« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

July 30, 2010

【最強婚活力】 小林麻央、披露宴TV中継 【女性は目指せ】

小林麻央さん、梨園の貴公子を見事に射止め、今日は栄えある披露宴。
それを民放キー局がゴールデンタイムの中継です。

なんで他人の披露宴をみなきゃならんという、気持ちには大いに同感いたします。
また小林さんに対するある種の反感、容認せざる心情、を、私は理解する者でもあります。
だがちょっと待って欲しい!

なんのかんの言っても男性は小林麻央さんみたいな方、好きなんです。
特に結婚相手としてなら、ど真ん中の王道です。
実際、彼女は、仕事で大いに成功し(美貌と若さ以外、特異な能力もないのに成功出来たのは、周囲の中年男性に非常にウケが良いキャラクターだった、故です)同時に最高、最難関の人を射止めた。
この現実から目をそらしてはなりません。

大丈夫、意識を変えれば貴女も明日から小林麻央さんです。
一般的に男性はイケテル女性とかは一時のGFとしては良くても、イザ結婚となると迷います。
だって普通の家庭生活って地道なものでしょ。
あんまりイケてちゃ不安なんですよ。
どこまでも堅実な方がイイ。
奔放な男性関係なんて不可。
そして明朗さ。
精神的安定性。
家庭生活、自分の仕事周りの諸事万端をソツなくこなす明晰さ。
そして処女性。
結婚時にはこれは大きなアドバンテージで、浮薄な情報に惑わされて迂闊なことをしないこと。
もうしてしまった人は、今後は慎重に望むこと。
もしするときはリスク、自己負担、と肝に銘じることですね。

タトゥーとかは論外
するのは自由ですが、日本人女性でタトゥーをしてもなお愛されるのは、安室奈美恵ちゃんだけです。

それから煙草も論外(吸っている人は絶対に禁煙)
お酒は控えめに。(飲めても控えめに)
随分ツマラナイキャラクターだと思う人は、古今東西、英雄のキャラクターも物語の構造も、ずーーーと変わらないことを思い出すこと。
何より貴女が結婚相手に望むのも、頼りがいがあって優しくて、という古典的なキャラクターではないですか。
二次元萌えのニュータイプの男性(←私のことですが)なんて嫌でしょ。

自分が古典的男性を望むなら、自分も古典的なキャラクターにならないと。


小林さんの今後の問題点は、お相手の浮気だけでしょう。
仕事柄、完全に防止するのは困難だと思いますが、どうなるかは彼女の力量次第。
そう、すべては力量次第、なんですね。
人生は。

最後まで偉そうな事を語ったので、私も「全ては力量次第」という言葉を自分への戒めとして今日は終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2010

嵐が丘(下) エミリー・ブロンテ@憎しみの残すナニカ

上巻ではライト・ノベルみたいだ、と書いたのですが、下巻になると世代を超えてなお復讐の執念を燃やすヒースクリフに圧倒されるようにページを繰ることになりました。

思えばエミリー・ブロンテがこの作品を書いたのは20代、処女作で、名だたる文豪の名作群に比べれば、多少の若書き、至らぬ点は仕方ないよね。
そんな些細な傷を埋めてなお、魂を震撼させるモノがあったから、この小説は名作と呼ばれる存在になったわけです。

それにしても何故、一人の若い女性がこれほど激しい話を書いたのか?
厳しい自然の中で、満たされぬ生活を送る上で、はけ口のないリビドーは、暗黒の憎悪と破壊を生み出すしかなかったのか?
それなら憎悪も愛のもう一つのカタチ、と言えるのか?
しかし憎悪は何も生まない。
不毛な感情である、ということはよく教えられることですが、人を憎むこと、誰でもあると思います。
でも長続きするものではないでしょう。
日常生活の上で、何かの折にふと誰か、何かを憎むことはあれど、憎悪の上でずっと生き続けるのはキツイんじゃないか?
結局、ヒースクリフ、執念深すぎ。
確かに悔しい思いもしたろうけど、拾ってもらって生き延びたんだから、これほど憎まなくても・・・なんて読みながら色々な思いが湧き出れば、小説は作家の勝ちです。
読み終えた後、心の中に理性や計算で置き換えることの出来ない「ナニカ」を残せれば名作といえます。
この小説は時に未熟さを感ずれど、その水準に達していました。


読みやすくなった新訳は、これから手に取る多くの読者に取って収穫でしょう。
名作文学を読みきるということは、確実に一つの体験をした、と言えることなのですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2010

Break it 安室奈美恵Namie Amuro@今こそオッサンにnamieを!

後に音楽を語る人々からは、安室第二期Golden Ageに出た充実のシングルと呼ばれるであろう1枚です。

このCD/DVDで見せる安室奈美恵は、POPSにおける全ての技術を完全に自家薬籠中のものにし、その表現はまさに大自在の妙境にあります。

特に圧巻はBreak itのダンス映像で、POPSは音楽であると同時に、極めて身体的な表現芸術である、ということをいやでも納得させます。

溜息が出るほど、美しいんだよねえ。
スタイルを含めて彼女はやっぱり全てが特別、としか言いようがない。
神様は良くこれだけの才能を一人の女の子に与えたな、と思いますね。

ダンスは極めて高度なフィジカルを基に、何か鍛錬の彼方にあるような動き。
テンポの速い音楽は複雑なリズムを刻むのですが、彼女はそれをやすやすと表現し、あくまで心地よくスタイリッシュな曲に仕上げています。
昼前に届いたDVD、昼休みからすでに何度も何度も観ている中毒状態。


とりあえずこのCD/DVD、個人的に注目してもらいたいのは、かつてL・ツェッペリンやK・クリムゾンなどを聴き込んでいたオジサン世代です。
青春時代、一番尖っていた音楽を夢中で聴いていた世代の男性の方々。
今、どんな音楽を楽しんでいらっしゃるのでしょう。
安室奈美恵は今日最も先鋭的で妥協のないミュージシャンです。
しょせんJPOP.
アイドル歌手上がり、という偏見は、貴重な音楽趣味を狭くします。

そしてライブに行きましょう!
さすればあなたの人生、必ず豊かな幅ができます。

ライブ、私いつも肩身が狭いんですよ・・・回り女性ばっかりなんだもん。

それにしてもなんで男のnamieファンは少ないんだろう?
それが最大の謎です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2010

考える人№33 特集村上春樹ロングインタビュー@多彩な周辺情報は必読

雑誌はすっかりお見限りですが、村上春樹のロングインタビューが読めるなら、と購入しました。
結果は、ロングという言葉に偽りなしの3日間に渡るもので、聞き手の松家さんとの息もあい、お値段分の価値はあり、になっています。

まずは村上春樹の自作についての内部情報ですが、一番印象的だった言葉は
「すごく美しい優れた描写だけど、物語的にはあまり意味はない。だけどそういう部分がしっかり重しになっている。」
という言葉ですね。
フィッツジェラルドもそうだ、と書いているのですが、腑に落ちる。
まったくこの一文で、「グレート・ギャツビー」と村上作品を読んだ思い出が走馬灯の如く蘇る。

さらに春樹村上の言葉を聞く楽しみは、多彩な周辺情報を提供してくれることですが、三島、川端作品への言葉は感慨深い。
そして安岡章太郎の文章を「強さからの自由さ」がおもしろい、と書く。
「何かを固定しようとする一貫したものではなくて、逃げ回る文体で、そこにやわらかなものがある」
とする。
凄い言葉だと思うのです。
先ほど、春樹村上は腑に落ちる言葉を書く、と書きましたが、安岡章太郎の文章、こんなに見事に言い当てた一文は読んだ憶えなし。
おかげで読みたくなってしまいました。

サリンジャーの最大の問題はストラクチャーを作れなかったことだ、とか、19世紀と20世紀の小説家像の違いとか、じっくり考えてみたくなる言葉、盛り沢山です。
ヘミングゥエイとチャンドラーの自我の託し方の違いなども、とても鮮やかな分析だと感じました。
でも本当でしょうか・・・? 次はこの辺を意識して読みたいと思います。


チャンドラーの新訳は楽しみですが、ブローディガンとヴォネガットの翻訳も希望します。
これだけ魅力を語ったんだから責任持って訳してください(笑
安岡章太郎は買ってしまいました。
「静かなドン@ショーロホフ」はまずは図書館でイイかなあ(笑

カート・ヴォネガットとブローディガンは、何冊があったと思うので、探してみましょう。
あんまりオモシロかった記憶はないんだけどさ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2010

現代アートビジネス 小山登美夫@ギャラリストほど素敵なビジネスはない

日本を代表するギャラリスト、小山登美夫さんが、そもそもギャラリストとは何か、からアートビジネスの現況と展望までを語った1冊です。

アートビジネス、特にモダンアートのビジネスということになると、どことなく敷居が高く、あまり身近に感じにくいと思う方、多いと思うのですが、「アートは力になりえる」
ソフトパワーの威力、という事を強く認識するだけでも、今後の日本の戦略を考える上で、大きなヒントが隠されている、と感じました。

第一章は、ギャラリストの仕事、として、ギャラリストとは何か、ということが説明されます。
ギャラリストは、まず画商ではないんですね。
デパートの外商サービスの如く、絵を風呂敷に包んで売り歩く商売ではない。
それは新たな価値を問う画家の良き伴走者となって社会に価値を問い、高めていくプロデューサーに近いと来る。
魅力的な仕事ですね。

そして二章以降、アートをビジネスとして成り立たせる基本構造が語られます。
この本は新書ですし、そもそも一つの仕事を本だけで語ることなど不可能なんですが、読めば題名通り、現代アートのビジネス構造の基本、なんとなく感触が味わえます。

ギャラリー通い位はしたいなあ、と思わせる読後感が沸き起こること、事実です。
ギャラリストに興味の沸いた方。
アートを鑑賞するだけでなく、少しアクティブな接し方を考えている人には、良い入門書だと感じました。

ps
読み終えて改めて思うことは、こんな仕事があったのか、という驚きですね。
私もアート関連の仕事がしたかったのですが、若い頃、「安全な株」を買ってしまいました。
小山さんは特別な成功者ですから、比較にならないと思いますし、目指すとすれば相応のリスクある道でしょうが、ギャラリスト、素敵なお仕事ですね。
いずれは多少なれとも関わりたい、と思うこと新たです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 23, 2010

熱海のあつは、なついでえ!@ラブプラス+祭りで燃え上がる

ゲーム内の恋人と行く熱海一泊旅行。
日本はとうとうここまで来たかと思うと胸熱

それにしても熱海、伊達に日本一の観光地を張ってなかったアニマルスピリッツ全開のビジネス魂。
お約束の温泉饅頭は、作り値段共良心的だし(この辺の良心性はらきすたの鷲宮の影響か)スタンプラリーやら拡張現実やらアイデアも呆れるほど豊富。
市長からロープーウェイの切符係りの方まで、迎える側の本気度は充分です。

でも参加する人はスゴイな。
俺にはもう無理。
大酉茶屋で、キャラの名前が言えない自分に限界を感じたよ。
年取るとこうなるから、ラブプラス愛好者の方で迷っているなら是非行くべき。

こういう風潮を大所高所から嘆いて見せるのは、大きなお世話。

そもそも新しい趣味は好奇の目に晒されるんだよ。
この間読んだ獅子文六の古い小説では、昭和の初期時、ゴルフが揶揄の対象で、耳掻きの親玉みたいな道具で云々とあった。
今ではお国を守る防衛庁の次官が、夫婦でたかるほど立派な大人の趣味になった。

ゲームは全然やらないけど、アニメとコミックスで萌えている人間からすると、この趣味はいったん、次元の境界を乗り越えると楽しいんだ。

乗り越えられるかどうかは感性の問題で、むしろ萌えられる人は想像力に富んでいると言える。
ともかくお金が掛からないし、時間は自由だし、趣味としては堅牢な構造を持っている。
ここまで来た背景としては、二次元趣味を提供する側の洗練、進化もあると思うけど、若者が経済的に希望を見出し難いということもあるだろう。
人間の女の人はやっぱりお金が掛かるよね。
だからと言ってリアル女性を口説かない云々とはまた違った問題、次元の話で、あんまり大袈裟に考えないで良いと思う。
シャレであってノリで遊んでいるだけだって。
閉じこもっているよりイイジャン。

どっちにしろみんな休日なんて大したことしてないでしょ。
お互いそれを自覚しましょう。
酒や煙草のやりすぎ、みたいな健康被害もないし、温泉地も活性化するんだし、森を切り開いて農薬撒きまくりの場所へ車飛ばして行かなければならないゴルフよりエコだし、ギャンブル性もないし、パチンコ趣味なんて、赤ん坊蒸し殺された時くらいしか記事にならないんだから、コッチの方がよほど健全だと思う。

チェリーボーイに楽しいか、と問いかける記事を書いたのは、かつてナウなヤングだった記者だと思うな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2010

あつがなつい件@パッケージ型エアコンには要注意

猛烈な暑さ。
表に出ると、ここは熱帯か、と思うような光と熱気。
トイレに入っていると汗だくになります。

7月の始めにウチの仕事場、天井にビルトインされているエアコンが壊れて、修理に3日掛かった
その時も大変だったけれど、時期が今じゃなくて本当に良かったよ。

複数台が一括管理されるパッケージ型エアコンは、故障リスクが集中しているので、くれぐれもご注意を。
と言っても実際は壊れないと分からないよね。

フロアが広いと、建築士は当然の如くパッケージ型エアコンで設計してくるけど、使う立場としては小型エアコンを何台か付けた方が安心な気がします。

建てる時、そう言ったんだけどね。
大丈夫です、で押し切られてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2010

女房にブラックカードのお誘いが来た

なんで俺じゃないんだ?と、一瞬ムッとした(笑
こういう気持ちがグレード・アップを促すんだな。

ま、CARD CAPTORさくらのコミックス、残り11巻をまとめて買うとありがたみが薄れるので、3巻づつ揃えよう、と思っているような生活をしているんだから必要ないな。

それにしてもなんで私ではなく妻に来たかというと、レストランや旅行はすべて妻のカードで決済しているからだろう・・・と思う。
なんで妻のカードで決済しているかというと、レストランなんかでは名前を書くのが面倒だからです(キリッ
旅行代金とかは、払いに行ったり出来ないしね。

ブラックカードはCAPTUREするより、使いこなせる生活を手に入れたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2010

リスクをヘッジできない本当の理由 土方薫@未来は過去になりたくないと常にもがく

題名から行動経済学の本かと思いまいしたが、違ってました。
それでも上記、詩人の言葉の引用などに見られるよう、豊かな示唆に富んだ良い本だと思います。

まず市場価格は対数正規分布には従わない。
これはもう常識ですね。
その対応としてより大きなファット・テールモデルを説明するベキ分布の考えが経済物理学から出てきた。

では何故、マーケットは時に確率分布を超えて参加者に恣意的判断を強いるのか?
著者が自分の勝手な仮説として書いてあることは、
「市場価格がトレーダーの参照点を超えたため触発される極めて強い心理的バイアスが参加者を追いつめる。トレーダーの判断が瞬時に変わりパニックが起こる。
一人のトレーダーに火がつき、それが次のトレーダーを追いつめる。
これが連鎖的に起こる。その波及力の強さと破壊力は半端ではない」
ということですが、個人的にこの仮説は的を得ていると思います。


サンクトペテルブルグの逆説を、サイコロで実験した捉え方は非常にオモシロかったです。
詳しくはこの本で、ですが、心理的バイアスの排除された世界でも2の15乗の世界は起こった・・・ウィーナー過程とはなんだったのか・・・ですね。

普通にサイコロを振った時は正規分布するのに、何故サンクトペテルブルグの逆説実験ではこんな答えになるのか分かる人います?


ps
「想定外のことが起こった」
マーケットで生きる凡人が、このセリフを絶対に言わない方法はたった一つだと思います。
Stopを入れる?
入っていても、ギャップダウンしたら想定外は起こりえますよね。
私の持っている解答は、「建て玉は常に小さく」です。
ツマラナイ解答ですね。
でもサバイバルはし易い。
ここより下は絶対にない。
或いは、ここより上は絶対にない。
1発勝負する。
コレをしない。
まさか、という坂はいつもある、と考えた方が良い。

一攫千金を狙うことこそ投機の醍醐味ならば、この解答は永遠のジレンマですが、凡人には凡人のスタイルしかない、というのが現実なのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カードキャプターさくら① CLAMP@傑作の名に恥じず!馴れない人でも楽しめます

人のすることは、何事であれ、馴れではないか、と思うのです。
例えば歩くこと。
私は職場と自宅が100mの距離なので、遊びや用事で都心など歩かされるとすぐに疲れてしまいダラシナイ限りです。
ウエイトは週5回、バイクのトレーニングは週3回やってます、なんて言葉が虚しく感じる瞬間です。

読むことも同じで、漫画、アニメ離れを中学時代にしてしまうと、漫画を読むことが苦手になる。
なんらかの障害でもあるんじゃないか、と思うほど読めない。
でも小説なら幾らでも読める。
トイレに行く時から、旅行にはモチロン、ちょっと出掛ける時まで文庫本を手放さない生活をしていれば、プルースト、ジョイス、恐れるに足りず。
何も漫画離れをして、文学に親しんでいる(笑)私が高尚な人間である、と言っている訳ではありません。
私が高尚でないこと、自分が一番良く知っています。
要は何事であれ馴れだ、ということです。

前置きが長くなりましたが、このコミックスは傑作アニメ、CCさくらの原作第一巻です。
アニメが気に入り、BDBOXまで買ったのに、コミックスは買おうかどうか迷ったのは、上記のごとく漫画を読むこと苦手だったことと、表紙などの作画の線があまりに少女漫画すぎ(少女漫画なんで当たり前ですが)て、抵抗があったことです。
それでも買った結果、どうだったか、というと最高でした。
アニメのさくらちゃんも可愛かったのですが、原作のさくらちゃんの可愛さも驚くべきモノです。
アニメに比べて柔らかな線の多さ、まったく気にならないどころか、多彩な表情の一つ、一つに魅惑は宿り、息づいています。

話も良くまとまり、非常に読みやすい。
CLAMPの実力、恐るべし、です。

ps
大きなお友達は書店で買うのに抵抗があったらネット通販で買いましょうね。
間違っても万引きなんてしないこと。
買うのは一時の恥じ、万引きは一生の恥、です(いや、ホントに人生壊れるから)
何より万引きなんかしたら、さくらちゃんが悲しみます!←ププ、キメエ!

さて、安心してので、全巻、揃えよっと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2010

嵐が丘(上)E・ブロンテ著 小野寺健訳@ライトノベルみたいなんだけど

なんで今さら「嵐が丘」かと言うと、バタイユの「文学と悪」を読み出したからです。
文学と悪について、バタイユが最初に語りだすのが、この作品なんです。

なんで「文学と悪」なんて読み出したかというと、どうも昨今、芸術や文学など、ファインアートに属する分野が語るのは、穏やかな幸せとか、日常的な幸福、正義の話でなく、人の根底に潜むカオス、ディオニソス的な混乱、狂気を描くものだ、ということが忘れられつつあるのではないか、と感じるからです。
バタイユの言う処によれば
「文学にとって志向のものとは、悪の極限を掘り当てようとすることではないか」
ということですね。

ただ高校時代に読んだ「嵐が丘」、すっかり忘却の彼方で、バタイユの語る内容がどうもピンと来ない。

再読しようと思ったら、娘の読んだこの本があったので、これ幸いと手に取ったのですが、文章が全編、ライトノベルみたいな調子で、読みやすいのは確かでも、正直戸惑いが先に立ちました・・・
こんな調子の話だったっけ?
昔の訳文は読み難いモノであったけど、その分、引っかかる処もあったような、なかったような・・・

文学書の新訳ブームは賛否両論あるようですが、私にとって新訳は素晴らしいモノで、カポーティ、フィッツジェラルド、チャンドラーなど(村上春樹訳ばかりですが)今まで分からなかった世界に入っていけた。
でも今回は当惑が先に立ちました。
まあ新訳も色々で、訳者との相性もあるようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2010

世界経済、ファンダメンタル・ナウ@投機は100%自己責任で読んでね

米国経済が本格離陸出来なさそうなのは確かなよう
でも財政を使うのは難しそう
緩和は長引き、思惑は穏やかなドル安?

BDIは酷い下げ(33日タームのPSYチャート取ったら絶景)
中国の減速リスクは、世界市場でほとんど織り込まれてなかった
オセアニア通貨は今までの強さが嘘のようで、欧州通貨に圧倒されている

ソブリン・リスク競争の動きなら、北欧通貨がCHFに続くのだろうか?

英国経済の強さは多くの市場参加者に意外だったのでは
GBPの対ドルチャートは5月の半ばで底を打ってる
やっぱり全てを織り込むチャート様

ユーロはリスクアッセトとパラレル、というけど、LIBORは異常な高止まり
金融相場は死語のまま、今来ているのは、大きなポジション調整の流れと、その流れを取りに行く資金が集合しているから?
ユーロリスクはここまで来るともうスペイン次第?

VIXは最近少し後追い感ありで、指標としては神通力を失った格好

以上
ツイート(笑)記事(笑)、本気にすると怪我します
責任追えません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2010

PC作業、掃除のお供に、ブルーレイディスク・ポータブルプレーヤー

ブルーレイは素晴らしいけど、大画面テレビの前でしか観られないのがタマに傷。

実際、テレビの前なんて、そうそう座ってられないでしょ。
座ってられる時は、その時々のサッカーとかHDDに録画された映画が優先されてしまうしね。
BDは気合の入ったソフトしか買いませんが、HDDに録画された分が多すぎて、観られないんですね。

そんな状況を変えてくれるのがBDポータブルプレイヤー。

Wカップが終わり日常へ復帰中ですが、いの一番にしていることは掃除!
しばらくしないと本棚はすぐに埃だらけ。
CDは乱雑に、読みかけの本はいずこともなく消えうせる(今読みかけの本は、映像の修辞学@バルト、嵐が丘@ブロンデ、文学と悪@バタイユ、努力論@露伴、ちいさな星通信@奈良美智、家族会議@横光利一、何冊読んでんねん)

休日を利用して整理整頓掃除に励んでますが、部屋から部屋へ、場所から場所に移動しても、見ないで溜まっていたBDを楽しめます。

Best Fiction Tourも音はよく出ているし、CCさくらも綺麗に写る。
ながら作業のお供に便利で、まずはオススメの一品です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2010

最後は技! 2010Wカップ、スペイン優勝! パスサッカーを証明す! 

攻撃が持ち味のチーム同士なので、華麗な射ち合いになる、という観測もありましたが、オランダは非常に激しいタックルと、ファールを連発し、イエローカードは実に10枚。与えたFKは34本。
体格に優ることを武器に、スペインの攻撃を徹底して潰しては、カウンターという戦いに終始しました。

試合は0-0のまま延長へ(意外な展開!)
それでも延長後半10分に決勝点を決めたのは、セスクとパスを交換し、DFを振り切ったイニエスタでした。

テレビの評では、今日のスペイン、あまり良くないという声もありましたが、オランダのような速さと高さと強さのあるチームに、ラフな肉弾戦を挑まれてもスタイルを失わなかったスペインは、今大会で一番の出来と感じました。

私はボクシングも総格も好きなので、ルールの中なら殴りあいも蹴り合いも楽しむ方なのですが、サッカーはあくまでボールを蹴るスポーツ。
やっぱり綺麗なプレーを応援したくなるのは人の心ではないでしょうか。

美しくとも勝負には弱いとされたパスサッカーで、Wカップを制したスペインの見事な勝利でした。

ps
イニエスタのシャツに書いてあったことは、夭折したチームメイトへの言葉でした。
オメデトウ、イニエスタ。
良かったね。
きっと思いは届いたと思います。

さあ、次はリーガでモウリーニョと対決。
引き続き応援しますので、パスサッカー最強伝説の次章、楽しみに待っています。

これにてWカップは終了。
もうせっつかれるように早起きしなくても良くなります。
私も日常に帰還しましょう。
ではでは、次のブラジル大会を楽しみに、Hasta pronto

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2010

これからの時代、小さいフォントはどうなんだろう?

仕事関係でメールをやり取りする人の中に、フォントが非常に小さい人がいた。
なんとなく、読めるものなら読んでみろ、風であんまり感じが良くない。
用件を伝えることが目的なんだから、12位にして下さいと頼んだ。
仕事上のメールは、自分の嗜好だけで決めると嫌がられる元になるかもしれない。相手あっての仕事です。
貴方が選ぶ立場でも、みんなに好かれる方が特ですよ、と言っておこう。

個人が趣味でやっているブログやらHPのフォントならどうても良い。
「小さい文字が苦にならない人だけ」に読んで欲しいのだろう。
でも小さいフォントの愛用は、目を速く悪くするのでは、とも思います。

高齢化の進む、日本。
特にネットユーザーの高齢化は、これからが本番では。
そうなるとフォントはあまり小さくない方が、愛好されやすいのでは?

特にFXやら証券会社で、投資情報を提供するサイト運営のみなさま。
小さいフォント、無神経に使っていませんか?
あなたの会社の顧客の平均年齢、ご存知でしょうか?
長時間取引させたいなら、客が楽な方がよろしいのでは。

最近すっかり愛用している会社の投資情報サイトは文字サイズ12.
内容を引き上げるのは大変でも、12のフォントにするのは簡単でしょ。

いや、8のフォント嫌がる客はいらないってんならご自由に、ですけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 08, 2010

【パウルくんより】 スペインvsドイツ WカップSF 【采配を】

オペラからアート、クルマから食事まで、南欧好きなので、スペイン乗りの応援ですが、正直、今回のスペインはそれほど強くないと感じています。

特色であるパスの展開はスピード感に欠け、目も眩むような雄大さと、虚を付くような想像力は乏しい。
ポゼションに傾いた自己満足サッカーに陥りつつある感じで、ドイツが電撃機甲師団まがいサイド攻撃を見せたらスペイン、敗北濃厚、と感じていました。
結果は、ご覧の通り、ドイツはスペインに過剰とも思える敬意を示す消極的な戦いで、闘将プジョルに名を成さしめました。

結局、ドイツに強気を躊躇されたのは、ミューラーの不在と、イニエスタの不思議な力でしょうか?
スペインは先発で不調のトーレスを下げ、ペドロを出したのも正解でした。
思うにベストメンバーで、これで負けてもスペインは後悔なし。
思い切った排水の陣で、チームはバルセロナから6人の、60%セロナの状態。

ただ僅かなチャンスに見せるドイツの攻撃は、怒涛の迫力(に見えた。スペイン乗りのファンからすると)で、カシージャスが本領を発揮していなかったら、勝負はどっちに転んでいたか分からなかったのではないか。
だからこそ、ドイツの消極策は、ある意味惜しまれる。
ドイツ国民とメルケル首相はパウルくんより、監督の采配を責めた方が建設的だと思う。

さて決勝ですが、引き続きスペインを応援したい。
昨日、某経済指標系サイトでは、スペインがドイツに勝つと、ドイツ世論が南欧の財政支援に消極的になり、信用不安の拡大が懸念される、なんてありまして、スペインちょっと可哀想(笑

ちなみに決勝で対するオランダは、財政赤字対GDP比は5.3%と優等生ですが、先日の下院選挙では、さらなる財政削減を唱えた自由民主党が勝っています・・・

ps
過去6戦を的中させたパウルくん、
確率から言えば、1/64を当てる偉業を成し遂げたわけですが、これで3位決定戦、決勝戦まで当てれば1/256の当たりくじを引くことになります。
でも勝負1回ごとの確率は、独立試行なので、今後も1/2づつの確率。
なんだか行けそうな気もしますが、話題になったこの辺が山なんだろうな。
どっちにしろパウルくんのご多幸、ご長命を祈っておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2010

Wカップ決勝進出記念@オランダをネーデルランドと呼べば

日本でオランダと呼ばれる国は海外表示だとNederlandenと表記されます。
まあどちらで読んでも良いのですが、ネーデルランドと呼ぶと美術史がほんの少しだけ分かりやすくなるのは確か。
美術史ではオランダ絵画という区分けはされませんが、実はオランダは美術大国なのです。

オランダ(ネーデルランド:ベネルクス地域)が絵画史上に登場してくるのは、15世紀前期、いわゆる初期ルネッサンスと同じ頃です。

代表的な画家は、ゲントの祭壇画や、「アルノルフィーニ夫妻の肖像」Photo
で有名なファン・エイク兄弟ですね。
ドイツ的な細密、正確を極めた技法と、独特の光が特徴です。
後は独創的な地獄図、「快楽の園」で名をはせるヒエロニムス・ボス
Photo_2

この辺りの絵は見覚えがあると思います。
実はオランダ絵画、初期にはイタリア・ルネッサンス絵画に指導的な役割を果たす事もあったのですが、イタリアが盛期ルネッサンスを迎えると立場は逆転します。

16世紀、盛期ルネッサンス期にはピーテル・ブリューゲル「雪中の狩人」とか「バベルの塔」などが出ました。
ボスといい、この人といい幻想的なモティーフに特色があります。

17世紀、いわゆるバロック期には、パトラッシュで有名なルーベンス、世界で大人気のフェルメール、Photo_3

勃興する市民階級の精華となるレンブラント・ファン・レインが出てきます。

ちなみにこれから戦うスペインでは「ラス・メニーナス」のベラスケスが同時期で、ゴヤは近代への架け橋となり100年以上も後の画家、となります。

ドイツはこの時期ならなんと言ってもデューラー、ホルバインですが、画家対決ならGLで敗退したイタリア圧勝です・・・
バロック期のカラバッジョは、後の欧州全ての画家に偉大な影響を与えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2010

宇宙から恐怖がやってくる! フィリップ・ブレイド@必読!科学の語る本格派恐怖譚

ベタな題名が付いてますが、著者は現役の天文学者で、語られる内容はしっかりとした科学に裏打ちされ、展開される過剰なほどのイメージも納得ずくで楽しく読ませます。

宇宙物理学が如何にイマジネーティブなものか、ちょっと抜書き
恒星の行末:
太陽は四個の水素原子を三個のヘリウムに核融合させ、膨大なエネルギーを放出しています。
するとコアではヘリウムの原子核が溜まりますが、ヘリウムは陽子が二個ある為(水素1個に比べ)、核融合させようとすると、遥かに強く反発します。

しかしコアがだんだん大きくなると、それ自体の重力でつぶれヘリウムの核融合が起こる。
ヘリウムの原子核が衝突すると炭素と酸素の原子核が出来、水素の時よりさらに多くのエネルギーが放出され、コアから放出したエネルギーは、まだ回りに残っている水素に与えられ、重力の圧力を圧倒し恒星は膨張します。
表面積が増大するので、単位面積辺りのエネルギーは低下し、表面温度は下がり「赤色巨星」が誕生します。(太陽はこうなります)

太陽の二倍以上の質量を持つ星はさらに炭素の核融合を行いネオンを造り、ネオンを核融合させるとマグネシウムと酸素が出来、酸素を核融合させるとケイ素が出来ます。

ケイ素が核融合を起すと鉄が出来ますが、ここまでやれるのは太陽の二十倍以上の質量を持つ恒星だけです。
ただ鉄は核融合を起さないので、恒星のコアの中心には鉄が溜まりつづけ、やがて直径数千キロメートルの鉄の球が出来るのですが、核融合による熱の産出が止まると、熱の放出で周囲からの膨大な重力に対向していたのが出来なくなる。
それに対向するのは、コアの中に大量にある電子で、この電子は普通の電子のように核と結びついていない。
電子が原子核と結びつこうとする度に、強い熱と圧力で剥がされてしまうのです。
このコアの中の大量の電子が、重力により非常に強く押しつぶされると、奇妙な量子力学的現象が起こります。
それが電磁的な反発に似た「縮退」です。(電荷同種同士の反発力)
この縮退圧が、コアを潰そうとする重力に対抗するのですが、コアが太陽の質量の1.4倍になると、重力に敗れ、星自体が崩壊します。

崩壊により、直径数千キロのコアは1000分の1秒の間に、数キロまで縮む。
崩壊スピードは秒速7万キロメートル以上!で、中心部へと落下。
結果、コアは10億度に達し、ガンマ線が生じ、その凶暴な光子は、原子核を破壊「光解離」というプロセスによりコアの鉄の原子核は一気に破壊されヘリウムの原子核と中性子が出来る。
さらにコアが秒速7万キロで縮んだため、その上に乗っていた外層(取り残された水素、ヘリウム、炭素、ネオン、酸素、ケイ素)は、突然支えを失った上に、コアの途方もない重力に引かれ、光速の数分の1の速度で圧縮されたコアに激突する。
その崩壊による凄まじい熱と圧力が、まだコアに残った大量の電子に作用すると多くの中性子とニュートリノが発生。
ニュートリノは、10秒間に10^58個(59桁の数字です)発生し、普段ならなんでも透過するニュートリノも、その数の膨大さとてつもなく密度の高いガス故、衝突し、星を破壊します。

太陽の1億倍の1兆倍のエネルギーが、落下してくる星の外層を襲い、向きを反転させて、外に吹き飛ばす。
1兆トンの数千兆倍の質量が、秒速何千キロの速度で飛散し、爆発の衝撃波が星の外層を突き破ると、圧力と温度が猛烈に高くなり、核融合が起き、鉄より思い元素はこうしてやっと出来る。
この衝撃波の中はコアよりされに過激な条件となり、コバルト、アルミ、チタンなどが出来るのでした。

長くなりましたが、秒速7万キロで量子崩壊する直径数千キロの鉄球のイメージ。
鮮烈ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2010

安室奈美恵 Past<Futere Tour@東京国際フォーラム

アルゼンチン戦を観た後でも、午前3時枠の試合が放映された日は気になって早く起きてしまいます。
ほとんど強迫神経症状態です。
今日も6時半に起きてスペイン戦を観戦。
7時過ぎに起きてきた妻にパスタを作ってもらい食べながら見終えて安心して二度寝。
スペイン勝って良かった!
ブラジルにアルゼンチンにスペインまでいなくなったらもう実質終了だよ
10時過ぎに起きて11時からUFCを観る。
なんという忙しい日だ。

でも本番はそれから!
今日は東京国際フォーラムで安室奈美恵様のコンサートがあるので~す。
チケット当ったのでえ~す!
実はPast<Futere Tour、すでに二度目(笑
でも国際フォーラムのは初めて。
やっぱりココはイイよね~(もうずっとここでやって欲しい)
今日は男性ファンも多いぞ!カップルはモチロン、男性だけの二人組とか年いった人もいる。
彼女は絶対素晴らしいって。
女性に独占されておくのは惜しいよ!

今回のFast Carから始まる構成は、アルバムのコンセプトを踏襲してBEST FICTION TOURの時より少しハードでブラックミュージックの色合いが濃い。
でも彼女が登場して歌い踊りだすとなんか感動で泣けてくるのは同じ。
今日は結構前の方なんで良く見える~ アリガタヤ~
やっぱり彼女は全てを観てナンボですなあ

歌はモチロン、スタイルもダンスも稀有のものだし、ステージ上ですっと挙げた1本の指先すら美しいんだよ。
ノリノリで楽しむのに疲れると、後はただずっと見ていたくなるような、見ているだけで快楽の対象になるような存在感。

コンサートはDo Me Moreからがクライマックスで、Black Diamond ,Love Game,What a Feeling,Defend Loveと盛り上がる。
というか延々盛り上がっているんですが、特に絶頂極めるって感じ。
素晴らしかったです。

年内にもう1回行きます。
歌って踊る安室奈美恵は、全てが完璧で、ひたすら美しくって、もう人間とは思えない。
何か素敵な別種類の美しい生き物って感じ。

ps
コンサート開始時刻と同時に立ち上がって奈美恵コールする人はいつもいるの?同じ人に見えたんだけど・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2010

合理性の限界証明@ブラジルvsオランダ 2010南アフリカWカップQF

ドゥンガ監督率いるブラジル代表がWカップを去ることになりました。
地味過ぎるだの、ファンタジーに欠けるだの、と散々な言われようでしたが、ドゥンガのやろうとした事は大きな野心に満ちた構想だったと思います。

曰く、勝利にファンタジーは必要か? 否か?

まずドゥンガの建てた前提は、
1)世界で一番優れたサッカー選手を有するのはブラジルである
2)選手層が一番厚いのもブラジルである。
3)足りないものは、規律、守備の意識、セットプレーを左右する身長
ならば分厚い選手層から、足りない三項目を中心に召集する。

さらにサンバを思わせるファンタジックなプレーは無駄と排斥する。
このように「勝利だけ」を追及すれば、勝利に一番近づけるはず。
この論理に誤謬はありしや?
これがファンタジックサッカーの国、ブラジル代表を任されたドゥンガの挑戦です。

セレソンは、Wカップ本番でも順調に勝ち上がり、その挑戦は、達成されるか、に見えました。
この試合も前半の強さは桁外れで、型に嵌ったブラジルの前で、オランダは弱小国さながら。
ことろが後半、オウンゴールを喫すると途端に慌てだした。
以前のサッカーを踊るようにプレーしていたブラジルにはなかったメンタリティです。

遊び心のない、合理性だけを追求してきたチームは、後手を踏むと結果責任の重圧に脆さを見せた。
これを人が「世間的な成功だけ」を追い求める姿勢へのあやうさ、と読むのは自由です。
やっぱり人は時に音楽を、読書を、スポーツを、遊びを楽しむべきなのか?
幅のないことは、窮地において弱点になりうる、ということは、人生の、組織の大きな謎なのかもしれません。

でもこんな挑戦が出来たのは、闘将ドゥンガだからでしょうね。
次のブラジルWカップにはどんなセレソンが姿を見せるのか?
セレソンファンとしては、今はそれが楽しみです。


ps
西村主審のレフリングは素晴らしかったです。
危険な行為にはファールを、繰り返させてはならない行為にはカードをのメリハリは、日本vsパラグアイを裁いたデブレーケルとはまったく違うものでした。
決勝も主審をやって欲しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2010

一昨日から株を買っています@225先物&綾波レイのフィギュアが届きました

生活の中心がすっかりWカップですが、為替と株式市場は大波乱中です。

【この記事は最後に注意事項があります】
為替相場はクロスレート中心のトレンド・フォロー取引(苦戦中!)ですが、株は一昨日から買ってます。
買ったのは現物株でなく225先物miniで、買って即、含み損。
それでも今日、9250円で買い増しました。
9000円の指値も出していて、この注文は明日以降も出し続けます。
9000円を割れたら8750円で、そこも割れたら8500円と250円刻みでずっと付いていきます。
どこまでも買います。(1回に何枚買っているかは秘密)

売るのは一昨日9500円@夕場で買った分は9750円で。
今日9250円で買った分は9500円で売ります。
いったん売れたらまた9500円の買い、9250円の買いと出していきます。
一部FXで一般的になったトラップリピートイフダンのやりかたですね。

9750円から上に行ってしまったら、ポジションは0に戻してまた作戦を考え直します。

TRIFDを仕掛ける時は、資金管理が非常に大切ですが(というかそれだけが問題なんですが)、私は極端に保守的で、日経が250円!(笑)になっても持高のレバレッジは1倍以下です。
普段、建て玉がないと、こういう危機には強いです。
レバレッジを掛けてないので、大儲けは出来ませんが・・・

【儲けてない投機家のやり方ですから、くれぐれも真似しなように!投機は100%自己責任。本当に巧い人は、こんな時期は空売りで儲けてます

ps
今日、久々に買った綾波レイちゃんのフィギュアが届きました。
フロイラインリボルティックの新作で、表情に憂いがあり非常に好ましいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »