« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

January 29, 2010

【職人としての器】 労働なき富vsアニオタだけど温厚で経済力も安定・・略

ネット相談室に、学生時代から幾人もの異性と交流のあった女性が、温厚で経済力も安定しているけど、アニメオタクでワインも嗜まない男性との結婚に迷いがある、と書き込んでいる。

読んでみると長い割りには、どこか投げやりな印象を受ける文章で、仕事をするなら、もう一捻り、工夫、味付けが欲しい処である。
仕事へのエル、オー、ヴイ、イー、いわゆる一つの愛、あるいはピー、アール、アイ、ディー、イー、そうプライド、誇り、が足りない感じで、昨今の荒廃した世情の反映なのか、職人の仕事も大分雑になっている、と感じる所存である。

そういう荒れた世情を憂えたのか、鳩山首相が今日の施政方針演説でかましてくれた、
「労働なき富は大罪である」という発言はArtisticである。
まさに天性の職人、ナチュラル・クラフツマンでないと言えない言葉、というかすでに完全な芸術家の領域。
たった3つの単語に、広大無辺な宇宙を垣間見せる言語空間の奇跡である。

この領域は、常人がいくら努力しても行ける世界ではない。
世界も日本国民も驚き、侮れないと感じたはずである。

ps
今日、昼飯時にCCさくら@「さくらとおかあさんの思い出」を観ていて、思わず「かわいいねえ」とつぶやいたら、妻にドン引きされてしまった。
しょうがないんだよ!
こっちは土日も働くんだから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2010

【最後に残った確信は】 チェンジリング 【希望】

失踪五ヶ月、やっと帰ってきたと思った我が子は、別人だった。

すっかりスーパーナチュラル物だと思い込んでいました。
とりあえず現役最強監督、C・イーストウッドさんの作品ですから、じっくり観させてもらおうと思ったら、based on true storyとある。
?、と思ったら、社会派ミステリー、というか社会派ホラー映画の展開です。

相変わらず映像の美しさは比類がなく、イーストウッド・タッチとしか言いようにない深い輝きに満ちています。
抑揚迫らざる語り口は、威厳すらあって、男が何かを語るなら、こんな風に語りたい、って思わせてくれます。
小説にたとえると彼の創る映画は純文学ですね。
文章(映像)の1行(1カット)、1行(1カット)が深い場所にある、真実を照らし出す。

だから繰り出される恐怖が半端じゃない。
安手のホラー映画みたいに、怖さを遊びに出来ない。
理不尽な人間への怒りが本当に込み上げてくる。
恐怖が真に迫り、重く圧し掛かってきます。
ヘビーウエイトのボクサーが繰り出すパンチみたいです。

しかしこの当時のロサンゼルス警察の腐敗は半端じゃないな。
ジェイムズ・エルロイの小説は、モダン・ノアールを表現する上でのフィクションと思っていたけど、違うんだ。
アメリカの暗黒史なんですね。

一通り話しは終わった、という処からの展開もお見事。
ラスト・シーン、青磁色に染められた十字路の美しさには感動せずにはいられません。この人の撮る映像はどこか宗教的な尊厳すらたたえてますね。

ビリオンダラー・ベイビーなどと同じく、決して観やすい映画ではありませんが、イーストウッドと同時代を生きる幸運を噛み締める意味でも必見の映画でしょう。

ps
でもこのロス市警にダーティハリーはいたの? と思ったらあっちはサンフランシスコ市警でした。そう言えば坂道を電車が走っていたものね。
ロス市警はコロンボですね(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2010

投信はやっぱりダメなのか?@株式市場における投資部門別売買単価比較から考える

【この記事は最後に注意書きがあります!】
株式市場において長年に渡り安定した利益を出すのは至難の業です。
特に日本市場は20年で1/3弱になっているのですから、長期投資で報われるには、神眼が必須。

それでもポートフォリオに少しは株を加えておきたい!
でも自分でやるのは面倒だし、仕事も忙しいし、何よりよく分からないから、「プロにお任せ」、ということで投資信託ですが、「斜め切りTOKYO市場」という記事によると、投信の成績、09年は+22円、08年は-49円と、良くありません(あくまで日経平均換算の売買単価ですが)
さらに投信は買う時に手数料を獲られ、維持するだけで信託報酬を取られ、となりますから大変です。
手数料を1%、信託報酬料2%とすると、09年はトータル-257円、08年は-305円!
これは酷いですね。
今回、記事になっている統計は、全ての投信を一緒くたにしているので、中には上手な方もいらっしゃるのでしょうが、ほとんどの投信、過去の実績では、あまり腕の良いプロが運用した、とは言いかねるようです。(実際、ベンチマークを上回るアクティブ投信は全体の30%程度)
ならば投信、少なくても回転売買だけは止めてもらいたい、と思う処ですね。


逆に、無知なアマチュア集団と一段低く見られがちな個人投資家は、08年では+60円、09年では+29円(日経平均換算単価)と意外に健闘しています。

最も相場上手と思われている外人は、08年-75円、09年-64円(日経平均換算)と実際は高値買いの安値売り傾向があります。(外人はドル建てという影響を除く)
それでも外人が市場で一目置かれているのは、売買金額が圧倒的に多く、かつ上にでも下にでも相場に勢いをつける売買をするからです。
外人が買いだしたら上がりだし、売りだしたら下げ易い、ということですね。

外人の動向を無視するとエライ目に合うのは確かですが、盲目的についていくと、ドル建てで相場を張っているわけではない我々は痛い目に合いかねない、ということが分かります。

それでは、株式も少し持ちたいが、毎日、相場をチェックするのは不可能だし、面倒という方はどうすれば良いのか?
今回、私なりに考えたのは、日経平均やTOPIX連動の上場ETFで、出来高の多い銘柄を余裕資金でドルコスト平均法、というのはどうでしょう。


!注意!
上記方法をした結果、損失が出たり、大儲けの機会を逃しても、全く責任は追えないので悪しからず。
私は上場投信の販売やっているわけではなく、今回のヴェリタスの記事を読み、投信回転売買の行政指導記事を思いだしたので、対処法として、ちょっと思いつきを書いただけです。
投資は100%自己責任でお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 26, 2010

【人類史上】マイク・タイソン・トレーニング風景【最も美しい動きをした男】

私がスポーツに惹かれるのは、生きる上で避けて通れない闘争が純化された姿で現れるからであり、真に優れたアスリートの動きを芸術だと感じるからです。

ボクシング史上、最強のチャンピオンは誰か、という問いには永遠に答えは出ないでしょう。
我々は幾多の試合ごとに、意外な解答を観てきました。
でも最も美しい動きをした選手は誰か、という問いには自信を持って答えられます。

あらゆる分野に天才的なアスリートがいますが、練習シーンを見るだけで惹き込まれる美を体現したのは実に今の処、彼だけです。

静止から瞬時に発散する躍動、影だけが映るシャドーボクシングシーンは魔人もかくや、何気ないフットワークに顕現する柔軟さと弾力は生命の本源そのものです。
一緒に写っている老人は、科学的なトレーニングをした名伯楽、カス・ダマトです。タイソンの稀有な野生は、ここで科学と出会い、至上稀にみる美を生み出しました。
堪能してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2010

【NHKの】カードキャプターさくらのブルーレイDVDBOXを買ってしまいました【陰謀で】

去年の4月から再放送されていたカードキャプターさくら。
先々週から放送休止中で、再開されるのは4月です。
毎週1話づつの放映、楽しみにしていたんですが、やらなくなってしまい非常に寂しい。
ということで、ブルーレイDVDBOXを買ってしまいました。
BOX自体、クロウカード編とさくらカード編とあり、正価で買うと81900円+49350円で131250円!です。
合わせて全70話、再生時間も1750分と長いので仕方ないのですが、高い!
(アマゾンは値引きがあり55872円と37620円で93492円)
でも高い!
この値段だと買うのは99%大きいお友達じゃないのか?

注目すべきは、このブルーレイBOXは期間限定発売で3月までです・・・放映再開が4月で、販売は3月末まで・・私は陰謀論の類、あまり与しないのですが・・・上手くハメラレタような・・・気がしないでもない・・・

でも本当はブルーレイあんまり欲しくなかった。
アニメはPCで仕事しながら脇で点けておくことが多いんです。
今日は夕食まで「らきすたOVA」を、今は「しゅごキャラ」を観ながらこの記事、書いてます。
ブルーレイだとポータブル再生機で観られないでしょう。
それが困る。
でもノーマルDVDはプレミアが付いてさすがにバカらしい。

ブルーレイ再生機のあるテレビの前でゆっくり観られる時間はそうはないんで、毎週1回の放映はちょうど良いペースだったんですけどね。
でも放映はいつかは終わるし、そうしたら買うモノなんでしょうがありません。
まだ2話しか見ていません。
放映再開まで放映された35話までを見て、放映されたら、放映分だけ観ます。
これでNHKが途中終了させても安心(笑
後は大事に大事に観て行きたいと思ってます。
他に観るヤツ、イッパイあるしね。
エナン強かったねえ・・・バルセロナも相変わらずオモシロイ。
グラウディオラは色々言ってるけど、国王杯やらずに済んで週1ペースなのは良いんじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2010

【薔薇の香りに】冬の夢 スコット・フィッツジェラルド/村上春樹訳【窒息しそうな1編あり】

S・フィッツジェラルドの書いた「若き日の傑作短編集」という触れ込みです。
村上春樹が訳すまで、全く魅力の分からなかったS・フィッツジェラルド。
村上さんに訳してもらいやっとグレートギャツビーが楽しめましたが、この短編集はどうかというと、

冬の夢:愚かな男と愚かな女の愚かな恋を描いています。
男はやり手の実業家という設定ですが、それは奢侈に溺れたがる人間が手軽にイメージする金持ちだ。
指をパチンと鳴らすと、金が流れ込む生活。冷や汗も血も流れない労働。
思うだけですべてが可能になる実業。
でも真の芸術の凄みは、その浅薄な感性からも普遍が滲むこと。
「優れた文学にしかつくり出すことのできない奥行きのある哀しみ」という処までは感じられませんでしたが、極めて水準の高い1編で心に残ります。


メイデー:罪の赦し:この二編はツマラナクテ、ツマラナクテ、もう読むの止めようか思いながら読んでました。確かに文章は天才の技なんですが、根底に流れる感性がダメ。
なんとなく「きんきらきんの薄っぺらな作品@当時の文芸評論家」の印象が拭い難い。
フィッツジェラルドはやっぱり私には合わないと思いながらの読了、でも止めないで良かった。
次の作品が驚天動地の1作でした。

リッツくらいの大きなダイヤモンド:
こんな話をフィッツジェラルドが書いていたことにまず驚愕!
リッツ・ホテル位大きなダイヤモンドがあったら・・・という話です。
どこまでも無茶苦茶な話なんですが、書き手がS・フィッツジェラルドなんで、とんでもないことになっている。
才能ってのは恐ろしいね、と思わせる「天衣無縫、留まることを知らない」筆で創りだされた薔薇色の世界は空前絶後。
私は過去、幾多の幻想譚を読んできましたが、これほどまでに甘い香りと毒に満ちた作品を読んだことはありません。

ベイビー・パーティ:小編ですが、好感の持てる、著者の力を感じられる1作です。前作の驚きを冷ますには良い配置でした。

私は本を読み出すと途中、ツマラナクテも投げ出さず、最後まで読む方なのです。
本当はツマラン本はとっと投げ出して次に移るというのが賢いんですけどね。
でも稀にこういう事があるからやっぱり本は最後まで読みましょう、と思ってしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2010

【全豪オープン開幕記念】シュテフィ・グラフはコート上の肉食女子だった!

 全豪オープンテニスが開幕し、今年もシーズンが始まりました。
幾多の名勝負が行われることを期待したいものですが、テニスは球技の中で最も格闘技を連想させるスポーツです。
2人きりでコートに入り、ボールを痛烈な、あるいは技量を凝らしたパンチのように打ち合い勝負を決める。
相手にエラーをさせるかエースを獲るか?
1球1球を積み重ねてゲームを獲り、セットを奪い、勝利を掴む。
それでもトーナメントが進むにつれ、ギリギリの勝負処で明暗を分けたのは、ただ精神面の強弱であった、という試合は多いものです。
だからオモシロイ。
華麗なプレーはモチロン見応え充分なのですが、追い込んだ、追い込まれた選手の精神状態が如実に見られるのがテニスの醍醐味です。

そんな時、最もメンタルの強かった選手にシュテフィ・グラフ(グランドスラム達成者、4大大会22回優勝)がいます。
追い込めば一気呵成に畳み掛け、追い込まれても執拗に反撃し逆襲の機会を諦めない。
逆クロスのフォアも強烈でしたが、メンタルの強さも際立っていた。
こういうプレーの技量や身体能力を超えた、相手をひたすら倒そうとする(暗喩として殺そうとする)精神力を、ボクシングではKilling instinct(殺戮本能)と呼びます。
そして殺戮本能の弱い選手は、技量、体力がいくらあっても大成しない、とも言われます。

昨今、男性相手に腰の軽い、場合によっては焼肉が好きなだけ?(笑)の女性を肉食女子と呼び慣わす傾向がありますが、草食動物だって性行為はします。
場合によっては肉食獣より濃厚かもしれない・・・
でも自らが生きる為に獲物を倒す。殺戮するのは肉食獣だけです。

なんて考えると、肉食女子が言葉通りだったら怖いですね(笑
あまり殺戮本能に満ちた人とは、お近づきにはなりたくない。
ましてや無防備な姿をさらす生活を共にしたくはありません。
実際、婚活中にメタファーとしてでなく、本当に相手を殺してしまう女性がいましたから笑い事ではありません。

というか、結婚生活は(暗喩としても)殺し合いではありません。
自分の我が侭をとことん通す為に、相手を完全に屈服させたい(暗喩として殺したい)、と思う人は、結婚には向いてないよ。
あなたは結婚相手に完全に屈服したくないでしょう。
それなら相手も同じです。

ps
コートの上では鬼神のような強さを見せたグラフ選手は、やはり男子テニス界でグランドスラムを達成した名選手アンドレ・アガシと結婚し、今は頼りがいのある優しいママのようです。
家族相手には殺戮本能を発揮しないTPOが肝心ですね(笑

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 20, 2010

テネイシャスD運命のピックをさがせ!@スクール・オブ・ロックは地だったのね

ジャック・ブラック主演のロック・コメディ映画です。
この人はスクール・オブ・ロックというとても楽しい映画をやっていたので観てみました。
意外だったのは、何かというと歌いだすロック・オペラ調の造りだったこと。
スクール・オブ・ロックでもセリフをすぐ歌にして歌っていたからなあ、と思い出しました。
実に楽しげに歌いまくっている処も同じで、それがまた異様に巧い!
あれは地だったんだ、と納得。
全編ヘビメタ愛に貫かれている処も同じで、観ているとやっぱりヘビメタは良いよねえ、と感じてしまうのはすべてJ・ブラックのヘビメタ熱烈愛が伝わってくるからでしょう。

少し嫌だったのは、シモネタが多かったとこですね。
アメリカ人って下品ネタ好きだよね。
これは日本人として分からないことです。S・キングも好きだもんね。
始終パーティをやっているとこと、必要とは思えない下品ネタをやらかすのが理解不能。
悪魔のピックを探して相棒とスターを目指すというストーリーなんですが、小ネタからタロットカードにまで工夫があり(ツェッペリンファンなら分かる)、ロバート・ジョンソンなんて名前も何気なく挙がってある種の造詣、教養がないと笑えないレベルなんだけど、シモネタもやりたがる・・・

それからこの人の声量は大した物で、聴かせますね。
やっぱりヘビメタのヴォーカルの決め手は声量、なんてことも思います。

映画の終盤では、思いも掛けない伏線が次々に生かされていて、この辺の巧さは単にロック・バカでない、ハリウッド・クオリティの技が光るシナリオでした。

現役のヘビメタ好きからかつてヘビメタファンだった人にまで是非、1度!とオススメ出来る映画でした。
楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2010

シベールの日曜日@二次と三次は違うんだ。私はダメでした

少女愛を描き、当時のアカデミー外国語映画賞、ヴェネチア国際映画賞を受賞した作品です。
日本の少女漫画にも大きな影響を与えた、ということで、観るのを楽しみにしていたのですが、まったくダメでした。

確かに映画自体は良く出来ている。
街灯が一つだけ灯った夜の石畳の光りとか、冬枯れの公園の侘しげな風情など、優れたカメラワークです。
でも主演の少女に全く魅力を感じない。
主人公の青年にも共感出来ない。
「これはツマラナイな」、と一緒に見ていた妻に言ったら「オモシロイじゃない」と言う・・・
「どこがオモシロイんだ?」と聞いたら「女の子がイイ」と言う。
・・・分からない。
むしろ主人公の青年を徒食させている大人の女の看護婦の方がずっとイイ。
彼女が脱ぎだすと、その艶かしさに引き寄せられる。
素晴らしいじゃないか!
俺はコッチでイイ!と思う。
彼女が公園で遊ぶ青年と少女を見送るシーンには哀れを催す。
さらに気の毒なことに、悩んで相談に行っても「彼は恋をしている。恋は隠すものだ」なんて言われてしまう。
「少女と恋をすると、自分の世界を見つけられる、俺が代わりたいくらいだ。純粋な者を妨げるな」なんて事も言われてしまう。
散文的な結論だが、彼女が一人で働いて生活を見ているのに、あんまりだな、と思ってしまう。

それにしてもこの女の子は純粋かあ?
この少女はすでに女である。
会いに来た青年に「行かないで、私を捨てたのね」
なんて言う。
「私が死んだら、あなたも死んでくれる?それても忘れて奥さんと暮らす?」
なんて事も言う。
確かに孤独な者同士だったと思うんだけど、これで純粋って言われてもなあ?
奥さんがいるって分かっている男にさあ・・・なんてツマラナイことを思いだす。

結局、「着てはもらえぬセーターを、寒さこらえて編んでます」という自己犠牲のメンタリティ強い日本人としては、エゴが強すぎるな、と感じてしまいました、
ファンのみなさん、スミマセン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2010

【経済的で】疲れているお父さんにオススメする二つの趣味【気も休まって】

経済状況厳しき折、お忙しいお父さんたちは如何お過ごしでしょうか?
楽しみ、何かあればよろしいのですが、お酒がダメ、煙草も吸わない、女性のいる場所にクラブ活動もせず、ゴルフもやらない、釣りもしなければスキーもやらない、という無趣味な方がいたら文学とアニメをオススメしたいです。

いきなり文学、というととっつきが悪いですが、普段からミステリーなどは読んでいる、という方なら案外ハードルは低いです。
そして読み出せば意外とオモシロイ! 食わず嫌いだっただけかもしれません。
文章のタッチは1流であり、内容はどこまでも深いです。
忙しければ時間もなく、そうそう読めるものではないので、1000円前後の本でも読了まで一ヶ月なんてことはありますから経済的です。
さらに読後は本棚の彩りにもなります。
ただ普段から本、小説の類を読んでない人には難しい・・・というかダメでしょう。
何も文学、分かる人は偉い、人間性が深い、インテリである、という事では全くありません。
本を読むのは山歩きと一緒で、慣れです。普段歩いている人は強いけど、デスクワ-クの人は弱い、というだけです。
私は個人的に、たいそう文学に造型の深い人、知っていますが、中にはロクデモない人もいます。逆に文学どころか全く読書せず、なんて方にも素晴らしい人間性の方、仕事の出来るお金持ちの方、沢山おられます。
何から読むか、ということなら、漱石「夢十夜」「草枕」庄野潤三「プールサイド小景」カミュ「異邦人」カポーティ「ティファニーで朝食を@村上訳」辺りが短くて入り易いです。


次にアニメの話ですが、今回オススメするのは、「CCさくら」という作品です。
本来、女児向けアニメで、驚くような提案に思えますが、観ていると、登場人物たちの汚れなき心情は、日頃のストレスを忘れさせてくれます。
現在、放送休止ですが、4月から再開されたら予約録画して観れば無料です。
「しゅごキャラ」というアニメもオススメしたいのですが、現在放送中のパーティはちょっとキツイでしょう。
でもPEACH-PITという原作者の「線」は本物です。
アート趣味(ルネッサンス辺りが好きなら特に)のあるお父さんには是非オススメ。
DVDをレンタルしても(恥ずかしいと思わず、これは娘の分、という顔をして借りれば良い)良いですから一度見てみてクダサイ。
気に入ったらコミックから買いましょう。
同じPEACH-PITの「ローゼンメイデン」もオモシロイです。
「マクロスF」のランカ・リー(←グーグルして下さい)ちゃんも可愛いです。
鷲宮町を一気に活性化させた「らき☆すた」というアニメも良く出来ています。
これは中の曲も良い(かつてのロック少年なら分かるノリです)のでユーチューブで聴いてください。
ただこういうアニメ趣味は、家族の目が難関ですね・・・
一生懸命働くお父さんの、お金も掛からず、害もない趣味だと思うので、ご家族の方々は生暖かい目(←これは瀬川ことびさんの作品が初出だと思うのですが、違います?)でそっとしておいてあげてください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 16, 2010

らき☆すた7:おいしい日&ひとつ屋根の下@野心的なみゆきさんの間違い?とゆたかちゃんの登場

初夢占いで、こなたに「けっこう野心家なんだね」と言われるみゆきさん。
だいたい勉強の出来る子は野心家のこと、多いですよね。
ふだんはおっとりした彼女ですが、隠れ負けず嫌いなのは、体育祭でのリレーの頑張りに現れていました。
マニアは胸を突き出すゴールシーンより、走り出す直前の横顔に注目です。

ただまだ女子高生のみWikiさん。
体重が増えたと嘆くかがみに、「冬は脂肪が燃焼しづらいですからね」という発言は多分、違っていると思います。
外気温が低い冬ほど、体温を保つ為の消費カロリーは増えるのではないか、と聞いてみたい処です・・・非常にどうでも良い話しですが・・・

それからこの回での見物は、つかさの「ハッピー・バレンタイン」と言う時の表情と、Choko
こなたの妄想の中のかがみんです。
Lucky_440
この辺の作画のクオリティの高さと、捻りが深いイジリが入るのがこのアニメの生命線。
一見、他愛ない作りですが、容易に追従者を許さない所以です。


二話目の「ひとつ屋根の下」ではゆたかちゃんが登場。
すぐに、みなみちゃんとハートウォーミングなエピソードを展開し、後に田村ひよりの「腐った目線」を引き寄せる萌芽となっています。

ゆたかちゃんはみなみちゃんと絡みながらエピソードを紡いで行くことになるのですが、ゆたかちゃんをハンデのある病弱キャラに設定し、一方、みなみちゃんは身体能力抜群のキャラに設定し対照させる。

みなみちゃんのクール、無口キャラは、本来、綾波、長門系列からと思いますが、安易に追随させず、身長を伸ばしてボーイッシュなタチキャラにしたのが、優れたアイデアです。
体格は非対称的でも、暗い者同士のいたわりと思いやりを萌え要素とする、「奥深い趣味」を突いてきます。
この辺、やはり只者じゃない作品ですね。
長らくファンを惹き付ける要因でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2010

世界を創った3本の木@世界樹幻想、あなたにしか見えない風景

「世界の中心には一本の巨大な木が立っている」
世界樹というのは、幻想的世界観の中でも極めて魅力的な題材です。

この番組は世界の3箇所を取材しつつ、なかなか上手に仕上げてくれていました。
カナダも良かったのですが、なんと言っても見応えがあったのは、マダガスカルのバオバブの樹です。

目を惹き付けられずにはいられないバオバブの樹に驚いていると、今度はそれが道の両脇に立ち並んでいるバオバブ街道が映し出されて衝撃的。
2lv_7976
奇想であり、ただ驚くのみ。
でもカメラが引くと、何かこの光景には懐かしさがある、と感じる。
こんな珍奇な光景なのに、何だろうと思った処で気づいた。
周囲に稲穂、水田があるのです。
マダガスカルは水耕する国だったのです。

田舎の光景では欧州など非常に美しいのですが、見ていてもやっぱり何か違う。
疎外感がある。
私のいる場所、居つく場所ではない、という感じを受けるのは、やはり日本人は稲穂の国の民だからでしょう。

そして屋久島、縄文杉のエピソードに移る。
いつかは行きたいと思っているのですが、縄文杉までのトレッキングが往復10時間だって!これはちょっと訓練してからですね・・・・
でも風景は凄い。
「山は信仰を生み、川は生活を生む」、と言いますが、確かに深い森というのは人間の矮小さを意識させ、神への想像力を働かせます。
A10209

そして岳祭りのシーンになる。
屋久島の一番高い山の頂上まで登り、昇る朝日を見るのですが、美しいです。
・・・ナレーションでも、ここまで大変な思いをして登った者のみが見られる特権である、と紹介されますが、その通りでしょう。
こういう風景はお金だけ積んでも見れらない。
でも最近、私はこういう風景が見たくてたまらない。
インドア派なので難しいんですけどね。
でも好きでインドアやっているんじゃない。
朝から夜まで働いて、休日には色々漏れた仕事を片付けていたら、インドア派にならざる得ない。
これで仕事さえしていなければ、誰が家に閉じこもっているか、ということです。
でも仕方ない。
ただここで考えたのは、私も私にしか見えない風景を見ているだろう、ということです。
アウトドア派になってあちこち出掛けて、脚を鍛えて屋久島の山頂まで登って初めて見える光景もあるでしょうが、今の私の生活をしているから見える光景もあるはずで、今、私はそれを見ている。
そしてその光景はすべての人にあるんです。
そんな光景が少しでも素晴らしくなるように、まあ明日からも歩き続けましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2010

薔薇乙女フェア、ジグソーパズルが当選しました

集英社宣伝部様、ありがとうございました。ジグソーパズルですが、真紅様、恐れ多くてバラすことなんて出来ないので飾っておきます。
Tousen_convert_20100113112823

でももう部屋が大変!
Dvc00251_2

場所をどこかに作らないと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2010

循環参照エラー、簡単なファイルほど注意?@らき☆すた、は大したアニメ

3連休も土曜日仕事で日曜は仕事後、新年会。
昨日は、やっと休みと思っても私の新年は税務処理から始まります。
まだ焦ることないんですが、私は仕事のことになると、ちょっと強迫神経症気味のとこがあるんで、追われるように速くすませたがりです。

自営の方と会社の税務処理は各々別の税理事務所さんにまかせているんですが、自営の方にちょっと分かりにくい明細があるので、自分でエクセルに打ち込み。
資料を添えて税理士さんに渡そうと思いました。
大した分量ではなく、ちゃっちゃとやってΣ、合計・・・
と思ったら出ない・・・
カーソルの動かす範囲、間違えた?
もう1度・・・でも数字が返って来ない・・・シートを閉じて開けると「循環参照エラー」が出る。
循環参照エラーって、関数自体入れてないんですけど?
項目書いて数字を入れてそれだけなのに、何故に循環参照エラー?
C列からE列引く演算だけはやっているけど、それで循環参照エラーってありえないでしょう。
これはエクセルが壊れているのかな?
と思って別の列に数字打ち込んでsum・・・ちゃんと出る・・・これは入れた列だけ壊れているのかな・・・違いました!エクセルは壊れてません。

6桁7桁の計算、21項目を自分でするの嫌さ粘った結果分かったのは、途中の明細で二つの数字を足す箇所があったので、そこで二つ数字入れてsumを出し、その結果をセルに入れて次の項目に移っていた。
すると一見数字だけのセルなんですが、内部は関数になっていたんですね。
それで循環参照になっていたのでした。

あまりにシンプルなファイルだったんで、適当にやりすぎました。
みなさんも気をつけてください。

やりながら久しぶりに「らき☆すた」のDVDを観ていたんですが、やっぱりこのアニメは相当良く出来ていますね。
何度観てもオモシロイよ。
何で二期、創らないんだろう?

そっちの疑問は解決してません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2010

【チャンプのパンチは】オメデトウ、内山高志選手S・フェザータイトル奪取【700キロ!】

ゲームセンターにあるパンチング・マシーンで700キロ!を出して機械を壊したという逸話を持つ内山選手が、12RTKO勝ちでWBA、S・フェザー級のタイトルを獲りました。
それにしてもパンチ力700キロって凄い!
これが身長2m、体重100キロのヘビーとかならね。
分かるけど、内山選手は身長171センチって俺と同じ。
体重はS・フェザーですから59キロ@計量時!だよ。(試合中は63キロ位?)
俺は自慢じゃないが、体重70キロ!
勝った!ということではありませんね。
はい・・・太りすぎには注意しています。
年末から正月休みは毎日、エルゴメーター漕いでましたが、もっと食べているのでヘルスメーター乗ってません。
乗るのが怖いです。

それにしてもスゲエな、世界チャンピオンになるレベルはさ。
昔、私がゲーセンで打った時は・・・言えない・・・余りにヘタレ数値だから。

試合は序盤から内山ペース。
ラウンドが進むに連れてサルガドは消耗。
12Rは一度ダウンを奪ってからのTKO勝ちです。
ポイントで圧倒しているのに最後まで守りに入らず、攻め攻めで行けるのは凄いハート。
日本人には珍しいパワーで圧倒出来るタイプですね。
12Rやった試合後も元気、元気で感謝の言葉連発!

これからはともかく長寿チャンピオンになる為に、応援してくれる沢山の人とお父さん、お母さんを心配させない為にガードとボディ・ワークを使ったDFを磨いてください。
それからやっぱり腕力に自信があるのか、パンチに少し力みを感じるんで、キレも意識して欲しいです。
相手と接近した時に、長い両腕が無警戒に開く感じがあったので、アッパーを得意とするような相手には注意してください。
世界レベルだと強いパンチを打てるのは相手も同じだと思うので。

ともかく今日は良かったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 10, 2010

ロスト・トレイン 中村弦@構成も描写も完璧なファンタジー小説

「日本のどこかに、まだ誰も知らないまぼろしの廃線跡がある。
その廃線跡に行って、始発駅から終着駅まで歩き通せば、驚くような奇跡が起こる」
鉄道関連は、まったくの関心外なんですが、上記の素敵なキャッチ・フレーズに惹かれて読んでみました。
結論として言えるのは、この小説、「起承転結」の構成から、各部分の描写まで完璧な出来栄えですね。

まず「起」として主人公が登場するのですが、描かれ方が自然で魅力的です。
際立った能力はなくても優しい人間性の持ち主であることが良く書けています。
「承」としての話の展開も極めてスムーズです。
ファンタジーを引き寄せる人との出会いから話しはテンポ良く進み、その間のエピソードは心暖まります。
そして「転」として謎が起る。
その謎は最初に書いたことなのですが、それを一緒に追求する相手役が登場します。女性なのですが、キャラクター造りも魅力的。
彼女と一緒に謎を探る過程もスリリングで楽しめます。
もう一人の消失者の処など、少し怖くてイマジネーションが広がりました。
そのオチの付け方も良かったです。

「結」として最後の旅が始まるのですが、ここはファンタジー小説の決断が問われる処です。
現実主義で行くのか、ホントウのファンタジーに行くのか?
どちらにしろ今まで大きく広げた風呂敷の畳み方なのですが、非常に高いレベルで成功しています。
旅の最後の協力者が素敵で、前振りとなるエピソードが読ませるんですね。

クライマックスはドラマティックで、ラスト、数々の伏線は綺麗にまとめられ、予定調和であるようでないような切ない終わらせ方は、読後に大きな余韻を残してくれました。

オモシロかったです。
いやー、読書はやっぱり最高の趣味ですね、と思える本でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2010

人には色んな面があるので決め付けないようにしましょう@肉食系女子の言い分に

先日、某コラムに草食男子を嘆く記事があり、それによると書き手の友人の肉食系女子、Fカップ美女のA子は、制作プロダクションに入社するや社長に目を付けられて愛人に、さらにテレビ・プロデューサーと10年不倫、最近若い恋人に乗り換えてセックスが良いとのたまうとのこと。

対して草食化した男はダラシナク、課内に4人いるうちの全員が弁当男子で、カクテル1杯で酔いつぶれるのが情けないと言う。
・・・強姦や輪姦ではあるまいし、大人同士なので愛人でも不倫でも目くじらを立てるのは野暮というモノだと思うが、威張って言うことでもないと思う。

また食事が作れるのは立派なサバイバル技術、大人の嗜みで非難される云われはないし、酒に強いの弱いので人の強さを測るのは隣国の総書記の如くだ。
酒だけ強くて仕事はダメ、という人は大勢いるだろうし、ノードリンカーで会社を上場させる人もいるだろうに、なんでこんなことを書くのか分からない。

私も若い頃、女性はあまり口説かず、今なら草食系になるのかもしれないけど、それは女性に対する楽しみのコストパフォーマンスが余りに悪かったからだ。

女性とデートするのは確かに楽しいが、前日から時間を掛け、計画を立てて、映画代やら食事代、コーヒー代に場合によってはお酒代にクルマで送り迎えして釣果0は当たりまえ。
女性たちは私の前ではみな非常に貞操堅固である。
こんな難攻不落な砦を攻めるのは疲れた。
むしろ全く無駄なことに気づくべきなのではないか?と思った。
場合によっては、「私,昨日、はるくクンに口説かれた(笑)」、なんて仲間内に言いふらされ、私は笑い者。ネガティブ・リターンである。

大金を掛けて、時間も掛けてマイナスのリターンしかないならしまいには止めてしまう。

一方、私のずっと続いている楽しみに読書がある。
本を読むのは楽しいが地味だ。
ほとんどの本はまあまあオモシロイ。
美しい女性とデートすることに比べれば遥かに低水準の快楽なのは認めるが、こっちは1000円なら1000円分の価値はある。
値段分の価値はなかったなあ、と思う本もあるが、稀に非常にオモシロイ本もあり平均的な期待リターンはおおむね投資価値を上回るだろう。
だから趣味として続いているのだ。

でもこれがまだ昔で良かった。
昔はネットも二次元もなかったからね。
今は孤独もネットで癒されることがあるし、二次元キャラは可愛い。
綾波レイのフィギュアはイッパイ持ってます。
CCさくらとしゅごキャラも好きです。
らき☆すたならかがみ、ハルヒなら長門が好き。ランカ・リーも好き。

この記事だけ読まれて、私を引き篭もりと誤解されると困るので書いておくと、女性を口説かない若い時でも2スト(瞬発型のエンジンです)のバイクで高速全開180キロ、並走するトラックの間に特攻、とか、テニスもやっていたし、通うだけだったけどボクシング・ジムにも行っていたし、勉強もしていたし、かなり一所懸命働いてもいた。

観るスポーツはボクシングと総合格闘技とサッカー。
ずっと殴り合い、血塗れになるスポーツばかりをウエイトとバイクのトレーニングをしながら延々と観る・・・これで草食系?
投機も活発にやります。
昨夜の雇用統計は、マーケットが強気予想だったので、一端、ドル円の買い持ちは撤退。
かなり下値で買い指値待ち。発表の瞬間、大きくぶれるプライスを見ながら、指値取り消し、成り行き買い、売り、買い売りとやりました。
自分の金でリスクとって荒れる市場で切った張ったやる・・・これで草食系?

働くことは働くなあ・・・今日も明日も仕事・・・今日はすごく忙しくって今、結構、疲れている。少し強迫性気味で漏れがないように注意して仕事はする。
この辺は草食系かな。

後はアートが好きです。ルネッサンスとモダンが好き・・・この辺も草食系かな。

音楽はヘビメタとプログレ(草食系じゃないな)が好きだったけど、今は安室奈美恵とアニソンですね。安室は微妙だけどアニソンは草食系だな。

スピード狂なのは治ってないので車はオープンで飛ばす。
全身風に晒して新幹線並(←ネタです)に出す。これは草食系?

酒は普段呑まないので弱い、強いカクテルなら1杯で酔っ払う自信がある・・・これは草食系だ。煙草は吸わない・・・草食系だ。
パチンコ他のギャンブルはやらない・・・草食系だな。

料理は出来ない・・・これは草食系じゃないな。
整理整頓、掃除は好きになってきた・・・これは草食系だ。
人に対しては極力、丁寧親切に応対することを心掛けています・・・草食系ですね。

しかし色々入り混じる。
こうなると、弁当作っていたり、酒にすぐ酔うから草食系と一概に決め付けるのは、人間なら必ず持っている多様性の否認であり、場合によっては極めて危険な断定に至る、ということです。
一人の人間を安易にカテゴライズして笑い者にするのは止めるのが上品です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2010

車雑誌「NAVI」休刊@クルマ趣味は滅び行く文化なのか

発刊当時、夢中になって読んでいた雑誌「NAVI」が休刊です。

この辺は磐石だろうと思っていたんで驚きです
大好きな雑誌だったんですが、途中から編集長が極左活動家上がりの人間になったので読むを止めてしまったんですけどね。
それでその人が止めた頃にはこっちが車に興味を失っていた。

それにしても本当にクルマ趣味って滅び行く文化なんですかね。
私も車への興味、薄れて久しいのですが、日本全体がそうでしょう。
世界史を振り返ると、繁栄していた都市や文化が突然見放されて廃墟となることがありますが、少しそんな現象を思わせます。
なんでこうなったんだろう?

自分自身を振り返るに、今、実用的に車、年間どの位乗るかというと・・・1000キロ位?
主要な行き先は法事(笑
後は会合と勉強会・・・たまにコンビニとか・・・一年に2.3回は片道40分とか1時間、遠方への用事に使うことありますが、後はほとんど15分がいい所って場所だけです。

それでも昔は乗っていたんです。
まず子供が小さかったから旅行に使った。
オムツしている子供2人抱えて新幹線や飛行機に乗りたくなかったしね。
回りも迷惑だろうし、遠くまで連れて行っても疲れさせるだけだろうし。
自分が子供の時、どんな場所に連れていってもらうのが楽しかったかと振り返るに、自然の中の民宿とか今ならペンションとかで、虫取りとか星見たり、魚捕まえようとしたり、放し飼いのアヒル追いかけたりって場所だったので、ベンツのEクラスとかで連れて行きました。
スゴク喜んだけど、成長して大きくなれば沖縄とかが良いでしょう。

それから30代の頃は役員とかやらされて、若い頃の役員=雑用係りですから、それでクルマは必要だった。
資料を運んだり、みんなを乗せたり、たまに偉い人を乗せたりね。
でも今はそういうことからも開放されて必要なくなった。

ドライブに行けば良いだろう、と言われても渋滞嫌いだし、空いた道路で少し飛ばしてれば捕まるしね。行った処でもう知れているしさ。
極端な例ですが、10時間走った先にティオティワカンのピラミッドがある!って言うなら疲れないようにベンツのSクラスとかレクサス買って行くでしょう。
8時間乗ればウフィッツィ美術館がある!ってことなら何回でも行きますよ。
でももう日本国内、何処に行っても似たような観光地でしょ。
休みもないのに時間潰してまで行く気しない。
英国の湖水地方みたいなドライブシーンがあれば、何もなくても行くけどね。

クルマ自体が面白くなくなった、という意見もありますが、どうなんでしょう?ただ驚くに私、今もうどんなクルマが販売されているかも知らないものね。
トヨタならクラウン、カローラ、マークXにプリウス・・・?
ホンダならシビック、アコード、インサイト・・・
位しか名前、出てこない・・・みんな昔の名前で出ているクルマか話題のハイブリットで後は最近の車種って分からない。
昔なら全てのメーカーの全車種言えたけどね。
新型車の名前が言えるのはフェラーリだけ。
458イタリアですね!
でもさらに驚くに、458イタリアの馬力は何馬力か分からない。
これはかつてのスーパーカー少年だった頃には信じ難いことで、全てのスーパーカーの馬力、発生回転数、パワーウエイトレシオ、ゼロ4、みんな頭に入っていた。
ポルシェ73カレラの馬力は210馬力!って昔のクルマなら今でも憶えているんだけどさ(笑
カウンタックLP400は375馬力だっけ?
今はランボルギーニはムルシエラゴって名前は知ってるけど・・・それだけだ。

結局、クルマ趣味は他の楽しみとの楽しみ合戦に敗れたのかね。
大型テレビで海外のスポーツ中継ドンドンやるし、映画もやるし、昔はなかったでしょ。モチロンインターネットもなかった。

それでもまだまだクルマ、好きな人は残っているし、私自身もオープン・カーで初夏から夏の夕暮れを走るのは好きです。こっちは年間2000キロは走る。
クルマ趣味?飽きた、ツマラナイと思っている人にはオススメします。
オープンで夏の夕暮れは良いですよ。
花粉症でなければ春も最高でしょう。
ドライブが苦にならなければ秋も良いし、冬も防寒すれば大丈夫。
オープン・カーだけは他の趣味とも戦えますね。

残ったのはもみの木ならぬ、オープンカーだけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2010

トロピック・サンダー/史上最低の作戦@映画オタクには拾い物のコメディ!

戦争映画を作る監督、資金難の解決策は、ロケと偽り役者を実際の紛争地域に送り出すこと!・・・似た設定の映画はちょっと前にスティーブ・マーティンがやっていたし、三谷幸喜も「マークXの部長」を主演に撮ってました。
それでも録画のスイッチを入れたのは、監督、制作、主演がベン・スティーラーだから。
彼なら水準のモノは作るんじゃないか、と思ったんだから、役者も信用が第一です。
結果「地獄の黙示録」は10回観た!というレベルの人になら是非、オススメという一品でした。
ハリウッドの色々な戦争映画の名作、大ヒット映画のパロディになっているんですが、例えば、連絡した戦闘機が飛来するとナパームでジャングルを炎上させたり、後ろから打たれて磔刑にされるキリストのように倒れる兵士のシーンがあったり、腕剥き出し、筋肉隆々の男が両手に自動小銃を構えて撃ちまくるとかのシーンが続出します。
この文章を読んで、ふんふん、あの映画のパロディか、と思い当たるんなら見てもイイかもですが、この映画の本当の価値はまず空気まで読みきった徹底した造り込みです。
この手の映画を観ていれば観ているほど、僅かなシーンも工夫が凝らされているのを感じられ、くすぐられるようなおかしさに満ちている。
例えば、途中ローリング・ストーンズが掛かる・・・何故、R・ストーンズなんでしょう?そうあの映画ですね。
だからサングラスを掛けたアルパ・チーノがあの出演者に似ている。
ロケ現場が無茶苦茶豪華です。
これは黒澤明にノーベル文学書を、と言ったあの人のスタイルです。
赤いバンダナは・・・水牛は・・・幻想の中に迷い込んで見るシーンとメイクははらはらするシーンで主演俳優のセリフが終わるまでご都合主義に伸ばされる「時間」とは、とか・・・映画好きを自認する方ならかなり笑えます。

その他のギャグも相当際どくて危ない。
可愛らしかった子供が安手のホラー映画のモンスターみたいになったり、それを残酷に振り捨てたり・・・これレイシズムで不味いんじゃと思うのですが、なんの。
その前に、美しさを、感動を、ヒューマニズムを追求しているはずのハリウッドの内情って、こんなに外道で強欲な連中の世界なんですよー、という自虐ネタを徹底してやっているからまあ良いか、と思わせる創りになっている。

そして最後の注意はエンドロールまでキッチリ見ることです。
一番嫌な野郎が踊りだすんですが、コイツはどんなに酷い目にあうのかと思うと・・・いやー驚いたね。
向こうの俳優はやるときはやるもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2010

【衝撃の】キツネはお稲荷様ではなかった!【真実】@らき☆すた神社、今年も45万人

らき☆すた神社として知られている鷲宮神社、今年も初詣客45万人と記録を更新したようです。
意表を突かれました。
去年は行ったのですが、さすがに今年は忘れていた。
大酉茶屋でお蕎麦を注文した時、キャラクターの名前まで言えない自分に弱さを感じた苦い経験が思い浮かびます。
それにしてもなんでアニメの二期やらないんだろう?というのは謎です。

変わって今年注目していたのは萌え寺として活動しだした了法寺で、二日に行こうかと思っていたですが、寒いので本を読んでいました。

これが了法寺のキャラクターです。Benzaiten
カワイイです。
Chibinen
人を惹きつけるsomethingが宿っています。
Chibinen_s1_2

今回、このサイトで勉強になったのはコレ
Rina
Rinanaris1

なんとお稲荷様はキツネではなかったのだあ!
いやー知らなかったこととは言え失礼しました。
みんなが自然にお狐様って言っていたからさあ・・・

ウチの庭には再興したお稲荷様があるのですが、祈る時、キツネに向かって祈っているのか、と思うと少し微妙な気がしていました。Oinarisama_convert_20100106134435

白狐様(特別な神様の狐で、人には見えないそうです)はお使い、眷属だったんですね
今後も丁寧にお祭りいたしますので、よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2010

【中国の電気自動車vs】日本の課題@マスコミ→役人→産業界、不況トライアングルを突破せよ【都内の屋台村】

中国ではすでに200万台以上の電気自動車が走っているそうです。
ただこの電気自動車。いわゆる日本で考えられる自動車とはだいぶ違う。
日本の自動車は最低限でも100キロ位までなら軽快に加速。
時速150キロ程度でなら長時間巡航可能(違反ですが、能力はある)
そのまま大人4人に数十キロの荷物を載せても安定的に急停車出来る、というレベルですが、それと比べれば屋根の付いたリアカー程度のようです。
でも屋根付きリアカーでもないより便利。
雨の日、風の日、おじいちゃんが孫の送り迎えなどに使われているとか。

ここで面白いのは、この電気自動車、当局は公道を走る認可を与えてないそうです。
でも黙認(というか自動車でないので税も保険金も払わないですむからむしろ奨励)
便利に使っているものを、共産党の批判をするものでなし(笑)、取り上げない。
その結果どうなる、というと便利なんでドンドン売れるわけですから、周辺産業は盛り上がり、販売店は潤って、経済は回っていく。
ただし何かあったら自己責任。

一方の日本では都心のオフィス街に屋台村が出現し、サラリーの厳しい状況から人気とか。
ただ今年から取り締まりを始める、という話もあります。

みんなが便利に使っているもので、当局としては黙認したい意向もあるようですが、抜き打ち検査をした結果、基準値以上の菌が見つかったとかで看破出来ないとか・・・

日本がアジアで最初に発展を遂げたのは、非常に規律正しい国民性があった、ということはあるでしょう。
でも今、その規律に縛られ身動きが取れない面もあると思います。

それでももし、屋台村で食中毒が起こったら?しかも集団だったりしたら、規制していなかった警察、保健所はテレビ、新聞に大いに叩かれるでしょう。
私は人に対して、愛でなく、底意地悪い権力を振り回す小役人根性、大嫌いですが、もし私が警察、保健所に勤める当事者だったら・・・やっぱり規制を考えるかもしれません。

納税者に公僕として心情的には見逃したいのは山々でも、「責任は」、とテレビカメラに追われ、マイクを突き付けられる日は来てほしくない。
だったら規制するでしょう。
でもその結果、みんなに便利に愛用されていた屋台村はなくなってしまう。

不祥事はあってはならないことですし、責任は追及されてしかるべきですが、さてみなさん、どう思いますか?
日本は今、企業の不祥事→マスコミ大騒ぎ→政治家が慌てて役人を追及→役人、今後は絶対に漏れがないように、と現実には不可能と思える過重な規制をする、結果、経済のダイナミズムは奪われがち、という動きがあるように思います。

規制緩和の掛け声だけはいつも大きいわりに実りが少なく思えるのは、緩和された規制にてんこ盛りの規則がついているからです。
ならなんでてんこ盛りの規制がつくか、というと、何かあったら役人が叩かれるからです。
・・・この辺りに、私は日本の課題があると思うのですが、如何でしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2010

新参者 東野圭吾@いよっ!東野~っ屋! と一声掛けたくなる再びの傑作

今回は人形町を舞台にした人情物の推理短編集で、9話終わると中心となった事件が解決、という趣向らしいです。
江戸情緒を残した街に生きる人々の連作短編・・・ゆるい仕上がりになりがちで正直あまり好きな分野ではない。
それでも東野さんには、作家に(作家に限らないか)一番大切な「信用@過去面白かったという」があるので、読んでみました。

1話目からなかなかの仕上がりで、ともかく東野圭吾は巧いね、という感じ。
いずれも他愛のない話なんですが、みんな後味良くまとめてある。

つくづくと巧い!
それ以外言葉もない。
でも巧さというのは芸術家にとって必ずしも最高の褒め言葉ではない、なんてことも言いたくなる。
余りに巧みに作られた話は、印象が上滑りしてしまい、案外、人の心に残らない。
器用も過ぎると、果たしてどうか、なんてほとんどイチャモンの領域の文句をつけながら読み進む。
最終話が近づくにつれ、さて殺人事件の犯人はと、期待が膨らむ七話辺りから微妙な「毒」が滲みだす。
八話には、如何にもなロクデナシが現れる。
今までがみんな良い人だっただけに、この辺のアクセントの付け方が、料理にたとえるとワサビとか辛子のような作用になる。

しかし巧い!
この八話にチョ役で出てくる美咲ちゃんの描写はどうだ。
何気ない数行のセリフから、お気楽極楽な、イケメンがちょっと口説くとやらせてくれそうな、それでいて不思議な鋭さをもった若い女の子の姿が浮かび上がってくる。

そしてラスト「日本橋の刑事」の最後の1行!
思わず一声掛けたくなるような幕切れでした。
お見事。
またまた素晴らしい傑作でした。
スゲエや東野圭吾!
脱帽、ただあるのみ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 03, 2010

アフガン、たった一人の生還 M・ラトレル/P・ロビンソン@アメリカのメンタリティと、サバイバルへの意志を学べます

シール(アメリカ特殊部隊隊員)を目指す一人の男性が経験した隊員になるまでの試練と壮絶な戦闘体験の話です。

何が何でも平和教育、アメリカは極悪、という日本の教育制度、メディアの下で育った者には非常なる悪書でしょう。
リベラルとは言えない私ですら、正直少しついていけない箇所多々ありですが、世界にはタリバンを含めてこんな人たちもいるんだ、アメリカは普通の人でもこういう面ってあるんだ、という「現状」の一端を知るには良い本です。
後の感想は興味が沸いたら読後にどうぞ、って感じでしょうか。

以下、特殊部隊の一員になったり、戦闘地域へ送られることがない人でも、昨今の日本の厳しい生活を支える糧になればと思う言葉を書きます。
1)シールの理念:私はけっしてやめない。苦境を耐え抜き、それを糧とする。敵より肉体的に強靭で、精神的により強くあることを求める。
倒されたら、毎回起き上がる。仲間を守り使命を完遂するため、最後の1オンスまで力を出し切る。私はけっして戦いから逃げない

2)気を抜くな、集中しろ。それが生き残るこつだ。おれのように生まれついて才能のない人間は、とにかく頑張り続けるしかない。おれは誰よりも頑張る。死ぬまで諦めずにやり続ける。すると気が付くとおれだけが残っている。

3)訓練が必要なのは精神のほうだ。試されるのは精神的強さだ。不公正や不当さに痛めつけられても心と折り合いをつけ、なお歯を食いしばり、変わらぬ決意で決して止めないと神に誓って戻ってこられるか?

4)真の戦いは心の中で勝ち取られる。自分の弱点を理解し、じっくり考え、向上を企て、計画を立てる者が勝利する。細かい点に注意を払う者、苦手とするものに取り組み克服する者が勝つ。
この部屋でただ一人の人間しか、お前たちの合否をしらない。それはお前たち自身だ。苦難の中で、一人一人が真の自分を発見することになる。


5)いっときのプレッシャーに屈してはならない。痛みが酷い時はただ持ちこたえるのだ。その日のことだけ、行っていることだけを考えろ。先のことを心配し、逃げ出す計画を立て始めてはなりない。先の苦痛を考えるな。その日、一日を耐え抜け。それでも気分が治まらないなら、やめる決意をする前は真剣に考えろ。

6)戦争がフェアなもので、野球のようなルールに基づいていると考える政府は、戦争をするべきではない。戦争にフェアな部分などなく、ときに死ぬべき人でない人が死ぬ。自国のルールで、戦争に敗れるとしたらそのルールは何なのか?
戦争に絶対に負けないという覚悟があるのはどちらだろう?

7)メディアは常に無知でご都合主義で考えることは自分たちの経費と高給のことだけだ。国民に毒を盛った聖杯を差し出し、やがて自分たちで飲み干すだろう。

「おれは潔くその苦難を引き受ける@カントリーの曲:アメリカン・ソルジャー」

ps
「チーズバーガーがいただけないでしょうか」映画「アイアンマン」のセリフはココからですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2010

360スパイダーは意外に室内が広い。だから冬場のオープンは少し寒いのだ

開けて正月。
うだうだしていても仕方がないので久々に乗りました。
寒い時期はガレージからカーポートに引っ張り出した後、少し暖気が必要なので面倒です。夏場だとエンジン回転最低に抑えてそろそろ走り出せば信号待ちやらなんやら、温まるんですけどね。

道は正月なので空いているだろうと思ったら、神社のある方向は渋滞中。
逆方向から回るように高速に向かいます。

ノーマルマフラーは最初物足りませんでしたが、乗っているとこんなものか感も出てきます。
音楽が聴けるのがイイよね。
高速に入る前に幌を開ける。
冬の好天下のオープンは非常に気持ちがイイものですが、やっぱり少し寒い。
外気温5℃の中、走り出します。
ちなみに防寒はセーターの上に首までキチンと蔽えるコートも着用。
さらに長いマフラーを巻いて帽子(ウフィツィで買った帽子ですが、気が付くとクルマには赤の方を入れっぱなしなので、傍目にはフェラーリの帽子に見えるかも)
フェラーリグッツは身に付けるな、なんて以前書いたことがありましたが、なんのことはない。自分でやっているようなもんだ。

しかしエアコン最高温度、最強風量にしても少し寒い・・・とりあえず200キロ以上は出せるので(←ネタです)マセラティ・スパイダーよりはマシですけどね。
マセラティ・スパイダーは寒くて寒くてとうとう冬の高速はオープンにしなくなってしまいました。
やっぱり冬場の最強はS2000だったなあ・・・
外気温3℃でもヒーター最強だと汗ばむほどで温度落としていたもの。
結局マセラティが寒かったのは整流が悪かったからですが、フェラーリは整流は完璧なんです。
ならなんで寒いかというと意外に室内が広い!
フェラーリの室内が広いというのは、低い車高を見ているとイメージ出来ないと思いますが、結局横幅があるんです。
S2000は、室内の高い処までバック・ボーンフレームが通り狭かったからね。
冬場のオープンは狭さに勝る防寒なし!これが結論です。
高速も結構混んでいて、やっぱり寒いしで帰りは幌を上げて安室奈美恵を聞きながらゆっくり帰りました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

妻との忘年会@客足の落ちていた高級料理店、銀座点景、ZARAとH&Mにはトイレがない、そして結局買ったモノはあの!

新年早々のエントリーが忘年会というのも間の抜けた話ですけど、昨日の話なんでお許しを。
昼に銀座の某高級中華料理屋(二人で6万3千円のお支払い)で待ち合わせ。
私が口開けの客となりジンフィズを注文。
実家に手作りしたくわいの含め煮と黒豆と栗きんとんを届けに行った妻を待ちました。
今回、店の具体名は出しません。何故かというと大分材料が落とされていて値段分の価値はない、と判断するからです。
愛用していた店ですが、二度と行くことはないでしょう。
続けて親が行く予定でしたが、止めました。
予約なしだと入れないお店でしたが、確かに昨日は空いていた。

食後、銀座を散策しながらZARAとH&Mに向かう。
・・・イマイチでした。しかもトイレがない・・・これじゃ落ちついて選べません。
話題のアバクロは入り口が行列だったのでパス

ジンフィズに加え紹興酒も1合呑んでいたので、お酒に弱い私は少しフラフラ。
駅に戻りながらエルメスのビルを見るとドアマンも暇そうです。
なんとなく銀座も寂しいなと思った処で、今日は一台もフェラーリを見ていないのに気づきました。
銀座といえばフェラーリが当たり前に走っている街だったのに!
日本はここまで落ち込んでいるのか、とガッカリしていたらF430スパイダーがやって来ました。白でしたが、やっぱりフェラーリは赤じゃないと目立たないね。
やっと1台と思ったら数奇屋橋交差点を白いランボルギーニ・ガヤルド・スパイダーが走りぬける。白って流行りなんですかね。スパイダーも多い?
続いて赤のF355も来た。
やっぱり赤は目立つ。

駅まで行ってますます酔いの回っている私はもう買い物を続ける気力もなくなり妻と別れ電車で帰宅。山手線から乗り継いだ後、寝てしまいあやうく乗り過ごしそうになってやっと降りる。

自宅のある駅の駅ビルの本屋にフラフラと入りこむと「なかよし」があった。
「しゅごキャラ」が最終回だし、800号記念だしと思うと買いたくなり買ってしまいました。
アマゾンでなくリアル本屋さんでとうとう「なかよし」を買った!
とうとう壁を乗り越えたのか、お酒の酔いが行動を大胆にしたのか?
結果はいずれ分かるでしょう。
帰宅した後は退屈なクリチコ戦を観ながらバイク・トレーニング。
夜は昨日記事を書いたダイナマイトを見ながら年越し蕎麦を食べましたとさ。
でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »