« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 29, 2012

AIJ投資顧問は盆栽名人やっていたんじゃないかな@絶対利益増の投資法の現実

年金基金を吹っ飛ばしたAIJ投資顧問。
詳細はいまだ霧の中ですが、ショート・ストラングルやっていたんじゃないですかね。
盆栽名人という投資信託で、顧客の資産を吹っ飛ばした、一部で有名な方法ですね。
どうもそんな気がします。

金融市場が上げても下げても利益が出る、絶対利益増が売り文句だったらしいですが、これはいわゆるCTAと同じことを狙ってますよね。

普通の投資とどう違うかというと、株なら有望な銘柄を見つけて買うという方法でなく、指数先物やOPを使うんですね。
安い、この辺りが底値だ、と思えば買うし、大きく下げると思えば先物を売る。
売った後、下がれば儲かる。
プットOPというのを買っておくと、下がると、特に大暴落したりすると大いに儲かります。
株を買うだけの投資だと、大震災とかね。
ユーロ危機とか市場が問答無用で荒れると、その期間も儲けろってのは難しい。

でも先物なら上げでも下げでも、方向を当てれば儲かるし、OPを使えば上下どちらかに動くか分からなくても、どっちかに大きく動けば儲かる!なんてインチキみたいな投資法もあるし、相場は動かない、なんて方向に掛けて儲ける方法もある。
ただ甘い話には必ず裏があって、まさかこの値段までは下げないだろう。
上がれば儲かるし、動かなくても儲かるし、下げてもまさかこんな大暴落さえしなければ儲かるなんて方法は、相場シナリオのほとんどで儲けることが出来る以上、その大暴落があった時には壊滅的な大損をするんです。
・・・なんかこういうタイプの玉を持ったまま損切りしないで、ブラックホールってパターンが臭いと思うんだ。
個人的にはですね。

では、やっぱり絶対利益増を狙っている私の実態を書くと、この方法の現実が少しはっきりすると思うので紹介してみましょう。
私はこの処の株価上昇で微妙に損しています。
最初は儲かった。
底値だろうで先物を買い、上昇で買い増し、買い増し。
これが怖いんですよ。
結果、こんなに上がったけれど、上昇途中じゃね。
いつ反落するとかとハラハラ。
で結局、上げのスピード早すぎると判断し、買い持ちは決済。
儲けは出ましたが、その後も株価は上昇につぐ上昇。
下がったら買おうと思ってだしている指値は入らず。
単純に買い持ちを続けた人ほど儲かっていません。
さらにさっき書いたOPですね。
上がると儲かるコールOPというのの、さらに思惑(IVという)が上がった時に、空売りし、損を出している。
ただ少し損になると問答無用で損切りし続けているんで、2.3回重なっても損は少しです。
結局、投機はここがポイント。
あ、こりゃヤベエとなったら、一目散に逃げる!
後ろは振り返らない。
荷物も取りに戻らない。
逃げた後に、なんだ、大したことなかったな、となっても、次に危なくなったら、またわき目も振らずに逃げる。
私は一般には散々だった人が多いだろう去年も利益を出しましたが、今年は普通に株を買って持っている人には負けている。
絶対利益増を狙う、と言っても現実はこんなモンです。

相場環境がどうでも利益を上げようとする戦略を実現するためには、
1)相場の方向を当てること。チャート分析とファンダメンタル分析をし続ける。
2)思惑が外れたらすぐに損切りすること
3)相場の激変に備える準備をする。はっきり書くとレバレッジを上げない=リスクマネージメントをしっかりする=大儲けはないということを肝に銘じる。AIJは2)と3)をやっていなかったんじゃないかな、と思ったしだいです。

以上の3点は絶対です。
逆にこれさえ出来れば、大儲け!は無理でも、1年をトータルするとなんとかかんとか、不思議なことに多少の利益は授けてもらえるモノです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 26, 2012

UFCは何故成功し、日本の格闘技興業は廃れたのか?@オタクを信じた資本と優秀な経営者

殴る、蹴る、極める、投げる。
あらゆる格闘技を総合させて強さを競わせたいという、誰もが考えつくけど、やらせてみようとすると、とてつもなく難しかった総合格闘技が、UFCによって完成されつつあります。
本日、埼玉スーパーアリーナで日本大会ですが、最近のUFCの試合の充実ぶりは素晴らしい。
選手の誰もが素早くパワフルで、動きに隙がなく、よどみがない。
見ていて、ああ本当に強いんだろうな、と感じられる。
チャンピオン・クラスの人間の試合などは、類い稀なる運動能力と壮絶なほどの技の切れを見せられ、時に寒気がするほどの凄みがある。

そんなUFC、日本でK-1やプライドが隆盛を誇っている時には、なんだか地味でサエナイ存在に見えた。
あの当時は明らかにPRIDEの方がオモシロかった。
そもそも本格的な総合格闘技の萌芽は日本にあった。
では何故、日米の興業ぶりは逆転されたのだろう。

最大の違いは、「スポーツに対する真摯さ」を「信じる資本」があったかどうか、ではないか?

アメリカ人に真摯という印象を持つ日本人は多くないだろうけど、ことスポーツに関してならアメリカ人ほど純情な人間はいない。
だからUFCも自らの試合が地味なこと、一般受けするには、刺激が強すぎる事、分かっていても続けていたのだ。
そして何より、その未来を信じ、乗り出した資本家、優秀な経営者が存在した、ということが日米の最大の違いだろう。
彼らが考えたことはただ一つで、それは合理的と思える総合格闘技のルールの上で、強い選手を選び出すことだけだ。

話題性のある人間だから、そのキャラクターを面白がってくれそうな選手だから、というだけでは試合に出さない。
リングで観客を笑わせる必要などないし、格闘技以外の人間ドラマなどにも触れない。
見せるのはただただ「Mixed Martial Arts」
そのたった一つの価値基準においてのみ価値ある選手を出し続ける。
一般人に喜ばれるだろう、という人気など考慮しない。
求める観客は総合格闘技好きなマニアだけ、ということだ。

そんな成功前は隘路ともいえる市場の未来を信じた資本と経営者が、今大きな果実を手にしている。

結局、これだけ好みが細分化した時代には、マスを考慮してはダメなのだ。
みんなに好かれようとすると、「特別な感覚」はどうしても薄くなる。
マニアのみを対象に、本物を提供する。
この掛けに、彼らは成功したんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2012

同じ116iだと思ったらだいぶ違った2011年型BMW@完璧になった最終型

イイクルマじゃないか、と思ったら妻が事故にあいフレームまでいってしまった我が家の足車BMW116i
替えることになったのですが、次も同じ116i、ただし2011年式となりました。

ホントは、足車もオープン・スポーツカーと同様に世界のクルマ・シリーズをしようと目論んでいてね。
二年目となる今年の秋あたりにプジョーとかシトロエンとか、フィアットとか、扱いやすい小型車を中心に見つくろうつもりだったんですが、突然の事故で、見てまわる余裕もなくディーラーに駆けこんだ処、
「今度お買い上げいただくと2年で3台目ってことになるんで、去年の5月登録の当社試乗車、走行5000キロを20万円値引きします」と言われて即決。
実車も見ないで注文決定でした。

それが今日、納車されたのですが、まずガラスコートをした輝きが素晴らしい!
中古と言っても9か月落ちだからね。
以下、小雨に降られた後の画像ですが
Bmw1163
Bmw1162
Bmw1161

重かったステアリングも電動パワステになっていて、何より驚いたのは、市街地での走りがずっと軽快。
11年式は、エンジンが直噴に代わり、カタログで7psアップ、トルクが1n*mアップってことになっていたけど、乗る前は違いなんてないだろう、と思っていたんで嬉しい誤算だ。
ハンドルが軽くなって、市街地でも軽快で、重量感があるから守られ感もある。
サイズに関しても、今日、妻と次女を乗せて行った、土曜の夜の繁盛店に残された最小限の空きスペースに楽々OK.
燃費はハイブリット車とは比べるべくもないだろうけど、オンボード・コンピューターによると10キロは走っている。
我が家の年間走行は2000キロだから充分だよ。

このクルマにもはや死角はないな。
もうウチの足車はこれでイイや。

2年置きの買い換えは、足車に関してはしばし封印。
オープン・スポーツカーに関してはどうなるか?
それは春過ぎに来るらしい新型ボクスターの実車次第だ。

ps
写真は明日、撮れたらこの記事にアップロードします。
今日は昼休み納車、午後仕事、夜ドライブだったんで写真は無理だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2012

アイドルマスターBD3:第7話「大好きなもの、大切なもの」@プライドは「胸張って前を向けってこと」

まさか萌え系アニメで、プライドとは何か、なんてことを教わるとは思いませんでした。

この回は、いきなりありがちな財閥の娘ネタで、ま、こんなものかな、と思えるシーンから始まるのですが、なんとコレが終盤の事件解決への伏線になっている。
冒頭、テレビの紹介シーンがあり、それを怒られてムシャクシャした伊織が、何か奢るわ、で、やよいが私の家で食べない、って来てスーパーでやよいが伊織に食材について教える、家について弟妹と遊ぶ。
その間の伊織の表情が複雑で、この世の生まれながらの境遇の違いですね。
良く受け止めて理解していくのが伝わってきました。
そして事件が起こり、上記伏線から解決され、表題のセリフに結実する。
話の流れが非常にスムーズで無理がなく、素晴らしい構成です。


テーマは貧乏であっても金持ちだとしても、人生は前向きに戦う物、って話ですが、貧しくても明るく元気でちっともひねくれない高槻やよいも良かったし、天真爛漫な我那覇響も良かった。
そして水瀬伊織の性格付けは、かなり難しいモノだと思うんですよ。
綾波レイがダメな人がいるように、私はどうもアスカってダメなんですね。
アスカも人形を持っていたけど、ウサギの人形を抱えている伊織も我がままな女王様気質ってとこ、私の力を認めさせたいは病のこと、似ているじゃないですか。
でも水瀬伊織には、あのツンデレというか、背伸びした感じと優しさのバランスに惹かれるモノがある。
二回目は夕食時に妻と次女と一緒に観たんですが、この水瀬って娘、イイよねって言っていたから、私だけでなく、魅力が伝わっているんだと思う。

このアニメは総勢12人のアイドルを、実にきっちりと描き分けている手際もお見事。
消えるキャラがなくて、無理なく全員を覚えられる。
当たり前みたいに観ているけど、この大人数にちゃんと個性を振り分けられるって、凄いことだよね。
この脚本家と監督は相当の実力者です。
アニメには確かに日本の才能が集結しているよ。
プロの、一流の仕事をしているもんな。
BDだから光も美しく、映像も素晴らしかったです。

唯一、懸念されるのは、私もそうだったんですが、このアニメ、ゲーム発祥であり、アイドルを育てるってアイデアもリアル世界で大成功している方がいまして、なんか全体に二番煎じみたいな先入観を持たれやすいってことでしょうか。
少しでも実際に観てもらえば、品のある実に美しい作品であり、内容も一流と分かってもらえると思うので、ファンは布教に励みましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2012

CFDくりっく株365は、四本値がナビゲーターからエクスポート出来るよ

多少、手数料が高いですが、買い持ちではしっかりと配当もついて、なかなかヨロシイんじゃないでしょうか、東京金融取引所の始めたくりっく株365。

で、取引するならテクニカルの数値データーが欲しいですが、取引所日報のCSVファイルからだと四本値、取り難かったですよね。

取引画面のCFDナビゲーターをダウンロードすると、ツールから、データーエクスポート出来るのご存じですか?
落としてみると、日報のファイルよりずっと扱い安い。

やり方は、ツール→データーエクスポート→デスクトップに名前を変えて保存。
Book1として来るので、FT100のデーターならFT100と名前を変えておきましょう。
そうでないと翌日分を落とす時、更新で自分の入れた関数、全部消えてしまいますから。
それからは順次、毎日、エクスポート、前日分のみコピー、自分の作った関数が入ったファイルに貼り付けでOKです。

エクセル形式にして、数字出さないと、投機はなかなか、天才でない身は、勝ちがたい。

まあ、ご参考までに。
しかし落とすデーター、随分増えたよね。
それについていちいちエクセルのファイル作って、何種類もになるノートも取らないとダメなんだから、ホント、投機は濡れて手で泡だと思っている人は、何にも知らないってことだ。

それにしてもリスク・アセットの買いの流れ、いつまで続くんだろう。
日経は先物で買い持ちしていたんですが、9370円で降りてしまいました。
クロス円の買い持ちはしっかり持っているんで、良いんですけど・・・そろそろ降りたい気分が充満で・・・でも降りろというサインは出ないしなあ。
損切りも嫌だけど、利食いを堪えるのもシンドイよね。
むしろコッチの方が難しいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2012

すべての真夜中の恋人たち 川上未映子@このヒロインは、綾波レイとかびんちょうタンの好きな男性ならツボのはずだ

Amazonレビューでは5つ星と1つ星が拮抗している作品ですが、私は高く評価します。
こういう小説を読むと、文学、未だ死せず。
なお豊かな水脈あり、と感じますね。
読んでいる間の切なさと美しさ。
読後、長く余韻の残る寂寥感。
まさに小説、文学という物以外では、表すことの出来ない世界だったでしょう。

ストーリーは半分壊れてしまっている三十路の女性が、地味な58歳の男性に恋をする、というそれだけの話です。

書店で手に取って、まず最初の1p目を読んで惹きこまれましたね。
なんと美しい文章だろうか、と、感じました。
そしてその感動は、終わりまで続きました。
真夜中の、と銘打たれているだけあって、深い場所に眠る夜の美しさが描かれているのですが、素晴らしい水準に達しています。
もう一人の女性との対比も効果的でした。


綾波レイで自覚し、最近はびんちょうタンで思い知ったのですが、どうも私は「可哀想な女の子」、という設定に弱いようです。
この小説のヒロインは確かに三十路過ぎなんですが、繊細過ぎる感性と、純情過ぎる気持ちのありようが、私のツボ(笑

「わたしは泣きながら、頭のてっぺんに手を置いてみた。手のぬくもりはもう、どこにもなかった」って処で、綾波レイが、漫画版で碇くんに手を握ってもらうシーン、思い出しちゃった。
この二人の幸福は、手を握ってもらったことと、頭に手を置いてもらったことだけなんだよな、って思ったら泣いた(笑
綾波レイとか好き、って人は読んでみるとイイよ。

かつて、身分とか敵国とかで、社会に越えがたい枷があった時代に幾多の傑作悲恋物語が語られたでしょう。
今はダメだよね。
自分の欲望は、国のありようより優先されるって時代だからさ。

こういう枷なき時代に、もし恋を描こうとするなら、どこか大きく欠落した者を対象にするしかないんじゃないかな、と感じますね。
欠落した者こそ、相手を強く求めるし、結果、得られないこともあるでしょう。

でも本当は、人って誰でも欠落者なんだよね。
だからこそ真に美しいモノは、夢か狂気か郷愁の中でしか得られない。
そこにある、と思い手を伸ばせど、届いたと思った時は、崩れ去るというね。
現実と夢の絶対に越えがたい落差、というかさ。
ま、そんなことまで感じさせる1冊でしたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2012

新型ポルシェ・ボクスターがメチャクチャカッコイイ件

今年はZ4からボクスター@中古に乗り換え予定でしたが、ポルシェのサイトに行ったら新型ポルシェ・ボクスターが発表されていました。

これがメチャクチャカッコイイ!
オープンになるスポーツカーと言っても、フェラーリのスパイダーだとやり過ぎで、BMWだと少し物足りない。
それならさっさとポルシェに行け。
というか、なんでポルシェに行かないの、かたくなに避けているようにさえ見える、というのは、どうもスタイルがね。
スポーツカーってスタイルが半分は占めるでしょ。
所詮、嗜好品であるのに、イマイチ好みじゃないなあ、と思うスタイルのクルマになんで乗らなくてはならないのか?

そもそもボクスター、どうしてフロント、あんな911似にしているんだろう?
ミッドシップの2シーターなんだから、前は思い切り尖らせて欲しい。
911は4人乗りだし、ともかく歴史と伝統だしね。
アレはアレでイイと思うんだ。
まあ、私なんかが、とやかく言わなくても、911様だからね。
でもボクスターはもっと若いイメージで、派手に冒険して欲しいじゃないですか。
スタイルさえ好みになれば、すでに性能や信頼性、走らせた時の爽快感から、実用にした時の安心感まで、もう言うことないのにね。

それが今回のスタイルは、サイドに大きくエアインテークが口を開けて、フロントはより低く、リアの締りぐあいもイイよね。
ともかく全体に醸し出す雰囲気が精悍でカッコイイ。

でもここで新型を買うと、二年後にフェラーリへ戻るってのは難しいよね。
予定だとボクスター@中古2年→フェラーリ430スパイダー@中古2年→BMWZ4現行型の中古2年、と乗り継ぐつもりだったのですが、新車を買ったら5.6年は乗ることになるだろう。
そうするとその後、フェラーリに戻る?
・・・気力が残っているかなあ・・・体力も心配だよ・・・

どっちにしろ、去年衝動買いしなくて良かった。
衝動買いは投機もクルマにもあまり良い結果はもたらさないというのが今回の結論。
春以降にディーラーに実車が来るみたいなんで、それを見てから決めよう!
と、今は思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2012

アイドルマスター第1巻BD完全生産限定盤@綺麗で品のある友情のアニメ、ここに発進!

私は十代の頃からアイドルってあんまりピンときたことないんです。
特に集団で売るアイドルには全く興味が持てない。
スターというのは、言葉そのまま、暗闇に光る星のような存在だからありがたいんでしょ。
それを十羽一絡げで売るという発想が分からない。

だからこの作品にもまったく心惹かれることなかったんですが、某アニメ雑誌の絵柄を見てね。
綺麗だなあ、といつの間にか見惚れること多くなっていたんで、試しに録画して見てみたら好感が持てた。
特に「約束」と題された回のラスト、歌唱シーンではもう泣いて泣いて。

という訳で第一巻目購入ですが、第一話目は登場する女の子たちの紹介回です。
ともかく沢山、12人いるんで、大変な騒ぎです。
二話目は、名曲「おとなのはじまり」の基盤となったエピソードで、唯一残念なのは、曲をフューチャリングして欲しかったな、と。
あの曲が、feat.されていたら一段と目覚ましい回になったのではないかな、と思いますが、良しとしましょう。

今、第二巻を見ています。
物語が進行してきて、ドラマとなって立ち上がり非常にオモシロイです。
観終わったら付属しているドラマCDを聴く予定です。

ともかくこのアニメは品の悪いことがなく、画像は美しく、アイドルたちの友情は麗しく、観れば厳しい現実から癒されること間違いのない極上の酒の如し。

それから私は、DVDの特典とか、あまりあり難いと思うことなかったんですが、このBD完全生産限定版に付属している特性ピンナップは美しい。
他にも小説やら設定資料集やら、結構お値打ちモノだと感じるな。

ま、良く働いているけど、酒をやらない大人は、これからの時代、こういう麗しいアニメで一時、憂さを晴らしましょう。
お金もお酒より掛からないよ。
何度も観るんだからさ。

しかし現実のアイドルを好きになることなかったのに、アニメのアイドルに楽しみを見出すようになるとは思わなかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

頭で投げる 石川雅規@体育会の凄さと腕の振りが参考になりました

身長167cmの100勝投手、石川雅規投手が投手生活のすべてを語った1冊です。
まず中学、高校時代の野球部生活は、予想通りだったのですが、青山学院大学時代の野球部生活には驚きました。
これほど過酷な練習するんだ。
青学の野球部って、普通の人には、そんなに体育会のイメージないでしょう。
それがスゴイんですよ。
大きな大会で活躍する体育会は、とてつもないんだな、と思いましたね。

後はともかくマウンドに立つ投手が、普段どんなことを考えて投げているかが分かるのが良かったです。
参考になったことは、
1)変化球は、どれだけ曲がるかより、直球と同じ腕の振りかどうかを見ろ
これは参考になると思う。

私はスポーツ、するのも見るのも好きなんですが、野球でピッチャーを見る時は、そのボールを見ますよね。
威力は?制球は?切れは?変化球の曲がりは?と見る。
でもそんな「ホームプレートの上だけ」を見ていたんじゃダメなんです。
打者にしてみれば、投手が投げてくる処から勝負な訳で、ポイントは腕の振りなんだよ。
これが同じだと、打たれ難い。
知ってはいました。
でもこの課題が、それほどの根底だとは思わなかった。
その他、ボール自体も腕が振れてないとダメ、ということ。
これまた「ボールを置きに行く」、は知っていたけど、まずはともかくピッチャー見るなら「腕の振り」。
なんですね。良く分かりました。

第五章全8種、ボールの握り方も興味深かった。
ストレートの握り、カーブやカットボールの投げ方、そしてシンカーですね。
こんな握り方で、こんな感じで投げるのかあ、ふむふむ。
私にはとても出来ないなあ、と、当たり前か。
これが出来るから身長167でヤクルトで107勝出来るんだよな。
石川投手は、体躯は小柄でも、投げることの天才である、ということですね。

他にも野球観戦に参考になる知識がいっぱいの1冊です。
ホントはテキスト的に読み返すとイイのかもな。
スポーツは知識を持ってみるとより楽しいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

フェルメールからのラブレター展@日本人好みの穏やかで優しい品格のフェルメール

混みあうだろうなあ、と思ったので、10時の開場前にはBunkamuraミュージアムに到着していたんですが、予測は甘かったです。
すでに長蛇の列で、日本でのフェルメール人気、改めて思い知らされました。

会場はともかく混んでましたね。
特に3点来ているフェルメールの絵画の前には横から長い列が続き、延々並んだあげくにやっと絵の前についても、後方から係員に、「本日は大変込み合っております。あまり立ち止まらないでください」とアナウンスされる。
それでも見てきた感想は、やはり素晴らしい。
「手紙を書く女」から発してくる真珠色の光沢の神秘性。
「手紙を読む青衣の女」は、まったく静かなモティーフなのに、なにやら劇的な胎動を感じさせる不可思議さ。
「手紙を書く女と召使い」は、召使いの表情ですね。フェルメールブルーとか、単に美しい色合いを出せた画家ではない、画業の奥義に達した画家、という境地が良く見える作品でした。
名声に違わぬ画家なのは確かです。

後の絵の前も混んでいたましたが、いわゆる17世紀のオランダ絵画です。
貿易が発達し、市民階級が勃興し、レンブラントがいたよ、みたいな・・・正直、人が多すぎて、もう前にまで進んで行く気はおきませんでした。

意外だったのは客層で、美術展の会場は普通、インテリ風の男性3割、6.7割方女性客という構成なんですけど、この会場には、普段あまり見かけないようなタイプの男性客も多かった。
日本でのフェルメール人気は幅広いです。

ps
ミュージアムショップでは、フェルメール企画展のTシャツが2種類売っていたので当然の如く、2種類とも購入。
Tシャツは、フェルメールの絵柄が胸の中央部分にプリントされているもので、もう一工夫が欲しいとも思う出来ですが、買ってしまえば良いんだって。
着る時は必ずカッコ良くなっているから。
何度も書いてますが、安価でも高いファッションクオリティを得たいと思うなら、自分の気に入った企画展のTシャツは最高のパフォーマンスになります。
気に行った企画展なんかない?
そうなると難しい・・・
ファッションも美意識の一部なんで、見たい絵なんてないって人は、どうすれば良いのでしょう。

ps
原宿に回って食事をしたのですが、表参道にランボルギーニ・ムルシエラゴが来ていました。
渋滞に巻き込まれ、ゆっくり走っていたんですが、その辺りを払うような、見るからに獰猛な存在感は、同じバロックの画家に例えるとカラバッジョ?
カラバッジョの劇的な光と影より、日本人はフェルメールの穏やかな光を好むんだろうな。
ともかく周囲との調和が大切な日本。
ムルシエラゴは、グオウ、ガオウと吠えながら、周りと馴染むこと絶対拒否の異物感に満ち満ちていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2012

表参道うかい亭に行ってきました@なるほど鉄板焼きも芸術だな

ミシュラン店シリーズ、今回は鉄板焼き。
渋谷でフェルメール展を見た後に、寄りました。

ミシュラン店で鉄板焼き。
どうもこの料理って、名店の料理、というには、ただ鉄板で焼くだけだろう、って感じがぬぐえない。
フレンチとか懐石みたいに、技を尽くした、という印象に薄い。
でも何かご馳走を食べるって時には面倒がなくて行きやすいよね。
実際、私にとっての鉄板焼きというと帝国ホテルの嘉門のイメージですが、嘉門もフレンチの後に入ったんだよね。
ちょっと気張らないと入り難いフレンチより、ざっくり食べられる鉄板焼きの方が集客的にはイイんだろうなあ、と思います。
でも名店、というならそういう便利だから良し、ことだけもないはずだ。

行ったのは何時ものように昼間なんですけど、ディナーも頼めるということなんで、夜のコース、鮑とうかい特選牛のコースにしました。
アミューズはウニを浮かべた1品
オードブルはタラバガニを選択しました。
太いタラバの足の身も、かけてあるソースも味わいは深い。
牛テールのコンソメスープは出汁がしっかり効いてました。
鮑の岩塩蒸しは、掛けてあるソースが絶品!
なるほど、これは芸術だ、と納得。
サーロインは当然の如く美味しく、食事は定番ガーリックご飯を選びましたが、妻はソーメンを選択。
美味しかったみたいです。
うん、確かに鉄板焼きは独自の境地を開き、境地を極めた一分野であること、分かりました。

お値段は、二人でビールを頼んで、サービス料込で4万3千円。
昼間だったら、ランチでイイかな。
食事の後はデザートの部屋で、コーヒー、紅茶とアイスやらプリンやらが1品が付きます。
その後もケーキのスタンドが回ってくるので、さっさと立ち上がってお会計しようとしないように。
あ、ウチのことでしたが。


ps
久々の原宿は超素敵でした。
うかい亭の入っているビルはブルガリの大きなお店があって、あーあー、こういうとこが片道40分位の場所にあればなあ、と。
休日前夜なんか通いますよ。
ディオールもあるし、表参道ヒルズもあるし、私はけっこう、ベタなブランド好きなんで、羨ましい。

田舎はダメだよ、やっぱり。
昨日の夜に行ったことなんで、ローソンだよ。
狙いは十六茶で、まどかマギカのフィギュア・ストラップでしたが、幸いみんな揃いました。
小さな幸せ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2012

ミルキィホームズ第二幕@エノ電急行変人事件 クリスティも驚く傑作だった

どうにも期待が大きすぎたかと思っていた第二期のミルキィホームズが、とうとうスマッシュヒットを打ちました。
第六話「エノ電急行変人事件」は、オマージュされたアガサ・クリスティも驚くような傑作だったと思います(笑

エノ電に「オリエント急行」を被せてくるは思わなかったなあ。
最初の、まずエノ電が発進する時のライトの動き、光軸調整を上げてから下げるヤツ、良かったですよね。
映像のクオリティは、思い切り金を掛けたシドニー・ルメットの映画ばり(笑
ということにしておきたいです。
そのくらい、カッコ良かった。

それからのG4とミルキィの絡みのみになりましたが、違和感はありませんでした。
むしろけたたまし過ぎて、品のない二十里先生がいない分良かった。
唯一残念だったのは、ネロのおくびで、いらなかったなあ。
何度も書くけど、生理的に品位を下げるギャグは嫌いなんです。
アニメ好きの男性は一般に乙女のように品位に敏感なんで、今後、生理的ネタは気を付けた方がイイよ。

後はもう完璧だったね。
エイリアンのファイスハガーに攻殻機動隊のアンドロイド女性オペレーターの多関節指とか、使われてましたね。
このアニメはメモ取りながら、ネタを幾つ見つけられるか数えながら観るとイイかもです。

一番オモシロかったのは、コーデリアさんが爆弾抱えて飛び降りるシーン。
シャロの「コーデリアさんのことは、当分、忘れません」のセリフには、夜中だったけど思切り笑った。
今期のアニメでは「飛んで火に入る不死の鳥」と並ぶ、傑作セリフとして長く語り継がれることでしょう。(私の中で)

エピソード後半、やるぞってとこで、OP曲が掛かるシーンも決まっていたし、ミルキィ二期もいよいよ馴染んで本気出す、でしょうか。
一日働いて疲れていても、夜のアニメがオモシロければまずは幸せ。
うん、今の日本経済はアニメが支えてるんだよ。
違うか(笑
とりあえず、これからもヨロシクお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2012

アンダーワールドUSA(下)ジェイムズ・エルロイ@豊穣なる暗黒はより成熟を遂げ華を開く

オモシロかったです。
齢60歳を超えたエルロイですが、毒に満ちたその作品は衰えるどころか、より成熟し、描かれる暗黒は、色彩をいや増して鮮やかでした。

今回、久々の新作を読んで感じたのは、ともかくこの人の小説はカッコイイんだ、ってことです。
ブツ切りの文章なんですが、ひょいと描かれる街角には詩情がよぎり、悪行をなしながらも苦しみのたうつ人物像にも、ふと神の赦しの兆が訪れる。
それがカッコイイ。
一見、とっつき難い印象だからこそ、その魅力に触れた瞬間、読者は、特権的な世界に入れたような気になれる。
音楽にしろ、映画にしろ、小説にしろ、絵画にしろ、分かりやすくてcoolな作品ってないでしょ。
本当にカッコイイモノって、どっか敷居が高いんだよ。

思い浮かんだ仮説1:エルロイはチャンドラーの後継者ではないのか?
甘いlyricalな文章が売りで、その主人公の行動原理は騎士道的な美意識が元になっているチャンドラーと、歴史の裏側で、血まみれの地獄巡りをするエルロイの登場人物たち。
真反対の印象だし、そもそもエルロイはハードボイルド界のドストエフスキーじゃないの、ということですが、案外coolな読み物としては、通底するものがあるんじゃないかな。
変わったのはチャンドラーの時代のcoolと、現代のcoolだけなんだ、というのが私の結論です。

ゾンビ・ゾーンなんてベタな章名つけても、内容がさまになっているのは流石の力量としか言えないし、ハイチでブードゥを材料に、こんな展開の話を書いて、なお読ませる作家は他にいないよ。

感動的だったのは第六部同志ジョーンで、今までのストーリーを振り返る形で、舞台裏の事情が描かれる。
不思議なのは、出来事としてよりリアルに描かれた箇所を読んでいた時より、何気ないはずの事情説明で、その物語の苛烈さが伝わってくること。
自分の中にも、読んでいるだけだったのに、トラウマが形成されていたのかな、と思えたのは新鮮な読書体験だった。

もう凡庸な娯楽小説では物足りない。
本当にcoolなカッコイイ小説が読みたいと思っている人がいたら特におススメだ。
今、現役で今世紀の後半になってもなお評価されているだろう作家を二人上げろ、と言われたら私ならキングとエルロイだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2012

あーあ忙しい、でも田舎はツマラナイ@慰めは萌え系アニメだけだあ

今日は本業休日なんですが、アレヤコレヤで朝からてんてこ舞い。
昨夜は休日前夜だったんだけど、何処にも出かけず大人しく家で食事しました(←なんと言うことだあ。でも妻の食事は美味しい)
私の住んでいる処は近くに美術館、博物館があることもあり本当に閑静で、素晴らしい環境なんですが、地方の夜って退屈だよね。
Coolな店なんて全然ないんだもの。

都心はイイよなあ。
つくづくとそう思う。
週末の夜に、ふらっと遊びに行きたいんだよ。
往復はドアtoドアで30分位希望。
仕事終わるの6時過ぎてるからさ。
もうエネルギーあんまりないから、近場で楽しい場所が欲しいんだよ。

まあ休みにも用事が造ってしまう環境をなんとかしろ、ということですが、しょうがない。
より良く働くためには、今度の休日に、アレとコレとソレをやる、なんてことをどんどん思いついてしまうんだから。

夜のPC仕事をしながらの慰めは、頭脳労働の時間以外、ルーティン作業中は、ひたすらけいおんのBDを掛けておくことでした。
良く出来たアニメだよね。
何回観ても飽きない。
流石だわ、ホント。
年末から少しづつ一期、二期通しで3回はローテーションしたんで、先ほどCCさくらに切り替えました。
アイドルマスター、BD揃えるかなあ・・・ホントにこんなこと位しかやることないのってどうよ。

さあて、運動しますかね。
運動が終わったら、夕食、風呂、仕事です。
まあ働けるだけ感謝ってことか、娘二人に金も掛かるしな。
びんちょうタンを見習えってことで、グチは終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2012

ウォール・ストリート@オリバー・ストーンの名人芸を味わう

ボルカ―ルールやらバーゼル3の規制を控え、黄昏ているウォール街ですが、ドラマティックな映画の舞台には、まだまだ悪くないんじゃないでしょうか。
そうなると主人公は、「伝説のディーラー」でしょうか?
イイでしょう、映画なんだから、ヒーローが必要だ。
でもその描き方が、稚拙だと悲しいですよね。
ではどう描けば良いのか?
今回はオリバー・ストーンのこの作品から、その名人芸を書いていきたいと思います。
1)出所シーンのクルマの演出
ゴードン・ゲッコーが、他の囚人と出所してくるシーンでは、まずtaxiが他の囚人を出迎えます。
カメラが引いてゲッコーを撮るとリムジンが。すっと来る。
流石っすゲッコーさん、で終われば凡庸。
この後の外しですね。
そして終盤への伏線にもなっている構成が流石です。

2)突然始まる、唸るようなセリフの妙
地下鉄の中でゲッコーとジェイコブの話が女と金のことに及ぶとそれは、
「金は同じベットに寝てくれるぞ。そしてじっとオマエを見つめてくれる。金は眠らない女なんだ。」
なんて展開になります。
唸るようなセリフですね。
セリフが説明的でありきたりじゃダメなんです。

3)ウォール街の大物が集まる部屋のインテリアの凄さ&強欲社長の趣味はあの人と同じ。
銀行を清算に追い込む会議が開かれる部屋のインテリアには目を見張るものがあります。暗がりに沈むカーテンの光沢やソファの革の照り、を見てください。
また敵役になる強欲な投資銀行家の部屋に飾られる絵画の数々ですね。
ゴヤ、キース・へリング、ウォーホール、フランシス・ベーコン(私がパッと見た感じですけど)などなど。
後のメトロポリタン美術館でのパーティシーンも圧巻。
神は細部に宿るのです。
こういう処で、手を抜いてはダメ。
強欲社長の趣味がアート、というのはリチャード・ファルドがイメージでしょうか?皮肉も効いてますし、伏線にもなってます。
1つのシーンに多重な意味がある。
これが職人芸というものです。

4)若い二人が家を買いに行きますが、ついて来た不動産ブローカーの正体が明かされるまでの展開。
ビックリしたと思います。
こういう何気ないシーンに意味と意外性が込められると、客は飽きません。

5)金は日本から中国か
前作では市場が開くと同時に、「東京の連中が買ってくるぞ」、なんてセリフがありましたよね。
今回はひたすら中国の金が注目されています。
リーマン破綻も、中国から韓国が買い手の噂になっていました。
そういうセリフもありましたね。


こんな風に物語を紡いて行って、終盤、大落としが来る。
私はすっかりハメられました。
オリバー・ストーンは時にトリッキーに過ぎ、時事ネタと寝すぎる風もありますが、こうして観ると半端な手練れじゃないですよね。
見事な作品でした。

ps
オートバイで山道を競争シーンがありますが、路面に木の葉が落ちていて危険です。クルマなら気にしないで良い程度ですし、単車でもゆっくりツーリングならOKですが、映画のようにレースまがいに飛ばすなら、あの落葉はリスク・ファクターです。
どっかに吹き溜まっていたら、非常に危ない。
私ならあの環境では単車は飛ばしません。
クルマでも自重するな。

我が子を喰らうサトゥルヌスは誰のことか?
観れば分かりますが、今回、この絵画が特別なモティーフになっています。
一見、絵画をイッパイ集めていてもアートへの愛がないことが分かりますし、強欲が破滅することの隠喩にもなってます。
でも将来の世代を喰らうな、という教えは何処かの国にも言ってあげたくならないですか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 05, 2012

EMINEM RECVERY@焦燥する悲しみに涙は追いつけない

ベタなヘッドラインでスミマセン(笑
ラップはパンクと並んであまり好みの分野じゃないんで、恐縮です。
でもこのアルバムは別格で、去年買ってからmyヒットチャートにしぶとく残留。
美神であらせられる安室奈美恵様、幾多の萌え系アニソンを向こうに回して、残り僅かな洋楽の火をともし続けております。

エミネムはカーテン・コールから聴いて感心した口なんですけど、アルバムをあまり聴かなかったのは、この人、「生理的不快音」だすでしょう。
アレが嫌だったの。
どんな分野であれ品のないのって嫌いなんです。
この作品にはそういう効果音がないから安心して聴いらてられます。
聴けばやっぱり圧倒的に凄いよね。
エミネムのラップって、女をナンパしている、というより裏町で激高したチンピラが喧嘩ごしにまくしたてている感じなんだけど、声になんとも言えない哀愁があって、聴かずにはいられない。
こういう声とあの虚ろな瞳を持って生まれたというのが、スターの証拠なんだろう。
この人の音楽を聴いていると、若さ故のエネルギーの持て余しとか、格子の嵌った現実の壁を見つめる時への焦燥と闘志とか、本人はいくら本気で燃えていても、結局は朽ち果てるであろう儚くも脆い夢の残滓とか、様々な情景、感情が沸き立ってくる。
その上で、
I`m not afraid.to take a stand
Everybody, come take my hand
We`ll walk this road together through the storm
途中略、
And I just can't keep living this way
So starting today I'm breaking out of this cage
I'm standing up, I'mma face my demons
I'm manning up, I'mma hold my ground
I've had enough, now I'm so fed up
Time to put my life back together right now
こんなこと言ってるんだもんな。
好感持たざる得ないじゃないか。

曲としては上記、初登場1位のNOT AFRAIDは当然として、後はTALKIN2やP!NKフューチャリングで昏い予感とスリルのあるWON`T BAGK、6曲目のGOING THROUGH.8曲目のSEDUCTION、急き立てられるようなNO LOVEが好きかな。
グラミーで鳥肌の立つようなパフォーマンスをしたFEAT.リアーナのLOVE THE WAYは、CDを買うなら一番期待のトラックでしょうが、正直ライブ.・バージョンの方が熱気があって、ちょっと肩すかし。
でもこれはスタジオ録音が悪いというより、あの時の二人には神が降りていたということでしょうね。

もうすぐグラミーだよねえ。
録画して早回し、曲だけ聴いて乗り切る予定です。
あ、ツマンナイ曲は、HDD30秒ジャンプね。
ホントは最初から曲ごとにチャプター区切ってくれると嬉しいんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2012

安室奈美恵LIVE STYLE2006@妖精のような彼女は重力からも自由

去年のツアーもLIVE STYLEと名付けられていましたが、これは5年前の2006
Pop Music史上に残る大傑作「PLAY」のひとつ前のライブです。
だからこのDVDではスーパークールな世界を創造している、というにはまだ少しだけ生硬な感触が残っています。(登場の時のロングドレスとか、バラードの時、背景に広げられるドレープを入れた幕とか少しダサい。)
ああ、でもこのお姿、この動き、なんという魅惑の極致でしょう。
美神(Muse)に生まれ変わる寸前の妖精さながら。

Supercool(スーパークール)
安室奈美恵を定義する時の言葉として提案したい。
安室奈美恵、安室奈美恵というと狂ったように絶賛する私ですが、とりあえず他のディーヴァと呼ばれる人たちのライブも一応みんな観ています。
その上で言います。
世界のトップアーティストたちのライブはみんな素晴らしい。
でも安室奈美恵の創りだす世界は次元が違う。
日本人はしょせん外人に勝てないとか思っている人は、いつまでもそう言っていなさい。
世界は変わるんだよ。
日本人はダメに決まっているという偏見、思い込みで目が曇っているだけ。
安室奈美恵は世界1なんじゃないかなあ、と思っている人。
貴方は正しい。
どうかその見解に自信を持ってください。
安室奈美恵はPop Music史上に、まったく新たな次元を切り開いた芸術家です。

軽やかに歌い踊る彼女は、時に重力からすら完全に自由に見え、ほんとにこんな人間いるのかな、と考えてしまう。
黒いセパレーツ姿になったスタイルを遠くから撮った映像など、人間というより、未来の芸術家が造り出した3DCG映像のようにしか見えない。

唐突ですが、宇宙には基本的に4つの力しか存在しません。
1.重力2.強い核力、3.弱い核力、4.電磁気力
ですね。
そして宇宙を形作る最も大きな力は重力です。
そして重力というのは、「現実」を考える上での非常に強力なメタファーになる。
夢はそのままでは実現しない、無理して実現させようとすると、自らの重みで自壊してしまう、ということですね。
その隠喩としての「重力」からすら「自由」になっているのがnamie amuroだ。
こういう大げさなことをかんがえさせるのが、彼女のライブなんだよ。
だから芸術家なわけだな。

安室ちゃんについての前記事で、DVDを寝酒代わりに観ている、と書きましたが、最近はついつい観すぎて夜更かし気味です。
私にとって安室奈美恵のPV、ライブDVDは麻薬そのもの。
節制とトレーニングの鬼であろう安室様のファンとしては恥ずかしい処なんで、今日からは反省して早寝をしたい。

ps
最近の安室奈美恵を観てない人はDVDを買いなさい、なんて言わない。
買わないでイイです。
レンタルでイイから見てください。
「PLAY」からでイイかなあ・・・アルバムでもツアーでもどちらでもイイや。
貴方に美を見分ける感性があれば、5分で人生変わりますって。

DVDの内容についてまったく書かなかったので、いつかまた記事にします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

妻が交通事故@取り締まりの基準がおかしいのが証明されたな

一昨日のことなんですが、妻がスーパーからの帰り道、交通事故を起こしてしまいました。
クルマ対クルマの事故でしたが、双方に怪我人がなかったのは幸いでした。

でもこの前、イイクルマと褒めたばかりのBMW116iは廃車決定・・・修理代90万なんでね。
今日、次のクルマを決めてきました。
それまでは代車のフィットです。
乗ったらレポートします。

事故は昼間のことで、私がちょうど昼休みで職場から自宅に帰る時、向かい側の道路からスーパーの商品を抱えて妻がやってきたんですが、遠目でもなんか泣きそうなのが分かりました。
ま、事故はショックですからね。

それにしても言いたいのは妻がクルマをブツケルのは過去十数年で二度目なんですね。
でも彼女はその間、まったく、違反で捕まったことがないという・・・
比べて私は結構、捕まっている。
そりゃですね。
前が空いていればスピードも出しますし、見通しが完璧なら完全に一時停止もしない時ありますが、常に危険はどんな状況で起こるか?と考えて運転してんですよ。
だから法規は完全順守じゃないかもしれないけど、事故を起こさないの。
無茶苦茶やってるわけじゃないの。

私は免許習得以来数十年、対人はもちろん、対物だって皆無だよ。
およそクルマを何かにブツケルということはないんだ。(信号待ちで停まっている時、追突されたのは二度ある)
なんでか?
何より運が良かったんでしょう。
でも常にリスクを考えているの。
少しでも危ない、という状況があったら、法規になくても、その傾向と対策を考え抜く。
そして二度とないように、心がける。
さらにイマジネーションを働かせ、こういう状況に、こんな具合が重なれば、こう危ないだろう、なんてことまでシュミレーションする。
だからと言って自惚れていると明日にでも巻き込まれるのが交通事故なんで、決して今後もない、と思うのは論外ですが、警察の取り締まりはオカシイ。
取り締まりって事故の未然防止にあるんでしょ。

今後は違反があっても過去30年以上無事故だったら放免すべき!
乗り出して5.6年とか10年、20年の無事故じゃダメ。
でも30年以上の無事故者は、制限速度の撤廃と追い越し違反を免除しよう。
そしたら高い、馬力のあるクルマでも買うよ。
これで内需振興だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »