文学的な映画

August 28, 2013

フィツカラルド@船を山に登らせることとiphoneは根源的に同じではないか

パリと言われて思い浮かぶイメージもあれば、南米、と聞いて思い浮かべるイメージもあるだろう。
南米、アマゾン、ジャングル、すべてを覆い尽くす過剰な生命力の繁茂と混沌としたエネルギー。
一切の秩序をあざ笑うような、嵐のようなインプロビゼーションの世界。

この映画はそんな密林の奥地に、あろうことかオペラハウスを造ろうとする男の話。
オペラハウスを造るなら、何もよりによってアマゾンの奥地に造らんでもイイんではないか、とか。
どうせ造るならオペラハウスでなく発電所とか、病院とかが実用的で望ましいんじゃないか、なんて利口な判断は、主人公のフィツカラルドにはない。
彼はオペラが好きなんであって、それをアマゾンの奥地に造りたいのである。
自分の衝動以外、一切、利口な判断に斟酌しないのである。
当然、莫大な金が必要となり、富豪でないフィツカラルドが、それを稼ぎ出すのは至難の業なのだが、一直線にやり抜こうとするのである。
無理に無理を重ね、そしてついに船は山を登ることになるのである。
映画史上、この非常に有名なシーンは、見ればやっぱり感動せざる得ない。
この人間という生き物の持つ馬鹿げた情熱は、どこから来るのか?
そして何処へ行くのか?

話が飛ぶが、そこでふと考えるにiphoneである。
片手に収まるちっぽけな機械に込められた驚くべき技術、深淵ともいえる英知と、執念を超えるような情熱と創意工夫は何処から来たのか?
そして何処へ行くのか?
この驚異の道具が行き渡った世界で、なされていることのバカらしさは、人類として、なんと言い訳すれば良いのか?

監督はジャーマン・ニューシネマの鬼才ヴェルナー・ヘルツオーク、主演は「アギーレ 神の怒り」でも作品を支えたクラウス・キンスキー。
ドイツ人の青い狂気が、灼熱の南米にスパークした傑作。
巷間、狂気紛いを描きそこなった映画は多々あるが、これは本物の狂気を活写し得た数少ない逸品です。

ps
船が山を登るシーンではガルシア・マルケスの「百年の孤独」の一節を思い起した。
共通するこのイメージは、なんらかの文化的オブセッションがあるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2009

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド@人にとっての過剰な情念、とは・・・

オイル・マン(石油の採掘屋)として一代で巨万の富を築き上げた男の《強欲》をテーマとしてアカデミー主演男優賞などを受賞した作品です。
確かに受賞したダニエル・デイ=ルイスの演技は確かで、途中から観ているのが嫌になるほど痛烈な強欲のリアリティが伝わってきます。

ただ監督のポール・トーマス・アンダーソンの投げかけたメッセージはそれだけでしょうか?
この映画、一人の男の一代記であり尺も158分と非常に長いのですが、主要な登場人物は3人だけなんです。
まさにGreedそのものの主人公ダニエル。
そしてそのダニエルが連れている男の子、HM。
石油を掘り当てる場所で牧師をしているポールという若者です。

このシンプルな構成はどことなく形而上学的です。

確かにひたすら己の金銭欲だけに目とギラつかせ、人を徹底して踏みつけるダニエルは不気味だった。
でも彼にとってHMは、ただの道具に過ぎなかったのでしょうか?
映画の中で周囲の登場人物はみなそう思っていますが、まだ幼いHMへ見せていたダニエルの優しさに純な気持ちは皆無だったのか?

そして信仰のない私にはポールの信仰への激しさは、狂信的にすら見えます。
形は変われど、アレも一種の強すぎる欲望ではないのか?
ティツアーノ絵画風に言えば、ダニエルの愛は金銭への俗愛であり、ポールの愛は信仰へ聖愛だと思います。

でもその「愛」が互いに人質に取られた時に小突き回される場面は驚くほどそっくりです。
考えるに大きな事業を成し遂げた人間は、みなある種の大きすぎる欲望に魅入られた存在なのではないでしょうか?
迫害に耐え、熱狂的に信仰を広めんとした聖人も、俗人の及ばぬ強いモチベーションの持ち主だった。

成人したHMは自分が道具にされていたことを知り、ダニエルに憎しみの言葉を掛けて去りますが、これは過剰な欲望が決して平和な日常を約束しないという象徴でしょう。

確かにその通りです。
過剰な情念は、「日常」とは反りが合い難い。
でも過剰なモチベーションの持ち主のいない世界は恐ろしく退屈であり、停滞した社会にもなりえるという皮肉もあるでしょう。

制御しきれない強欲で、人は最後に血に塗れる・・・これが神の定めた人間の運命なんでしょうか?
そんなことまで考えた映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画