« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

April 29, 2010

銀座、久兵衛本店に行ってきました

昨日、豪雨の中、大手町で用事を済ませた後、ランチですが行ってきました。
今ではすっかり有名店ですが、店構えは小さくて見落としそうですね。
かつては知る人ぞ知る、というお店だったのでしょう。

中に入るとカウンターは16人掛けで、板さん4人で応対されます。
注文はおまかせ、で一人8000円。
こういう使い方が邪道なのは分かっていますが、ブランドの消費代金込み、と思えば格安と感じます。

お寿司は当然ですが、みな美味しかったです。
細かく注文を聞いてくれるのも自然で好感度。

若布のサラダも美味しかったな。
お替りしてしまいました。
量も充分ですっかり満腹。
酢飯の美味しさも、特に巻物で実感出来ました。
それから巻物以外はあらかじめ味付けてあるので、醤油は使わず、みなそのまま戴きました。
お味は、と聞かれたのですが、みな板さんが一番良いと思う通りでお願いします、で通しました。

ま、素敵なお食事でしたが、その分のツケを今日払わされています。
好天の祭日ですが、朝から異様に面倒な仕事が山積みで、終日労働となっております。
こういう日の仕事はほとほとウンザリですが、仕方ないですね。
明日もまた面倒な事があるんですが・・・
これまたしょうがないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2010

【この記事は】人民元の預金をする【人民元預金を推奨するものではありません】

切り上げが噂されている人民元。
FXで取引しようにも、NDFなのでやり難い(どっちにしろドルペッグだしね)
では預金ということですが、今までは最低香港ですか?
何かあったら面倒そうでしょ?
じゃあ両替で現物を持って、後は貸し金庫、いうことも考えられますが、いわゆるスプレッドがデカイし、そこまでアングラにやらなくてもね。
という訳で、人民元は触ることなかったのですが、中国銀行(BANK OF CHINA)で外貨預金として取り扱い始めたようです。

行ったのは大手町の出張所でしたが、対応は非常にテキパキとスムーズに行えました。
ただ預け入れレートの決定が11時なんで少し待ちましたけどね。
それは仕方ない。

それから外貨預金は個人名義だとリスクが報われて利益が出ても雑所得扱いで、高額の納税をしている方だと利益の半分を持っていかれますからご注意を!
私は法人名義で行いました。
登記簿謄本とか会社名義の印鑑証明の用意くらい、他の所得との損益通算とか、もし損失が出た場合、繰り越せることを考えればなんてことはありません。

なに?
昇竜のごとき経済発展を遂げる中国の人民元が暴落するはずないって?
そのセリフ、1989年に土地と株を持っていた日本人に言ってみてください。
起こるはずのないことが起こるのが金融市場です。
定期でも利率は低いので、普通預金にしました。
機動性第一です。

【この記事は中国銀行に人民元預金をオススメするものではありません。私の今日の行動を書いただけです。
投資、投機は100%自己責任なのをお忘れなく

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 27, 2010

ローソン・エヴァキャンペーンに気づき、風呂上がりから着替えて出撃!

今日の仕事はつらかったあ~
あとはCCさくらを観て眠るだけ~(山谷ブルースで歌ってね。字余りだけど)

昨夜、仕事を終え、さあ寝ようと歯を磨きながら、録画したCCさくらを観ていたんですが、
どうもイマイチ・・・の感じ。
で、実況が残っているかなと、携帯から2chに行ったら、ローソンでエヴァンゲリオン・キャンペーンが始まるというスレが立っていた。
27日からということですが、コンビニでのオタク相手のキャンペーンですから、明日仕事が終わってから出動、なんて言っていたらレイちゃんのクリアファイルがなくなってしまうかもしれません。
画像を見る限り、結構欲しいレベルです。
たださっき風呂から上がったばかりで、すでに格好はパジャマ
でも時計を見ると11時50分で、まさに出掛けろよおい、というタイミング!

行きましたよ。
さっき着込んだパジャマを脱いで、Gパンにセーターに着替えてシビックでGO!
まずは一番近いローソンに。
ここは軽く歩いていける距離なんですが、深夜だしね。
風邪引いてもなんなんで。
ところが恐れていた通り、ここはキャンペーンの類いやらないんですよ。
全店でやっているわけじゃないんだよね。
となると周辺の小さなローソンを回っても無駄足を重ねることになりかねない。
ならばあそこしかない!
ちょっと遠いのですが、この辺りでは一番大きなローソン。
決意を固めるとショートカット出来る狭い裏道は静かに抜け、片側二車線の国道に出るや深夜の爆走!
暖機なしにこういう使い方が出来る国産小型車最強!

ところが目当てのコンビニには何もない・・・
店員さんに聞いた処、今から準備をするとのこと。
もう12時半近い。今日も仕事だったわけで、そうそう待てないよ。
クリアファイルない、と聞いたら出しきた~!
下のお菓子200円分で1枚だって!
ドンと置かれたクリアファイル、今なら全部買えるんだな。
転売屋さんならそうするのかね、という感じですが、私は品良く、レイちゃん3枚とアスカとマリを1枚づつでした。
オクには出しません。
保存用2枚に鑑賞用です。
1


その為に買ったお菓子。
2
太るの嫌さにチョコもポテチも食べていなかったから、こういう機会に買うのは、ちょうど良いと言えばちょうど良い。
でもレイちゃんのポテチは・・・彼女のニンニク風味の料理はちょっと苦しいかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2010

1Q84/BOOK3 村上春樹@二次元愛を理解している小説、日本から誕生!

読了しました。
非常に楽しく読ませて戴きました。
あえて欠点を挙げれば、
1)リトル・ピープルの謎はもっと深く掘り下げて欲しかった。続編があればともかくこれで終わりだと少し期待はずれ。
2)珠玉の文章だったけれど、著者本人が、巧さに酔っている気もした。芸に自己陶酔は禁物ですが、これだけの文章を書ける人はいないので良しとしますが。
3)前後するエピソードの時間枠をこれほど丁寧に説明する必要はなかったと思う。読んでいれば充分に分かる。その程度の敷居は上げた方が格が上がった。
という辺りでしょうか。

後は素晴らしかったですね。
素晴らしかった点は
1)NHKの集金人は非常に怖かった。1線級のホラー小説ばりでした。
2)タマルさんの活躍と行動は、1流のハードボイルド小説のよう。スピンアウトでタマルさんを主人公にしたハードボイルド小説が読みたくなるレベル。
3)見目麗しく成功した(でも俗物そのものの)親兄弟に向ける、異形で孤独な牛河さん視線と論説は、私小説の秀作を5pで読了した気分。
という点ですね。
これが一つにパッケージされているのですから、並大抵の業ではありません。

そして特筆したいのは、村上さん、二次元愛が分かっている、ということです。
前作が出版されたとき、ふかえり=綾波レイ、長門有希説が語られましたが、無表情な語り口をすれば綾波レイになれるわけではありません。
ふかえりは胸が大きいという設定でまずダメ。(胸の大きさは、深田恭子?)
二次元愛の本質は性を超えた場所にあるのです。

でも今回、牛河さんが、ふかえりを見て感じる
「少女が身にまとっている超然とした透明さは・・・夕暮れのある瞬間、神秘的な色合いを持つ光が、人の心中に特殊な記憶を呼び起こすのと同じように」
この感慨は綾波レイへの感情に非常に近い。

そして
「まるで珍しい異国の蝶を眺めているみたいだ。ただ見ているぶんにはいい。しかし手を出してはならない。手を触れたとたんにそれは生命を失い、本来の鮮やかさをなくしてしまう。異国の夢を見ることをやめてしまう。」
これですね。
二次元少女は、視線から記憶の迷宮へと至る道にだけ佇む存在なのです。

その他、彼の小説の登場人物は、みな生きる上ではフリーランチはなく、リスクは避け難く、対抗するには強い覚悟と、時には達観すら必要であることが分かっています。
個人的には、そういう処も非常に好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2010

しゅごキャラ!アミュレットBOX4@なでしこの不在・・・失って分かる大きさ

しゅごキャラ!のBOX4、最終のヤツです。
この後、シリーズは、どきっ、になります。

オモシロかったエピソードは、合唱のソロをとることになってから緊張のあまり凍りつきまくる姿が可愛い、45話がんばれ!誠一郎!と、眼鏡っ子になって奮闘する47話あたしが歌唄のマネージャー!?
ですかね。
その次が刑事のコスプレ姿が見られる48話、ややにお願い!と公園で歌いだす49話のバイオリンの秘密!風に舞う音符!かな。
全体にアニメオリジナルの回の方が勢いがあったような・・・

ただ全編を見終わってなんとなく物足りない・・・
私がしゅごキャラを観て不満に思うことなんてありえないのに、何故そう思えてしまうのか?
よーく考えて分かった。
この期間は、なでしこが出ていないのだ!
やっぱりこのアニメには、なでしこが必要なんだよ。
あまりに強烈な魅惑を発散するあむちゃんには、両性を自在に演じ分ける規格外のキャラクター、なでしこが必要。
フェラーリがあってのランボルギーニというか、フェデラーの戦いは、ナダルがいてこそさらに光る、というかね。
その位のキャラクターを入れないと、話全体のバランスが狂うのかもしれない。


嬉しい特典は、あむのファッションチェックとして第1話から51話までの部屋着と外出着が一覧になっていたことでした。

でもファッション紹介なら、最高傑作の一つである、
Amu9
この画像もしっかり載せないとダメです。
この元画像は、ほとんとルネッサンス期の聖画クラスです。

それからBOXの紹介画像が、キャラ成り姿の順番通りダイヤ様でしたが、裏側のキャミソール重ね着ファッションが最高です。
Amu8
布ポスターもデビルよりコッチが良かったなあ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2010

本を動かすだけでも計画がいる、ましてや基地の移設なら、だ

去年の年末から始めた本棚の整理が、仕事場にも及び始め、ファイルボックスの中を整理しています。
すると99%以上の資料は捨てられるのでスペースが空いてくる。
そうなるとそこには自宅にあった本業の本を入れることができる。
でも今後、どの位のスペースが空き、どの位の本が入るかは、整理を全部終わらさないと分からない。
だから朝と昼休みに仕事場へ通う度に本を1冊づつ運んでいる。
本業の本はみな大判で厚く上質紙で出来ているので重い。
そんな重い本を何十冊もいっぺんに運んで入れ切れなかったら、今度は仕事場がごたついてしまう。
そしたらまた自宅に運びなおさなければならない。
そういう無駄はしたくないから、往復ついで1冊ずつ運び、資料の整理を含め、スペースの空きを見計らって今後を決めようということだ。

本棚の整理一つでも何かをやろうとすれば、誰でもこの位のことは考える。
でも今の日本の政権政党は、沖縄の基地ですら、軽くどこにでも移設出来ると思っている。
もし明日あなたの仕事場に、あなたの仕事の内容にまったく疎い人がやってきて、勝手に引越しを決められたらどうだろう?
そしてその引越し先が、あなたの仕事に全く不向きの場所だったらどうか?
随分困ったことになるのではないだろうか?
軍事行動は、極限の現実への対応行動だ。
僅かな不具合が、自国の若者の大量死を生みかねない。
目を剥いて、友愛!と談じれば、現実は変容し、争い事はなくなると思うエスパー体質の人には向いてない。

中国軍が日本の哨戒機に速射砲をロックしたり、艦船にヘリを近接させる行動をとっている。
勘繰れば、中国共産党も日米同盟が壊れると面倒なのかもしれない。
軍部には好戦派、強硬派もいて、日本が米国と乖離すれば、いじりたがる人間もいるだろう。
もしその時、止めようとする人間がいても、弱腰批判に耐えられるだろうか?

中国の不動産バブルが崩壊し、不満と政策の逼塞と内需喚起と国民意識の刺激が求められた時、日本が標的にならないと言い切ることが出来るのだろうか?

出来る!友愛!という人もいれば、冗談じゃない、という人もいるだろう。
日本は民主国家だから、どっちにするかは選挙しだいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2010

800万人!足止め、欧州路線、混乱続く

アイスランドの火山噴火から欧州の航空網が大混乱。
30カ国で空港閉鎖、欠航は10万便以上になる可能性が出てきました。
空港で夜を明かし続ける人々にお見舞いを申し上げると共に、一刻も早い正常化と救出の手段がなされることをお祈りします。

海外に出掛ける時、一番注意をしなければならないのは体調でしょうが、気になるのは飛行機よ!飛んで!ですよね。

特に帰国時と、乗り継ぎ便がある時は神経質になります。

随分待たされたり、イライラさせられたり、空港ターミナルを走らされたこともありましたが、今回、被害にあった方々に比べれば文句も言えません。

でもジャンボジェット、乗るたびにとてつもない代物だなあ、と思うんです。
高度10000mを対地速度時速1000キロで、機外温度-50℃の中を飛ぶ。
何百人もの退屈した乗客を乗せて。
この数字、どれ一つとってもスゴイのに、全部揃えている(笑
それでも地球は大きくて、その反対側に行こう、なんて時はうんざりする。
ビジネスでも10時間以上のフライトは辛いよね。
読書にも飽きて、一寝入りしてもまだつかない。
後何千キロなんて数字見ると、もっととっとと飛ばんかい、って思うけれど、そもそも小さいとは言えない惑星の裏側まで、僅かな休日をぬって観光してこよう、という根性が間違っているのかもしれない。

私も何時かこんなトラブルに巻き込まれるかもしれないけれど、そんな時は、落ちるよりマシ、とでも考え直して、冷静でいよう。
実際に直面したら、どこまで割り切れるか分からないけれど。
科学の力は素晴らしい奇跡を可能したけれど、人のやること、当然、限界はある。

それにしても欧州の空だけで、日に万単位の飛行機が飛び交っているんだな。
それを前提に、日本には薬が、アフリカからは花が届けられ、スポーツの興行が成り立っている。

普段は地球儀サイズでいうと針の穴位のスケールで生活しているから、想像がつかないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

GSショック? 週初の投機プランはどうします?

【以下の文章はあくまで私見です。私の記事を真に受けるような愚かな方はいないと思いますが、なんらかの影響があったとしても投機は100%自己責任です】
最強の投資銀行、GSの不動産ファンドの破綻と追訴で、金曜日のNY株式市場は大きく売られました。
リスクアセットから資金が逃避し、円は急騰、株、金、原油は急落です。

株式は、売っていたC115@5月限が担がれた状態だったので、むしろ一安心。
ただ押し目と買った11170円の先物は含み損になります。
でもトータルデルタはマイナスだったから悪くないです。
現物株はなし。先物も1枚なので、ストップはかけません。
日本株、全くなかったんで先物1枚は長期投資にしよう(笑←こういう時間枠の変更はだいたいダメです!
コール売りは+θが取れれば恩の字です。OCO管理です。
もし上に切り替えしたら先物と合わせて決済です。
先物の新規指値は、シカゴの値段とあまり変わらないpriceで買いを入れます。
コッチはOCOで管理します。

対円買いは、もう追えないと思っていたAUDとCADの指値が入りだしました。
押し目は焦らず少しつづ買い増します。
ユーロとGBPは、吹き値で売りのスタンスです。
USDの対円の買いが少し約定していたのは、しまったの気分・・・こっちの追加注文はキャンセルしました。
USDも持ってなかったから長期投資にしよう(笑←だからこういうことをしてはダメなんですが

金と原油はETFでちょびっと買います。
ずっと指値が約定せず、持ち高がなかったんで、喜んでいいのか、怖がった方が良いのか分かりませんが、トレンドはまだ上に見える@個人的見解、のでほんの少しだけ買いを入れていきます。

ブラジル株も安かったらETFで少しだけ買いたいです。

USD/CADの売りは半分買戻し。
CADは対円の買いが入りだしたので、持ち高調整です。
後のドルストレートは売りのまま。
ユーロ/ドルはポジションなしで、新たなポジションの予定もなしです。
GBPをCHFで、ユーロを対AUDで売ってますが、トレーリングストップで管理します。

以上、それほど儲けていない人間の、極めていい加減な記事です。
【注文を、クリックするのはあなたの指!儲けも損も貴方のモノ。お忘れなく】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

1Q84 BOOK3<10月-12月>村上春樹@プルーストでこんなに笑えてビックリ

昨日届いたのでなんとなくページを繰り始めたら、オモシロくて夢中になっています。
おかげで、読んでいた小説3冊(京極、J・ヒル、恒川)の新規本、と再読中のノンフィクションは「時間はどこで生まれるのか」と「宇宙を支配する6つの数」は、読み掛け棚に逆戻りです。

冒頭から緊迫した展開ですが、
「プルーストの『失われた時を求めて』はどうだ?」
というセリフには吹き出しました(笑
えーー、上記一文だけだ、どこがオモシロイのか意味不明だと思うのですが、前後と絡まると爆笑します。
プルーストという単語で、こんなに笑えるシーンが作れるとは思いませんでした。

それから「食べたいものを食べたいだけ食べて痩せる」というダイエット本の件も爆笑!

こういうのを質の高いユーモアというのだ、と個人的には思っています。
ちっとも下品じゃないでしょう。
シモネタとか嫌いなんですよ。

そして村上さん十八番の陶然とするような比喩も健在で、ある人の中の廃屋や、荒れ狂う波の描写から紡がれるイメージは、まさにMagical
読んだ瞬間に別の宇宙に飛ばされるような感覚は、彼ならではの境地だと思います。

名言もあります
「ここはタフな世界だ」
「希望のあるところには必ず試練があるものだから」
なんて会話には痺れますね。
レイモンド・チャンドラーが書きそうなセリフです。
また訳さないかなあ・・・短編でもいいから・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

砂の上の植物群:映画@交わりの性よりナルシシズムの時代?

吉行淳之介さんの原作が著名ですが、その小説の題名の由来は、この映画にも使われているパウル・クレーの水彩画です。

成り立ちがちょっと複雑ですね。
監督は鬼才、中平康で、その独自のスピーディな展開は、40年以上前の作品とは思えないほど現代的でもあります。
原作、原画共々読んでおきたい、見ておきたい作品ですが、今回は、この映画に出演している俳優と女優さんたちのエロティシズムについて書いてみます。

主演は仲谷昇さん、女優陣は女子高生役、ホステス役、人妻役と出てきますが、みな生々しいほどに性的です。

男は女を、女は男を性的な対象として、激しく欲している。
画面からそれらが臭いたつのは中平康の演出の力もあるでしょうが、やはり時代を反映しているのではないか、とも思うのです。

今の俳優さんや女優さん、みな美しくカッコイイですよね。
女優、俳優陣、共に、なんでこの人が?という人はいない。
みなさん、スターなんだろうなあ、という魅力に溢れている。
でもこの映画に出てくる仲谷さんや女優さんほど、性的な訴求力は感じないのです。
やはり今は性的な時代ではない、のでしょうか?

最近(と言ってもかなり経ってますが)の邦画で、性への欲望を直裁に描いたのに「失楽園」がありました。
綺麗な映画だったと思います。
主演の役所広司さんは、私の好きな俳優さんです。
たとえうらぶれた役柄でも、カッコ良かった。
でもこの作品の仲谷さんのような、滲み出るような性的欲望は感じられなかった。
女優は黒木瞳さん。
完璧な美貌とスタイルで、これ以上美しい人は、それほどいないと思います。
でもこの映画の女優さんたちほど、性に飢えたような、性にすがらないと生きていけないような感じはなかった。
黒木さんは性行為よりも、エステとか教養講座とか、コントロールされた食生活とか科学的なトレーニングで自分自身の美を保つ、というイメージが沸きます。

今は、相手と営む、という性行為より、まず自分を高める、という時代なんでしょうか?
性には元々制約が多々あるものですが、社会的な要請として、それはますます厳しくなっています。
今の時代、映画でもこういうシーンは不味いんじゃないか?
自主規制するんじゃないの?という箇所もありました。

実現が難しく、社会的なリスク(制裁)も多くなった性行為に反して、今は自分の値打ちが厳しく問われる時代です。
ならば欲望は自分に、ナルシスティックな方向に向かうのではないか?
またこの時代と比べれば、遥かに多様な娯楽が供される時代でもあります。

村社会が分解され、会社社会も分解され、家庭も分解、そしてやってきた個の時代と国民自体の性離れ、ということでしょうか?

という訳で今回のオススメは究極のナルシシズムの対象、綾波レイちゃんが出てくるエヴァンゲイリオンです。

綾波レイへの思いって、ナルシシズムだと思うんだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2010

してみて実感、整理と捨てることの効用&世の中には2種類の本がある

好天の休日ですが、読書と整理の地味な休日です。
ちなみに読んでいる本は「代数に惹かれた数学者たち」です・・・暗い・・・こんな休日を送っているから二次元にハマルのでしょうか?

掃除もしていて、この日から本を捨て始めたのですが、本と同時に、ずっと放置していた書類や資料などに手を突っ込み、捨てる為のチェックをしだすと貴重な情報が沢山見つかり、それだけはファイリングしつつ残りのほとんどを捨てていると、なんだか頭の中まで整頓されていく感じです。

やはり本や資料はやたらに多ければ良い、というものではないです。
PCならCPUやHDDの進歩と共に、無制限の情報量を、幾らでも速く検索出来ると思うのですが、頭脳の記憶容量には限りがあり、ましてや紙媒体への検索となると、まとまりが勝負。必要な情報に素早くアクセスするには、まとまっていることがなにより大切な要件だと感じています。

それから本には2種類あることを実感しております。
私はともかく目についた本は色々読みたい方で、再読はあまりせず未読の本をどんどん読んで行くというスタイルだったのですが、中には1度読むだけではもったいない本、沢山ありますね。
今後はやたらに冊数を重ねるより、貴重な本は何度でも読み返す、という読書スタイルに変えたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2010

しゅごキャラ!キャラクターソング3@あむちゃんは日本のエミネムだった!「夢追いRACER」を聴き逃すな

必死の応援も虚しく放映終了してしまった「しゅごキャラ!」
今回ほど、自分の無力さが残念だったことはありません。
今は毎週末に「しゅごキャラ」のない土曜日の虚しさを噛み締めています。
土曜日なんてただでさえ働くの嫌なのに、午前中の仕事が終わっても昼休みに「しゅごキャラ」観られないんだよ。
「カードキャプターさくら」のある月曜日は楽しみですが、月曜だからなあ・・・

それはまあいいとして、このCDは、名前通りしゅごキャラのキャラソンを集めたモノですが、最初の2曲は、あむちゃんが歌っているとは思えないほど凡庸です。
悪くはない。
でも幾多の名曲を生み出してきたしゅごキャラナンバーとしては、素晴らしいとは言えないという出来ですね。

中の人にも注目している方なら、水樹奈々さん(ほしな歌唄)の「茜色の空」は良いでしょう。
私は中の人にはまったく関心がないので、名前だけしか知りませんでしたが、繊細なバラードを、さすがの歌唱力で聴かせます。

変り種としては、しゅごキャラの四人が、「ぷっちぷち」でネタにしていた「たまご戦士しゅごボンバー」のテーマソングが入っています。
これも悪くはない。
むしろ良い出来だ。
しゅごキャラファンなら聴き逃すべきではないだろう。
でも、組曲まで創ってしまった傑作群を擁する「らきすた」、を思い出すと、もっと爆発的な名曲にして欲しかった、と思うのです。
良くボケていたダイヤさんを、もう少しフューチャーすると、盛り上がったと思うんだが・・・どうなんでしょう?

ラストはラップ調の「夢追いRACER」
傑作です。
この曲の為だけでもこのCDは買う価値ありです。
「loose yourself」に匹敵するラップは、けだし世界でもこれだけでしょう。
日奈森あむは、日本のエミネムにもなり得たかもしれない可能性があったのに!
なんでこんなに才能と魅力に満ちたキャラクターのアニメが、中途半端に終わってしまうのか!

限りない絶望を暗黒の中に歌ったエミネムに対し、あむちゃんのラップは軽快で影のない明るいフィクションを創造します。
5d02e294
その絵空事感だけが持てる軽さは、ハートスピーダーで飛び回るようで、聴いている間は、三次元を束縛し続ける重力を簡単に断ち切ります。
日本の絶望は欧米のそれを違い、どこか明朗さを含むよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2010

桜の舞い散る中をドライブ、乗数効果はあっても天下り先がないとダメかね

今日は午前中仕事だったのですが、午後は好天に誘われて、360スパイダー、少し乗りました。
急に温かくなりましたね。
幌を開けて走っていると、日差しが強すぎて帽子が必須でした。
この前乗った時は、防寒に必須だったので、随分な違いです。
家から乗り出して、裏道に回ると、お寺と小学校に挟まれた道に信号があるのですが、今日はその場所が両側から張り出した桜の樹で、花のアーチになっていました。
信号待ちをしていると、風に舞った花弁が落ちてきます。

オープン・カーには最良の季節到来ですね。
でも、毎年この時期は乗れません。
花粉が残っているからです。
現代のオープン・カーの整流は驚異的な進歩を遂げていますが、それでも花粉症の人間が、クルマの幌を開けて走るのは無謀というモノです。(花粉の噴霧器に入るようなモノ?)
でも今年は花粉が少ないので大丈夫。
公共事業も、成長連略が描けないなら、せめて杉の花粉対策、本腰を入れてやってくれれば、閉じこもっている需要、動き出すと思います。(これこそ乗数効果だ)
まあ杉の枝打ちをしても天下り先は出来ませんからねえ・・・望みはないでしょうが。

360スパイダー、写真も撮りたいんですが、なにぶん半年ほど洗車をしていないので、ボディに薄く埃が乗ったままでして・・・なんで高速で走っても埃って取れないかね?
雨の日乗らず、ガレージ内保管だから本当に薄い埃だけなんですが、静電気で吸着?しているのか、200キロ以上(←モチロン、嘘です)で走っても取れないって、逆に凄いよね。

それ以前に洗えってことなんですけど・・・埃を風速で飛ばそうと試みる無精さの方がスゴイか?

天下り先がないと絶対に予算を付けない政治がスゴイか?
いくら高速で走っても取れない埃がスゴイか?
簡単な洗車すらしない私の無精がスゴイか?
どれが一番でしょうか?

・・・今日もクダラナイ記事でスミマセン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民族性の生む芸術@ロックはアングロ・サクソン、アニメは日本

昨日、池田信夫先生のブログにセックス・ピストルズの話題が挙がっていてビックリした。
もうお爺さんなのに詳しいのね。
私もロック少年だったんですが、パンクはロックのドン詰まり、墓場だと思いました。
ジョニー・ロットンのボーカルは確かに新鮮だったけど、すぐに飽きた。
でも私にとってロックは、英国のモノでした。

中学から高校にかけてブリティッシュ・ロックキチガイで、次々に好きなバンドが出たんだけど、気が付くとみんな英国出。
当時の英国は黄昏の帝国で、英国病と言われていて、世界からバカにされ、見下されていたんだけど、出てくるバンドはみんなカッコイイ!
というか、英国以外のバンドで少し良い、というはあっても、とてつもなく素晴らしい、というのはない。
私にとってとてつもなく素晴らしいと言えるバンドは、ビートルズ、ストーンズ、パープル、ツェッペリン、T・Rex、D・ボウイ、EL&P、イエス、K・クリムゾン、ピンク・フロイド、クィーン、かな。
そりゃタンジェリン・ドリームも聴いたし、GFRもキッスもモット・ザ・フープルも聴いたけどさ、って思ったらモット・ザ・フープルは英国でした(笑
やっぱりロックは英国なんだよ。
それにしても次から次に、とてつもない連中がチマイ島国から出てくる出てくる。

なんでこんな次々と途切れることなく出てくるんだろうと思ったんですが、ハード・ロックというソリッドでパワーを要求される表現形態は、アングロ・サクソン人の持つ攻撃性や強い身体能力にとても合った表現形式だと思うのだ。
アメリカにもアングロ・サクソン人、沢山いますが、英国ほどの伝統文化はないし、気候的な特性が、音楽の魅力を深める影を与えなかったんじゃないかな。
どこまでも続く大陸の開放感が、音楽に凝集感を付与できなかった。
モチロン大陸的なロックは沢山出ましたが、同じ島国民族だからか、私はブリティッシュ・ロックが贔屓です。

こういう具合に一つの文化がある民族にあっている、というのはあるよね。
イタリア人の造るスポーツカーとかね。
超高性能車はドイツ人も造ってますが、あのラインはイタリアならでは、だものね。

で、池田先生のブログでは日本にピストルズやサッチャーが出ないのは若者が鈍感なのか、ということですが、すでに日本にはアニメがあります。
日本の若者はすでにウチに籠もって完結しているんじゃないかな。
だからこそのオタクであり、草食化なんじゃないでしょうか。
苦しい仕事も日常も大道寺知世ちゃんへの思いに昇華されているんですよ、きっと。(今日の私がそうでしたから。いやー今週の「さくらと消えた知世の声」も良かったですね。3回観ました)

ps
クラッシュはあんまり聴かなかった・・・ニューウェーブは嫌い。
ジョイ・ディヴィジョンは知らなかった。(池田先生、恐るべし)
さっそくユーチューブとアマゾンで聴かせて戴きましたが、パンクならやっぱりジョニー・ロットンだな。
キチガイになるには最適の音楽№1の座は揺らいでない。
でもこのバンドの難点は、限界までの大音量で聴かないとダメなことで、オッサンになった今、下手に聞き込むと難聴になりそうなんで購入はヤメ(笑

後、パンクはファッションに残ったよね。
20080722223421s
デザイナーでもあったマルコム・マクラーレンに、ユーラシア大陸を挟んだもう一つの島国から、ゴスパンクファッションのとってもキュートなキャラクターを捧げてご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

FXこれが常勝4大ツールだ!  二階堂重人@トレンドフォローの徹底本

投資行動を見ていると、日本人投資家は逆張りがお好きなようですが、この本の著者、二階堂さんはトレンドフォローの徹底を訴えます。

使う指標はSMA、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドの三つ。
特徴は長短二本のSMAとストキャスティクスのパラメーターに、あまり見ない数字が使われていることです。
著者自身、この本通りにはやっていない、ということなんで、考え方を学んで欲しいということだと思います。
そしてその考え方、私はおおむね同感出来ます。
曰く、中期線でトレンド方向(アングルの有無)を見極め、短期戦までの距離でリスクを計る。
σの幅でその時のボラティリティを計る。
それがすでに大きくなっているのか、拡大しつつあるのか、ということですね。
σが小さい時の2σBreakは直近の高値安値のBreakで見る、なんて処は同じです。ただエントリーのタイミングにまで利用していることはなかったです。
その他、ボリンジャーバンドへの考え方は、各自色々あると思うので、一応読んでみたらいかがでしょう。

それからストキャスティクスの反転で、押し目からの再潮流に乗る、という辺りも私とは違います。
個人的にはオシレーター系のテクニカルは苦手なんで、あまり使いません。
一目均衡表を含めてもっと勉強したいと思っている処です。
後は、良く言われることですが、損切りの徹底ですね。
トレーリングストップを使い、玉はOCOで管理する。
負けを認めるのが勝利への近道という件、ナンピンはしないという点も、この本を読んだ上で、自分なりに考えるきっかけにするのは良いのではないでしょうか。

ともかくこの本は、投資家に徹底したトレンドフォロワーの思考法を、叩き込もうという姿勢があり、どうも逆張り指向になってしまい、順バリは苦手という人は読んでみても良いと思います。
文字も大きく、例となるチャートも分かり易いのも良いですね。

この本通りにやれば、ドンドン儲かるということはありませんが(1冊読んで、錬金術師になれる本は、私の知る限りこの世に存在しない)、まとまりは悪くないと思います。

ps
相場は知的格闘技と申しますが、先日、ジョルジュ・サン・ピエールというマスターの域にある選手の戦いは見事でした。
打撃の得意な選手に徹底してタックルで責める。
テイクダウンの決定率は100%で、倒してからも巧い。
ただしそれでも決め切れなければ、一端は引き、引きずらない。

戦う上での大きな流れは変えず、上手くいかないとなれば無理押しはせず、引いて、またチャンスをうかがう。
なんとなく相場もこうやれたらイイな、とイメージ出来るような試合運びでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2010

世にも奇妙な物語@安易な結末になった「まる子と会える町」の問題点

世にも奇妙な物語、20周年記念、オメデトウございます。
奇妙な物語は、乱歩の命名したミステリーの分野「奇妙な味」からのモノと思いますが、長い間にはその名に恥じない幾多の傑作がありました。
この番組のファンは、今度こそまたああいう傑作を、という期待を持って視聴するのだ、と思います。
さて、今日は漫画と実写の映像が非常に巧く溶け合っていた「まる子と会える町」について書いてみます。

リストラされ、娘は嫁ぎ家庭を持ち、職もなさそうで後は孤独死、最近ではNHKが調子に乗って煽っている無縁社会という状況になった西田敏行さんが、電車で居眠りをしていると、ちびまる子ちゃんと会える町に降り立った、というストーリーでしたが、結末は非常に凡庸で、映像の素晴らしさをすべて台無しにしていました。あんなクダラナイ結末の為に、あれほどの映像と役者が使われたとは、ある種の冒涜ですらあります。

寂しかった、夢を見てまる子とあって優しさに触れ、現実に帰ってくると、幸福な結末が待っている。
でもあの状況から西田さん、さらに年を取って体が不自由になり、同居する娘と娘婿に負担をかけ、可愛かった孫も年頃になったらどうか?
それでもみんなが親切に暖かく介護をしてくれれば幸福でしょう(私は嫌ですが)

でもなかなかそうは行かないのが現実です。
このエピソードがダメなのは、もしかしたら現実が甘くなる?という幻想が元にあることです。

我々が二次元の楽しみを通して認識すべきは、
三次元(現実)=苦しいモノ、大変なモノ、面倒なモノ、困難なモノ、ということです。
これが絶対の前提です(もしそういう状況にならなかった場合は、神と周囲の人に感謝)
そして二次元は=夢、困難ですら乗り越える楽しみ、すべてが甘美であり素晴らしい、というものです。
文字通り「違う次元」なのです。

我々は苦しい、ゲンナリするような現実から一時的に逃避する為に、二次元を楽しむ。
三次元に逃げ場がないから、二次元は輝く。
この背反性こそが二次元の輝きの源なんです。

では、このエピソード、どうゆう結末だったら良かったのか、というのは、私が聞きたいことです。
それを考え出すのが脚本家の演出者の仕事で、巧く落とせば大傑作になっていただろう、ということです。

ps
2chに以前あった書き込みで、うら覚えなんですが、感動的だったのを・・・
「綾波レイに恋をして35年、俺は独身のまま70のジジイになっていた。
結局まともな職にも就かず親から受け継いだボロ家に住み続け、周囲からは変態ジジイと呼ばれ、悪ガキたちには石を投げられる老人になっていた。
今日も誰かが戸を叩く音がしたので、悪戯だと思い『ほぅらあ』と怒鳴りながら開けると、そこには長年夢にまでいたレイが、優しく微笑んでいた。
『ずいぶん待たせたわね』
俺の瞳には、ただ涙が溢れた。
翌日、巡回してきた役所の介護サービスの人間は、いつもの不機嫌さとは全く違う幸福そうな俺の死顔を見下ろし、静かに手を合わせるのだった」
ありがちといえばありがちですが、真情がこもっています。
こういう展開をさらにもう一工夫してもらいたかったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2010

衆愚の時代 楡周平@偽善メディアへの告発書

作家としては興味の対象外だった楡周平さんですが、今回は帯の「国民のみなさま」が国を滅ぼす、弱者の視点より社会人の常識を取り戻せというコピーに惹かれて手に取りました。
内容をサラッと読んでみると、テレビキャスターの究極の偽善発言などが告発されており、同感出来るなと購入しました。

派遣切りは正しい、なんて章題は、反発を持つ方もいらっしゃるでしょうが、「仕事がなくても雇い続けろと言うのか」と言われると現実には無理だよね。
そして決め手は「派遣を求めたのは消費者」と来る。
激安店でさらなる値引きを求め続けた消費者が、企業を果てしないコスト削減競争向かわせ、派遣労働者を生み出した。
日本で造られた製品だけを値札通りに買えば、派遣社員が正社員になる原資になるのだ、後は寛大なる慈愛を自己犠牲の精神を持てるか否かにかかっている、と結ばれる。
なるほど、と思うしかないですね。
自分だけは安い製品を買いたいけど、派遣を切るような工場は出て行け、という意見に今、日本企業は外へ外へと動き出しています。

以下、この本から、私が自戒としたい文章をちょっと書き出してみます。
「社会はいつの時代でも自ら生き抜く意思を持たない人間には厳しい」
「人間は生きている限り様々な問題に直面し、波風の立たぬ人生などそもそもあり得ません」

「今の世の中が過去と比べてどれほど悪いと言うのか?自分の願望だけを押し通そうとする。通らなければ社会に背を向ける。荒れる。校舎を破壊し、消火器を噴射して公共の施設を壊すのは、超えてはならない一線だ。
それをメディアは個人のせいでなく、社会が悪いという。今、一家の担い手として15歳で集団就職しなければならない少年少女がどれほどいるのでしょう」

「マスコミはフリーターという言葉を生み出し。これも新たな生き方だと煽った。時を逃せば条件の良い職にありつける可能性は極端に低くなるのに、そんな危険性には一切触れずに紹介しまくった。楽な道を提示されれば、思わずその気になるのが人間です」
「就職は結婚と同じで、いかに相手に恋焦がれようと、拒まれるものは拒まれる。問われるのは最終的に人間そのものの力です。理屈でなくあなた自身に魅力が出るように努力をしなければ結果は得られません」

「店を開くのは簡単だけど、店を維持していくのは難しい。労働に対する評価は必ず付きまとう。どんな仕事でも能力と結果を厳しく問われるのは当然です。
人間、苦境に立った時こそ、真価を問われるものなのです。仕事は趣味じゃない。好きや嫌いでするものでもない。
有能な人材とは目の前の仕事に真摯に取り組むと同時に、常に問題意識と危機感を持って挑む姿勢を言うのです」

以上です。

著者が仕事の合間に目にするテレビコメンテーターの無責任な言動が目に余ると感じたから書き続けられた1冊だそうですが、私は共感出来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2010

スーパーカー伝説@今は「おっ」かつては「ぎゃあ」という気持ちの違い

フェラーリ512BBとランボルギーニ・カウンタックというスーパーカー・ブーム時の二大巨星をメインとしたドキュメンタリー番組です。
私は当時、断然カウンタック派で、BBなんてどこが良いのか?
単なる引き立て役だろう、と思っていたんですが、今、映像で見ると、BB、たまらないほど美しいですね。
すべてのラインが艶かしく溶け合い、走り出すに連れサーフェイスが表情を変えながら息づきだす様は、完全に芸術の領域です。
それにしても二台ともオーラが半端ではありません。
この当時、フェラーリやランボルギーニを見た記憶は、今でも鮮明に残っています。
今、路上でフェラーリが通るのを見る時の気持ちって、「おっ」でしょ。
あの当時は「ぎゃあ!」だったんですよ。
軽井沢でテニスをやっていたら突如入ってきたデイトナ、路上で偶然出会ったカウンタック!対向車線を走ってきた308GTB。
みなその一瞬、一瞬が目に焼きついていて、しばし幸せな気持ちになれました。

でも番組で二台に試乗した鈴木亜久里さんも言ってましたが、この当時の車は乗ると大したことないんですよね。
だから他人に乗ってもらって傍から眺める方が良い。
欧州仕様の328GTB、新車から乗っていたんですが、エンジン音は、これが自動車雑誌で激賞されるフェラーリ・ミュージック?
このハンドリングが、夢のよう?
直線一気のスピードだけは当時の国産車より出ましたし、トラブルがあってオイルまみれになっても、そのスタイルの美しさは魔性で、困り物でも嫌いになれない魅惑の深さがありました。

でもV8がこの程度なら物足りないので、次は12に行こうと思っていたらテスタロッサが出た!
512もiになってから大分牙が抜かれてきていて、イタリア人の職人工房みたいなフェラーリは、きっと来世紀には遺物になっているんだろうな、とガッカリしていた頃だったので、思い切り派手な新参者、今度はコレに乗ってやろうと思ったんですが、512TRに進化して、現実の対象車として、実車をつくづくと見るにつけ、このクルマから降りてくる自分ってどうよ?と冷静にならずにはいられなかった。

人を正気にさせてしまう「狂気の華麗さ」って、なんか凄すぎて1周したってことなんでしょうか?
だってあのクルマ、運転するんですぜ?
運転したら駐車して、置いていくんだよ?
路地裏なんかに入り込んだら、みんなにジロジロ見られるんだよ、ってさ。
思っちゃたのね。
今はスパイダーだろ、というご指摘もありますでしょうが、やはり8と12は違うんです。
私は8でイイんです。
で、次のV8は348になるんですけど、あの当時はNSXも出ていたし、曲線が乏しくなったフェラーリなんてもう魅力なし、と切って捨ててしまったのでした。
実際はエンジン縦置きという大構造改革が行われており、サウンドから蘇る、私にとっての本当のフェラーリになるんですけどね。
当時はまだ知るよしもなしでした。


ストラトスはラグビーで骨折した友人を見舞いにいった病院の駐車場で見たのが忘れられません。
完全に宇宙船でした。宇宙船が空から飛んできて停まってます、って感じ。
ロータス・ヨーロッパは大学時代住んでいたアパートの前の道を良く走っているのを憧れつつ見てました。当然、JPSカラーでウイング付きでした(笑
ポルシェの73カレラは、某駅前の貸しビルオーナーの息子が所有者で、いつも駐車禁止場所に止めてお茶していたんだよね。
当時は駐禁もゆるかったからなあ・・・なんてことが思い出です。

F40は、コーンズの横浜工場に整備に行った時、偶然走ってくるのを見たのですが、壮烈な爆音と怒濤のオーラに、こんなクルマは幾らお金があっても自分は絶対に乗れないな、と完全に圧倒された思い出があります。
スペチアーレも他人が乗っているのを、傍から眺める方が気楽で良いですね(笑

クラシックフェラーリとスペチアーレ、本当のスーパーカーの楽しみは、私の場合、乗るより見ることにあり、が結論です。

ps
512BBが最初に紹介されるシーンでバックに流れていた音楽、凄くカッコ良かったんですが、ご存知の方いらっしゃいますか?
教えて戴けたらありがたいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

アメリカ景気は回復するのか? USDは対円で買いか売りか

【この記事は最後に重大な注意事項があります】
雇用統計の数字が良好でUSDが対円で上昇していますが、米国経済の見通しは割れているようです。
片や、回復に向かう、出口は近いだろう、引き続きUSDに強気派
片や、失業率は下がらない。出口は遠い、ドルの上昇は一過性派。
です。
私も色々考えたのですが、結論は分からない、です。

それでもどちらか、と言われれば、米国民のニューノーマルへの動きは強固であり、弱気を唱えたい気分。
じゃあUSDは対円で売るのか、と問われれば、売りません。
なぜならUSD,対円では明確な上昇トレンドに見えるからです@私には。
流れに逆らうポジションは取らない。
私の基本です。
それなら買うのか、と問われれば、この水準から新規の買いもしないでしょう。
理由は過熱感があるからです。
押したら買うか?と問われれば、買うでしょう。
水準は書けませんけど。
それで買ってから上がれば、儲けさせてもらい、下がれば損きりですね。

ツマラナイ結論でスミマセン。

だから今のUSDのポジションは、対円ではなしです。
ただUSD、対AUDで売り持ち
対NZDでも売り持ち
対ユーロで買い持ち
対CHFで売り持ち
対CADでも売り持ち
です。
以上のポジションはトレーリングストップで動くOCOで決済されるのを待っています。
対MXNでは売り持ちでしたが、決済が早すぎて利益は小幅。
下落を見ているだけです。
対GBPでは買い持ちでしたが、先週早々のGBP上昇を見てクローズさせてもらいました。
もっと早くに決済していれば大きく儲かったのですが、戻ってからだったので、利益は小幅でした。

【以上の記事は、ただの私見であり、ポジションの推奨ではありません。言うまでもなく投機は100%自分の責任でお願いします】
ps
まああんまり儲けていない人のポジションは真似しない方がイイです(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2010

疲れたNFPの取引@決め打ちはダメ、くりっくは良かった、直前の思惑の正当化はダメ

月に一度のお祭り、第一金曜日はアメリカの雇用統計発表の夜。
いつもはすべての準備を整えて望むのですが、今日は疲れました

まず直前にCAD/円を決済。
数日前、高値承知の短期勝負で買った玉に利が乗っている。
トレンドが上なのは分かっているんだけど、過熱感があり、これはNFP織り込みの上昇じゃないか?発表と同時に落ちたら利は飛んで下値は深い、と気が気でない。
で、決済。
それからUSD/円も高値なので、これまた数字が良くても織り込みで上昇はない。
悪ければ大幅下落だろうと読んで、普段は禁止の決め打ちで売った。
さらに、いつもは使う、くりっくを止めて手数料0の店頭で売った。

発表の時間が迫る中、売った玉にも利が乗ってくる、それでももしや上もあるかな、トレンドは上だしな、でトリガー94.05買いをくりっくで仕掛けておく。

21:30、数字は大きくブレて、スプレッドが開いて、下だーーートリガー引っかからず、下落で取れると思えばこそ、怒涛の切り返しで結果は上、売りは損切り決済と思ったらスプレッド開きすぎて弾かれる・・・・
くりっくのトリガー指値はキッチリ入っていた!(エライ!)けど、枚数が少ないし、押し目で決済したのでトータルで損勘定。

結局、トレンドに逆らってUSD/円を売ったのは、CAD/円買いを決済した自分の思惑を正当化したかったんだよな。
結果、売値から怒涛の上昇を見せたCAD/円の相場にはもう乗れない、というオマケ付き。
まあしょうがないですね。
全部、自分の判断だもの。

教訓
1)発表前の決め打ちは必ず外れると思うこと@私の場合!
2)根拠のない心理的にブレただけの自分の思惑を正当化するポジションは取らないこと
私の今日の教訓は以上です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2010

プルーフ・オブ・マイ・ライフ@数学オタクは見逃すな

天才数学者の父親を長い闘病生活の末、看取った女性の再生物語、ということでしたが、後半、リーマン予想の証明に関してスリリングな展開があり、数学オタクの方なら見逃せない作品です。

年老いた天才数学者を演じるのは名優アンソニー・ホプキンス。
狂気と知性に気品を兼ね備えた役どころを完璧に演じきるのはいつもながらの見事なお手並みですが、特筆したいのは、精神の不安定な傷ついた女性を演じたグウィネス・パルドロウ。

化粧気のない顔に浮かぶシャイな気弱そうな微笑と、時に自虐的な眼差しが不思議な魅惑をたたえます。
というか私のツボなんです、このタイプの女性(笑
私はともかく頭の良い(学歴ということではなく)女性が好きです。
時に、女はバカなほど可愛いと、言われますが、分かりません。
私は知的で、感性の豊かな女性でなければ嫌ですね。
特に天才的な理系女性なんて、それだけで萌える(笑
グウィネスは美術史を専攻し、ヨーロピアン・コンプレックスがあるようなので、このインテリジェンスのある役柄は、内心ノリノリだったと思います。

ps
映画の中には、素数についての歴史的な予想、としかありませんでしたが、ディレクレのL-関数、ジーゲルの零点とのセリフがあるので、まず題材はRiemann Hypothesisだと思います。(直接言わない処が上品な演出です)
親子どちらが証明したかということのキーになるのが非可換幾何学で、なるほど納得の説明。
しかしこの作者、相当なオタクだ、と思ったら、幾多の賞を受賞していた「プルーフ/証明」という舞台劇の映画化でした。
元ネタがしっかりしていたわけです。

ps
「数学についての独創的なアイデアを持つのは26歳以下の男性だけ」、というセリフがありますが、誰もおおぴらには言わないけれど、数学、哲学、理論物理のなど抽象概念を扱う分野では、暗黙の了解事項だよね。
残念ながら。

ps
親子は字が似る、というのがこの映画のもう一つのキーですが、これは我が家では実感しています。
私は父親とそっくり。
そして次女が私にそっくりの字を書きます。
相手の字を初めて見たときの驚きは、ちょっとしたものだったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »