« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

April 30, 2014

最近の生活のご報告@将棋、英語、ポルシェ、萌え系、サッカー、ボクシング

最近一番ハマっているのがiPadでやっている詰将棋アプリ
雑誌で見ているだけだと解けない詰め将棋も、アプリで駒を動かしながらだと大丈夫。
ま、解けないのは、闇雲に動かして消去法で正解まで辿りつくという荒業やっているんですけどね。


英語の勉強は、以前買って放置していた本をやっています
2012年8月9日に初めて英語の勉強していますという記事を書きましたが、ずっと続けています。
どんな風に勉強をしているかというと、ひたすら家にある英語の本をやっています。
探せば後から後から出て来て、まあ勉強する気だけはあったんでしょうね。
今はそれを一冊ずつ実際に攻略中!
水準はまだまだでしょうが、続けています。


ボクスターは昨日、行ったローソンでタイヤに傷を見つけ、連休中のサーキット走行を迷っています。
今日タイヤ屋さんに見てもらった処、小石を踏んでザッーとやったんでしょう、ということ。
いわゆるブロック飛びの小さいヤツですね。
「純正のコンチネンタルはグリップが悪くてダメだ」、と言ったら、
「そうでしょうね。コレはドリフトやる人が良く履いているんですよ」と言われてしまいました。
スポーツ・タイヤに履き替え予定ですが、連休中は間に合いそうもない。
ホントはローグリップのタイヤで練習したかったんだけどな。


ローソン、ラブライブ騒ぎ
ラブライブは放送を観ているだけなんで、ローソンキャンペーンは高見の見物だったんですが、凄いですね。
夕方行った処、交換対象商品は台風の後みたいに何もないし、クリアファイルも一枚もないという・・・
まどマギやアイマスキャンペーンでもこれほどの勢いはなかったような・・
私はセガのゲームセンターで始まったまどマギキャンペーンが気になってます。
たまこラブストーリーはもう一度位行きます。


チャンピオンズリーグは、レアル、マジで強いと思ってはいたんですが、ペップのバイエルンがホントに負けるとは思いませんでした。
時代はやっぱり卓越した個人技だよ、というグレートローテーションが起こっているんでしょうか?
ポジションサッカーも終わりなのかな?


ボクシングの山中慎介はホントに強い
神の左!なんてよほどでないと安っぽく響く文句でしょうが、山中はホントに強いですね。
あれだけシンプルなファイトスタイルで、あれだけ倒しまくる姿は真剣の中でも名刀中の名刀の切れ味。
一階級上げてサンタクルス。
強いチャンピオンだけど、今の山中なら勝てるでしょう。
今度は是非、ラスベガスで観たいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2014

たまこラブストーリー@期待0を遥に越えた一篇の抒情詩のようなラブストーリー

「たまこまーけっと」が映画化と聞いた時は、ただ何故?としか思えませんでした。
正直、テレビアニメは相当イマイチだったよね。
京都アニメーションは、そんな劇場版を造るマンパワーがあるなら、ハルヒの続編とかやって欲しいよなあと願ったのは、私だけではなかったはずだ。

実際、この手の劇場版では地味な盛り上がりで、特典前売り騒ぎもなく、ネットで見られる映画館での予約状況も空きだらけ。
失敗確定と思い、初日に行くと決めていた私も盛り上がらないことはなはだしかったのですが、評判ってのは恐ろしいね。
当日になったら良さげという事からまずは映画館での予約が埋まりだした。

私は仕事の後、夜の回に行ってきたのですが、感動しました。
結局、あの鳥が邪魔だったのではないか?(笑
ま、テレビシリーズ全体がこの映画の前振りだったと思えば良いのか?

映画は題名通りのラブストーリで、ともかく美しい。
映像が美しく、キャラクーの心根が美しく、行動が美しい。
若き日の恋ならかくありたい、という夢のような一篇で、うーーーん、さすが京アニ、伊達ではない。
山田尚子監督は、「けいおん@劇場版」に続き、実力を証明し、人の気持ちの優しさと美しさを観たいと思うならこの美貌の監督だ。

テレビの「たまこ」はツマラナカッタとこの映画をスルーしている貴方にでも是非おススメしたい、一篇の抒情詩のような本当に美しい映画。
これで「中二病@劇場版」での借りは返してもらった
BDは絶対に買いたいと思う作品でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2014

夜明け前第一部(下)島崎藤村@視点が多数に発散して語られる幕末模様

相変わらず多くの本と同時進行で読んでいる「夜明け前」もこの下巻で幕末模様は終了。
第二部から明治となりますが、主人公は木曽の山中に住んでいるので、はっきりと言い切られるようなことはありません。

今さら分かり切った話ですが、徹底的に違うなあと思わされることは、情報量の格差。
京都だ江戸だで、維新の炎が燃え盛り、人死に事件も連発!
外国船は不審にうろつき、時に戦争紛いの紛争も多発。
ついに徳川300年、1000年近く続いた武士の時代が激流の中に崩れ去ろうというのに、知り合いからの手紙でしか事情を推察出来ないって凄いよね。

私がこの間、朝起きてiphone立ち上げて慌てて消したのは、深夜にやっていた海外サッカーの試合結果を「知りたくなかったから」だもの。
大きな試合と言ってもたかが球蹴りの結果すら、地球の裏側から瞬時に届けてくる(テレビにはリアルタイムで録画されている。結果を知らないで観たかった)時代と、自分の住んでいる国の激動事情を後からでしか知りえない世界・・・
何せこの小説、かなりの大河ドラマなのに、主人公は時代の中心で活躍するということが全くない。
京都やら江戸やらという時勢の中心地にすらほとんどいないという、今時の小説なら編集者の直し確実!
有りえなくない?ということで、こんなんで、果たして長編小説が成り立つのかというと成り立ってます。
それも抜群にオモシロイ!

まあ、途中、革命軍みたいになった水戸藩士がやたらカッコ良く戦っていたり、将軍家内幕模様とか、外国との騒ぎの顛末が、主人公目線を離れて語られるからなんですが、その安定感は流石に日本近代小説界の大文豪!
じっくり読めて味わいは深く、幕末から明治までの事情を掌と出来る小説となっていて、おススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2014

バルテュス大回顧展2014年@硬直した少女の肢体の何が美しいのか

妻が好きな画家でもあり、熱心だったので朝一で行って来ました。
今回は没後の回顧展ということからバルテュスの奥さんである節子さんが大きくフューチャーされていました。

展覧会には大作も多く充実したモノと感じましたが、結局、バルテュス芸術とはなんなんでしょうか?
彼のモティーフの中心は、
1)少女であること。
2)硬直したポーズで、人というより人形など生命力のない物体のような感じがあること
の二点です。
陰毛のない女性器が描かれるなど、芸術です、と言わないと検閲対象になりかねない題材が主力なんですが、さらにどう見ても巧い、という絵ではない。
それなのにその絵には何か、我々の深層を刺激する力がある。

今、たまたま読んでいる「文学と悪@バタイユ」(バルテュスとバタイユは友人で、その娘さんがモデルになっている絵も来ていた。これはホント偶然)では、
「今の世界は「善」の通俗化としての残忍な悪と「悪」の通俗化としての残忍な善にとりかこまれていたのだということを忘れるべきではない。文学にとって至高のものとは、悪の極限を掘りあてようとすることではないのか」、と問いかけられているんですが、そんな大それた感触でもない。

死後硬直を起こしてもなお、ポーズを付けさせられているように見えるモデルたちは、エロス=生きるということを際立たせる反語としてのタナトスだろうか?
結局、見ている間、考え続けたのですが、解答は見つかりませんでした。
人間の美意識とは一筋縄ではいかないことは確かですね。
だからこそ、これからの日本での表現活動が、安易な社会常識に縛られる規制(善の通俗化としての残忍な悪)の犠牲にならないことを祈ってます。


展覧会の終わりの方ではバルテュスの見事な和服姿も見られます。
奥さんが日本人だった、というだけでなく、ホントに日本の美意識に傾倒していたんだな、と納得させられる写真がイッパイで、驚きましたね。
最近観た映画で、ファッショニスタのダイアナ・ヴリーランドも
「日本人はすごいわ。神は彼らに石油も金もダイヤモンドも与えなかったけど、神は日本人にスタイル(美意識)を与えた」と言って絶賛している。
私も最近のアニメ全般を観るに、日本人の美意識は今、世界の最先端を走り、その水準は卓越していると感じています。
進歩的文化人が言い出した、「日本人には独創性がない。物まね猿だ」、なんて言葉が、世界的にはまったく意味をなしてないことは良く分かりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2014

ガルシア・マルケス死すともマジック・リアリズムは死せず@まどかマギカで花開く

偉大な小説家であったガルシア・マルケス氏が死去しました。
個人的に20世紀最高の小説は何か?と問われたら彼の「百年の孤独」は有力な候補です。
いわゆる文学!ですが、本物中の本物なので、臆せず読んでみましょう。
相当オモシロイよ。
今の若い人はこういうの読まないだろうと長女に言った処、おもむろにカバンをゴソゴソかき回したと思ったら、「百年の孤独」を出して来た時は、おお、我が娘にも文化は引き継がれた、感動しました。

ただ読むのなら「わが悲しき娼婦たちの思い出」だけはよした方がイイ。
晩年で筆力が落ちてすっかりmagicが抜けているんだよね。

南米の、およそ暴虐とも言える生命力に触発されたであろうmagic realismですが、彼の死以降、南米文学も精彩を欠いているように思います。
バルガス・リョサとか私はそれほど感心出来ないのだ。

それではあの極彩色の幻影を紡ぐ芸術は、今となってはどこで生きているのか?と言えばなんのことはない、魔法少女まどかマギカの中にしっかり生きています。
劇中の魔女の結界を描いてみせた劇団イヌカレーのあの映像。
アレこそ21世紀のmagic realismだよね。
そんな魔法少女まどかマギカの新作劇場版の公式ガイドブックが先日届いたのですが、無邪気な笑顔を見せるまどかのイラストは可愛らしく、「こんな風に一緒に話ができて、もう一度また優しくしてくれて、本当に嬉しい」というほむらのセリフは感動的。
マルケス死すともmagic realismは死せず。
地球の反対側で咲き誇っています。
というわけで、マルケスを読まない人はコッチをどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2014

14年春アニメはジョジョ3部と極黒ブリュンヒルデ、たまこの映画は観るが、アイマスチェアは行くべきか? クリアファイル収納ホルダーはかなり良い

いよいよ放映が始まってきた14年春アニメですが、観ているのはあいかわらず異様な勢いがあるジョジョ。
不思議にオモシロイのが「極黒のブリュンヒルデ」でしょうか?
後は「フラグ」、萌え枠として「ご注文はうさぎ」、ですね。
「一週間フレンズ」は、話の繋げかたが難しいだろうと感じています。
「ラブライブ二期」も一応観てますが、魅力が良く分からないのは前期と同じ。

「ご注文は」は原作が気に入ったんですが、ストーリーが事前に分かるのが嫌なので、残りはアニメ終了後に買うことにします。
このアニメはBD買うでしょうね。
BD買い候補としては今期はコレ一択。
ジョジョは放映を観て楽しむだけなのに、うさぎはBD買うとかって、なんか嫌ですけど、そうなるでしょう。

放映前だけど期待しているのは、原作が楽しかった監督不行届きと、設定が好みの予感がするM3ですね。

最近、週末が暇なんですが、26日にたまこ劇場版があります。
まるっきり盛り上がってませんが、私は初日に行きます。
アイマスのチェア回はどうしようか、と迷ってますが・・・うーーんどうしょう・・・さすがに私が行くのははばかられるかな・・・
アート方面でバルテュス展があるんだから、アイマスは諦めるか・・・

それから先日、買ったよと報告したクリアファイル収納ホルダー。
素晴らしい商品です。
集めたクリアファイルを一望出来るってすごくイイよ。
マジおススメ!
追加で二セット買いました。
でも郵送料高いね。
これ地上店舗でどっかで売ってないよね。
ま、買いに行くより届けてもらった方が安いのは分かってんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2014

電王戦、マニー・パッキャオ、PCにポルシェの幌まですべて不調だった週末に来たわけの分からないモノとは

土曜は仕事が速めに終わったので、買い物に出発!
途中、ボクスターの一倍速でないと音が出ないMCに、まどかマギカのサウンドトラック、囮物語BDの付録CD、のうりんBDの付録ドラマCDと落として行く。
久々の洋服買いで、ランバンとブルックスブラザーズのシャツを購入。
帰り道にローソンに寄って何かオタグッツないかなと探そうとするも、なんと幌が良くしまらなくなっているという異常が発生!
フェラーリもマセラティも幌が不調になることなんてなかったのに!とかなり焦り、すっかり暗くなったローソンの駐車場で大いに慌てる。
何度も試し、一度はかなり力を入れて閉めたりして、結局は無事、スムーズに開閉できるようになったのだが買い物意欲はなくなり帰宅。

さらに夕食後、電王戦を観ようとPCを立ち上げようとした処、立ち上がらない。
電源切って再起動で、これまた事なきを得たのだが、一応エラーチェックを掛ける。
そして中継を観たのだが、間もなく屋敷九段の負け。
横歩から乱戦で勝負していたのは知っていたんですが、残念でした。
まあ、これでもう電王戦は終わりにした方が良い。

その後PC仕事を一段落させた後、妻と次女を連れてローソンに。
チキンを買って久々のビールを飲みながら電王戦の棋譜チェック。
渡辺二冠の指摘通り、なるほど以外な手はあるものですね。

そして本日はマニー・パッキャオとティモシー・ブラッドリーの対戦を見る。
幾多の試合で感動させてもらったマニー・パッキャオに敬意を表すること、未だ変わらないのだが、今日の出来だとメイウェザー戦は止めておいた方が良い。

そんな中Amazonから届いたのがコレ!

なんとクリアファイルを入れられる収納ホルダー!
クリアファイルがそもそも書類を収納するモノなのだから、それの収納ホルダーって、オマエは何を言っているのだ?というのは萌えてない人(笑
アニメイトとかローソンで、何かないかなと入って行く人ならピンと来る。
ああ、そういうの欲しかったんだよね、と思うでしょ。
ブラッドリーとパッキャオの登場時にせっせと入れていたけど、ページのようにめくって絵柄を眺められるって素敵!
無地のも購入しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2014

名人戦第一局@2014年、死闘、激闘、羽生三冠はソフト連勝に怒っているのか

電王戦で再着火している私の将棋熱。
久々に名人戦の棋譜を見たのですが、二度三度では消化しきれないほどの壮絶な死闘でした。
いや、ホントに高度な人間同士の将棋は熱いわ。
感動しました。

互いに飛車先の歩を突きあう出だしは、森内名人竜王の棒銀模様を羽生三冠が強引に飛車角交換に持って行く展開で一気にヒートアップ!
羽生三冠の攻めて攻めて攻めぬく攻撃を、森内名人竜王が鉄壁の受けで応酬に次ぐ応酬!
四段に角が二つならんじゃったり、5五に金が打たれたり、まさに血みどろの決戦が延々と続き、115手目には大駒四枚がモリウーティに渡るも羽生三冠は持ち駒に金銀四枚とか、どうなってんじゃこの展開!
こんな勝負あんのか?
責任者出てこいというか、羽生の守りって王様一人の中住まいで、モリウーティに王手銀取り掛けられたりでも攻める攻める羽生攻める。
それを守る守る守らせたら金城鉄壁のモリウーティ
136手目の4七銀打ちを飛車で当たり前みたいに取られた時は、羽生の持ち駒は金一枚に歩一枚。
攻めの拠点は5七の成銀一枚になった時は、ああ、やっぱり羽生さん無理攻め。またしても切れたかと思いましたね。
なんか往年の升田vs大山戦ってこんな感じだったでしょうかね。
その攻めを素人目には一見筋悪に見える2九飛車打ちから香車取って繋げるんだもんなあ。
もう最後は、というかしょせん延々ついけてないのは分かってんだけど、投了図にはただ茫然としました。

いやー、オモシロイ将棋だった。
これ位の将棋を指してくれれば将棋熱は冷めないよ。

ps
なんでこれほどの熱戦になったか、というに羽生三冠は二日制の帝王!森内名人竜王をソフトに見立てて乱戦を挑んだのではないか?
羽生三冠は人間側のプロとして黙っているけど、電王戦で負けが込むことに静かに怒っているのではないのか?
今のスーパーサイヤ人みたいな羽生三冠ならクラスタボナンザにも勝てるかも、という幻想を与えてくれる出来で、素晴らしい。
もう何回か棋譜を並べてみます。
この棋譜は何度でも味わう価値があるよ。
ていうか何度も見ないと良く分からん。
ま、ホントのとこは何度見ても分からんのだけれど、熱気だけは伝わってくる。
将棋ってこんなにオモシロかったっけ?
ともかくこの二人はスゲエってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2014

中島悟 運転の極意@ここまで安全を考えているとはね

古い本ですが、最近また蔵書の整理をしているので、再読。
150万キロ走って無事故という中島悟さんが、安全運転について、美しく走るということについて書いた一冊です。
古い本ですが、日本の交通行政についての考察など、未だ古びずというか、この時代の課題がまったく解決されてない。
むしろ悪化していることは、大きな問題です。

まず安全な運転について書いてある内容で、一番驚いたのが高速道路での車線の選択についてです。
中島さんは追い越し車線は、必要最低限しか走らないと言う。
何故ならいつ対向車が飛び込んで来るか分からないからだそうです。
高速走行中、対向車の心配をする辺り、相当な気配りですが、この本は一時が万事、そんな感じ。
徹底して安全について考えながら運転しているのが分かります。
私もちょっとヒヤっとすると、今の状況のそもそもの原因は、と考えて、今後の課題とする方なのですが、次元が違いますね。

それから勉強になったのは、車幅は自分の肩幅、これがクルマとの一体感、という件で、走る時も自分の身体だと思って走れ、運転は歩くのを同じ感覚、四つのタイヤは足の裏というあたり。
この境地はかなり高いモノでしょうが、目指しましょう(笑
安全への具体例では、始終360度に目配り、予知、予見、予感の大切さ、危ない即減速但しその瞬間、バックミラーチェックとかですね。
実行しているつもりですが、改めて注意を心がけたいです。

交通行政については、「緊張感のない制限速度はかえって危険」というのは大いに同感。
いい加減にしてほしいですが、他にコーナリング中のゼブラペイントとか多すぎる標識とか、なんかコッチの方は書いていても不毛であって、警察はまったく改める気ないでしょう。
警察は馬鹿げた交通取り締まりで、多くの国民から反発されていることを認識すべきだと思うけど、ダメだろうな。

ps
中島悟がF1を走っている時、ある著名人が、「中島はピットから出る時、ゆっくり出て行くからダメだ。速いドライバーは、タイヤを激しくスピンさせて、迫力満点に出て行く」と言った人のですが、およそ分かってません。
サーキットを走っていれば、タイムを出すのに一番必要なのは、タイヤであって、出来る時には少しでもいたわって大事にした方がイイよね。
本当に優れたドライヴィングは繊細さが裏打ちしている。
見た目が豪快でそのまま速いってのはナイジェル・マンセル位だよね(笑
私もこれからはいっそう、スムーズさと安全に留意し、無事故走行距離を伸ばすだけでなく、美しく走ることを目標にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2014

マーくんを心配し、電王戦を心配し、夜に出掛けて「ご注文はうさぎですか?」を買った変な天気の土曜日

土曜日は仕事。
それは良いのだが、昨日は気がかりなことが2つあった。
一つはメジャー初登板となる田中のマーくんの心配。
どうか打たれませんように、勝ち投手になれますようにと祈っていた。
バックヤードで音声を消したままテレビを点けて、仕事の合間にチラチラ観ていたいのだが、やはり仕事は忙しい。
だからホームランを打たれたと知った時はショックだった。
ブルージェイズ打線は強力だと聞いていたので、気が気でなくなる。
表情を見ると引きつっていて、かなりの緊張がうかがえる。
それからヤンキースも点を取るのだが、田中も取られる。
テレビは点いていても、ほとんど観られないので、降板させられるんじゃないかとヒヤヒヤしたが、後半は立ち直り、新人とは思えない貫禄のピッチングで勝ち投手になれたのは良かった。
結果が出た後、なんで俺が160億ももらっている男の心配をしているのだろうと少し変な気持ちになった。

その後は電王戦の心配をした。
森下九段は手堅い棋風の強豪棋士なのだが、前回判明したように、ソフトを相手にするなら序盤即、終盤という短期超急戦型の乱戦に持ち込む方が良いようだ。
その点、手堅く進行させる森下さんは、相性が悪いと感じられるのだが、そこはプロ。
いざとなればいかようにも指せるだろうと思えばこそ、選ばれた戦型は矢倉の本格派。
こだわりなのか森下卓、これで勝てるか森下流と思い、またまた仕事の合間に覗いていたのだが、結果は負けでプロ側の負け越し決定です。
熱戦だったししょうがないよね。
どこが悪かったんだろう。
途中までは互角以上と思ったのだが、素人目には78手目の5八歩の成り捨てが、ちょっともったいなかった?
ご本人は88手目の8五桂がよほど悪かったとおっしゃってましたか?
すでに夜間で、私はPC仕事しながら、まどかマギカ叛逆の物語を打ち切って観ていたんですが、投了と同時に消してしまいました。

そんなこんなで一日働き、やっとこさっとこ11過ぎる頃、なんだかこのまま土曜が終わってしまうのがツマラナクてコンビニ巡りと本屋行きを決行。
表に出ると何時の間にか雨が降っていて驚いたのですが、深夜の書店できららMAXを立ち読みし、「ご注文はうさぎですか」がオモシロそうとあたりをつけ、コミックス1巻目を購入。
ローソンでプリンやらコーラーやらを買い込んで帰宅途中、とてつもない豪雨に遭遇。
車外温度計は4.5℃とかなんかオカシナ天気。
でもコミックスは非常にオモシロくて、アニメに期待を持ちながら就寝しましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2014

新劇場版まどかマギカ叛逆の物語はココが凄い@冒頭に立ち込める閉塞感は、意図せざるモノだった

新劇場版叛逆の物語、本日もPC作業の傍らで掛けています。
もうすぐ5回目が終わります。
繰り返す
私は何度でも繰り返す、です(笑
劇場で観たのを入れると12回目かな。
まだまだ観るよ。
ということで、今日はまどかマギカ叛逆の物語はココが凄いのPart1です。

以下、内容に触れています。
未見の方は読むともったいないです。

この映画はともかく全部が凄いのですが、見かえすとまず凄いと思うのは、冒頭、音楽と共に空に光の帯が走りナイトメアが出て来るシーンです。
どう凄いのかというと、果てのない夜空に、なんとも言えない閉塞感がある。
この夜空には硬い天井があるよ、と囁かれているような、ね。
その後の5人の活躍も、どこか空空しく、嘘くさい。
誰かが演技を付けているような感触が拭いきれない。
思い切り甘く、まるで砂糖菓子のようなまどかも、可愛らしいと同時にどこか虚ろだ。

結局ここはほむらのソウルジェム、宝石の中の夢の世界だったと明かされるのですが、後半のネタばらしを、こんな風に暗示させるのは凄い力量だな、と思っていたんですが、MATERIAL BOOKを読むと、新房監督、そんな意図はなかったという・・・
ではなんであんな感じがするのだろうと思うに、これは芸術の奇跡なんじゃないか。
ブックレットのインタビューでは新房監督、ファンに育ててもらった作品である、と強調していますが、そんな謙虚さが「芸術の神」を呼び込んだんじゃないかと感じますね。

さて、これをアップロードする間に6回目を掛けよう。
そして次に記事にするほむらのセリフをメモするよ。
明日はこのサントラCDをクルマのサーバーに落とす。
他に囮物語のCDと安室奈美恵の旧作も落とします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2014

劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語(完全生産限定盤)@特典超充実!

はい、みなさん、新編叛逆の物語、お手元へお届きでしょうか?
私の処には昼休みに届いていました。
普通ならそんなことしないのですが、職場に戻る時、郵便受けからそのまま持っていってしまいました。
開ければ豪華な三方背BOXには、BD二枚にCD一枚!
仕事の合間に小冊子を少し読みました。

本編も観ました。
BDの映像はメチャクチャ綺麗です。
なんか劇場で観た時より綺麗なような・・・

あんまり期待してなかったエクストラBDには私が個人的に好きだった番組。
「二時間でわかる魔法少女まどかマギカ特番」が入っていて嬉しいです。
コレ、気に入ってHDDからDVDに落としたんだよね。
それが製品化されるなんて、この日、新宿バルト9に行ってインタビューされた人たちスゴイね(笑
このBDは百年後にも残りますから、映された人の笑顔も永遠です。

今、ほむらこと斉藤千和さんの別バージョン、幻の1stテイクを観ているんですが、どうでしょう。
コッチの方が力が入っていてイイような気もしますよね。
なんでテンション落としたんだろう?

CDも期待がもてます。
クルマに落とすべくケースを入れ替えスタンバイさせました。
梶浦由紀の音楽は夜のドライブに合うんだよね。
低く月が掛かり、淡い霧が出ているの夜なんかは特にね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »