« November 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

December 31, 2014

井上尚弥の記事を更新しました


井上尚弥選手の記事をコチラのブログにアップしました。
移転していますので、ヨロシクお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2014

私の12月30日の記事を書きました。

私の12月30日
上記リンク先の新規ブログを更新しました。
よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2014

その女アレックス に関する記事を書きました

その女アレックス ピエール・ルメール
ブログを移転します。
これからは上記リンク先でお願いします。
ブックマークを貼って戴いている奇特な方は、変更をして頂ければ恐悦至極でございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2014

ボクスター、サーキット走行動画№2@大画面でご覧になると結構迫力かも

筑波2000でのスポーツ走行動画第二弾です。

最終コーナーの立ち上がりで、もの凄い勢いで930ターボに抜かれています。
アッチはその後のスピードも凄い。
86とバトルしていてちょっとレースっぽい(笑
ノーマルボクスターの直線でのスピードは86と変わらんです。
最終コーナーとかかなり滑っていて、これ以上は難しい・・・
タイムは1分10秒で走っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2014

ヤマノススメ見て決心!新・平成の伊能忠敬始めました19000キロを歩き抜け

自営業なので通勤は住宅街を100m。
楽なのはありがたいんですが、たまに歩く機会があるとすぐにバテル。
基本トレーニングは大好きで、休日にはけっこう一所懸命やっているんですけど心肺機能系はエアロバイクのみ。
泳げないし、ランニングもしてないんだよね。

そして自転車と歩くのは、まったく別のスタミナなのだ。
歩くとすぐに疲れているようじゃ人生は損です。
その上、アニメ「ヤマノススメ」を観て山に登りたくなってしまったのですが、こんな状態では山処の話ではない。

対策として使っていたリカベント型エアロバイクをウォーキングマシンに交換。
iphoneの万歩計を使っていたのですが、幾ら持ち歩くっていってもね。
バッテリーもなくなるし、総計も年が変わるとリセットされてしまうのは残念な感じ。
という訳で買ったのが「新・平成の伊能忠敬」という万歩計
これは毎日の歩数が累計されていって、少しづつ日本の海岸線が出来ていき最後には日本地図が出来上がるという優れモノ。
東京からスタートするんだけど、今千葉まで1.88Kに迫った。
使ってみて明らかになったのは、仕事の日だと3500歩位しか歩いてないという衝撃の事実!
これじゃ歩けないわけだよ。
休日に30分から40分ウォーキングマシンに乗るようになっても1万歩行かない。
でも確実に歩けるようにはなっていて(←ああ、なんと情けない)これを1時間、2時間連続歩行OKになったら山歩きにも挑戦したいですね。
とりあえず数字フェチの私は毎日の歩数と残りの距離に一喜一憂。

ただ日本一周するには19044キロ歩かなければならないんで、今のペースだと全走行距離歩くには16年位掛かるんだけど・・・それまでこの器械モタないよね・・・まあ行けるだけ行こうと思っている次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2014

買いましたiPhone6Plus、FXと先物取引環境への効果と電子書籍の可能性

6が出て画面が大きくなった時からより大きなPlusを買おうとは思っていたんですが、品薄状態の中、注文を入れるて中々来ないのにイライラするのもちょっとね。
第一、設定と移行がPCとスマートフォンは大変ですよね。

面倒だなあと思いながらも使用中の5をPCにバックアップして、品物があるのを確認して休日にAUショップへまずはお出かけ。
その日は話だけでもイイやというノリだったのですが、そのまま購入してしました。

買ったのは64ギガのゴールド色。
今までの5は16ギガで、私はそもそも容量なんていらない方。
プログラミングなんかには興味あるんですが、いわゆる動画撮ったり画像収集したりっていう趣味はないんでね。
容量は最低でイイよというのが通例だったんですが、ある日サーキット走りながら、コレ撮ったらオモシロイんじゃないか、と思いついてしまって、それでもそんなに巧くいかないだろうなあと考えながらスタンド買って、取り付けてスイッチ入れたら撮れてしまって、感動!
でもiPhoneって動画の画質落とせないから(you tubeにアップロードしたのは相当落としてますが)容量を食う食う
これもappleの戦略でしょうが、コチラとしては乗せられる他に選択肢がないので仕方なく64ギガを購入です。
色はゴールド色を選びましたが、コッチは本来の成金趣味からの選択です(笑

買ってSIMカードの認識が怪しいipadを見てもらっている間に、その時も取引をしていたので、さっそく先物用のアプリを落とす(店の中ですでに落としているってどんだけ)
さらに5は下取りと思っていたんですが、月1円でwifiと通話だけなら出来るというプランがあるとの事で、下取りはなしにして、二台のiPhoneとipadを持ち帰り、まずはともかくいくつか使っている取引会社のアプリを落としてはチャート他の環境を夢中になって設定しているうちに、PCからのバックアップなんてすっかり忘れて、まあ今まで使っていた5も手元にあるんだし、まっさらのiPhoneを見ているうちに、使っていた5が相当カオスな状態だったのも自覚出来たので、バックアップはなしにして、古い方を参考にしながら本当に必要な機能だけに刷新しようなんて心変わりしている次第です。

で、使用感ですが非常にヨロシイ。

電話機として大きいだろうという感じもしますが、私にとってスマートフォンは9割以上投機の道具なんで、やっぱり画面が大きいとチャートやら板やら見やすくて、注文の数字も打ちやすくて言う事ないですね。

その他では青空文庫もはるかに読みやすく、本らしくなりました。
こうなったらけち臭く青空文庫だけじゃなくて、キンドルアプリも入れて本格的に電子書籍時代の幕明けしましょうかね。
キンドルアプリはipadには入っているんですが、重いでしょ。
その点、何時も持ち歩くiPhoneだとトイレの中とかでも読めるんで、ともかく読書は捗るんだよね。
その他では、どのサイトも字が大きくなって楽です。
バッテリーの持ちも5に比べて向上。
その分充電には時間が掛かりますが、この辺は小さいipadに近い感じ。

オモシロいまとめブログ読んで、ipadの方でだけど将棋用アプリを指して、先物やFXをやって、予定やら文章やらもまとめてなんかこれ一台ですべて満ち足りてしまうという恐ろしい機械はますます進歩が止まらず。
どこまで行くんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2014

原油安相場に付き合います&先物FX取引の社会的意義

投資カテゴリーの前記事で
ここからの買いは嫌な予感しかしない、よって大幅下落するまで新規買いは待ちますと書いたのですが、原油安相場が来ているので買いに行きます。

世界株式&リートインデックスの代わりに買っていたロシア株の投信は、今日で予定額購入終了で、一か月にわたるドルコスト平均法100万円の投資が現在916211円へと減少し、83961円の評価損です。
安値を更新し続ける銘柄への投資はおおむねこんなモノです。
これも別記事に書きましたが、目先儲けたいなら上昇しているカテゴリーを買うのが一番。
安値をつける銘柄に自分だけ利口だと思って投資すると、結果はさらなる下落が待っているというオチですが、まあ5年後に期待ですね。
今回は世界株式も下落してますから後悔はないです。
今の処(笑

で、再開される投資ですが具体的には
久々に下落しているUSドルを一日500ドルづつ買います。
これは150万前後貯まったらNY市場のXLE などのETFか、エクソンなど石油関連の株の購入資金になります。
なんで150万か、というと外国株式の手数料がその前後だと割安になるからです。
それまでは東京市場での原油関連ETF、1671、1699を交代交代一日5万程度の買いをひたすら続けます。
この二つ、久々に出来高が増えていて、多少金額が嵩んでも一気に売れそうなんだよね。
これを両方合計150万位まで積み上げたら、その日の値段を問わずに売り。
その夜に積み上げたドル資金を使いNY市場でXLEかエクソンを買いというロールを仕上げてワンサイクル完了です。
そこでまだ原油が底這っていたら、ドル買い、東京市場で同じETF買い(出来高が続いていれば)、まとまったらNYで石油関連の買いです。
半年位落ちたまんまだとそこそこ積み上がるので、そんなに急に上がってくれなくて良いです。

ここで先物取引やFXなどの投機取引の社会的意義が分かります。
そもそも日本人の私がなんで最終資産としてNY上場の株やETFを欲しがるか?というと原油が安い!という時に投じられる資産対象が日本には事実上ないのです。
石油が安いと思われる(あんまり安すぎて金融不安を起こしている)
よって原油関連の資産を2000万位持ちたいと思ったら、投資対象の一日の売買高は最低でも20億や30億、欲しいでしょ。
ても1671や1699だと今、随分盛り上がって来ましたが一日の売買代金はたったの5億円。
ずっと何百万という時もあって、これじゃ投資対象にならないよ。
自分の玉を一気に手放したいって時、買い板ぶち抜きまくってストップ安付けてさらに売れ残りってんじゃ困るんです。

金融市場の生命線は流動性。
流動性が無限にあれば何時でも好きな時に好きなだけ買えるし売れる。
非常に安心できるし、多くの参加者が沢山売買すればするほどスプレッド(売り買いの値段の差)が極限まで縮小しコストも抑えられる。
値段に正当性が出るわけです。
この流動性をリスクを取って供給しているのがいわゆる投機家です。
日経先物ミニ1枚でも私の買いが約定する瞬間、世界で一番早く一番高く買ってあげているのが私。
売りが約定する時は私が一番早く一番安く売ってあげているのです。
投機家の役割、幾らかお分かりいただけたでしょうか?

【投資投機は自己責任】
先ほどユーロドルの損切りメールの届いた私。
上記の記事を参考にするなんて人はいないと思いますが、投資投機は利益も損失も全部ご自分の判断からです。
よろしくお願いしたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2014

戦争はとっくに仕掛けられているし戦ってくれるのは安倍総理だけ

安倍さんは危険な総理という評判を一部識者とマスコミが煽ってます。
日本を戦争に駆り立てているだそうですが、なんの。
戦争なんてとっくに仕掛けられ、日本は敗走につぐ敗走中です。
気づいてないのはボケッとした日本人だけで、気づかせないことに必死なのが安倍総理の登場に慌てている左翼識者とマスコミ関係者です。

現代の情報戦故、銃弾が飛び交うとこもなく、血も流れていませんが一方的に殴られ続ける日本はやられっぱなし。
以前と違い、経済力に圧倒的な差のない今の日本だと、このまま放置してたら、第二の敗戦が身に沁みる日もそう遠いことではないでしょう。

国破れ、山河を乗っ取られても、みんな笑っているんでしょうか(笑

明後日の選挙はそんな剣ヶ峰の戦いです。
でも選挙に行くには寒すぎる?(笑
どうせ誰に入れても変わらないから、遊びに行ったり家でのんびりしてますか?
実は私、日本人の危機意識の希薄さにはとっくに見切りをつけています。
エヴァンゲリオンのミサトのセリフじゃないですが、「生き残るのは生きる意志を持った者だけ」でしょう。
その点日本人は完全に失格で、だから私の中長期の投資先には日本株、日本のリートは全く入ってないのです。
朝日新聞、毎日新聞を、未だ購読している人々が何百万人もいるんだから明日なんてあるわけないよ。

惜しいよね。
ネトウヨだから日本びいきってわけではなく、芸術文化を愛好するオタクとして公平に見ても今の時代、最高のコンテンツを創造し続けているのは日本だ。

21世紀初頭、素晴らしくCoolな感性とイマジネーションを持った大和民族がここにいた。(今は滅亡させられた)
なんて25世紀辺りの歴史の教科書に乗らないように、選挙には行きましょうね。

ま、閑散ブログでこんなこと吠えても無駄なことは承知しているんですが、無駄を承知で書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2014

満願 米澤穗信@真の傑作短編もあるが、ミステリへの重大は問いも考えられる1冊

10年前!このブログを始めた当時、最も好きな趣味は何かと問われたら「ミステリーを読むこと」と答えた私ですが、昨今はすっかりお見限り・・・
あの当時、年に一番の楽しみは12月に出る「このミス」を読むことだったんだから、ささやかなモノでしたが、ともかく好きだったんだよね。
で、今年「このミス」と文春の二冠に輝いたのがこの短編集。
作家の名前、はてどっかで聞いたような、と思ったらアニメ氷菓の原作者でした・・・ミステリを読まなくなったのも信じられないでしょうけど、オマエは10年後、アニメに夢中って言われても信じなかったろうなあ・・・ホント、人生は計り難しですね。

まあ二冠だし氷菓の作者だしということで、購入ですが、一つ一つ語ると
「夜警」
納得の佳品ですが、この手は横山秀夫が凄いの書いているんで、未だその記憶が拭えず。
でもこの水準なら年間一位もおかしくないという作品です。
「死人宿」
氷菓もそうだったのですが、品位のある抒情を描かせると一級の米澤さんですが、これは少し寂寞とし過ぎて、膨らんだ期待を満たしているとは言い難い。
「柘榴」
ホラー小説として真の傑作です。
これがホラーというと戸惑う方いるかもしれませんが、血しぶきが上がってゾンビが走り回ればホラーってわけじゃないんです。
この作品は、捻りのある構造が妖美なるエロティシズムを際立たせ、底知れない魔性の息吹が一時期の小池真理子を思わせる逸品で、感嘆しました。
「万灯」
いきなり物語の結論が示されているので、オチを楽しみたい私にはシラケたスタートでしたが、日常系だと思った舞台がバングラデシュ。
その上、臨場感が半端でなく夢中で読み進まされ、終盤はお見事!としか言いようがない着地!
アレもコレもみんな伏線だったのね、という虚淵玄が「まどかマギカ」でやってのけた微細構造に至るまで仕掛けは万全!を思い起こさせる傑作でした。
「関守」
レビューで世にも奇妙な系と評されてますが、その通り。
水準以上ではありますが、私はこの手を中学時代から延々と延々と延々と読んできているんで、まあまあという氷菓(笑)です。
「満願」
題名の作品ですが、一番ピンとはこなかった。
ただ文章が巧いので読んでしまいますね。

【ミステリーへの重い問いかけ】
ミステリーは読まなくなっても文学は読んでいるんです(最近では太宰、安吾、カフカetc)専門書も読んでいる。
なんで文学や専門書は廃れないかというと、そこにしかない世界があるからです。
ミステリーは結局、エンターテイメントでしょう。
そうすると今は他のライバルが強力過ぎるんです。
たとえばアニメだ。
まどかマギカのBDは5000円で買える。
プリズマ☆イリヤも6000円で買えるんです。
で、何回観れらるかというと・・・数えきれない。
正確には観るというよりPC仕事の傍らで掛けているだけなんだけど、バックグランドミュージックみたいに使えて充分元は取れるんだよね。
昨日一昨日と安室奈美恵20周年ドームツアーのBDを観たんだけど、コッチは3700円から5700円で買えるんです。
もう何回観たろう・・・そして感動しただろうか・・・今日クルマの中でもCDを落としたヤツ聞いていたからもう元を取るなんてもんじゃない。
この単行本は1728円です。
非常に高水準の作品ですから高いとは言えませんが一度読んだら終わりなのも確かなんだよね。
アニメと違って単調な仕事中、傍らで掛けておくって使い方も出来ない。
安室のライブみたいに、何度見ても感動で泣けてくるという力もない。

文学方面は青空文庫でiphoneに落とせるのが強みなんです。
iphoneにあるとトイレとか待ち時間の隙間隙間に読めるのが強い。
やっぱりこれからは電子化して、利便性と割安感を出さないと、ミステリ界もじり貧では、とも感じますね。
キンドルがあるのは知ってますが、割高感があるのがね。
「その女アレックス」も買いましたけど、そんな事も考えましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2014

タブレットとかスマホってPC以上に超短期トレードと相性が良い気がする理由とルーブル建てロシア株投資の現状と今後の投資予定

先物やFXを取引するのに携帯から出来るようになった時は便利になったなとは思った。
出先で出来るのは大きかったよね。
でも結局、セコイ画面でチャートも板も更新しないと動かないし、使用用途はあくまで臨時。
本格的な参戦はPCじゃなきゃ話にならなかったんですが、なんと昨日なんてNFPの参戦、あえてPC消してipadとiphoneからやっていた。
アプリがどんどん進化してともかくやり良い
リズム良く幾らでも取引出来る。
性能では今だPCが上なのは間違いないのに、何故タブレット&スマホ連合軍が追い抜いたのかと言えば、あの触って操る感覚が超短期トレードと合っているのではないだろうか?
クリックよりタッチ。
触るという人の原初の感覚に近い分、波に乗りやすいのか。
今やチャートも見劣りしないし、スマホとタブレットを同時に立ち上げてやるのは悪くない。
モチロン、日に一度の本格的な分析、それにともなう数日にわたるスイング・トレード用のデーター作成にはPC環境が必須だし、長期投資用の銘柄を調べるのもPCの方が圧倒的に便利、というかPCじゃなきゃ話にならないのだが、ホイホイホイホイ細かい利鞘狙って短期勝負を繰り返すにはタブレットとスマホの方がやり良い。

それから前記事で書いたルーブル建てのロシア株インデックス投資(三井住友ロシア株オープン)ですが、続けています。
具体的には11月18日から毎日5万円づつ買っていて(ドルコスト平均法)、現在総計65万円の投資ですが残高は619006円に減少。
マイナス31072円という状況ですね。
この後も毎日5万円の買いを続けて100万まで積み上げたらお終いにして放置ですね。
100万だと投資のうちに入らないと言えば言えるのですが、なにせこの投信自体の総資産が5億弱なので、そうそう持てない。

で、その後ですが、再び世界の株式をインデックスで買っていくドルコスト平均法投資に戻るのか、というとすでに嫌な予感しかしない。
リーマンショック後、まったく光明が見えなかった時から始めた世界の株式&リート、ハイイールド債へのドルコスト平均法投資。
円安と世界株高に乗って現在報われた状況なんで、売りたい気持ちしかなくて、ここから新規の買いはなあ・・・
まあまだ上がると思うし、私も持ち株を売ることはないですが、もしかしたら新規買いはしばらく控える・・・かな
大きな調整があったら、毎日買わなかった分だけ買いに出ます。
仮に一か月買わなかった後に大きな下落が来たら、その一か月分だけの買いとかは出すでしょう。
それまではちょっとお休みですね。

【重要】言うまでもなく、投資投機は自己責任です。
この記事を参考に、オッチョコチョイに持ち株を売ったり(私は新規では買わないですが、持ち玉は売りません)投資を止めたりして、この後の爆発的上昇に乗れなかったなんて恨み言を言わないでね。
投資投機は「自分の判断」を金に換える行為です。
よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2014

進撃の巨人展、行って来ました@ヴァーチャル・ワールドはここまで来た!360度体感シアターは凄い

ついに始まった進撃の巨人展。
この作品もCool Japanが生み出した傑作ですが、人気故、混み過ぎていたら嫌だなあと思いつつ、ここはやっぱり行かない訳には行かんでしょ、という訳でipadから予約。
コードナンバーの付いたメールをiphoneに転送してローソンに向かう
Pontaカードの磁気が弱かったりしてなんか大変だったんですが、なんとか前売り券を手に入れる。
お値段は音声ツアーガイド付だと一人3300円とお高く、しかも期日指定なんで、その日に行けないと無効になるというなかなか厳しい逸品です。

で、先日、妻と二人で行ったのですが、リヴァイ兵長推しの方が多いのか、並んでいるのは女性が多い・・・
リヴァイさんは、強いというより狂気染みていて、ちょっと怖いけどねえ・・・
ま、好みは人それぞれということで、まずは集団ごとに順番に入場です。

一気に入れないのは、展覧会の最初が光と音の全身体感シアターとなっているからで、前置きとして「かなり刺激が強いので、心臓に疾患があったり、体調不良の方は先に進めます」といわれますが、個人的には大したことなかったです。
遊園地の幽霊屋敷よりは怖くないよ。
でも決してツマラナカッタというわけでもなく、観に来た方に、少しでも進撃の巨人の世界を味わって欲しいという熱意は伝わってきました。

そこが終わると原画展ですが、通路が狭く曲がりくねっているので、ともかく混み合っていて進まない。
正直落ち着いてみるのは難しいでしょうね。
巨大模型も展示してあって、写真なども撮れるのですが、個人的に一番良かったのは立体起動装置で森の中を飛び回っている感じになれるシアターでした。
三方面からなる画面に映像が映し出されて、前に座って観ていると自分が飛んでいる感じになって気持ちイイ。
私はこの手の刺激が好きなんで堪能しましたが、クルマ酔いし易い人は要注意かもしれません。

グッツ売り場も大盛況でしたが、我々は特に何も買わず。
なんか最近美術展に行っても買わなくなったわ。
昔のあの情熱はどこに行ったのでしょう。

その後隣で開催している360度体感シアターに並びました。
入場料は別口で600円也の上、進撃の巨人展のチケット半券が必要ですので捨てないように。
5分ほどの待ち時間で入れるのが救いでした。

入場するとズラッと机が並んでいて、体感シアターというより講義でも開かれるような会場でしたが、HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)を被った瞬間に世界は一変します。
スゴイです。
ヴァーチャル・ワールドはここまで来たという感慨がありますね。
360°全方位、進撃の巨人の世界に入れます。
真正面だけでなく、上下左右もご堪能下さい。
いやー、こりゃゲームの世界に住める日もそう遠くないんじゃないの。
コレ市販されたら、ゲームまったくやらない私も買うわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2014

集団的自衛権と流行語をからめる文化人と、アメリカからの視線

テレビのバラエティ番組を、全く見なくなってもう10年以上は立っている。
だから今年の流行語大賞も分からんのだが、集団的自衛権と絡めてどうもバカらしい流れを造りだしたい一派がいるようだ。

ここで一つ仮定の話をしよう。
もし私が20年前に、日本人でなくアメリカ人の少年だったら、日本で始まったエヴァンゲリオンに夢中になっただろう。
なんてCoolな作品なんだろうと、ずっとおっかけるようになっていたはずだ。
アニソンのファンになり様々な作品を楽しむうちに2011年「まどかマギカ」と出会うことになる。
その衝撃たるやアメリカ人の私の想像を絶するだろうね。
日本とはなんと凄まじい国なのか?
もう世界一は日本だ。

唯一心配なのは安室奈美恵にきちんと接することが出来るかどうかで、安室ちゃんの真価はネット越しのPC動画だけだと分からない。
絵画のように本物をライブで、とまでは言わないが、絵画を美術書で見るように、安室奈美恵も最低でもDVDクラスの画質で観ないとダメだ。
でももし安室奈美恵の真価を知ったらもう日本文化に徹底的にひれ伏すだろう。

今の日本の生み出すソフトパワーは圧倒的で、フォーブスが日本をブランド国№1にしたのも当然の話。
遅すぎる位だ。
それでもだ。
なんらかの事態になり、日本の自衛隊が攻撃を受けているアメリカ軍を放置したという事を知ったらその瞬間、私は反日アメリカ人に豹変することは間違いない。

これは普通の国民感情だと思う。
幾ら文化を愛する人間でも、自国の軍隊が他国の紛争に出向いた先で、その当事国に見捨てられたら許すことなんて出来ない。

集団的自衛権とはこういうことだろ。
自国の国民が見殺しにされているんだから、日本は最低の裏切り国家である、と認識して何が悪いのか?
反対する人間はそんな事を望んでいるのか、と書いた処で、分かった。
そうか。
彼らはそれを望んでいるんだ。

日本が見捨てられ、侵略される事を望み、その手引きをすることで、巨万の利益を得ようとするのが、反安倍派だ。
いかなる理屈を並べ立てようと、安全保障という国の根幹を蔑ろにする勢力には絶対に負けられない。

今、カフカの城を読んでいる。
放送大学は芸術史とプログラミング関連を中心に楽しんでいる。
文学も芸術も本当に素晴らしいと思う。
そんな平和を守るには、準備が必要だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »