音楽

January 21, 2012

放課後ティータイムin MOVIE@イアン・ギランに歌わせたかった「光」

映画「けいおん」の中で歌われる曲が入ったCDです。
あいさつが入っていたり、「スカイハイ」の声が入っていたり、息づかいまでが生々しいライブ感覚がイッパイで、聴いていると映画のシーンが浮かんできます。

「けいおん」は一期、二期ともBDBOX持っているんですが、CDは初めてです。
イイ曲だな、とは思うんですが、私はいわゆる尖った感じの曲が好きなので、普通に良いポップスである処の「けいおん」の曲は、CDまで買わなくてもイイかなあ、と手が伸びなかったんだよね。

それではなんで、今回は買ったか、というと、映画の冒頭、いきなり大音量で掛かり、驚かせてくれた本格派ヘビーメタルの演奏「光」が入っていたからです。
最初に観た時は、え、映画版「けいおん」じゃ、こんな演奏になるの?と戸惑いました。
こんな感じの演奏だと、ストーリーもキャラクターもまったく違ったものになるんじゃ?ってね(笑
ま、話はああいう具合にオチルんですが、何回観てもあの演奏は忘れられない。
ヘビメタの名演だよ。
デスデビルの技術は、放課後より相当に高い(笑
こんな曲、ディープ・パープルにあったっけ?って思ったもんね。
で、楽しみに聴いたのですが、ボーカル入りの曲には少しガッカリ・・・スミマセン、さわちゃん先生。
ギターはリッチー・ブラックモアばりで、文句ないんですが、声は弱いよね。やっぱヘビーメタルのボーカルは、アングロサクソン系のデカイ男じゃないとってことなのか?
でもInstrumentalの方は凄くイイよ。
特にギターがデンジャラスに切れまくっていて最高。
ノン・ボーカルバージョンがイイって珍しい例だと思うけど、このCDは例外的にイイ。

中心になる「けいおん」の曲では「ごはんはおかず」のノリの良さ、U&Iの切なさ、映画のシーンがありありと浮かんできて感動に浸れる「天使にふれたよ!」、そしてやはり「けいおん」ならこの曲、といえる「ふわふわタイム」などみんな楽しめました。
イイ映画だよね。
今、一期のDVDを観返しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画