« February 2012 | Main | April 2012 »

March 2012

March 30, 2012

2011年Amazonで幾ら使ったか?総計を出してくれるサービスを希望@小遣いを決めないと使えない男

ベルトが古くなったのでAmazonでブルガリのベルトを買った。
3万5千円のお買い上げ。
なんでベルトまでAmazonで買ったかというと、先日、某アウトレット店でグッチのコートを買ったら、同じようなのがAmazonではもっと安かったからだ。
シーズンオフでセールをしていたし、何せアウトレット店だからこれ以上安い買い物はない、と思って喜んで帰ってきたのだけれど、結果ネット通販の力を思い知らされることになった。

そのAmazonの買い物は小遣いから払っていない。
でも今回はちょっと大きいなあ、明日妻にお金を渡そうと思ったついでにAmazonの去年の総額、幾ら使ったかを出してみた。
6ページの合計をエクセルに入力するのは面倒だったがやってみた。

結果は323705円。
一番大きな買い物は「けいおん」のBDBOXで一期と二期で12万弱。
でもこれは良い買い物で、今日も夜のPC仕事の傍らで掛けていた。
何度見てもオモシロくって充分以上、元を取っている。
後はCDと飲料が少々ある(ついに飲み物までAmazonだよ)他は本だ。
本は点数は多いけれど金額が安いので、やっぱり目立つ買い物はアニメのBDってことになる。
今年はアイマスを買っているから、年末に締めればやっぱり目立つのはアニメのBDとなるのだろう。

私の小遣いは月10万円。
こうして決めているのは、使いすぎるからではなく、決めておかないと徹底して使わなさ過ぎるから。
酒は飲まず、というか飲めず、キャバクラ、風俗等に行かず、ゴルフもやらず、タバコもギャンブルもやらず家と仕事場が途中に自販機一つない静かな住宅街の距離100mとなるとホントにお金は使わない。
かろうじて使う先というと本屋とコンビニ、たまの映画代位になってしまう。
妻は良く料理をつくりとても美味しいので、外食もほとんどしない。
結果小遣いはどんどん溜まる。
全部財布に入れておけないので、別の財布に入れておくのだけれど、そっちもイッパイになるので、さっき妻に去年のAmazon代として30万置いてきた。

これも使い道はないのでリアル証券会社の口座で外貨建てMMFでも買うか。
証券会社もネットがあまりに便利だったので、ネット証券一辺倒になっていたのだけれど、去年の秋から少し分散している。

こういう生活は真面目と言えば真面目なんろうけれどあんまりオモシロくない。

金は稼ぐこと非常に大切だが、使うあてがないというのもツマラナイ。
道楽の対象が多くてもっとお小遣いが欲しいという人は人生楽しんでいるってことだから羨ましいよ。
なんか道楽ってない?
ちなみに自由になる時間はあまりない。
普段は朝から晩まで仕事。
休日は普段仕事で出来ない用をしているから、休日もあまり時間はない。
休日に半日でも遊ぶとてきめん用がいっぱい溜まる。
結果、空き時間で出来る読書と衛星放送から録画した映画とスポーツ観戦、自宅でのトレーニング位しか楽しみがないのだ。
地味過ぎるだろうって話なんだがこうなるとオタ趣味も貴重だな。
これからも続けて行こうと思うのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2012

帰国してもタフな長女、Z4オイル交換でオタ趣味がばれる&某都市銀行に法人口座をつくりに行って

最近あったことを箇条書き
1)交換留学生として1年間のアメリカ留学を終えた長女が帰国しました
世間的にはなんとなく自慢したくなる大学の交換留学で、アメリカの大学の授業も単位取るの充分厳しかったと思う上に、夏休み(メキシコに行ってた)も年末年始(NYにいた)にもまったく帰ってこなかったので、疲労もだいぶ溜まっているはず。その上の12時間のフライトにトドメをさされて、どんなによれよれになって帰ってくるだろうと思っていたら、暇だからちょっとコンビニ行ってきたって感じで登場なんで拍子抜け。
お姉ちゃんよりタフな人は見たことないよ@次女
ま、今後もおばあちゃんに迷惑(都内の妻の実家に同居中)を掛けないように勉強してください。
我がままを言わないようにね。

2)オタグッツとして実用的なのは・・・&注意するモノ
先日の土曜の夜、ローソンに出かけて発見したのが、けいおん一番くじ。
こういうのがたまにあるからやっぱりコンビニはローソンだよね。
で、引きたい!と強く思いつつ、こういう日に限ってレジは二人。
いつものオタクな人だけだったら、良かったんだけど、もう一人はリア充っぽい人だったので、結局、引けず。
でも欲しいのはスポーツタオルだったので、オークションにあるかな、と。
ええとですね。
色々使ってみて、オタグッツのウチ、一番実用的なのはタオルです。
綾波レイのバスタオル愛用中
Reitaoru
けいおんのタオルも今日、届きました。
休日なんで夕方からウエイトとバイクのトレーニングをしたんですが、入浴後にさっそく使用。小さいので二枚じゃ体を拭ききれませんね。

一方、注意しないと大変なのはスマホやらクルマのキーに、ついつい使ってしまうストラップで、先日オイル交換にいったZ4のキー、うっかり渡した後、しまったと。
ファンクラブ継続記念でもらった安室奈美恵のキーホルダーに綾波レイと千石撫子のキャラクターグッツSengokuki
が付いた鍵預かって知らないふりをするんだからBMWディーラ―の整備担当者はプロですね(笑


3)新規に投資するんならイイんじゃないかというモノを見つけて都銀に口座
ちょっと前に○○に投資するんならいい時期じゃないかなあ、と思いついたんですが、ほとんど知識がない方面だったので勉強開始。
最近ずっと勉強中だったのですが、投資経路についても一工夫すると色々応用できそうなんで、考えに考えたあげく、××方面に強いであろう某都市銀行に個人名義でなく法人名義ですることにする。
今日は休みを利用してまずは法務局で登記簿を取った後に行ってきたんですが、応接室に通されて、支店長まで出てきてなんだか仰々しいことに。

普通に口座作ってくれればイインだけどな。
偉い人なんで有り難くお話しさせて戴きましたが、私は慎重派なんで、乗せられませんよ(笑
他の都銀にも行きますからね。
ただしばらくはあちこちの都銀にお邪魔することになりそうで、私の休日は何処へ状態継続決定です。
セザンヌ展も始まったし、Bunkamuraのダヴィンチ展の前売りも買ってあるんで、とっとと終わらせてたいんだけど、リアルの取引はネット・トレーディングとはずいぶん違うよね。

ps
伏字が多くて恐縮ですが、もったいぶっている訳ではなくて、もし万一つられて投資する人がいると迷惑を掛けてしまうかも、と思うんでね。
ま、今はイイと思ってる対象ですが、来年の今頃はどうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2012

婚前特急@パワーのある主演女優と展開を膨らませる脚本を持った良作

タイプの違う彼氏5人を同時進行させているOLを吉高由里子さんが好演し、それを考え抜かれた脚本が後押ししました。
結果、題材に不快な印象を持った人でも一見の価値のある映画になっています。

この映画でまず語るべきは主演の吉高さんで、パワーがある。
やり手の営業ウーマンであり、彼氏同時に5人で上等、というバイタリティある役柄に力不足を感じさせないのは大したものです。
エゴが強くキンキン怒鳴りまくると普通なら好印象を持つこと稀なんですが、可愛く演じていましたよね。
それから特筆したいのは、展開とセリフにありきたりを排した脚本です。
常にちょっと意外な方向に話をそらせつつ、膨らませていたのは見事な手腕でした。

ここからは筋書に触れますので、以後読む方はご注意ください。

まず候補となる彼氏が5人出てきますよね。
脚本オタクならこの時点で、ラスト決めるのは誰だろうと予想するんです。
まずパン工場勤務は落ちるだろう、と思うのは自然な流れだ。
予想通り、吉高さんはパン工場の人に言いに行く。
で、笑えるセリフを言われる。
巧い!

パン工場勤務者と社長の娘とのエピソードも、この展開読めなかったでしょ。
みんなで食事のシーンも貧乏の話題からファミコンの話でカルタに振っておいて百人一首に持っていく。
歌が詠まれると、離婚子持ちの営業マンが続き、女の子まで続く。
自分は一番上のクラスだと思っていたら、バカにしていた周囲の教養について行けない事実にタカビー吉高は驚く。
観客も驚く。
こうしていちいち驚かし、展開を隠すのが巧い脚本なんです。

結局、吉高さんは他人を査定していると思ったら査定されていた、という大オチが付いてくる。それが嫌味でない教訓にもなっている。
彼女はやり手の営業ウーマンで、かつ男性にちやほやされる美人という最強最高キャラだと自分で思っていたら、周囲からの評価は最低だったという意外性。

ラストに近いアパートでの喧嘩シーンも取っ組み合い、までは予想通りでも壁が壊れるってのは驚きだったでしょ。
で、壊れた先には一言語るお婆さんがいる、と。
二回捻って着地している、プロの仕事の締めでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2012

ゴマジョーと呼ばれる娘が高校の入学案内モデルとなる

先日メデタク卒業した母校の入学案内パンフにのるようです。
久しぶりに母校に行き、写真撮影を済ませ、受験体験の原稿を渡すと、お土産に文房具やらお菓子やらを頂いたようで、機嫌よく帰ってきました。
親として思うのは、こうして評価してくれた母校の名前を決して汚さぬよう、しっかりとした大学生活を送って欲しいということですね。
中高時代の弓道部に続いて大学は剣道部に入るという武道系一直線ですが、それなら筋力トレーニングをやって欲しいです。
家にしっかりとした機材があるんだからさ。
なんでやらないかな。
さらに心肺系のトレーニングもして欲しいですね。

勉強はガリガリやること当然ですが、深く幅広い教養も身に着けて欲しい。
「英国王のスピーチ」を観ていたら、これはモーツアルト、この曲はベートーヴェン、ピアノ・コンチェルト五番皇帝、第二楽章とかね。
分かる位にはなって欲しい。
「プッチーニの愛人」を観ていたら、この森の小路を馬車で走るシーンはエドワール・マネの絵を思わせる、とかね。
さらにプッチーニの生まれた年にマネが活躍していたので、正確な年度はちょっと違うけど、なるほど南欧の風景には共通するものがあるなあ、というね。
そういう知識とかインスピレーションを持てるようになって欲しいですね。

「スターシップ・トゥルーパーズ3」を観ていてたら巨大バグズの姿を「クトゥルー神話の邪神みたい」とイイ事を言っていたので、ネクロノミコンーアルハザードの放浪@ドナルド・タイスンを貸しました。
この本はオモシロイよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2012

キラー・インサイド・ミー@何故、気味の悪い映画や小説が芸術なのでしょう

パルプ・フィクションのドストエフスキーと呼ばれるジム・トンプスン原作「内なる殺人者」の映画化作品です。

主人公ルー・フォードを演じるケイシ―・アフレックが光る演技を見せて、なかなか印象的な作品になっています。
カメラも相手役の女優連も周囲をかためる俳優たちも、いかにもそれらしくて傑作として名高い原作に恥じない一品に仕上がっていると感じました。

結局、ジム・トンプスンが生前に名声を得られなかったのは、あまりにも簡単に人の暗黒面を描いたからです。
極めてシンプルに、難しいこと一切言わず、狂気なんてそんな仰々しいモノじゃないよ。
ほら、そこにある、と投げ出してみせた。
あまりさりげなく、それでいて充分おっかない不条理な作品を描いたから、読者は戸惑い伝わり難かったという皮肉。
これをもう少し文学臭たらたらで描けば生前でも評価されたろうに、ということですが、そうしていたら逆に死後20余年を経てからこんなにも評価されなかったであろうというね。
人生は難しいですな。
原作は非常に楽しく読ませてもらったんで、それが立派な映画になっていて嬉しい発見でした。

ps
娘と一緒に観ていたんですが、生々しい女性撲殺シーンで目を背けていました。
「これはノワール小説と呼ばれる分野では有名なジム・トンプスン原作なんだ」
「こういうシーンは嫌だね」
「なんで時にこういう作家が高い評価を得るかというと、人間には誰でも暗黒面があって、それらを一切描かないというのはかえって世の中をおかしくする原因になるから。
あるべきモノは見つめる。
嫌なモノだからって、無いことにしない。
モチロン、こういう作品をすべての人が観なくてイイ。
でも山に登りたいって時に、春にハイキングに行くような山ばかりじゃ物足りなく思う人もいるんだ。年がら年中じゃなくてもたまには厳しい冬山に登りたいって思う人もいる。その厳しい冬山を巧い具合に掘りかえし、描いてみせると芸術家として後世に名が残るってことですね」
と講釈をいたしました。
ということで、今日ご紹介するのはその原作の方で、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2012

シャンタラム中巻 G・D・ロバーツ@アクセルは以前、床から離れない

この小説は上下巻でなく、上中下巻。
総ページ数1800で、この中巻までで1300p超。
大したモノなのは未だ読者を乗せたクルマのアクセルが床から離れないこと。
「アンダー・ザ・ドーム」では、「アクセル踏みっぱなしの小説を書く」と宣言して成功させたS・キング。
アメリカでも評判になったこの小説をどう読んだのだろう、なんてことが気になる出来です。
その馬力に切歯扼腕した?
ただ感心した?

味わいはクルマにたとえるならキングはアメリカン・マッスルカ―で、ところどころにヨーロッパ的な教養が滲むコチラは欧州車ですね。

造り方も異なる。
完全なるフィクション・ライターたるキングの作法は、中心に大きな題材をおいて、幾多の人が平衡して話を進める方法。
コチラは自伝的小説と謳うだけあって、あくまで主人公の目線で話は進み、実際の人生と同じく、中心となる軸はなかなか見えてこない。
多彩な輝きを放つエピソードから、やっと本筋らしきものが立ち上がるのは中巻も半ばからだ。

圧倒的な魔導師の膂力で読者を包み込むのがS・キングで、現実にこの通りならジェームズ・ボンドは実在した、と言いたくなる力の持ち主がこの著者だ。

中巻の具体的な内容は書きませんでしたが、そもそも優れた小説は、ストーリーじゃないからね。
同じ話でも、これほどの筆力がなければ読めたものではないのは、キングの小説と同じ。

まあ、ここ数十年で最大の作家の最高傑作と比べられる作品である、と。
それでこの小説のスケール、レベルは察してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2012

Go Round/YEAH-OH(DVD付) 安室奈美恵@きれない~、と手をにぎにぎ、が流行る予感

両方とも耳に心地良い曲であり、PVとなると相変わらず神の領域の美しさです。
今回は、最近続いていた「尖った感じ」がなくなって、洗練性の追求と、視聴者をリラックスさせようとする造りになっています。

Go Roundは非常に凝ったCGが使われていますが、あくまで背景に徹して安室奈美恵本人の魅力を惹きたてるという基本が守られているのが好感度。
素晴らしいCGなんですが、こうなると思い出すのはアニメが主人公になってしまったPV、「Dr.」と「Defend Love」で、悲しかったな。
我々が観たいのはあくまで「動く安室奈美恵」なんだよ。
普通一般人なら、というか安室奈美恵以外の人類ならアニメ化されればよりイケメン、美女になるのがお約束なんでしょうが、安室奈美恵だけは別。
安室奈美恵以上に目を魅惑するビジュアルは、人類の創造出来る限界を超えているんだよ。
何故なら彼女は神の造りたもうた畢生の傑作だからです。

YWAH-OHは、二人の安室奈美恵が、各々衣装からヘアスタイルまで黒と白に統一し、競演する趣向が成功しています。
キャッチ―なhookを持つ音楽は何度も聴きたくなる水準を楽々と超えて、ダンスの切れ味は至芸の極致。
黒い安室ちゃんも白の安室ちゃんも踊り出せば,もう見ないではいられない。

ああ、もう彼女の歌とダンスパフォーマンスは私にとって麻薬さながら。
DVDはもう10回以上通しで観たんですが、観ていると疲れも憂さも消えていく。
今日は好天の祭日だったのですが、勉強会だったという、悲しい事実があってね。
しかも偉い人をお迎えするという大役まで仰せつかってしまって、若干疲れていたんですが、こんな素敵な映像&musicを見せていただければ充分幸せ。
さあ、今年もツアー、行くぜ!
今年のライブはGo Roundの「きれない~」で見せたにぎにぎポーズから始まるんだろうか(笑

唯一悪い点を上げればYWAH-OHの方のジャケット写真で、変だよ。
PVのどのカットもってきても、このジャケット写真よりはイイじゃないか。
なんであんな変な写真を使ったのか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2012

長ぐつをはいた猫3D@バンデラスの字幕版の方がイイかも

気楽に観られて楽しい映画で週末のひとときを過ごすにはもってこい、という一品でしょう。
お馴染の猫は可愛らしく、ギャグも好調。
ダンスシーンやシュチュエーションギャグなど、古き良き西部劇時代からの素材がふんだんに使われ、ハリウッドの豊富な遺産を見せつけます。
後半は3D映像の醍醐味を充分に味あわせるためか、お伽噺も加わって、楽しかったですよ。
思わず吹きだしたシーンも1.2か所。

唯一気になったのは竹中直人さんの吹き替えで、今回はちょっと鼻についた感じ。
熱演した竹中さんにはお気の毒なんですが、主人公プスのキャラクターがカッコイイけどどっかお間抜け、クールを志しなんがらも愛きょうも捨てられないという、まさにバンデラスのイメージピッタリなんで、入れ替わるにはちょっと苦しかったか。
普段は吹き替え派の方も、この映画に関しては字幕を選んだ方がイイかもです。

3D映像については、IMAXだったんですが、普段のメガネの上に掛けると、ちょっと安定感がなかったです。
前回のヒューゴの・・のメガネは非常に掛けやすかったんで、もう一工夫欲しいです。
でも映画、すっかり自宅派だったんですが、3Dを楽しめるなら行こうかな、って気になりますよね。
今後も大いに期待したいです。

ps
こういう映画を週末の夜に観られるのは村上春樹云う処の小確幸だよね。
この日は仕事の終わった後、久々にZ4に乗って出動。
ドライブ中に聴いていたアニソン、アッシャー、エミネム、安室奈美恵の音楽も気持ち良くて、予定していた文具等の買い物も思っていたモノが買えて、最後は話題のラーメン店も行けて幸運な週末の夜になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2012

シャンタラム グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ@上巻からの言葉

この小説には素晴らしい言葉があふれているので以下覚え書き
1)賢明さとはある意味、愛の対極にあるものだ。愛は賢明でないからこそ、私たちの中でいきつづけるのではないか。

2)もし我々が痛みのために苦しむことがなければ、何も学ばないだろう。苦しみのない痛みは、努力をともなわない勝利のようなもので、そこから自分たちをより強くしたり、より善くしたりする何か、私たちを神に近づける何かを学ぶことはできない。

3)意思の強さは自己を律することによって培われる、それは自らに科す苦しみのようなものだ。苦しみとは幸せの毒を抑える抗毒素である。

4)人はいつだって信頼することによって他人を傷つけるのよね。誰かを傷つける一番確かな方法は、その相手を全面的に信頼することよ。

5)真実とはわたしたちみんなが好きなふりをしている、いじめっこみたいなもの。友情とは誰も合格しない代数の試験みたいなもの。

6)ものに動じない心を得るには正義という名の制度さえあればいい

7)自分の未来というものは、誰だってひとりひとり稼がなくっちゃならないものよ。

8)賢さなんて利口さから根性を追い出したものに過ぎない。酔っぱらってはいけない。お金を全部使ってはいけない。きれいな女の子に恋をしてはいけない。それが賢いってこと。

9)偽善とはひとつの席をめぐって誰ひとり争う必要のない富める国からきた人々の眼と心に宿る批判にこそある。

10)夢は願望と恐れが出会う場所だ。そして願望と恐れが同じなら、その夢は悪夢と呼ばれる。

11)貧困とプライドは血を分けた献身的な兄弟だ。いつか必ずどちらかがもう一方を殺すときが来るまでは。

12)幸福の重荷は苦しみという慰めによってのみ取り除かれる。苦しみとは自らの神に対する愛を試すものである。

13)天国っていうのは、金輪際人を愛したりしない幸せな人たちの住む世界のことなんじゃないかしら。

14)ラフな普段着に固執するのもある意味、虚栄心よ。それって大した自惚れなのよ。

15)どんな不利な状況でも何も訊かず、文句も言わず、味方になり、肩を並べて戦ってくれる男たち、それが百パーセントの男だ。

16)人間は嘘をつく。他人に対する以上に自分に対して。しかし運命は決して嘘をつかない。

17)もし世界が完璧なら、すべての人間は猫みたいになれる。午後二時には。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2012

3000万円の給料を貰うと人生設計はどうなるか?@稼ぐに追いつく税金あり

サラリー3000万円
立派な給料だと思います
ではそうなった時、どんな生活が待っているのでしょう。
月収250万円の生活です。
酒と薔薇の日々が始まるのか?

浮かれる前に、まず家を買いたいですよね。
年収3000万ですから、10年で3億円(架空の話なんで、昇給、減給一切なしとします)稼げる。
家は余裕を見て、とりあえず1億+程度にしおきましょうか。
4年で溜まりますから、ローンなんてなしです。
それから子供の教育費ですね。
一生涯の教育費+食費+雑費、一人3000万としましょう。
二人で6000万。
これも2年でOK
30歳から貰っていれば、36歳位までに、家と一生分の教育費がたまる。
それまでの生活費は20代で稼いだお金で賄えると仮定します。
貯金もゼロだけど、とりあえず安泰?

そう、大事なモノが抜けてますね。
こんなに収入があるならイイクルマに乗らなくっちゃ!
というのは嘘で、税金ですね。
さて税金は如何ほどか、というと、国税庁のサイトで簡易計算が出来るのですが、3000万の所得があった人の税額は920万でした。
920万!
まあ、高いと言えば高いけど・・・累進だなんだと言われていることですから諦めましょう。
手取り2080万円決定!じゃないですね。
住民税があります。
これが300万!
すると残りは1780万円!・・・
1780万は充分以上の手取りですが、最初の3000万ってイメージから比べるとなんか随分やせ細ったよね・・・
年間1220万円、税金で獲られる。
月々100万超の納税だ。

もし納税なかりせば・・・この毎月100万で・・・うーーーん、毎月100万余計に使ってイイって言われてもにわかにイメージ出来ない・・・
クルマに例えると、仕事用にベンツのSクラス、自分用にポルシェ911、日常の足にBMW1シリーズの最高車種を毎年毎年新車で買い替え続けると、年間1200万位値落ちします?
まだ足りないか?
もうどうでもイイか

そんなことよりさっきの人生設計がすべて倍の期間、必要になる。
落ち着けるのは42歳になる?
いやいや30歳から36歳までなら20代の貯金から暮らせると仮定出来ても、36歳過ぎたら結婚もしているだろうし、子供が一人二人出来たりして、42歳までを考えると、生活費も計上ってことで、うーん、老後のお金を貯め出せるのは48歳
もう下手に高いクルマなんて乗れない。

まあ、アホらしい仮定の上に仮定を重ねている計算ですが、たかが年収3000万、と言いたくなる納税月に100万円です。
年収1億円なら月100万位支払ってもイイ?
1億あったらもっと払ってもイイか?
年収5000万なら納税1200万OK?
なんか感覚的に言うとこんな感じですかね。

ま、言えるのは日本では、普通にサラリー貰って大金持ちになるのは難しいと。
稼ぐに追いつく貧乏なし、っていうけど、稼ぐに追いつく税金はありです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2012

3.11から一年@日本が穏やかでありますように

ちょうど1年前の今頃、あの恐ろしい揺れが襲ったのでした。
地震も雷もそれほど怖いと思わなった私ですが、あれ以来、地震の揺れには神経質になりました。

その日、仕事は早仕舞になり、私と妻は、異様な風が吹きわたるような国道をクルマに乗って、娘をピックアップに行ったのでした。
電気の消えた街中に、携帯電話の通じない暗い駅で、妻は娘を探しました。
恐ろしい津波は、いまだ悪い夢としか思えません。
それから原発の状況に神経を尖らせ、PCで情報を収集しては一喜一憂、外に出ればめっきり暗くなった日本の街に、はっきりと変わった、断層を生じてしまった日本を思い知らされました。
あれから我々は、なんとか生きています。
変わった事と言えば、常に緊急時対応を考えるようになったこと。
家庭内の貴重品はいつでも取り出せるようになっています。
日本は気候的にも住みやすく、良い国です。
でも地震は宿疴なのです。
ならば対応するしかない。

お亡くなりになった2万人余の方々のご冥福と、未だ避難所暮らしの34万人の方々の1日も早い平常復帰をお祈りします。
早く日本が明るくなりますようにと、今はそれだけを願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2012

シャンタラム上 グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ@これは太陽を砕き、その破片で描かれた小説

出版社も商売なんで、本が売れないのは困る。
特に昨今の不況は厳しく、活字離れも甚だしいとか。
だから宣伝文句には始終、傑作、という文字が踊ることになる。
言う間でもなく、いちいち本気にしてはならない。
でも稀に、本当に凄い、とてつもない作品が出てくる。
それも幾多の凡庸な作品と同じく「これぞ傑作」と呼ばれるのだが、真の姿はまるで違っている。
これは太陽を砕いた破片で、白熱した目も眩むような光で描かれた一編だ。

話は、脱走したオーストラリア人の武装強盗犯が、ボンペイのスラムに潜む処から始まる。
どっかで聞いたような凡庸な設定だって?
おっしゃる通りだ。
オーストラリア人の武装強盗犯に興味はないって?
私もなかった。
インドのスラムも興味の対象外?
私も同じく。
それでもなおかつこの小説をひとたび読みだせば、貴方は圧倒的なドライブに誘い出される。
文章は燃えたぎり、ストーリーの飛んでいく先は、まったく予断を許さない。
次々に惜しげもなく繰り出されるエピソードは、シェヘラザードもかくや、という多彩さだ。

「愛について、運命について、自分たちが決める選択について、私は長い時間をかけ、世界の大半を見て、今自分が知っていることを学んだ。」
という一文から始まる上巻は
「人はときにただ希望だけを頼りに愛することがある。涙以外のすべてを振り絞って泣くことがある。つまるところ、愛とその義務、悲しみとその真実、それがこの世のすべてなのだから。つまるところ、人に与えられたもので、夜明けまですがりつけるのはそれだけなのだから。」
という文章で終わる。
どうだろうか?
興味がわいたら是非ご一読。
たぶん後悔はしない。
上巻を読み終えた今の気持ちは、
いやー、小説ってホントウにオモシロイですね。
さよなら、さよなら、さよなら、と映画への愛を語っていた淀川さんの気持ちが、小説バージョンで納得、という感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2012

フジテレビが老人に火渡りさせ重傷を負わせ後、放置、警察には天下り職員が対応でもみ消し@番組は放映され、みんなで大笑いと言う顛末

先週の週刊文春からの記事だそうです。
私は昨夜、ネット上でこの記事を読み、怒りが燃え上がりました。
人間が持つ最も基本的な道徳に反している。
詳細を書くと長いので、フジテレビ、老人、火渡りで検索してください。
動画もあります。

マスコミは、よく悪い政治家、役人などを槍玉に挙げます。
確かに悪い政治家、役人、いるでしょう。
自動車業界に悪人がいることもあるだろうし、食品業界に悪徳業者がいることもあるだろう。
どんな業界にも、どんな職業人にも好ましからざる人、いることはいるだろう。
でもこういう記事を読むとマスメディアほど腐った存在はなく、無責任な、極悪人間が跋扈している世界はないのではないか、と思わざる得ない。

火渡りって、装束を付けた上に、炭とか石炭の上でやるもんでしょう。
それが(フジテレビが用意した)灯油3Lを撒いて火を付けた段ボールの上を素足で歩かせたんですよ。
灯油を撒いて火をつけたら燃え上がるなんてもんじゃない。
そんな上を人間が素足で歩いたらどうなるか、分かりきったことですよね。
歩くのは訓練されたスタントマンとかマジシャンではないんです。
あきらかに正常な判断能力のない老人を、晒しモノにして笑おうって魂胆だ。
その上、皮膚がめくれ、熱傷性ショックで震えている老人を自宅に送り返したといえば聞こえが良いけど、放置ですよね。

動けなくなった老人は家族の手で病院に運ばれ、皮膚移植のオペが繰り返されましたが、その頃にこの番組は放映されているようです。
病院から警察に問い合わせがありましたが、フジテレビは知らぬ存ぜぬの上、天下りで迎えたこういう時のための元警察官に対応させ、もみ消す。
老人は、闘病の末、最後は腎不全で死亡。

政治家や他業界、役所の僅かな不手際は言いたてるのに、自分たちのやっていることはこのざまだ。
その上、何もなかったように口を拭って知らんぷり。
で、社会の木鐸、知る権利、取材取材で正義の味方でわずかな言葉まで狩りたてる。発言の真意を問う、なんてやる。

どんな仕事でも事故は起こることあるでしょうが、これは予測不能のレアケースとか、充分に対策し、注意を払っても起きてしまった悲劇じゃない。
人間の尊厳を頭から無視した暴虐行為以外の何物でもないだろう。
今、テレビのバラエティ番組を観るってことは、そういうことに加担していることなんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2012

ヒューゴの不思議な発明@必見の3D映像,スコセッシの差し出した未来へのバトン

3D映像が素晴らしい、という評判を聞いたので、妻と次女とで見てきました。
で、実際どうだったか、というと、

1)確かに素晴らしかった必見の3D映像
完璧と言うにはまだ手前に浮き出た人物像と背景の間が、不自然に空いている感じがありました。飛び出す絵本の書き割りみたいな感じですね。
浮きだした顔自体の丸み、立体感もあとわずか欲しい、ということもあった。
それでも蒸気は、そのままスクリーンの脇から実際に噴き出しているようにしか見えなかったし、画面から雪は降ってくるし、火花に触れたら火傷をしそうな感じがしたし、歯車は本当にそこに存在し、回っているように見えた。
とうとうここまで来たんだな、ということですね。
そしてこの「ここまで来たんだな」ということが、この映画をスコセッシに撮らせたモティーフだったと感じました。

2)メリエスへのオマージュ、スコセッシの差し出したバトン
映画は、映画勃興期の監督、ジョルジュ・メリエスへの濃厚なオマージュがテーマとなっています。
古き良き映画への郷愁と愛が語られる、断じて子供向けの作品ではない。
むしろすべての映画オタクに向けて、暗黒と絶望と暴力の作家として世に出たマーティン・スコセッシが、68歳の齢を迎えて、次世代に送るバトンですね。
メリエスから私は受け継ぎ、幾多の作品を撮った。
今、ここに、敬愛するメリエス作品を紹介しよう。
だからこれを観た貴方がたよ、未来に向けて、新たな夢の工場を造って欲しい、
ということでしょう。
子供たちに訴えることがあるとすれば、「過去に学び、未来を築きなさい」ということで、それは親切なら本屋さんの老人として表現されていたと思います。

ps
女の子が出てくるんだけど、その表情が、映画によって世に知らしめられたフランス女の表情そのもの。
男性をからかい、謎を掛け、優しいかと思えば冷淡で、追いかければ逃げ水の如く。
若き日のスコセッシは、映画の中で、こんなフラン人女性に恋をしたんじゃないかな、とも思いましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« February 2012 | Main | April 2012 »