映画・テレビ

August 23, 2013

4KテレビREGZA58ZX設置@メイクアップは変わるだろう&アニメはビックリするほど綺麗

アテネ五輪の年に買ったプラズマテレビ(当時はまだプラズマか液晶か、という時代だった。結局、スポーツ番組が好きならプラズマと言われて決定)。
まだまだ充分なんですが、もう9年以上使ったわけだし、4Kテレビもイイかなあということでお盆に購入。
本日、設置とあいなりました。
58型で専用の録画用HDD付、設置料込で39万円。
前のプラズマテレビは55型で80万位したので、やっぱり家電はデフレですね。

で、観てどうか、というと、やっぱり綺麗です。
色々使い方に慣れる間、バラエティ番組にチャンネルを合わせていたんですが年の行った出演者の皺やらたるみやらが良く見える。

アメリカのドラマに替えると、弁護士役だかなんだかの初老の男性俳優が、いかにメイクを厚く塗っているか、なんてとこまで見える・・・
正義の味方役だったとしても、実際にこんな化粧したオジサンがいたらみんな怪しむだとうなあ、というレベルで、見え過ぎて困る位、見えなくても良いようなという感じさえする。
映画ではそういう不自然な感じがなかったので、出演者のメイクアップ、テレビレベルと映画レベルでは色々違うのかもしれない。
見えすぎるのも良し悪しという感じしましたね。
女優さんが高密度高細度の放送を嫌うという話、けっこう信憑性は高いだろう、と思いました。

逆にどうせ絵だからとあまり期待してなかったアニメは色彩が遥かに鮮明でビックリ。
イリヤちゃんが可愛いのなんの(笑
こっちは文句なく美しいですね。
ま、幾ら容貌に恵まれた人でも基本、生まれた状態から勝負しないとならない人間と、初めからより美しくと巧みの技を練り上げて造りだされる画像とでは、生身で自動車と競争させられる位のハンデがあるのかもね。

スポーツはスーペルコパをちょっと観たんですが、SPレベルの録画でも、前よりは鮮明な感じ。
来月、メイウェザーvsアルバレス戦をDRモードで録画するのが楽しみです。

ちなみに定格消費電力264Wは、前のプラズマテレビの半分。
家電はやっぱり進歩していますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2012

明日決勝スペイン国王杯@バスク~なぜ彼らは掟を貫くのか~に見る美意識

バスク地方と聞いて貴方は何を思い浮かべるだろうか?
アートの好きな方ならゲルニカ、サッカーが好きならアスレティック・ビルバオだろうか?
バスク純潔主義を貫くビルバオに日本人のファンは多くないだろうが、今年はビエルサが入団したので、注目しているサッカー好きは少なくないはずだ。

WOWOWで先日放映されたノンフィクションWでは、そのアスレティック・ビルバオを軸に、バスク地方の歴史的背景から、現在に至るまでの事情が手際よく解説されていた。
この番組、良い気分で観られるのは、民放地上派というとスポーツ番組にもしゃしゃり出てくるお笑いタレントが出てないこと。
取材対象に対しては、常に一定の敬意が払われ、観る者には感動の押し売りをしてこない。
そういう良識があることだ。

遥かに資本があるはずの民放地上波で、こういう番組が出来るか、と言えば出来るだろう。
良い番組だが、圧倒的な知性とか、卓越したセンスが光るというレベルでもないからだ。
この回でももうちょっと、ビエルサの練習風景、詳しい戦術の解説が欲しかった。
ただ民放地上波でこの手の番組が造られることはない。
何故なら普通の国民はゲルニカにもビルバオにもビエルサの戦術にも関心がないからだ。
バスク、ゲルニカ、ビルバオ、ビエルサで、世界に売れるレベルの番組を造り得たとしても、視聴率は取れないだろう。
考えればWOWOWの主力商品にもなりえない。
でも映画やスポーツ中継の合間に挟む、ニッチ商品としては悪くなく、品のある造りを観ていると、民放地上波のワイドショーやらバレエティ番組がいかに(美意識的に)毒されているか再認識することになる。

という訳で、明日の早朝、スペイン国王杯決勝である、と話はつながる。
注目はビエルサの取ってくるフォーメーションで、個人的にかなり期待している。
エル・ロコは偉業を成すのか、グラウディオラの花道が、最後の最後で飾られるのか?
もう観るんならこういう番組だよね。
あつかましい人間のバカ騒ぎは沢山。
美意識的として。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2011

7月に買って以来、1度しか見てないテレビ、でもWOWOWはオモシロイよ

先日、デジタル化対応で一応買った二階のテレビが、設定のウンタラカンタラで、ちょと直して下さいという葉書が来たのでやった。

でもこのテレビ、まだ1回しか見てないんだよね。
二か月半で50分。
自分でもビックリだ。

一方、居間にあるWOWOWと繋がっている大型テレビは良く観ている。
今月はUFCでジョン・ジョーンズとクイントン・ランペイジジャクソンが対戦します。
太り鉄鎖を首に巻きつけて吠えるのが、こけ脅しでないランペイジと、真正肉食獣を思わせるスピードと攻撃力を持つジョン・ジョーンズの対戦。
楽しみでたまりません。
先日の岡見選手の試合の前座では、さりげなくマウリシオ・ショーグンvsフォレスト・グリフィンなんてやってまして、オモシロかったです。

ボクシングは、フロイド・メイウェザーとビクター・オルティスが対戦。
フロイド・メイは、人間とは思えない時空間の支配するようなスピードを持つ選手です。一方、ビクター・オルティスは登り竜のような勢いがあるヤング・ライオン。
こっちもムチャクチャ楽しみ・・・
こういう試合を見ることこそ、私の生きがいの一つです。

映画もイッパイやってるんですが、WOWOWの良い処は、レンタル店では絶対に手を出さない映画もいつの間にか録画して楽しめることです。
ツマンナイのもイッパイあるけどね。
自然と可能性が広がるのは、大きな利点と感じてます。

サッカーは当然楽しくて、今はスペイン対ヒリテンシュタインの後半を見てます。
ライブも、先月のいきものがかりなんて良かったな。
今月はビョークもやるよ。
案外バカに出来ないのがノンフィクションWというドキュメンタリーで、ワーグナー?イスラエル室内管弦楽団とか、日本の切手を語った、日本が誇る小さな芸術、なんてのは地味にオモシロかったな。
一生懸命造っていて、視聴者をバカにしてない感じがします。

BBCのドキュメンタリーは、信じ難いような出来で、NHKなんて問題になりません。

これでWOWOW月2415円は高いですかね?
私には非常に安く感じますが・・・別に宣伝料はまったくもらってませんからね。
誤解なきように。
でも偶然クラシコになったスーぺル・コパもオモシロかったがなあ・・・

もうアホらしい地上波番組は観たくない、とお嘆きの貴兄がいたらと、ご参考までに書いてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

世にも奇妙な物語@安易な結末になった「まる子と会える町」の問題点

世にも奇妙な物語、20周年記念、オメデトウございます。
奇妙な物語は、乱歩の命名したミステリーの分野「奇妙な味」からのモノと思いますが、長い間にはその名に恥じない幾多の傑作がありました。
この番組のファンは、今度こそまたああいう傑作を、という期待を持って視聴するのだ、と思います。
さて、今日は漫画と実写の映像が非常に巧く溶け合っていた「まる子と会える町」について書いてみます。

リストラされ、娘は嫁ぎ家庭を持ち、職もなさそうで後は孤独死、最近ではNHKが調子に乗って煽っている無縁社会という状況になった西田敏行さんが、電車で居眠りをしていると、ちびまる子ちゃんと会える町に降り立った、というストーリーでしたが、結末は非常に凡庸で、映像の素晴らしさをすべて台無しにしていました。あんなクダラナイ結末の為に、あれほどの映像と役者が使われたとは、ある種の冒涜ですらあります。

寂しかった、夢を見てまる子とあって優しさに触れ、現実に帰ってくると、幸福な結末が待っている。
でもあの状況から西田さん、さらに年を取って体が不自由になり、同居する娘と娘婿に負担をかけ、可愛かった孫も年頃になったらどうか?
それでもみんなが親切に暖かく介護をしてくれれば幸福でしょう(私は嫌ですが)

でもなかなかそうは行かないのが現実です。
このエピソードがダメなのは、もしかしたら現実が甘くなる?という幻想が元にあることです。

我々が二次元の楽しみを通して認識すべきは、
三次元(現実)=苦しいモノ、大変なモノ、面倒なモノ、困難なモノ、ということです。
これが絶対の前提です(もしそういう状況にならなかった場合は、神と周囲の人に感謝)
そして二次元は=夢、困難ですら乗り越える楽しみ、すべてが甘美であり素晴らしい、というものです。
文字通り「違う次元」なのです。

我々は苦しい、ゲンナリするような現実から一時的に逃避する為に、二次元を楽しむ。
三次元に逃げ場がないから、二次元は輝く。
この背反性こそが二次元の輝きの源なんです。

では、このエピソード、どうゆう結末だったら良かったのか、というのは、私が聞きたいことです。
それを考え出すのが脚本家の演出者の仕事で、巧く落とせば大傑作になっていただろう、ということです。

ps
2chに以前あった書き込みで、うら覚えなんですが、感動的だったのを・・・
「綾波レイに恋をして35年、俺は独身のまま70のジジイになっていた。
結局まともな職にも就かず親から受け継いだボロ家に住み続け、周囲からは変態ジジイと呼ばれ、悪ガキたちには石を投げられる老人になっていた。
今日も誰かが戸を叩く音がしたので、悪戯だと思い『ほぅらあ』と怒鳴りながら開けると、そこには長年夢にまでいたレイが、優しく微笑んでいた。
『ずいぶん待たせたわね』
俺の瞳には、ただ涙が溢れた。
翌日、巡回してきた役所の介護サービスの人間は、いつもの不機嫌さとは全く違う幸福そうな俺の死顔を見下ろし、静かに手を合わせるのだった」
ありがちといえばありがちですが、真情がこもっています。
こういう展開をさらにもう一工夫してもらいたかったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2009

エヴァンゲリオン、テレビ版:第拾伍、拾六話:文化的遺産を巧く使う教養

エヴァンゲリオン、テレビ版の紹介記事です。

嘘と沈黙
次回の題名「死に至る病」は有名な哲学書がありますが、今回の「嘘と沈黙」も「嘘、そして沈黙」という有名なサイコホラー小説があります。
マニアなら、ははん、と思う処です。
こういう具合に過去の有名作品をさりげなく引いて来るというのも洒落た趣向だと思います。
今回特筆したいのは二つで、一つは「雑巾を絞る綾波レイ」の聖なる美しさです。
Rei011
クラスメイトがみんな騒いでいる掃除の時間に綾波レイだけは黙々と掃除をしています。
彼女にとっては生活のすべてが作務なのだ、ということが暗示されます。

「それが聞きたくて昼間から私を見ていたの」というのもイイですね。
私なら、「イヤ別に何が聞きたかったわけじゃないんだけど、神聖なる美しさに見とれていたんです」と言いたいとこですが、言えませんね。
むしろキモがられるから自重しようとでも思うかな・・・ケンスケに写真頼んでおくかなあ・・

もう一つは、シュルレアリストが描いていてもオカシクないほどのイマジネーションを見せる磔刑にされた白い巨人像です。
この時点ではアダムとして紹介されますが、突き刺さっている巨大な槍は「ロンギヌスの槍」です。
磔刑にされロンギヌスの槍が刺さっている、ということはこの不気味な巨人はキリストというとこになります・・・
ならばサードインパクトは最後の審判ということになるのか?
どっちにしろこのイメージはやはり相当見事です。
「福音書@エヴァンゲリオン」と名乗る題名に偽りなしです。


死にいたる病、そして
題名は、キルケゴールの著名な哲学書の題名と同じであり、ヨハネの福音書の言葉でもあります。
今回久々に使途と戦いますが、その戦いのほとんどは主人公の内面の葛藤と絶望の独白です。
カッコ良く戦ってカタルシスを味わうという少年アニメの原型はほとんど留めていません。
前回に続き綾波レイ=グレート・マザーという図式が、「そう、よかったわね」という一つのセリフを被せることで暗示されます。
ストーリーが進むに連れ謎は絡み合い深まって、血の匂いが濃厚になってきます。
非常に優れたストーリーです。

ps
このアニメの唯一の弱点はファッション、特にアスカのデート着ですね。
あれだけの美貌とスタイルを誇り、頭脳明晰、体技も抜群、レイと違って引き篭もりでもない、現世的なイケテル女の子を目指しているのに、ファッションが野暮過ぎる。
洋服だけはPEACH-PIT先生に描いてもらったほうが良かったね。
そしたらアスカ萌えの信者倍増、三倍増していたと思う。
確信犯なのかもしれないけど、ミサトのヘアスタイルもないわ・・・二人の魅力が随分損なわれていると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2009

祝!刑事コロンボ再放送! やっぱり最高なんだよね!

NHK、BSハイビジョンで刑事コロンボ・シリーズが再放送されていますが、やっぱりオモシロイですね。
芳醇な味わいの劇中にカタルシスに満ちたラスト!
以前の放映から随分時間もたっていて、大分記憶が薄れているのも良いタイミングだと思います。

コロンボのキャラクターが魅力的なのは言われていることですが、ドラマ自体が、どんな時にも品を失わないのが魅力ですね。
品格のある筆の運びに驚きのラスト!というと、作家ならスタンリー・エリンって感じでしょうか?
週末の楽しみが一つ増えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2009

「東大落城」日本史サスペンス劇場@久々にオモシロいドラマでした!(笑!

普段、ドラマって見ないんですが、ネタになりそうなんで今日は楽しみにしていました。こんなにスゴイことやっていたんですね。
私、ツマラナイ速度違反でアゲラレルんで警察って好きじゃないんですが(ちょっとした親切心もないし)、こんな目に合っているのを見ると機動隊の中の人は大変だなって思います。
内情はよく分からないんですけど(知る気もないですし)、見る限りにおいては学生の人たち、甘えと自己陶酔で馬鹿みたいですよね。
この点に関しては反対派の方から理想を解しないとか、言って頂いて結構です。
どうせ綾波レイのフィギュアに囲まれたPCから書きこみしてるオタクですから。

それにしても火炎放射器使って、当たれば即死のデカイ投石して、火炎瓶投げて、ガソリン捲いておいて、自分たちに怪我人が出たから休戦って笑いました。

戦争中に反戦して特高警察に睨まれる位の人なら認めますけどね。
まああんな時代は最悪ですから、この程度に甘い時代が幸せなんだと思いますが。

覚悟を持って籠ったんでしょうから、最後は三島並みの切腹者続出してたら一目置いたんだけどな。

歌歌って終わらせられたら、第三者はどうすれば良いの?
理想を語る若者に感動しないとダメなんでしょうか?
そして言うことを聞かないと鉄パイプが飛んでくるのを覚悟しないとダメな訳?
俺には良く理解できません。

反体制を叩けばかっこいいっていう空気
1 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
そういう空気が2chにはあるよね
2 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
もう少し理知的なんじゃないかな。
肩持つわけじゃないが。

明らかにバカだろ。客観的に見て学生運動って。
3 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
暴力運動が、この当時の共産党の政治姿勢だからな
5 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
左翼が平和主義で右翼が交戦主義ってイメージを植え付けたのは左翼メディア。
今の日本は左翼全体主義。
7 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
何で自己葛藤を他人を攻撃することに向けるの?
そいつらがどのツラ下げて反戦平和などと言うの?
なぜこういう過ちを正当化するの?

8 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
かっこいいとか思ってないよ。
許せないだけ。
お前らと同じ浮ついた気分で言ってると思うなゴミサヨ。
9 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
あえて言おう。
学生運動が下火になったのは、女にモテなくなったからだ。
クルマが売れないのも、女にモテなくなったからだ。
13 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
はっきり言うと、団塊は今の腐った体制そのものだから
学生運動で左翼ごっこしてた奴らは、皆大企業や官庁に入って若者を搾取してるよ
だからネットで支持されないの
17 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
もともとが学内改革だって、自己葛藤の鬱積のはけ口として暴れたいための名目に過ぎなかった
部外者に政治的利用されたとか言ったって、結局理由なんて何でも良かったんだよ、暴れられれば。
実際、当時何であんなに暴れてたか、理由を説明できる人なんて全然いない。
18 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
そうか?
今経団連とか叩かれまくってんじゃん
あれだって体制だろ
21 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
戦争反対を暴力で訴え人殺し、自分達がケガしたら休戦、死ぬまで闘うとか言いながら速効降伏、ぼろ負けしてるのに勝利宣言
言ってる事とやってる事が無茶苦茶 叩かれて当然じゃね?
23 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
だってダッサいんだもんw
この学生達w
全然気合はいってねぇしw
24 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
反帝国主義、反権力、反戦平和などと言いながら、
やってることは徹底した言論弾圧、反論する者への殺人、リンチ、レイプだったもんな
ただの集団ヒステリーだわ

日本史サス劇場特別版 「東大落城」★9 総括
1 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
総括だー

635 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
日テレ美化すんなと思ったけど締めでワラタwwwww
あまりにもおバカさんwwwww
755 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14
危なくなったら降参すればいいという甘っちょろい覚悟で、火炎瓶やら火炎放射器を持ち出した彼ら
851 :名無しさんにズームイン!:2009/01/14(水) 21:57:40.27
当時はまだ、貧しくて大学なんかいけなくて
高卒が殆どで、中卒だってソコソコいた時代。
親に養ってもらってヌクヌク勉強できてるだけでも
幸せなのにふざけんなアフォども!
皆好きで労働者やってんじゃなくて生活の為なんだよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

宮崎駿@プロフェッショナル、仕事の流儀「黙々と暗闇に向かってツルハシを振るう」

世間に成功者は多々あれど、表現者として確固たる地位を得た者ほど羨ましい存在はない。
自分の表現を世界が受け入れてくれ、賞賛され栄光を手にして多額の収入も得る。
これほどの喜びがあるだろうか?

その地位にたどり着くのは、困難を極め、極少数の天才だけであろうが、いったん着いてしまえばコッチのモノ!
後は適当に流していれば、才能もあるんだし、何よりネームバリューでなんとかなる・・・

まあそこまで思ってはいませんでしたが、以上のような考えもチラリとあったのは事実です。
でもこの番組で見た「世界の宮崎駿」の苦しみは、先日読んだ「漫画アシスタント物語」にあった一説、
「夢を見るのが仕事なのではなく、夢を作るのが仕事なのである。そこには現実の自分が一人いるだけであり、あたかも孤独な炭鉱夫の様にモクモクと暗闇にツルハシを振るうのである。」
そのものだった。

もう功なり名を遂げた、なんてゆるさは全くなかった。
「ただストーリーをなぞるだけじゃあダメなんだ」
「つまんねえセリフだな、理屈だけ並べても全くダメだ」
・ ・・あらゆるフィクションの愛好者なら、思わずうなずきたくなる言葉が、「あの宮崎駿」から出てくると重みがまったく違う!
「世界の宮崎」だってこんなレベルで苦闘しているのだ。
会社を背負い、築き上げた自分の名前を背負い、多くの重圧と戦いながら、暗闇から光を掘り出している。

・・・甘い仕事なんてないんだよな。
甘い仕事してたら、そもそも「今の宮崎」はいなかった。
思わず自分の手をじっと見ました。

ps
もう俺も終わりだ、終わりだなんて言わないでください、宮崎先生。
それだけは冗談抜きにお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2008

内藤大助物語~いじめられっ子のチャンピオンベルト

亀田、亀田のブームを演出したTBSが、タイトルマッチを控えて前宣伝、内藤大助物語です。
メインテーマはいじめの克服・・・でしょ。
副題からも・・・
まずは、内藤選手が体験した激しいイジメが描かれますが、コレ、番組の最後に苛めた人の名前、テロップで流してくれると粋ですよね(笑
苛めもジョークだったんでしょうから、その位は洒落はやった方も分かるでしょう(笑

ホントウに反吐を吐きたくなるほど卑怯な苛め・・・
私、映画とかでは無意味な暴力シーンって嫌いなんですが、苛められた人間が復讐に立ち上がる瞬間には麻薬的な快感を覚えるんです(笑
もうどんな残酷なことでもやってくれ!想像もつかないようなことを!
笑って見てやるから、と激しく思う!
自分の中の歪みを少し意識します(笑

だから最高の見せ場として苛めた人間への復讐シーン(モチロン暴力シーンは無理でしょうが)を期待したんですが、ドラマは途中からオカシナ方向に進みだし、カタルシスの発散はありませんでした・・・写真破るだけ、ってのは高尚なんでしょうけど、苛められっこの見たいドラマはこんなんじゃないんだよな。

それでも伊藤淳史は素晴らしい身体を作ってきましたし、なんと内藤独特のファイト・スタイルまでけっこうやってのけました。スゴイな電車男!
渡辺いっけいもピッタリでした。
役者が良かっただけに余計にオシイよ。

ps
2ちゃんねる実況から、
内藤が苛められている子供を救って
内藤「大丈夫か君?強くなるんだ、虐めっ子なんかやっつけてやれよ!
  ところで名前はなんて言うんだ?」
子供「か、亀田興毅…」

もうイッチョ!
117 :渡る世間は名無しばかり:2008/07/28(月) 21:54:53.47 ID:f+nC7Kyo
俺も2ちゃんねるって掲示板で毎日氏ねとか言われて虐められてる・・・(´・ω・`)


渡る世間に名無しばかり:
>>117
(´・ω・`)ヾ(・ω・`)ヨシヨシ
164 :渡る世間は名無しばかり:2008/07/28(月) 21:55:49.00 ID:jczmNJrG
>>117
(・c_・`)ソッカー
196 :渡る世間は名無しばかり:2008/07/28(月) 21:56:19.32 ID:CgrCD3vq
>>117
(´・ω・`)イキロ

最後の試合シーンは、文句なく良かった。
やっぱり本物ならではだな。
リアルは違うんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2008

「のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜」を観て思う覚悟

今日から仕事な訳ですが、昨日の夜、寝る前に「のだめ最終話」を見ていました。
「音楽が出来ることは当たり前のことじゃない」
いい言葉です。
これは何にでも言えることです。
感動のラストに涙涙で見終わって、今年の仕事が始まり、働けることも当たり前のことじゃない、と真摯な気持ちのスタートでしたが、思えばこそ、すぐに嫌々になるのが私です(笑・・・

今、ヨーロッパ編の一夜目を観終わりましたが、欧州舞台になる原作を、テレビドラマに良く仕立ててあると思います。

原作でも欧州編からは難しいですよね。
これがこの手の話の宿命なんです。
最初は輝かしい青春の友情と恋愛と困難に立ち向かうストーリーで走れる。
どんなエピソードもキャラクターも出たばかりですから新鮮で、逆にいえばこの段階でダメならダメ。
一段上の話になるかどうかは、最初の設定から飛んだ後が勝負です。

日本編では、音楽やって酒飲んで、友情やって恋も付いてくる。
ドラマとは言え、見ているだけでも羨ましい風景なんですが、いつまでそうもしていられない。やがては厳しい現実がまっているわけです。

私は実に散文的な仕事をしているのですが、本当は大学から芸術関係に行きたかったのです。
まぁ、それでは食えないだろう、と説得され自分でも納得して今の仕事をしているのですが、こういうドラマを見ているとやっぱり切なく憧れが募ります。

しょうがないんだけどね。
今日も千秋が苦しんでいたように、そっち方面に行ったら、もっと厳しい世界がまっていて、それに打ち勝つには最初から食えないことを心配しているようじゃダメなんでしょう。
そんな私は、明日も仕事をしっかりやって、夜のドラマを楽しみにしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11から考える日本と日本人 book music 「無限」に魅入られた天才数学者たち つぶやき らき☆すた アクション映画 アニメ アニメ映画 アート エッセイ エヴァンゲリオン クルマ グルメ・クッキング コミック コメディ映画 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯 スポーツ スポーツの映画 テニス ドキュメンタリー映画 ニュース ノンフィクション パソコン・インターネット ファッション ファンタジー映画 フェラーリ ホテル ホラー小説 ホラー映画 ボクシング ミステリー映画 ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて 二人の娘 二次元キャラは家庭生活の夢を見るか? 休日 健康 勉強本 司馬遼太郎 外国為替 大人のための萌えアニメ宣言 失恋の歴史 安室奈美恵 寝ながら学べる構造主義  内田樹著 将棋 心と体 愛の映画 感動の映画 投資 教育 数学 文学 文学的な映画 旅行 日本のミステリー 日本の小説 日本人ボクサー 日本文学 日本映画 日経、日経金融新聞から 映画 映画・テレビ 格闘技 海外の小説 海外の文学 海外ミステリー 演劇 科学 素数に憑かれた人たち~リーマン予想への挑戦~ 経営 経済・政治・国際 綾波レイ 美の歴史 美術館の帝王 評論 読書 起業 野球 青空文庫 音楽 魔法少女まどか☆マギカ 魔術的芸術  アンドレ・ブルトン PEACHーPITは現代のラファエロ・サンティ SF映画