フェラーリ

March 26, 2014

フェラーリの買い方 清水草一@楽しく読ませるフェラーリ本、だけど・・・

庶民派フェラーリの教祖、清水草一が出した久々のフェラーリ本です。
カーコンフィギュレーターの話には笑えたし、本物のフェラーリオーナーの姿には驚きがイッパイで、終始楽しく読めるお値打ち本です。

ああ、分かると思ったのは、ポルシェに比べフェラーリはすべての操作が羽毛のように軽いと記されている部分で、私はフェラーリ→ポルシェの逆パターンだったんで実感しました。
ポルシェはなんでこんなになんでもかんでも重いのか?
特に微速時でのステアリングの重さは、フェラーリ、マセラティから乗り換えると、客、舐めてんのか、という位で、慣れれば重厚感となるんですが、戸惑いました。
そんなポルシェも、ずっと安心して乗れるのは楽なんですが、やっぱりドイツ車は骨の太い、筋肉の豊かなゲルマン人のクルマとも思え、心身ともに一番身近なのはS2000だよね。

フェラーリを総括すると、善なる麻薬、宗教に近いという清水さんの結論も、私には安室奈美恵のMV&ライブBDが善なる麻薬、宗教になっているからな。

以下、私の場合なんですが、中学時代から芸術が好きで、モネの展覧会とかあるとチケット買って行っていたんです。
逆にクルマにはまったく興味がなかった。
そんな私が嫌々ながらも世間の常識として免許を獲り、スピードに目覚めてからクルマ雑誌を読みあさるうちに一枚の写真と出会った。
なんと美しいクルマなんだろう、と衝撃を受け、これほど綺麗な造型はない、芸術である、では買ってみようとなったのですが、値段にビックリ。
それでもやがて手に入れて都合二台と付き合うのですが、この本の主張とは違い、フェラーリはあまり私を幸福にはしてくれませんでした。

フェラーリというクルマが評判ほどではなかったわけではありません。
フェラーリ自体は、巷間言われているように素晴らしいクルマなんです。
でもあまりに素晴らし過ぎて、持て余してしまう。
持っているだけで幸せと主張されてますが、持っていればそのスタイリングの美しさにほれぼれとする一方、なんだか身分違いの女を恋人にしているような重さがね。
走らせても興奮の極みなのは確かで、あの走りの感動はフェラーリ以外では有り得ない。
ホントに凄いんですが、やっぱりあまりにスピードが出過ぎて、免許方面、世間の方々へのご迷惑リスクを考えると、やはり負担が大きすぎて疲れてしまうのでした。

まあこれは私の個人的な感想であって、清水さんの主張も分かることは分かるんですけどね。
それに一生のウチに一度位は乗ってみたい、という気持ちも分かる。
でも速度を出す時はくれぐれも慎重に。
天国から地獄ってことに、ホント、なりかねないですから。
私は二度のスピンと一度のヒヤリが忘れられません。
そういうのを安易に男の生き様リスクというのはちょっとどうかなとも思います。

となるとサーキットに行きましょうということですが、サーキットでのフェラーリは、おそらく相当以上に手強いだろうな。
それに挑戦するのなら、ホント、男の生き様としてカッコイイと思います。
フェラーリの買い方 (竹書房新書)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2010

さよならフェラーリ360スパイダー! やっぱり過ぎたるは、長く付き合い難し、でした

今年の異常気象のせいもあったんですが、だんだん乗らなくなっていたフェラーリ360スパイダー。
お別れです。
乗る前から私には過ぎたクルマではないか、と感じる部分あったのですが、やっぱり少し疲れてしまいました。

すべてにおいて素晴らしいのですが、女性と同じで、素晴らし「過ぎる」というのも長い交際には障害になる?
高速乗って時間があれば峠道という楽しみかたも2年を過ぎるとさすがに飽きる・・・それ以外使えないんだもん・・・・

それから降りることを決めたもう一つの理由として、ちょっと怖くなってしまったんです。
私は生活道路では安全運転ですし、高速などでも混み合っている時は流れ重視なんですが、空いていればどうしても飛ばしてしまう。
するとオープンにしていても半端でないスピードが出てしまい・・・事故を起こしたことはないですし、事実無事だったけど、やっぱり危ないよなあ、と感じる走り終わった後の思い。

こんなこと続けているといつかトンデモないことが、なんてことを思い出してしまって、ちょっとね。
そういう経緯から、走るんならサーキットに行こうと思い始めたわけなんです。

ただ問題だったのは、使わなくなっても、なくなったら寂しいでしょ、という強力な「フェラーリの呪縛」
私は自分の感覚中心主義者で、フェラーリだって楽しいから乗ってやっているんだよ!
まず俺は自分の楽しみありきなの、物欲とかステイタスなんてないから、という姿勢は崩れぬ、乱れぬ、と思っていたんですが、なんと魔性の呪縛は私をも捕えていたのです。
フェラーリはやっぱりスゲエです。

そうしてしばらく迷った状態で、そもそも手放すかどうか?
次に乗るとしたら何か、というはまた明日以降に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2010

日伊の贅沢と文化が融合!フェラーリのパーティが文句なく凄いです

いにしえより伝えられし日本文化の精髄が集結されている東京国立博物館で、フェラーリがお得意様限定のパーティを開催したようです。

【えーー、書くまでもなく、私は招待されたわけでなく、以下、書くことは参加された方のブログに掲載されていた画像からの感想です・・・
どうもスンマセン(笑、でもあんまり感動したからさ】

まずライトアップされた黒門が幽玄の風情。
会場入りする方々の期待をいやがうえにも高めたのではないでしょうか。
そこを入るとレセプションの女性がいるのですが、美しいのはモチロン、(受け付け業務を受けていただく上での)priceが、とてつもなく高そうです。

会場は法隆寺宝物殿。
光と影に真紅が映えて、まさにフェラーリは芸術品である、というオーラは全開。
日本文化の悠久たる時の流れを背景に、宝石のような輝きです。

ちなみに会場でお披露目された458チャレンジというレーシング・カー。
フェラーリオーナーが、サーキットで腕試しに乗るクルマなんですが、お車代3000万円超、別途参加費用1500万円位だそうです(笑←あんまりとてつもないんで、笑うしかない

週末に控えたF1GP日本ラウンドを前に、来日しているF1パイロットも顔見せの挨拶。

こんなパーティに出られたら、本当に夢のような一夜なんだろうなあ、ということは分かりました(笑
ブログに写真をアップしてくださったシオサイト様、ありがとう御座いました
おかげでバーチャル体験できました。
リンクを貼る上で、一言ご挨拶するのが筋なのでしょうが、みんカラメンバーでないので出来ませんでした(リンク、ご迷惑なら外します)

やっぱりフェラーリって会社は見ている処が違いますね。
贅沢を文化、芸術にしてしまいました。
東京国立博物館を会場にした、という感性。
根底に教養がないと出来ないものね。
今後もこういうパーティ、どんどんやって、出た方はブログにして公開してください(笑
スイマセン、参加するのは無理なもんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2010

フェラーリに厭きちゃった件

ときたま高速を走るだけ、という使い方しかないので流石にマンネリ気味。
持っているだけで神経使うしね。
重たくなってきた・・・

これだからみなさんツーリングやらクラブ活動に精を出すんですよね。
楽しそうなんですが、私は土日休めないんで、参加も難しい・・・

どうしましょう・・・
他に欲しいクルマもないし、売ってしまったら本を読む位しかすることがないんで、休日ヒッキーに拍車が掛かりそうで鬱になりそう・・・

実際的なBMWかベンツのオープンに流れる手もあるんですが、なんか萌えない。
この辺のいったん、フェラーリに乗ったら、他のクルマが虚しく見える、というのも魔性の一つか?

430スパイダーに替えようかと思っていたんですが、もうこれ以上速いクルマに乗ってどうする、と・・・今ですら飛ばしている時のスピードは危いのに。

やっぱり今のフェラーリはサーキットで走らせないと、全開走行は無理ね。

フェラーリのオーナーブログを読むと、みんな人生、トレビアンに楽しんでいます。
俺には余裕、ないんだよなあ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2010

時間貧乏は結局、トータルで貧しいってことなんだよな@フェラーリフェス&大乗フェラーリミーティングに参加出来ない私

今日はFSWでフェラーリトロフィーまで行われるフェラーリフェスティバル。
ミュゼオ御殿場では、大乗フェラーリミーティングと、日本中でフェラーリの熱い日です。天候は生憎でしたが、間近で見られるレースあり、レース・クィーンありと、楽しい休日になったのではないでしょうか。

遠方からの参加者の中には、金曜の夜から山中湖周辺のホテルに集結し、前夜祭もあったようですが、私の個人的な予定は
土曜の夕方まで仕事。夜、勉強会+月曜日からやりださないと多数なこと決定!
今日は朝から書類仕事、それから再びの会合でした。

会合だの勉強会だの、出なくたっていいだろう、と言われれば、そりゃね。
病気だのなんだの、よんどころない事情でもあれば、出ないと命取られるってわけじゃないんで、どうしてもってこともないんですが、健康であり、よんどころない事情もない、となれば、出ないわけにもいかないのよ。
出ておいた方が、後々、楽なんだ、結局。
書類仕事だって明日以降に回して何が悪いといえば、絶対不可能ではない。
夕方までの本業と重なって大変だけど。

よく豊かさというと=お金、ってことになるけど、時間も大きいよね。
土曜です、日曜ですって言っても結局、終日拘束されてますってのは貧しい。
だってホントの金持ちだったらやらなくてイイ仕事、というか雑務だもの。
年に1度位、フェスティバルやミーティング、行きたいじゃないですか。

まあ愚痴っててもしょうがないので、これからトレーニングしてすっきりします。
その後、風呂。夕食。
それから、イングランド戦みながら整理整頓、をやります。

ps
妻が非常に協力してくれるので助かっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2010

桜の舞い散る中をドライブ、乗数効果はあっても天下り先がないとダメかね

今日は午前中仕事だったのですが、午後は好天に誘われて、360スパイダー、少し乗りました。
急に温かくなりましたね。
幌を開けて走っていると、日差しが強すぎて帽子が必須でした。
この前乗った時は、防寒に必須だったので、随分な違いです。
家から乗り出して、裏道に回ると、お寺と小学校に挟まれた道に信号があるのですが、今日はその場所が両側から張り出した桜の樹で、花のアーチになっていました。
信号待ちをしていると、風に舞った花弁が落ちてきます。

オープン・カーには最良の季節到来ですね。
でも、毎年この時期は乗れません。
花粉が残っているからです。
現代のオープン・カーの整流は驚異的な進歩を遂げていますが、それでも花粉症の人間が、クルマの幌を開けて走るのは無謀というモノです。(花粉の噴霧器に入るようなモノ?)
でも今年は花粉が少ないので大丈夫。
公共事業も、成長連略が描けないなら、せめて杉の花粉対策、本腰を入れてやってくれれば、閉じこもっている需要、動き出すと思います。(これこそ乗数効果だ)
まあ杉の枝打ちをしても天下り先は出来ませんからねえ・・・望みはないでしょうが。

360スパイダー、写真も撮りたいんですが、なにぶん半年ほど洗車をしていないので、ボディに薄く埃が乗ったままでして・・・なんで高速で走っても埃って取れないかね?
雨の日乗らず、ガレージ内保管だから本当に薄い埃だけなんですが、静電気で吸着?しているのか、200キロ以上(←モチロン、嘘です)で走っても取れないって、逆に凄いよね。

それ以前に洗えってことなんですけど・・・埃を風速で飛ばそうと試みる無精さの方がスゴイか?

天下り先がないと絶対に予算を付けない政治がスゴイか?
いくら高速で走っても取れない埃がスゴイか?
簡単な洗車すらしない私の無精がスゴイか?
どれが一番でしょうか?

・・・今日もクダラナイ記事でスミマセン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2010

スーパーカー伝説@今は「おっ」かつては「ぎゃあ」という気持ちの違い

フェラーリ512BBとランボルギーニ・カウンタックというスーパーカー・ブーム時の二大巨星をメインとしたドキュメンタリー番組です。
私は当時、断然カウンタック派で、BBなんてどこが良いのか?
単なる引き立て役だろう、と思っていたんですが、今、映像で見ると、BB、たまらないほど美しいですね。
すべてのラインが艶かしく溶け合い、走り出すに連れサーフェイスが表情を変えながら息づきだす様は、完全に芸術の領域です。
それにしても二台ともオーラが半端ではありません。
この当時、フェラーリやランボルギーニを見た記憶は、今でも鮮明に残っています。
今、路上でフェラーリが通るのを見る時の気持ちって、「おっ」でしょ。
あの当時は「ぎゃあ!」だったんですよ。
軽井沢でテニスをやっていたら突如入ってきたデイトナ、路上で偶然出会ったカウンタック!対向車線を走ってきた308GTB。
みなその一瞬、一瞬が目に焼きついていて、しばし幸せな気持ちになれました。

でも番組で二台に試乗した鈴木亜久里さんも言ってましたが、この当時の車は乗ると大したことないんですよね。
だから他人に乗ってもらって傍から眺める方が良い。
欧州仕様の328GTB、新車から乗っていたんですが、エンジン音は、これが自動車雑誌で激賞されるフェラーリ・ミュージック?
このハンドリングが、夢のよう?
直線一気のスピードだけは当時の国産車より出ましたし、トラブルがあってオイルまみれになっても、そのスタイルの美しさは魔性で、困り物でも嫌いになれない魅惑の深さがありました。

でもV8がこの程度なら物足りないので、次は12に行こうと思っていたらテスタロッサが出た!
512もiになってから大分牙が抜かれてきていて、イタリア人の職人工房みたいなフェラーリは、きっと来世紀には遺物になっているんだろうな、とガッカリしていた頃だったので、思い切り派手な新参者、今度はコレに乗ってやろうと思ったんですが、512TRに進化して、現実の対象車として、実車をつくづくと見るにつけ、このクルマから降りてくる自分ってどうよ?と冷静にならずにはいられなかった。

人を正気にさせてしまう「狂気の華麗さ」って、なんか凄すぎて1周したってことなんでしょうか?
だってあのクルマ、運転するんですぜ?
運転したら駐車して、置いていくんだよ?
路地裏なんかに入り込んだら、みんなにジロジロ見られるんだよ、ってさ。
思っちゃたのね。
今はスパイダーだろ、というご指摘もありますでしょうが、やはり8と12は違うんです。
私は8でイイんです。
で、次のV8は348になるんですけど、あの当時はNSXも出ていたし、曲線が乏しくなったフェラーリなんてもう魅力なし、と切って捨ててしまったのでした。
実際はエンジン縦置きという大構造改革が行われており、サウンドから蘇る、私にとっての本当のフェラーリになるんですけどね。
当時はまだ知るよしもなしでした。


ストラトスはラグビーで骨折した友人を見舞いにいった病院の駐車場で見たのが忘れられません。
完全に宇宙船でした。宇宙船が空から飛んできて停まってます、って感じ。
ロータス・ヨーロッパは大学時代住んでいたアパートの前の道を良く走っているのを憧れつつ見てました。当然、JPSカラーでウイング付きでした(笑
ポルシェの73カレラは、某駅前の貸しビルオーナーの息子が所有者で、いつも駐車禁止場所に止めてお茶していたんだよね。
当時は駐禁もゆるかったからなあ・・・なんてことが思い出です。

F40は、コーンズの横浜工場に整備に行った時、偶然走ってくるのを見たのですが、壮烈な爆音と怒濤のオーラに、こんなクルマは幾らお金があっても自分は絶対に乗れないな、と完全に圧倒された思い出があります。
スペチアーレも他人が乗っているのを、傍から眺める方が気楽で良いですね(笑

クラシックフェラーリとスペチアーレ、本当のスーパーカーの楽しみは、私の場合、乗るより見ることにあり、が結論です。

ps
512BBが最初に紹介されるシーンでバックに流れていた音楽、凄くカッコ良かったんですが、ご存知の方いらっしゃいますか?
教えて戴けたらありがたいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2010

【シフト・アップは】 フェラーリ・モデナ&360スパイダーF1シフト 【アクセル戻す?】@最後に注意書きあり!

久々に乗った360スパイダー、相変わらず好調です。
飛ばしていると非常に気持ち良く、やっぱりフェラーリのスパイダーは良いです。
全然、トラブルがないのも意外・・・もう6年落ちなんですけどね。

さて今回は付き合うと中々奥が深いF1シフトの話題です。
スポーツカーはMT!とこだわる方もいらっしゃいますが(私もスポーツカーならトルコンATは論外ですが)、F1シフト、非常に気に入ってます。
ショックがあると言っても軽いもので、MTに比べてさほど大きいとは思えませんし、何より私がMTシフトするよりずっと速いし正確です(@04年式)

モデナは運転が楽過ぎて、クラッチでも踏まないと暇過ぎるという意見もありますが、渋滞中や流れに乗って走っている時は音楽でも聴いていれば良いですし、機械がスムーズにシフトしてくれるのを味わっているのも悪くありません。
飛ばし始めたらアクセルとブレーキングの判断、ステアリング操作に忙しくって、シフトはF1の方が下手な腕をカバーしてくれます(笑

さてF1シフトは普通のMTでやる作業を、アクチュエーターにやらせているのですが、具体的なアクセルワークはどうするのが正しいのでしょう?

普通にMTなら、シフトアップした時には、アクセルを戻しますね。

でもモデナからアクセルがフライバイワイヤとなった為、シフトした途端に燃料が絞られコンピューターが合わせてくれることになっています。
実際、アクセル一定でもスムーズにシフトします。
MTにはない操作方で、最初は不思議な感じがします。
でも感覚を鋭敏にしていると普通に流れに乗る運転(エンジンが3500回転以下位)だとシフトのたびにアクセルは戻した方がスムーズに感じます。
駆動力を受け止めるクラッチの負担が少ないような気がします。

ただ飛ばす時、2速全開8500rpmから3速に上げるような時は、オーバーレブを恐れてアクセルを戻すとミッションから異音がします。
アクセルを戻さなければ軽いキック感だけで済みますね。

これを推定するに、2000~3000回転の通常域に比べると、高回転域ではエンジンの回転落ちが速い・・・F430や599のスーパーファストは比べるとシフトスピードの遅いモデナF1はシンクロの限界を超える???(←この辺適当です・・・)
だから異音がする。
でも踏みっぱなしだとキック感を感じる・・・(スロットル調整がまだ甘い?)
でも僅か、MTのように完全にではなく、ほんの少しだけ戻すとキック感も異音もなく完全にスムーズにシフト出来ます・・・難しいですけど・・・


飛ばしている時の高回転からのシフト・ダウンは、ブレーキとハンドリングに集中。少しショックがありますね。私のヒール&トゥーより100倍巧いですが。
通常走行での減速は、機械任せで全く問題なし。
すごく上手。
でも前方に赤信号なんて時は、イチイチ1速づつ落としていくので、ニュートラルにて空走、停止。
途中、青に変わったら右パドルを引けば最適ギアに入ります。

こんな感じで付き合ってます。
機械だけど完全に付き合えるよう工夫中です。

ps
ノーマルマフラーも乗っているうちに充分に思えて来ました。
音楽が聴けて疲れないのが良いです。
暖かくなったら遠くに行きたいです。

今年一杯位でこのクルマ、取替えようかと思っていたんですが、乗るほどにイイので、来年も車検を取るかもしれません。
せめて1万キロは付き合いたい気がしています。

【!注意!】
今回の記事も良く分からないで書いたので、実行する人はプロの人に聞いてからやってクダサイネ。
F1ミッション、壊すと高いですから・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2010

360スパイダーは意外に室内が広い。だから冬場のオープンは少し寒いのだ

開けて正月。
うだうだしていても仕方がないので久々に乗りました。
寒い時期はガレージからカーポートに引っ張り出した後、少し暖気が必要なので面倒です。夏場だとエンジン回転最低に抑えてそろそろ走り出せば信号待ちやらなんやら、温まるんですけどね。

道は正月なので空いているだろうと思ったら、神社のある方向は渋滞中。
逆方向から回るように高速に向かいます。

ノーマルマフラーは最初物足りませんでしたが、乗っているとこんなものか感も出てきます。
音楽が聴けるのがイイよね。
高速に入る前に幌を開ける。
冬の好天下のオープンは非常に気持ちがイイものですが、やっぱり少し寒い。
外気温5℃の中、走り出します。
ちなみに防寒はセーターの上に首までキチンと蔽えるコートも着用。
さらに長いマフラーを巻いて帽子(ウフィツィで買った帽子ですが、気が付くとクルマには赤の方を入れっぱなしなので、傍目にはフェラーリの帽子に見えるかも)
フェラーリグッツは身に付けるな、なんて以前書いたことがありましたが、なんのことはない。自分でやっているようなもんだ。

しかしエアコン最高温度、最強風量にしても少し寒い・・・とりあえず200キロ以上は出せるので(←ネタです)マセラティ・スパイダーよりはマシですけどね。
マセラティ・スパイダーは寒くて寒くてとうとう冬の高速はオープンにしなくなってしまいました。
やっぱり冬場の最強はS2000だったなあ・・・
外気温3℃でもヒーター最強だと汗ばむほどで温度落としていたもの。
結局マセラティが寒かったのは整流が悪かったからですが、フェラーリは整流は完璧なんです。
ならなんで寒いかというと意外に室内が広い!
フェラーリの室内が広いというのは、低い車高を見ているとイメージ出来ないと思いますが、結局横幅があるんです。
S2000は、室内の高い処までバック・ボーンフレームが通り狭かったからね。
冬場のオープンは狭さに勝る防寒なし!これが結論です。
高速も結構混んでいて、やっぱり寒いしで帰りは幌を上げて安室奈美恵を聞きながらゆっくり帰りました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 03, 2009

フェラーリで限界ギリギリ  太田哲也@分かっているけど出来ない乗り方

平成9年の出版ですから、実に12年も前の本です。
なんで今頃読んだかというと、この本を買った当時はフェラーリでのレースなんて全く興味がなかったからです。

じゃあなんで買ったんだ、というと、デカイ書店で本の大量買いしたはイイものの、何故かその日に限って硬い本、仕事関係の本ばかりになってしまい、これはなんだか寂しいな、と、お楽しみ用に買ったのでした。
でも家に帰って広げてみても、やっぱりレースなんてやれる訳ないじゃん、しかもフェラーリでってことで、長年放置されていたのでした。

そんな本を今さら読もうと思ったのは、去年360スパイダーに乗って、もうこれからのフェラーリはサーキットに行かないと話にならないと感じたからです。
性能が良すぎて公道で限界ギリギリは絶対に無理。

さてこの本ですが、大田さんが乗ってレポートしているのは、348、F40,テスタロッサ、F355、F50などです。最後の方に456GTやマラネロも出てきます。
(この時期はクルマへの興味が薄れていて、348にスパイダーがあったことなんて初めて知りました!なんという情報弱者!)
F1にも試乗してくれていて、その究極の乗り物ぶりの、とてつもない臨場感が伝わってきます。
ルマン用のレース・カーとそのサイドストーリーも印象に残りました。
1流のレーサーなんて優雅な仕事と思ってしまいますが、大変ですね。

フェラーリのV8ミッドシップの具体的な乗り方としては、フロントが軽いのでコーナーは奥まで突っ込んで、ブレーキを残してステアリング。
アクセルは戻さず一気に方向を変えて走れ、ってありますが、出来ません(笑
出来ないって!
これ「サーキットの狼」でやっていた「幻の多角形コーナリング」だよねえ
テクニックとしてまさかホントに実在するとは思いませんでした。

あーあ、やっぱりフェラーリ乗るならレースやりたいですね。
この本を読むとつくづくそう感じます。

ps
著者の太田さんは、この後、ペースカーの不手際から大きな事故に巻き込まれ、さらに富士スピードウェイの非道な対応もあり大変な思いをしたようです。
男の値打ちが困難から立ち上がる力で決まるとしたら、太田さんは間違いなく不屈の男!
フェラーリの似合う人だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画