« January 2014 | Main | March 2014 »

February 2014

February 27, 2014

安室奈美恵FEEL TOUR2013@親分(安室さん)が絶好調ならここまで出来るのだ

Aliveの幻想的なイントロに乗って、ブルーのスポットライトの中に「聖なる怪物」は現れる。
このBDを観た人間は、その勢いに呑まれ、茫然とした後、にわかに信じがたい気持ちになるだろう。
果たしてここまで高いレベルのパフォーマンスを、二時間まったく途切れることなく続けることが、いくら幾ら選ばれた人間によるものだとはいえ可能かのだろうか、と。
幸い私はこの日、この会場にいた。
だから証言するのだが、このビデオグラムは真実の記録である。
Museの化身さながら彼女は二時間、休みなく歌い続け踊り続け、奇跡の水準を記録した作品をまた残した。
2曲目はHands On Me
リズミカルな佳曲に乗って安室奈美恵の歌とダンスはいっそうの冴えを見せ観客は一気に頂点へ連れていかれる。
優雅な退廃美溢れるHot GirlsでためられたパワーはPoisonのシャウトで爆発。
次のBallerinaはただ歩かせるだけにしたGucciとvogueの企画がいかにダメだったかを安室自らが証明する。
この動きでMVを撮っていれば、とてつもない傑作になったろうに。
彼女はいつもそうだ。
スタッフのミスは、そのプライドを掛けて自分で必ず取り返す。

腰の高さで振られる指から魔性が発散されるmake it happen
新世代の魅力溢れるLa la La
ドレスに着替えてLet Me Let You Goが熱唱される。
安室ならリズミカルな曲とダンスオタの私ですが、彼女のバラードは会場で聴くともう胸が詰まって気持ちが高ぶって泣けてくるのだ。

そしてWonder Womenでコンサート後半開始なんだが、やっぱりとてつもないと思えるのが、この曲を歌う彼女が1曲目より元気に見えること。
13曲目なんだが、声にはより張りがあり、歌に伸びが出て、表情は生き生きし、動きはより軽々としてくる。
エネルギー保存の法則はどうした、というか、スタミナに限界はないのか、というか・・・神の造り上げたフェラーリ(安室さんのことです)はエンジン全開のまままったく緩まない。
なんて思っているうちに鐘の音が鳴り渡りDamageが始まってしまう。
踊って踊って歌って歌って「惜しむモノなど今さらないし」という歌詞のまんま。
高いステージに乗って、片手にポンポンを持って回って回ってIn The Spotlight長い腕に高々と掲げられたポンポン。安室様、お綺麗で御座います。
TOKYOがこんな風に歌われて東京冥利に尽きるよ。
ヤッパ、今の時代はNYとかロンドンとか問題じゃないから。
もう東京しかないよ。
心に沁みるバラード2曲の後、あれほどピッタリだったBlack Musicを投げ捨てて挑む新世代曲Supernatural Love
エレキが勝った曲で、初めてCDで聴いた時はしっくりこなかったのですが、もうこんな風に踊って歌われると見惚れるだけ。
次は前のライブで極限の群舞を見せたUNUSAL(今回は足をクロスさせる場面カットが惜しい)
親分(安室さんのことです)本日の絶好調を自覚したいるのか満面の笑顔。
親分が好調ならここまで出来る。
恐ろしい限りですが、ホントの頂点はここからの怒涛の3曲
Neonは素晴らしかったMVのライブ版完璧再現。
Let' Goは、思えばこの曲はアルバムFeelを予言していた。
この辺りから傾向を変えようとしていたのだ。
それから親分、BDでは小さくて確認しづらいけど、この曲の途中で一度雄叫びを挙げている。(ライブ会場では大画面にしっかり写った。歌詞にはないしマイクを離しているから音は入ってない)
よほどこの日の調子に自信があったのだと思う。
ラストはHeaven
このMV、改めてみると凄まじい出来だよね。
それを完璧に再現。
24曲目なのに、なんでこんなこと出来るの?
もう俺はなんと思われてもイイ。
彼女は神の現身としか思えない。

でアンコール突入

このBDは危険なシロモノだ。
観はじめたら途中で止めることは不可能。
私は昼の仕事終了後も、諸々整理仕事やら勉強の予定があるのだが、彼女のBDが届くと、観てしまって滞る。
ま、イイか。
このビデオグラムには磨き抜かれた躍動と生命の美しさが詰まっている。
そんなことすら味合わずに陰気に過ごして何が人生か、ということだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2014

サーキットに行けなくても、まどかマギカのチロルチョコが買えたからイイや

明日の日曜日はポルシェでサーキット走行!の予約を入れていたのですが、職場のカレンダーを良く見ると勉強会の予定が入っていました。

仕方がないよね、すっかり忘れていたけど、勉強会の方が先だったしさ。
色々義理もあるしな。
ということでサーキットの方はキャンセル。
ツマンネーナーと深夜にiphoneなんていじりながらヤフオクを見る。
ヤフオクで何をチェックするかと言えば、まずはまどマギ関連なんだが、なんと許し難いことに私の知らない缶ペンケースがアップされているではあーりませんか!
怒りと焦りに震える手で詳細を探ると、どうやらあの大雪の日にローソンで発売されていたらしい・・・
16日の日曜には例によって図書館に行っていたんだけど、何時も寄る途中のローソン、あの日に限ってスルーしていたのだったあ!
なんで行かなかったんだろう。
いつも何か萌えグッツあるかなあって期待してローソン入るんだけど、何もない事が多かったからなあ!
もう発売されて一週間たっているからないだろうと電話をすると、案の定売り切れましたという非常なお言葉。
それでも俺にはあの店がある!
そうこの手の商品を異様に長く売ってくれるあの店だ!
ということで本日、仕事終了後に向かうことにしました。
まずは慌てず騒がず某所で予定を済ます。
別に明日以降、3月2日まででも良いんだけど、すぐに済む用事だからね。
こういう処を蔑ろに出来ない性格は良いだか悪いんだか、少しの遅れで売り切れていしまうかもしれないのに、今日出来ることは明日に伸ばせない私。
用事が済んで、いよいよあの店に向かう。
途中聴いていたのは、リッチ―ブラックモアレインボーのベストアルバム。
先日、live in Munichを観て思いだしてしまいCDを買ったのだ。
Music serverに落としながら聴くと悪くないけど、やっぱりリッチーはライブでこそ本領という気もする。
やっぱり今ロックなのは安室ちゃんだよな、とBest fictionに切り替えちゃったり、田村ゆかりに切り替えちゃったり。
で、商品はあったかというと、片道8キロのドライブは報われて8種類の缶をget。
8個の缶に小さいチロルチョコを詰めるのは中々大変で、一個目まではお行儀良くカゴを持ったまま詰めていたんだけど、らちが明かないんで、二個目からカゴを床に卸して詰めまくり。ほむら、まどか中心に詰めました。
全10種類というととなんで、お店の人にバックヤードにないか聞いたんだけど、ないということ。
お会計中、若い女性店員に、「まどマギお好きなんですか」、と聞かれて「はい、年甲斐もなく、恥ずかしいです」と答えるも、「いえいえ好きなモノに年なんか関係ないですよ」と慰められる。

その後駐車場で買えなかった2種類の缶の画像を確認するに、追っかけて店から店を回るほどではないと判断。
途中書店に寄り、レンタルDVD屋にも寄り頭文字D5th Stageを6巻借りて帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2014

浅田真央選手に示されたハッシュタグ@真の栄光というモノ

#GoMao #MaoFight!
傷心の浅田真央選手に、世界の1流スケーターたちがツィッターで応援メッセージを送っています。
簡単な英語なんで一通り読みましたが、心情が籠っていて泣けますね。
何故、こんなことが起こったのかと言えば、普段の浅田真央選手の人柄を知っているからでしょう。
何より周囲の人たちに愛される。
ライバルたちから本気で心配されるというのは、虚名でなく、本当に優れた人間性があるからです。

浅田選手に対する日本のマスコミの扱いはともかく酷いモノでした。
フジテレビのやった異様なほど執拗な嫌がらせ。
ドーピング薬物汚染の問題で、NHKの「クローズアップ現代」が流したなんのいわれもない浅田真央選手の映像などなど、枚挙にいとまはありませんでした。

インターネットがあって本当に良かった。
スポーツの価値は、あくまで人の心に残すモノ。
浅田真央選手は素晴らしい記憶を刻んだのは確かです。

ps
今回の浅田真央選手へのツィッター応援メッセージの話。
とても良いエピソードだと思うのですが、NHKやフジテレビを始め絶対に「報道しない自由」を駆使すると思うので記事にしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2014

小鳥遊六花・改劇場版中二病でも恋がしたい@文化への投資と思って買ったけど

総集編と知らされていたとはいえ、少々期待外れだった中二病でもの劇場版。
京アニは応援したい制作会社なのでBDは買わないとな、と思いつつ、あんまり買いたくないのも事実なんで、クリックするのも忘れつつ、忘れていても思いだそうという意欲もわかず、でも日本のアニメ振興の為にも買ってやるかというたかが6800円の買い物に、なんだか意気だけは大きくAmazonでクリックし、やっぱりいらないから取り消しを入れてしまおうかなんて思っているうちに届いてしまいました。

結果PC仕事の傍らにすでに3回再生させたんですが、劇場で観た時の編集のブツ切り感とかそのままなんですが、なんのかんのと悪くないかな。
結局、もうこの話が分かり過ぎているほど分かっているファンには、ズバリそのモノ総集編で、一気に観られるのは手軽で便利ではある。

感慨深いのは、気に入っていた森夏が最初の高嶺の花というイメージから、見事に転落。
すっかり世話好きのオバちゃんキャラになって少し残念ではある。
豊かな髪とグラマスな肢体を持った彼女。
もう少しなんとかならないモノかと考えつつ、現実にもこういう子、いるよね、と思いつく。
グラマーである。
美人でもある。
けど不思議に色気はない。
逆に貧相な身体でさして美人でもないのに、お色気だけはたっぷりという女の子もいるしな。
ホント、その辺は不思議なんだが、3次元の事はどうでもイイとして森夏、なんとかならないか?
凸とのカップリング以外もう道は閉ざされてしまったキャラなのか?
あの文化祭でのからかわれエピソード、良かったから中学時代の森夏外伝、とかやってくれないかなあ・・・劇場版として。
感想としてはそんなとこですね。
二期も一所懸命造っているし、日本アニメ振興の為にも、みなさん買ってあげましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2014

美術館の帝王、初期ルネサンス@チマブーエ、フラ・アンジェリコ、テンペラ画法、そしておどろくべきは

最近、ハマっているのが勉強。
萌えアニメだってそうそう劇場版はやってくれないし、サーキットだって入り浸れるほどじゃないんで、夜、寝しなに自分のペースで出来るお勉強は、一番安定して出来る楽しみかな。
という訳で備忘録。
以下、あくまで個人的見解なので、教科書と違う~とこあるんでヨロシク。

初期ルネサンス
14世紀イタリアの都市が生んだ自由な空気の芸術ですが、それはチマブーエによって始まります
チマブーエ:フランシス・ベーコンがプリミエィブと読んだ芸術家。ゴシックの堅い制約を、初めて破った天才芸術家なれど、描かれるキリスト像の苦悶(キリスト磔刑図@1270年)から、中世の枷がいかに強かったが分かります。
当時はキャンバスでなく、板に。
油彩でなくテンペラで描いていた。
テンペラというのは、顔料(絵具)を卵の黄身で溶いたモノ。
てんぺらスミ@もえたん、って覚えてます。
日本のアニメって知的だよね。

フラ・アンジェリコ@1395-1450年
ヴァザーリも書き残しているが如く、天使のような修道士だったフラ(修道士)・アンジェリコ(天使)。
彼の絵の特筆すべきは、ときめくような甘美さ。
清潔な透明感と比類なき甘さを両立した画法は、後のイタリア芸術の美意識を決定づけました。
1433年辺りの受胎告知@サン・ドメニコ聖堂の祭壇画

絵画も数字で把握しようシリーズ
1460年に遠近法の鬼、ピエロ・デラ・フランチェスカの「鞭打たれるキリスト」が描かれている。
1482年には初期ルネッサンスの最高傑作サンドロ・ボッティチェリのプリマヴェーラが描かれている。

ではここで質問。
ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻の肖像」が描かれたは何時?

まず1410年辺りの作品が多いジョットは問題外。
フラ・アンジェリコの1433年も除外されるだろう。
フラ・アンジェリコの作品は名画であっても、題材、画法はゴシックの殻を残している。

次にピエロ・デラ・フランチェスカと同時代という仮定はどうか?
Perspectiveに徹底してこだわったピエロ・デラ・フランチェスカは、人類の科学への目覚めの象徴とも思えるが、ヤン・ファン・エイクの作品は、その油彩という材質からもすでに科学を当然視しているという時代の息吹を感じる。
よってこの後だろう。

ではボテッチェリと同時代か?
方や異教的なアレゴリー、方や近代絵画と同じモティーフとも言える夫妻像。
ではボテッチェリの後なのか・・・
いや、それは何かおかしい・・・少し変だ。
ここで我々はヘント祭壇画を頭に浮かべ、彼が北方フランドル派の代表であり、生年と没年の年を思いだす。
それは1395-1441年である!

そうアルノルフィーニ夫妻の肖像画が描かれたのは1434年。
優美なるフラ・アンジェリコと同時代。
実は絵の凸面鏡の中に、ヤン・ファン・エイクここにあり1434、という書き込みがあるのだ。

何時の時代でも芸術の真の驚異は個人の才能の中にある。
そしてここに宿った科学の目は、後の欧州北方優位の時代を先見していた、というのは読み過ぎだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2014

劇場版IDOLM@STER輝きの向こう側へ!@天上作品になるに足りなかったモノは

昨日の祭日はアイドルマスターMOVIE輝きの向こう側へ!3回目に行ってきたんですが、すでにフィルムはありませんでした・・・みんな週末のあの大雪の中行ったんでしょうか?
月曜に行ったの?
休みじゃないのにね。
まあしょうがない。
これで前売りもなくなって、問題は今週末のミニ色紙だけどどうしようかな・・・
後二回特典回があるし、また今週末は雪だなんだと予報が出ているしね。
それにしてもこの映画、何回観てもライブの映像には圧倒される。
でも1曲だけなんだよなあ・・・
これが2曲(CHANGE!!!!)、いや3曲(READY!!)、もう一声「おとなのはじまり」まで映像化されていたら特典のあるなしなんて、迷うことはなかったろうに、ドラマ作りに走られてしまった。
製作者は、やはり圧巻のライブ映像を信じるべきだったのではないだろうか?
後輩がダンスでどうこうとかあんまり見たくない。
というか、こういう映画を週末に観に行くって、欲しいのは癒しなんだよな。ああ、一週間クタビレタ。
土曜の夜はせめて良い映像と音楽を楽しみたい。
むしろそれだけ有れば良いのだ。
狙ったベクトルが少しズレたのは痛恨の極みである。
それにしても、この映画、後何回か行くにしろ、後の予定がなくなったのもツマラナイ。
昨年秋から続いていた、「中二病でも劇場版」「まどかマギカ劇場版」「安室奈美恵ライブ」と来てコレだったのだが、この後がない。
たまこは公開されれば行くだろうが、たまこならハルヒ新作劇場版だろう。
後は攻殻の新作は夏。
ガルパンも夏だが共に小品のようだ。
週末の夜に行くとこないな。
花粉も飛び出すし、家で大人しくしてるか。
プリズマイリヤ劇場版とかやらないモノだろうか?
今回の劇中作品だった眠り姫の劇場版でもイイよ。
なんかやっていてくれないと、ホント、週末仕事して終わってしまう。
日曜は整理とトレーニングで暮れてしまうしな。
引き籠りもイイとこだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2014

夜明け前(第一部上)島崎藤村@思ったよりずっと読みやすくオモシロイ傑作小説

私が文学少年だった頃、すでに古い作家の代名詞だった島崎藤村先生。
今どきの若い人で知っている人、どの位いるんでしょうか?
絶滅寸前、という気もするんですが、それでも覚えておいて欲しいのは、この小説がとてつもない傑作であり、歴史的金字塔であるということです。
今、傍らでまどかマギカ第5巻BDを掛けながらこの記事を書いているんですが、まどかマギカも島崎藤村も日本のフィクション史(さらに言うなら高い娯楽性と深い文学性を両立させた傑作群)という大きな歴史的流れの中ではつながっているんです。
それはこの小説で描かれた幕末から明治へと至る日本と、今の日本が繋がっている如くにです。
それならこの小説の掛かれた1929年からまどかマギカの2011年までの80年で、フィクションがどのように変容したのかを実感じても良いでしょう。

で、何も知らない人の為に、この小説はどんなモノなの、というと、時代は幕末。黒船やらがやってきて徳川体制が揺らいできて、尊皇攘夷だ、開国だと世の中が大きく変転している時の話です。
「夜明け前」という題名は、近代日本の夜明け前、だよ、ということですね。

場所は有名な冒頭の文章@教養になるので覚えておきましょう「木曽路はすべて山の中である」から分かるように、木曽街道、中山道の宿場町が主な舞台となり、主人公はその宿場町本陣の跡継ぎ青山半蔵さんです。
その半蔵さんが、宿命として木曽路の本陣を守りながら、行きかう旅人たちから漏れ聞こえる激動する日本に思いを馳せる、なんてあたりがまずは第一部の上巻にあたります。
なんかツマラナソウですか?
なんの。
これが読んでると実にオモシロイんだよ。
さすが藤村、大作家の名前は伊達ではなくて、自然の描写から巧みで、あの時代の、電気も何もない暗い木曽の山中の雄大な自然は生々しく迫ってくるし、街道を行き交う多くの人々の息吹までが耳に残るよう。
まさに激動する歴史を目の前で見せられているが如くで、ああ、時代とはかくの如く動いていくのだなあ、とどんな歴史書より幕末から明治維新への動きを実感できるような気がします。
大きな時代の変転を巧く泳げたら日本の近代化は成功した。
その時代の一員としてあった名もなき人々の、近代日本人の原型とは、いかなる人間たちであったのか?
思いを馳せると飽きることはありませんでした。

ps
古典古典となんでもかんでもありがたがることはないけど、これはホントに未だ命ある作品でしょうね。
ホント、全然退屈じゃないからまずは青空文庫でおススメ。
でも読み出してホントにオモシロイって感じたら本買った方がイイよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2014

逃がせ隠せ個人資産 副島隆彦@不信の極論ですが、何故、手に取るかといえば

ドルもユーロも円も崩壊し、金だけが不滅の輝きを放つ審判の日が近い。
その時は世界の税金官僚が貴方の預金に襲い掛かってくるから、「逃がせ隠せ個人資産」ということです。

なんとなく言っていることは分かるのですが、正直、極論ですなあ、というか、付いて行けない感は強いですね・・・
それでもこの本を手に取ったのは、極限の金融緩和の中でも勢いのない世界経済や、際限なく財政政策を使い続ける政府組織に対する漠たる不安があるからだどうな。
不信の極論ではあっても、同感出来る部分や参考になる箇所はあって、例えば銀行からちょっと多額のお金を降ろす時の煩さとかね。
まかり通る裁量行政の処なんかはよく分かります。

ただ金塊や現金を身に付けて国外脱出といのは、さすがにちょっと・・・
なんか危うさから逃れようとしてトラックの前に飛び出すような、一周回って一番危ないことをしているようなアドバイスなんじゃないかなと感じますね。

ここまであらゆるモノはペテンである、としてしまうと、なんか生きていくのは大変そうです。
でも色々オモシロそうな著者ではあるんで、今後もご活躍をお祈りしたい、と書いておきます。

ps
副島さんは、いわゆる小室直樹教室出身者で、文章を読んでいると、小室先生の面影があって懐かしい。
小室先生は愛くるしかったよねえ、同じインテリでも池田信夫みたいに冷淡な感じなかったし、と面影を偲んで現在「日本国民に告ぐ@小室直樹」を読書中。
こうして読み比べてみると、やっぱり小室先生の方が本物感がありますね。
小室先生、こんな時代にツィッターとかやっていたら楽しかったろうな。
惜しい人を亡くしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2014

原発再稼働なんて言う人はバカだが、言わなければならない人もいる

金融マーケットが大荒れですが、ひそかにありがたいと思っているのは、リスクオフの流れで未だに円が買われること。
今回のエマージング不安は、FRBの大転換から流動性不安、経常赤字新興国の通貨防衛が問題視されているからなので、日本はむしろ信頼され過ぎているという評価であって、慶賀の至りでございます
すでに昨年は11兆円以上の貿易赤字で、経常収支ですらギリギリまで追い込まれているのにね。
でも円が暴落したら、発電用燃料も買えなくなるんで、有り難いです。

こんな時に原発再稼働は必要、などと発言するのは利口な人のすることではありません。
何故ならもし再稼働した後、また巨大な震災が起こって被害が出れば、全部再稼働論者の責任とされるし、無事のまま一日100億円!の燃料費が節約出来ても誰からも感謝はされない。
ダメなら責任。
上手く行った時の利益は見えないじゃ、反対と言っているのが正解ですね。

しかし新興国の成長鈍化懸念と言っても、世界的にエネルギー需要は増加の一途であり、円安からのJカーブ効果が出てなかったことから考えても、日本はすでにそうそう贅沢を言える状況にはない。
危ないエネルギーは使いたくない、というなら、相応の負担が生じるのは当然だ。
ただ単に家計の電気代が上がるということだけでなく、工場の海外移転、日本国内への投資機会の減少など、見え難い影響は大域にわたっているはずだ。

こんな時考えるのは立場の義務、ということ。
刃物を持った暴漢が暴れていたら立ち向かうのは警官。
火事になったら火に立ち向かうのは消防署。
マミさんが死んでしまった後、「あんなのに勝てっこない、もう逃げようよ」と言うほむらちゃんに対し、
「それでも私は魔法少女だから。みんなのこと守らなきゃいけないから」と言い切って敢然と飛び立っていったのは鹿目まどかちゃん。
あのシーン、思いだすだに涙溢れる感動の場面なんだが、それは高貴なる義務が表現されていたからだ。
かくのごとく今回の問題も、目先の損得でなく立ち場の義務として、日本という国のエネルギー政策の長期的展望について、あえて損な議論や主張をしなければならない処があるはずだ。
それは何処か?
先日、日本の誉れとなる業績を挙げた科学者に、昔の文集だの割烹着だのと騒ぎ立て、研究が出来ない!と悲鳴を上げさせた諸機関だ。
彼らは社会の木鐸を任じ、自分たちは法の埒外。
都合の悪いことは徹底して報道しない自由と、限度を超えた印象操作の自由を謳歌している。
この木鐸。
なんとかしないと日本の未来はないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2014

ローソンまどマギキャンペーン!トランプは良い出来@雪の日、寒い日クリアファイル位は店に置いといてよ

本日は、まどかマギカのローソンキャンペーンだったのですが、前日から雪の予報がなんとなく不安。
近場のローソンに目当ての商品がないと、遠くまで行かないと、だからね。
暗い朝に、降るのは雨だったので、安心していたのですが、昼過ぎから雪になりました。
で、結局、積もることはなかったのですが、その時点でローソンに行ける夜の天候は予測出来なかったので、スマホ経由でトランプはオークションで落札。
最低1個は確保ですが、もう1個位は欲しい。

という訳で夜間、仕事の後、近場のローソンに出動。
寒いのなんのですが、クルマには安室奈美恵の「TSUKI」と田村ゆかりの「コードレス☆照れ☆PHONE」を持ち込んでMSに落とす心積。
「のうりん」第一話、冒頭のシーンが大好きでね。
アイドル役の女の子がアクションをする度に飛び散る、星やら虹やら煌めきやらが素敵過ぎる曲だった「コードレス☆照れ☆PHONE」
録画を何度観た事か。
で、寒い中、CDの曲も終わらないウチにローソン到着ですが、十六茶付属のトランプはすべて揃いました。
家に帰って開けてみると、ペットボトルのお茶のオマケだけに紙質は安っぽいけど、絵柄は素晴らしい。
Jokerも4種入っているという太っ腹。
ま、jokerは弓持ちほむらが一番ピッタリくるけどね。
その他に52枚あるから見応え充分。
観ていると早くも映画が懐かしい。
このトランプ時間軸に沿って並べてみようか?
番号順にキャラクターが決まっているのですが、やっぱり2番と7番のほむらちゃんが素晴らしい。
やっぱりこの映画は暁美ほむらのモノだったよなあ、と感慨も新た。
それから目当てはクリアファイルですが、レシートから登録を掛けないとならないのが面倒くさい・・・
クリアファイル位お店に置いて置いてくれ。
と思う寒中行でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »