日本の小説

August 15, 2014

回転木馬のデッド・ヒート  村上春樹@優れた文学の示すモノ

文学と娯楽小説の違いとは何か?
単純に文学は高尚で、娯楽小説は他愛もない読本?
そんな話ではないですよね。
この二つの分野は同じフィールドで行われるが、力の方向性が違う。

陸上にたとえるなら、走り高跳びと幅跳びの違いみたいなものか。
優れた跳躍であってもそれぞれ異なり、どちらが偉いというモノでもない。
上質な娯楽小説なら、読んでる間ハラハラドキドキ、読者がああオモシロかったと本を閉じてくれればまずは成功だろう。
では文学ならどうか?
この短編のレーダーホーセンは一つの答えを出しているのではないか?
曰くそれは深淵の提示である。
何気なく歩いている我々の足下に、ふっと口を開けて待っている深い闇。
覗いても底は見えずにただ茫漠と風が吹いてくるだけみたいなモノだ。
妻は何故、唐突に夫への憎しみを自覚したのか?
我々はその闇の正体を把握することは出来ないが、そんな暗黒をくっきりと明示され圧倒される。

嘔吐1979も優れた作品だ。
文学の世界で嘔吐、と言えばまずはサルトル。
この作品もその嘔吐@1938(笑)が意識されているのだが、1979版として実存主義的不安の優れた予感になっている。

友人の妻や恋人を挨拶代りのセックスをする男のキャラクター。
読んでいると向こう側が透けて見えるほど薄っぺらいのだが、ネットの情報に囲まれ、その中で生きる我々はこうして生のリアリティを失っていく、あるいは、生のリアリティが変質していかざる得ないのではないだろうか。

もしインターネットなどなく、テレビすらなくラジオもなく、情報というモノが人と人との対面でしか伝わってこないとしたらどうだろう。
対面する人間に浮かぶ玉のような汗と体臭を通してのみ現実があり、情報の伝達があり、生きる糧を得る方法は、土と格闘する以外ない世界と、娯楽も仕事も情報もすべてエレクトリカルな今の世界に住む人間の実存主義敵不安は変質していて当然のはずだ。
村上春樹が今、世界中で読まれている背景には、村上春樹の描き出す小説世界が、ヴァーチャル化した今の現実を予言していたからでないかな、とも感じた次第でありますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2014

中国行きのスロウ・ボート 村上春樹@最初の短編集の出来栄えは?

先日、また新しい短編集を出した春樹村上氏のこれは最初の短編集です。
時期としては1980年から82年に書かれていて、長編とのからみで言うと、「1973年のピンボール」の後に書かれた四篇と、「羊をめぐる冒険」の後に書かれた三篇で構成されている、と序文に書かれています。

今と共通する味わいを持った作品が並ぶのですが、最初の作品集故か中には、え、これで終わり?というしり切れ感があるモノもあり、短編なのに冗漫な感触のあるモノありなど、全体に「意あっても力足らず」とうか、うーーん、なんだかもっと巧く行かないのかな、という春樹村上氏の声が聴こえてくるような気がしてきて、手際というか小説技術については今ほどの手練れ感はありません。

ま、そりゃそうだよね。
30年以上も前の作品ですから。
しかし時に表出させられる村上春樹さんならではの、瑞々しい鮮やかな手ごたえは充分で、1冊の短編集としては非常に堪能出来ましたね。

特に「午後の最後の芝生」にそそぐ夏の光のきらめきは目を細めたくなるようだし、「土の中の彼女の小さな犬」に降り注ぐ雨の湿気は、肌にまといつくよう。
「貧乏な叔母さん話」に出て来る女の子の未来像の残酷さには、はっとしないわけにはいかない。

以下、ちょっと略するけど、詩情に満ちた素晴らしい暗喩をひとくさり
「そしてある日、山手線の車両の中でこの東京という街さえも突然にリアリティーを失いはじめる。
ここは僕の場所でもない。言葉はいつか消え去り、夢はいつか崩れ去れるだろう。あの永遠に続くように思えた退屈なアドレセンスが何処かで消え失せてしまったように。何かもが亡び、姿を消したあとに残るものは、おそらく重い沈黙と無限の闇だろう。
誤謬・・・、誤謬というのはあの中国人の女子大生が言ったように結局、逆説的な欲望であるのかもしれない。どこにも出口などないのだ。・・・略@中国行きのスロウ・ボートより」
こういう文章は未だ春樹村上氏以外書けないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2013

さくら壮のペットな彼女@素晴らしい青春ドラマだったんじゃないか

原作はお粥なのに何故かサムゲタンが出て来て大炎上したこのアニメ。
ネトウヨの私は録画も止めていたんですが、ちっとも残念じゃなかったです。
なんとなれば放映前から流されていた宣伝文句が、「自分じゃパンツもはけない美少女」という、なんか実も蓋もないというか、恥も外聞もないのか、という安易な萌え狙いに感じられたからね。
美少女のパンツって言えば飛びつくと思われるのは心外だよ。

ま、そのレベルの作品ならなかったことでイイやと思っていたんですが、某所からコレは原作イイ話なんだぜ、という話を聞いて試し読み。
最初のウチはスラスラ読めるいわゆるラノベだなあ、でしたが、巻が進むに連れ安易な萌え狙いのハーレム話でないのが伝わってきた。
さくら壮の住人それぞれが全力で精一杯生きていくんだ、という姿勢が伝わって来て感動的だった。
各々に、喜びがあり、悩みがあり、不安があり、悲しみがある。
挫折があってもみんな手に手を取って一緒に乗り越えるんだ、というまあ、この手の話のお約束と言えばその通りの展開なんだけど、文句なく心動かされた。
結局、フィクションというのは、物語る中で同じ気持ちにさせてしまえば書き手の勝ちだよね。

七海の挫折とか、不条理な現実への空太の怒りとか、美咲先輩の優しさとか、ああ、分かるなあ、とつくづく思わされて、なんだパンツとか関係ない、素晴らしい青春学園ストーリー小説ではないか。
手に手を取れる仲間がいて、表現の世界へ挑戦できる・・・なんか夢のような青春の一時期を非常に巧く描き上げた作品でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2013

夏・風・ライダー(下)高千穂遥@一瞬の夏、そして永遠の夏

爽やかな青春ストーリーの趣きがあった上巻に比べると、下巻はいよいよ近づいて来る鈴鹿4時間耐に向けて、より本格的なオートバイ・レースの小説になっています。

一歩一歩進む耐久レースへの準備段階の描写は、リアリティに溢れかなり力の入った取材と体験が含まれているのではないか、と感じました。
まあ、レースを1本、やり遂げるのは大変だよね。
スピードが好きでも、私が結局近づかなかったのは、この現実について行けなかったからだ、と再認識出来ました。
そしてストーリーは苦い現実を織り交ぜながら、二転三転。
ツーリングに行って楽しいバーベキューをやって・・・そう、こういうことが待っているのが現実。

そしていよいよ本番のレースとなるのですが、伏線の生かしかたが巧かったです。
ああ、なるほど、こうきたか、という展開に、まずは拍手を送りたいです。
そう、こういう風にする以外、あのラストは不自然になるよね。
これも相当、実際のレースを体験、見聞なされたからこそ生み出されたストーリーだったと思います。
ラストの切り方もお見事。
そう、鈴鹿の夏は永遠であると同時に一瞬なんだろうな、と思う。

ps
作家、高千穂遥がいかに力量のある作家か、ということが分かる1作だと思うのですが、もうこの本は新刊では手に入らない。
バイク好きなら特に、相当オモシロイと思うんだけど、現実は厳しいですね。

私も古本整理していたら、未読の上下巻として出てきたので読んだんだけどね。
夏・風・ライダー〈上〉 (角川文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2013

アフターダーク 村上春樹@密度の高い詩情と明快なテーマ

数人の登場人物を軸に、都会の一夜を描いた作品です。
カタチとしては単行本1冊分288pですが、読後は短編小説のような感触が残ります。
しかしこの齟齬を含んだカタチこそ、村上春樹という作家には良くマッチしていると感じました。

村上春樹は長編小説の評価が非常に高い作家ですが、どうも私は村上さん、作品が長くなるにしたがって、冗長さを感じてしまう。
作家村上春樹が最もテーマにしている事って、結局、この小説でも語られている「普通の世界の隣で、ひっそりと口を開けて辛抱強く待っている邪悪な存在」ということですよね。
それはある時は顔のない男であり、バイクに乗った中国人のマフィアであり、深夜に作業するトップ・プロのサラリーマンであり、あの子を追いかけてくる誰か、ということでしょ。

我々はこの世界でそんな存在と同居していないとならないし、何気なくすれ違ったりもしている。
邪悪な存在は、我々が眠っている間にひっそりと見つめているのかもしれないし、コンビの棚の上で息をひそめて、執念深く貴方の背中を叩く瞬間を待っているのかもしれない。

長編で語られると、時に集中を欠くきらいがないともいえないのですが、この作品は、尺が短いだけにテーマが明確であり、文章はより良く光っている。
都会の夜の詩情と、きわどい恐怖との遭遇が、非常に美しく硬度の高い文章で綴られています。
けだし村上春樹ファンには非常におススメ出来る逸品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2013

傷物語 西尾維新@大河小説シリーズの最初の最初は傑作!

精緻にして雄大な構想。
魅力的なキャラクター。
ウイットに富んだ会話。
西尾維新は娯楽小説の天才ですね。

傷物語は阿良々木暦がキスショットと出会い、怪異との生活が始まって行く、まさにその最初の最初のストーリーです。
このシリーズは多くの魅力的な女性キャラクターが登場しますが、今回、出て来るのは羽川翼だけ。
後後大きな事件に巻き込まれ、諸々のストーリーでも道行となる彼女ですが、この巻ですでに濃厚なやり取りがあったのには驚きました。
彼女のある意味突出したキャラクターが良く出ていて、なるほどそれが後の話の伏線になっているのだなあ、と感じましたね。

そしてキーパーソンとして忍野メメが出て来る。
最初に化物語を観た時は、なんだか良く分からないキャラクターだな、と感じていたのですが、彼が出てこないとただの格闘物として終わっちゃうよね。
彼は狂言回しとして、ストーリーを膨らませ、立体的に、味を付ける必須のキャラだったのだ。

キャラクターは良いし、会話は巧いし、長大な構成に張り巡らされた伏線は素晴らしいで読んでいて感心しっぱなしで、ともかく巧いです、西尾維新。
同じ系統に感じる作家に京極夏彦さんがいたんですが、すっかり西尾維新に移ってしまった。
西尾さんは京極さんを「神のような作家の一人」としていますが、そうなるとこれは「神殺し」なんでしょうかね。
今後、続々アニメ化されるようですが、楽しみです。
本も読みますよ。
「猫物語」買いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2012

鬼物語 西尾維新@冗漫な前半、泣ける幕切れ

傾物語、囮物語、恋物語、と絶賛しつづけた西尾さんの小説でしたが、この小説に関しては、さすがに前半、ちょっとメタ小説へこだわりが、効果的というより邪魔な印象でした。
忍の話のテンポが悪く、冗漫な印象で退屈してしまった。

それでも後半、舞台が山中に飛ばされてからは、読者にページを繰らせる力、立派に蘇ります。
新たなエピソードを予感させる人物も登場で、前半の伏線は巧みに回収され、
幕切れは鮮やかで哀しく心に残るものでした。
そうして読み終えると、「彼女の顛末」を見届けることが出来たのだから、やっぱり読んで良かったな、読んでおくべき1冊だな、と思わせてくれる辺りは、さすがにプロの仕事の1冊ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2012

恋物語 西尾維新@悪趣味でもなく最悪の選択でもない。西尾維新の才気に瞠目する

千石撫子がとてつもない蛇神となってしまった「囮物語」の解決編となります。
箱の表紙に「100%の悪趣味で書かれた」とあったり、ひたぎの選んだのは、「真っ黒で最悪の手段だった」、なんてありますが、なんのなんの。
嫌な野郎だと思っていた貝木泥舟の魅力がじわじわと伝わってくる佳作です。

それにしても西尾維新の才気は素晴らしい。
プロットは練り上げられ、キャラクターの魅力には目を見張るばかり。
随所で語られる言葉も実に印象的で心に残る。
「面倒臭い、という気持ちが、案外人の心を、一番に折るものなのだ。」とか
「根気というものを、大抵の人間は、思っている以上に持たないのだ。人間は怠惰なのだ。怠惰は愚かであるより厄介だ。人を殺すのは退屈でなく怠惰なのだ」
なんて凄いセリフだよね。
利口ぶっているだけの小説に、こんな真実はまず書けない。
そして終盤の千石撫子の人物像を解剖していく件ですね。
充分に「深い場所」まで降りていると思います。

メディア・ミックスの魅力も取り入れられていて、アニメ「化物語」のオーディオ・コメンタリーにあったラッパー撫子の最初の言葉。
それが実に巧く使われていて、一読、吹き出しました。
まさかあの時点でこの作品のあのシーンを書いていた訳じゃないよね。
そしたらもう神がかりの才気としか言いようがない。
恐らくは事後的な利用だと思うのですが、こういうのをアニメ頼り、と言う非難はあたってません。
たとえば近年最高のホラー映画&小説と評価されている「羊たちの沈黙」シリーズ。
この作品は、メディア・ミックス、最高の結実例でもあります。
トーマス・ハリスは、自分の小説が映画化された後に現れたアンソニー・ホプキンス創造のレクター像を、続編となる「ハンニバル」で実に巧く利用してみせた。
あのレクター像があってこそ「ハンニバル」の成功があった。
そういうことです。

私は小説マニアで、ル・クレジオから川端康成まで読むけど、魅力という何より大事な一点で西尾維新作品は世界のトップになんら見劣りしていません。
ライト・ノベルなんてオタクな子供の読むモノと、読まずに斬って捨てている方がいるなら「騙されたと思って、チャレンジしてみな@貝木泥舟」
ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2011

囮物語 西尾維新@ともかくこのキャラクターは凄いよ

萌えキャラの一つの極点を示した千石撫子の後日談となります。
西尾さん、速いペースで刊行しているだけあって、少し書き飛ばしている感はありますが、キャラクターに魅力を与える力は抜群です。

ただこの小説を読むならやはりアニメ「蛇に巻きつかれた少女@化物語」を観てからでしょう。
最近、BDのボックスが発売されましたが、まずはレンタルでもOK.
化物語の4巻目ですが、この巻だけでも見れば虜になること疑いなしで、そうしたらDVDを最初からレンタルするかBDBOXを買ってしまいましょう。

全編Coolな美意識に支えられた物語で、買って後悔することはありません。
アニメを観て、恋愛サーキュレーションを聴いた後だと、この小説の1p目、お小遣い月千二百円という1行にグッとくるんですね(笑
そういう意味では、やはりメディアミックス小説なんだ、と思います。

この作品に関しては、なんとあのセリフは伏線だったのか、という驚きがありました。
相変わらず伏線の張り方は名人芸の域。
西尾維新の構成力は、ハンパではないレベルです。
一般の小説読みの方だと、「ライトノベル」というだけで、少し下に見る気味あると思いますが、なんのなんの。
キャラクターに魅力を与える力と、遠大な物語の構成力は、瞠目するレベル。
これだけの小説はそうそうなくて、たとえば年末に娯楽小説の案内定番となった「このミステリーがすごい」に載っているほとんどの本よりオモシロイ。
良く出来ていること、私が保障します。

しかしスッゴイ理屈が付いて、スッゴイ終盤になりました。
最終巻はオールスターキャストでやって、メチャクチャに驚かして欲しいですね。
アニメ化も全編やって欲しいよ。
想像力溢れる素晴らしいフィクションにまずは乾杯という処です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2011

河合隼雄との対談で感じた長編作家としての村上春樹の難しさ

「約束された地で」の後半に、村上春樹と河合隼雄の対談が載っています。
読み応えのある内容なんですが、村上さんが相当抽象的な思考をするんで、少し驚いてます。

たとえば、「悪というもののかたちを書きたいと思っていました。でもうまくしぼりこんでいくことができないんです。悪の一面については書けるんです。たとえば・・・でも悪の全体像ということになると、その姿をとらえることができない」
なんて書いてある。
「悪の全体像」
これを絞り込むのは難しいでしょ。
村上春樹だけでなく、どんな作家にも芸術家にも描けないと思いますよ。
そもそも絞りこめるモノなのか?
絞り込んでしまって良い対象なのか、ということですよね。

そこで気になったのは、村上春樹の長編小説への引っかかり感です。
村上春樹は、短編小説もエッセイも、ノンフィクションも書きますし、翻訳もする。
みんな素晴らしい。
私は大好きです。
でも自らを何者か、と問われれば、長編小説の作家である、と答えたいそうですが、私の順番では、春樹村上の長編は最後に来ます。
エッセイに書かれるユーモアは楽しいし、フィクションには切れ味があり、短編は印象深く、翻訳は美しい。
でも長編小説になると、飲み込む時にどうも喉に掛る感じがぬぐえない・・・
なんでだろうという疑問の答えは、あまりに深く対象を捉えようとする性にあるのではないか?
そこに咬んでも咬みきれない塊が残る原因があるのではないでしょうかね。

小説って、あくまで完全な言葉に出来ない対象を、「物語り」という動きのある、「ダイナミズムの中で感じさせる」モノですよね。

対象を「完全に捉えよう」とすると、量子力学で言う不確定性が出てしまう。
位置を完全に特定すると、運動量はどこまでも曖昧になってしまわざる得ないような原理って、文学の中にもあるんじゃないでしょうか?

小説と言っても分野が違うこと承知で書きますが、S・キングは、上下二巻、二段組み3000pの作品「アンダー・ザ・ドーム」を、「アクセル踏みっぱなし」で書こうと試み、成功しました。
アメリカの田舎町が突如、破壊不能のドームで蓋われる。
非常にクダラナイ設定で、キング以外の作家が書いたら読むに耐えないモティーフだよねえ、と思いつつ、キングが書くと爆走800馬力!って感じになる。
そこには多様な、恐ろしいほどの悪が脈打ち息づいてました。

でもS・キングって恐らく抽象的な思考ってしない人ですよね。
庭にイカシタクルマがあったから、アクセル全開で走ってきました、みたいな。
エンジンが何馬力で、バブルの動弁機構なんて知らないし、あんまり興味もない。
自宅の庭にはあったけど、ホントに自分のクルマだったのかな、なんてことすら考えず、ともかくアクセル全開で走ってみたら凄かったよ、みたいな。
でも長編小説って、その位の勢いで書いた方が良いような気もするんですよね。
言葉に還元しきれないナニカが立ち現れるのは、そういう試みが成功した時だけじゃないかな。

1年でも早くノーベル賞を、と願いつつ、日本最高の作家に生意気言ってみましたよ、という記事でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画