らき☆すた

September 06, 2011

上限設定!SNBが本当にやった&らきすた祭り開催&ロウきゅーぶOP

今日は10時半から日本代表のW杯ブラジル大会予選を見るので諸々早めに。
まだ仕事も残っているんでね。
1)スイス中銀がCHFを対ユーロで無制限介入発表!
匂わせた後、急落し、中銀に動きがないと見てまた上がりだしていたCHF
SNBは本日、日本時間の17時にCHFを対ユーロで1.2に上限設定です。
信じていたよ、SNB(笑
絶対にやると思ってた。
CHFはUSDとユーロとGBPで売ってました。
ありがたく決済させて頂きました。
戦う中銀はカッコイイ!と今は言いたいです。

2)土師祭に7万2千人@らき☆すたはすでに宗教だ!
らき☆すた、終わって何年たつんだろう・・・まだやっているんだ、と驚きです。
ここまで来るともう宗教として定着したと言っても過言ではないですね。
最近、去年買ったTシャツをおろしたんだよね。
今年のTシャツも欲しいな・・・
去年は炎天下、並ぶも買えず。
再販されたヤツを色違いで2枚買ったのですが、お気に入りで使ってます。
外には着て行けませんけどね。
今年も再販されたら買いに行きます。
売ってね。埼玉新聞様。

3)ロウきゅーぶはOPがイイ曲です
始まったらさすがに恥ずかしくて見られないこのアニメ。
録画だけはしているんだけどね。
クロワーゼとダンタリアンがさすがに限界だ。
でもOP曲は素晴らしく良い曲です。

CD買いたいんだけど、なんでアニメバージョンが売ってないのだろう?
欲しいのはあくまで絵の方なのです、スミマセン。
クロワーゼは少し単調になっているのが気掛かりです。
ダンタリアンは、ダリアンのキャラが立ってきて良い感じ。

途中までしか観ていないロウきゅーぶは、ひなたの「おー」と紗季がお気に入り。
私はどうもしっかり者も世話女房タイプが好きみたい。
メインキャラ二人の作画がもう一つに感じのが残念。
元キャラをpeach-pit様に。
アニメは安田賢司さんに監督させれば、良かったと思うんだけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2010

らき☆すた7:おいしい日&ひとつ屋根の下@野心的なみゆきさんの間違い?とゆたかちゃんの登場

初夢占いで、こなたに「けっこう野心家なんだね」と言われるみゆきさん。
だいたい勉強の出来る子は野心家のこと、多いですよね。
ふだんはおっとりした彼女ですが、隠れ負けず嫌いなのは、体育祭でのリレーの頑張りに現れていました。
マニアは胸を突き出すゴールシーンより、走り出す直前の横顔に注目です。

ただまだ女子高生のみWikiさん。
体重が増えたと嘆くかがみに、「冬は脂肪が燃焼しづらいですからね」という発言は多分、違っていると思います。
外気温が低い冬ほど、体温を保つ為の消費カロリーは増えるのではないか、と聞いてみたい処です・・・非常にどうでも良い話しですが・・・

それからこの回での見物は、つかさの「ハッピー・バレンタイン」と言う時の表情と、Choko
こなたの妄想の中のかがみんです。
Lucky_440
この辺の作画のクオリティの高さと、捻りが深いイジリが入るのがこのアニメの生命線。
一見、他愛ない作りですが、容易に追従者を許さない所以です。


二話目の「ひとつ屋根の下」ではゆたかちゃんが登場。
すぐに、みなみちゃんとハートウォーミングなエピソードを展開し、後に田村ひよりの「腐った目線」を引き寄せる萌芽となっています。

ゆたかちゃんはみなみちゃんと絡みながらエピソードを紡いで行くことになるのですが、ゆたかちゃんをハンデのある病弱キャラに設定し、一方、みなみちゃんは身体能力抜群のキャラに設定し対照させる。

みなみちゃんのクール、無口キャラは、本来、綾波、長門系列からと思いますが、安易に追随させず、身長を伸ばしてボーイッシュなタチキャラにしたのが、優れたアイデアです。
体格は非対称的でも、暗い者同士のいたわりと思いやりを萌え要素とする、「奥深い趣味」を突いてきます。
この辺、やはり只者じゃない作品ですね。
長らくファンを惹き付ける要因でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 | book | music | 「無限」に魅入られた天才数学者たち | つぶやき | らき☆すた | アクション映画 | アニメ | アニメ映画 | アート | エッセイ | エヴァンゲリオン | クルマ | グルメ・クッキング | コミック | コメディ映画 | サッカー | サッカー日本代表 | サッカーW杯 | スポーツ | スポーツの映画 | テニス | ドキュメンタリー映画 | ニュース | ノンフィクション | パソコン・インターネット | ファッション | ファンタジー映画 | フェラーリ | ホテル | ホラー小説 | ホラー映画 | ボクシング | ミステリー映画 | ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて | 二人の娘 | 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? | 休日 | 健康 | 勉強本 | 司馬遼太郎 | 外国為替 | 大人のための萌えアニメ宣言 | 失恋の歴史 | 安室奈美恵 | 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 | 将棋 | 心と体 | 愛の映画 | 感動の映画 | 投資 | 教育 | 数学 | 文学 | 文学的な映画 | 旅行 | 日本のミステリー | 日本の小説 | 日本人ボクサー | 日本文学 | 日本映画 | 日経、日経金融新聞から | 映画 | 映画・テレビ | | 格闘技 | 海外の小説 | 海外の文学 | 海外ミステリー | 演劇 | 科学 | 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ | 経営 | 経済・政治・国際 | 綾波レイ | 美の歴史 | 美術館の帝王 | 評論 | 読書 | 起業 | 野球 | 青空文庫 | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン | 2ちゃんねるネタ | PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ | SF映画