« February 2013 | Main | April 2013 »

March 2013

March 31, 2013

劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME@ラストの言葉は忘れない

私は何故、二次元が好きになったのだろう?
可愛い女の子が出て来るから?
それは最も大きな理由だろうが(笑)アニメには前回、フランシス・ベーコンの記事で書いたような、生身の人間なら必然的に宿る「肉の縛り」「重力の呪縛」という現実の重さがないのが心地良いのだ。
アニメの世界はひたすら軽やかで、自由だ。
だから観ていると、気持ちが軽くなる。

そういう点ではこのアニメはリアルスティックである。
アニメであっても、描かれるのは地道は生活の苦労であり、生きる上での重さだ。
ピンクの髪に丸い輪っかの付いた女の子が、超能力を使うなんて話ではない。
そういう点ではあまり心は浮き立つ作品ではないかもしれない。
このアニメもテレビ放映時には観てなかったので、劇場版を観に行く前の下調べと、DVDを借りだしたのだが、実は中途で止めてしまった・・・
その上、調べてみたら本編66分と短く、なんだかマクロスFB7で騙された記憶が蘇る・・・
どうしようかな、と思いつつ、まあ予定に入れておいたので、ということで行ってきました。

映画が始まるとすでにDVDでかって知ったる各種設定、キャラクターの人柄説明が続いて、どうもこれは失敗だったかな、と思わないでもない展開。
ただカットバックされた構成に馴染んでくると、いつのまにか引き込まれていました。
そして後半に掛けて「分かる、分かる」と共感は盛り上がり、特に終盤、あの板場の場面ですね。
文句なく感動しました。
ああ、あの人はあそこであの場面を観て、あれからの人生があったのだという思い。
充分に伝わってきて、うん、この映画、観て良かった!と思えましたね。

PS
先着入場者特典色紙は神の宿っているらしい結名さんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2013

フランシス・ベーコン展@東京国立近代美術館:教皇は何故、叫ぶのか?

フランシス・ベーコン展開催記念。
前記事に続いて画家フランシス・ベーコンへの解釈記事です
フランシス・ベーコンの最も高名な作品「ベラスケスの<教皇イノケンティウス10世の肖像>に基づく習作」。
今回も叩き台になったと思われるモノが来てますが、中の人物が叫んでいます。

ベラスケスのリライトなら、単に画風を変えれば良いのに、何故ベーコンは叫ばせたのか?
その叫びは何故か?
恐怖でしょう。
教皇は非常に恐ろしいモノを見たのです。
何か?
鏡です。
彼は自身、自らの姿を見て、恐怖に絶叫しているのです。
我々は肉(他の命)を喰らわなければ一瞬たりとも生きながらえない。
我々の原罪は消えていない。
我々人類は、という以前にありとあらゆる生命は、他者の犠牲の上に生きる呪われた存在である。
この意味を悟った時、教皇イノケンティウス10世は、叫ばずにはいられなかった、というのがベーコンの解釈でしょう。

生はおぞましい。
それでも我々は生きなければならない。
大きな矛盾の中で、原罪を乗り越えなければならない。
それが我々の課題です。

前記事で、音声ガイドのゲストになった熊川さんに対し、バレリーナは反ベーコン的である、と書いたのは、ベーコン絵画に秘められた肉体への、肉体が肉体として存在するが故の恐怖からです。
すべてのバレリーナは肉体を信仰し、肉体を愛して表現の極限を目指す。
ベーコンは肉体を恐怖し、呪詛の叫びを上げる。
真逆の価値観です。
ベーコンの絵画に描かれる顔はみな、鋭利な刃物で切り裂かれ、抉り取られたように見えますが、それは互いに、生を保つ必要が故に、あの剥きだしにされた歯で互いに噛み合ったからです。
ロココの優雅。
バロックの荘重な美しさの中に、人の深遠、魂の場所を探る絵画なら、熊川哲也さんは合っていたかもしれない。
でもフランシス・ベーコンはダメです。
コッチは英国文化圏の生んだパンク、あるいはハードなロックだからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2013

中二病でも恋がしたい!続編制作決定!@オバちゃんっぽいグラマー美少女、森夏推しか、劇場版新作でヨロシク

先日、BDのⅣが届いて、すでに3回位観たかな?
まあアニメのBDは夜、PC仕事の傍らで掛けている、ということで、バックグランドミュージック替わりなんですけどね。
Ⅳが届く前は、そろそろシリアスネタが始まる巻だったので、どうか?と懸念もあったのですが、届いてみればモリサマーのオバちゃんネタがあったり、メイン二人の恋愛進行具合も悪くなかったりして何度観ても楽しい作品です。

結局、アニメのBDは、何回も観たくなるかどうかが値打ちの評価基準です。

そんな「中二病でも恋がしたい」続編制作決定のようです。
パチパチパチパチ(笑・・・マジ、嬉しいです!
個人的な希望としては、オバちゃんキャラの入ったグラマー美少女という新ジャンルを開拓しつつあるモリサマー推しの制作を希望したい。
私は三次元では長身美人グラマータイプが好きなんですが、どうも二次元は綾波レイから入ったせいか、儚な気系ばっかり気に入っていて、次元が違うとこうも好みが違うのか、と不思議だったのですが、グラマー系美少女キャラとして初めて気に入った。
もう一色とのデコボコカップルでもイイし、凸守とのドつき合いでも良いし、原作にはあってもアニメに出ていないキャラとの絡みでも、中学時代の活躍とかでもイイや。
出来れば劇場版も制作していただけると嬉しくて、その時はビューティフル・ドリーマー的な、日常系だと思ったらSFだった、みたいな・・・まあ難しいと思いますけど、そこはなんとか京アニ様の力でお願いしたい・・・私が大金持ちだったら京アニにポンと、何億円か制作協力費だすんでけどねえ(笑
現状、BDを買う位しか協力デキマセン。
グッツも買うかなあ・・・でも森夏さん単独のが欲しいんですけど、あんまりないよね。
今後、続編制作を期にってとこで御考慮のほどヨロシク・・・

ともかくこのアニメは全員のキャラクターがイイです。
ハートウォーミングで、青春の甘酸っぱさが良く出ていて、観ていてホント、気分が良くなる。
水泳男子もやるようですが、そっちは流石に範疇外なので、ともかくこの二期、なのか劇場版なのか分からないけど、続編制作には期待したい!
最近ではアイドルマスター劇場版に続くイイニュースだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2013

フランシス・ベーコン展に行って来ました@剥きだされた歯の語るもの

20世紀中盤以降に活躍した画家で今後最も評価の進む二人上げろと言われたら、私はマーク・ロスコとフランシス・ベーコンの名前を挙げます。
その動きはすでに絵画マーケットにおいて顕著ですが、今回の副題、「ピカソと並ぶ美の巨匠」というのには違和感を感じます。

フランシス・ベーコンの名前は、未だモダン・アートのマニア以外に一般的でないが故に、集客効果を狙ったものなのでしょうが、二人の画家は、その画業に置いてまるで質が違っている。
次々にスタイルを変え、傑作の山脈を造り続けたピカソと、ほぼ一貫したスタイルで一生を通したベーコン。
女性好きのピカソとホモセクシャルだったベーコン(笑
楽天的であけっぴろげ、強気のピカソと陰気で謎めいていて引きこもりがちだったベーコン。
方や20世紀美術のメインストリームをリードしたみんなのアイドル、ピカソと一人、孤高の高みに到達したベーコン・・・まあこの辺にしときましょう。
ただあまりに陳腐な副題を付けるとベーコン展を待っていたようなモダンアートオタクはシニカルなので注意が必要です。
それから熊川哲也の音声ガイドが酷い。
ほとんど自分のイギリス時代のバレエのお話で、ベーコンとまったく関係がない。
ただこれは熊川さんの責任というより、時代が一致したいたというだけで頼んだ方が悪いよね。
バレリーナはその本質において反ベーコン的であることが必須です。
私はいつも企画展。
キュレーターの方々のご苦労を褒めるのですが、今回の企画展はベーコン流のハード&エッジイをまったく理解していない、あまりセンスがあるとは思えないものであったというしかありません。

でも展覧会に来ている絵画は素晴らしい。
「ペインティング」「ベラスケスの<教皇イノケンティウス10世>の習作」「磔刑のキリストの足元の人物の三つの習作」という三大傑作はありませんでしたが、いきなり現れる「人物習作Ⅱ」「肖像のための習作」の二作品などはいざ目の前にすると圧倒的な迫力で、20世紀美術の到達した深さ、その力の大きさには感銘を受けづにはいられません。
アートはついにここまで来た。
ということですね。
これだけの作品を造りだせれば「抽象は僕には安易な解決に思えるんだ」という彼の言葉も納得出来る。
言うだけのことはやっているわけです。

さて普段アートを見慣れない人が彼の作品を見てショックを受けるのは、その剝き出しにされた歯ですよね。
目もなく、耳もなく、鼻もないのに歯だけはズラリと揃って咬みかからんばかりに描かれている。
何故に彼は歯を繰り返し描いたのか?
一つの強迫観念のように描き続けたのか?
それは「生とは恐ろしいものだ」という一種の原罪に気付いたからでしょう。
ありとあらゆる生き物は、他を貪って生きていく。
動物は進化の過程で肉食という最も効率の良い栄養補給を生みだした。
他を殺す。
貪り食う。
これが生の本質です。
生とは暴力そのものです。
水分と日光だけで生きている植物ですら、その縄張り争いにおいて他種を容赦なく攻撃する。
己を守る為ならなんでもするが生物なんです。
その事実。
あらゆる生き物は、やはりベーコンが何度も何度も繰り返し描いた檻の中にいあるように、その宿命からは生きている限り逃れられない
歯を檻。
この二つのモティーフの解答は以上のことだと思います。

ミュージアムショップでは図録、Tシャツにデイヴィッド・シルベスターの「肉への慈悲@アルシャンボーとの対談集が素晴らしかったので、ベーコンが著作を残してない以上、この本も一種の原典として読まないわけにはいかない」を購入。
雨の中、重くて重くてしょうがないので「半透明の美学」はアマゾン回しにしました。

ps
すぐにでも行きたかったのですが、花粉が吹き荒れのびのびとなっていました。
本日、やっと休日と雨が重なる僥倖にめぐり合い行ってまいりました。
日本政府は花粉対策に本腰を入れた方が良いよ。
内需拡大への乗数効果。これほど高いものは他にないって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2013

長谷部誠選手、被災地に2億円寄付@実際、真似出来ないよね。自分だったらさ。

長谷部選手が私も読んだ本「心を整える。」の印税を全額。
2億2500万円を寄付したようです。

今回の震災。
多額の寄付をしたかたは沢山いたわけですが、おそらく寄付した額との所得比、資産比率で言えば長谷部選手は最も多い人の一人ではないでしょうか。
日本に帰る度、現地に飛んで支援活動もしているようです。
若いのに立派ですね。
本当に見上げるような人間性で、胸を打たれます。
オタグッツを見つくろいながらそのお店のWi-Fiで接続したハムスター速報からこのニュースを読んだ時、一瞬、自分のダメさに落ち込みました。
まあ私も寄付はした(○万円)んで・・・あまり恥るのは止しときましょう。
世の中には慈善活動を食い物にする人間もいるんで、下には下がいるってことでね。
ただ仕事などしていて、たまたま巧く行った時、少しでも自分が偉いなんて思えたら長谷部選手を思いだして戒めにしますよ。
少しでもマシな人間になるためにね。

そんな私が最近見つくろった萌えオタおススメDVD(←やっぱりダメかもワカラン)は
キスシス:中野梓ちゃんのCVをした竹達彩奈さんが、かなり際どい演技をしています。あずにゃんファンは必見、必聴。
アマガミ:ゲーム原作らしく、キャラ絵はイマイチと感じたのですが、実際はけっこうオモシロい。
ですね。
後は春アニメとして超電磁砲はおススメしておきます。
髪を花で飾った初春飾利ちゃんといのが一押しキャラです。

今週末には「花咲くいろは」が公開になります。
4月はシュタインズ・ゲートで、8月には「あの花」の劇場版ですね。
あの花も観たことないんで、レンタルしていきます。

オタグッツではまどかマギカグッツをアニメイトで見つくろいキーチェーンやらコードまとめやらを購入。
クリアファイルも買いました。
オマエは美術展やらアニメやらのクリアファイルばかり買っているが、何してんだ、というご心配あるかもしれませんが、ウチは資料が多いので結構みんな使ってます。
最近は去年かった「けいおん」手帳もノート代わりに使いだしました。
やっぱり使わないとね。

さてヨルダン戦。
仕事は終わったので応援モードに入らせて戴きます。
テレ朝、松木さん、出てないんだけどなんで?
唯一の取り得をなくしてどうするテレビ朝日。

松木、出てた。
良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2013

劇場版公開記念!シュタインズ・ゲート全話観ました@とりあえずフェイリス・ニャンニャン!推し

私の今、一番の楽しみは週末に萌え系アニメ映画を観に行くことです(キッパリ!
ただ私はまだアニメ歴が長くないのであんまり観てない。
というか、放映中のアニメだってそうそうチェックしきれないよ。
先日劇場版が公開となった禁書目録も観てなかったのですが、話が分からないのに観に行ってもしょうがないと、テレビ分を全話DVDレンタルしてから映画に。
充実の一夜となりました。
となると次は4月公開のシュタインズ・ゲートですが、これもまったく知らない話。
再びDVDレンタルして全話鑑賞終えました。
このアニメ、主人公の倫太郎も良かったけど、2ちゃんねる用語で会話しまくるダルくんも良かったよね(笑
ああ・・・今の若い連中、確かに仕事見つけるのは大変なんだろうけど、文化的には圧倒的に楽しそうだよな・・・
俺たちの若い頃なんてクルマと酒と女しかなかったんだから。
PCもスマホもFXも萌えアニメもないんだぜ。
フィギュアとかも売ってないし、イベントもなかった。
欧州のサッカーもUFCも海外のボクシングの試合もほとんど見られず。
今の楽しみの95%はない、と断言出来る。

女の子キャラとしては花澤さんが声をあてているまゆしぃは当然良かったのですが、ニャンニャン語を使うという一歩間違えるとイタイだけになるキャラクターを成功させたフェイリス・ニャンニャンが一押しとなりました。
ローソンフェアでも良いし、劇場販売でもイイからフェイリスのフィギュアとかクリアファイルが欲しいとこですね。

ストーリーも良く考えてあります。
メールだけ過去に送れたらどうなるか、という設定から始まる愛と死の物語・・・一つのSF作品としてかなりの水準だと思います。
でも劇場版はこの話、どうなるんでしょうかね?
禁書目録は作画はモチロン、ストーリー自体も楽しかったのでシュタインズ・ゲートにも期待してます。

ps
最近、どうも10代20代の方と話が弾むというか、どうして私の好みはこう若いままなんだろう・・・?
自分でも不思議、というか、これはやっぱり今のアニメ文化が優れているからだよね。


ps2
シュタインズ・ゲート、行きつけのレンタル屋になかったので、ちょっと不便な場所にあるツタヤで会員登録。
ところが実際に借りに行くとレンタル中。
さらに遠方の店にはあったものの、別のお店で会員登録した人は2週間他店では借りられないということで仕方ない、GEOon-lineに会員登録して借りました。
最初は貸し借りなんてどうやるんだろうと思ったんだけど、包装が優れもので便利ですね。
システムも完璧。
レンタルDVD位、地上店舗でやりたかったんだけど、作品数の多さとか貸し借りする時の時間とか、やっぱりネットには勝てないのかな。
なんか寂しいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2013

戦う魔法少女、安室奈美恵@カモン!東京ドーム!のシャウト入りだったCD

ポルシェの純正ナビはMSの録音機能が物足りません。
花粉が吹き荒ぶ季節なので、最近、めっきり乗ってないんですが、あんまり乗らなくてもバッテリーがね。
心配なので安室奈美恵5大ドームツアーのBDについていた二枚組CDをひっつかんで遠目の大規模書店にドライブがてら録音。
最大2倍速という遅さの上、二倍だと音も出ないという・・・
それでも帰り道、遠回りしているうちにやっと録音終了で聴きだしたらin the spotlightでCome On! Tokyo Dome!のSHOUTが入っていた!

ナイスな編集、ありがとうございます、スタッフさん。
あのシーンは最高にカッコ良かったんですが、BD&DVDの会場は東京じゃなかったもんね。
入ってないんだろうなあ、と思ったら案の定、BDに入ってなかった。
幻のシャウトだなと諦めていただけに嬉しいです。

このシーンは泣けるんです。
なんで泣けるかというと、彼女の勇敢さが滲みでているから。
ステージに至上の美を造り上げる為、あらゆる困難に立ち向かう安室奈美恵!

この間また魔法少女まどかマギカを観たのですが、彼女のイメージはワルプルギスの夜と戦う暁美ほむらと被るんだよ。
どこまでもCoolでstoicで努力を惜しまず勇敢なんだ。
そう安室奈美恵は、全てを醜悪に変えようとする「現実」に、敢然と戦いを挑む魔法少女なんだな。

結局アニメだ安室だと言っても私の美意識には揺るぎがない。
好むのは
1)際立って美しい存在が
2)勇敢に戦う姿に惹かれるということですね

でも美少女アニメ→ロリコン→自分に自信のない男性がより弱いいたいけな少女を好む
という構図だよね。
テレビのワイドショー的にはさ。
まったく違うよな。
実際には真逆で、ありえないほど強い意志を持った存在への憧憬!
そう、俺は安室奈美恵や暁美ほむらのように現実と戦いたいのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2013

キプロスの預金課税でパニック→金の卵を産む鵞鳥は殺すな

月曜に株価が急落したのはキプロスで預金に税金を掛ける、という報道がなされたからです。
当然、預金者は引き出しに殺到、ATMパンク。
銀行は休行で対抗。
税金は15日の残高で計算するから今さら引き出しても無駄だよ。
というか、まだ議会で可決してないから慌てるなオマエラと言っても効果なし。
たかだかキプロス、島一つ。
ユーロ全体から見ればGDP比0.2%なんで、この程度の処置は大丈夫と思ったのが運のツキでした。
この間の経緯やら事情はですね、NHKのニュースでやりました?
私はテレビの報道番組、一切見てないので分からないのですが、ここ数日では最も示唆に富んだニュースです。

お察しの通り、税金を徴収するのはキプロスの金融システムに問題があるからで、その根底にはギリシャの債務問題があって、ユーロ危機につながっているんですね。
ただ危なくなったら金のある処から取ろうというのは一見無理のない流れに見えて罠なんですよね。
今回ユーロは(ECBだかドイツ主導だか責任のなすり合いが始まっていて判然としない)やっちまったな状態です。
日本もちょっと前に鳩山由紀夫という戦後最狂の総理大臣が企業の内部留保に課税すると言いだしたことがあるんで、あんまり笑えないんですけどね。
あの時はホント。
日本の終わりを実感しました(笑

話が飛ぶようですが、ロシアという国。
みなさんどう思いますか?
私はロシア民族、凄い人々だと思う。
なんとなればあの文学。日本だけではなく、世界の憧れだ。
そしてあの音楽。
あの絵画。(文学、芸術に価値を感じる人なら)半端なモノではない、と思うのが普通でしょう。
ロシア民族は相当優秀なんだろう・・・でも産業はダメでしょう。
国営の資源産業以外が育ってこない(報道番組でやってますかね。こう云う話)
何故ダメか?
どうもかの国は起業して稼ぎ出した人を見ると根こそぎ取ってしまうらしい・・・
だから誰もやらなくなり経済が上手く回らない。
何もない処から100万円を稼ぎ出した人間がいたら税金はほどほどにして育てるのが吉なんですよね。

100万円稼いだ人間がいたら全額取るのでなく、20%にしとく。
そうすると何年か後には1000万の剰余価値を生み出して200万、納税してくれるかもしれない。
さらに後には1億円を稼ぎ出して2000万円納税してくれるかもしれない。
そんな人間を見て後に続く連中が続々と現れることは大いに考えられる、でしょ。
音楽とか文学とか絵画と同じように、金を稼ぐ、起業して成功させるというのは一種の才能で、才能ある人間を育てないと社会は回りません。
安室奈美恵があまりに抜群だからと規制しても、その分他の人のパフォーマンスが上がる訳ではないでしょ。
安室様には思いっきりやってもらってコンサートには数十万の人を。
BD、DVDも思い切り売ってもらう。
こうして音楽業界自体を繁栄させる。
未来はこの中にしかないってことです。

ロシアがそんな風に変わるのはいつの日か?
今回、キプロスにはロシアから多額のマネーロンダリング資金が回っているようで、決着はどうなることやらですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2013

WBC山本浩二と管直人は同い年、同じ臭いがする@1946年に生まれた有名人

日本人のしぶとさで、案外終盤にまくれるかもしれない、という期待も謎の走塁失敗で潰えた8回裏。

しかし野球に「ダブルスチールをしてもいい」、というサインがあるとは知りませんでした(笑
単独スチールならともかく二人のランナーのタイミング、どうすればよかったんでしょうか?
結局、あんな緊迫した場面で、こんな曖昧な支持を出した自分にはなんら落ち度がないんでしょうかね、山本監督。
投手のモーションが大きいから出した、ということですが、プエルトリコの捕手はメジャーでも強肩で知られた人で、大会前から動画まで上がっていたじゃないですか。
内川には必死の闘志を感じてましたし、井端は今大会の救世主でしたよね。
そんな部下を泣かせたり名指しで批判したりとか、さすがに団塊世代は違うなあという感慨もひとしお。

なんかこういう人、ちょっと前に観た気がすると記憶を手繰ると、管直人に似ているんだよね。
伝わってくる言動の感触がそっくり。
調べてみたらお二人とも1946年生まれ。
この年生まれはおかしいのが多いのか、と思ったけど、スティーヴン・スピルバーグとかデビッド・リンチもいるんですね。
パティ・スミスもそうだ。
スピリバーグなんてどんな環境でも結果だしそうだし、デビッド・リンチとかパティ・スミスは自分の信念は強烈に実行するけど、失敗の言いわけはしなそう。
メチャクチャな政治をしておいて、最後「国民が聞く耳を持たなくなってしまった」と言い放った鳩山由紀夫は47年でした・・・なんか残念。
3カードが揃うかと思ったのにな。
星野仙一も47年なんだよ。
4カード揃わず・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2013

女子高生リフレ@同じ場所、同じ時間を生きていても、人それぞれはまったく違う世界を見ている

女子高生リフレという言葉を最初に見た時、何故女子高生が金融緩和に関係するのだろう、と不思議だった。
不思議だったが、どうせクダラナイ話題だろうと思って、それ以上の追求はしなかった。
私は風俗関係にはまったく疎い。
未だにデリヘルというのが良く分からない。
デリはデリバリー⇒出張してくる、という意味だろう。
ホテルに女性の方から来てくれるのでしょう。
だからこれは分かる。
でもヘルスとは何か?
デリヘルということ自体が、性的なサービスである、というのは分かるが、何故ヘルスなのか?
ヘルスと言うのは通常、健康という意味ではないのか?
性的に満足すると健康になる、ということなのだろうか?
男性を性的絶頂に導くのを女性が助けるなら、ヘルスというよりヘルプと言う方が近いのではないか?
なんてことを考えてしまう。

実はコスプレという言葉も分からなかった。
以前、私と同じようにコッチ関係に疎いだろという人に、コスプレとは何か?と聞いたらあっさりコスチュームプレイでしょう、と答えられ、驚いたことがある。
コスチュームプレイとは何か(震え声)と重ねて聞いたら看護師とかスチュワーデスとかの恰好をして、性的遊戯をするのでしょう、と答えられた。
今はアニメが好きになったので、「ある種の恰好をして遊ぶこと」と分かるのだが、この時はつくづく自分は徹底してこういう分野には疎いのだなあ、と実感した。

女子高生リフレとは、女子高生が添い寝をしてくれたりしてリフレッシュする処らしい・・・しかし私にとって長年リフレとは金融緩和政策のことである。
それ以外の意味などない。

大証で行われているNYダウ先物の出来高が伸びない。
私もとうとう見限って、今ある玉を決済したら海外の市場に移る。
大証自身にも問題があるのであろうが、何故にみんなが先物取引をしないのか、私は分からない。
先物取引というと、危険、破産、夜逃げということをイメージする方、多いと思うのだが、それは一獲千金を狙い大きく張るからで、株価指数先物など小さく小さくやりつつ損切りを入れていけば、大儲けは無理でもそんなに大損はしない。
むしろ清潔で立派で大層な都市銀行で売られている投信など、購入手数料と年間信託料込で5%は普通である。
いきなり5%暴落時の値段で買わされるに等しいのだが、そっちは安全で、先物というとそれだけで危険と思われる。
為替や株価の先行きは誰にも分からないが、自分の取引している金融商品の変動率すら良く理解しないというは、私にとって謎である。

世の中は広い。
普通の大人だと思っていた人がドストエフスキーという名前すら知らないで驚いたことがあるし、ラファエロの名前だけでも知っているならインテリ階層だと思われたこともある。
この前は市役所勤務の人がスティーブ・ジョブスと言って分からなくって驚いた。
ちなみにiphoneは知っていた(笑

各々が別個の感情を持っていながら共存している。こんな世界があるなんて驚いた、とはキュウべえの言葉だが、少し分かる気がする・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2013

私の見つけた投資対象@最後の今日あった良いこと悪いことから判断してね

私は投機歴は長いのですが、いわゆる投資というのはあまり経験がない。
投資と投機、どう違うかというと、
投機:FX,先物、OP.CFDで中短期的な値動きを追いかける。売りも買いもあり。
投資:有望と思われる対象にお金を投じ、長期的な収益を期待する
ですね。
で、ネットでの投機。
あまりに便利なんでドンドンやっていたんですが、どうも震災以来、不安になった。
いつでも電気があるとは限らないし、都心が壊滅したら取引不能になるかもしれないし、ネットセキュリティが大混乱になる日があるかもしれない。
という訳で、ネット上の持ち高少しずつ減らして地上店舗にお金を移していたんですが、どうにもこうにもネット取引に慣れている身だと不便でまだるっこしくてね。
それでも一昨年位から去年の秋までは値動きも穏やかで、安値で買えたのでまだ良かった。
今は随分と高い!
そうなると地上店舗に支払う手数料が惜しくなってくる。
結局ネット上にFX,先物の口座とは別に、投信とETF専用の口座を造り投資を開始しました。

で、結局、自分なりに騰落データーを計算し、コスト上でも有利だと思われる銘柄は、ノムラのFunds-i(ファンズアイ)シリーズとeMAXSI(イーマクシス)シリーズですね。
両方ともノーロードのインデックスファンドであり、私が検証した結果、少なくても過去の値動きでは(未来を保障するものではない!ことに注意!)騰落ともに他よりは良好な数字を残していた。
ホントは個別銘柄で何十倍にもなるヤツ発掘したら話は速いんでしょうが、私は分をわきまえているんで、夢は追いません。
それから海外への投信は注文出来ない日があるので、そういう日は東証コード1550,1555,1680,1681なんていう海外向けETFが対象になります。

具体的な投資方としては毎日少しずつ、徹底的な時間分散を心がけてます。
もし外貨が大きく下落したら、日本円で預けてあるシティバンクでドルの定期を何十回にも分けて造っていきます。

他ではセゾン投信です。
色々調べて悪くないと結論しました。
「バンガード」と「達人」の二つを交互に買ってます。

もう一つはフェィデリティ証券で、ただ今、全ファンド手数料無料キャンペーン中なんで、毎日毎日少しづつ注文しています。
買っているのは海外のリートと、海外の株式指数連動の投信とETFです。
モーニングスターのレーティングも参考にしますが、自分なりの計算もして色々ですね。

投機、投資というと一攫千金狙いと思う方がいるようですが、私の場合はリスクヘッジ的な思惑が強い。
日本に住み、日本に家屋と土地があり、日本円で収入を得て、なんだかんだで円資産が多いのですから、日本さえ大丈夫なら心配ない。
その日本がダメになったら海外資産があった方がイイよね。
海外資産が上がらなくても、円が暴落しないで、食糧と燃料(電気)が買えれば問題なし。

ただ上記銘柄、証券会社、参考にするとしても当然、一切の責任は持てません。
大和証券と日興証券ではユーロ建てMMFなんていう、外貨預金代わりだろうという鉄板商品でさえ運用停止になったのですから、私の書いた上記投信、ダメにならないなんて口が裂けても言えません。

そもそも私がどんな男かというと、今日の休日。
朝からあまり行きたくない某所へ用事に行ったまではイイとしても、その帰りに京アニグッツを見つくろうのが楽しみだった。
京アニグッツは、お目当ての商品売り切れに落胆するも、アニメ雑誌でアイドルマスターの劇場版制作を知り、iphoneでサイトに飛ぶや、pv動画を鑑賞。
感激に浸り、今から映画を観に行く日を楽しみにしているというモノでね。
あてにしない方がイイですよ。
参考なさるなら徹底的に自己責任で。
分析した利回りは、「あくまで過去の実績」ですから、忘れないように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2013

放送法64条の改正を!NHKは国民の財布を人質にしているからやりたい放題

NHKがユーチュブにアップロードされていた中山なりあき議員の国会答弁を削除しました。
国会答弁の著作権がNHKにあるとは考えられないのですがブッチギリです。
たくさんの抗議が行われたようですが、痛くもかゆくもないでしょうね。

私はこの動画、見ていないのでなんとも言えないのですが、中山議員のツイートによるとどこからかの圧力でしょう、ということです。

先日もヘイトクライム云々とか3月11日をお祝いしようとかNHKは広報局のツィッターでも暴言を吐きまくり。
顧客であるはずの多くの国民の感情を逆なでしてますが、スポンサーを気にする必要のない国営放送故、抗議電話も怖くない(笑
神妙にお話しを受けたわるポーズも、裏に回れば大笑い。

放送法64条でテレビがある限りにおいて受信料は払えと決まってますからね。
こんなバカな法律ないよね。
NHKなんて長年見てないわ。
NHKのニュースを見てないとバカになる、と言われますが、なんの。
偏向され、漂白されたニュースを見ている方が危ないですよ。
というか、国民はみんなNHKのニュースを見て、勉強し、信じなさいってことか!
マヌケな国民を、我々前衛が教え導くってか。
どこまで傲慢なんだろう。
ほとんど1984のビックブラザー肯定論だよね。

放送もデジタル化されたことですし、この際NHK様は料金未払いの人向けにはスクランブルを掛けて欲しい。
見たければ払う!
金を出さなきゃく見られない!
これでなんの文句があるんだろう。
維新のメンバーなんだから橋下さんあたりやってくれないかな。

良く考えてみてください
なんで史上初めて国会答弁動画が削除されるのですか?
中山さんの国会答弁はそんなにオカシナ物でしたか?
オカシナモノだ、というなら、徹底批判番組を造ったら良いと思うのは私だけですか?
なんで我々は一つの意見を観ることが出来ないのですか?

もうNHKはダメでしょう。
ね、日本のマスコミの腐敗って底なしでしょ。
だから私はフジテレビデモも最初から出ていたわけ。
日本国民をあらゆる意味で貶め、腐らせる最大の団体が新聞とテレビ局。
我々の未来はズバリ。
マスコミとの戦いに勝てるかどうか、だよね。

この問題。
国会で聴けないのかな?
自分たちがコケにされてんじゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2013

スクールカースト、イタリアの言葉@問題は階級の存在ではなく、異分子排除

スクールカーストという言葉。
我々の時代にはなかったですけど、言われればピンと来ます。
長身でカッコ良くてスポーツ万能、派手な性格で成績も優秀という男の子と美人の女の子。
そういう人たちが頂点で、大人しいオタクは底辺?
言葉はなかったけど、そういう階級は昔からあったよね。
私は底辺でしたが、そんな階級、嫌だと思ったことはありません。
底辺は底辺で慎ましく穏やかにやっていけたので、別に問題は感じなかった。
イジメとかもなかったしね。
その当時のクラスのスター、中心人物たちは、同級生の目から見ても大したモノであって、傍から見ていてスゴイなあ、と感心していました。
綺麗な女の子たちと仲良くしていても、クヤシイー!とか、今に見てろ、なんて気持ちはなかったな。
運動神経のイイヤツはどこまでも良かったし、体格の立派な腕力のある男はもとからそういうモノだった。
私が逆上がりが出来ないという時、大車輪をやっている人はやっていたんであって、もはや違う人種。
まずは自分の逆上がりをどするかが問題であって、モテモテのサッカー部のエースを妬ましいとか思ったって不毛でしょ。

私の特徴というとひたすら本を読んでいたことですが、生産性はゼロでね。
読書量に比例して成績が良くて、なんてんだったら良かったんだけど、そういうこともなかった。
ただ本を読んでるだけの人間ってのは、通常あんまりありがたがられない。
イタリアには「ウチの子は運動神経が鈍くて」というお母さんに、「良かったわね。きっと本を読む子になるわ」という言葉があるそうだけど、泣ける。

本を読んでいて偉い!と言われたことは未だかつてないね。
むしろそんなことでは世間知らずになる、とか、理屈ばっかり並べやがる、とか、ネガティブな反応をされることが一般的だ。(私の不徳のせいでしょうが)
ただ「世間を知っている」と評された人が、後に仕事に失敗。従業員との不倫の挙句、婿入り先から追い出されたりね。
色んな人がいるからなんとも言えない。

ただ自分はあんまり本を読む、というのはリアル世界では強調しない方がイイ。
稀に敵意を持つ人がいるんですよ。
インテリぶってる、と思われるんだね。
私は本を良く読みますって言っても、自分は利口です、なんて思ってないって。
投機をやる人間なら、始終損切りメールを受け取っているんであって、そのつど自分の愚かさをね。
マーケットが教えてくれているわけです。

個人的に不愉快な思いをした、という点では、カーストがある、ということより、ちょっと変わった存在故に疎まれる、という方が実感があります。
だって階級って出来るよね。
一人一人の能力、やる気、人柄まったく違うモノ。
階級なき社会なんて無理。
それより異分子を過剰に排除するという風潮が私は苦手です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 08, 2013

天ぷら 近藤@野菜の天ぷらならここだな&息子さんの方だって素晴らしい

ミシュラン店シリーズ。
今回は二つ星で天ぷらの名店として有名なここです。

行ったのはラファエロ展の後で、上野駅まで歩きながらまず電話。
12時を回っていたし、まあ予約は取れないだろうけどiphoneならワンクリックだもんね。
ダメでもともと、イッパイなら○○に行くという心積もり。
なんとOK!ラッキーでした。

席は息子さんの方。
付いたら最後の一組で、前回、ミシュラン店鮨屋はホステスと同伴男性が多いと書いたのですが、天ぷら屋さんはここだけでなく健全そうなカップルが多いよね。
私も妻とでしたが、今回も同席した4組が全員カップル。
そしてみなさん妖しそうな雰囲気はありません(笑

話がそれるのですが、ミシュラン店の客構成は男女比まず1:3以上です。
女性が圧倒的に多い。
その中で最も男性比率が高いのが天ぷら店ではないか?
女性はより鮨であり、男性はより天ぷらである。
この仮説はどうでしょう?

話を戻しますと、このお店は評判通り野菜の天ぷらが至高です。
海老も魚も出るのですが、アスパラ、蓮根、なす、椎茸なんて私の嫌いな食材まで、このお店のはみんな実に美味い!
厳選された素材と究極の調理ですね。
衣が軽いので、途中、限界になった妻の分まで一部食べたのですが、まったく腹にもたれない。
見事な天ぷらでした。

ただ私のような者が言うのもなんなんですが、息子さんはもうちょっと明るい雰囲気の方がイイんじゃないか?
充分美味しく揚げる腕、すでにお持ちじゃないですか。
もっと天ぷらの近藤というブランドに誇りと自信を持ってイイ。

ラファエロ展で私はRという刻印があるコースターとカード入れを買いました。
普段、コースターなんて見向きもしないのに、なんで飛びつくように買ったかというと、ラファエロだからです。
ラファエロだったら買うんです。
ラファエロのRという文字が入っていたらそれは究極のブランドであり、このコースターを使いたいと思わないわけにはいかない。
天ぷらの近藤だって似たようなモノでしょう。
俺は天ぷらの近藤の後継者だ!
これでイイじゃん。
ラファエロの絵も近藤の天ぷらも名前だけじゃなく、実際に素晴らしいんだからさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2013

安室奈美恵newCD!Big Boys Cry/Beautiful@神よ、何故、お姿を見せてくださらないのですか?

安室奈美恵の新曲です。
Big Boys Cryは冒頭、笛が印象的に響く、どことなくカリプソっぽい曲です。
かつて奈美恵先生が憧れたジャネット・ジャクソンが思い起される感じもあります。
蒸し暑かった夏の日の夕暮れ時などに、クルマの幌を開け放ってのんびり走りながら聴きたいと思わせる佳曲ですね。
Beautifulは美しいバラードで、切々と訴える歌詞に思いが深まります。
両方とも安室奈美恵の歌唱力が素晴らしいです。
安室奈美恵はライブやMVが凄すぎるので、歌唱力に言及されること、翳んでしまうのですが、どんな時にも一切狂わない音程とか、陰影に富んだニュアンスなど超1流のレベルです。

さて、今回の記事、なんとなくいつもの熱狂が欠けているのは、そうDVDが付いてないから・・・
な、ん、で、つ、け、て、く、れ、な、い、の?
MVなしとか最初信じられませんでした。
Damageも結局、配信だけだったし、何故に最近はお姿を記した作品を売っていただけないのか?
次のアルバムまで待て、ということなのでしょうか?
それならそれでも良いのですが、どうかDamageはメイキングビデオも付けてよね。
この映像が配信だけで終わるなんて芸術上の悲劇ですよ。

安室奈美恵が現場でいかに真摯に、スタッフに気遣いながら作品を創っているか分かる映像です。
はにかんだ笑顔から人柄が伝わってくるようで、私はこの動画大好きなんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2013

ラファエロRaffaello大公の聖母展@後の基準になったのはラファエロなんだよな&優雅な画家の優雅なグッツ

国立西洋美術館で開催されているラファエロ展に行ってまいりました。
晴天でも平日なら混雑も少しはマシかなという目論見でしたが、まずチケット売り場には長い列。
日本人なら印象派とフェルメール。
ラファエロといえどルネッサンスは人気上、対象外と思ったら最近は違うのか?と恐れるも、列はあっという間に解消。
展覧会の入り口も混雑はなくスムーズに入場出来ました。

で、まず駆けつけたのは、今回一番の売りである「大公の聖母」ですが、確かに優美であり、至上と言える作品で、これほどの絵画はそうそうないであろう。
でもラファエロの聖母といえば「小椅子」だよね。
この辺、芸術というのは残酷です。
一番と二番では圧倒的に感動が違う(二位じゃダメなんだよ)
それから音声案内の出来がイマイチでヴァッザーリの画人伝からの引用が少し恣意的過ぎる・・・
スミマセン。
画人伝はベットサイドにおいてたまにめくっている愛読書でね。
気になりました。
どう気になったかと書くと長くなるので控えます。

他では有名なラファエロの自画像が見られたのは収穫でした。
美術の教科書では必ず載っているのあの黒い帽子の長髪のヤツですね。

他では「エリザベッタ・ゴンザーガの肖像」が良いです。
モデルの女の人があんまり美人じゃないけど、絵画に宿る芸術性は間違いなく高い。
後半の見所は「友人のいる自画像」で、その荘重なる神秘性、謎を問いかける二つの視線。地味ですが、本当に目のある鑑賞者なら、楽しめます。必見です。
「エゼキエルの幻視」は、ラファエルの芸域の広さを物語っていますね。
そう、後にルネッサンスの基準として語られるのは、ヴァッザーリが崇拝したミケランジェロでもなく、ダ・ヴィンチでもなく早逝したラファエロだった、ということですね。

ラファエロ系列の画家も色々来ていますが、中ではジョルジュオ・ロマーノがおススメでしょう。
ラファエロ以外では一番良かった。
当時の巨匠の一人なんでお見逃しなく。

ミュージアムショップでは図録の外、クリアファイル二枚(絵柄が二種類あると思ったら裏表だった!みなさんは一枚でイイと思います)、ミニ・クリアファイル1枚。飲み終わった後も缶が素敵な紅茶。
Rの文字がカッコイイコースターとカード入れを購入。
イタリア物が好きならお近くに寄ったおり、一度覗きに行っても良いでしょう。
Tシャツがなかったのは残念でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2013

ポール・デルヴォー展―夢を巡る旅―綾波レイを教えたかったポール・デルヴォー

ポール・デルヴォーは好きな画家なのですが、展覧会はすでに何度も行っているし、他の機会でも結構見てるしね。
今回のー夢を巡る旅展―もやっているのは知っていたんですが、新鮮味が感じられず、どうにも腰が重かった・・・スルーかなあと思いつつ、こういう機会を逃すのもね。
はるばるベルギーから来ているのは確かなんだしってことで、行ってまいりました。

北浦和駅で降りたのは初めてでしたが、埼玉近代美術館は駅からは近いし、公園の中にあってロケーションとしては最高ですね。
こういう場所が豊富にあるのが、国の豊かさ、というものだと思います。

この展覧会はまず初期の印象派風の絵が結構見どころ。
陰鬱で寂寥の感が強く立ちあがっていて、あの画風が確立される前であってもやはりデルヴォー、ただものではない感がある。
絵画はゴーギャン風あり、ドラン風あり、ロートレックみたいのもあるしモネ風味のものありと、色々迷った感じが分かるのですが、どんなカタチであってもそれなりの訴求力がある。

そしてメインは古代遺跡の中に佇む人形のような女たちの絵になるのですが、白眉は「夜明け」ですね。
もっと大型の、新しい時代の作品も多々あるのですが、この作品が一番魅力的でした。
出す方も分かっていて「夜明け」はクリアファイルやらトートバックになってました。
それにしても凍結した時間の中で冷たく瞳を開いたままに沈黙する女性像を見ていると、この画家に綾波レイを教えてやりたかったと思います。
ポール・デルヴォーなら綾波レイ、どう描いただろう・・・
ポエティックな解釈、お待ちしたかった。

ミュージアム・ショップでは、クリアファイル二枚に「夜明け」のトートバック。図録に澁澤龍彦著「世紀末画廊」「夢の宇宙誌」「幸福は永遠に女だけのものだ」の三冊を購入。
なんのかんのいって楽しかったな。
好みの画家というのはやはり悪くない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2013

Namie Amuro5大ドームツアー20thBD+二枚組CD@男が漢に惚れる時

前記事で書けなかった諸々
1)MCしてないのを気にしていたんだ@男が漢に惚れる時
今回のライブで一番意外だったのがこのことです。
ゴメンね、なんて頭下げてる。

私はアルバムPLAYで驚かされた後も、生だとどうかな、と疑問はあってね。
ライブ会場は、ミュージシャンの実力がまる裸になる恐ろしい場所なのを知っています。
まあダメでモトモト、1回位なら可愛いしイイや思って行ったBest Fiction Tour.
Do Me Moreから始まったそれは、いきなりフェラーリF1のエンジンを全開にしたような勢いで、しかも何曲やってもまったくテンションが落ちない。
ずっと全開、ありえないほど高いレベルを保ったままのライブに圧倒されて1時間半ほどしてはっと気づいた。
MCがないのだ。
その瞬間の驚き。
湧き上がってきたのはひたすらの敬意でした。
凄い・・・
良く上目線というけど、その時私に芽生えたのは見上げるような感情。
映画に例えると高倉健を慕う三下俳優みたいな気持ちでしょうか。
男惚れってのに近い・・・でも安室ちゃんはMCをしないことを気にしていたとか、人間の気持ちって分からないよね。
MCなし。なれあいなし。
安室ちゃん自身が、観客と自分とのどこまでもハードボイルドな真剣勝負を望んでいたんだ、と思っていたから驚きました。
もしかしたら安室ちゃんって女の子なのかもしれない・・・


2)ライブの映像に映る女性ファン
実際に行っていたのですが、アリーナかなり前方席では一列12人の中で男性は1人か2人です。
女性ファンが圧倒的に多く、熱狂が凄い。
男性ファンは私を含めて大人しい人が多いんですが、女性ファンは一般に賑やかで、中にはとんでもないテンションの人がいるんだから。
何故女性たちは安室ちゃんが好きなのか?
この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたんですが、この余白はそれを書くには狭すぎる。

3)解析せよ!身体能力
2時間半、30曲ぶっ通しで歌って踊って最後までケロッとしている安室先生の身体能力。
どうなっているんでしょうか?
平常時の心拍数とか最大酸素摂取量とか知りたいよね。
ミトコンドリアとか赤血球の解析もしてみたい。
というか、安室ちゃんの遺伝子は一度じっくり分析させてもらった方がイイ。
アマゾンの奥地に植物とかキノコの特効薬を見つけにいくより、安室奈美恵の遺伝子を調べた方が不老長寿、底知れぬスタミナ、鋼鉄の意思を持つ秘密に近づけるよ。

4)安室先生の言っていることが分かった
BD、3回観てやっと分かりました。
今回のライブも素晴らしいのですが、観れば観るほどなんだか今までと違うんだよ。
何が違うんだろう・・・
演出の光が明るい・・・それだけじゃない。
箱がデカイ、ステージのセットもデカイ・・・それだけでもない・・・笑顔が多い・・・ダンスがリラックスしていて、白刃を渡るような厳密さがない・・・そうか曰く、「今回はお祭り」、「ファンのみんなに楽しんでもらいたい」云々って言っていたよね。
何気なく聞き飛ばしていたけど、要はそういうことなんだ。
言葉通りに実行したんだ。
言ったことはなんでも必ず実行する。
有言実行の女、ということですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »