« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

December 31, 2009

09Dynamite!!~勇気のチカラ@少し寂し対戦カードと思ったけど魔裟斗は素晴らしかったよ

有力外人は大分アメリカのMMAに取られてしまったのでしょうか?
年末のお祭りにしては寂しい面子と思ったのですが、魔裟斗とサワーの素晴らし闘志と技量が年末を締めました。

魔裟斗vsサワー@素晴らしい引退?試合
1R、気迫に満ちた表情の魔裟斗はローを打ってプレッシャーを掛けます。
サワーもローを打ち返しますが、なんだか持っているエネルギーで圧倒している感じ。魔裟斗、強いです。この時点でKO勝ちの予感。
2R、ローの打ち合いで消耗するよりもパンチ勝負を狙い始める魔裟斗、
押していると思ったらサワーの右のカウンター。やっぱり怖いね。
次第にサワーのパンチの回転が速く正確になっています。
3R火の出るような打ち合い蹴り合い。見応え充分。魔裟斗は少し硬い。サワーは接近しても膝を出してアッパーも鋭い。
4R両者疲弊してますが、ペースはサワーと思ったら魔裟斗の右のカウンターでサワーダウン!スゲエよ魔裟斗、大した物です。
ところが残り20秒からサワーのローが効いてきて魔裟斗よろける。
5R多少、クリンチ増えますが徹底した打ち合いを両者続行。
果たして魔裟斗の足が持つかのかどうか?
残り10秒でも手も足も止めない両者は立派!
感動したよ、魔裟斗。
素晴らしい闘志を見せてもらいました。

ミノワマンvsソクジュ@スーパーハルク・トーナメント決勝
パワーと同時に柔軟な身体で足を取られても強烈なパウンドの打てるにソクジュの相手は苦しいと思いました。実際試合は終始ソクジュのペースでしたが最後はミノワマン、左の一撃で倒しました。良かったですね。

野杁クンの速いコンビネーションと当て勘。避ける眼も良いけどガードも堅実、少し天才の片鱗を感じました。綺麗なファイトです@K1甲子園

柴田勝頼vs泉浩
パンチの打ち合いは首の太い方の勝ちでした。

高谷vs小見川
パンチの打ち合いで小見川の勝ち。これは予想外。発表された高谷さんの体格がイメージより小柄だったんで少し意外にも思いました。

KIDは金原に負けましたが試合内容は悪くなかったと思います。復活すると良いですね。

所英男vsキム・ジョンマン
ジョンマンはパワーもスピードもあり熱戦でしたが所さん、最後まで勝負根性を見せました。立派ですね。

石井慧vs吉田英彦
試合前には君が代が斉唱される特別扱いですが、石井選手にはなんとなく打撃を怖がるオーラがあったので少し心配でした。
一方、吉田選手は40歳、柔道出身は同じでも打撃を怖がらない真のファイターです。
1R石井の打ってくるパンチは腰が引けて手打ちです。それを吉田は見切って踏み込みダウンを奪う。石井は膝も貰います。石井、上体は絶え間なく動かしていて顎も引いている。トレーニングは充分受けている感じですが、どうなるか。
2R石井が23歳のスタミナを見せ、パンチも踏み込めるようになる。でも途中、ファールカップを割るトラブルで休止。
判定で吉田勝ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2009

楽しみと投機について09年を振り返る&来年の抱負

今年も暮れますね。
今日は寒いけど穏やかな一日でした。
結局、録り溜めていた刑事コロンボを見ながら終日、書類仕事をしていました。
まだ肩が痛いので、バイク・トレーニングのみいたしました。

360スパイダーでドライブに行こうかと思ったんですが、帰省渋滞があるのでは、と懸念して中止。
フェラーリは正月にでも乗りましょう。

今年の仕事はまあまあでした。
厳しい世情を反映して絶好調というわけにはいきませんでしたが、落ち込みは少ない方だったでしょう。
投機もまあまあ。
建て玉を一段と縮小し、リスク回避に重点を置いたにしては勝率が良くリターンもそこそこ出せた方でしょう。
来年の課題は逆指値に乗れ!ですね。
今年は売りにしろ買いにしろ少し押し目を待ちすぎて、慎重に行き過ぎた。
放れにつく、という投機行動、少なすぎました。
「高い峠に掛かる鉄橋ほど頑丈」、という認識をもっと持たないとダメだと思ってます。
建て玉を小さく、STOPを小幅に取れば上下どちらにでも動くリスクは一緒。
押し目で入ったと思ったら中期の転換点だった、ということもままあったんで、少し反省です。相場を過剰に恐れたらリターンもありません。

一方、今年、見つけた楽しみは「しゅごキャラ」と「CCさくら」です。
人生の行方は計り難しです(笑
この年でアニメにこんなにハマルとは思いませんでした。

でも両方とも素晴らしい作品ですよ。
CCさくらはNHKでやっているので是非見てください。
見ているとすべてが美しい世界で、日常的に抱えるストレスが浄化されるような気になります。
しゅごキャラは・・・パーティを見て気にいったらコミックスを買うかBOXを買うかですが、オススメです。PEACH-PITの描く線はひたすらに甘美です。

それから感動したものとしては安室奈美恵のライブです。
今、一番edgyでクールなミュージシャンだと思います。

もうすぐ年が明けますが、来年の生活上の課題は集中力。
それには無駄を切り捨てること。整理整頓を怠らないこと。
投機でたとえるなら、ダメな玉はグズグズしないで切る。
良いもの、良き事に集中ということですね。
どこまで出来るかは、すべて私次第ですが。

それではみなさまよい御年を。

来年こそ「なりたい自分」になれますように!(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2009

とてつもない傑作の完璧な映画化ですよね「容疑者Xの献身」@映画

PC仕事しながら、ブログの記事書きながら脇で点けていたんですが、この映画のストーリーはやっぱり凄いですよね。
東野圭吾さんは天才です。

まだ未見の人がいるかもしれないので細かな事への言及は避けますが、このトリックは素晴らしい。
私は中学時代に創元推理文庫からミステリーに目覚め、以来、ミステリー史上で傑作と言われる作品は学ぶようなつもりで読み切りましたが、洋の東西、時代を問わずこれほど深い感動と共に、完璧であるトリックは、そうありません。
トリックが単に機械的に完璧であるというだけでなく、明かされた後に大きな思いが浮かびあがるのが最大のポイントです。

そんな原作が4人の優れた主演者と西谷弘監督の演出の元、非常に丁寧に欠けるとこなく映像化されております。

ps
福山雅治と堤真一の会話にホッジ予想
という言葉が出てくるのですが、この一言だけでも東野さんの現代数学への深い造詣が忍ばれます。
だから「幾何の問題と見せかけて、実は関数の問題」というセリフもすべて知った上なのでしょう。
実はこの言葉、現代数学の素人向け本を良く読む人にはオカシク聞こえるのです。
現代数学の主流には代数幾何という分野があり、代数(関数)を幾何的に考察するのは当り前なんです。
でもこのセリフは刑事さんという素人に分かりやすく例えたんだから・・・まあ知ったかぶりのオタクは黙っていましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歳末の都心点景&食事は音を立てないでたべましょう

今日の午前中で今年のオフィスの仕事はお終い。
スタッフに挨拶して大掃除は任せて恒例の年末の感謝のお参りをしに神社に行く。
クルマで行こうかと思ったのですが、今年はいつもより1日早い29日だし(まだ都内混んでるかな、との懸念)、ふぐも食べたいし(ひれ酒を呑む)で電車でGO!

神社に着き、1年の報告をしてまた来年来られますようにと願いを込めてお祈りをした後は、いつもは買わない絵馬を買い長女の受験合格を願う。
さらに学業成就のお守りも買う。
やっぱり大学受験は一家を挙げての戦争態勢だよ。

地下鉄に乗って三越前駅で降りてなんとなく店に入ると、店内は大変な賑わい。
みなさん綺麗な高そうな格好で、商品の入った袋を両手に持って、不景気どこ吹くものぞの豪勢ぶりです。
なんとなくエルメスのコーナーに行き、妻に良い服を見る。
電話して相談しようと思ったけど繋がらず。
エルメスはやっぱり綺麗です。正直、ブランド品、大好き。

八重洲ブックセンターに回ると、ここも大賑わいで、その上ハッとするような色っぽい女性がいてビックリ。でも傍らにはいかにも裕福そうな男性が。
お二人とも着てるお洋服はとてつもなく高そうで、来る途中、地下鉄構内にいたホームレスの方々を思い出すと・・・格差社会、半端ないですなあ。

本を見て回るけど特に触手の動く本もなし。
ふぐ料理の店にタクシーで行く間、運転手と鳩山内閣の悪口で盛り上がる。

カウンターに通され、トイレを借りて「やれやれ、まだ明日の書類仕事が残っているけど、なんとかかんとか1年乗りきった。御苦労さん」と自分をねぎらってお通しから食べ始めると隣の男性客の食べる音がクチャ、クチャと五月蠅い。

下品で非常に嫌だ。
それではオマエの食べ方は上品なのか、と問われると自信、ありませんが、少なくても音は立てない。食べ方に品がないなら視線を逸らして戴ければ良いと思うのですが、音は防ぐ手立てがないのでマナーとして確立して欲しい。
年の行った御夫婦ですが、板さんと話していて、「御近所ですか」、との問いに、「○○県」と答える。
それに「○○県!それは遠くから」と言われると、どうやら田舎者扱いされたと感じたようで、「でもずっと京都だったんだ。年取って関東に来てね。
それにしても東京は酷い人出だね。どこから湧いて出るのか、ウジ虫みたいに湧き出るんじゃないか」と言いだす。
あなたも人出の一人なのだが、どうなんだろう?

立派な家柄なのかもしれないが、こういうのを氏(←洒落てみた)より育ちと言うのでは?
名店として知られたお店でしたが、なんだか料理もイマイチに感じてしましました。
救いはお店のスタッフの若い子たちがとてもしっかり感じが良かったたことです。

世の中ダメな若者もいるでしょうし、立派なお年寄りもいるでしょうが、逆もあるよね。
私はせいぜいダメなオッサンにならないよう自戒しましょう。

ま、そういう年の瀬ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2009

知人の連絡、途絶える@厳しい年の瀬、だから今こそ日本を強く!日本人を大切に!

事業をやっている知人へ出した年賀状が転居先不明で帰ってきました。
驚いて事務所に連絡した処、連絡不能。
ここ数年、賀正だけのやりとりでしたが心配です。
つくづく厳しい年の瀬なんだな、と実感します。

真面目に一生懸命働く人でした。
事業は以前から苦しそうではあったんですが・・・
思うに、地元の名物ラーメン屋で偶然会って以来だ・・・アレは何年前だったろう?
あの時はまだ元気そうでしたが・・・社長をやる人ですから、いつも元気そうだったんですけどね。

今、日本は文句なく苦しい時代です。
でも日本人自体が劣化しているわけではない。
みんな一生懸命やっていると思います。
むしろ以前より真面目な時代なんじゃないでしょうか?

ただ社会のシステムが、この世界的大競争の時代に合わなくなっている。
個人的な考えでは、その合わない間隔をさらにテレビが煽っている。

今こそ日本は日本人を大切に!
日本を強くする政策を!と思っています。

すでにGDP比200%に迫る債務があるんだから、日本は緊急事態宣言を出せばイイんですよ!
日本が飛んだら、世界の金融市場は大混乱になるはずで、世界各国もまったくの人事ではないんですから突っ込めますよ。
いつまでも実情に合わないお大臣感覚は亡国の元です。

そして大きな福祉をやるには、その福祉の源泉を出す人、企業が必要なんです。

今、アフガニスタン関連の本、読んでいるんですが、大変な状態です。
でもアフガニスタンの混乱に日本は責任ないでしょう。
なんで意地張ってインド洋給油止めて、大きなお金をつぎ込むのか?
あの金を国内で有効に使えないのか?

国同士の競争は決して負けられない戦いです。
でも幾ら各個人が真面目で優秀でも、社会システムがダメなら苦しいです。

きちんとした福祉を行うことが出来るのは豊かな国だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2009

娘たちの近況@ニャースに似た長女の成長とドドン王を拝命した次女

ニャースに似た長女は小さい頃からどうにも意気地がなくメソメソしていのが心配でしたが、来年の受験を控えこのところ驚くようなガンバリを見せています。
モチロンもっと頑張っている同年代の方々、沢山いるでしょうが、私が親ですから、こんなものでしょう、と納得出来るレベルです。

昨夜も予備校(高三ですが、冬季講習中)で勉強していたようで、私がPC上での仕事を終えてリヴィングに降りると遅い食事を獲ってました。

向かい側に座り、録画した「築地魚河岸三代目」をつけると大沢たかおが洒落たレストランで田中麗奈と食事をしているシーンに。
ところがプロポーズへもう一歩という処で携帯が鳴り水を挿されます。

そんな画面を見ながら、コイツも大学に入ったらいよいよ男対策だと思ったので、
「オマエ。コレは!という男と食事に行ったら絶対に携帯は切っておけよ」
「大丈夫だよ。私のは鳴らないようになってるから」
「バイブレーションもダメだよ。響くんだから」
「なってない。全くの無音にしてある」
「俺と同じだ。それが一番イイんだよ・・・でもコレはアカンと思ったらバイブレーションモードの着信があったふりして電話を出しなさい」
「うん、そうするよ」
「いきなり、外外外、って言ってもイイゾ」
「何それ」
「安室奈美恵の新曲FIRST TIMER 知らんのか」
「あたし受験生、着歌にあるの」
「知らないが、なければ自分でいきなり外外外と歌い出して携帯を取り出せば、最強にフラレル」
「なにそれ!」
「だから着歌の代わりに自分で歌うんだよ。煩悩の神は~、本能の神~、操られればいい、いい」(←WILD@NAMIE AMURO)
「歌わないでイイから。ウチって歌の才能ないよね」
という日常です。


一方、ゴマジョーと呼ばれる娘は相変わらず右翼っぽい雰囲気のままです。
先日、金鶏というリムスキー=コルサコフのオペラに出てきたドドン王という名前を見つけ、響きが気に入ったので、あだ名をドドン王に改名しました。
次からはドドン王と呼ばれる娘と書きます。
コッチはまだあんまり勉強していません。
来年当たりに目覚めることを期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2009

シンジ君を侮辱するな!現実無視の総理とは大違いなんだよ

今日の日経朝刊に鳩山由紀夫の印象がシンジ君に被るという一文がありましたが、とんでもない話です。
シンジ君はいつだって精一杯戦っていたでしょ。
最後にキレタのも優しい気持ちを堪えながら幾多の過酷過ぎる試練に合った故です。
だいたい突然呼ばれて化物と戦っただけでも相当な勇気でしょ。
それが分からない人はボクシングジムか総合格闘技のジムに行ってみましょう。
プロになれ、とかスパーリングしてこいなんて言いません。
ロープ飛んで、サンドバッグ打つ危なくない練習だけでイイからやってみましょう。
通っているうちに他の練習生を見るとイイです。
強い人とかデカイ人でなく自分と同じような体格、技量の人がいるはずです。
もしその人と本気で殴りあうとしたらやっぱり怖いでしょ。
タックルされマウントされて上から殴られたり肘を落とされたらどうでしょう。
私は飛び切りのへタレですが、ウエイトやってサンドバック殴っていると、こんなへタレパンチでも殴れたくないと思います。
顔はモチロン、腹殴られたってどの位痛いことか。
シンジ君は化物相手にそれをやりました。

自国民にはサギ、
隣国民には鴨
交渉場ではチキン、
この鳥なんだ?といわれる鳩山由紀夫とは大違い。

自分の申告漏れは私腹を肥やさない綺麗な申告漏れ。
自民の秘書逮捕とは大違いということらしいですが、それなら私も来年から税金払うの止めようか。
今年も暮れますが、30日まで土日も含めて休みなし。
そうやって毎年ポルシェ一台分位は払ってるんだが、私が納税しないのは、国庫に納めるより賢い消費活動が出来る上に投資も上手と言い張ったらどうでしょう。
顧問の税理士にマジキチ認定されるのがオチか。

ともかく不愉快だ。
貴重な物を汚された気持ち。
背景にはしょせんエヴァンゲリオンなんてオタク向けアニメという偏見があるんだろう。
これがワーグナーのオペラとかガルシア・マルケスの小説相手なら、敬意を表してうかうか軽薄なことは言わないはず。
分かった振りしてしょせん馬鹿にしているわけだ。
馬鹿にするのは勝手だが、そういうあなたが読んでる立派な本など教えて戴きたいもんだ。
浅学の身は重々承知。今後の勉強の参考にしたい。

今回贈与税の申告漏れ6億円で決着という話ですが、これは税法の壁で7年時効があるからなんでしょう。
ちょうどピッタリ7年前から母親の資財を政治資金に迂回させ始めたとは思えない。
まあ、この後に及んでも支持する人には気にならん話なんだろう。

ps
これを言い出した森永某は、
「日本人は武器を持つな。
相手が攻めてきたら竹やりで戦え。
戦争になったら私はアメリカに逃げる」と言い放った人です。
こんな「破廉恥で利己的な強欲タレント」の意見に噴き出した、なんて書いてるなら数十年に渡り日経朝刊、夕刊、金融新聞からヴェリタスまで取っていた私も考えなおします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2009

バッド・モンキーズ マット・ラフ@私にとってのミステリーの衰退

海外編で「このミス4位」、「文春10位」を獲得した作品です。

内容は殺人の罪で逮捕された女性の語る話。
彼女が言うには自分は「バッド・モンキーズ」という組織の一員で、世界にはびこる悪を殲滅するのが仕事と言う・・・果たしてそれは狂気の中での妄想なのか、驚くべき真相があるのか、という処が読み所になるわけです。

小説にも地道にリアリティを追求した物から、夢物語まで色々あるわけですが、これはいわゆる大風呂敷小説です。
とんでもない設定、展開を繰り出して読者を煙に巻き、話を飛躍させて楽しませるのですが、肝心なのは最後の着地。
無茶な話をどうまとめるか?が知恵の出しどころで、その結果如何によって評価が定まります。
巧くやられたと爽快感があれば著者の勝ちですし、なんだこりゃ、になれば負け。

著者のマット・ラフはアメリカでは有名なカルト作家だそうで、期待を大いに膨らませて手に取りましたがダメでした。

冒頭から序盤に掛けては現実にはあり得ない設定が次々に繰り出され、その場面場面に笑い何処あり、驚きありで、これはオモシロイと思ったのですが、途中から失速。
失速の理由は、マンネリズムです。
話自体は進むのですが、設定の同じようなモノが続きすぎる。
もう分かったから、と飽きてしまいました。
それでもラストはスゴイのかとなんとか最後まで読んだのですが・・・


うーーーーん、最近、ミステリーが面白くない・・・どうしたんだろう?(謎
いわゆる文学を読んでいる時の方がワクワクするんだよな・・・かつてはなかったなあ、そんなことは。
ミステリー自体が停滞しているのか、私のミステリー感性が鈍っているのか?
世界の為には私の感性が鈍っていただけ、って方であって欲しいですけどね。
という訳で年末読書のオススメは

本書でなくコッチにしておきます。
カポーティはツマラナイと思っている方。
村上訳は詩情豊かですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2009

Namie Amuro Past<Future CD編@安室divideも気に掛けずに突っ走った1枚&コンサートは3回当ったよん

とてもカッコイイ曲が詰まったアルバムです。
ただ安室奈美恵が今年のコンサートで驚異的な動員なしとげたというニュースを聴いて、じゃあ聴いてみようかという人が普通のJPOPのつもりで買うとガッカリするかもしれません。

何もJPOPが低級な音楽で、安室のやっているのが高級なイケてる音楽である、と言っているわけではありません。
聴いたら印象が違うだろう。
だから最近の安室の音楽を知らない人は戸惑うだろう、ということです。
B000f6yvjk_09_lzzzzzzz

全編尖った造りで一切の妥協なし。
軽くキャッチーな曲を創って当てようという色気はあんまり感じません。
安室奈美恵は自分のやりたい音楽をとことん突き詰めて創ったって感じです。
それで素晴らしい。
安室奈美恵はスタイルが良くカッコ良く、音楽云々以前に安室奈美恵自身に憧れて聴きづ付けた人は、ある種の音楽に目覚めることになるのでしょう。
日本の音楽シーンには、安室divideが生じているな、と思います。


ps
とりあえず来年のコンサート、3回分当りました。
モチロン、全部行きます。
中年のオッサンになると仕事が忙しく、休日も家に持ち帰る仕事もあり、正直、外に出掛けるのは面倒です。
家で本を読んだり、録画した映画を55型のテレビでみたり、世界から各種スポーツの中継もあるし、トレーニングをしたりするほど楽しい事、外の世界にそうはありませんから、休日ヒッキーになりがちです。
それでも安室奈美恵のコンサートだけは別格!

ちなみにコンサートのチケットはファンクラブ限定の申し込みで当たった分です。
音楽は中学の頃、キング・クリムゾンにハマって以来、プログレ、ハードロック、ブラック・ミュージック、クラシックと聴いてきましたが、ファンクラブにまで入ったのは生涯初めてです。
海外の著名なミュージシャンのコンサートも随分行ったけどね。
去年行った安室のコンサートほど感動したのは初めて。
彼女はホントウに凄いですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2009

少女コレクション序説 澁澤龍彦   @かつていたある教養人が綾波レイを予言する

「美しい少女ほど、コレクションの対象とするにふさわしい存在はあるまい。蝶のように、貝殻のように・・・」
今時、こんなことを書きだしたらヤバいんでしょうか?
でもコレ、アニメオタクの文章ではなく、澁澤龍彦という昭和の教養人の本からの一節です。

さらにこの本は私が買ってきた物でなく、妻が結婚する時、持ってきたモノです。
妻はアンティーク・ドールの制作が趣味で、少女人形を造っては、当時、フィギュアなどの趣味のなかった私を大いにビビらせました。

読んでいると今、興隆を誇る二次元萌え、フィギュア趣味を予言しているが如く、綾波レイを語っているが如しなので、抜き書きしてみましょう(スペース上の制約から多少改編してます)

「純粋な少女のイメージをなつかしく追い求めるのは男の生理の必然であって、歴史的に普遍的であった。
ゲーテやユゴーの少女嗜好を云々するまでもなく、サティロスのはニンフを好むものと相場がきまっているのである。
エルンストやダリが競って作ったマネキンやベルメールの関節人形もそのような男の夢想の現代における集約的表現と考えて差し支えあるまい。
女の饒舌は男の官能を白けさせる。
自らは語りださない受け身の存在であればこそ、男にとって限りなくエロティックなのである。
そのような完全な客体としての女は、男の観念の中にしか存在しえない。
そもそも男の性欲が観念的なのであるから、欲望する男の精神が表象する女も観念的たらざる得ないのは明らかだ」
Rei122

「ギリシャ・ローマ神話の処女神は月の神ディアナであるが、彼女は冷たい生娘の性格と破壊を好む戦闘的な性格を持っていた。ダフネの性愛一般を嫌悪する感情も精神分析で登録済みの用語である。
戦闘的な処女のイメージは、世界各地の伝説や歴史の中でさまざまに形を変えて生きている。白鳥の翼を持った少女、北欧のヴァルキュリーも戦闘好きな処女神であろう」
Ay_027
Rei033

「ポーの女主人公たちはいずれもドイツ哲学の濃霧と古代オリエントのカバラの神秘の中で鍛えられた、該博な学識の所有者であり、いずれも少年のような天使のような中性の胸をもち、いわば性がないのである。
ポーにおいては、その恋愛は純潔で天使のようで、感覚は少しも介入せず、孤独な頭脳は決して官能と相呼応することがない。もしそこに官能があったにせよ、それは永遠に凍結した、処女のままの官能である。@エドガー・ポーを語るユイスマンス」
071
Rei021


「ポーのような想像世界においてしか愛の焔を燃やそうとしない者は、現実には愛の対象を必要とせず、対象の幻影だけで事足りるのだ。
幻影とはすなわち人形である」
「自動人形は私たちの形而上学的不安から生まれた@ジャン・プラストー」
Rei


ま、こんなとこですね。
澁澤龍彦先生がお亡くなりになったのは惜しいなあ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2009

クラブWC決勝@男の戦い、涙の幕切れ:エストゥディアンテスvsFCバルセロナ

テレビが幾らベロン、ベロンと煽っても近年の南米と欧州クラブの格差は歴然。
この大会も決勝は期待のわりにツマラナイ。
形骸化が懸念されるよ、と思っていましたが今回の幕切れは感動的でした。

メンバーは日本時間の月曜未明にリーガが控えるバルセロナ、日程が気掛かりでしたが、3トップはベストメンバー。ただしイニエスタは欠場。
少し残念ですが、萌えキャラ、イニエスタは身体が弱いとこも素敵・・・無理しないでイイわ、という感じです。

ただ試合が始まるとエステゥディアンテス、パス・コースへの読みが鋭く、寄せは速い。バルサ相手にキープも出来るし、ともかく間合いが半端じゃなく巧い。
バルセロナはパスが回らず、キープ率も50%台と思いもかけない立ち上がりです。

なんとか打開を計るバルサですが、エステゥディアンテスは強固なマン・マークを維持しプレスも強くて、バルサの個人技を封印。
ハードな状況では頼りになるはずのイブラヒモビッチが、今日に限ってまた異常に当たってない。
これは存外、やっかいだぞと思いだした37分、左サイドからのクロスを決めたのはエストのボッセリ!
アビダルに当たられ、プジョルの寄せにも屈しないヘッドでした。
そうして前半は終了。バルセロナはこのままだと苦しい。

後半はバルセロナのボールがやっと回りだしますが、リアリスト軍団のエストは慌てない。泥臭く喰らい付き、セットプレーも呆れるような強さ。
シャビやメッシが簡単にボールを失うシーンが多々あり驚かされます。
そんな中、時間だけは刻々流れ、これは南米チームが勝つのも一興、と思いだす44分!
シャビのクロスをエストのDFとピケが競り合い、こぼれた処をペドロがシュート!
残り1分で同点!
美しいだけでないバルセロナの凄みを見せ付けられた瞬間です。
でも本当に感動したのは、瞬間アップになったベロンの疲労困憊した表情。
・・・ああ、彼はどれ位走ってきたのだろう?
あのバルセロナを止める為に、と感じさせます。
1-1のまま延長突入。

延長開始、早々ベロンの足が攣り味方に伸ばしてもらってます。
明らかに運動量が落ち、走り出しもヨロヨロですが、もうエストは交代枠を使い切り。
自分がピッチを去れば味方は10人で戦うことになる。
ベロン、渾身の続行です。
延長後半、シュートは封印して防御に徹するエストゥディアンテス。
PK戦の気配も漂いだす残り10分、右サイドのダニエウ・アウベスのクロスをゴール前に詰めていたメッシ!胸で当てるシュートが決まる!
大袈裟でなく「神の子」という言葉を思わせるメッシでした。
最後はベロンが鋭いFKを送り、あわやという瞬間を見せましたが実らず。
試合終了。
でも圧倒的に強い相手に力の限り闘うベロンとエストには感動しました。
06ドイツ大会のチェコvsイタリアで奮戦したネドベドを思いだした

ちょっと泣ける感動の幕切れでした。
最高の試合だったね。まさに男の戦い、でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2009

長谷川穂積V10@次はタイトルなしでラスベガス! 至芸の防御と連打でした

今日の相手のアルバロ・ペレスは身体に中南米選手独特のバネがあり、大降りのパンチが長い軌道を描き良く伸びます。
メンタルも強く積極的に打って出て来て、少々打たれても怯みません。
対して長谷川は1R連続KO防衛記録を意識したのか少し硬い感じ。

それでも長谷川、徐々にペースを掴み4RKO勝ちでした。

特筆したいのは、最後、倒した時の一連の動きで、ペレスのパンチを絶妙の見切り、最小限の動きでかわすと至近距離から左の連打をピンポイントで当て、前のめりで倒しました。

この一連の動きは知らないとただ強いパンチでした、みたいに見えるかも知れませんが、まずDFのレベルが尋常ではない。
相手のパンチからの防御で一番効率が悪いのはガードで受けること(自分は打てない)
次はダックしたりバックステップして大きく避けること(これも自分は打てない)
一番巧いのは、パンチをギリギリで避けて、瞬間、反撃できることです。
でも当然一番難しいですね。
長谷川穂積はそれを当たり前みたいにやってのけてます。

倒したパンチも至近距離からの連打でしたが、最初のパンチで充分効いているのに、ペレスが倒れる前に二の矢を放ってます。
この連打のスピードと、顎を正確に強く打ち抜いているパンチのレベルは世界でもスーパースターチャンピオンだけが打てるレベルです。

次はもうラスベガスに行って欲しいですね。
練習代わりの全米デビューはダルチニャンかアルセでイイんじゃないでしょうか。
ウエイトはS・バンタムでね。
ダルチニャンなら6R,アルセなら5RでKOできるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2009

Namie Amuro Past<Future DVD編@踊るゴスロリ!生身の身体でCGまがいをやってのける奇跡の女

安室奈美恵の新作です。
まずはDVDの方の感想を書いてみます。
1曲目はFAST CAR
天蓋付きのベットの上に侍る安室ちゃん、音楽が始まるとダンサーと共に踊りだすのですが、衣装は濃厚なゴシック・ロリータ・ファッションです。
背景となるテーマ・カラーを白黒からブルー、深紅にピンクと変えながらテンポ良く進むのですが、ダンスは切れまくり。完璧です。
それにしてもゴシック・ロリータのファッションで激しく踊るという発想は、余人をもって代えがたい安室奈美恵ならではか?
コレ、コンサートでも同じファッションでやってくれるんでしょうか?
非常に楽しみです(まだチケット当たってないけどさ)

2曲目はLOVE GAME
純白の無機的なCG画像風の映像の中に白いフードの安室ちゃん登場。
すぐに毛皮のフード付き衣装に変わるのですが、顔が小さいから奈美恵安室は被り物、似合うよね(笑
男性ダンサーの前で見せるキックの高いことに驚愕。
足先が頭の遥か上まで上がるんだ。
一瞬だけど信じ難い絵になってます。
太腿の体幹への引き付けがハンパじゃないんだ。
安室ちゃん、K1とかやったら相当強いと思う(笑
あのボディバランスとフットワーク、反射神経でガードは無用、アンタッチャブルになれるだろう。攻撃の方は・・・サムさんに聴いてみたい(笑

3曲目はWILD
奈美恵はエナメル素材で光沢のある黒いボンデージ風の衣装で登場。
マトリックスはトリニティばりの着地を見せる黒ヘルメット、革ジャン姿のダンサーと踊るのですが、この曲のカッコ良さはもう神域。
ストップモーションとスローモーションを織り交ぜたスピード感溢れる映像には、ただもう見惚れてしまう。

なんかね。もう見ているとこれCGって思う・・・
あんまり全てが完璧すぎて、逆に生身の人間がやっていると思えなくなる。
人間じゃこんなに完璧に動けないし、顔は小さすぎるし、手足は長すぎる。
ひっそりと膨らむバストも動的バランス、絶妙すぎるでしょ。

でも生きてる人間なんだよな。
その上でダンスと音楽に対する飽くなきハングリー精神と感受性があったから彼女は出来た。
良くこれだけのカードを全部引き当てた。どれか一つが欠けてもダメだった。
そう思うと安室奈美恵の存在は一種の奇跡だ。

4曲目はバラード。優しい曲の中で素敵な太腿が楽しめます。
5.6曲目はアニメコラボですが・・・私はひたすら安室奈美恵を見ていたいんで、アニメコラボは1曲で良かったな。
それにアムロ・レイより綾波レイでしょ。
エヴァかしゅごキャラかCCさくらでやってくれればアニメでも良かったけどさ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2009

【日本には】国益よりも地球益?????鳩山イニシアチブで外国にまた1兆円!【もう金はない】

鳩山首相、今度は地球益だそうです。
正確には「国益も大事だが、地球益も大変大事だ」と言ったそうですが、国益には「大事」とだけ、地球益には「大変大事」とあるように、「大変」が付いている分だけ予算配分の気前の良さから見たら地球益優先の状態に見える。

でも一国の首相のやることは国益です。
100%国益だけを徹底して追及する。
ありとあらゆる手段を用いてガメツク、自分は泥被ろうが、非難されようが、国民の為の国益に喰らいつき、喰らい付いたらとことん離さない根性を見たい。
というかそれが国民へのモラリティ。政治家の契約の掟。
その為には、なんでもあり、なんでもやる。深謀遠慮を尽くす。
尽くして尽くして尽くしまくるってのが、一国の政治家なんじゃないのか?

これが今から20年位前で、国内、金余りまくり!
財政は黒字で黒字でしょうがない時代ならね。
金持ちなんだから多少のボランティアも悪くはないと思うけど、今、国内の経済状態滅茶苦茶、ほぼすべての国民、企業は疲弊しまくり。

その時期にこんなこと、かなりどうかしているんじゃないか?
1兆円あったら、それ全部国内の教育費の補助にして何が悪い。
そもそも今の日本、世界1の環境保全国でしょ(GDP当りのCO2排出量)

申し訳ないが俺には理解不能!!!!!!
というかもう分かりたくないレベル。
世界はホントウに驚き、呆れて笑っていると思う。
というか俺が日本人じゃなかったら腹抱えて爆笑するレベル。
一国のトップに失礼な言い草だと思いますが、狂気の沙汰としか思えない。
これがお公家社会主義なのか!

この調子でCO2も25%削減、本気でやるんだ。
本決まりで動きだしたら、鉄鋼や化学の工場、ホントに海外に出ますよ。
今、企業の設備投資、異常に落ちてるの知ってます?

まあ支持率は高いようだから、このまま行くんだろうな。
俺は食い物の確保。本気で考えるよ。
飢えるのヤダもの。
腹減るの辛いから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【買うな】ルイ・ヴィトンの財布はダメだ【贈るな】乙女の人には

気に入ってずっと愛用していたカルティエの財布が古くなってしまい、
「あなたもうそれボロ過ぎておかしいわよ@妻」と言われて家にあったルイ・ヴィトンの財布に変えたのですが、非常に使いずらいです。

だいたい出されてから一目見て嫌な予感がした。
私はこういう直感は鋭い方。
でもせっかく家にあるモノだし、財布は○○じゃなきゃアカンというこだわりもないので使い始めたんですが、ダメだ。

まず小銭を入れる金具がキツクテキツクテ開け閉めする度に指が痛くなる。
さらに札入れが深すぎてサッと入れられない。
押し込んで行くと途中で札が曲がってしまう。
正直、こんなに使いずらいお財布は初めてだ。
これなら「マジックテープ式の財布」の方が遥かにマシだと思う。

同じ財布を使っている女房に
「この財布、金具がキツクテ、手が痛くならない」と聴いたら、
「ならないわよ、うふふふふ~、あなたは乙女だからじゃない」と言われた。
・・・ウチは妻一人(妻が二人以上だと困りますが)娘二人なんですが、私が一番乙女度が高いと言われている。

カルティエの財布は深紅の革の発色が艶っぽくて良かったなあ。
感触も柔らかかったしね。
ルイ・ヴィトンはブランドとしては好きなんだけど、乙女係数の高い人は財布だけは買わない方がイイかも。
それから乙女っぽい人にプレゼントしない方がイイかも、
と思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 14, 2009

このミステリーがすごい!2010年版 @主役を降りた年末本&ミステリー

1988年に刊行されて以来、私の年末1番の楽しみだった「このミス」の発売。

かつては今か今かと発売を待っていたのですが、段々関心が薄れてしまい(村上春樹のロング・グッドバイと、さよなら愛しい人が低評価され少し不信感・・・何の感の言っても原本は傑作なんだしね。村上さんの訳でフィッツジェラルドもカポーティも良いと思えるようになったしさ。最高のR・チャンドラーだった)
特に今年は「しゅごキャラ、カレンダー」発売から始まり、「アイズ@綾波レイ制服verフィギュア」、「しゅごキャラ!!どきDVDBOX1」,安室奈美恵の新作CD&DVD発売、さらに来年のコンサート予約、抽選と重なってとうとう半ば忘れられた存在に成り果ててしまいました。

それでも出れば買いますけどね。
遅ればせながら。

今年の国内編の1位は東野圭吾さん「新参者」
文春のランキングでも1位でしたが、本も買いました。
東野圭吾がまた傑作をと思ったら、読まない訳には行かないでしょう。
妻は読み終えましたが、私はまだです。
今、並行して読んでいる本が、マラルメ伝を始め結構あるので、一段落付いたらですね。
後は「電氣人間の虜」ですかね・・・オモシロそうです。

海外編は今「バッド・モンキーズ」を読んでいます。
ミレニアム1.2.3はいつか読まないわけには行かないんだろうな。
ドン・ウィンズロウは喝采のデビュー作は最高だったものの、後の作品で騙された感がありちょっと手が出難い。
「ユダヤ警官同盟」は読むと思います。
ジュフリー・ディヴァーさんにはちょっと待って頂くしかない。
ウエストレイクも何度かガッカリがあったからなあ・・・「二瓶の調味料」は「二瓶のソース」でしょう。昔読んだ気がするのだが・・・本はどこに行ったろう?

今年のこのミスも実に厚くなって巻末には2編の短編のサービス付き!
デフレ時代に対応ということでしょうが、このムックに本当に期待されている内容は、ミステリーオタクな肩の凝らない文章、企画だと思うのですが・・・

しかしかつては娯楽の女王だったミステリーも、まさかアニメに侵食されるとは思いもよらない顛末です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2009

日本はなぜ敗れるのか-敗因21カ条  山本七平@今、敗れそうな日本でこそ読みたい山本の洞察

第二次大戦での敗因を山本七平が「虜人日記@小松真一著」を底本に読み解いていく1冊です。

何よりの衝撃はバシー海峡への記述ですね。
これは教科書に載せるべき話でしょう。
どんな話かと言うと、制海権のない海に員数合わせとして兵士をどんどん送り出し、撃沈されまくり。
結果、世界史上最大能率の大量溺殺機関を造り上げたという話です。

工夫をしない。
現実を見ない。
対策をしない。
ただ自分達で決めた決まり事のみを金科玉条として行い、惨禍を拡大させた日本軍首脳部!
・・・どっかに似た組織があるな、と思ったらなんのことはない、今の日本の官僚機構そのものです。
そうだ。当時の日本軍部って軍服着てるから軍人、兵士に見えるけど、一番の天辺で無茶な作戦を立て続けたのは当時の最難関、最高学府を出た秀才役人たちなんだよね。(底辺で権力を振りかざして無理難題。横柄かつ残酷になれるのも末端の小役人。それでいてホントに怖い人が出てくると一転、尻を捲って逃げ出す)
大切なのは自分と属する組織のプライドのみ。
悪いのは「できぬ」という「精神」であって、命令を下しているものではない。
精兵がいる、と言えば精兵がいて、現実より、その精兵がいることを信じる気持ちの有無で判断される。

現場を無視した過剰規制で民間の仕事を縛るなんては、今ここにある危機ですよ。
ちっとも変わってません。
また日本の名門家庭には伝統的に「御公家社会主義」「雲上社会主義」の伝統がある、なんてのはタイムリーな話題だと思いますし、自らの責任で客観報道をしないマスコミへの指摘は、大いに肯けます。

日本人としては痛い話も多く、さすがにこれは極論じゃないかなあという部分もあるのですが、この際ですから聞いておきましょう
同じ日本人への欠点指弾でも山本七平の文章には、日本人を愛するが故の懸念が背景となっているのを感じます。

世界が一斉に立ち上がりつつある中で、日本は地位を失い掛けてます。
今こそ読んでおきたい1冊だと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2009

【ブリオから】雑誌BRIOが休刊!@TVCM今昔【時勢は「なかよし」へ】

今年6月が最後だったようですから、休刊はもう半年も前の話です。
ただここ数年は買ってなかったんで、まったく気が付きませんでした。
それでもこの手の雑誌(大人の男の贅沢情報誌)にしては珍しく都合10冊?位は買ったことがあるんでちょっと感慨無量です。

いつもは手に取らないこの手の雑誌、なんで読み出したかというと、発刊当時流していたTVCMに笑ったから。
・・・そう、あの当時はまだテレビCM、私に効果があったんです。
ネットユーザーの間では如何にテレビを見ないか自慢が流行ってますが、ホントにテレビまったく見なくなってしまいました!
これは以前の生活を考えるに驚くべきことだよね。

正確に言えばテレビ自体は観ている。
衛星放送からHDDに録画した映画とスポーツ中継をぶつ切りで見ています。
そんなもので映画を見ていることになるのか、と言われると恐縮ですが、まあこれは!という映画は時間を取って見ていて、それほど期待していない娯楽映画は食事の度にぶつ切りで観終える、という感じです。
昨日から今日にかけて「イーグル・アイ」を見ていましたが非常に面白くて、このレベルは民放のドラマでは無理ではないか、と思います。
その前はスポーツでFCバルセロナ戦を見ていましたが、素晴らしかったです。
なにも欧州サッカーを見ている俺はイケていて、民放地上派を見ている「あなたとは違うんです!」(キリッ
と言いたい訳じゃなく、ホントウにオモシロイよ、世界の1流のスポーツはさ、という事です。

結局、CMの入る番組で見ているのは「しゅごキャラパーティ!」だけだ。(結局、今回もそのオチかいということですが)
だから「しゅごキャラパーティ!」でやっているCMには影響を受ける。
どの位影響を受けるかと言うと、この間ついに「なかよし」を買ってしまった。
その前は「ノリノリ!キャラなリズム」を買おうかと思った位だ。

だから企業のみなさん「しゅごキャラパーティ!」に出稿しましょう、と結論を書ければイイんですが、視聴率低いですよね。
まあ私も録画ですけど・・・

でも昨今、ホントウにBRIO的な位置にあったものは景気悪いようです。
先日、忘年会でBRIO的なる某所に直前予約入れたのですが余裕でした。
ブランド店も続々撤退だしね。

結局、あの手の楽しみも飽きるんですよね。
決してお店が悪いわけでなく、みんな頑張っている。
雰囲気も良いし、食事も美味しいしお酒も美味しい。

でもよほど好きじゃないと、だからどうだ、ってことになる。
それから子供が育って受験になると、一家においての戦時下にあって、華美なる遊興は如何なものか、という雰囲気にもなる。
女という生き物は何故なのか子供の受験というと目の色が変わり、とても付き合ってとは言えない感じ。

その点、萌え趣味は強いよね。
毎週やっている番組(CCさくらとしゅごキャラ)録画してみるだけ。
後はDVDBOXとかフィギュア買う位。

どっちにしろ働くお父さんは疲れるので趣味は必要だってことで。
まあ突然「なかよし」が家にあると、これ誰が買ったの、って娘たちが騒ぎますけど。
いやあ・・・「地獄少女R」は暗かったなあ。
リストラされたお父さんがDVを振るって、お母さんは家を出て行き、残された女の子はお酒を盗みにやらされ、それでも暴力の止まないお父さんから妹を守るために・・・怨み流します、だもの・・・
BRIOも休刊する時勢を感じました。・・・少女漫画って何時からこんなになってたの?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 11, 2009

CCさくら31話「さくらと名前のない本」@「ビッグX」と「眠れる森の美女」&萩原朔太郎の「猫町」

昨日のカードキャプターさくらは、二つのクロウ・カードを使って二段構えの構成になった処が工夫のエピソードでした。

特筆すべきは過去の3つの名作へのオマージュで、まずビッグのカードを封印するときの衣装で、耳の部分が羽になっているのはビッグX(@手塚治虫)を意識していると思います。

深夜の異様に静まり返った町に出てくる巨大猫は萩原朔太郎の「猫町」、最後の竜はディズニー版の「眠れる森の美女」に出てくる竜にそっくりです。(実際、この竜を想像した奈緒子ちゃんは書き終えた後、眠りにつきます=Sleeping Beauty)

それにしても友枝町のノスタルジックな黄昏の美しさはどうでしょう。
現実にまといつくあらゆる不潔な物、猥雑な一切の雑居物を完璧なまでにすかした後の透明感のある夕暮れ。
CCさくらならではの、素晴らしいクオリティだと思います。

もう一つ印象的だったのは、大道寺知世ちゃんの芸術至上主義ぶりです。
クラスメートが巨大猫に捕まっていても決してカメラを放さず取り続ける。
場合によっては親友であり、崇拝の対象であるはずのさくらちゃんのピンチですら、撮り逃すまいとするその偏執。

反社会性人格障害というではないのです。
彼女は彼女自身、常に危険と紙一重の場所に勇んで出掛けるのですから、やはり美に憑かれた女の子なのでしょう。
何事があっても動じない泰然とした性格といい、映画監督に向いています。
きっと将来はカンヌでパルム・ドール間違いなし!
栴檀は双葉よりかんばし、と後に振り返られるのではないか、と思うのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2009

今日届いた綾波レイのアイズ・プロジェクト制服バージョン&最近買ったヤツ雑感@レイのバストは小さくあるべき

碇君が、もう、EVEに乗らなくて、いいようにする!
Dv4_convert_20091209184533
劇場版:破のフィギュアです。(画像はすべてクリックで拡大します)
胸がでか過ぎます。
分かってないんだよな
綾波は貧乳でこそ綾波
Ay5
こうでないと
哀愁を含んだ表情が美しいです・・・

ヤングエースで揃った三人
Ay4
出来だけで言えばアスカがダントツ!
華やかでいかにもアスカって感じ

綾波は足が長すぎます
マリは強そうな表情がイイです

アイズ・プロジェクト1/8綾波レイ制服ver
貞本さん公式の絵では最も妖しい綾波レイのフィギュア化です
Ay6

・・・ちょっと怖い・・・・女の子がこういう顔をしたら終わりだよね・・・
されたことありませんが・・・
レイちゃんは無口で大人しい印象がありますが、意思が強く、使命感があり、危地に動じず、いざとなったら自爆ありの特攻ありの思い込んだら命掛け。

・・・女性としては案外地雷?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウエイト・トレーニングで背筋を痛めました

正確には僧帽筋なんですが、昨日から痛くて痛くて・・・

誰かに頼まれているわけじゃなし、義務だの仕事って分けじゃなし、やらなきゃイイのに無理をして、首筋から後ろの背中の筋肉を傷めてしまいました。

まったくなあ。
肘だの脇腹だの肩だのを痛め初めて、少しづつ重量が落ちているので、なんとか取り返したいという気持ちが抑え切れない・・・・で、もう少しもう少しとやった挙句がこのざまです。

どうしても筋肉だけは付けていたというこの執念。
でも首回りは痛めると色々面倒なことも起こりそうなのでしばらくは休むしかないですね。
ああーー辛い・・・ウエイト休むのは辛い。
酒も煙草も女もいらないけど、トレーニングだけはやりたいんだよ。

まあしょうがない。
この程度の災難で済んで良かったと思うしかない。

しかし今年の秋は10月にお腹が痛くなり、11月には喉の痛みが一ヶ月取れず、今度は背中だ。
でもその度に生活習慣上での反省点を見出してるから良しとしよう。
転んでも(転んでいるうちも入らないけど)だたでは起きてない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2009

和解 志賀直哉 @白樺派、というより自然主義的な印象が強い

言わずと知れた小説の神様の代表作ですが、今読み返すと文体などに素朴な味わいが強く、自然主義的な印象を受けます。(本来は逆だった)

画家でいうとクールベって感じ?・・・かな?
私小説であり、一見詰まらない、取るに足りない(劇的な異常な状況や、めくるめく幻想などでない)題材を質実たる文体で書いていく。
でもその筆さばきは名人の物。
良く考えると派手な表現を使わずに深い処まで読ませてしまうのは凄いってことです。
サッカーにたとえると、大袈裟なドリブルをしてないのに、するっと相手をかわせる選手って感じ?でもあります。
なんだか良く分かりませんか?(笑
でも今どき、白樺派という名前を言って、人道的、理想主義的な作家集団で雑誌「白樺」を云々って憶えてる人、少ないと思うので、魅力を伝えようとするとこんなになっちゃいます。


もう一つはエディプス的なテーマが、洋の東西、時代を問わずに人の苦悩足り得る、ということが興味深かったです。
志賀直哉はギリシャ美学的なテーマを昇華しようと書き出したわけではなく、自身が体験した父との和解を書いたわけですから。
でも共通してしまう。
この辺りも文化、芸術の普遍性を示していてオモシロかったですね。

薄い本なのでやはり読んでおく1冊でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2009

碇君、非常召集・・・先に行くから@Rei,driving a Ferrari&しゅごキャラカレンダー2010来ました

Dv3
碇くん、非常召集(画像はクリックで拡大します)

Dv2
先、行くから

乗せてみたら乗ったので撮りました

予約していた「しゅごキャラのカレンダー」が来ました!
Am4_2

キャラなりした姿がないんだ・・・これは今年で終わるのかな?
あむちゃんも中学生だしねえ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2009

K-1WORLDGP2009FINAL@世界王者K1グランプリ決勝戦:最後は三日月蹴りでした

なんと言っても注目はアリスター・オーフレイムです。
緒戦はテイシェイラ、テンシェイラはロー蹴っての定石通りの攻めですが、あっさり捕まえると膝を決めてKO。規格外の強さです。
これは場合によってはヒョードルさんとやってもらいたい候補になるかも!
急に楽しみになりました。

一方、ライバル視されるバダハリは緒戦カラエフを喧嘩殺法で38秒KO
美しい闘い方じゃないけど、スピード豊かで迫力は抜群。
身体も大きくなってパワーも増しています。
ルックス、ムード、戦い方、バダハリはすべてに華があるよね。

シュルトさんの緒戦は、前蹴りで闘志に満ちたバンナを一蹴。
注目選手はみんな結構、順調です。

準決勝第一試合はバダハリvsアリスター・オーフレイム
事実上の決勝戦かな?
まあ勝つのはアリスターでしょう。
どの位強いのか見たいと思ったら、バダハリ、右の打ち下ろしでアリスターから最初のダウンを奪い、続いて左ハイキックでロープに飛ばす。
アリスターの体勢は完全に崩れていて2度目のダウン認定!
バダハリ勝ち!です
アリスター選手、打撃系格闘技は甘くありませんでした。
残念。

シュルトさんの準決勝第二戦はボンヤスキー相手
開始15秒、出会い頭の1発を食ってダウンするものの最後は長身を生かして圧倒、KO勝ちです。

結局、決勝はバダハリvsシュルト
この組み合わせならシュルトかなあと思ったら、初発、バダハリの踏み込みの速さに驚愕。
こりゃあバダハリだ、と思ったらシュルトの左ジャブでバダハリダウン。
分かっちゃいるけどシュルトさん手が長いわ。
それからも左ハイが首に入る・・・これ食って立っていたバダハリも凄い。
決め手は左ミドルがレバーブローになってバダハリKO負け。
レバーって効くのね。
デラホーヤvsホプキンス戦思い出した。

いわゆる一つの三日月蹴りでしょうか
美しい三日月蹴りの蹴り方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【多分】 普天間基地問題  【みずぽタンもビックリ】

みずぽタンの連立離脱も辞さない!(キリッ、
という姿勢に鳩山さん敬意を表しました。

福島さんにしてみれば、一応大臣もやったし、党首にも4選されたから、ここらへんで社民党の示し附けといたろか、って言うだけ言ってみたら、なんと真面目に応対されてしまいましたって感じだと思います。

案外、一番驚いてるのは福島先生じゃないでしょうか?
どうなんでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 04, 2009

捕まりました@一時停止違反

一時停止違反で捕まりました。
私は空いた道路だと少しスピードを出すこともありますが、事故を起したことはありません。
安全は視界からだと思っているので、クルマには野暮なデカルームミラーも付けています。
車線変更するときは必ず振り返ります。
今回も視界の良い、必要だと思う処で停止し確認しましたが、停止線はその前だったそうです。
でもそんな処で停まっていたら絶対に安全の確認なんて出来ません。

ちなみに行った先の地元の人に聴いたら、引っ掛け取り締まりをやるので有名な場所だったそうです。
良く見えるから実際に事故なんて起こったことがないそうですが、隠れる場所と誘導の場所が便利なんでやっているそうです。

この調子だからクルマに乗りたくなくなるんだよ。
クルマも買いたくなくなるの。
官製不況です。
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2009

【簡単】 OPスプレッド取引の一口暗記法 【入門】

今日の記事は日経225OP取引を始めたばかりで、コンビネーション取引に慣れてない人向けです。

OP取引には行使価格を分けたり、限月をずらしたりして行うスプレッド取引があります。
単体で取引するより利点がある・・・場合もあるんですが、ともかく順列組み合わせ。一杯あります。
各々に名前が付いていて、カレンダーやらリバースカレンダー、レシオコールベアだのクレジットだのというのを、損益グラフを見ながら覚えようとすると訳が分からなくなりそうなのでザックリと憶える方法を書いてみます。

まずその取引がデビッドなのかクレジットなのか?が重要です。
その1セットは、金を出すのか貰えるのかってことですが、行使価格違いにしろ限月違いにしろお金を貰えるなら正味売りのポジションです。
お金を出すなら、やっているOPは買い。
一般的にはボラティリティが上昇し、トレンドが継続(上でも下でも)する方に掛けています。

コールなら高きを売って低きを買えばトータルで買い、相場の上昇に掛けるポジションですね。
プットは低い方が安いので逆ですね。行使価格上を売って下を買えば、正味のプットは買いですからデルタはマイナスです。

限月利用なら当然、期近の買いで期先の売りならOPの売り方=リバース・カレンダー
期近の売りで期先の買いなら買い方です。

結局、単体でもコンビでも要はお金を受け取るならOPは売りで、コール、プット共、逆向きの思惑ですし、お金を払っているならその通りの思惑です。

そしてスプレッド取引の利点は、売り方ならリスク限定で、買い方はコストの低減です。

モチロン、相場への見通しと同時にIVへの注目は怠らないように。
IVの割安、割高と相場感が一致したらスプレッド取引のチャンスです。

ps
この記事の内容に関しては、ご自身でご確認の上、実際に取引するときは自己責任でお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2009

図解雑学 確率モデル 今野紀雄@確率モデルの理解を簡単に

伝染病の伝播など複雑な現象を解析する際、確率的なルールを組み込んで分析すると非常に効果的なことがあります。
この本は確率モデルの基本となることを、図解を使って解説しながら非常に分かり易く読ませてくれます。
ランダム・ウォークでの確率モデルや、方向性のあるパーコレーションの話はオモシロかったです。

世界を少しだけ数学的に見る見方が身に付いたかな・・・

以下この本からの覚え書き
1)方向性のあるパーコレーションはパスカルの三角形を使い、道の数はカタラン数列に一致する。

2)逆正弦の法則:1/2確率の試行を増やすと結果は0か100の割合が増え、間の50は減る。半々の運試しはどちらかに偏るのだ。グラフは逆正弦を描く

3)標本空間はΩ:全事象のこと 伝染確率はλと呼ぶ:臨界値は1.649
E(X)Eは期待値expectation,平均はm:mean
分散Vは確率変数のばらつき具合を表し、確率変数から平均を引いて二乗し確率を掛ける。
分散の正の平方根を標準偏差σ
標準偏差が有用なのは、分散の計算は途中で2乗しているから元の単位に戻せる為。

4)偏りのない試行の二項分布は回数を増やすとベキ分布から正規分布へと変わる。

5)2次元自己回避ランダム・ウォークの長さnでの道の数
2^n≦N(n)≦3/4*3^n
α≒2.64

d次元自己回避ランダムウォークの長さnでの道の数は
d^n≦N(n)≦(2d/2d-1)*(2d-1)^n
αは2d-1に近似していく

6)方向性のあるパーコレーションの臨界確率は0.6447近く
厳密な決定は未だなし

5)の説明が分かり難くて済みません。
でも全部書き出すと限がないので・・・オシマイ

ps
無限粒子系にこれほど未解決問題があるとは思いませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2009

宇宙を支配する6つの数  マーティン・リース@必読!エキサイティングな「数の物語!」

この宇宙の大銀河団から量子の世界に至るまで、際どく成立させているのは6つの数の奇跡的なバランスのお陰だったという、とてつもないことを教えてくれる1冊です。
著者のマーティン・リースは著名な宇宙物理学者なので、規範となる理論への理解が深く、よって語り口は縦横無尽。
何より自分が愛してやまない学問への驚嘆が伝わってくる為、読んでいると非常に想像力を刺激されます!

何故宇宙はこれほど広い必要があったのか?(この広さに無駄はなかったのだ)
誕生から今、何故、この時間であるのか?
原子と人と地球の大きさの比率に、奇妙な整合性が生じるのは何故か?

宇宙の膨張速度とか、原子核の核力なんて、我々の生活の成り立ちに何の関係があんねんって感じでしょ。
それがあるんだ!
これが僅かにずれたらとんでもないことになっていたんだ。
それから宇宙に構造をもたらした原初の揺らぎ定数。
もしこのさざなみが10万分の1を超えていたら?あるいはずっと小さかったら?
驚くべき空虚かカオスの叫喚になっていたのだ。

そしてなんと次元の話。
二次だ三次だと普段、深く考えることなくネタにしてますが、なんとこの世は三次元でないと成立しないのです。
プラトン立体とかファラデーの力線から三次元の優位さが説明出来ないなら、当たり前だと言わないように。

四次元生物、というか四次元の宇宙が存在しない、より正確に言えば存在したとしても、それが如何に不安定な物になるか、なんてことを簡単な数学で説明される過程は面白いのなんの!興奮の極み。

さわりだけでも書きますと、それはファラデーの力線で説明されるのですが、電子から惑星まで、中心にある物の回りを回るものは、電子なら電荷、惑星なら重力と遠心力のバランスで回るでしょ。
それが三次元だと力は距離rの逆二乗則に従う訳ですが、四次元になると逆三乗則になる。
三乗則だと僅かなズレで大きく違ってくる為、安定はなくなる訳です!
となるともし四次元宇宙というのが成立した世界があったとしても、そもそもそこに原子は望めないのでした。

さらに不思議なのが、宇宙の膨張スピードと重力のバランス。
100億年以上たっても未だ崩れない。
何故に?????誰かが支えているのか(笑
そんな訳ないんだけど、そんな訳あるような気もしてくるスリル。

金が貴重である理由から、時折発表される宇宙の広さが「最果てはどうしてどちらをむいても地球から135億光年先なのか」なんてことまで、この本には、薄っすらと感じていた、多くの疑問への解答が載っています。
何回も読み直したくなる、知的興奮に満ちた本でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »