« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

April 28, 2013

ネトウヨ、ポルシェ、ラルフ・ローレン、ビビット・レッド、アイマスのGW初日

本日は私にとってのGW初日。
予定ではネトウヨの集会に出るつもりだったんだけれど、よくよく調べたら左翼の集会だったという(笑)
私は何のつもりだったのか?(笑)←笑いごとじゃないですが、日の丸持ってのこのこ出かけないで良かったよ。

というわけでやることがないので、起きてから仕事の資料整理。
昨夜、帰って来た長女がジャレット・ダイヤモンドの「銃・病原菌・鉄」を読んでいたので、置いてあった本をペラペラとめくってみる。
子供が利口な本を読むようになるのは嬉しい。

妻と娘たちは買い物に出かけ、私は午前中は資料の読み込みをして、昼寝。
起きてウエイト・トレーニングをした後、ボクスターを引っ張りだして、服を買いに行くことにする。

走り出すと道は案外空いていて、途中幌を開けた911の後に付く。
まだ日差しが高く結構強いので、良く開けていられるなあと感心。
そしたら対向車線に幌を開けたボクスターも来た・・・
みんな幌開けてるな。
私が軟弱なのか?
DragonForceやらドラウニング・プールを聴きながら先を急ぐ。

ところがやっと到着するも駐車場の入口には延々たる長蛇の列。
まあ、クルマで来るの迷ったんだけど、服を見た後アニメイトにも寄りたいし、ローソン巡りしてアイドルマスターのシールも集めたいんでね。
来ちゃったんだよ。
やっとこさっとこ駐車場に入れてもらい、満杯の中を今度は安室奈美恵のhot girlsを鳴らしながら場所見つけ。
ボクスターは小さいんで、こういう時助かります。
パーキングの途中、カップルで歩いていた女性に笑われたような気がしたのは、私と安室奈美恵の曲の取り合わせのせいだろうか?

服は結局、ラルフ・ローレンを購入。
綿パンにポロシャツ二枚、パーカーにシャツ1枚を購入。
パーカーと薄いグリーンのラインが入ったシャツが凄くイイ。
プラダとかアルマーニってどうしても名前に惹かれるんだけど、やっぱり実用的で使いやすいのはポロだよね、と思いなおす。

激混みの駐車場は出るのも大変でしたが、アニメイトに向かいビビット・レッド・オペレーションのクリアファイル3枚(あかね、あおいちゃんと二人のやつ)を購入。
ローソンではアイドルマスターのマグネットシール、足りなかった春香、響、真、雪歩に律子さんまで全部揃った。
アニメ版は全員集合させたのでもうこれでイイや。

帰りは日も落ちて来ていたので幌を開けて萌え系アニソン中心に聴く。
アイドルマスターのREADY!!

を聴いた時は、もうホント、劇場版が待ち遠しくてならなくなった。

帰宅してからは今日やったUFCの録画を見ながらバイクトレーニング。
買い物に出かけている妻と二人の娘の帰宅を待ちました。

| | TrackBack (0)

April 26, 2013

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q@エヴァシリーズ、難所からの大転換点

アマゾンでは遅配騒ぎだったようですが、昨日、無事BDは届きました。
そもそもそれほど夢中になった作品ではなかったので、待たされても余裕でしたね。
この作品は上映初日に二回予約して、結局、その二回しか観なかった、と言えば分かるでしょうか。
まどかマギカは前後編合わせて8回観たからね。二回だと禁書レベル。
この作品を持ってして、私の中でアニメ作品の王様は、ヱヴァンゲリヲンからまどかマギカに交代したのでした。

さてこのBD、じっくりと自宅で観てなんとなく納得できたことと、何故作品への熱が少し冷めたのかを書いてみましょう。
この作品の良い点からいえば、非常に映像が美しいということですね。
全体に極めて高いクオリティで、空前の出来と感じました。
文句なく素晴らしい水準と言える。

不出来だと思える点を、ちょっと話が飛ぶようですが、英国のプログレッシブ・ロックから引いてみます。
キング・クリムゾン、EL&P、ピンク・フロイド、イエス、などはどこが素晴らしかったのか?
曰く、それまでのロックにはなかった文学性、複雑精妙な作品構成と高度な演奏技術が取り入れられ、全体にハイエンド・アートの世界の感動を創造することが出来た、ということです。

では逆に考えてみましょう。
音楽とは文学性が高く、作品の構成が複雑で、高度な演奏技術があれば、必ず心打たれる優れた作品になるのか?
ならないですよね。
単純でも良い歌は沢山あるし、小難しいばかりで、正直、聴きたくない曲も多い。

ヱヴァンゲリヲンそれまでのアニメと違ったのは、一筋罠ではいかない衒学趣味が横溢し、観るモノを驚かせる伏線に満ちていたことです。
それでもそれは衒学趣味がエライ!とか、突拍子のないストーリーなら、必ず感動する、というとこではないでしょう。

重要なのは話に熱があり、力が溢れ、観るモノを夢中にさせてしまうmagicが宿っているかどうかです。
例えば、美少女が廃墟のようなアパートに住んでいて(これだけで意外な設定)、裸を見られてもキャー、Hとか、お約束なことを言わない。
この空虚さ。
底の知れない虚無は、初めて見た時は衝撃でした。
綾波レイとは何者なんだ、という大きな疑問が生まれて惹きつけられましたね。
その上で水槽に養殖されているのを見た日には忘れられなくなりますよ。
ヒロインなんて唯一無二な存在だと思っているじゃないですか!

ゼルエルは強かった!
どうしても勝てない。
ああ、もうダメだと思った時のマリのビーストモード発動!
戦いへの強い意志に感動したよね。
最後はシンジ君が勝つのは分かっているんだけど、あの闘志には心動かされてしまう。

結局、どんな理屈をつけても物語にはギリギリの戦いがもたらすスリルが必要であり、魅力的なキャラクターがいるんだよね。

今回はそれが希薄だったと感じました。
後から振り返れば伏線となる衒学趣味とか、構成の妙はあるのでしょう。
でもミサトはあんなだし、シンジ君は可哀想なだけだし、その上後半はちょっとイタクなってしまうし、綾波は初期ロット過ぎるしね。
マリもなんだかオチャラケタ感じばかりが目立って、前回ほど魅力的に見えなかった。
戦闘シーンも始まったとたんに結果見える感じでね。
ラミエル戦でのギリギリのスリルとか、ゼルエルみたいなおっかなさがない。

そういうわけでフィクションとしてのパワーは落ちた、ということです。
ヴンダーとかヴィレとかいきなり言われても、こっちもシンジ君状態で、ちょっと待って、としか言えない。
でもやはりBDで通して観ると他の作品とは別格の力はある。

ここは落ちつてエヴァンゲリオンテレビ版を振り返ると、やはりフィクションとして文句なく盛り上がったのはゼルエル戦までなんだってことを思いだそう。

そうこの作品は今後も続くであろうヱヴァンゲリヲンシリーズのグレート・ローテーションを告げる作品なんだよ、きっと。
次からはシンと名付けられた作品になるみたいだし、きっと矛盾やら謎やらはどんどん解決され、キャラクターも魅力を取り戻すはず、と思っています。

まどかマギカから再びアニメ作品の王座を奪還出来るのか、今は敗れた名チャンピオンの復活を見守る気持ちですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 24, 2013

ポルシェで行ったローソン・エンタメ・キャンペーン@アイマス無慈悲な48種類!

お酒を呑むと頭痛がしてしまう私は、休日前夜がツマリマセン。
自宅と職場も近いので、出歩くこともあまりない。
そんな私のささやかな楽しみはコンビニでオタグッツを見つくろうことですが、最近は売ってない・・・
新浪、分かってんのか?
always何か売れよ。
何にもないと寂しいんだよ。
というか、アニメイトと共同コーナー作れよ。
ローソン贔屓にしてんのは、オタグッツを売ってるからなんだぞ、と思いつつ、日曜の夜、仕事を終えてHPに行ったら、なんと23日からヱヴァンゲリヲンQのクリアファイルとアイドルマスターのマグネットシールキャンペーンをやると書いてあるじゃあり~ませんか!(喜)
私は水曜休日なので火曜にやってくれるのは嬉しいんだよね。
ホントにささやかだけど、休日前夜の楽しみが出来たわ、という訳で昨夜は仕事終了の後、ボクスターをひっぱり出して出動。
なんでわざわざポルシェを出したかというと、やっぱりちょっと買うのが恥ずかしいから。
ポルシェで武装した気になって、ズボンもプラダのGパンに替えて気合負けしないように、準備万端。
なんだか夜の気温も上がっていて幌を開けると気分がイイ。
音楽は俺修羅のガーリッシュ・ラバー(名曲)とか安室奈美恵の20周年ライブのCD落としたヤツとかですね。

まず向かうのは最近出来た大きな店舗でオタグッツが充実しているので贔屓にしているとこ。
到着すると、ありました、ヱヴァンゲリヲン綾波レイのクリアファイル。
黒波はイマイチだったけど、嬉しいです。
対象商品が、暴風雨の後みたいな状態はいつものこと。
最初は綾波2枚にアスカ1枚でイイかなあと思いつつ、実際に見てみるとマリももらってやらないと可哀想と思い直し、それなら全員集合のも1枚となって計1000円ちょいのお買い上げで5枚get。
私が美術展行ってもこういうオタキャンペーンでもアニメイトでもクリアファイルばっかり買っているけど、実際使っていると非常に気分がイイ。
綾波レイのは○○証券、まどかマギカは××証券と幾らでも使いでがある。
先日、某所から届いた資料にあたる必要があり、書類を探したらなんの印刷もないクリアファイルに入っていて、その味気なさに愕然とした。
好きなキャラの印刷してあるクリアファイルは最高だ!
という訳で、戦利品をいったん持って、背後に「ありがとうございましたあ」という声を聞いてポルシェに撤収。
助手席に放り込んで、再度「いらっしゃいませえ」という声を聞いて店内に入りドリンクコーナーへと向かう。
メッツコーラと小岩井のコーヒーとミルクだよなと探したら、ないじゃん!
すでにマグネットシールが付いてるのはコーラ四本だけ。
すぐに買い物かごにいれ、小岩井のコーヒーとミルクを探すも1本もない!
スゲエなアイマスオタ。
すでに探索の手が届いていたか。
なんか「まどマギグッツ」を追いかけた大雨の夜を思いだすぜ、と覚悟を決めてクルマに乗り込む。
シールを見ると、お目当てのキャラでは貴音さんしか入ってない。
伊織とあずささんは欲しい処だと二件目に向かう。
ところが二件目ではコーラ、ミルクコーヒーともに1本もなし!
あるのは寂しくキャンペーン中というお知らせのカードだけ。
おそるべしアイマスオタ。
全部買いしてのか?
すぐに3件目を目指す。
ボクスターは、店に付く度、幌を開けたり閉めたりするのが面倒だけど、すでに商品が助手席にあるから仕方ない。
それにオープンが気持ちイイからイイや。
で3件目。
この店はなんとエヴァのクリアファイルが置いてない。
昔はオタグッツが充実していて一番の贔屓店だったんだけど、競争は厳しいと思ったら、あった!
コーラも小岩井も山とある。
でもあんまりあり過ぎて、しかも私はアニメしか見てないので、ちゅうふくして買わないようにするには、大変だ。
結局、アニメ出演キャラ中心に11本買って納得することにした。

48種類多いって!
ほとんど知らないキャラだし。
という訳で、アニメ版であと足りないのは春香@コーラの赤、響、真@コーラ青、雪歩@コーラ黄ですね。
これから時間をかけて探すからイイや。
でもなんで春香が一人じゃないんだろう。
ゲーム版は色々あるんでしょうか?

| | TrackBack (0)

April 21, 2013

劇場版シュタインズ・ゲート負荷領域のデジャブ@ネタバレなしの私的レポ

待ちに待ったシュタインズ・ゲート劇場版。
週が明けてから期待が高まりつつあったのですが、まず水を差された感じだったのが、土曜の寒さと雨予報。
ブログに「雨の日の日曜日は」なんて鬱なタイトル付けといて、言える立場でもないのですが、やっぱり遊びに行く時は、暖かくって晴れてるのがイイよね(笑←ならこんな名前付けるな、つーの。

それでも金曜の夜にシネコンの予約状況なんかを観ると朝の回に残席小のマークが出始めている。
盛り上がってるなあと、本日も朝から仕事中にチェックをすると、朝の回から残席の数が表示されるようになり、その動きは昼の回へと続き、ついに満席印キタ~の状況。
予定していた夜の回まで注意マークが付きだしてくる。
昼間の回も注意マークは残席数の表示というカウントダウン状態になり、やがて満席印が次から次へ付いてくる。
なんだか買い買い買いに煽られる相場みたいで、昼休みにたまらずiphoneから夜の回をネット予約。
結果、夕方には満席になったので、この行動は正解となりました。
予約してなかったら行って無駄になるとこだったよ。

実際劇場は雨だというのに大混雑で、コーヒー一つ買うのも大変な状態。
館内では「すべての席が埋まっている」のを見るという得難い経験が出来ました。
後方に席を取ったのですが、全部の席に人の頭が見えるんだよ。
こんな風景、初めて観たかも・・・
でもなんでこんなに入るのに、この手のアニメの公開館、広がらないんだろうね。不思議だわ。
グッツも売れるし、変な映画やっているよりよっぽどイイと思うんだけど・・・

さて映画ですが、冒頭からダル、凶真、マユシ~、くりす、るかの掛け合いがともかく笑える。
この辺り、ともかく巧いです。
個人的には妙にダルのキャラクターが好き。
最近の若い連中は、未来ガジェット研究所ごっことかするの?
電話とかいきなりとってさ。
やったらオモシロそうだよね。
羨ましいよ、ホント。

そして内容は・・・ま、みなさま観てのお楽しみ。
映像としては雨と霧のシーンが綺麗でしたね。
ラストのセリフもバッチリ決まって、まずはおススメの1本ですよ。
私はたぶん、もう1回位見ます。
BDも買うと思いますね。

唯一の不満はフェイリスちゃんがイマイチ活躍してなかったことと、キャラクターグッツがなかったことかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2013

民主党の大反省会がネタでなかった件@私に起きたもう一つの変化

最初に記事を読んだ時は、てっきりネタだろうと思いました。
政党とは、私の理解する処によれば、その信念に基づき、国民を導いていく存在だと思っていたのですが、違うのでしょうか?

もし反省会で、「民主党は日教組がバックに付いている時点で嫌だ」、と言われたら輿石さんを始め、日教組議員なんてどうするんでしょうか?
「世界中にリベラルを称する政党は多々あるとして、自国の国旗、国歌を蔑ろにする団体が支持している政党なんて信じられない」、と言われても、それが民主党の結党理念ですよね。
結党理念を反省会一つでホイホイ変える政党が、もし存在するとしたら、世界政治史上初なんでしょうが、あまり名誉な世界初ではないでしょう。
こんな政党にまた政権を獲らせたら、その時の勢いで、日本と日本人は、どんなことをされるか分かりません。

こういう企画。
国会で漢字テストやら憲法クイズを始めるセンスとちょっと通じるとこ、ありますよね。
知識と知性の取り違え。
信念と要望の取り違え。

でもこの政権に圧倒的得票を与え、あの鳩山由紀夫を総理大臣として政権発足当時だけとはいえ非常に高い支持率を与えたのは、まぎれもなく日本国民であることを、私は忘れることが出来ません。

自民党に不満、というのは分かる。
でもだからと言って日教組が支持母体の政党に政権を託する判断は、私の理解を超えてますね。
例えば男女交際で、「彼(彼女)がいなくて寂しかったの」という時でも、
趣味はパチンコ、ウソはつきまくり、DVにためらいなし、貸した金は返さないという彼氏(彼女)と付き合っていたら、それはバカじゃないのか、としか言えないでしょ。
私の感覚では、民主党支持ってそんな感じだよ。

何度思い出してもショックなので、あれから私は日本株、日本のREITには一切投資しなくなりました。
日経先物やらOPで、トレンドは狙いに行きますけどね。
投信やらETFはひたすら海外モノばかりです。
結果、日本株、日本のリート大勝利で、投資効率が落ちても結構です。

むしろあの衆院選、民主党圧勝の時、書いたように、私の思惑が外れて、日本がどんどん良くなることを祈ってます。
なんてったって、日本に住んでいるんだから、株やらリートやら持っていなくても、日本が豊かになる以上のことはないよ。
こういうアンビバレンツな気持ちが、あの選挙からは消えません。
今は民主党をバカにするのがトレンドですが、日本人は、テレビや新聞に煽られたら国旗、国歌を踏みにじる政党に政権を渡す。
これは忘れない。
忘れられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2013

AURA~魔竜院光牙最後の戦い~@そう、この映画の結論は正しい

アニメ映画を観るということを、楽しみにする決意をした私ですが、今週末にはシュタインズ・ゲートもやるし、この映画は原作も読んでないしで行くかどうかは迷っていました。

ただ紹介内容を読むと、惹かれるモノがある。
迷ったら行っちゃえってことで、本日、行ってきたのですが、まずは平日昼間だというのに結構お客さんが入っていてビックリ。
やっぱアニメ映画は客が入るのか?
それともシュワルツネッガーとスタローンの新作が宣伝されている方に驚くべきなのか?
ホント、御両人とも幾つなのって話ですけど、綾波レイは永遠の14歳だから、その点、アニメは有利だよね。
草薙素子さんも新作やるようです。

さて映画はいかにライトノベルにありがちな冒頭で、ふんふんこういう話なのね、と理解したつもりになった処で、主人公が不思議な少女と出会ってストーリーはスタート。
それから私はけっこう後半まで、リアル路線なの?
ファンタジーに行くの?と判断しかねていて、それがそれなりに楽しかったです。
作画も悪くないし、キャラクターもそれなりだし、ラストは良かったな。
そう、それしかない言葉に行きついたよね。
彼の言い分は正しい。
大きな感動がある大傑作ではないですが、観て後悔はないですね。
シュワルツネッガーやスタローンの映画は1年もすればWOWOWでやるって。
それで観ても同じだって。
それならまさに今、日本で勃興しているアニメ映画誕生の現場に立ち会うってのが、正しい入場料の使い方だと思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2013

中二病でも恋がしたいⅣ@夏の夜のあったかもしれない光

コメディ路線で始まったと思ったら、次第にシリアスになっていったこのアニメ。
京都アニメーションは傑作が多いが故に、造ればハードルが高くなる宿命があるのですが、このⅣ巻などを観るとやはりこの作品は相当な高水準と感じます。

「私にだって有り得たかもしれない。そうでなくても我々の中の誰かが記憶したはずの綺麗な綺麗な郷愁」が、非常に巧く表現されているんですね。

蝉の声に送られて、みんなで行く夏の田舎、という設定。
お約束の海で見る肉感派と清純派の女の子の水着姿。
はしゃいで遊んで、手料理を食べて、夜の街道に女の子と二人で出て行く冒険。

降るような星の下、ポツンと一つだけ灯る田舎の小さな駅から出る、他に誰もいない夜の電車。
ギリギリ追いついて話が始まると、バックにバラードが流れるんだよ(笑
分かってんだよなあ~

私だって、何回か生まれ変わったらあり得たかもしれない、経験なき黄金の郷愁。
これを味わうのがフィクションの醍醐味ってヤツでしょ。

「外が暗いとお月様が綺麗だなあと思って、ちょっと散歩に行こうかなって」
なんて美しい言葉なんでしょう。

そして女の子と行く夜のコンビニ。
お店から漏れ出る光。
おにぎりとから揚げを、夜の公園で一緒に食べる。
見上げればライトアップされた時計台。
この何気ない日常に宿る「魔法の力」こそ、人生の与えてくれる究極の至福なんだよね。
そう、ここで一つ、人生の秘密を教えよう。
最も深い場所にある至福に触れるのに、金はいらないってことだ。
それは誰もが思ってもいない場所にひっそりと眠っている。
見つけることが出来るかどうかは、貴方次第だ。

このメインストーリーに対して味になっているのが、丹生谷森夏というグラマー美少女なのに、オバサンっぽいという類稀なキャラクターで、終始絶妙なバランサーとして機能し、観る者を飽きさせない。
三つ指ついてお土産を差し出すとことか、腰の高さを強調する夕食後の皿洗いのシーンとか、さすがに京アニ、カット割り抜群です。

丹生谷森夏のクリアファイルとか欲しいなあ。
オマエはそんなにクリアファイルばかり買い集めてどうするのだ(笑)、というご指摘もありましょうが、後から後から来る書類の分類に結構使っているんだよ。
こういうクリアファイルのお蔭で、生活がどれほど彩り豊かになっていることか。
ま、これも人生の小さな潤いですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2013

閃光を上回る速度をなんと呼ぶか?ドネアvsリゴンドー@S・バンタム統一戦

ドネアの相手がリゴンドーと決定し、大いに盛り上がってましたが、私は正直、また撃破されるだけだろうと、思っていました(笑

リゴンドーは確かに強いですが、あくまで二番目。
そして一番のドネアとの差は大きい。
まあ、映画界でも小説の世界でも次の商売のネタを傑作、傑作と売り込まないと上がったりなんで、仕方ないよな、とそこは大人の理解です。

試合は1R.開始そうそう両者がパンチの交換。
後ろに飛ばされたのはなんと無敵だったはずのノニト・ドネア!
リゴンドーはドネアのパンチを恐れてないし、パワーでも負けてない。
特に左の長く弧を描いて伸びるパンチの速度は、漆黒の死神が振るう大鎌さながら。
至近距離から放つ精度の高いカウンターも威力があり、さしものドネアも攻めあぐねる展開でした。
中盤、互いに手数が減り、観客から不満の声も上がりましたが、私は両者が共に持っているはずの、一瞬で試合を終わらせる静かな予感の緊迫に、飽きることはありませんでした。
10Rにダウンを奪ったあたり、さすがのドネアでしたが、判定はリゴンドー。
パンチの正確性において勝っていたので仕方ないでしょうね。

それにしても、つくづく昨夜「リゴンドーなんか相手にならないよな」的な記事、書かないで良かったです(笑

両者とも、素晴らしい技量と身体能力を見せた好試合だったと思います。
リゴンドー様には、私の不明を深くお詫びいたします。
再戦、見たいですね。

| | TrackBack (0)

April 12, 2013

地獄変、邪宗門@芥川龍之介:山羊の歌@中原中也:美しい村@堀辰雄、タゴール、魯山人など@青空文庫

iphoneからの青空文庫。
相変わらず読んでおります。
サイズ的にはiPadの方が読みやすいんでしょうし、それならいっそKindle買えよって話なんでしょうが、出先にまで持ち歩くには小さい方が良くてね。
で、前回記事から読んだ中で印象的だったのは
1)地獄変、邪宗門@芥川龍之介
両編ともさすがに芥川で文章のキレは最高です。
地獄変も良かったですが、ストーリーを盛り上げるだけ盛り上げといて未完に終わってしまった、邪宗門がいかにも残念。
芥川では他に「影」も読みました。
こんな神経症的だったから自殺による未完、なんて結末だったのでしょうね。

2)美しい村@堀辰雄
今さら堀辰雄と言って分かる人がどれだけいるかってことですが、私の若い頃は軽井沢、結核、の二つのポジションで確固たる地位がある人でしたよね。
なんかイメージとして少女漫画的美意識の作家だろうと思っていたんですが、プルースト的だったのにビックリ、ということでした。

3)山羊の歌@中原中也
携帯で持ち歩けるとなんと詩集も読みやすいというね。
詩集だけって1冊の本だと面倒でしょ。
続けて読むの飽きちゃうし。
でも他と一緒に入っていれば、口直しに最適なのが分かりました。
山羊の歌を通して読み切る日が来るとは思わなかった。

他では魯山人のエッセイを二編。ろくろ首@小泉八雲、婚期はずれ、雨@織田作之助、明治開化@安吾捕物帳、少女病@田山花袋(物凄い女好きですね、この人)、恐ろしき通夜@海野十三(熱心に書かれたミステリ)、唖娘スパー@タゴール(ノーベル賞作家の)、小利根の桜@大町桂月、十月の末@宮沢賢治、良夜@饗庭篁村
でした。
最近、すっかり本、買わなくなっちゃった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2013

第71期将棋名人戦第一局@椿山荘で観てきました。やっぱり必要なのは時間

いつか観たいなあと思っていたのが、将棋の大盤解説会。
昨日は休日と第71期名人戦の一局目が重なったので、勇躍、椿山荘に行ってまいりました。
ただ椿山荘って結婚式に呼ばれたり、泊まったこともあるのですが、どうもあんまりファンになれない・・・
レストランがね・・・
周囲にもないんだよね・・・スタッフの方々は良いのだけれど、あまり施設のセンスが好きになれない・・・椿山荘ファンのみなさん、スミマセン。
バカの戯言だと思って聞き流してね。

とりあえず護国寺からタクシーに乗って正門へ。
ロールスロイスをグイグイ乗り回す年配の方がいて、この辺は流石の椿山荘。

大盤解説は1時半開始なので、まずは食事。
花車に行きましたが、レストラン内容の記事はまたいずれ。

昼食後、会場に行って2000円なりを支払い入場すると、すでに席の8割は埋まっている状態で、意外や意外、女性ファンの姿も多い!
将棋ファン=年配の男性、という構図。
案外変わっているかもです。
この日は封じ手のオークションがあったのですが、会場では棋士の色紙も売っていて、買おうかなあ、と思いつつ、見送り。
一回り見回った後は、昼食時に呑んだビールが回っているのでいったん会場から出て、ソファでうたた寝。
どうにも酒に弱い私です。

時間となった頃、起きだして会場入りすると、すでに席はかなり後方の方しかなくて、座ったままだと良く見えない。
必死に身体をずらして、人と人の間から、大盤の解説を見る。
Meijinsen3
解説司会は副立会人の木村一基八段と矢内理絵子女流四段。
Meijinsen2
木村さんのノリノリの解説が非常に楽しかったです。
Meijinsen1
ただ現場にいると当たり前だけど長い・・・
私は夕方から用事があったので中途退場でしたが、うん、いつか、こういう現場に行っても時間を気にしないで済む生活をしたいですね(笑
次の目標はこれだな。
「大盤解説の最初から最後、終局までじっくり見ること」

結局、羽生負けでしたが、羽生さん、名人戦での対森内さん、竜王戦での対渡辺さん相手だと、独特の隘路から攻めいるような戦法が鎮火されてしまうよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2013

I’m proud of you@ニャースに似た娘なんて言っていたけど、良くやっているよ

長女様。
昨夜は素晴らしい知らせを頂き、ありがとうございました。
親として嬉しく、誇らしかったです。
スゴイっすね。
自分でやる、と思ったことを現実化する力は大したもんだ。
ただ好事魔多し、とも言いますから、くれぐれも生活の諸々気を付けて。
今の良い気分を楽しむのは良いですが、いい気になってのけ反ってると、足元には泥沼があることもあります。

貴方はどうにもノリが軽く、努力、努力という姿を見せないので、なんだか好運が連続しているようにも感じてしまうのですが、実際、努力をしているんでしょうね。

さて、父親として、というより、昔、貴方の年だった人間として、かつての自分を振り返ってアドバイスをするとすれば、まず一番重要でかつ簡単に出来ることに整理整頓、掃除に片付けがあります。
実際、整理整頓、掃除に片付けは、最強へと至る道です。
これには身の周りの整理整頓、掃除に片付けはモチロン、自分の考えていることを定期的にまとめて文章化したり、図式化するのも含まれます。
ご参考までに。

後はもうですね。
自分の思ったままやるとイイよ。
世界は広く、貴女は若い。
思い切り羽を伸ばして飛び回ってください。
墜落して、もう飛べないと思ったらかえって来ればいいさ。
そうしたら私とママと三人で事業をやりましょう。
それまでに、色々なノウハウを身に着けておくように(笑
まあ、こう思い続けて何年たつのだろう。
還ってくる処か、どんどん広い世界に行ってしまう勢いですね。

それからBF関係の事。
まったく聞こえてこないのですが、どうなっているんでしょうか?
私は煩いこと言うタイプではないんで、誰か出来たらご一報ください。
焦らないでイイですから、結婚はしてください。

それにしても、小学生の頃、ペーペー情けなく泣いてた貴女がこんなになるなんて信じられないよ。
人間ってのはワカランもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2013

湾岸ミッドナイト@速度とエンジン、美しいクルマへのフェティシズム

私がアニメを観始めたのはエヴァンゲリオン新劇場版序からであって、それまでは本と映画ばかりでした。
漫画も小学校卒業と同時に読まなくなっていたので、あまり良く読めない。
マンガって慣れないと読めないんだよ。

で、このアニメもまったく内容は知らないまま。
なんとなくクルマが首都高湾岸線を爆走する話だろうと観始めたのですが、非常にフェティッシュな感触があるので驚きました。

中心になるクルマが初代のZ、というのがまずイイよね。
私も主人公と一緒で、このフェアレディZの美しさにはまいったクチです。
今でも覚えているのは、休日、いつものように大規模書店でウダウダ本を見つくろった後、表に出たら、向こうからさっと走ってきた。
瞬間、なんて綺麗なクルマだろうとショックを受けたのを覚えています。
少しオッカなそうなオーナーが離れた後、恐る恐る近づいてエンブレムを確認したら、FairladyZとあり、またまたその名前のカッコ良さに痺れました。
休みだってのに、行くとこが本屋しかない私と、このクルマの流麗なスタイルが象徴する「何か」のなんたる違い!
なんてことを感じましたね。
そんなクルマが人知を超えた悪魔のZとなり、イエローバードをオマージュしたであろう、スピードの象徴たるポルシェターボ、現代自動車工学の粋が結集されたGTR,退廃美と言ってもいいスタイルのテスタロッサとバトルを繰り広げる。

死との隔壁が極めて薄くなる速度での陶酔感。
360spider幌開けて230キロオーバーをやった私もちょっとだけ実感出来ます。
アクセルは、戻さないぞ、っての、すごく良く分かる(笑
まったくの無意味である以上に、むしろ危険を増大させるだけなのに、人を惹きつけてやまないハイパワーガソリンエンジンの魅力。
それぞれに美しいスタイリング。

合理的、とか。
安全第一、とか。
社会的秩序という、当然と目された価値観を、時に踏み越える荒々しさをまったく失った社会は、むしろ滅びに近づく活力の衰退でもある、と感じるんです。

なんだか観ていて走りたくなります。
異常な速度への嗜好は随分減っていると思っていたんですが、少し熱心にボクスターとつきあってみたくなりました。
モチロン安全第一でね。
アニメじゃないんだから、現実は厳しい。
でもまたいつかフェラーリに戻ろうかな。

無意味なんだけど、人間には時にこういう無意味も必要なんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2013

ドグラ・マグラ 夢野久作@読み切るのはホント大変な1作

日本探偵小説の三大奇書だそうですが、後の二つは小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」と中井英夫の「虚無への供物」だそうです。
私は全部読んでますが、まず「虚無への供物」は極めて良く出来たミステリーで、抒情の豊潤なること、横溢するムードの華麗なること、こんな作品が60年近く前に描かれていたなんて、今のミステリー作家たちの顔色なし、という出来で、奇書とかの問題でなく素晴らしい小説です。

黒死館殺人事件は、その衒学趣味が過剰であり、本筋よりも薀蓄が勝り、長大なボリュームもあり、これは奇書だなあ、と納得できる作品で、私、この小説、沖縄に持っていって読んだのですが、家を出てから、空港までの道すがら、空港での待ち時間、飛行機に乗っている時、沖縄に付いてから、さらに出来たばかりのブセナテラスに泊まっている間、延々、泳げないので海にも入らず、プールにも入らず、マリンスポーツなどまったくせず、ひたすら読んで読んで読了したら軽く鬱が入っていたという、ね。
快適なホテルに泊まり好天に恵まれたビーチリゾートで、何不自由なく過ごしていてもすっかり暗い気分になったことから、確かに奇書だなあ、と思わされた1冊でした。

ではドグラ・マグラはどうかというと、以上、二作品と比べても圧倒的に変な作品です。
冒頭からしばらくは謎めいた設定が魅力的であり、時に非常に美しい情景描写もあって、楽しく読めるのですが、それから始まる論文やら映画中の描写ですね。
特にチャカポコ節の処は真面目に読んでいると結構キツイ。
ああ、もう勘弁してよ、という文章の連続で、読んでいて楽しい作品ではない。
著名なミステリーは全部読むというレーゾンデトールでも持っていない限り厳しいでしょうね。

まあ苦労した分、最後の最後で明かされる謎解きが、夢野久作ならではの、ある種、澄み渡った余韻が残るのが救いでしょうか。
三大奇書に挑戦したいという奇特な読者にはまずは「虚無への供物」そして「黒死館殺人事件」の方をおススメいたします。
これは最後でイイよ。
というか、最後の方がイイね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2013

デルタ・ニュートラルというポジションは、安全資産を意味しない

NFP発表、終了しました。
お疲れ様でした。
どうだったでしょうか?
事前のADP統計で予想はついてましたでしょうか?

さて黒田日銀、凄まじい威力です。
今日の東証の出来高は64億株と史上最高を更新。
売買代金は4.8兆円という爆発ぶり。
さぞかし儲けているかって?(笑
やられてます(笑
笑いごとじゃねえ(笑

この間までの膠着状態ではショート・ストラングルを組んでいてですね。
儲かっていた。
で、黒田さんの会合2日目の朝・・・どうやら上だろうと、感触をつかんだので、put売りの行使価格を上げ、デルタをプラス(上がると儲かる)にしてコール売りは引っ込めようとしたんですが、いざputの売り玉が入るとちょうどデルタがニュートラルになって、相場の方向性に左右されない持ち高になったのですねえ。
するとなんだか、黒田会合は織り込み済みじゃあるまいか、という気持ちになってしまい、結局、コールの売り玉を残してPCを閉じて、午後の大爆発で利益がすっ飛んで損勘定となりました。
な、ん、で、そ、ん、な、気、持、ち、になったかというと、相場の方向性に掛けるってやっぱり怖いでしょ。
出来ればやりたくないことをやっているで、甘えが出たんですね。結局。

日経225は完全に仕手株化しているよね。
正直、ついてけないです。
円売り相場もダメ。
ついて行けてない。
ここまでマーケットが走り出すとトレンドに乗るのが怖くてね。

ま、嫌ならやるな、ということで、やるんなら文句言うなってことですから、後は自分次第。
ともかく今回、痛切に感じたのは、デルタ・ニュートラルはノーリスクを意味しない、という当たり前のこと。
同じデルタ・ニュートラルでもボラティリティ買い、だったら良かったんだけど、そんなこと言っても始まらない。

身に染みたのは「真の安全資産とは、トレンドに乗ったモノである」ということですね。
トレンドを探そう。
見つけたと思ったら乗ろう。
でもこれは、行先が変わったと思ったら敢然と降りる勇気を持つ人だけが乗ってイイ列車であることをお忘れなく。

あ、今日の表題は、単にOPのことだけを言っているんじゃないですからね。
広い意味、で「そいういうことです」、ということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2013

30男は何故、女性と交際しないのか?@恋愛を打ち負かしつつある競争産業

30代の時、私も彼女、ずっといませんでした。
スペックが低かったわけではないと思います。
なにせクルマはフェラーリ、趣味はテニス。
なんかこう書くと実態をかけ離れた凄い印象が(笑)ありますが、なんで誰とも交際がなかったかというと、まず仕事をしていた。

当たり前ですね。仕事してないのに、結婚を考えたくないでしょう。
そして仕事が少しでもマシに出来るようにと、休日は勉強会にも行っていた。
必要ですよね。勉強。
みなさん、立派に仕事が出来るように勉強しなさいっていうでしょう。
そして仕事を初めてみれば、納得できる方、多いと思いますが、いわゆる仕事上の用事、というのでたまに休日が削られる(=デートの時間がなくなる)
そしてテニスがオモシロかった。
ヘロヘロのセカンドサーブをなんとかしたかったし、フニャフニャのバックハンドも巧くなりたかった。
という訳で練習、練習。
フェラーリは免許を取った時からの夢で、由来10年を経て、仕手株の投機で買ったのですからドライブもしたい。
フェラーリは気を使うクルマなので、隣には誰も乗せたくない。
一人で走りたい。
という訳で女性と付き合う暇なんてなかった。
でも1)働く2)勉強する3)付き合いをする4)スポーツ5)趣味
どれも悪くないでしょう。
それでも友人たちが続々と結婚していきますし、当時は結婚当たり前という風潮だったので、私もしないとな、という気持ちはあり、見合いはしていた。

でも私の頃ですら、30男に彼女なんていなかったのです。
30男なら彼女の一人や二人当たり前っていうのは女性に熱心な一部の人だけ。
いないのが普通で、いると驚くというのが私の認識ですね。
当時、インターネットなんてなかったんですよ。
だからスマートフォンで2chのまとめブログ読んで笑う、なんてことも出来ない。
投機が好きだったのですが、当時は電話で個別株のみ9時から午後3時の世界。
夕方からロンドンタイムで夜にはNYが開く。
実質24時間眠らない市場が待っていて、手数料は激安。情報は取り放題、チャートは造り放題って、今は幾ら時間があっても足りなくなった。

そしてテレビだ。
テレビは全然見ません、というのは地上波キー局の話であって、衛星放送でやるスポーツ中継が昔とは異次元の充実ぶりで、すっかりオモシロくなった欧州サッカーに世界中のタイトルマッチ、進歩した総合格闘技等、オモシロくってしょうがないというレベルであって見ないではいられない。
映画も見放題。
さらにトドメはアニメの飛躍的発展があります。
思春期に綾波レイと会っていたらと思うとある意味恐ろしいわ。
あの追えどもうつろう幻想に取り込まれたら、現実の女性は対応が難しいと思う。

30代だと、とどまることをしらない性欲とかすでにないし、仕事なんて好きじゃなくてもちゃんとやらないと生きていけないし、そうなると仕方ないから勉強もしないとさ、となって趣味も好きなことが固まってくるしで女性は色々大変だからイイかなあ・・・というね。
もしこの世からPCがなくなれば。
スマートフォンがなくなれば。
衛星放送でのスポーツ中継がなくなれば。
萌え系アニメがなければ、と考えると、ほら、女性に恋でもしようかな、って気になるでしょ。
でも現実にはみんなあるんで、そうなるとついつい女性を追いかけるのは後、後にずれがちだ。
結局、結婚の喜びというのは、大変なことの後にあるので、それが実感し難いんだよね。
萌えアニメの楽しみはすぐに得られる。
今度の春アニメでは「とある科学の超電磁砲S」がやるんだが、楽しみ、楽しみと録画予約をして、仕事の後に観たりするとオモシロくって、スマホいじりながらAmazonに行って一期のBD、続きも買っちゃおうかなあ、なんてやっているとあっという間に時間は過ぎて・・・親から結婚、結婚と言われても、結婚は失敗もあるしなあ、なんて取りこし苦労も頭をよぎると先延ばし指向はさらに強まって。
でしょ。
他に娯楽がなくて、仕事も暇ならね。
実際、電気すらなく、仕事だって禄にしてなかった平安貴族だから愛だの恋だのって言えたんじゃないか、と。
労働労働で畑を耕していた農民階層ってそんな愛だの恋だのって言っていたのもいただろうけど、労働がキツ過ぎれば一般にそれどこじゃないと思うんだけど、よほど良い相手と巡り合わない限りね。
結局、楽しみを提供する産業が発達し過ぎて、恋愛というコンテンツは相対的に競争力を失っている、という認識をみんなもっと持つべきなんだよ。

ではこのままでイイかというとそうとも思えないんで、どうすれば良いかと言うとあらゆる方法で結婚を奨励しないとダメなんだろうな。

結婚して子供が出来ると教育費何千万円とか言って怯む人がいるけど、実際には毎日毎日働いているうちになんとかなります。
というか。
人間どうせ毎日毎日働かないとならないので、それなら誰か自分以外の人間の為に働くのは悪くないですよ、と今は言えるかな。
不思議なことに悪くないんだよ、ホントに。
将来、還ってくることもないんだろうけど、バカ(結婚)をやるのも一生でね(笑
合理的な計算だけの一生ってのもツマラナイでしょ、と思うんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »