。

5)自分がしっかりする
人に認められるにはまず自分がしっかりすることだろう。
だらしのなさなど一切ない、という超人レベルは無理でも、自分の出来る限りのことをする。常に反省を忘れず向上心を持つ・・・なんてね。
ま、私もそれほど立派ではないんで、恐縮ですが、心構えだけでもそうする。
実行は出来る程度でヨロシイだろう。

以上ですね。
書いていれば何か書けるかと思ったけれど、学問と同じ。
魔法のような安易な道はなく、あるのは長く困難なThe Long And Winding Roadだ。
でもこの道を行けば普段の家族サービスなんてのからは無縁でも、良好な家庭生活は営める・・・と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2013

I’m proud of you@ニャースに似た娘なんて言っていたけど、良くやっているよ

長女様。
昨夜は素晴らしい知らせを頂き、ありがとうございました。
親として嬉しく、誇らしかったです。
スゴイっすね。
自分でやる、と思ったことを現実化する力は大したもんだ。
ただ好事魔多し、とも言いますから、くれぐれも生活の諸々気を付けて。
今の良い気分を楽しむのは良いですが、いい気になってのけ反ってると、足元には泥沼があることもあります。

貴方はどうにもノリが軽く、努力、努力という姿を見せないので、なんだか好運が連続しているようにも感じてしまうのですが、実際、努力をしているんでしょうね。

さて、父親として、というより、昔、貴方の年だった人間として、かつての自分を振り返ってアドバイスをするとすれば、まず一番重要でかつ簡単に出来ることに整理整頓、掃除に片付けがあります。
実際、整理整頓、掃除に片付けは、最強へと至る道です。
これには身の周りの整理整頓、掃除に片付けはモチロン、自分の考えていることを定期的にまとめて文章化したり、図式化するのも含まれます。
ご参考までに。

後はもうですね。
自分の思ったままやるとイイよ。
世界は広く、貴女は若い。
思い切り羽を伸ばして飛び回ってください。
墜落して、もう飛べないと思ったらかえって来ればいいさ。
そうしたら私とママと三人で事業をやりましょう。
それまでに、色々なノウハウを身に着けておくように(笑
まあ、こう思い続けて何年たつのだろう。
還ってくる処か、どんどん広い世界に行ってしまう勢いですね。

それからBF関係の事。
まったく聞こえてこないのですが、どうなっているんでしょうか?
私は煩いこと言うタイプではないんで、誰か出来たらご一報ください。
焦らないでイイですから、結婚はしてください。

それにしても、小学生の頃、ペーペー情けなく泣いてた貴女がこんなになるなんて信じられないよ。
人間ってのはワカランもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2012

フランスに渡米ネタで実の娘が釣れてしまったことは幸せな話(笑

前回の英語勉強記事で、「フランスに渡米」と書いたら長女からメールが来た。

何を言っているのか分からないと思ったのだろうが、私も何を言われているのか分からなかった。
て、もうコピペを使うのはよそう。

2ちゃんねるユーザーの高齢化って本当なんだな。
次女もこのネタ知らなかった。
ホントに、親がネット掲示板と萌えアニメと安室ちゃんで、子供がその間違いをたしなめるって、今の時代の日本、どうなっているんでしょうか?
あ、私がおかしいだけか?

「フランスに渡米」で検索を掛けてもらえば、ズラズラ出てくるように、これはまあ、有名なコピペです。
今さらこのネタは古いかなあ、と思ったんですが、フランスに行った時、あの英語嫌いな仏国で英語をしゃべり倒して用を済ませていた人が印象的だったのも、中学三年の教科書無双とその人が言っていたのも事実だったので、つい書いてしまいました。

私も最近はめっきり滞在時間の減った2ちゃんねる。
それでも本来予定していた今日の記事は、ハム速からのネタを書こうと思っていたんだから立派なユーザーか。

でも実の娘がこんなブログを読んでくれているのは嬉しいし、某巨大掲示板で時間を潰してないのも喜ばしい。

ここで長女に個人的に礼を述べておく。
どうもありがとう。
貴女の将来に期待しています。
私は昨日も某Caféで英語の勉強したよ。
15分位だったけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2012

なんで女という生き物はこんなに果てしなくしゃべるのか@女3人vs男1人

長女が帰ってきて、久々、かつつかのまの家庭内4人生活ですが、かしましい。
Never ending conversation
姦しいという字はまさに至言で、女3人、聴いているとともかくよくしゃべる
女という生き物はなんでああどうでもイイことを次から次へとしゃべるのか?
もっと生産的なこと。
たとえばバルセロナはホームでなら確実にミランに勝てるのか?
とか、
先週外人は株を売り越したが、リスクオンの相場は続くのか?とかですね。
そういう内容のある話をしろ。
というかしてください。
なんだか運動神経が凄く悪くなった状態で、バスケとかやらせれている気分。

複数の娘と妻に囲まれ寡黙に新聞を読んでいるお父さん像とか、ドラマなんかにあったけど、まさか自分がそうなるとは思わなかった。
今日は夕食の後、本屋、コンビニと回ったのだが、ずっと運転手状態だった。
背後の席と助手席では
「あたしヨット部入ってたけど、二月に川に落ちたんだよ」
「え、良く死ななかったね」
「死ぬわけないよ、お姉ちゃんだもん」
「ガラスのハートの私になんてこと言うの」
「ガラスはガラスでも防弾ダラスでしょ」
なんて会話がスピーディにかつ延々と続く。

もうダメ、ついて行けない。
こうやって男は家庭内で孤独になっていくんだな。
もう家出しようかな。
どっかで新しい女を見つけて新たな家庭を築くかな。
でも夕食会でオバアチャンからお小遣いを差し出された時
「私もう二十歳だからいらないよ」、と笑って固辞した長女は立派だった。
俺があの年ならひったくるようにもらってたよ。

次女は先日、大学の剣道部の見学へ行ってきた
「剣道部では、拙者、とか、お相手いたそう、とか言ってキャラ造んなよ。両手に竹刀持って二天一流とかさ」
なんて煽っても相手にしてくれない。
この間までたこ焼きを食べはぐって泣いていたくせに!
娘たちは、もうどんどん大人になっていく。
父は寂しい。
透明金魚がいるぞ、とか言って二人を連れて散歩していた黄金の時代は終わったのだな。
さらば、甘く愛しき小さな娘たち。
それでも一緒に眺めた金色の夕暮れは忘れないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2012

ゴマジョーと呼ばれる娘が高校の入学案内モデルとなる

先日メデタク卒業した母校の入学案内パンフにのるようです。
久しぶりに母校に行き、写真撮影を済ませ、受験体験の原稿を渡すと、お土産に文房具やらお菓子やらを頂いたようで、機嫌よく帰ってきました。
親として思うのは、こうして評価してくれた母校の名前を決して汚さぬよう、しっかりとした大学生活を送って欲しいということですね。
中高時代の弓道部に続いて大学は剣道部に入るという武道系一直線ですが、それなら筋力トレーニングをやって欲しいです。
家にしっかりとした機材があるんだからさ。
なんでやらないかな。
さらに心肺系のトレーニングもして欲しいですね。

勉強はガリガリやること当然ですが、深く幅広い教養も身に着けて欲しい。
「英国王のスピーチ」を観ていたら、これはモーツアルト、この曲はベートーヴェン、ピアノ・コンチェルト五番皇帝、第二楽章とかね。
分かる位にはなって欲しい。
「プッチーニの愛人」を観ていたら、この森の小路を馬車で走るシーンはエドワール・マネの絵を思わせる、とかね。
さらにプッチーニの生まれた年にマネが活躍していたので、正確な年度はちょっと違うけど、なるほど南欧の風景には共通するものがあるなあ、というね。
そういう知識とかインスピレーションを持てるようになって欲しいですね。

「スターシップ・トゥルーパーズ3」を観ていてたら巨大バグズの姿を「クトゥルー神話の邪神みたい」とイイ事を言っていたので、ネクロノミコンーアルハザードの放浪@ドナルド・タイスンを貸しました。
この本はオモシロイよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2011

結果を出したゴマジョーと呼ばれる娘@大学入試

かつて「ラストたこ焼き」を食べられないと泣いていたゴマジョーと呼ばれる娘が大学入試で結果を出しました。

推薦で入れる範囲ではベストの大学ではないか!
まだまだ勝負は二月なわけですが、ここを決めたのは大きい。
大学入試は、「大人という結果が問われる存在への一歩」、と言ってきかせてましたが、結果、出しました。

はひはひ泣いていた長女より最初はマジメだと思っていた次女でしたが、受験をさせるとそうでもないのが分かった。
ニャースに似た娘、長女は某科目が異常に出来た上、試験数か月前からは壮絶ともいえる踏ん張りも見せ、中学入試から滑り込みの達人。
大学入試も成功させた。

対していつのまにか腐女子化した次女は、努力すること凄絶な色合いに欠けるかなあ、と案じていたんですが、杞憂でした。
二人とも大したもんだ。
そう、娘二人は結果を出した。
父親こそ「大人という結果が問われる存在」なんだから、しっかりしないとな(笑
とりあえず、オメデトウ。
よくやりました。
安心しないで、二月までの集中力を切らさないように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 31, 2011

次女がまだ私の領域には及ばない点

妻と次女と3人で夕食を取りながらラルク・アン・シエルのライブを見ていた。
次女「この人がhyde?」
私「そうだ。オマエhydeの趣味って知っているか?」
「分からない・・・スポーツ系?」
「スポーツ系だ」
「うーーん、サーフィンとか」
「違う、乗馬だ。何と言って乗ると思う」
「分からない」
「ハイドー」
妻「今回は読めなかったわ」
私「オモシロいだろ」
次女「オモシロくない」
「まだまだオマエは私の領域には遠いな」
「別にそんな領域、行きたくないから」
「これは暗殺拳究極奥義だ。オマエは30年後にこのギャグで絶対に笑うぞ」
「30年も掛るの? その時はどの秘孔を押せばイイの」

ラルクのライブが終わり、WOWOWのドラマCMが入る。
「受験勉強は立ち止まったらそこで終わりなんだよ@三上博史のマネ」
「やっぱり最後はそう言うと思った」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2011

天国にいちばん近い島@原田知世は綾波レイに似ているか?

1984年の映画化です。
まだ途中までしか観ていないのですが、原田知世が抜群の魅力を醸しています。

この方は顔立ちだけ観ているとさほど美形とは思えないんですが(ファンのみなさんゴメンなさい)雰囲気に気品があり、清楚な魅惑があふれてます。
白いドレスで螺旋階段から降りてくるシーンなんか、O・ヘップバーンもかくや。

眼鏡っ子で暗い役柄なんですが、ぼそぼそとした話し方に、華奢な体型を観ているうちになんだか綾波レイも思いだしました。

違うだろう、と言われれば反論も出来ないんですが、頭と身長の比率とか、凛とした雰囲気とか似ている気がするんです。
これで髪が青くて眼を深紅にすれば、綾波レイになりませんか?

ならないかなあ・・・

それにしても学生旅行でニューカレドニアとか、この時代の日本の豊かさって周辺アジア諸国と比べるとロールス・ロイスと軽自動車位違いましたか?

それがさらに数年後、バブル期となると日本はスペースシャトル位になってしまった感じ?
それからアジアは急伸して日本は停滞して、今ではカローラとマークX位の差でしょうか?

まだまだ明るい、日本が日の当たる坂道を登り続ける予感に満ちた映画でもある、とも感じましたね。

ps
原田知世が、峰岸徹に肩なんか抱かれるとドキッとします。
こういのも悪くないよね。
私も娘相手にやってみようか、と思うんですが、ウチのはぶっちゃけてんだよなあ・・・
夕食中、映画を観ながら
「オマエはこういう雰囲気ないよな」
「パパ、こういうのって実際はかなり無理があるよ」
「オマエはユーカレドニアに行っても土地とか買収してそうだもんな。ナンボやこの土地、ナンボよや、みたいなこと言って」
「ギッヒッヒ、そんなことないよ」
「ナンボや、銭なら仰山あるさかい、言うてみ、みたいな」
「ぎゃっはっは、そんなこと言わないって」
私のクダラナイギャグに何回でも笑う娘・・・
もうちょっと雰囲気が欲しい。

原田知世の映画を見せて学ばせよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 04, 2010

汎用人型金使い兵器、バカンゲリオン初号機、弐号機の近況@二人の娘

ウチの初号機ことニャースに似た娘は、大学入学後、妻の実家で暮らしていますが、週末にはたまに帰ってきます。
相変わらずバカで、なんだか極まってきた感じ・・・

エヴァならぬ、バカしか乗れないバカンゲリオンというのがあれば、乗れるんじゃないかというレベル。
もし乗せたら
「リミッター外されていきます。
すべて規格外です
プラグ内モニター不能
信じられません。
バカンゲリオンとのシンクロ率400%を超えています。
人の域を超えている。
やめなさい!
戻れなくなるわよ」
という感じ。


弐号機こと、ゴマジョーと呼ばれる娘は相変わらずテストの結果が微妙です    
エヴァ風に言うと、
「ゴマジョーの試験発見
分析パターン、赤! 赤点です。
第一種戦闘配置
ママ、大魔神形態に移行します。
非戦闘員パパと長女(いれば)は避難完了
ママ、小言連射
ゴマジョー、ATフィールド展開
ゴマジョーに通常小言では効果はないよ
ママもATフィールドを展開、異相空間を中和しています
違うわ侵食しているのよ
塾代の無駄使いね
この世には教育費を使わないと困る人もいるのよ
状況はかんばしくないわね
まさに八方塞がり。
白旗でも揚げますか?

という感じでかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

パニック・イン羽田!女子高生がハイジャック未遂!随行の一家は事情聴取?

シギラベイサイドスイート アラマンダ
に行ってきましたが、出発時の荷物検査でトンデモナイことが起こりかけました。なんと一人の女子高生が拳銃型催涙スプレーを持っていたのですぅーーーー!
ってそれは私の次女、ゴマジョーと呼ばれる娘です。

搭乗の手荷物検査に並び出した後、おもむろに
「これも見せた方がイイかな」と荷物から突然、持ち出し、妻を仰天させました。
妻の声に私も振り向き、見た瞬間、瞳孔が開くのを自覚しました(笑
まあ実際、検査で見つかったら(笑、どころじゃないよね。
私たち一家は全員別室で事情を聞かれ、旅行はすべてキャンセルされていたと思います。

それにしても今まで沖縄、石垣島、何回も行ったのに。
ハワイにもニュージーランドにも行ってるのに、なんで今回だけこんなモノを持ち出したかというと、安全に不安を持ったからだそうです・・・
常日頃からあらゆるリスクを考える娘(私と結構似ている)で、護身術などにも興味を持ち、教えると熱心にやります。
この拳銃型催涙スプレーも中国人強盗団なんかが話題になった時、妻と娘二人の家庭故、私が買い込んだものです。
その後、ガラスを全て防犯型に取替え、カメラも設置、安全になったし、強盗団の話も聞かなくなったので、放置していたら、見つけ出して興味を示したので、あげたのでした・・・
まあ武器への嗜好は私も少しあるわけですが・・・
ともかく乗る前に気づいたので、大笑いの後、持ち込み禁止BOXに入れさせていただきました。
Sima14
あーーーびっくりした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画