サッカー日本代表

June 20, 2013

ブラジル・コンフェデ杯2013日本vsイタリア@負けて惜しいと心底思えたレベルに感動

グループリーグの相手がブラジル、イタリア、メキシコという豪華版の大会になったコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会。
一戦目のブラジルには完敗した日本でしたが、私はまったく責める気になりませんでした。
昨今、世界のサッカーは、スペイン、スペインですが、あの天下のブラジルがWカップ前の前哨戦で、ホームでやるのに弱いはずがない。
きっちり仕上げてくるに決まっています。

案の定、本日行われたイタリア戦で、日本は素晴らしい戦いを行い、その力を世界に知らしめました。
序盤からボールを支配する日本のプレーは、リズムが良く、交換されるパスは美しいメロディを奏でるかのようで、選手全員のハーモニーは完璧。
うん?イタリアの相手はスペインだっけ?という感じ。

天下のコンフェデで、欧州二位のあのイタリア相手にこんな試合が出来るなんて!
昔はセリエAってだけで雲上人扱いだったのに、今や日本が完璧に圧倒しているじゃん!

ま、結果は負けましたが、負けてこんなに惜しいと思ったことはないよ。
ほとんどの時間帯で勝っていたよね。
ひたすら自陣に籠って守り一方、とか、相手の不運でなんとか1点差の負けで済んだ、とか、相手は主力ほとんど出てなかったって試合じゃない。
イタリアは全力で来ていたけど、日本が上回ったという試合だった。
それでも勝ちきれないのは日本の錬度不足なんだろうし、長い伝統で鍛えに鍛えられたイタリアの強かさなんだろうけど、フェアなプレーと魅せるに足りる技量に溢れた美しい試合なのは確かだった。

その上で、本田、香川、長友辺りが本気で悔しがり、世界の頂点を目指す気持ちでいることが頼もしかった。
悔しさのあまりかほとんどコメントしなかった本田。
「俺の人生なんだから笑われてもイイ。俺は世界一を目指す」と言い切った長友の心意気。
正直、日本は色々な分野で衰えてきているけど、サッカーは、というか、若いスポーツ選手たちだけは、世界の中で戦って成長しているよね。

我々だってやれば出来る。
日本代表はそれを証明し続けている。
彼らは全員素晴らしいし、私は誇って良いと感じている。

Ps
正直、日本代表戦を観るのは苦手。
観ている間心配で苦しくなるし、勝てば良いけど負けると引きずるんだもの。
娯楽のはずなのに、なんでこんなに苦しい思いをしなければならないのか?
その点コンフェデは、親善試合のぬるさもないけど、深刻さも薄く、観戦していてちょうどイイ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2013

日本2-0で豪州に勝利、Wカップ出場決定

さっき未来から戻って来たんだけど、死闘を制しました。
点を決めたのは本田と前田。


ps
不運としか言えないゴール

本田、ど真ん中PK

もう
気が
狂いそう
だったよ(泣笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2012

涙!激闘サッカー日本女子代表、ロンドン五輪準決勝@これこそがSPORTS

最後は長い長い15分間でした。
私は翌朝、録画で観たのですが、録画でつくづくと良かったです。
ライブで観た方はお疲れ様です(笑
こんな終盤の後では、興奮で眠れなかったのではないでしょうか?

ロンドン五輪、サッカー準決勝、日本女子代表チームは勝ちました。
相手のフランス代表チームは、強く、速く、巧い、非常に良いチームでしたが、勝利を握り、決勝へと進出したのは日本代表。
その勝利は、全員のひたすらな献身と、想像を絶する練習で培われたであろうスタミナと、技術と、なにより不屈の魂の存在を感じさせる勝利への意思でつかみ獲られたものでした。
宮間のフリーキックは、精妙の極みであり、福元のセービングは守護神という言葉そのもの。
あくまで走る沢は、リーダーシップという言葉の具現者でした。

それは聖地、ウェンブリー・スタジアムにふさわしい一戦でした。
これほど美しい試合は、類稀なるモノだろうと感じさせられた証左は、両チームに与えられたイエローカードが、実にフランスに1枚だけ、という事実です。

ただ勝てばよいという風潮に一石を投じた、どこまでもお互いにフェアなプレーは清々しく、観る人を感動させるものなのだ、という認識を、世界に知らしめる一戦でもありました。

さあ、次は決勝。
FINALに刻まれるドラマは如何なるモノなのか。
私はそこにスポーツがこの世界にあるという意義を、しっかりと見届けられるだろうと、予感しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2012

ロンドン五輪日本代表、スペインに勝利@別のスペクタクル、文句のない偉業

先日、終わったばかりの2012ユーロ
スペインは強いと思っていましたが、大会前に、優勝を断言することは出来なかった。
規格外のメッシがいないことは仕方ないものの、ビジャまで欠けている。
サッカーはパス回しを競うスポーツではなく、ゴールを揺らしてなんぼのモノ。
果たしてフィニッシャー不在で、トーナメントを勝ち抜くことは出来るのか?
疑問だったのですが、終ってみればご覧のとおりで、まさに異次元。
あのイタリアすら改心させたスペインサッカーは、サッカーというスポーツのありかたそのものすら変えてしまうのではないか、と思いつつ、8月のシーズン開幕を待っていたのですが、そのスペインに日本は勝った。

それもマイアミの奇跡の時のように、たままたという感じではない。
内容も圧勝という出来だった。
もしボクシングのように判定があったとしても日本勝利は揺るがなかった。
内容に置いて勝り、得点でも勝った。

スペインにパスは回させど、強固なブロックの中に入れず、いったん攻守が変われば、一気呵成の怒涛の攻めはスペクタクルでスリリング。
退屈な引き籠りカウンター狙いとか、ロングボールのパワープレイとかではなく、速度とイマジネーションに満ちた、スペインとは違う意味での素晴らしいフットボールでありました。
やったぜ、ニッポン!
今回の五輪代表チームの一番の目標は五輪ゴールドメダルであること、言うまでもないことですが、昨夜の一時だけでも素晴らしい。
まずは非常に満足した一夜の喜び、どうもありがとう、と代表チームの面々には申し上げたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2012

Wカップ最終予選、現地に行って感じた諸々@vsヨルダン戦

火曜に妹から、「8日の日本代表戦のチケットがあるんだけど」という電話があり、ヒッキ―夫婦、現地に行ってまいりました。

付いたのは4時を回った頃だったのですが、すでに浦和美園駅は日本代表のユニフォームを着た人々でごった返していました。
人並みにのまれならが観察をしていると、まず目に付くのは、女性サポーターの内田くんユニフォームの多さ。
ここに来る電車の中でも、長身で美しい、どことなく白鳥のような印象の女子高生が、「私はやっぱり内田くん」なんて言ってましたからね。
ああ、俺もアレくらいのイケメンに生まれていればなあ(笑・・・人生、色々捗ったのに、なんて詮無いことを考えました。
もう一つお子さんを連れたお母さんの長谷部ユニフォームの多さも目に付いた。
やっぱり心を整えている長谷部選手、夫にするなら安定感、現役引退後の成長性共に抜群のモノを感じさせますものね。
以上、かくあるものは、かくなるのだ、という感想ですね。

シャトルバスに乗り、会場に着き、まずは食事ですが、迷った末に選んだのはお弁当。
開けると大きなカツが入っていて驚きましたが、そうか、カツ=勝つ、ですね。
でも次の機会があったら、フランクフルトとか、油っこいジャンク系を試したいです。
ビールも飲みましたが、何故かまったく酔わず・・・なんだったんでしょうか。

それから少し会場周辺を歩き回り、いよいよスタジアム入りですが、前持って言われていた通り、席はスタジアム最上段。
風が強く吹き荒び、私はカミュの「幸福な死」を読みながら待つも、時間が余り過ぎてヒッキ―人間故、すでに帰りたくなる・・・
サッカー観に来てカミュって、なんか根暗度全開ですが、安室ちゃんのコンサート観に行った時も、始まるまでドストエフスキーを延々読んでいましたからね(笑、ま、こういう人間なんでね。

6時40分を回ったとこで、川島選手がドヤ顔で登場。
会場は一気にヒートアップ。
それからフィールドプレイヤーが登場で、ボルテージはさらに上昇。
そうか、この雰囲気にみなさん虜になるんですね。

会場が一体となった君が代斉唱は実に感動的で、国旗といい、国歌といい、これほど高度な美意識を持った国民は世界に冠たるモノである、と確信を深めると同時に、帰りたくなった、という感慨は返上。
来て良かった。
来られてホントウに良かったと思い直しました。

試合はご覧のとおり、日本は組織力に勝り、個人技で圧倒し、スピードから当たりの強さまで、格段の違い。
ゴール前で堅く守ってくる相手に対し、縦横無尽にパスを繋いで崩してくるあたり、なんかスペイン代表か、FCバルセロナを観ている気分・・・
一方、オマーンはプレスすら中途半端で、よほど弱いと見えますが、それは錯覚というものでしょう。
スポーツは圧倒的な力量差があると、弱い方はまったくダメに見えるんでが、ワールドカップ最終予選に進出してきたオマーンは、決して弱いチームじゃない。
相手が相手なら、相当以上に粘り強い、勝ち難いチームだと思います。

最後に言いたいことは、埼玉スタジアムの素晴らしさです。
遥かに上の最上段に近い席でも、フィールド全体は掌をさとす如くで、非常に良く見える。
サッカー観戦が、他のスポーツ観戦と決定的に違うのは、観る時、常に局面、全体、全体、局面と忙しく観る場所を変える必要がある、ということです。
局面を観ると同時に、フリーで動いているボールに絡んでない選手の動きが、ゲームの進行上、非常に重要なポイントになる。
このサッカー専用スタジアムなら、テレビより良く自分のペースでゲームが見られ、非常な喜びでした。
やっぱ陸上競技のトラックがあってはダメなんだよ。
何にでも使える競技場は、特定目的の使用に関してだと劣る。
今回感じた二番目の事はこれですね。
埼玉スタジアムなら、また行ってもイイなあ・・・ル・クレジオの本でも持ってさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2011

23戦0勝の相手にでも勝てるんだな@なでしこJapanWカップ制覇

生活のリズムが乱れるので、起床時間はあまり変えない方なんですが、やはり気になって5時に起きてしまいました。
HDD追っかけ再生でセレモニーとか飛ばして観戦開始。

試合は圧倒的にアメリカペース。
さすがに世界ランク1位。
日本が23試合戦って、一度も勝ってない相手だけのことはあります。
アメリカの女の子のサッカー熱ってスゴイんだよね。
アメリカ在住で、娘さんがいる親戚に、熱心な活動、聞いたことがあります。
ともかく競技人口が多いようです。

この試合のアメリカは体格だけでなく、スピードも運動力も日本を上回っている。
プレスが速く強力で、守備から攻撃への展開も速い。
調子を上げているライバルチームを相手にする時の定石通り、序盤から徹底して攻めて粉砕しようという意図が見える。
相手の勢いを、実力で殺す。
この作戦も正しいよね。
これは勝てないなあ、あまりに点差が付くようなら、ブラジル戦に切り替えようと思ったら、日本が案外粘る。
首の皮一枚、アメリカに決めさせない。

それでもどこまで持つかなあ、と思っていたら、後半24分に、先制点を取られる。
そうだよな。
仕方がない、実力だ、と個人的に諦めていたら、選手たちは諦めておらず、後半35分に同点。
凄い・・・
結局、延長になる。

アメリカはスタミナもあるチームだけど、さすがに序盤ほどは動けない。
やはりタフネスだけは日本女子、負けてない。
それでも前半14分に追加点を取られる。
嫌な時間帯に取られたなあ・・・
でも日本代表、良く戦ったじゃないか。
素晴らしい。健闘オメデトウ。
君たちの敗戦は名誉あるモノだ、と再び個人的に諦めモードに入ったら、延長後半10分に再び同点!
・・・嘘みたい・・・スゲエ・・・
これを乗り切ればPK戦・・・・ですか?
そうなると流れは日本だよね・・・
で最初のキッカーを止めた時点で、勝敗決しました。

日本の女は強いよな(笑
男も見習おう。
勉強になりました。
では疲れたので二度寝します。
もうブラジル戦なんてどうでもイイや。

サッカーにお腹イッパイ。
満腹しました。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

July 15, 2011

なでしこJapanが証明した、アタマが良くて器用で粘り強い日本民族にサッカーは向いているという事実

コパ・アメリカを追っかけていたんで、昨日の再放送で初めて試合を観ました。
フィールドを広く縦横に使い、組織だっていながら生き生きとした生命力に溢れる日本代表女子チームのサッカーは、美しいモノでした。

日本女子の強さは
①個人個人に技術がある。
②俊敏である
③試合終了まで走れるスタミナがある
④戦術への高度な理解がある
という点ですね。

大柄なスウェーデン選手に並ぶとみんな子供みたいに小柄なんですが、身体を直接ぶつけあうラグビーじゃないんで、関係ない。
日本代表がスランプになると、日本人はサッカーに向いているか、なんてことが議論になることあるんですが、今まで弱かったのは、周囲の世界で発達していたサッカーへの理解が追い付いてなかっただけではないか、と思います。

高度な戦術理解が出来て、器用であり、持久力があり、何よりチームの為に犠牲的なプレーを厭わない日本人は、むしろサッカーに非常に向いているん民族じゃないか。
今回の日本代表女子チームのWカップ決勝進出は、その事を満天下に証明したのではないか、と思います。


WカップSemi Finalで掲げられた日の丸と、流れる君が代は、強く心動かされるものでした。
思想信条は自由であること、当然だと思いますが、一つの民族が国の形を取る以上、日の丸を引きずり降ろし、君が代に病的反感を持つ人間は、税金から給与、歳費を購う公共教育の教師、政治家になって欲しくはありません。
どうか他の分野での活躍をお祈りします、と書いて、今日の記事は終わりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2011

心を整える。 長谷部誠@本当のプロフェッショナルから学ぶ

心を鍛える。とか、心を強くする。でなく、心を整える。という表題に、著者の本物感が現れています。
心って、そんなに簡単に強くなったり、鍛えられたりしないもんね。
妙に力めば変な方向に走ってしまう危険もあるし。

そう、現実に多くの修羅場を潜っていればだんだん分かってくるんです。
人間にできることは心を整えて、今日に挑む、ということだけなのを。
だけどそれをまだ二十代のうちに、本として書ける、というのが凄いですよね。

それにしても長谷部選手は生真面目です。
一流のサッカー選手ってこんなに節制しているんだ、ということを知るだけでも、観戦の参考になりますね。
さらに長谷部選手は、他者への、良い意味での想像力に長けています。
真のプロフェッショナルに触れる、とか頑張っている人の姿を目に焼きつける、の章は、非常にポジティブな、素直な視線がないと見えない世界でしょう。

またこの本は、際だったモノを持たない人間のサバイバル術、とも読めます。
サッカーという極めてメジャーな分野で日本代表になれるんだから、それはそれだけで大変凄いことなんですが、ワールドワイドな基準だと確かに長谷部選手にはフィジカル的に、テクニカル的に卓越した能力はない。
その現実をソフトウエア的な能力で乗り越える。
サバイバルする、というのは多くの人が参考になる戦略ではないでしょうか。
組織の穴を埋める。からはじまる第四章には、サッカーに限らない、実際に多くの仕事場で求められていても、不足している才能の生かし方が書かれています。

とても真摯に人生と向き合っている若者の発言から学ぶことは多かったです。
今後の参考にしたいですね。

ps
著者はまだ若く、本業はサッカー選手なので、この本から少し幼い部分を指摘するのは簡単でしょう。
でもこれだけコントロールの効いた、目線を上に向けた生活はなかなか出来ない。

最終章 激闘のアジアカップで学んだこと。は内部事情が描かれた、ちょっとドキュメンタリータッチの章でした。
今のサッカー日本代表チームが、とてつもなく素敵な集団なのがよく分かりました。
だからこそ偉業はなったんだな。
今後の日本もこういう若者がいるんだから大丈夫だよ、という気にもなります。

一昨日、記事で書いた西村賢太の書く小説の主人公の真反対の人間が長谷部選手ですね(笑

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 01, 2011

【うっちーから】NHKも放映決定!長友選手、世界王者インテル・ミラノに移籍!【マイコンに】

90分たっても、120分たってもさっき試合が始まったばかりのように走り続ける長友選手が、サッカーの世界チャンピオンチームに移籍します。

インテルは今回のレンタル移籍と将来の完全移籍に総額13億円以上のお金を用意しているようで、ホントウのビッグ・オファーですね。
世界で最も競争の厳しい職場ですから、レギュラーの地位が約束されているわけではないでしょうが、もしレギュラーになり、セリエA6連覇に貢献。
チャンピオンズリーグもバルサと再戦、なんてことになれば、名実共に世界トップのSBということになります。

インテルの左SBとなると、同じチームの反対側にはマイコンという選手がいるんですよね。
私はこの3年ほどFCバルセロナのレギュラーシーズン、コンプリートしているんですが、その右SBはダニエウ・アウベスという選手なんですね。
風貌から肉食男子の究極っぽい顔で、走れば駿足、スタミナは無尽蔵、個人技も戦略的知性も抜群で、大いに気に入って、Wカップ、ブラジル代表として活躍を期待していたら、レギュラー取れなかった。
アウベスの上を行く選手なんて、果たしているのか、と思ってレギュラーを取ったマイコンを見て驚いた。
なんじゃこりゃ、という存在で、もうほとんど魔人という感じでした。
究極の肉食男子でも勝てないような魔人がチームメイト・・・
身長170㎝で、大学時代までスタジアムで応援の太鼓を叩いていた長友さんが・・・
インテルのキーパーはジュリオ・セザール、FWはガブリエル・ミリートとエトー、CBはルシオとかみんなWカップで胸躍らせたメンバーばかり。
アジアカップで同室だった香川が怪我で離脱したら、優勝セレモニーでユニフォームを一所懸命掲げていた長友さんは、こんなチームでサッカーするんだ・・・

夢物語ってあるんだな、って思う2月の初日です。
長友祐都物語っての、映画化かドラマ化したら観たいレベル。

ps
それにしてもこの二日ほどは、川島、内田疑惑とか強面の肉体派だと思っていた岩政選手が県内有数の進学校から学芸大の数学科出ているとか、楽しいニュースが多い。

日本の右サイドはこの人。
Utida

この方が新しいチームメイトのマイコン
Maicon
落差に耐えて、世界に羽ばたけ!長友祐都!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2011

意思と団結力の戴冠!2011アジアカップ日本優勝!@行くぞ!コンフェデブラジル大会!

みなさん御苦労さまでした。
私は今日も仕事だったので、録画早起きパターンにするかどうかと迷いつつ、迷いつつ始まってしまえば観ないわけにはいかないという流れのまま、延長までつきあうはめになってしまいました。

決勝は極めて難しい試合でした。
オーストラリア代表の大会中の失点1という守備力は本物で、ゴール前に築かれたブロックは大きく、極めて堅牢。

攻撃はロングボール主体ですが、滞空時間が長いのが曲者で、ヘッド1発て決めてよし、ダメなら2列目以降が走り込んでくる足元に落として良しの両狙い。
何より国として日本相手のゲームに自信を持っており、その自信をもった世代がチームの大半をしめています。
正直、試合はオーストラリアペースの時間帯が長かった。
その長かった時間帯を耐えしのんだのが、PK戦だけじゃないぞ、の意地を見せた川島と、ケチがついていたDFの吉田でした。

ザッケローニ監督の采配も見事でした。
体格でパワープレーを挑んでくる相手に、MFを下げ、大柄な岩政を入れた。
攻防一体がセオリーである現代サッカーにおいて、あえて攻防分離に徹した。
この戦術変更、ニュートンの卵と一緒で、終わってみればなんとなく分かった気になれてもあの現場で出来るのは相当な手腕です。

最後は武器であった大柄な体躯を動かすことに疲れた相手に、長友が走りこみ上げたクロスを李がダイレクトに決めた!

オメデトウ日本!
みんな非常に良く戦いました。

意思と技術と団結力の勝利だったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 | book | music | 「無限」に魅入られた天才数学者たち | つぶやき | らき☆すた | アクション映画 | アニメ | アニメ映画 | アート | エッセイ | エヴァンゲリオン | クルマ | グルメ・クッキング | コミック | コメディ映画 | サッカー | サッカー日本代表 | サッカーW杯 | スポーツ | スポーツの映画 | テニス | ドキュメンタリー映画 | ニュース | ノンフィクション | パソコン・インターネット | ファッション | ファンタジー映画 | フェラーリ | ホテル | ホラー小説 | ホラー映画 | ボクシング | ミステリー映画 | ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて | 二人の娘 | 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? | 休日 | 健康 | 勉強本 | 司馬遼太郎 | 外国為替 | 大人のための萌えアニメ宣言 | 失恋の歴史 | 安室奈美恵 | 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 | 将棋 | 心と体 | 愛の映画 | 感動の映画 | 投資 | 教育 | 数学 | 文学 | 文学的な映画 | 旅行 | 日本のミステリー | 日本の小説 | 日本人ボクサー | 日本文学 | 日本映画 | 日経、日経金融新聞から | 映画 | 映画・テレビ | | 格闘技 | 海外の小説 | 海外の文学 | 海外ミステリー | 演劇 | 科学 | 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ | 経営 | 経済・政治・国際 | 綾波レイ | 美の歴史 | 美術館の帝王 | 評論 | 読書 | 起業 | 野球 | 青空文庫 | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン | PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ | SF映画