« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

July 29, 2012

スポーツで楽しむアメリカ英語 斎藤文彦@慣用表現覚えるなら良書

恥ずかしながら英語が苦手・・・
In this day and ageにおいて、不味いよね。

学問するなら日本語で学べば問題ないでしょうに、と若い頃思っていたんですが、まさかこんなout of blueになるとは、みなさんはdon` try this at home

なんがルー語みたいな記事になってますが、この本に載っているexpressinとidiomを使ってますので、どうかread between thelines
結局、人生はshow must go onなんだから、英語の勉強もinstestinal fortitude

あーやっぱりダメだ、記事にならない。
でも発音の仕方の表記も親切だし、アメリカ人並にスポーツ観戦が好きだ、という方には、例文のレベルも適切でおススメの1冊だと感じました。

この本を読んでEnglishのstudyをすれば、dog-eat-dog worldにおいてmoonlightingしている貴方もいつしかbring down the houseを浴び,in the limelightとなり、気分はfeel like million dollarsだと思うよ。
そうなってもthrow your weight aroundにはなるなんて、say it ain`t so!
もっと続けようと思ったけど、やっぱり疲れたのでヤメ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2012

987型ポルシェ・ボクスターPDK2011年式@ポルシェはひたすら真面目なメーカーだった件

まだ走行150キロ位しか走ってないんですが、乗って最も感じていることは、ポルシェというメーカーの生真面目さです。
細かいこともおろそかにしない。
完璧なクルマを追及するけど、過剰な演出はしない。
むしろBMWの方が遊び心、というか、媚とも言うべき色気がありますかね。

ミッドシップの2座席オープン・スポーツカーという、一番の娯楽カテゴリーなのに、エンジン音が勇ましいのは、掛けた瞬間と、アクセルの踏み始めだけ。なら物足りないか、というと、PDKは完璧というしかないミッションだし、なんと行ってもハンドリングが素晴らしい。
私にとってのベスト・ハンドリングカー確定です。
私のミッドシップ初体験は、フェラーリ328GTBで、実はこのクルマ、公道上で2回スピンさせている。
最初は雨の日で、滑るのでオモシロイから滑らせていたら、あっという間に後ろを向いた。
二度目は下りの山道で、キャッツアイ踏んで、これまたアッという間。
ミッドシップ恐るべし、と心に刻まれたので、はるかにパワフルな360スパイダーとか、コーナーではおっかなびっくり乗っていたんですが、ボクスターならやれる(笑
強固なボディがもたらす一体感と、ミッドシップならではの軽快な回頭性。
さらにボクサーエンジン独特の低重心感覚は、私にとってのミッドシップカ―の印象、一変させました。

唯一残念なのは、幌を開けて乗ると170キロ超え位からバタつく風の音で、ちょうどシートの背後位の場所から猛烈に音がする。
単なるオープンでなく、スポーツカーとして乗るんだから、フルオープン230キロ位を予定していたんですが、これも安全策の一環なんでしょうか?
最初に走った時、サンバイザーを上げていたので、そのせいか、とも思ったんだけど、今日降ろして乗っても煩かったです。
ま、ゆっくり行きますかね。

後、ボーズのサウンドシステムが付いているんですが、これは個人的に考えものです。
私はカーオーディオの音質、こだわらない方でね。
だって、幌開けて乗っていれば、路上の騒音入りまくりでしょう。
関係ないよね。
あんまり良い音で、安室奈美恵ならまだしも、ゴーゴー、レッツゴー、アダルト、あはん@おとなのはじまり、とか、さすがにちょっと・・・うん、恥ずかしいよ・・・ミルキィとかロウきゅーぶのOP,ED曲、どうしようか、と言いつつ聴くけどね。
音小さくして、特に交差点ではね。
そうでないと、
When I listened to anime songs loudly in my car, pedestrians turned to look.
ってことになりかねない。
唐突に英文が出ましたが、出典は、分かる人には分かります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2012

ロンドン五輪日本代表、スペインに勝利@別のスペクタクル、文句のない偉業

先日、終わったばかりの2012ユーロ
スペインは強いと思っていましたが、大会前に、優勝を断言することは出来なかった。
規格外のメッシがいないことは仕方ないものの、ビジャまで欠けている。
サッカーはパス回しを競うスポーツではなく、ゴールを揺らしてなんぼのモノ。
果たしてフィニッシャー不在で、トーナメントを勝ち抜くことは出来るのか?
疑問だったのですが、終ってみればご覧のとおりで、まさに異次元。
あのイタリアすら改心させたスペインサッカーは、サッカーというスポーツのありかたそのものすら変えてしまうのではないか、と思いつつ、8月のシーズン開幕を待っていたのですが、そのスペインに日本は勝った。

それもマイアミの奇跡の時のように、たままたという感じではない。
内容も圧勝という出来だった。
もしボクシングのように判定があったとしても日本勝利は揺るがなかった。
内容に置いて勝り、得点でも勝った。

スペインにパスは回させど、強固なブロックの中に入れず、いったん攻守が変われば、一気呵成の怒涛の攻めはスペクタクルでスリリング。
退屈な引き籠りカウンター狙いとか、ロングボールのパワープレイとかではなく、速度とイマジネーションに満ちた、スペインとは違う意味での素晴らしいフットボールでありました。
やったぜ、ニッポン!
今回の五輪代表チームの一番の目標は五輪ゴールドメダルであること、言うまでもないことですが、昨夜の一時だけでも素晴らしい。
まずは非常に満足した一夜の喜び、どうもありがとう、と代表チームの面々には申し上げたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2012

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 宮本恒靖@代表選手だったが故の具体例に満ちた

気が付くとサッカー観戦、戦術論に関する本、何冊読んでいるでしょう。
ボクシングの見方とか、テニスの見方の本って、あるにはあるんだけど、少ないですよね。
人気の差、と言えば言える面もあるんですが、やはりサッカーは極めて流動性の高いボール・ゲーム故に、分からない、と感じさせる部分があり、一部の人の知りたい、という願望、強く刺激するのだと思います。

この本は、長らく日本代表のキャプテンを務めた宮本恒靖さんが、選手目線で書いた観戦術です。
嬉しいのは、ついこの間まで現役だった方故に、例として出される試合の記憶が生々しこと。
取り上げられる選手もみな現役で、フレッシュな方々だということですね。
内田選手と長友選手の比較なんて参考になりました。
それからコーナーキックでのポジショニングについての件。
壁の造り方の具体例。
パスを出す時の選手の間の距離感。それ故のスピードがもたらす影響について。
遠藤保仁選手の止める巧さ。
トルシエJapanが何故、Wカップでのトルコ戦では覇気がなかったかの謎ときとかオモシロかったです。
レフリーをリスペクトし、人間と人間として付き合うことの必要性とか、実際の生活の上でも応用が効くことじゃないでしょうか。

ただ外連味のないこの方らしく、文章が淡々としすぎているのが、読んでいてちょっと物足りなく感じることがありました。

宮本さんは、これからFIFA大学院に行くそうですが、世界と渡り合う時は、もう少し灰汁があっても良いかもです。
中国のアジア大会での交渉を見れば余計なお世話かな(笑
日本サッカー界には優れた選手、必要な事、いうまでもないですが、優れた指導者、大局を見られて、海外とのパイプもあり、交渉も出来るという組織トップにも優れた人材が必要です。
宮本恒靖さんには、是非、そうなって日本サッカー界の発展に寄与して欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2012

映画 けいおんPart3@細部に感じた諸々

はいはい、映画けいおん記事、3部目です。
えーと、今5回目の鑑賞中@PC仕事の傍らで、です。
この映画はストーリーでなく、キャラクターを楽しむ映画なので、幾らでも観られます。
今日は映画の中で感じた細々したことを以下諸々書いてみます。

1)飛行機に乗って窓閉めて寝て、途中に起きて窓開けて夜明けに見惚れる
あるパターンですよね。
ホテルに付いた初日も変な時間に寝たり起きたり寝ぼけたりしているのも海外は欧州ならでは・・・って感じ

2)バゲッジ・ロスト・・・私もメキシコでやられたので生々しい。これをビビリ屋の澪ちゃんに起こしかけたのはアイデアで、後の伏線にも出来た。
やっぱりロケハンの効果でしょう。

3)とりあえず唯と律ちゃんの英語はヤバイ
私も英語、かなり自信ないんで大きなこと言えないんですが、とりあえず唯ちゃんと律ちゃんの英語のレベルは不味い・・・N女子大でしたっけ・・・
女子大の没落言われてますが、ま、勉強してなかったからね。
ムギちゃんの「速いわ」は、ネイティブ独特の単語繋がり発音のせいだよね。澪ちゃんのヒアリングはOKでした。

4)ジミヘン、ジミー・ペイジの家に行きたい、デビット・ボウイの家も、と名前のでる澪ちゃんは本格派のブリティッシュ・ロックファンですね。
以上3人は、私の好みのど真ん中でもありました。
彼らは単に優れたミュージシャンであっただけでなく、新たな音楽を創り上げた開拓者だったよね。
となると今なら澪ちゃんには安室奈美恵をおススメしたいです。

5)自由行動で、初日に食事に不自由するのもありがちだよね。
部屋で飴食べてんは女の子ですが、これもあるパターン。
やっと現地に着いたという安心感もあるし、速く色々見たいという焦りもあり、はっと気づくとレストランは全滅・・・コンビニもそうそうないと。
なんか思い出蘇る・・・

6)ロンドンのホテルはアイビスでなくイビスだった・・・六本木のホテルアイビスは一時勉強会に通っていた頃、愛用してまして・・・へえ、ロンドンにもあるんだ、と、チェーン展開しているホテルなのかな、と思ってました。
私のヒヤリングも危なっかしいね。
あ、泊まっていたのは六本木のホテルでも、夜は部屋で、「フランダースの犬」@岩波版読んで泣いてました。
この辺りの感性が、今のアニメ好きにつながっているのか、とも思いますけどね。

7)呑み会でロンドンまでのマイルを貯めてしまうさわちゃんは今後が心配
かなり飲まない溜まらないんじゃ、という疑惑。
そんなに呑んでばっかりだとなおさら縁遠くなるんじゃ、という余計なお世話の気持ちが若干出てこないわけじゃない。


8)クラス会ライブで、机から飛び降りる唯はやっぱりスター
教養という点ではメチャクチャな発言を繰り返す唯ですが、クラス会最後のライブ、U&Iの途中、机から飛び降りてギターを弾きながら歌う姿は、やはり素晴らしいトリック・スターとしか言えない。

9)京大に行った和ちゃんは、かがみと友だちになれるか?
共通の困った友人、こなたと唯ちゃんの話で盛り上がれるか?
ムギちゃんとみゆきさんは友だちになれるのかなんてことが気になります。
つかさは誰と親しくなるだろう・・・こなたと唯のトリック・スター同士はどう反応するんだろう、なんてことも考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2012

映画 けいおん@砂糖菓子の中で見る夢

観客がこの映画の中で観るものは、「ひたすら可愛い女の子たちの、純粋な好意100%の世界」
それ以外なく、それ以上もない。
この映画には嫌なこと、生きる上での重たいものは一切ない。
安楽さ、心地よさだけの純粋培養の世界で、観客はただそれを傍観し、浸りきる。
この映画、チケットを専用の紙に貼り付け、3枚貯まるとフィルムと交換というキャンペーンをやっていて、アンチオタクのみなさまには疑義を呈せられていましたが、ファンが何度も通ったのは、ストーリーにすら意味がないから。
この映画のファンが観ていたのは、可愛らしい妖精たちの夢だから。
その心地よい時間を共有していたから、共有したいから、何度も何度も通ったのだ。

こういう映画に通う観客は、負け犬とか現実に女性にモテないオタクとか思っている方がいるとしたら、新たな時代に誕生した、新しいジャンルの映画の鑑賞法を知らないだけ。

戦争映画が好きなら戦争賛美者。
アクション映画好きなら暴力主義者。
サイコ・ホラーの映画なら殺人淫楽症ということはないでしょう。
我々はみな映画館の中で夢を見る。
この映画は、「絵に描かれた女の子」の、思いやりに満ちた気持ちと優しい行動を通して、自分の気持ちを浄化することを楽しみとする作品なんです。

ラスト、キャラクター全員が眠っているシーンで終わったのは象徴的でした。
これは甘い砂糖菓子の中で紡がれた一編の夢。
だからこそ妖精たちの微睡で、映画は終わらなくてはならなかったんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画けいおん!report1@届いたぞ!特典映像の山田尚子監督が可愛い過ぎる

映画けいおん、BD本日昼前に届きました。
この夏は安室奈美恵のuncontrolledとコレだったので嬉しいです。

今、PC横で掛けながら記事書いてますが、映画好きならまずは分厚い(びっくりするようなボリュームの)絵コンテ集、楽しいと思います。
PC仕事が一段落したら、じっくり見てみたいですね。
ああ、映画ってこういう風に撮るんだって知的好奇心、満足させてもらえますよね。涼宮ハルヒの脚本集とか、本格アニメのDVDは映画好きの喜ぶオマケ、多いと思う。

それから特典DVDに、山田尚子監督のロンドンロケハンの映像が30分ほど入っているんですが、ホントに可愛い。
ルックスも可愛いけど、しぐさとかしゃべり方まで可愛くて、大人の街ロンドンで動いていると、リアル梓ちゃん状態じゃないですか。
最初、あんまり可愛い女の子が出てきたので、てっきり専属のレポーターかと思ったほど(笑
監督本人がこのレベルだったとは驚きです。

本編の方はまた改めて記事を書くと思いますが、冒頭のデスデビルの真似っ子シーンはやはり素晴らしいよね。
今度、こういう音楽性でもやってくんないかな・・・
みんながデスメタル方向でノリノリの演奏シーン、カッコ良いです、やっぱり。
それからトランクに乗せられて運ばれる梓ちゃんのカットは、アイデアの勝利で秀逸だと思います。
こういうのカットを撮れるのが、監督のセンスですね。
残念だったのが、山田監督のおっしゃっていた、ホームズ館のエピソードとか、怪奇の館の話もやって欲しかったこと。
まあ、滞在3日で尺的に無理だったのは分かりますが、それなら大学に入ってからのスピンアウトでイイじゃん。
どんどん作って映画公開して欲しいです。

ps
今期アニメはじょしらくのギャグが本気でオモシロイ。
でもキャラクター・デザインがイマイチなのが残念。
ココロコネクトもオモシロそうなんだけど、まだ録画した二回目見てない。
織田信奈の野望は二回目も期待を裏切られることなかった。
あー夏はやっぱり萌えアニメだね。
ホラーに勝ったな、萌えアニメは。
さて、ローソンでお茶でも買ってくるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2012

哥利歐ゴリオ@一生に一度!イグアスの滝を見るような気分で食す

ミシュラン店シリーズです。
今回はステーキ屋さん。
このお店の注目は、なんと言ってもお値段で、サーロインステーキ1枚で3万円!(笑
よっぽどお金の捨て場所にお困りの方、御用達って感じですが、美味しさも本物という評価も高いので、ま、一生に一度のことと行ってまいりました。

小さなお店で到着したのは、開店10分前だったのですが、早めに入れて頂きました。
肉の説明をしてくれる年配の給仕さんが、ベテラン風味で好感度。
で、肝心のお肉ですが、私は何を食べたのでしょう、というのが感想です。

これはいわゆる普通にイメージするサーロインステーキではない。
サーロインなのに脂身はまったくなく、ただ表面にわずかな焦げ目がある350グラムの肉の塊。
それは美味しいステーキという概念を超えた、肉の旨味だけのエッセンスを凝集した何かだ、としか言えない。
調味料は塩と胡椒のみ。
ラーメンとかだと胡椒、ぶっかけまくる私が、まったくその必要を感じなかった。
今思いだしてもそれは麻薬的な何か。
旨いモノを食べたいという人の執念が凝集し造り上げた何か、としか言えない。

有名フレンチとか懐石のお店で、メインにステーキ良く出るでしょう。
私は結構、食べている方だと思うのですが、ここのステーキは別次元。

最初は一生に一度、イグアスの滝を見る気分で行くのさ、と思ったけど、今後よっぽどお金が余ってしょうがなくなったら、あるいはミシュラン店全て行き尽くしたら(笑)また行きたい第一候補ですね。
世の中って広くて深いよ。
技と素材の行き着いた場所には恐ろしいモノがある。

ステーキ以外にビール、トマトのサラダ、温野菜をつけてお支払いは37300円なり。
お高いけど、究極の体験代だと思えば安い!・・・かな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2012

フェルメール真珠の耳飾りの少女@見に行く前に言っておく!あ・・・ありのまま今朝起こった事を話すぜ

9:30開場だと言うから、9:05には上野駅から東京都美術館に向かったら、遥か手前に人がたくさん並んでいた。
開場前に並ぶ人間がいることは予想していたが、こんな場所まで列が来てるなんてありえないと思ったら、フェルメール展狙いの人々だった。
列の最後尾について、どの位並びますか、と係の人に聞いたら、10-15分位だと言う。
開場時間は9:30でしょう、と言ったら、もう今、開けました、と言われた。
9時の繰り上げ開場をやっているようで、現実に対応している都職員乙だったが、これはマウリッツハイス美術館展、普通にゆっくり見ていったら、真珠の耳飾りの少女の前は大混雑だろう、と予想した。
延々列を並び続けやっと開場入りしたので、普段なら必ず使う音声案内も無視して、ひたすら真珠の耳飾りの少女の前に向かう。
列には並んだけど、口開け一番の入りだし、多少は混雑していても、これなら大丈夫だろう、と思ったら、なんと真珠の耳飾りの少女の前は蛇行する列に区切られ、もう並んでいる人でイッパイだった。・・・何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何をされているのかわからなかった・・・

結論
1)日本人はフェルメールが大好きであって、アート、というか芸事は結局、winner-take-allであって、フェルメールの真珠の耳飾りの少女は、スーパースターなのだ。
よって、見に行くならムチャクチャ混んでいることを覚悟しないとならない。

2)日本の二次元文化は少女趣味とか色々言われるけど、今回来ているレンブラントやら、ルーベンス、ヴァン・ダイクとか素晴らしい技量である。
それでもそんな絵の前に、ちっとも人がいないのは、オジサンを描いているからだよね。
描くなら美少女。
古今東西を問わず、それが真実かも。

ミュージアム・ショップではTシャツ1枚とクリアファイル3枚と図録を購入。
企画展ではTシャツを買え、と何度も書きましたが、クリアファイルもイイです。
持って歩いて綺麗であって、感性とインテリジェンスをアピール出来る。
ウチにあるクリアファイルは萌え系アニメキャラとアート関連で、他人の目に触れないとこはアニメキャラ系、よそに出す時はアート系を使用してます。

仕事上、大事なファイルは、和ちゃんとか、マリ@エヴァとかしっかりしていたり、ファイト満々のキャラのを使うと縁起がイイ感じ。
だから律ちゃんのファイルとかは買わない。
いい加減になりそうだからね。
こんなことにこだわっていて、感性もインテリジェンスもないものだけれど・・・

10時過ぎに会場を出たら、炎天下、外に並んでいる列は伸びに伸びて、もう最後尾はどこなんだか・・・
催眠術とか超スピードとかそんなチャチなものじゃ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。
俺は公園Caféでビール飲んだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2012

さようならBMWZ4E85型2.2@もうこれで充分なオープン・スポーツカー

2年に満たないおつき合いでしたが、E85型、BMWZ4,2.2。
お別れです。
非常に良いクルマでした。

このクルマに替えた直後に印象的だったのは、コンビニやらガソリンスタンドで、幾人かのオジサンに良いクルマですね、と声を掛けられたこと。
フェラーリやマセラティではなかった体験でした。
ボディが小ぶりで、親しみやすいクルマだよね。
外観と同様、中身の性能も社会的適合性が高く、170psのパワーは必要にして充分。
幌を開けてオープンにして、高速で流れに乗っていて前が空いたら全開で、150,60までは一気。
そこからはアクセル床まででも、190に行くには少し時間が掛かるんだけれど、オープンで乗っているんだから、充分だよ。
そんなZ4,2.2は、何故かクルマ好きの方々からの評価はイマイチで、あれはスポーツカーですか、とか、退屈なクルマでしょ、なんて言われました・・・
みんなアクセル床まで踏んでないんじゃないの?
そうでないなら過剰性能、過剰スペックに慣らされていて、目が曇っている。
キチンと普段からアクセルを踏んでいれば、このBMW製のストレート6は、小排気量エンジン独特のスムーズさを見せて、社会的にも許される範囲の咆哮と共に懸命に走るよ。

今日も仕事の後、高速を走ったのですが、バックグランドミュージックは安室奈美恵のuncontrolledがピッタリとハマる。
1曲づつ感想を書いていたけど、全体を通して聴いても最高のアルバムだし、このクルマで聴いているのは気分がイイよ。
それからblack lagoonのRed Fractionをローテーション
・・・なんで日本のアニメってこんなにcoolな曲を作れるの?

一緒にHDDに落とすんで、某有名海外ヘビメタバンドの傑作とされるCDも聴いていたんだけど、はっきり日本チームの圧勝。
ま、クルマも音楽も好みは人それぞれってことでお許しを。

さあ次はポルシェのボクスターと決まりました。
オープン・スポーツカーもこれで5台目。
納車はまだ先なんで、インプレッションはまたいずれ。
あ、だからまだもうちょっとZ4には乗ってます。
しかしこの3年でクルマ4台目。
ちょっと買い過ぎで、しばらく自重ですね。

ps
上記、記事、一部問題になる発現含んでますが、ネトウヨなんで、みんなネタです。ホントは免許も持ってませんから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2012

大津イジメ事件はうんと騒いだ方がイイよね@今現在もイジメで命の危険がある子がいるんだから

大津市皇子山中学の自殺事件は、その詳細を知るほど、慄然とするものでした。
被害にあった少年とその家族の孤独、苦しみはいかばかりだったでしょう。

教育委員会から校長まで、組織的かつ徹底的な隠蔽と、情報統制、警察までが被害届不受理という、なんだか昔のアメリカン・ハードボイルド小説を思わせる話。
それは暴力の無法地帯だった、ということです。

担任教師の対応は、教師としての資質という段階を超え、正気の沙汰とは思えず、教育長がまた凄まじい。
言いたいことは山ほどあるんですが、とりあえず、この自殺事件は絶対に風化させてはならない。
何故なら、今現在も、日本中に卑怯なイジメを受けている子は沢山いるんで、こんな所業でさえ、無罪放免となるならば、今後は、悪鬼羅刹のやり放題が認定される、ということだからです。

愛知県蒲郡市では9人の生徒が「自殺に追い込む会」をつくり、宮崎県西都市では溺れさせられる動画を撮られるという事例だって、今回の騒動がなければ事なかれ主義で、闇から闇だったのではないか。
そしてそんな子は、もっとたくさんいるはずだ。
今、苦しんでいる彼らの声なき声に救いの手を差し伸べる意味で、ネットはさらに沸き立たないとならない。
かつてのアメリカン・ハードボイルドで隠されるのは、黒人を殺した白人の犯人というのが通例だけど、今の日本の普通の市民には味方は誰もいない。
警察がしたがる仕事は、簡単で実入りのイイ、交通取り締まりだけで、面倒事には基本的に知らんぷり。
校長も教育委員会も事なかれと、何やら知れぬ裏からの差配の前には絶対に腰を上げない。

校長が泣きだしたとか、市長が涙ぐんだとか、自殺事件は去年の10月ですぜ。
緊急救済委員会が立ち上がったそうだけど、こんな時期にやっと出来るなんて、それは徹底隠蔽委員会であり、加害者&職務放棄者救済委員会としか思えない。
教育者として綺麗ごとを並べ立て多額の禄を食み、いざ騒ぎになると被害者を投げ捨て、生徒たちには緘黙通達。

格差を言い立て、弱者救済を叫ぶ団体は、今回のことではいつものようにダンマリ。
アフリカ飢餓関係を持ちネタに、募金を募り続ける著名人もダンマリでした。
日本人を救わない慈善団体が日本には多すぎるよね。

さあ。
来週も電話でメールでFAXで、関係各所、つき合いのある政治家たち、つきあいなんてなくても地元の政治家先生たちに事情をお聞きしよう。
怠慢が染みついた警察の、行政の尻を蹴飛ばし、彼らの職分を果たしてもらうのです。
貴方が普通の日本人だったら、これは他人事ではない。
明日、それは貴方自身や家族に振る掛かる火の粉、ならぬ炎かもしれない。
だから、普通の日本人は、ここで引くわけにはいかないんだよ。

今回は新聞ダネにもなり、テレビの方も動いているようです。
信頼を失ったマスコミは、この事件への取り組みが大きなチャンスであることを重々承知するべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2012

重力とは何か 大栗博司@超1流の現役学者が書いた超1流の入門書

先日、世間はヒッグス粒子発見か?のニュースで湧きたちましたが、素人量子力学マニアの方々は、如何感じたことでしょうか?
「神の粒子」なんて二つ名があるせいか、随分持ちあげられてましたが、マスメディアの反応、トンチンカンな記事も多かったよね。
そもそもフェルミオンとボソンの違いが分かっているのかと、問いたい、と思った方、多かったと思います。
素人にとっての量子力学の難しさは、理論ではなく、基本的に覚えることが多いってことです。
ぱっぱと3行で説明せよ、ってのは無理。
本を読みこんで、基本的は構造を紙に書いて頭に入れる。
話はそれからだ、というのが量子力学。
背景となっている理論がとてつもなく難解なのは当然ですが、それと格闘するのは、専門の職業学者さんたちで、我々はその上澄みをすくうだけ。
それでもちょっとは勉強まがいのことがいるって話で、それならこの本は最もおススメな1冊です。

文章が特に読みだしの辺り、多少重い感じがあるのですが、読んでいると、ともかく分かりやすい。
何故、こんなに分かりやすく書けるのか、といえば、著者が現役で世界の最先端で活躍してるからです。
あらゆることが一次情報で、また聞きの勉強ではない。
この世界の、さらにまた世界でも最先端の研究に、実地に参加しているから、同じ内容について書いても説得力のある文章になる。
今までの量子力学本で、もやもやはっきりしなかったことが、非常に明快になります。
比喩の仕方も巧みで、それは著者のイマジネーションの豊かさを感じさせ、理論物理学者としての才能も暗示していますね。

ps
不確定性原理とハイゼルベルグの不確定性原理、ごちゃになってませんか?
さらに不確定性原理となるのは測定限界のせいではなく(それは分かっていた)、波は1周期計らないとダメって話だからなんだよ!
今まで知らないことも沢山勉強になりましたが、知っていると思ったことも理解が深まりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2012

織田信奈の野望@信奈になって帰ってきたあむちゃん12年夏アニメ概括

12年4-6月期は結局、ニャル子さん失速気味で、another、まどかの再放送組が最高だったわけですが、今期はどうでしょう。
氷菓は継続するようで、まずはメデタシ。
やたらに品のイイアニメで、最初は戸惑ったのですが、今は充分、魅力を理解できるようになりました。
新発組では、衰退はブラックなジョークが冴えるんですが、今一つパワーがない。
じょしらく、ゆるゆりはオモシロイと言えばオモシロイんだけど・・・けいおん、らきすた、の域に行けるか、といえば難しいかもしれない。
全体に、そんな悪くはないけれど、強烈なインパクトのある作品はないのかな、と思っていたら、織田信奈の野望、良かったです。
7月組では最終発進だったので、危うく予約撮り忘れるとこだったのですが、アニメイトで貰っていた紹介冊子が役に立ちました。
一目みて、なんとなくイイんじゃないかって勘があったんだよね。

このアニメの何よりの魅力は、私がかつて熱烈に好きだった日奈森あむちゃん(伊藤かな恵)が、戦国時代に、信長ならぬ信奈となって帰ってきたこと。
Chara_color_01
声を聴いていると、もう完全にあむちゃんとしか思えない。
信奈が転生して、あむちゃんになったんだよ。
なんでもかんでもオープンハートで、強かったわけだよ。
しゅご玉を4つも持てた謎が解明された。
あむちゃんにはなかった、黒いブラもイイよね。

さらにこのアニメ、織田信奈以外でも魅力あるキャラが揃っていて、個人的にお気に入りのキャラは
虎の毛皮をかぶっている前田犬千代、無表情系の声が似合っている。
Chara_color_03
前田利家って、槍の人だけど、なんであんな変な恰好をしているんだろうと思ったら、かぶき者だったのね。
初めて知った。

松平元康も眼鏡っ子で可愛い。
Chara_color_11
シーン、消える間際、両手を打ち付けたりして、恵まれない境遇に耐えているのが健気。しかもCV三森すずこって、シャロじゃん!
ああ、シャロまで来てくれるなんて・・・しかし、シャロとは明らかに違うキャラを演じる三森さんに比べ、徹底して同じキャラで通す伊藤さん・・・ま、一流の俳優は、高倉健とかさ、どの映画でも同じ調子だからイイのか。

明智光秀もテンション高くてツンデレが似合う。
Chara_color_08
こういう女の子に、ふんってされる青春時代に戻りたい、って思うよね。

テンポは超速く、狂言回しとなる男の子もはっきりしていて好感度。
今期最大の期待はコレだ!
これを見られると思えば、仕事もしていける・・・もうすぐ「けいおん」のBDも出るしな。
発売日が近くなったら、けいおん=小津映画論、キャラの男女論をやりたいです。
アニメはイイよなあ。
今日、もうすぐお別れのZ4でドライブしたんだけど、前半は安室様、後半は萌え系アニソンでした。
両方とも、私の心の支えでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2012

アンデウソン・シウバ、チェール・サネンの恐怖を乗り越え10度目の防衛

前回のシウバ、サネン戦にはホントウに感動しました。
シウバの驚異的な強さは、類まれな身体能力によるモノ、とだけ思っていたので、あの追い込まれて追い込まれての瀬戸際からの大逆転には、心動いた。
メンタルの強さ、というか、不屈の魂の存在を見せられた気分で、格闘技の美、ここにありとも思いましたね。
UFCは素晴らしいスポーツになったな、と思い始めたのもあの頃だったかもしれないです。
偉大なスポーツには、優れた技量、運動能力と同時に、偉大な魂の存在が必要ですよね。
それをシウバは証明してみせた、と感じたのでした。
だから今日の試合は楽しみでした。

さて今回。
計量時にシウバのらしくない行為がありました。
周囲は、連発されたサネンのトラッシュ・トーク故、と判断しているようですが、(アンデウソン自身、そう言ってますが)私は、試合開始前のアンデウソンの強張った表情を見て、アレはシウバの深い恐怖がもたらしたモノだったと類推します。
怖かったからこそ、アレが出た。
何を言われたって、シウバは試合に絶対の自信があれば、あんな安い事をする人間ではないと思う。

対してサネンの表情はいつも通り。
ヤバイ男の危険な表情そのもので、この時点では、どっちが絶対王者か分からない状態。
試合が開始されると、シウバの恐怖は適中し、シウバの打撃を恐れぬサネンはあっさりとテイクダウンを奪い、その後も延々と圧倒する。
前の試合と同じく、微々たる有利を着々と稼ぐ試合運びは、どんな小銭も見逃さずに集めてまわるしぶとい商人のようでした。
そして下になったシウバは実に、何も出来ない。
あのシウバが何も出来ないってのが信じられないが、それが1R5分間に繰り広げられた事実でした。
前回は脇腹だか、肋骨だかを痛めていたんだよ、ということで、我々はシウバの延々たる劣勢に納得していたのだけれど、それは恐らく半分だけの事実なのではないか?
それを誰より知っているアンデウソンの心と体には、サネンの恐怖がしっかりと刻まれていたのだ。
そして2R
サネンの空振りからの展開は、まさに苦闘のさ中で冷静さを保てた精神の勝利であり、文句のない黙らせ方は、技量と身体能力の勝利でもあった、と。
結論づけて良いと思います。

UFCは優れたストーリーを生み出しつつ、今、私の中では100年の伝統を誇る国際式ボクシングに並ぶスポーツになっています。
今後も大いに期待したいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2012

夜は満ちる 小池真理子@高い美意識と残酷な視線に満ちた怪談集

直木賞を獲った「恋」以降、エロスと恋愛路線を突っ走る小池真理子さんですが、その前は手練れのサイコ・ホラー作家だったこと、覚えておいでの方、いらっしゃるでしょうか。

私は大好きで、あの当時、ブログがあったなら、作品が出るたび、絶賛記事を書きまくっていただろうなあ、と思うのです。
小池真理子の恋愛、エロス物は正直ダメでね。
ホラー系統を書かなくなってから距離を置いていたのですが、本屋を渉猟していたら、久々に怪談短編集を発見、購入です。

読んでみると、この人、あいかわらず、ともかく巧い!
文章、描写に気品があり、人物造形の魅力的なこと、比類のない作家のひとりだと思います。
たとえば冒頭の作品「やまざくら」のまや、ですね。
ほんの数行の会話で、たまらないほどの魅力を出している。
そして男の方の厭らしさ。
ああ、こういう男、いるだろう・・・という、唸るほどの描写が続く。
さらには、こういう男に惹かれてしまう女性という性の、厭らしさがまた巧い。
そうして厭らしく厭らしく小説は進むのですが、読んでいて嫌にならないのは、基調となる美意識がともかく高いんだ。
いやさしさと美意識というのは、相反する要素のようでいて、手練れが描くと混淆の美が生まれるんですよね。
小池真理子にはつくづくとそう教わった。

収められている7編は、いわゆる幽霊怪談集なんですが、単に、こんなオチなら怖いでしょ、というのを超えて、男と女のそれぞれのどうしようもない性がもつれあっては堕ちていく行く悲劇の深さが読みどころの1冊でした。

私が小池真理子さんとお会いすること、一生ないと思いますが、万が一、そんな機会があっても、この人の前には立ちたくないな。
私を見て、どんな厭らしさを書かれるかと思うと恐ろし過ぎる(笑
単なる低能な悪口なら、笑って済ませられるのですが、この人の視線は怖い。
ま、実際は、私など凡庸過ぎて、視界に入らず、だとは思いますけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2012

貧困の光景 曽野綾子@身体を張る人が語る貧困の現実

JOMASという人道救済のNGOを作って、実際にアフリカなどで貧困救済活動をしている曽野綾子さんが、幾度も、場合によってはかなりの危険を賭して実地に行った貧困世界のレポートです。

私は一般の人よりは、世界の現実を知っているつもりでしたが、なんの。
曽野さんが報告してくる「現実」は、まさに凄まじい、の一言。
「人間は自分の人生で見たこともない状況を想像することは出来なくて当然@10p」
と慰めてはくれるのですが、なるほど、貧困の極限において、人はこうなるのだ、社会はかくなるのだ、ということがいくらか分かったような気になります。

日本で、私は慈善をしている、という人への強烈な指摘は、50pにあります。
栄養状態からも相当に不安のあるアフリカの少女へ、服を上げようと木箱を開けると、そこには女性用のスーツやパーティドレスが大量に詰め込まれている
「彼らは、自分の要らないモノを捨てる代わりに送り出したのだ。始末に困るものを救援物質にすれば、厄介払い出来た上に、人道的なことをした気分になれる」
曽野さんは、この現実に、聖書からイエスの言葉を引いてこう書きます
「人間が他人に与えるということは、自分の要らないものを思いつきで与える、という楽なことではなく、時に自分の命そのものをさえ与えなければならないこともある」

そして曽野さん、ご自分で危険を顧みずに行動する方らしく、安全で豊かな日本で格差社会を叫ぶ社民党党首やメディアにはかなりの苛立ちを感じるらしく、
「電気のない干ばつのアフリカ、砂漠の酷暑のアラビアで、ほんの短期間にせよ生きてみたらどうか。そして飢えに苦しむ人々に、自分の食べるパンの半分を割いて与えるという人道の基本を体験したら、どうか、ということだ@241p」

その他、アフリカで飛ぶ飛行機で働く黒人の立ち位置については、その現実について私は言葉もない。
これまた社民党議員やら、人権派弁護士の方々への感想をお聞きしたい処であり、またそのことに対し、非難があるなら、是非、それが改善された小型機で飛ぶことを日常として戴きたいですね。

最後はアラビア社会の貧困から自然礼賛主義者に向けて、
「世界には人権などという言葉が遠く及ばない強烈で残酷な自然がある。
単なる貧困は、人がそこで細々と生きることだけは承認するが、厳しい自然は、人間がそこから敗退するか、死んでからは骨になることまで要求する。それはアラビアの虚無の世界だ」
しかしその苛酷さが、ブノアメシアンの
「自然的な環境がこれほど強い圧力、これほど厳しい拘束、これほどたくましい陶酔をもって、人間という素材を駆使した所はないであろう」
とも書く。
さらにジェラルド・ド・ゴーリーの素晴らしい一節が引用され、曽野さんの次の言葉で本は締めくくりられます。
「荒野が否応なく人間を創り、潤沢がしばしば人間性を腐敗させ崩壊させるという皮肉に、私もいまだ巧く適応出来ない。」

貧困の世界の優れたレポートであるとともに、偽善の横行する日本への警告でもあり、人間という矛盾に満ちた存在への考察もある1冊でした。
やっぱり口だけじゃない人の書くことには、感じる処がありますね。

ps
アフリカでは、何故公共インフラが普及しないのか、という問いに、皆が払わないからです、とあります。
支えを失った橋は落ちる。
物理においても、実社会においても、それは当たり前の現実というものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2012

MORE8月号@男にとっての美人の価値は?&付録のトートバックはお値打ち

およそ雑誌というモノを買わなくなって幾星霜・・・
でも最近、たまに買っているのが女性雑誌。
だって安室様のお言葉(一般にはインタビューと言われている)が載っているんですもの。

でも今月、奈美恵先生が表紙を飾るのは10誌とも言われ、さすがに全部買うのは無駄な感じ。(お言葉が同じなんですもの)
そんな中で、先生のロングインタビューという、出遅れのハンデを覆す企画で勝負に出たのが、今日紹介するMOREよ。
買ってしまったわ。
「それにしても女性雑誌って、化粧品と洋服の話しかないのね」と妻に言ったら、私もこの雑誌読んでいたなあ、と郷愁の念を訴えられてしまいました。

雑誌はともかく化粧品、メイクアップ、洋服洋服・・・の記事ばっかり。
おお、美に対する女性のこの強烈な欲望よ!
これがエネルギーに変換出来れば、日本の脱原発の日も近い!
やっぱり綺麗な人が男性にチヤホヤされていると、私もって思うのだろうか?
でもね。
男として言わせてもらうと、美人な女性、確かに素晴らしいんですけど、それだけだと、ホント、単に目先の欲望の対象にしかならないだよ。
それは私がシラケているからじゃなくて、ある程度の脳細胞を持った男性はみんなそう。
人生は厳しく、美しくとも、性悪女性じゃとても長い道行の伴侶にはなりえない。
その美貌に目が眩むことがありしも、接するうちに、その内面を知るにつれ、妻になって欲しいから、とりあえず彼女で、を経て、せめて一晩になり、ま、連れてあるけるだけでもラッキー、飯を一緒に食うには保養効果あり、となる。

奈美恵先生だって、GISELe7月号の中の写真なんて卒倒する位綺麗だったけど、綺麗なだけじゃね。
この写真を妻に見せられ、「元アイドルの安室ちゃん、今は、歌、歌ってないけど、モデルで売れているだよ」、って言われても、あっそ、て思うだけだろう。
何の感慨もそこにはない。
尊敬するのは、すべてあのパフォーマンスがあってこそ。
彼女の努力、節制、才能にこそ、愛も生じるというものなのですよ。

だからみなさん、外面磨きは大いに結構。
ただ中身を振り返ることも忘れずに。
私も大いに自戒をしつつ、益体もないことを書いてしまったかしら。


そうそう付録のトートバックの出来には驚いたわ。
しっかりした縫製の上に、ファスナーまで付いていて、これなら大事なモノも落とす心配ないじゃない。
これで定価が690円って、女性がガメツイおかげで、ホントにお得なお値段なのね。
これからお出かけするとき、スマートフォンとお財布入れに使わせてもらうことにするわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2012

指数・対数(図解雑学) 佐藤敏明@数学は言語である。ならば学ぶには

前回の、「ゼロと無限」の記事で、newtonの画像に喜んでいるだけなのは、数学オタクとしてはもったいない、と書きましたが、図解雑学シリーズは、見開いた右ページ側に計算する喜びが溢れています。
素人の数学オタクはこうじゃなくっちゃね(笑

さてまず指数関数ですが、これは2の二乗、とか分かりますよね。
爆発的に増えるモノのことを指数関数的に増える、なんて言います。
では、2の-1乗って分かります?
そう、逆数ですね。
では、2の5/7乗は? √2乗ならどうでしょう?
この本を読むと図解雑学名物の「右側のページ」にしっかり計算の仕方から書いてあるので読み込み、もとい、チラシの裏側に書いて行きましょう。
まず書いてあることをそのまま写す。
それから一つ一つ意味を確認しながら書きすすめる。
チラシの裏、なんで、正確性より習うより慣れの精神で、乱暴で良いからドンドン書く。何度も書く。
そう、数学は極めて理論性の強い言語なんです。
言語を覚える時は、まず慣れ、ですよね。(英語すらアレな、私が言うのもなんですが・・・)
分かったつもりになったら、自分で例題を出して解いてみる。
その時だけなんですが、なんとなく分かった気になれます。
これが楽しい。

そして対数関数㏒ですね。
高校時代にやったでしょ。御記憶ですか?
自然対数と常用対数。
超越数であるeの話まで、いわゆる左側のページは読みどころ、というか、そう書き処。どんどん書きつつ読み進めましょう。

それからなんとこの本は、指数関数、対数関数の微積分を経て、三角関数を復習した後、オイラー式にまで至る。
その時点で192p。
その後はロジスティック曲線からウエーバー・フェヒナーの法則をやっつけ、クラウジウスのエントロピー中の対数もやって波動方程式の微分方程式、最後はシュレディンガーまで行くのがラスト221p目だ。
題名が「指数・対数」ってやたら地味なのに、内容は凄い。

数学系の図解雑学シリーズは、一般に買い、なんですが、特にこの本は良く書けている印象です。
唯一、気がかりなのは、題名がひたすら地味なことですから、どうぞみなさん、騙されたと思って本屋でのぞいてみてください。

プロの素人には図解雑学がおススメだよ(笑
というのは、言うまでもなく冗談です。
この本を読みだしたのもnewtonの素晴らしい画像あればこそ。
両方読みましょうね。
数学趣味もお金の掛らない良い趣味ですよ。
本1冊とチラシの裏が数十枚あれば足りるから、デフレ時代にはおススメ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »