« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

April 30, 2011

宮古島&シギラベイサイドスイートの参考情報

これから行く人になんらかのお役に立てば
1)宮古島直行便は?
宮古島へは通常、那覇乗り継ぎになるものですが、直行便も飛んでいます。
朝6:50発なので、ちょっと早いですが、10時に着けます。
休みが3,4週間ある、なんていう欧州状態なら無理して早起きすることもないでしょうが、せいぜい2泊だ、3泊だなんてことならこれで行くしかないでしょう。
夜もあるんだよね。
その気になれば日帰り可能な宮古島です。
疲れると思いますけど。

2)クラスJシートは?
ちょっと広いクラスJというシートに+千円で座れます。
羽田、宮古島間3時間で千円で、距離はモチロン時間的にもグリーン車より安い!
でも広さもそれなり・・・
宮古島、那覇間にはなくて、那覇、羽田間も千円です。
こっちは二時間ですが、機体が大きい分、シートもちょっと大きめです。
正直、それほど違いはないですが、千円だからな・・・

3)宮古島はレンタカーで走れ&カーナビの使い方
宮古島はドライビング天国でした。
レンタカー嫌いの私ですがおススメします。
カーナビがあれば怖いものなし。
ただDVDカーナビだと、登録情報が少なく、行きたい場所が出てこない。
そんな時は慌てず騒がず、最近の検索、をたどれば行きたい場所はみんな一緒。
入ってます。

シギラベイサイドスイート編
1)バー マイヨールの宮古島ピクルスは旨い!
お酒はあまり飲めないんですが、小腹が空いたのとエレベーター階だったので入りました。
そこでせっかくだからとカクテルにホットドッグを頼んだら、ついてきたのがここのピクルス。
肉と炭水化物が好きで野菜嫌いの私が単品追加するほど、わしわし食べることとなりました。
赤ピーマンやゴーヤはともかく、忌まわしきセロリまで入っていても美味しいのにビックリ!
バーテンさんに聞いたら10種類以上の野菜を市場から直接買い付けて、「私が仕込んでいるんです」だって。
宮古野菜を市場から直買い。やっぱり野菜は鮮度なのかもね。
Miyako20_convert_20110430221442_2
ここは付属のプールも素敵。
Miyako21_convert_20110430221533

2)琉宮苑は安い
一泊、5万円内外のホテルなんで、夕食を取ろうとすると2万円前後となりますが、琉宮苑なら5千円で充分です。
今回はレバさしとテッチャンが美味しかった。
すっかり顔パスです(笑
さっさと食べて、あっという間に切り上げる私は回転率向上に貢献する良いお客のはず・・・お酒を頼まないので、うま味はない客だと思うけど。
シギラ温泉でゲットしたビールコップ1杯無料サービス券をおずおずと出すのが欠点か?
でも酒はビールでコップ一杯が限界なの


3)昼寝中はDo Not Disturbの札を
私は泳ぎもダメなんで、マリンスポーツは全滅。
なんで南の島に行くのかというと昼寝と読書(今回はバルガス=リョサの「緑の家」)ですね。
で、部屋で寝ていたら起こされた・・・2万円のレストラン群のパンフ持った人に・・・食べないっての。
Do Not Disturbの札を忘れないようにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2011

安室奈美恵 Checkmate!@Namie Amuroは生きているフェラーリ

シギラベイサイドスイートアラマンダに行ってきました。
去年も行ったんですが、メゾネットタイプの部屋だったので、ここはぜひプール付きの部屋に泊まりたい!ということで再訪です。
火曜から出掛けて、本日6時過ぎに帰宅。
食事した後、溜まった仕事に追われています。
やっと一段落しつつあります。
明日も大忙し(5月1日も仕事プラス、イベント。2日も仕事)なので、宮古島の話はデジカメの画像を取り込んだ後、またいずれ。

とりあえず今は仕事しながらNamie AmuroのCheckmateを聴いてます。
凄い出来です。

正直、コラボアルバムは完全新作までの繋ぎ、という意識で見ていたのですが、これは半端な出来ではない。
全部ハイレベルな名曲ばかり。

これだけ充実した仕事が出来るって、もう奇跡としか言いようがない。
はい、また安室様大絶賛の始まり、もう聞き飽きました、って思われるでしょうが、ホントに凄いんだよ。
相手の個性を引き出しつつ、自分の魅力も全開で、これはオリジナル新作までの繋ぎ、とかそういう話ではない。
安室奈美恵の歴史の中で、その多彩で柔軟な才能を発揮する為に必要なアルバムだったのだ。

アルバム毎にどんどん進化を遂げるので、以前、果たして彼女はどこまで行くのだろう、なんて書いてましたが、こうして実際に作品を見せ付けられると、本当にとんでもないスピードとレベルであって、ついて行くのが恐ろしいほど。

速すぎるクルマに乗ると、スリルと同時に恐怖を感じのに似てるかな。
そういう意味では彼女はフェラーリにも似ている。
そうか。
安室奈美恵は、生きているフェラーリなんだ。

こんなミュージシャンが日本から生まれてくるとは思わなかったなあ・・・
かつてね。
デビット・ボウイのビジュアルとか、レッド・ツェッペリンの迫力とか、両者のアルバム毎の音楽的進化ですね。
そういうのを見た後、我が身を振り返り、まあ日本人では無理だよねえ、と思ったことを思いだしました。
それが出たんだ。
ビジュアル面も含めて世界で一番クールでエッジィなミュージシャンが日本から出た。
モチロン、異論は認めますが、少なくても私にとっては世界1です。

ps
今度のライブはこのCDから多くの曲がフューチャーされるわけで、そう考えると楽しみで軽く発狂しそう。

ps
宮古島からの乗り継ぎで那覇空港にも寄ったのですが、飛び立つ時、窓からのぞける沖縄を見て、ここで安室様が生まれたのだあ、と思ったら神々しく見えました。
今度は安室奈美恵の聖地巡礼してみようかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 25, 2011

ヱヴァンゲリヲン新劇場版綾波レイ~プラグスーツstyle.&明日から旅行に行ってきます

今日もまだまだ仕事中(11時位までやる予定)なんですが、明日からは旅行に行ってきます。

今日届いた綾波レイのフィギュアです。
Aya2
ボークスのフルチョイスシステムでmy綾波レイを造ってからは、フィギュアの購入、控えていたんですが、どうしても欲しくて買ってしまいました(苦笑

儚げな表情が好みです。
1/7なのでボリュームもあります。

アマゾンからは安室奈美恵様の新作CD&DVD発送の連絡もきました。
この辺、後ろ髪を引かれる思い。

さらに明日明後日とあるFOMCとバーナンキ発言も気になるんですけどね。
ドル安は続くのか否か?
緩和長期化は相当織り込んだ、と思うんですが、どうよ?
コンパクトノートPCは持っていくかどうか迷ってます。
重いし壊れるのコワイし・・・で
とりあえずEURとCHFで持っていた対USDのポジションは整理しました。

旅行はしたいけど、出先のネット環境が気になって建て玉を落とさないとならないのが嫌だよね。
でもそんなことを言っているとどこにも行けないし・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2011

春の宵、オープンカーの幌を開け、安室様のコンサート延期を残念に思う

今日は仕事の後、Z4で某料理店までドライブに出かけ、その帰り道、久々に幌を開けました。

あー、やっとこの季節がきた。
クルマの外気温計は17.5℃。
ヒーターを少し効かせる必要がありますが、最高のオープン環境到来です。
私にとって幌を開けて走る以上の楽しみってない。
開放感と疾走する快感が直に五感に伝わるんだよね。
次はクローズドのクーペでイイかなあ、と思うこともあるんですが、こういう一夜を味わうと、やっぱりオープン以外の選択肢はない。

行きはレッド・ツェッペリンのⅠとⅣと聴いていたんだけど、オープンにしてまず掛けたのは、HDDミュージックサーバーに作ったお気に入り。
最初は安室奈美恵様のBreak itで次がDo Me MOREが入っております。
美神とも言えるお姿&ダンスが拝めなくても素晴らしい音楽です。

それにしても8月13.14日とチケットとってあったのに、安室奈美恵様のコンサートは延期です。
今年の夏は「東京お楽しみ尽くし」、ということで、昼はミシュラン店、夕方からは安室様のコンサート、夜はパークハイアットというのを考えていたんですが、安室奈美恵様の御ライブがないなら予定はまったく白紙になります。

それにしてもなんで延期になったんだろうか?
私は自分が行きたいから安室ちゃんのライブをやれ、と言っているわけではないのだ。
もし私にチケットがなかりしも、現代日本の誇る奇跡のデーヴァのコンサートは万難を排しても挙行されるべきではないのか?
それが文化、芸術を誇る都市、国の定見、というものでしょう、と思うんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2011

やりおったモウリーニョ! レアル・マドリーを18年ぶりの戴冠へ!

2011コパ・デル・レイは、「二度目のクラシコ」を制したレアル・マドリッドが勝ち、優勝を決めました。
最近は無敵にして美しいという、イイとこみんな取られていたバルサに、レアルはやっと一矢報いました。

ただ今日の勝利の予感は、前試合からありましたよね。
最終ラインに4人が並び、時にその前を5人で固める。
普通のチームがやるとただのドン引きサッカーになるんですが、レアルがやると純白の岩塊を思わせ、さらに自在に伸びる触手の存在も感じ、カテナチオを超えたある種の美が宿ります。
モウリーニョは最初からこう戦いたかった?
でもリーガは攻めてナンボ、という世界なんであわせていた?
そしたら5-0だったので、本来の方針に戻したってことでしょうか?

数日前、風呂上りにテレビをつけたらモウリーニョの戦略、という番組をやっていて見たら飽きれた。
インテル時代のエピソードなんだけど、エトーを意識的に上がらせず、相手DFの判断を迷わせスペースを作った、なんて言っている。
その智謀、鬼神の如し、ってヤツですね。

試合は前半は白い岩塊レアルのペースで、足が止まった後半はバルサのペース。
結局延長後半にレアルが決めた。
決めたのはC・ロナウドでしたが、左FWのデ・マリアが終始効いてました。

すっかり魅了されているFCバルセロナのサッカーですが、最近はちょっと強すぎてツマラナイ感じもあったので、この負けもそれほど残念ではありません。

今後も白熱するだろうモウリーニョ対バルセロナ。
上等じゃないですか。

ps
素晴らしい試合で唯一気掛かりだったのは、FKに入るメッシやシャビの顔にちらつくグリーンのレーザー光線ですね。
これだけはホント、白い巨人の汚点、というかスペインサッカーの汚点になりかねないんだから、関係者は全力で阻止するべき。

ps
試合後にエア闘牛の真似をして会場を沸かせたセルヒオ・ラモス
まさか翌日のパレードで新調したばかりの優勝カップを落とすとは思わなかったろうな。
人生は一寸先が闇ってことか。
その先を知っているのはイケルくんだけなのか?
さらにはイニエスタくんというタコもいるのを今知って・・・やっぱいじられキャラなのかイニエスタは?
でも最近は前より激しいよね。
男、イニエスタって感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2011

【節電なし】 テレビ局が現代の特権階級であることの証明 【負担なし】

関東地方ではみんなが夏の節電対策に追われている。
パチンコ屋も節電、自販機も節電、オフィスも日本の根幹を支えているはずの工場も節電で、野球場から遊園地までも節電。
それほど大きな会社でなくても、政府からお達しが届くらしい。
話を聞くと、みんな生活が掛っているだけに、大丈夫かなあ、と不安げだ。

テレビやら新聞やらは家庭内での節電を言いたてる。
コンセントを抜いて待機電力を無くせとか、エアコンの温度を上げろとか細々と具体的にアドバイスしてくださる。
今の東京電力管内に電気がないのは事実であって、それは良いのだが、当のテレビ局はどうなんだろう?

真夏の電気がキツイ時期にも、昼間の番組を滞りなく流すんだろうか?
一般家庭からあらゆる企業にまで節電をさせておいて、自分たちだけは平常通りCM料を稼ぐ。
そいうこと?
もしテレビ局が7月から9月まで、昼間の11時から午後3時まで停波すれば、家庭内のテレビ視聴は劇的に減り、無理なく大きな節電になる。

分かり切ったことなんだけど、新聞はそういうことを絶対に報道しない。
各々資本は一緒だからね。
自分らの不利になることには共謀して口をつぐむんだ。
これが普通の人とか一般企業ならまあしょうがない、と思えるとこだけど、新聞とかテレビ局って、いつも高い処から理想を語るよね。
で、それがない、と嘆いてみせる。

計画停電では信号機が止まり何人もの犠牲者が出たようだし、怪我をした人、重症を負った人も結構いるようだ。
病院に緊急搬送された直後に停電、なんてこともあったらしい。

人の命は何より大切!って報道しながら、真夏でも自分らは知ったことじゃないってか。
どっちかにして欲しいんだ。
テレビ局は特権階級であって、電力節約の協力はしない。
その代わり建前だけの理想は語りません、って断言するか、誰かれなく批判はするけど、痛みは真っ先に受け止めます、って行動で示すか、だ。

他人や他組織の批判はするけど、自分らは嫌なことはしません、ってのは正常な神経じゃないだろう。
昼間に流れている番組って、工場やオフィスや家庭を犠牲にしても必要なほど貴重なモノなんでしょうかね。

貴重だ!というなら、それこそが日本の大手メディアの正義感と正体だ。
みんな覚えておこうね。
NHKだって真夏の一番熱い時期は停波すれば良いんだよ。
その分、20%視聴料割引ます、っていえば、評判は上がるよ間違いなく。

少なくても上から言説を垂れる資格は認められる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2011

武士道シックスティーン@成海璃子の眉はこの映画のためだった

一見普通のオッサンでも、その内面は様々であるのように、美少女だって一くくりにするな。
色々なキャラがいるのだなあ、と改めて気付かされる映画です。

ベストセラー原作の映画化ですが、この映画、まず主役を張る成海璃子さんの眉に注目です。
美少女モデルとは思えないほど、いきり立ち逆立っている。
そして演技もそれにふさわしい狂暴さが出ています。
打ちかかる間際の叫びは迫力満点で、竹刀を握ると、「これは刀だ」と言い切るセリフには、闘いに憑かれた人間の重い狂気すら漂います。
成海さんが破壊的なパンクロックを愛好する女の子だというのが充分納得出来る演技です。

もう一人の主人公を演じた北乃きいさんは、終始、受けに回る役柄でしたが、好演していたと思います。
道場で二人だけで稽古する場面は、ご自分で演じたのでしょうか?
激しい動きに白い道着がひらひらと映えて、運動神経良好とお見受けしました。
昔と違って、最近の女優さんは、身体能力が要求されるので、大変だよね。

成海璃子さんの怪演を見るだけでも価値がある映画です。
良質の原作がテンポ良く演出されていて楽しかったな。

二人が戦うシーンでのセリフ回しで「あらご挨拶・・・」というのが、時代錯誤と言われているけど、私はオモシロかった。
緊張の極限で、時に人はオカシナ事を言うものだと思う。
特に、武蔵だ小次郎だ、ここは巌流島云々なんて言うオタクな少女たちならね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2011

のだめカンタービレでパリを思い、熱狂の日がないなら行こうと思う

昨日、日本に絵画が来ないという記事を書いたら、今日は熱狂の日が全面キャンセルというお知らせが流れました。

正直、熱狂の日、行く予定なかったんですが、そういうことなら行こうじゃないか!
行ってやるよ、東京国際フォーラム、と思っております。
屋台でたらふく食って、ビールでも飲んで、代替えで行われる復興コンサートを聴きましょう。

東京は芸術の都。
その火をともし続ける一助となればどうってことない。

TVは、さっきまでデーター整理しながら、のだめカンタービレ最終楽章前編を脇でつけてました。
クラシックもイイよね。
たまたまなんですが、昨日から、ルービンシュタインの皇帝を聴いてます。
バレンボイム指揮、ロンドンフィルと共演した1975年のヤツです。

のだめは舞台がパリですが、こうして見せられると、先月行けなかったことが、今になって悔やまれます。
12日に中止した時は、まったく残念な感じ、なかったんですけどね。
やはりショックだったんでしょうか。

今、第二楽章に入りました。
ああ、ベートーヴェンは良いいな。
この後はバックハウスのソナタ聴いて寝よう。

今の日本はクラシックならベートーヴェンだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2011

美術展中止相次ぐ@こういう事態は想像していたけど、モランディが来ない

震災のショックが多少癒えた後、今後の日本についてどう変わるのか?と諸々考えを巡らせた。
思いついたことの一つに海外から絵を持ってくる美術館の企画展は開催が難しくなるだろう、ということがあった。
出不精な私が腰を上げる数少ないきっかけが、なくなる、とまではいかないまでも少なくなるのは寂しいのだが、個人としては如何ともし難い。

どうなることやら、と思っていたら、とうとう動きが表面化してきたようだ。

貸す方にしてみれば、自国の国宝級の作品を何十点もまとめてその国に預けるのだからしょうがないよね。
日本の真面目な関係者が長年にわたって積み上げてきた、日本は貸しても安心な国、という信用も、放射能が漏れている原発がある、ということで一発アウトだ。
今来ているポンピドーセンターなど、きっと中の人はアチャー、という感じなんだろうな。

中止になった企画展の中では、モランディが来ない、というのがショックだ。
今後、もっとも見たい画家だったし、まとめてみる機会が難しい人なんですよね。
仕方ないから本でも読もうか?

静寂と瞑想をキャンパスに塗り込める素晴らしい画家です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2011

高台にエコタウン造るって言って国民を絶望のどん底に落とす総理大臣

あ・・・ありのまま さっき聞いた会見を話すぜ!
日本の総理大臣が会見を開くっていうから何を言うのかと思ったら、高台にエコタウンを造るって話だった。

今日、原発事故がレベル7になり終息の気配も見えないってのに、何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何を聞かされたのかわかなかった・・・

頭がどうにかなりそうだった・・・
催眠術とか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2011

ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち スコット・パタースン@充実したドキュメントです

世界を巻き込む金融危機を生んだサブプライム・ローンの崩壊。
それは高度に発達した金融工学の生み出した「リスクのない」金融商品がもたらしたものでした。

この本は、その金融工学を発展させたクオンツと呼ばれる技術者たちの発祥から、発展過程、金融工学を活用して大きな成功をつかんだ後に、盛大に崩壊する様子までが描かれています。

発展過程の華々しさも凄いんですが、やはり読みどころはその崩壊過程で、ギリシャ悲劇もかくや。
同じ頃、マーケットで切った張ったしていた者としては、何故一夜にしてインターバンク市場からドルが干上がったり、リスクのある場所が分からない、なんてことが起こったのか、意味不明だったのが良く説明されています。


つまる処、幾ら数学を駆使しても結局、投機は恐怖と欲望のゲームだった。
物理学は人間を月に送り込みましたが、投資、投機の対象は、物ではなくパニックに陥った人間の集団心理だった、ということですね。
天才数学者のファンドマネージャーが、窮地においては一般投資家と同じような心理状態になる辺りは、投機をする人間ならニヤリとするのでは。

さらにいえるのは、こういう教則本でない本を読めることが、本当に自分が投機好きかどうかという試金石にもなるでしょう。

ps
スーパークオンツとしてエマニエル・ダーマンの名前が出てきますが、この方の著書は読んでいました。
記事にもしているんですが、特に
物理学者、ウォール街を往く2で書いた通りのことがまさに起こったわけです・・・
でも通常状態でも歪みは姿を見せているのに、何故、無茶な金融商品の販売や取引が行われたのか、というと、全ては欲望のためなんでしょうね。
賢い連中でも目先の利益には抵抗できない。
そいう組織的圧力が存在する。
だからこそ人間の社会が安定的に、健全に発展するには、利益すら超えたもっと大きな尺度を持つ哲学が必要なんだと思います。


ps
予測対象の発散状態を正規分布曲線前提としたからダメだったんであって、ファットテールを許容するベキ分布を前提に、そのためのウィーナー過程やら伊藤のレンマに順ずるものって生まれないんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2011

自粛だけじゃない?正常化が先? 今の日本は相当景気が悪い感じがした件 

不要不急のガソリンは入れない、から始まった私の自粛モード
やってみればストイックな感じも悪くないと思い始めていたんですが、自粛は二次災害とか言われだしたので、それならとまず秋に予定していたクルマの購入の前倒しを考えた。
でもここ数日、花粉が酷い。
幾らなんでもこんな花粉の中でクルマ選びはしたくないので、こっちは5月以降に延期。

それならと次に考えたのが、前から行きたかった某リゾートホテルへの宿泊。
今さらGWは無理だろうな、と思いつつネットで検索したら空いていた。
どうやら私の望みのままプランが通りそう。
それでも航空券が取れないというオチだ、と思ったらコッチも空いている。
窓側、通路側とも選び放題で今の時期でも空いているのに驚いた。
帰りの便も自在に取れた。

さらに昨夜、某有名レストランに予約を考えたんだけど、この時期じゃ無理だろうなと思いつつ、今日電話をしたら空いてる。
なんかレセプッションの人まで弱気・・・ここは強気のレストランだったよね・・・どうした日本・・・

私のごくごく限られた範囲だけど、今の日本、相当景気は悪いですか?

結局、自分の処は被害がなかったにしろ、取引相手が被災したとか、取引相手も大丈夫だったにせよ、取引相手の取引相手が被災して、それが玉突きの要領で影響している、とか、取引相手の取引相手の取引相手が、なんてことがですね。きっとあるんではないでしょうか。

今の自粛ムードは日本人の国民性。
みんな右になれえ、が蔓延しているだけで、実態は悪くない、では見逃す流れがあるのでは?
結局、みんなが「明日」を不安に感じているうちは、少々の余裕があっても身を縮める傾向、仕方ないよね。
自粛ムードを振り払うにも、まずは諸々の正常化が先でしょう。

ps
停電対策に大型のUPSを買ったり、バッテリーが7時間持つというミニノートPC買ったり、勢いでワイマックスに入ったり結構対災害対策消費はしていた。
幸運にも震災、停電対策の方は今の処、出番がないけど、災害に強い体質にはなったかな。
面倒でもこうやって少しづつでも出来る準備をしていくしかないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2011

拳銃を持つ綾波レイ@ヤングエース創刊1周年の表紙 これは予告か?

ヤングエースで貞本エヴァが再開です。
たったの12pですが、フィギュアが可愛いし、何より表紙が凄いです。
今日はこの絵について語ります。

【拳銃を持つ綾波レイ】とこの絵を名づけました
一見、ざっくりとラフな感じで描かれた綾波レイちゃんが、片手に拳銃を突き出すように持っています。
左足は立て膝で、睨み上げるような表情もあり、雰囲気は「極道の女」みたいです。
Photo
華奢で色白の彼女と、黒くゴツイ拳銃という対比には、アンドレ・ブルトンの言う「大きな電位差」が生じており、そのイメージの放つ閃光は非常に鮮やかです。
レイちゃん独特の荒廃した空虚な内面の魅力も伝わってきます。
荒廃していて空虚な内面、なんてのは、本来欠点でありこそすれ、魅力になることなど絶対にないのですが、それを魅力に変えるという大技をやってのけたからこそ彼女は黙示録の時代の聖女になり得たんですね。
貞本さんの筆はそれを見事に描ききってます。

それにしても彼女は何に対してこれほどの怒りの表情を見せているのか?
アニメ版はモチロン、新旧劇場版、漫画版でも綾波レイが拳銃を使う、というシーンはありません。
では何故今頃彼女は拳銃などを持ち出したのか?
私は連載が再開された後のゲンドウに行動にヒントがあると考えます。

アダムを掌に埋め込んだゲンドウは、そのATフィールドを使い戦自の発砲を弾き返しますね。
ゲンドウに通常兵器は通じない。
でも自らもATフィールドを持っているレイちゃんなら、フィールドを中和しゲンドウを撃ち殺す事が出来る。
碇くんを酷い目に合わせたゲンドウ許すまじ!
この小型拳銃はズバリ、ゲンドウを打ち抜く為のモノでしょう!
・・・なんてことはないと思いますが、良く出来た絵なのは間違いないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2011

隻眼の少女 麻耶雄嵩@動機、凶器、狂気にどきっ

まずこの作家は文章があまり巧くないです。
読んでいる間、ごつごつした印象がつづき、売れる娯楽小説に特有な読者をするすると流す技術がない。
だから前半、第一部は読むのが辛かった。
キャラクターはくすんでいて生気を感じず、物語の設定は不出来な横溝ミステリみたいでした。
現代の先端作品の到達点がこれなら、長らく私の趣味のメインストリートだったミステリーの小説読みも終わったな、と思ってましたが、第二部で読みやすくなる。
ヒロインのキャラクターが改善され、彼女に引っ張られるようにラストの種明かしに至りビックリしました。
素晴らしかったですね。
確かにこの設定、無理はありますし、ツッコミ処も満載です。
聞いてないよ、という場面展開もある。

でも本格派のミステリーって、ポーの時代からずっとこうなんです。
この程度のことが受け入れ難いというなら、本格派と言われるジャンルのミステリーを楽しむことには向いてません。
ハリウッド映画だって、美男と美女はスゴイ偶然の連続から知りあうし、アクションモノのヒーローには絶対致命傷は負わないでしょう。
一つのジャンルにおける仕様なんです。

何故、私がこの小説を評価するかというと、トリックや後の状況説明が登場人物の狂気と情念に裏打ちされているからです。
本格派ミステリーの凝りに凝ったトリックが、(そのジャンルの仕様として許容範囲が広げられたとしても)幾らなんでもバカバカしいと感じるのは、それが機械的なことだけに集中される時です。
そんな面倒な殺しをするなら、黙って刺せ、と読者に思わせたら著者の負け。
それがこの小説だと、二人の狂人の恐ろしさが、読後もしみじみとした観賞対象として浮かびあがってくる。
何故、彼はそうしたのか?
そういう状況だったのは、こう由来があったのか?
ということですね。
そして解かれる犯人の謎。
非常に巧みな犯人像と犯行過程だったと思います。

前半は読みがたいですが、今の本格派の到達点を見る上でも読んでおいて損はないです。
印象に残る一冊となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2011

日本円崩壊の序章? 円売りキャリートレードは始まるのか?【最後に重大な注意あり】

円が急落しています。
落ちる前の水準が高かったことと、主にドル以外の通貨で落ちていることから、あまりニュースになっていませんが、対AUDやCHFではかなりの水準にきています。
通貨は国の力、なんで、円売り取引で儲かった、なんて喜んでいると、高騰している商品市場の状況もあり、場合によっては激しいインフレがおこりかねない。
果たして今後はどうなんでしょう?

そもそも今、何故、安全通貨となる円が売られているかというと、欧州ではCPI(物価)上昇、米国はNFP(雇用者数)上昇で、金利先高感が台頭、逆に日本は低金利継続で金利差拡大、というコンセンサスのようです。

それなら円は売りかというと、動きがちょっと急激すぎますよね。

個人的には塩漬けだった円売りポジションを、少しづつ軽くしたいと思っています。
新規に売るなら押目を待ちたい。
押目では断固、売ります。
これは経済的な見通しとは別に、システム上、急騰したモノが調整したら買うという私の原則があるからです。
当然、買ってから一定水準落ちたらストップします。

ただ為替取引はこんな感じで良いとしても、問題は今後の日本ですよね。
私は特に国際派、ではないですが、外国にいる知り合いから来るメールが凄いです。ビックリします。
地震に津波は仕方ないにしても、今の民主党政権は相当に評判が悪い。
これほど悪いかという位、酷いです。
そしてそれが日本全体の評価となっている。
実際はこういうことが大きいです。

原発事故がもたらした日本ブランドの失墜は甚だしい。
クールな文化と世界一の美食の国だったのが、今や日本産というだけで調査の対象となる。
豪華客船すら寄港しなくなった。
憧れられる国ではなく、避けられる国になってしまった。

計画停電も大きいでしょう。
震災被害のあった地域は世界的なハイテク部品の生産地帯だったようですが、停電が長引けば地位を失いかねない。
電力が足りなくて経済を復興しろ、というのは100%無理です。

円売り取引が成功してもその彼方に日本の惨状があるのでは、と思うと気が気でありません。
たとえ被災地から遠く離れていても、日本に住み、日本人である限り大きな影響は避けられないんです。

ただこういうことって分からない人には分からないだな、ということも今回私は理解しました。
この震災、自分は関係ない、ということはないのです。
みんな繋がっているの。
日本がダメになれば一蓮托生なんです。
それすらはねのけられる人間は相当特殊な人だけで、自分だけは助かろう、助かるだろう、なんて考えている人間ほど、落ちていくのです。
なんでそうなるか、という説明はしません。
信じない人は信じなくてよろしいです。


【重大な注意】
円売りポジションは少しづつ解消するとか、クロス円の押目は買いだとか書いてますが、この記事、というかこのブログは読んで分かるように思い切りバカが書いているのでくれぐれも本気にしないように。

私は貴方のPCに入り込んで注文をクリックしません。
クリックするのは貴方自身で、利益も損益もみんなご自身の責任です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »