ミステリー映画

December 29, 2009

とてつもない傑作の完璧な映画化ですよね「容疑者Xの献身」@映画

PC仕事しながら、ブログの記事書きながら脇で点けていたんですが、この映画のストーリーはやっぱり凄いですよね。
東野圭吾さんは天才です。

まだ未見の人がいるかもしれないので細かな事への言及は避けますが、このトリックは素晴らしい。
私は中学時代に創元推理文庫からミステリーに目覚め、以来、ミステリー史上で傑作と言われる作品は学ぶようなつもりで読み切りましたが、洋の東西、時代を問わずこれほど深い感動と共に、完璧であるトリックは、そうありません。
トリックが単に機械的に完璧であるというだけでなく、明かされた後に大きな思いが浮かびあがるのが最大のポイントです。

そんな原作が4人の優れた主演者と西谷弘監督の演出の元、非常に丁寧に欠けるとこなく映像化されております。

ps
福山雅治と堤真一の会話にホッジ予想
という言葉が出てくるのですが、この一言だけでも東野さんの現代数学への深い造詣が忍ばれます。
だから「幾何の問題と見せかけて、実は関数の問題」というセリフもすべて知った上なのでしょう。
実はこの言葉、現代数学の素人向け本を良く読む人にはオカシク聞こえるのです。
現代数学の主流には代数幾何という分野があり、代数(関数)を幾何的に考察するのは当り前なんです。
でもこのセリフは刑事さんという素人に分かりやすく例えたんだから・・・まあ知ったかぶりのオタクは黙っていましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画