« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

September 28, 2011

秋の暮れ、紫のグラディエーション、ダンタリアンの書架、靴を買いに行く

めっきり涼しくなりました。
すごしやすいと言えばその通りなんですが、私は少し暑い位の方が好きです。
夏が一つ終わるのをだんだん寂しく感じるようになっています。
人生の夏もとうに過ぎて、このまま秋が深まってしまうのかな?
ああ、もう一度、燃えるような夏を私に!(笑

昨日は仕事の後、Z4に乗って靴を買いに行きました。
面倒だったんだけどね。
しばらく買ってなかったから、あまり良いモノがなくなってしまって。

途中のドライブでは、いかにも秋の夕空という紫から深赤にかけて染め上げられた雲と空を見ました。
聴いていた音楽はダンタリアンの書架のOP
詩の朗読がムード出しています。
秋の雰囲気が非常に宜しいです。
オープンカーは秋、ということ、良く言われるのですが、夕暮れから夜だとヒーター掛けないとダメでしょう。
人工的に快適にする、というのが嫌なんです。
夏の夜は蒸し暑いでしょう。
でも幌を開けて走っていると、風が首筋をまといついて、汗を乾かしてくれる。その感じが良いんですよ。
信号とかで停まって、蒸し暑くなって、汗がにじむ。
走りだすとその汗が乾いていく。
この繰り返しが好きなんです。

お店を色々回って買った靴はナイキとホーキンス。
共にセール開催中で安かったです。
どこにでもストレスなく停められる、Z4はこういう使い方には非常に便利。

夕食はマクドナルド。
随分ご無沙汰していたせいか、看板みたら急に食べたくなって入りました。
チキンなんかも今はあるのね。

ps
あ、印刷しておいたチラシ置き忘れるのを忘れた。

ps
今日は本来、休日だったんですが、用事が立て込み仕事日より忙しい一日でした。
疲れました。
神経、体力共に限界。
来週の日曜も水曜も忙しいの決定なんだよなあ・・・
まあ仕方がないですね。
働くってこんなモノ。

「庭は喪に服し
冷雨は花裡に沈む
夏は身を慄わせ
黙然と終末に向かう。
金の葉は一つまた一つ
高いアカシアの木から滴り落ち、
夏は驚愕し、力なく微笑む
死にゆく庭の夢の中に@ヘッセ/9月」

「夜の魔術の環の中で
深く、千倍も生きるために。
そして音楽は常に新たに、無上に慄える石たちから
ほかに使い道のない空間に、神々の住む家を建てる@リルケ」

「何故ならば、美は私たちの耐えられる限りでの
恐ろしいものの始まりにほかならない@リルケ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2011

カラマーゾフの兄弟3 ドストエフスキー/亀山郁夫@おまえ、ペンキ屋だな(爆笑

3巻目です。
この巻は、2巻目ほど深い論議は読めませんが、出てくるキャラクターが立っていて、面白く読ませます。
笑ったのはエントリーにも書いた某人物の「おまえ、ペンキ屋だな」というセリフ。
詳しくは読んで戴くとして、この部分、某高級ホテルのトイレの中で読んでいて吹き出しました。
突然の笑い声に、周囲の人は怪しんだと思うのですが、絶妙のタイミングなんだもんな。
この前後に、「運命は、ばけものですからね」なんていうスゴイセリフも出てくるんで、まさかあの悲惨な混乱状態をこんなセリフで落とすとは思わなったです。

さて、話はいよいよ裁判になります。
殺人事件の犯人は誰か?
普通に考えればミーチャ以外ありえないのですが、そこは稀代の傑作小説なんですから、展開を期待しましょう。
まあ、ここからは半分ミステリー小説のノリで読みます。

ps
巻末の亀山さんの読書ガイドが非常にオモシロイです。
まず、日本の左翼が絶賛する露文の大大将、ドストエフスキー様はネトウヨだったのあだあ、ということにビックリ!
まあ日本の左翼は単に日本嫌いだから良いのか。

ポーランドとロシアの歴史的経緯も興味深いですね。
それからカラマーゾフという名前が「黒く塗る人」という単語の合成語になっている、というのも興奮の事実だった。
すぐにストーンズの曲を思いついたんだけど・・・関連はどうなんだろう?

後はロシアの宗教史ですね。
ロシアはギリシャと同じで正教会ですよね。
祖先崇拝と自然信仰、農耕儀礼から、ウラジミール一世が十世紀後半に持ち込んで、異教と融合、二重信仰と知りました。
一つ利口になれました。

相当にオモシロイ小説です。
精密なダイヤグラムに基づいて書かれているので、文学を読むぞ~という気負いがなくても読めますから、気軽に手に取ってみましょう。
ドストエフスキーはスティーブン・キングと同じ位、小説が巧いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2011

安室奈美恵 LIVE STYLE2011@戦士化進行、安室奈美恵、でも間違えちゃうこともあるの(笑

昨日今日と代々木で安室奈美恵のライブを観てきました。
東京、初日の昨日は台風一過とは言えず。小雨降る肌寒い日でしたが、開場30分前には広大な代々木第一体育館の前は大勢のファンで賑わっていました。
平成の時代にスターはいなくなったって言っている人に、見せてあげたい光景です。
膨大な観客に、列をなすトラックが停まり、屋台もグッツ売り場も人だかりで、大勢のスタッフが忙しく立ち働く。
これ全部、一人の女性の歌とダンスを観に来ているんだよね。
スゲエよな。
スター、暗闇に輝く星、という言葉がピッタリだわ。

私は雨を避けて早々とトイレに避難。
ドストエフスキーの3巻を読み進む(笑
雨脚が強くなるとお仲間が増えました。
女子トイレがパンク状態なので、入口には女の子も来ている。
男性ファンも増えてきましたね。
R&Bやロックのファンだった人は来ると思うんだ。これからも。

ライブはオープニング映像から架空の世界で戦う美しき女戦士というイメージで、コンサートはより先鋭化しています。

バラードは途中2曲だけ。
Tempestは涙が出るほどの熱唱!
八方からスポットライトを浴びて歌う安室奈美恵はまぎれもないディーバです。
でも次のGet Myself Backでは出だしでツマリ@初日の方ね。
「間違えちゃった」の一言。
唯一のMC(笑
会場、大受け!(笑
和んだ!というか最高の演出になっていました。
ずっと民衆を引っ張っていた美しき女戦士が、一瞬、女の子に戻った瞬間を見たって感じ(笑
私だって可愛い女の子やりたいの、って心情か?
この曲は苦手なのか大阪でも間違えたらしいです。

それから再びハード路線で、やっぱハンパなライブじゃない。
特筆したいのは、ダンサーなしで花道で一人で歌うWonder Woman。
この時の動きの美しさですね。
他の曲と違い、型がないんですが、一挙一動がともかく綺麗なんだ。
長い手足に小さな顔で、リズムに乗ってキメルポーズがカッコイイのなんの。
CheckmateのDVDの最後。Do What Uの映像で、安室ちゃん、ただクネクネ踊っているだけだったでしょ。
でもひたすらカッコ良かったよね。
高度に訓練されたダンスも素晴らしいけど、この人の動きには天性のカッコ良さがあるよね。

2連チャンは疲れましたが、行く甲斐はあります。
凄いライブですよ。
でもどこまで尖っていくんだろうね。
ギリギリに研いでいった先には何があるんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2011

花山椒@繊細な和の料理

ミシュラン店シリーズです。
13時から「頑張れ日本」のデモがあったので、11時半に入店し、8400円のコースを早々と戴きました。
このお店を選んだ理由は、汐留にあり、ゆりかもめの駅と直結しているからですね。

今回は献立表がなかったので、明細は書けません。
でもみな懐石の本領発揮、という繊細な感覚に満ちていました。

一番美味しかったのは、はもと松茸の土瓶蒸しですね。
この1点に限れば8月に行ったなだ万より素材の滋味、豊かだった気がします。
それから、【造り】が良かったです。
玄界灘の鯛と青森大間のマグロも良かったですが、大みぞ貝というちょっと珍しい貝が旨かった。

お店は小さいですが、サービスも行き届き雰囲気も良かったです。
飲んだのはノンアルコールビールでした。

前回のなだ万→靖国コースでは、飲めないのに盛り上ってビールとシャンパンを頼んでしまい、酔っ払って、灼熱の靖国でバテてしまいましたからね。
今回はツマラナイけど、ノンアルコールです。
ただこのブランドは後味が少ししつこい感じがしました。
この銘柄だけは替えた方がイイね。
個人的にはサントリーのオールフリーがおススメ。
ネトウヨとしてサントリーは不買だろうって?
いや、サントリーは好きなメーカーなんです
この会社のミステリー大賞には、随分ワクワクさせてもらいましたし、アートに熱心なのも好感度
個人的に文芸、アートに力を入れている処は応援するんです
今、情報入った。
ダメだココ。
ノンアルコールビールはホッピーで決定

ps
汐留近辺に詳しくない人に注意です。
このお店があるのはパークホテルです。
新橋駅から歩いて、疲れた頃に入口があるのは、ロイヤル・パークホテルです。パークホテルはその後ろ。
間違えないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2011

感動!湾岸署のみなさん、ありがとう!@フジテレビデモ、国旗騒動事件

休日は腰の重い、私。
せっかくお台場くんだりまで出掛けるのに、デモだけじゃもったいない感じがしたので、ミシュラン店にも予約入れ。
この時点では、半ば義務というかね・・・
この次は銀座とか日本橋とか繁華街でやった方が、周囲に周知出来るんじゃないの、俺も買い物とか便利だし、と、個人的にはね、感じてました。
まさかコレほどの騒動が起こるとは思ってもみなかったです。
今回のお台場デモ。
新たな問題点があぶり出されました。
ただ私は個人的にタイムアップになってしまい、この騒動は知りません。

でも掲揚されていた国旗は唖然とする酷さだったよ。
ネタで挙げているのか、挑発なのか、というレベル。
デモ開始前の演説で、国旗が酷いという話は聞いていたんですが、まあちょっと大げさなんじゃないの、と思っていた位でね。
世の中にこれほど酷い国旗があるとは知らなかった。
それをまた超近代社屋の前に挙げている会社があるとは想像を超えていたよ。

私の国旗です。(集合場所のテレコムセンター前)
Dsc_0021


Dsc_0020
風に翻り過ぎて巧く撮れませんでした(笑

みんなの国旗も凄く綺麗でした。
沢山の日本国旗がいっせいにたなびく様は、これ以上ない風景だったね。


それから湾岸署の警察官に感謝。
私は免許修得以来、数十年。
人身はモチロン、物損事故も皆無なのに、たまにクダラナイ違反で上げられるんで、警察には非常にイラついる人間でした。
こんなこともしていた。
実はこれ以外にもイッパイあって・・・
反省しています。
今後は敬意を持って警察の方々に接することを誓います。
私は警察に協力する気になれば協力出来る人間なんで、今後は何かあったら全力だします。
散々怒鳴って悪かったよ。
今は感謝。
今日はどうもありがとう。
私は恩は忘れない人間だよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

メイウェザーvsオルティス@私がもし50歳若かったら(笑

ずっと楽しみにしていた試合ですが、ちょっと拍子抜けの幕切れでした。
でもメイウェザーが錆ついてなかったのが見られたのは収穫でしたね。
年も取ってきたし、試合もしてなかったし、前回、モズリーに喰ったようなパンチをオルティスに打たれると、無敗伝説の危機もあるのでは、と思っていたんですが、役者が違った。

1R,いきなり見せた右ストレートは、途中の空間が駒飛びしているんじゃないか、というような異次元のスピードでした。
サウスポーのオルティスが打つ右のジャブより、遠い方から打っていくメイウェザーの右ストレートが先に届くんだもんな。
良く見ると、相手のパンチはヘッドスリップで避けているんですが、その最小限の動きでかわすディフェンス・テクニックと超速で伸びるパンチですね。
性格的には色々あるんでしょうけど、やっぱり究極のボクサーだよ、この人は。

そんな相手にひるまず飛び込むことを止めなかったオルティは勇敢なファイターでしたが、頭突きは不味いよね。
それで反省のし過ぎ・・・
謝るのは1回で良かったんだって。
ラッシュして追い込んでいるシーンもあったんだから、もう少し見たかったな。

でも倒された後、さばさばしていたのは、途中から力の差を意識させられていたからではないでしょうか?
ともかく強かったよ、メイウェザー。
まだ1回しか見ていないので、後、2.3回見て確認します。

凄いなと思ったもう一つは、試合後にインタビューしていたお爺さんの発言ですね。
メイウェザー相手に、「もし私が50歳若かったら、貴方なんてぶっ飛ばしてましたよ」って何なんだよ(笑
白人、は年取っても気が強いよ(笑

ただあそこで反応出来るのは、フロイド・メイが筋肉の反射神経だけでなく、判断も速いということですよね。
そして抜群に速いパンチは威力も凄いということです。
力=重量×速度だもんね。
力んで打つよりスピードが肝心。
物理学を再認識させていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2011

カラマーゾフの兄弟2ドストエフスキー/亀山郁夫@奇跡はビジネスになる、を予言した大審問官

カラマーゾフの兄弟、2巻目です。
読むと1巻はこの長大な小説の導入部だったのだなあ、と感じます。
2巻目は、リズムが出てきてストーリーが走り出し、内容が深まってずっとオモシロイですよ。
特に「大審問官」は凄いですね。
イワンの語る、物語詩、という設定ですが、非常にスリリングな部分の抜き書きで、なんとなく聖書の「黙示録」的な立ち位置を感じました。

この章節については書きだすと切りがないんで、一番印象に残った部分だけ書きますと、
「おまえは知らなかった。人間が奇跡をしりぞけるや、ただちに神をもしりぞけてしまうことを。なぜなら人間は神よりもむしろ奇跡を求めているからだ。そもそも人間は奇跡なしに生きることはできないから」
これですね。
そう、人は奇跡なしには生きられない。
だからこそ今は奇跡がビジネスになっている。
巨大化したスポーツ・ビジネスとか映画や音楽などのエンターテイメントビジネス、みんな奇跡の商業化だもんね。

後は1巻目の神学論争に結論が見えてきていて、それは
「神がいないなら、神を考え出さなければならない」
ということです。
でもせっかく造り上げた神も、
「俗世の学問がおおきな勢力となり、過去一世紀は聖書の尊い約束を、何もかも秤にかけてしまった」
となった結果、すべての価値観が功利主義の罠に落ちる。
全部が損得で片付くなら魂は何処に存在するのか?
魂がないなら、我々は肉で出来た、ただの算術計算機ではないのか?
という深刻な疑問。

結局、この小説が現代の日本で未だ新鮮に読まれるのは、神なき時代に置いて、我々はそれを超克できるのか?
という疑問へ必死の解答を差し出そうとあがく処ですよね。


ps
亀山さんが、この小説の構成は、古典派時代の交響曲の楽曲構成を意識しているのではないか、という指摘があります。
18世紀後半から19世紀前半の交響曲の第二楽章は「緩除楽章」と呼ばれ、基本的にゆったりとしたテンポの楽想が与えられる、とされています。
このご指摘、4部構成の共通という点では非常に腑に落ちるのですが、この巻が緩除である、とは思えなかったな。
でも私はシンフォニーでには何故か第二楽章、好きなんです。
甘い感じの旋律が多いですよね。
今後、読み進めないと結論は出ませんが、2楽章贔屓という点では、不思議な一致となるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2011

花王へ整然たるデモ決行される@Webはビッグ・ブラザーを倒すのか?

1)今日は花王のデモでした
午前中の仕事が終わってから、即効でユーストリームにアクセスしました。
前回同様、非常に整然とした印象を受けました。
キジをハンマーで殴り殺すデモには沈黙する日本の文化人が、この平和で整然としたデモに何と言うか楽しみです。
公安の監視(笑)はあったのでしょうか?
日本人は差別主義者であったのでしょうか?
私の高校時代の友人に刑事になったヤツ、いるんですが、強烈な右翼思想(笑)でした。(日本と日本人を大切に思もおうというのが右翼思想ならだけどね)
お互いが同志だったと知った日の感動については後日記事にします(笑


2)株価に効いたフジテレビと花王
私の投機対象は、外国為替が中心で、株は日経平均先物とOPだけ。
だから個別株の値動きには疎いんです。
それでも少し見ていた限りでは、フジも花王も平均株価、オーバーパフォームしていましたよね。
ただ今日に限っては非常に効きました。
花王は上がっているじゃないか、と言う人は、まったく分かってないか、強がっているだけ。
個別株の評価は、ベンチマークとの比較でなされるのんです。
全体が暴落したら、下がって当然。
逆に日経平均が2.2%上がっているのに、花王は0.1%しか上がらず、フジテレビは-1.04%の下落なら効いている、と言って良い動きです。(大型株が市場平均より1%以上ずれたら偶然だ、と片付けない方が良い)
デモされた花王より、フジの下落が大きいのは、今日のコールでも、敵は花王というよりフジテレビだった、という影響があるんでしょう。
まあ、嫌なら見るな、文句があるなら買うんじゃない、それが民主主義という企業連合ですから、気にはしてないと思いますけどね。
でもボンヤリ支持する100万人より、強い敵意を持った1万人が怖いんだよ。
本当はね。


3)チョーヤがフジテレビのスポンサーを降りました
寂しい話なんですが、お酒はほとんど飲めないんです。
よってチョーヤの製品にはまったく縁がなかったんですが、粋なことしてくれたんで買いましょう。
でも梅酒のアルコール濃度って14%もあるのね・・・こんな強いお酒(笑)、とても飲めない。
だから他の商品買います。
明日、仕事の後、絶対買いに行きますからね。
継続的に買い続けることもここに約束します。


4)セブンイレブンにはまだヘルシア緑茶があった@これで今年はもう行かない
先日、ローソンの棚からヘルシア緑茶が消えたと書きましたが、セブンイレブンにはまだありました。
PBが好きで、我が愛するセブンイレブンなんですが、ローソンに行き直して諸々購入しました。
残念ですが、今年イッパイ、もう行きません。
年明けに再度チェックですね。
ヘルシア緑茶がローソンにまた並びだしたら、行くと思いますが(笑


5)自分の予定
19日のデモには参加出来ると思います。
後は周囲への周知活動をしています。
零細自営と言っても、勤めてくれているスタッフやら、出入りの業者さんですね。
気が付いたら、毎日、何人も来ているじゃん。
私は買う立場、仕事を出す立場なんで、相手に内心クダラナイと思われても聞いてもらえます。
そういう方々に、穏やかにお話をさせて頂いて、もし納得して頂かなくても、話が伝わるウチに、賛同者も少しづつ増えるんじゃないかな、と思ってます。
地道に一歩一歩ですね。
敵はあくまで大きく、我々は無力であり、楽観は禁物、信念が問われる処です。

それにしても今回の偏向メディア抗議活動の戦略は非常に優れたモノだと感じてます。
動画も良く出来ているしね。
凄いよ、みんな。
コレ見てネット民はバカばかりと思っているんならそう思っているとイイよ。
日本人はあくまで侮蔑の対象なんだろうからさ。

今は真剣に、スタンド・アローン・コンプレックスという言葉をかみしめている。
ウェブがビッグ・ブラザー支配を倒すfinal・countdownは始まったのだろうか?
大げさでなく、歴史的瞬間を見られるかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2011

河合隼雄との対談で感じた長編作家としての村上春樹の難しさ

「約束された地で」の後半に、村上春樹と河合隼雄の対談が載っています。
読み応えのある内容なんですが、村上さんが相当抽象的な思考をするんで、少し驚いてます。

たとえば、「悪というもののかたちを書きたいと思っていました。でもうまくしぼりこんでいくことができないんです。悪の一面については書けるんです。たとえば・・・でも悪の全体像ということになると、その姿をとらえることができない」
なんて書いてある。
「悪の全体像」
これを絞り込むのは難しいでしょ。
村上春樹だけでなく、どんな作家にも芸術家にも描けないと思いますよ。
そもそも絞りこめるモノなのか?
絞り込んでしまって良い対象なのか、ということですよね。

そこで気になったのは、村上春樹の長編小説への引っかかり感です。
村上春樹は、短編小説もエッセイも、ノンフィクションも書きますし、翻訳もする。
みんな素晴らしい。
私は大好きです。
でも自らを何者か、と問われれば、長編小説の作家である、と答えたいそうですが、私の順番では、春樹村上の長編は最後に来ます。
エッセイに書かれるユーモアは楽しいし、フィクションには切れ味があり、短編は印象深く、翻訳は美しい。
でも長編小説になると、飲み込む時にどうも喉に掛る感じがぬぐえない・・・
なんでだろうという疑問の答えは、あまりに深く対象を捉えようとする性にあるのではないか?
そこに咬んでも咬みきれない塊が残る原因があるのではないでしょうかね。

小説って、あくまで完全な言葉に出来ない対象を、「物語り」という動きのある、「ダイナミズムの中で感じさせる」モノですよね。

対象を「完全に捉えよう」とすると、量子力学で言う不確定性が出てしまう。
位置を完全に特定すると、運動量はどこまでも曖昧になってしまわざる得ないような原理って、文学の中にもあるんじゃないでしょうか?

小説と言っても分野が違うこと承知で書きますが、S・キングは、上下二巻、二段組み3000pの作品「アンダー・ザ・ドーム」を、「アクセル踏みっぱなし」で書こうと試み、成功しました。
アメリカの田舎町が突如、破壊不能のドームで蓋われる。
非常にクダラナイ設定で、キング以外の作家が書いたら読むに耐えないモティーフだよねえ、と思いつつ、キングが書くと爆走800馬力!って感じになる。
そこには多様な、恐ろしいほどの悪が脈打ち息づいてました。

でもS・キングって恐らく抽象的な思考ってしない人ですよね。
庭にイカシタクルマがあったから、アクセル全開で走ってきました、みたいな。
エンジンが何馬力で、バブルの動弁機構なんて知らないし、あんまり興味もない。
自宅の庭にはあったけど、ホントに自分のクルマだったのかな、なんてことすら考えず、ともかくアクセル全開で走ってみたら凄かったよ、みたいな。
でも長編小説って、その位の勢いで書いた方が良いような気もするんですよね。
言葉に還元しきれないナニカが立ち現れるのは、そういう試みが成功した時だけじゃないかな。

1年でも早くノーベル賞を、と願いつつ、日本最高の作家に生意気言ってみましたよ、という記事でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2011

アニオタとネトウヨは何故、かぶるのか?@私の推論は

ネットで、アニオタとネトウヨが被っているという話題がありました。
私もコレ、感じてたんです。
大分前なんですが、アニメネタでリンクをたどっていったら、ネトウヨのブログに行ってしまったことがある。
そういえば、この分野、兼ねている方多いのかな、と思いついたんですね。
私自身がそうであり、このブログもそんな感じです。
何故でしょう?

この被り方が不思議がられるのは、、二つに関連性がなさそうなとこですよね。

たとえばボクシング・マニアと総合格闘技ファンが被っている。
なんとなく分かりますよね。
殴り合いを見るのが好きなんです。
これにはトレーニング・オタも被りそうです。
筋トレしながら、今月はメイウェザーvsオルティ、J・ジョーンズとランペイジ戦なんて楽しみにしている。
私がそうですね。

数学オタと量子力学オタの被り。
なんとなく分かりますよね。
私がそうです。
両方好きで、色々本読んでます。
文学好きとアート好き。
展覧会行くと、休憩場所で本読んでいる方、よく見ます。
これもなんとなく繋がる感じ、分かります。
私はこのパターンでもあります。
こうして書くと、一人の人間でも色々趣味があるものです。

でもアニメとネトウヨはどこで関連するんでしょう?
数式繋がりとか、殴り合い繋がりとか、文化芸術繋がりのような繋がりが見えにくい。
というか、ない、としか思えない。

この謎の答えは、錯覚にあるんじゃないか、と思います。

要するに、アニメオタ。萌えキャラ好きって異様な感じで目立つでしょう。
ネトウヨも宣言すると目立つ。
匿名掲示板に書き込むのでなく、匿名とはいえ自分のブログに書くと印象が強い。
デモに参加しました、とか、コンビニで綾波レイのクリアファイル買いましたなんて文章の方が、連続体仮説について、とか、フェルミオンはクォークとレプトンに識別され、ボソンとは別にパウリの排他律に従う、なんて文章より、一読、印象に残りやすい。

よって二つは、結び付けられやすく、関連が見えにくいが故に、被る不思議が問われることになる。
ということです。

ま、一人の人間の中にも、様様な側面があり、改めて人は複雑な生き物であると認識するのが肝要でしょう。
ネトウヨ=ニート=アニメオタ、リアル世界じゃ引き籠りなんて一概に決めつけるのは間違いの元でしょうね。
と書いている間に、メールの着信音。
夜間取引で225OP、指値約定です。
ノートに記録して、今日は寝ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2011

ヘルシア緑茶が消えたローソンは+綾波ファイル、安室チケットは残念&ポルシェディーラーは早じまいの週末

昨夜はブログをアップしてから、ローマンベンチと腹筋、共に2キロのウエイトを乗せて行う。
普通にやっても荷重がたりない感じなんで、パワーブロックを頭に乗せてるんですが、この恰好、傍から見たら相当間抜けな感じに見える?
入浴し、スペイン戦を見ながら歯を磨いていたんだけど、出掛けたくなり、116iでコンビニ行きを決行。
休日前夜に行く処がコンビニしかないってのが、寂しいよね。
いつもながらそう思う。
深夜の道はがらすきで、アクセルベタ踏み飛ばす!
というのは嘘で、底辺ネトウヨ故、クルマはモチロン、免許もありませんから、歩いて行きました。
セブンイレブンかローソンかと迷ったんだけど、綾波グッツでもあるかなあ、とローソンを選択。
飲料コーナーに直行し、まずはヘルシア緑茶のスペースは?と見たらなかったです。
うっそ!
ホントに無くなっているじゃん。
大きなボトルがなくって、小さなボトルも少なくなってと思ったら、伊藤園に入れ替わっている!
ネットなんてリアルの世界に影響なし、って思っていたけど、今回の騒動は効いてるんじゃないの?

なんとなく盛り上がって、大人買いに走りカゴイッパイに色々買う。
セブンイレブンにはまだあるのかな?
ローソンだけ撤去なら、しばらくローソンonly決定ですね
最後にレジ前を通ったらレイちゃんのクリアファイルがあるじゃあありませんか!
店員さんに、このファイル2種類買うにはどの商品を購入すれば良いのでしょうか、と聞いて「ばかうけ」というスナック菓子を購入・・・翌日食べたら・・・・感想は控えたい・・・
次女に学校に行く(受験用補習)なら持っていけと命じるも、
「やだよ、こんなの持って言ったらオタクだと思われちゃうもの」、と拒否されるも、無理矢理押し付ける。
まあ、こんな一夜でしたが、昨日は残念なことが2つあったんだよね。
一つは安室ちゃんのライブのチケットが二公演分届いたんだけど、共にかなり後ろの方の席だったこと。
抽選なんでしょうがないですね。
行けるだけありがたい、と思ってます。

もう一つは、土曜日、少し早めに仕事が終わったので、ポルシェのディーラーに行ったのですが、途中、渋滞に掛ったりして、少し遅れて到着したら終わっていた・・・BMWのディーラーって結構遅くまでやっているんで、ポルシェがこんなに早仕舞するとは想定外でした。
行くなら時間をちゃんと調べて、ギリギリなら電話の1本も入れておくべきでしたね。
実はここ数日、やっぱりボクスターが欲しくなってしまってですね。
でもZ4、まだ10カ月しか乗ってないんで、幾らなんでもちょっと早いんじゃないかなあ、と後ろ髪を引かれる思いも捨てきれず、迷いつつ向かったんですが、これはきっともう少し待てっていう神の啓示に違いない。

今日起きたら腰の重い私、再度行く気力は失せていたので、Z4、もうしばらく乗ります。
休日でもディーラーに行こう!という気力が沸くようなら、真剣に乗り換えを考えましょうね、と妄想しました。
妄想です。
あくまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

ボーイズ・オン・ザ・ラン@トラビスがもし21世紀の日本にいたら

顔もサエナければ仕事もダメな男性が、初めて夢中になる恋をした・・・でも、という映画です。
WOWOWで放映されなければ、絶対に観ないだろうという映画でしたが、観終わった後、心に残る1本となりました。
私の大好きな「タクシードライバー」へのオマージュ映画だったのね。

原作の漫画は読んでないんですが、映画では途中、トラビスの写真が出てきました。
あのYou talking to me?のシーンのヤツです。
殴り込みに行く時、モヒカンになるのものオマージュってヤツですね。
若く、絶望していて、残されたものは暴力だけ、というのは、時代を通じて恵まれない(=ほとんどの)若者の心情です。
それで砂場で喧嘩するだけなのは、正々堂々の日本人ならではか(笑
これが本物のトラビスなら会社の部署の入り口にガソリン撒いて終了ですよね。
そうすると別の映画になってしまいますけど・・・

ダメ男の悲惨と再生への入り口を主演の峯田和伸さんが好演していました。
駅のホームでの見送りシーンは、オチが効いてて良かったですね。
痣だらけの顔のサムアップに、走りまくるラストは痛快です。
このシーンを、長々と引っ張らないのもセンスでした。


教訓:あまりに無体な女はスルーせよ
女性を好きになる。
結構なことだと思います。
その女性に告白する。
結構なことですよね。
断われてもなおアタック。
良いんじゃないでしょうか。
でも仏の顔も3度まで、にしておいた方がイイです。
ダメなモノはダメなんです。
理屈じゃないんです。
だから恋愛なんです。
男性だってそうでしょう。
恋愛も投機と同じ(←同じかなあ、笑)
押目買いは3回まで。
それでダメなら自分の理屈を言いたてるのでなく、投げる。諦める。
もっともここまで冷静に対処出来るのが、恋愛か、と問われれば疑問府ですけどね・・・ただ私はしかたなくそうしてきましたけど・・・そして自分を気にいってくれている女性の中からパートナーを選びましたけどね。

ダメなモノはダメなんだよ、という真実を教えてくれる意味でも、この映画は良作です。
人生に不可能はある。
でも起き上がった男なら、新たなる挑戦の日々は続くのさ、きっと。

ps
タクシードライバーで、ラスト、トラビスはベッツィを無視しますよね。
この映画でもご覧の通りです。
梶原一騎的な世界観ですけど、やっぱり男にとって一番大切なのは、女より自らの炸裂なんじゃないでしょうか?
なんとなくそんなことも考えましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2011

7月に買って以来、1度しか見てないテレビ、でもWOWOWはオモシロイよ

先日、デジタル化対応で一応買った二階のテレビが、設定のウンタラカンタラで、ちょと直して下さいという葉書が来たのでやった。

でもこのテレビ、まだ1回しか見てないんだよね。
二か月半で50分。
自分でもビックリだ。

一方、居間にあるWOWOWと繋がっている大型テレビは良く観ている。
今月はUFCでジョン・ジョーンズとクイントン・ランペイジジャクソンが対戦します。
太り鉄鎖を首に巻きつけて吠えるのが、こけ脅しでないランペイジと、真正肉食獣を思わせるスピードと攻撃力を持つジョン・ジョーンズの対戦。
楽しみでたまりません。
先日の岡見選手の試合の前座では、さりげなくマウリシオ・ショーグンvsフォレスト・グリフィンなんてやってまして、オモシロかったです。

ボクシングは、フロイド・メイウェザーとビクター・オルティスが対戦。
フロイド・メイは、人間とは思えない時空間の支配するようなスピードを持つ選手です。一方、ビクター・オルティスは登り竜のような勢いがあるヤング・ライオン。
こっちもムチャクチャ楽しみ・・・
こういう試合を見ることこそ、私の生きがいの一つです。

映画もイッパイやってるんですが、WOWOWの良い処は、レンタル店では絶対に手を出さない映画もいつの間にか録画して楽しめることです。
ツマンナイのもイッパイあるけどね。
自然と可能性が広がるのは、大きな利点と感じてます。

サッカーは当然楽しくて、今はスペイン対ヒリテンシュタインの後半を見てます。
ライブも、先月のいきものがかりなんて良かったな。
今月はビョークもやるよ。
案外バカに出来ないのがノンフィクションWというドキュメンタリーで、ワーグナー?イスラエル室内管弦楽団とか、日本の切手を語った、日本が誇る小さな芸術、なんてのは地味にオモシロかったな。
一生懸命造っていて、視聴者をバカにしてない感じがします。

BBCのドキュメンタリーは、信じ難いような出来で、NHKなんて問題になりません。

これでWOWOW月2415円は高いですかね?
私には非常に安く感じますが・・・別に宣伝料はまったくもらってませんからね。
誤解なきように。
でも偶然クラシコになったスーぺル・コパもオモシロかったがなあ・・・

もうアホらしい地上波番組は観たくない、とお嘆きの貴兄がいたらと、ご参考までに書いてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2011

上限設定!SNBが本当にやった&らきすた祭り開催&ロウきゅーぶOP

今日は10時半から日本代表のW杯ブラジル大会予選を見るので諸々早めに。
まだ仕事も残っているんでね。
1)スイス中銀がCHFを対ユーロで無制限介入発表!
匂わせた後、急落し、中銀に動きがないと見てまた上がりだしていたCHF
SNBは本日、日本時間の17時にCHFを対ユーロで1.2に上限設定です。
信じていたよ、SNB(笑
絶対にやると思ってた。
CHFはUSDとユーロとGBPで売ってました。
ありがたく決済させて頂きました。
戦う中銀はカッコイイ!と今は言いたいです。

2)土師祭に7万2千人@らき☆すたはすでに宗教だ!
らき☆すた、終わって何年たつんだろう・・・まだやっているんだ、と驚きです。
ここまで来るともう宗教として定着したと言っても過言ではないですね。
最近、去年買ったTシャツをおろしたんだよね。
今年のTシャツも欲しいな・・・
去年は炎天下、並ぶも買えず。
再販されたヤツを色違いで2枚買ったのですが、お気に入りで使ってます。
外には着て行けませんけどね。
今年も再販されたら買いに行きます。
売ってね。埼玉新聞様。

3)ロウきゅーぶはOPがイイ曲です
始まったらさすがに恥ずかしくて見られないこのアニメ。
録画だけはしているんだけどね。
クロワーゼとダンタリアンがさすがに限界だ。
でもOP曲は素晴らしく良い曲です。

CD買いたいんだけど、なんでアニメバージョンが売ってないのだろう?
欲しいのはあくまで絵の方なのです、スミマセン。
クロワーゼは少し単調になっているのが気掛かりです。
ダンタリアンは、ダリアンのキャラが立ってきて良い感じ。

途中までしか観ていないロウきゅーぶは、ひなたの「おー」と紗季がお気に入り。
私はどうもしっかり者も世話女房タイプが好きみたい。
メインキャラ二人の作画がもう一つに感じのが残念。
元キャラをpeach-pit様に。
アニメは安田賢司さんに監督させれば、良かったと思うんだけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2011

約束された場所で 村上春樹@何故、その一歩はズレるのだろう?

村上春樹が8人の元オウム信者にインタビューしたノンフィクションです。
読んでいると、人の内面の深さに眩暈を覚える1冊です。

村上春樹は、信者との対談から、巧みに「異質性と同質性を腑分け」し「個人的物語の集積から生まれる集合的物語」を立ち上げます。
小説家として、エッセイストとして、翻訳家としても巧いのに、このシリアスなノンフィクションも巧いですよ。

内部から語られるオウムの実態は、血肉が通ってより生々しく、その壮大な馬鹿らしさと恐ろしさが伝わってきます。
良く言われることですが、信者の中には、非常に真面目に人生を考えていて、かつ頭脳も明晰である人がいる反面、これほど簡単に生活を捨てられるのか、と驚くような人もいます。
ただ普通の人とは微妙に思考パターンが違っている。
語られることを、ふんふんと読んでいて、分かるなあ、この感じと思っていると、ふいに突き落とされるようなズレがある。
そのズレ方が怖いんです。
僅かなズレなんですが、そのズレた方向に歩いて行くと、深い森に迷い込み、悪夢の中に目覚めることになった。
でも全員が後悔しているわけでもないらしい。
信者たちは、カルトの中に、何を見たんでしょうね?
私には結局、「深淵を覗くなかれ。それは同時に深淵から見つめられることである」なんて言葉しか思いあたりませんでした。
すべては謎と暗闇の中ですね。


ps
宗教に対する私の個人的な思いは、
「煩悩は死なず。
ただ巧みに付き合っていくのみ」
ですね。
判断を他人に委ねることは、人生における最も危険な罠です。

恐らくは生と不可分であろう煩悩を、無理に殺しにかかることは、相当危険な挑戦です。
私は凡人なんで、そういう戦いは最初から挑むことを諦めています。
そういう俗人の構造に生まれていることに、少し安心出来る本でもありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2011

宇宙は何でできているのか 村山斎@内容の素晴らしさを伝えない題名

この本の唯一の欠点は題名です。
「素粒子物理学で解く宇宙の謎」(こっちも工夫がないですが)という副題を採用すべきでした。
なんで題名にこだわるか、というと、こういう分野を読む層は、オタクが多いからです。
この手の本は、出ると注目している。
それでもう何冊も読んでいて、自分は結構詳しいと思っているので、あまりにシンプルな題名だと食いつかないのですね。
ま、自分を標準に語ってますけど。
内容が素晴らしいだけに残念なんです。

読めば、素粒子物理学の基礎が非常に分かりやすいたとえで丁寧に解説され、巧みに最新の宇宙論に結びつけられている一冊となっています。
「素粒子物理学で解明された新たなる謎」について知りたいなら、既刊本の中では恐らく最新であり、得られる情報はとてつもなく大きいですから、この分野がお好きな方は必読です。

2003年に、我々は何も知らないことを知った、なんて件はスリル満点でしょ。
粒子加速器が電子顕微鏡とか、スペクトルの黒線で物質を見分けるとかですね。
原子一個を野球場にたとえた時の核の大きさとか、理解が今一歩だった処がはっきりする。
電荷が逆なのに電子が原子核に落下しない理由とか、パウリの排他律ですね。
速効で答えられないなら、絶対に読むべき1冊です。

質量欠損の箇所と、
有名なプランク定数h<Δeエネルギー曖昧さ×Δt時間の曖昧さ
ここから見つけやすい素粒子の性格を語る箇所は絶品だった。

著者は研究者としても1流ですが、素人向けの語りもかなり巧いですね。
複雑な因果は非常に整理されて書かれ、疲れたころあいには、クスッと笑えるエピソードを混ぜる。
相当の手練ですよ、この著者は。
今後も新たな知見が得られたなら続刊、続々刊と希望したいです。

ps
この本を読んで、素人に素粒子物理学が難しい原因がはっきりしました。
コペンハーゲン解釈などに代表される、日常とはまったく違う論理構造は、何度も何度も読まされているうちに理解が及ぶんだよ。
難しいのは、何より覚えることが多いことなんだ。
クォークを世代別に整理出来たと思ったら、バリオンとメソンまで出てくるんだもんな。
素粒子物理学、素人は暗記物と心得よ、が今回の結論です。

さあ!
この本も何度も読んで暗記しよう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2011

他国のために自国民を犠牲にするような非道はスターリンでさえやらぬわ!

かなり感動した動画です。

凄いな。
これを造った人は凄い!

普段、俺は数字に強いと思っていたのに、以下に気づかなかったのは甘かった。
21 名前: 名無しさん@12周年 投稿日: 2011/08/31(水) 21:27:16.10
本スレから出張に来ましたフジの外国人株主比率等に関して、既に出てる話だけど
問題は株の比率じゃなくて議決権数である点について、あまり見かけないので一応整理した
・電波法第5条第4項の概要:  無線局(放送局)は下記(第1~4号)に該当する場合、無線局の免許を与えない。
・電波法第5条第4項第3号の概要:  外国人・外国法人によって議決権の割合が5分の1以上を占めるもの。
↓フジ・メディア・ホールディングス2010年度IRより抜粋
①株式(完全議決権株式)数:2,346,298 ②外国法人等の持株:460,619
③名義変換拒否した外国人持株:230,304 ④議決権の数(①-③):2,072,792
→外国人株主比率:(②+③)÷①×100=29.4%
→名義変換済み外国人株主比率:②÷①×100=19.6%(←フジの言い訳)
→議決権の外国人比率:②÷④×100=22.2%

■結論■
電波法第5条では、外国人の「株の割合」ではなく「議決権の割合」が対象したがって、フジ・メディア・ホールディングスは22.2%(5分の1超)で
電波法違反、放送局免許取消に該当

そうだよ。
全体から一定数を引いたんだから、分母も減って、割合は高まるんだ。
チラッと思ったんだけど、忙しさと疲れでもう一歩考えが及ばなかった。
総務省様には迅速な行動をお願いします。

個人的行動としては
1) 頑張れ日本!全国行動委員会の協賛会員になりました。
月500円、年会費6000円だからね。
チラシ活動もドライブがてらやってみようと思ってます。
クルマに乗っていても、あてのないドライブばかりだったから丁度イイや。
走らせるかいも出来た、というモノ。

2)セブンイレブンに花王のヘルシア緑茶の件を電話で確認
朝起きてから夜寝るまで、静かな住宅街にある自宅と職場を往復する毎日です。途中には自販機1台ないので、自分で買い物ってまずしない。
そんな私が一番買い物に行く場所はセブンイレブン。
プライベートブランドが美味しいですよね。
この間、久々に行ったローソンも良かったですけど。
で、そういう場所で買うものと言えば、飲料関係はまずローカロリーなこと。
休日はトレーニング欠かさず人間なんで、体脂肪燃焼なんて言われるとヘルシアウォーター共々、手が伸びることあったんですが、裏切られた気持ちです。
花王のヘルシア緑茶、海外では重篤な肝臓障害の報告も出ているようですが、大丈夫なんでしょうね、とお聞きしました。
嫌なら買うな、を企業理念とする花王に言っても無駄ですから、売っているセブンイレブンに聞きました。
私の愛する貴社には、安心して買えるモノだけ、置いてあるのでしょうね、と。
花王はエコナの前科があり、ヘルシア緑茶も海外では問題視されているのに、あえて売るなら、そのリスクも覚悟の上なんでしょうね、と確認ですね。
させてもらいました。
上に言うそうです。
なんだか最近は場所が減っているようで、少し嬉しいです。
どこに行っても大きいボトルはなくなったよね。

これからドラッグストアに行って、新しいシャンプーを買ってきます。
使っているの、花王だったからさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2011

カラマーゾフの兄弟1 ドストエフスキー/亀山郁夫訳@気軽に挑戦出来る訳

世界文学史上№1候補の小説、カラマーゾフの兄弟。
読んでみようか、と思っても、高すぎる前評判に手が縮みますか?
そういう読者も多いのなら、亀山訳は、悪くないんじゃないか、と感じました。

以前読んだ時は岩波訳で、随分と晦渋だった思い出がありましたが、この小説、読み直して改めて思うけど、1巻では酒飲みの暴れん坊が、息子たち相手に神学論争する話しですよね。
元々そんな教養階級の話ではない。
だからと言って簡訳して良いモノではないと思うのですが、欧州からは文明の整わぬ田舎扱いされる分、スラブの広大な大地を思わせる生命力とカオスに満ちたキャラクターが織りなすストーリーは、少し走り気味でも良いのでは、と感じてます。
2巻以降、まだ読んでないので結論は持ち越しますが、ともかく読みやすく楽しい1冊です。

以下、ちょっとこの小説の熱烈ファンには不愉快な事書きますが、ネトウヨの個人的感想なんで、コイツはバカなんだと思ってスルーしてください。

そもそも私はロシア芸術ってそれほど好きじゃないんです。
極めて優れたモノがあるのは認めてますよ。
画家もマレービッチなんて5本の指には入らないけど、10本の指にも入らないかな・・・いかん、褒めてないじゃん。
でもシャガールなら20 本は無理でも30本の指には入る。
褒めてないな・・・
音楽は凄いよね。
チャイコフスキーに、ムソルグスキーにラフマニノフ・・・でも今やそれほど聞かないか・・・・
ピアニストは凄い!
リヒテルとか好きです・・・でもアルゲリッチとかグールドの方がターンテーブルに乗る機会多いですね・・・うーーーん
バレエなんて凄いよね。
でもオモシロイと思えないんだよ・・・スミマセンね。
やっぱりあんまり好きじゃないんだ。

で、なんでロシア物がそれほど好きでないかというと、
1)元々好みが南欧好き
2)どうも無骨で洗練に欠けるうらみを感じる
何より
3)個人的に嫌いな左翼好きの方々が露文を絶賛、同時に日本人と日本の作品は徹底してバカにして、不愉快な思いが強く印象づけられた、ってこともありますね(笑
ま、私の左翼嫌いは昨日今日のことじゃないんで、どうもスミマセン。

とりあえず2巻以降も読み進めます。
バカな事書きましたが、極め付きに優れた小説であることは確かです。
読もうかどうかと迷ったのなら、必ず手に取って後悔なし。
最終巻までにエルロイなんて吹っ飛ばすような感動を期待しております。
エルロイ、新作出ましたもんね。
コッチも楽しみ。
新旧ドストエフスキー対決の勝者はドッチダ!って書いたら相当怒られるんだかろうか?
いや、ジェームズ・エルロイも凄いじゃないですか。
なんか読んでると思いだすんだよね。

ps
リヒテルって書いたら聴きたくなった。
なんかCD何か買おうかな?
おススメあります?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »