« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 31, 2009

自動車会社がアニメに出稿する時・・・その時の問題点と解決法:PART1

昨日の土曜も忙しかったんですが、今日も終日書類仕事をしています。
疲れるよ。
そんな忙しい合間の心休まる時間がアニメタイム。
昨日は昼食時に録画した「しゅごキャラ」を観ました。
で、番組を見た後、2chを覗いたら、レスの進行スピードが張ってあって、NHK2局とテレ東以外の民放キー局4局を合わせた数の5倍のレスでしゅごキャラは進んでいる。
6局相手に5倍の量なんだから、番組単位なら30倍の訴求力ってことで、半端じゃないのは確か。

いや、それは2chだからでしょ、と言われればその通りなんだけど、2ch住人の平均像って30代から40代の会社員って発表なかったっけ?
確かに異常な書き込みも多いけど、これだけ一般化すれば「異常人だけ」が集まっているわけでもないでしょう。

その中に「この話、子供相手だと少しややこしくないか」という書き込みに、「DVDもグッツも買わない小さなお友達は相手にされません」と返されているのがあった。
確かにしゅごキャラのDVD、他のアニメより安いけど、子供はBOXを買うだとうか、と考えると買うだろうけど、大きなお友達の比率も高いのではないか、と思うのだ。(実際、私も買ったし)
子供がDVD欲しがったら、節約大好きなお母さん方が録画して自作DVD、という線も大きいと思うのだ。
で、最近耳にしたのが、トヨタとジブリの提携について。
一説によると、車会社の年間広告出稿の額に比べればアニメ1本の制作費なんて些細なモノであるようで、広告打つなら宣伝になるアニメを作っちゃえ、という発想もあえなくはない。

「だがちょっと待って欲しい」
アニメ、作るのは簡単でも当てるのは難しいんじゃないか?
特に狙いが見えていると、割引されて観られるだろう。
じゃあどうする、と言えばアニメの中に広告を出稿したらどうだろう?
今のしゅごキャラのCMは「なかよし」と「子供向けのオモチャ」と「予備校」と「ゲーム」だっけ?
なんで毎回観ているのに、はっきりしないかというと、HDDに録画しているからCMはみんな飛ばしてしまうんだよね。
民放のビジネスモデルはやっぱり大変だよね。
せっかくCM入れても飛ばされてしまう。
でも積極的に観てもらえるCMもある。
アニメキャラと組み合わせれば良いのだ。(簡単に作った物でイイ)
あむちゃんが、クルマのCMで、「買いたかったら買ったらイイジャン」、なんて言い出したら・・・子供と見て入るお父さんには凡庸なCMより効果があるのでは?・・・綾波レイが「多分あなたの3台目だから」、なんて言い出したら・・・相当な効果では・・・

今のクルマはみんな良く出来ていることは同じで、よほど趣味的な車種以外、なんで選ぶっていうと、値引きとか・・サービス?でしょ?違う?

結局それは消耗戦への道で、利益率の低減しか招かない。
それならアニメキャラを出したらどうだろう?

ただこれは諸刃の剣で、使われた車種に乗っているのはオタ、と見られる危険もある。
だからメインのCMでは使わない。
アニメ番組限定のCMにする。(ひっそりとやる。見てない人には知られないように)
大きなお友達は世間体を気にするからね。(気にしない勇者も最近増えたけど)

さらに効果のある方法は・・・長くなったので今回はここまで。
まだ仕事があるんで。
終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2009

【コンサートを】 安室奈美恵@BEST FICTION 【渇望中】

先月末に見た安室奈美恵のコンサート。
時間が経つにつれ忘れるどころか、また見たくなってきて仕方がない。
ああ、安室奈美恵のコンサートが観たい観たい観たいよー!
という訳ですが、名古屋や中国に行くわけにもいかないし・・・
で、そんな渇望を満たしてくれているのが、このベスト・アルバムです。

驚くことに、あれほど隆盛を誇っていたアニソンを駆逐してしまいました。
アニソン最強、敵なしだったのに、最近はこればっかり繰り返し聴いています。

正直、このCD&DVDは、出てすぐ買ったんですが、それほど聴いてなかったんだよね。
俺は「PLAY」の尖り具合にやられた口なんで、今更感もあってさ。
「PLAY」が気に入っていれば「PLAY」聴いていればイイジャン。

それからこのCD&DVDはジャケットの写真も好きじゃないの。
セクシー路線より、もっとハードな感じの安室が好きなんだよね。
だからHPのトップがWILD Drの黒いヤツに変わった今は嬉しい。
戦う少女ってイメージ?
確かに30才超えだけど、あの体型に年齢はないよね。
激しいダンスは戦闘モードを思わせます。

改めて聴くと、「Do Me More」から始まっていて、「・・Same Star」で感動して、あのコンサートの代替にはピッタリ。
ただ難点はDVDにするとダンスに見とれて仕事が進まないこと。
これがエヴァンゲリオンなら綾波レイが出てくるまでススむんだよ。
それからアニソンみたいに一緒に歌えないことですね(笑

DVDで気に入っている場所は、CAN`T SLEEPの出だしのシュラッグでテレるとことFUNKY TOWNでの指差しが一瞬ストップモーションになるとこ、WHAT A FEELINGのミニ・スカートが揺れるとこですね(笑
それからこのDVDの映像ではほっそりしている三角筋。
コンサートではもっと目だっていませんでしたか。
僅かな間にも進化しているのだろうか、namie amuroは。

次のツアーは必ず2回以上行きます。

ロックとクラシック中心に随分コンサート行ってきたけど、こんなに渇望感が芽生えたのは初めて。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 28, 2009

【DREAMS】 THE FINAL マンチェスターUvsFCバルセロナ 【COME TRUE】

25試合負けなし、2連覇を狙う最強チームと美しい夢を紡ぎ続けるチームが、頂点で激突、雌雄を決する日が来ました。今日はチャンピオンズ・リーグ決勝戦。
舞台は千年の都ローマ、スタディオ・オリンピコです。

試合はマンチェスターのペースで始まります。
開始1分、アンデウソンの突破がファールを誘い、C・ロナウドが強烈なFKを蹴る。
バルデスが弾き、詰めたパク・チソンがシュート。
それからもパワフルなマンチェスターはバルセロナのネットワークを寸断。

バルセロナはダニウ・アウベスとアビダル、両サイドの欠場が大きい。
C・ロナウドは6分にもミドル・シュート。
一方的か、と思えるゲームを一変に変えたのが、10分、センター・サークルでボールを持ったイニエスタ。1度シャビに当ててマークを外すとドリブル開始。
右に流れていたエトーにパス。
それが先制点になります。
エトー、最近、外してばかりで、正直、下手なんじゃないの?
これロナウドなら10点は取れた、と思っていたけどゴメン。
ほとんどスペースのないニアに蹴り込んシュートGJ
それからはシャビ、メッシ、イニエスタのmagicトライアングル完成。
シャビってなんであんなに完璧にボールを止められるのか?
シューズに接着剤でも付いてるのか?
小さい色白のイニエスタはくるくるくるくる回ってデカイマンチェスターの選手にボールを獲らせない・・・萌えキャラだよね、この人(笑

後半、マンチェスターはテベスを投入。
拮抗したらテベスこそキーマンだろうと思っていたで心配でしたが、覚醒したバルサはテベスをも完封。
凶暴なブルドッグみたいなルーニーにもゴールは割らせない。

後半25分、シャビのフィードは跳躍するメッシにピタリ。
自分より20センチは背の高いDFを振り切ってヘッドから追加点!

シャビなんて一見、小柄だし貧相に見えるし、老け顔なのに、なんて巧いの!
はあ、美しいわ。溜息もの・・・

それからのバルサはもう完璧な試合運び。
いつものリーガみたいでした。
終了。
サッカー・フィールドの見る美しい夢のようなチームは、それを現実のビッグ・イヤーへと結実させました。
オメデトウ、FCバルセロナ。
思い続ければ夢は叶う・・・そんなファンタジーが信じられる終幕。

ps
この日からこのチームは特別だと思っていました。すっと観続けて1年。
レギュラーシーズンをコンプリートしたのは始めてです。
来年、また同じチームが帰ってくるとこを祈って。
今はただそれだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2009

川村記念美術館に行ってきました@ジョゼフ・コーネルはオタクだよね。

テート・モダンから「シーグラム壁画」が来ているので川村記念美術館に行ってきました。
今回は妻も行きたがったので電車で。
佐倉の駅前から美術館へはバスが出ています。
私はちゃっちゃとタクシーで行きたかったんですが、駅前に出ると妻は、
「あ、バスの停留所がある」と歩いて行きます。
・・・何気ない反面、確固たる意思を感じたので私も付いて行くと、バスなら無料なのでした。
うーーーん、無料を前にした時の女性の意思は堅固です。
美学入門という本を読みながらバスを待ちました。
驚くことにバスは超満員。
走ること20分。昼前について付属のレストラン「ベルヴェデーレ」へ。
そこもすでにお待ちの人たちが沢山で、私は後悔。
食事はとっと済ませたい方なんですが、ことここに到ってはココで食べるしかない。
それにしても平日で、企画展はロスコだよ。
こんなに混んでいるとは思わなかった。
まさしくゴールデン・リセッション@日本

仕方が無いので待つ間、隣のミュージアム・ショップで時間をつぶしました。
妻はクッキーを焼く時に使う型を二つ買ってます。
ウチは子供が娘二人なんで良くクッキーを焼いてますが、型に拘るのが分らない。
クッキーなんて焼いてあればイイんだよ。
型なんてどうでもいいだろうが、と思う(←ロスコの理解にはココ大事です。)

やっと順番が回ってきて昼のコース料理を食べる。
まあミュージアム・レストランって感じでした。

それから美術館へ。
いきなりブラックが目に入り、シャガール、ピカソ、マグリット、レンブラント・ファン・レイン、エルンスト、マレービッチ、カンディンスキーと、みんな一目で分かるような代表作がならんでいます。

その中でも一際心に残るのがジョゼフ・コーネル・・・優しい引き篭もりのオタクな人。小箱に出来合いの写真や日用的な廃物を詰めただけなのに、溢れる詩情は天才だけが出来る業。
50年、早く生まれすぎたNYの二次元オタク。
惜しかったね。
後、半世紀遅く生まれていれば太平洋の向こうの島国に、きっと恋をしていたと思う。
コーネルに萌えアニメを見せてやりたかった。

それから暗い廊下を歩き、角を曲り階段を上がっていくと真紅の光輝くバーネット・ニューマンの「アンナの光」の部屋に行きつきます。
巨大な赤一色の絵画の前の椅子に掛け、じっくりと鑑賞しましょう。
川村記念美術館が誇るこの部屋だからこそ、モダン・アートの一つの頂点は視覚の絶唱を奏でられるのです。

ロスコとは何者か、どう観るのか、という記事は次回。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2009

2大格闘技祭り@TBSにあっさりノセられてますが・・・

内藤vs熊
中国の選手なんて何Rもつんだろう?あんまり早く負かしてもオモシロクないな、という懸念を熊選手は振り払いました。
ステップインが速く、強打してくるパンチにも威力がある。
小さい相手が1発狙いなんですから、内藤選手はジャブで入れない工夫が必要でしたね。

DREAM.9
サップvsミノワマン
押し倒されましたが、足関節で意地を見せました。良かったですね。

ホンマンvsカンセコ
40HR,40盗塁、スピードとパワーを両立させた身体能力は、そのモリモリの体形からも当時はアスリート新時代を感じさせましたが、ジュースドでした。
どんな素人かと思ったらいきなりのフックは度胸満点。速かったです。
でも素人でした。しょうがないよね。リアル・ファイトはホントに厳しいんだよ。

所vsカラム
この試合からホントの総合になりました。
3連敗中の所英男、かなり深く入れていた三角を解かれてしまう膂力が課題でしょうね。
とりあえず勝って良かったです。

川尻達也vsJ・Z・カルバン
この試合は楽しみでした。総合なのに打撃系に殴りこむ川尻、イイです。
一蹴するだろうと思ったけど甘くなかった。
試合は、打撃、組合いともに力感に溢れた展開でしたが膠着気味。
カルバンも強いもんね。
判定でも勝ったんだからOK。圧倒はしていたと思う。


山本KIDvsウォーレン
久々のKIDは、一撃必殺タイプからムエタイ風にモデルチェンジしていました。
レスリングのチャンピオンだったらしいので組まれたくないんですが、組合い。
上に乗られます。攻撃を止めないウォーレンはスタミナがありパワフルです。
KIDは立ち上がって1発欲しい。
ウォーレンのタックルは速くて引き込む力も強い。
KIDは蹴りを効かしてるけど、なんで殴らない?
10分の1R終了間際にまた上に乗られる。
2R、やっとパンチが入るけど倒れない。
また上に乗られる。
顔にはスター星がないんだけど強いな、ウォーレン。
どうしても組まれちまうな・・・上からパウンドも打たれる・・・
判定負け・・・しょうがないね。
次回期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2009

グローバル化時代のスポーツ報道について@新聞のスポーツ欄はどうあるべきか

私らしくない硬いエントリーですが、ぶっちゃけ西岡の試合結果報道してどうすんだ、ってことです。
西岡というのは日本のボクシングのチャンピオンで昨日メキシコでTMをやりました。
ファンの人は一日遅れで放映される今晩のテレビを楽しみに待っていたと思うのですが、結果は今日の朝刊にデカデカです。
お陰で一日働いた後の楽しみがなくなりました。

世はグローバルな時代で、衛星放送から世界の裏側の試合をみんな普通に楽しむようになっています。
それでも厳しいご時世で、スポーツ観るから仕事休むよ、とは言えません。
夜更かしだって、翌日の体調を考えれば出来ません。
そうやって働いてみんなが新聞代を払っていると思うんですが、無神経な報道をされると、取るの止めようかな、と思います。

時代は変わったんです。
新聞だけが情報源じゃない。
日経はよく、グローバル時代へ対応せよ、と高みからモノ言ってますよね。
それならまずご自分の会社の報道姿勢、考えた方が良いと思います。

西岡の試合結果、どうしても知りたかったらネットですぐに分るでしょ。
「だがちょっと待って欲しい。PCを持ってない人もいるのではないか」、
というご心配をなさっているのかもしれないけど、携帯はあるでしょ。
携帯もない方だっているかもしれませんが、そういう方はオタクの高価な新聞、取ってないと思います。

今回はボクシングの1選手の話題ですから、こんなにガッカリしている人、そんなにいないと思いますが、海外サッカーなどはファンも多いので注意した方がイイと思うよ。
もう「ウチが報道しないでどうする」、なんて傍迷惑な気負いは止めて頂きたい。
どうしても報道したかったら、翌日に回してください。
迅速、という点ではネットに勝てるわけないんだから、遅らせた方がずっと気が利いてます。
放映、他局だからイイヤと思うんならマチガイの元。
お金を出しているのは同じ人間。
その人が迷惑だなと感じる情報源は、いつか遮断されるのでは?

新聞離れが加速しているようですが、分る気がする。
もうダメからもワカランね、無神経は紙媒体はさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2009

ワンダー☓ワンダー@伝説の魔球に挑む:楽しかった巨人の星ネタ

魔球を投げる。
それはかつて「男の子」だった人達なら、一度は夢見たことではないでしょうか。
私は小学生の頃、夢中で「巨人の星」を見ていた世代なんです。
大リーグボールの秘密が明かされる回のマガジンの発売日なんて、書店に駆け出し気も狂わんばかりで飛びついていました。
そりゃ今考えれば、馬鹿馬鹿しいよ。
でもあの当時の梶原先生の説得力は偉大過ぎて、何を言っても「なんて科学的なんだあ」と平伏しておったのです。(そりゃ少しはオカシイとは思ったけど)
結局、俺の人生って半分は梶原漫画、もう半分は「ウルトラQ」で出来ている?
子供の頃の影響って大きいわ。
三つ子の魂百まで、だね。
今やすっかりサッカーとボクシング、総合格闘技で、野球はWBCの時位だけど、豪速球投手の球筋にはやっぱり惚れ惚れしてしまいます。
人のなし得る文句なく美しい運動の一つだと思うよ。

番組で明かされるマグナス力のとこはもう知っていたよね。
かつての野球大好き少年ならさ。
でも視野角の辺りは勉強になった。
それからナックルの辺りはなんとなく分った気になっていたのを整理してもらってありがたかったです。
そして消える魔球への挑戦。
これを真剣にやってくれたのは良かった。
町工場で凄いピッチングマシーンを開発している社長さんいたでしょう。
分るんだよ、あの気持ち。
出ていた学者さんも真剣に魔球を研究していて「男の子」だなあ、と感じたしだいです。ご両人共、夢を追いかけていて幸せそうだったのが印象的でした。
男ってさ、こうゆうバカなんだよね。
役に立たなくてもロマンを追わずにいられない。

それにしてもたった145グラムのボールを浮かすってあんなにハードル高いのね。
ロマンと現実の差の大きさに改めてビックリ。

それから250キロでクルマを飛ばすってやっぱり危ないね(笑
小さなボールじゃなくて、自分と1500キロの金属の塊を移動させているんだからさ。
オープンで飛ばしていてもそんなにスピード出してる感じしないんだけど・・・
不思議だけどそれが物理学上の真実なんだろうな。
そんなことも感じましたよ。
とりあえず続編、期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2009

サイド・ブレーキで死亡事故@動いた経験、私にもあります

ポルシェのサイド・ブレーキの引きが甘くて動きだし、止めようとしたドライバーが下敷きになる死亡事故が起こりました。(被害にあったドライバーの方のご冥福をお祈りします)
昨今、随分信頼性を向上させた欧州車ですが、こういう安全性への細かい配慮は日本車ほどでないので注意が必要ですよね。
私もマセラティ・スパイダーで、同じようなスロープの付いた駐車場の前で停まらなくて慌てた思い出があります。
状況はほとんど同じで、駐車場に着いた。
サイドを引いて発券機から券を取ろうとしたら動きだしたんです。
私の場合、クルマに乗ったままだったんで、すぐブレーキを踏んで事なきを得たんですが、これ降りて取りに行っていたら危なかったよね。
泡食ってブレーキ踏んで、サイドの引きが甘いのか、ともう一度力一杯引いたんですが、ブレーキ放すとまた動く。仕方がないので一回後ろに下がり、ブレーキ踏んだまま券が取れる位置に動かしてなんとか危地を脱しました。
それでコレじゃあ危なくてしょうがないので調整してもらおうと思ったら、何のことはない再発しない。
どうやら原因は雨だったからだったようで、晴れた天気、サイド・ブレーキが濡れてなければ止まるんです。
ホント、いい加減・・・まあマセラティにいい加減じゃなく作れって言っても虚しいか?
みなさんも気をつけましょう。
欧州車が坂道に止まったら下り方向にはいないほうがイイかも。
今回もサイド・ブレーキ、引いてあったことは引いてあったんでしょ?
よく調べてもらった方がイイですよね。

それから最近フェラーリのサイド引き忘れで、動き出したこともありました。
行った先の駐車スペースが狭くて、入るかなあ・・・入ってもドア開くかなあ、と心配不安・・・なんとか止められて、やれ付いたと思ったらお出迎えの方が見えたので、慌てて聴いていたアニソンを止めた。(やっぱり恥ずかしいんだよ、「コスって!オーマイハニー」を聴いているのがバレるのは)
それでそっちに気を取られて、荷物を持って低いクルマからよっこらしょ、って出たら瞬間動きだした!
どうしたかって?
念力で止めました・・・嘘です・・・スロープがほとんでないとこだったんで、押さえたら止まりました・・・良かったよ。
コッチは完全に引き忘れだったんだけどね。
でも普通の駐車場に止まるかなあ、という不安を感じていたことも遠因?
違うか?
アニソン聴いていたのが悪かったんだね。
萌え曲をさっきまで歌っているのを恥じる気持ちが悪かった。
クルマに乗る時は降りる瞬間まで冷静沈着に、ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2009

マリア・カラス最後の恋  @ほとんど神々同士の恋愛だけど幸せは何処に?

史上最高のソプラノ歌手マリア・カラスと海運王アリストテレス・オナシスとの恋物語をかなり忠実に映画化した作品らしいです。

歌手、成功すれば最も華やかな存在、仕事でしょうか?
それがポップシーンのモノでなく、クラシックはオペラの名花、それも歴史に残るような圧倒的な存在だったら、もう想像もつかない高みの人?、だよね。
富と名声だけでなく、国のトップとも対等以上に会える。
それで職場は、パリのオペラ座とかNYのメトロポリタン歌劇場。
みんな生涯に一度は行ったら一生の思い出になるような場所が仕事場で、その場所の全てのスタッフに待ち焦がられていて、久々に登場なんてなったら、総出で歓迎のお出迎え・・・もう凄いっての通り越してる生活・・・

一方のアリストテレス・オナシスも非常に大富豪らしい大富豪。
今はビル・ゲイツがトップなんでしょうが、オタクっぽいものね。
それが海運王。なんつーか分り易い金持ち。
デッカイ船を沢山持っていて、世界の海運を支配していて、もうこれ以上ないんじゃなのって人。

考えるとこれ以上キャラの立った二人っていないよな。
そんな二人の恋の舞台は紺碧に輝くエーゲ海で、オナシス所有の巨大客船みたいな自家用クルーザーに乗っている
スゲエ!
セレブたって、昨今のセレブって金持ち有名人なんでしょうけど、一抹の笑い者感があるでしょう。
それがこの二人にかかると、セレブって単語自体に安っぽさを感じさせるのが感無量。
舞台がエーゲ海だけに、二人はほとんどアフロディーテ(美を生み出すって意味で)とポセイドンの恋って言っても大げさでない?

でも内実は、浮気をなじり合い、嫉妬に苦しみ、仕事も家庭もドロドロ。
なんていうか人間、ここまで頂点を極めてもまだ幸福じゃないのね、という感慨も浮かびます。
マリア・カラス役の人もオナシス役の人も似ている気がして、ロケ場所も忠実でリアリティがあったんで余計にそう感じる。

まあみんな大変だってことさ。
だから今週土日も仕事だけど、文句は言わないってことで(←自分のこと)
あー、でも海運王になってエーゲ海のお城みたいな別荘に住んでみたいな。
不幸でも大変でもイイからさ。
そんな感じの映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2009

故障したフェラーリは包帯を巻いた綾波レイ@中村うさぎ/ってありえないから

故障したフェラーリがローダー(クルマを運ぶ専用のトラックのこと)に上げられた姿は儚く美しく、まるで白血病の美少女を病院に担ぎ込むがごときで、その姿を拝むことはまさにオーナーの喜びだ、という清水草一さんの言葉を受けて中村うさぎさんが、「それは包帯を巻いた綾波レイですか」と言ったそうです。


私はフェラーリも綾波レイも両方好きですが、まったく理解不能です。
包帯を巻いた綾波レイの美しさは幾ら見ていても飽きない聖画、至上の美ですが、Dvc00013
自分のフェラーリが故障してローダーに乗せられたら、考えることは一つ、
安くすみますように、安くすみますように、安くすみますように、あんまり高かったら売っちゃおうかな、売っちゃおうかな、ということだけ。

自分のフェラーリが故障してローダーに乗っけられるなんて、美しい処かある意味世界で最も忌まわしいもので、願わくば絶対に見たくない姿の一つです。

愛が足りないってことなんでしょうか?
でもフェラーリ、素晴らしい車なのは認めますが、所詮クルマでしょう。
自分が楽しんでナンボ。
清水さん、フェラーリを女王様、女王様と連呼し、オーナーは女王様に仕えする下僕と言ってますが、これも分らない。
クルマがオーナーを楽しませるものでしょう?
違うの?
ぶちゃけ、フェラーリに乗っている間は、綾波レイのフィギュア、画像、DVDを持っていてはならない、ってことになったら私はフェラーリ降ります(笑
代わりにランボルギーニに乗ります(嘘です

でも実際、アニメvsフェラーリの戦いならフェラーリに勝ち目はないわ・・・
レース付けるって言われても嫌だな。

ただここで不思議なのは360スパイダー、後2年位乗ると3年間でザックリ緒経費プラス、今はめっきり安くなった下取り損益で500万以上のマイナスになる?
じゃ逆に今あるエヴァとレイちゃんのフィギュア、全部で500万で買うか、っていうと買わないよな。
その辺が不思議。
人間が経済合理的でないな、と思う瞬間です。
でもかなりの高値でも買うかな・・・選んで・・・どうしても手元に起きたいフィギュア、2.3点はあるもんな・・・画像も手放し難い・・・

やっぱりクルマの趣味って高いよね。
高価な原材料(アニメやフィギュアに比べれば)と多大な制作費が掛かってるから、別にクルマメーカーボロ儲けってわけじゃないんだけど、他の楽しみが安過ぎるのか。

大事にMSのサーバーとUSBメモリに保存している画像も、ネットからみんな無料で獲ったんだもんな。
コッチはただだもん、生活賭けて自動車産業やってる人では競争にならない。

うーーーーん、ネット時代って楽しみが圧倒的に安価になった時代かもしれない。
これじゃあ不景気じゃなくてもやっぱりクルマは苦しいわ。
と、思うんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2009

悪人 吉田修一 @なんとパワフルな純愛小説か!

発売と同時にベストセラーとなり、書評子から一般読者にいたるまで大評判となった小説です。一般読者とプロの書評子を同時に喜ばせるのは大変なことです。
私もすぐに購入したんですが、読んでなかったんです。
読み始めてすぐにあんまり暗い雰囲気なんで嫌気がさしたんですね。
吉田さんの描写力があり過ぎて、「餃子の臭い」まで漂ってきそうで、不快でならない。

今回最初から読み直したのですが、感動しました。
なんとも厭らしい女性と男性と気が効かなすぎる一人の悪人の話は後半、サエナイ一人の女性の登場で一変します。

そして始まるとてつもない純愛劇・・・
私は恋愛小説ってあんまり読まないんですね。
恋愛自体、それほど信じてないもので(←このことについては長くなるので略)

『それにしても殺人は、やっぱり相手にどんな理由があっても許せないよな。
この小説で、被害者が悪者になるという風潮が少しでも出たら嫌ですね。
だから娘を酷い目に合わせた男を殴りにいく父親を心底応援しました。
スパナ、いいアイデアです。
私も二人の娘の父親なので、是非思い切り殴って欲しい、と思いました。
それでこその復讐のカタルシスが味わえる。
だから腰砕けになった場面は少しお利口さんの結末で、ガッカリしました。
やっぱり人間腕力頼み、そんな時はありますね。
背中の痛み、ほとんどなくなったので、またウエイト始めます。
娘二人はいまの処真面目に生活し勉強しているようですが、このご時世、何時被害にあうとも限らない。
そんな時は容赦しません。
復讐は綿密に計画し、果断に実行します。
捕まらないようにやるつもりですが、いざとなったら逮捕だなんだ、怖いものなどありません。
スパナを相手の頭へと振り下ろす瞬間は、きっとフェラーリを飛ばす時よりイケルはず。
傷害で逮捕上等。刑務所でもどこでも入りますよ』

さて上記、『』内でバカな感想、書いているでしょう。
小説はフィクションですから、その論評として、殺人者への同情を起こさせるのは如何とか、自分の娘が被害にあったら云々という話をするモノではない。
でも読者にこういう強い思いを起させるのが真のフィクションの力なんです。
この小説は、一つの殺人事件を中心軸に、多数の登場人物が描かれますが、その全ての場面でのリアリティが半端ではない。
それぞれの登場人物の思いが強く切迫してくる。

だから終盤の純愛劇が心に焼き付く。
孤独だった二人が握りあう手と手の熱がたまらない。
吉田修一、恐るべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2009

ストーリーの迷宮 阿刀田高@狂気を外側から描く作家の今回は、

阿刀田高は冊数から言えば私が最も読んでいる作家だと思います。
文体が都会的で洗練されていて非常にスマートで洒落ています。
そして怖い。
でもその怖さはジム・トンプスンのように読んでいて、コイツ、イッちゃってるだろう、という狂気が内包されているような怖さではなく、冷静な外科医が狂気という術野を切り広げたかのような、明快な光に満ちた怖さ。
この方ほどクールに狂気と恐怖を語る人はなかなかいないと思います。

この本はそんな阿刀田さんが過去に読んだ「夢十夜」、志賀直哉、民話からモーパッサンまでをモティーフに書かれた短編集です。

夢か記憶か現実か、はたまた以前読んだフィクションなのか?という迷宮を彷徨わせるアイデアはヨロシイと思うのですが、肝心のキレはイマイチ。
阿刀田作品ならもっとオススメ沢山あります。

それでもラストの一編、表題にもなっている「ストーリーの迷宮」はオモシロかったです。さすがですね。

印象的な一文の覚え書き@神々は笑う、から
「プロメテウスが人間に知恵を付けたので、ついには神様を否定したり核エネルギーを開発したり、宇宙の果てを探ったり、クローン人間を創ったり、まさに神を恐れぬ文化を発展させたけど、大神にしてみれば想定内のなはし。
-なーに、また争いのりんごでも投げればすぐに殺しあうだから-」

「ギリシャ芸術には、音楽の精神、すなわち混沌と陶酔を蔵したディオニュソスの深淵が隠れている。アポロ神とディオニュソス神によって象徴される二つの芸術衝動の相克と統合によってギリシャ悲劇は栄えた。それをソクラテスが克服する。ディオニュソスが滅びるとアポロも滅びる」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2009

【コレは】激奏ver長門有希フィギュア【傑作だ】

すっかり【】で括ったエントリーばかりです(笑
気に入っちゃった。

一昨日、アマゾンで村上春樹の翻訳本買った直後にメールが来て、ハヤっと思ったら、ご注文の商品発送しました、とのメール。
ええ、今、買ったばっかだよ。
最初は確認メールなのになんで、で開けたら値段5997円、とある。
本は1700円位だったはず?
これはまた冊数間違えたか、と焦ったら、ずっと以前に予約を入れていて忘れていた長門有希のフィギュアでした。

出ると知った時はすぐに予約したんですが、熱も醒めていて、ちょっと今さらなあ、と思ったんですが、昨日届いたのを見て良かったと思いました。
素晴らしいクオリティです。
うつむいた表情もカワイイし、ギターも弦まで貼ってある。
ギターから配線してあるエフェクター踏んでるのも工夫。
Dvc00165
(変な場所で撮ってますが、ウチの2階の渡り廊下です。今日は曇っていて光量足りないんで)
赤いジャケットのエナメル調を思わせる塗装も綺麗。
ネックレスもしていて、ミニスカートの回りのベルトもイイ。
長門は三体目だけど(綾波レイは25体ある)最高の出来ですね。
これはデスクの上行きだわ。(一番のお気に入りはPCの脇、デスクの上に乗る。今のこと綾波レイが2体。なんとなく愛でたいのはベット脇の本棚。コッチは綾波3体)

それにしてもこんなエントリーばかり書いてる俺が「人の尊厳」、なんて記事書いても説得力ない?(笑

という事は気にしないで、これから「お気に入りフィギュア鑑賞シリーズ」を書いていきます。後は綾波レイばっかりだけどね。
画像シリーズが絵画鑑賞なら、フィギュアは彫刻鑑賞ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2009

【総統閣下も】男の子牧場@テレビみたいなSNS【お怒りのようです】

独身男性を家畜に見立てるSNSが批判されています。
当然ですよね。
政治家が国民を家畜に見立てて、高所得高額納税者~保護援助対象なんてやった牧場作ったら一発で政治生命終わり。
人に対して人として尊厳を持って接する。
これ近代市民社会の要諦ですから。

でも日本人男性になら何を言っても良いという風潮。
本来、テレビのお家芸で、それが今のテレビ離れの要因の一つと思うのですが、インターネットの上場会社がやるとは思いませんでした。

ネットを見ていて思うのは、今の若い男性たち、もう求められることに疲れているんですよね。
低成長社会になれば当然だと思います。

それからこれを本気の婚活と思っている人に、長らく家庭生活を続けている先達としてご助言申し上げることがあるとすれば、幸福はスペックの中にはありません。
現実って厳しいから。どんなに高スペック男性でもギリギリってことあるから。
相手に対して敬意がなければ破綻は即効です。
敬意ってのは何も三つ指ついてお出迎えってことじゃないよ。
相手も人間なんだって認識を忘れないことです。

企画したのは女性ですが、二人の娘の親としては男性の方々に全ての女性がこういう人間でないことだけは分って頂ければ幸いです。

それからこれをご覧の女性の方に簡単に好感度を上げる方法(=本当にモテル方法)をお教えします。
どんな相手に敬意を持つことです。
あなたに比べれば遥かに低スペックと思われる相手にも敬意を持つこと。
付き合えとは言ってません。
振るの、断るの大いに結構。
でもゴメンネと言って振りましょう。
男性も一生懸命生きている人間。
これを忘れないように。
本当の高スペック(人格、人柄という意味ね)男性は、そういう女性を見逃しません。そしてそういう人だけがあなたの本当のベターハーフになってくれます。婚活があるとすれば、この心情がまず一歩目です。
相手を家畜だと思えば、相手もあなたを家畜だと思うのは理の理。
嫌でしょ。

かなり笑える動画です↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7051028
是非、ご覧あれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2009

綾波レイの名画鑑賞 第1巻扉絵&アニメのOP

エヴァンゲリオンのコミックス第1巻の扉絵です。
アニメのオープニングにも使われていましたね。
エヴァはこの絵から始まっているわけです。
Dvc00166
赤い色調をベースにした背景に黒いラインがクロスし、その後ろに包帯を巻いた綾波レイが片手を挙げています。
黒い枠は窓の珊でしょうが、後の運命を考えれば、十字架をイメージするのが妥当でしょう。
赤い光は燃えているようでもあり、飛び散った鮮血のようにも見えます。
どちらにしろ彼女の華奢な骨格と合わせて、幸薄い境遇と過酷な運命を暗示しています。

赤い瞳は揺ぎ無いものですが、虚ろです。
唇は小さく閉じられ彼女のキャラクターである沈黙を象徴しています。

頭に巻かれた包帯と眼帯の傷ついた姿は、人類の原罪を背負って磔刑に処せられる聖人へと繋がるイメージですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2009

【やってる人は】ウエイトで背中を痛めました【気をつけてね】

最近は、すっかり萌えキャラブログになってますが、運動もしています。
ただ背中のダメージが抜けなくてウエイトはしていません。
というか出来ません。
思えばマシンを良いヤツに変えたらそれがスムーズで張り切ったのが運の尽きだった?
人間万事塞翁が馬ってヤツですかね。

最初は右肩が痛かったんですが、無視して続けたんですね。
それから左の脇腹が痛くなって、それでも無理してやっていた(少し重量は落としたけど)
そしたら左肩周辺が痛くなったので、少し休んだんですが、休むと上がらなくなるでしょう。
それが嫌で痛みが少し引いた時、調子に乗ってやったら、もうその日から痛いのなんの。
さすがにこれはアカン、と思ってそれからやってないですが、これがシツコイ。

今では痛みはほとんど治ったんですが、まだ背中の真ん中が痛い。
もう一ヶ月以上もたつのに退かない。
ここまで来ると治っても、以前ほど上げるのは無理なんだろうな。

あーあ、ゴルフとかサーキット走行とかクルーザで釣りとか、スキーとかマリンスポーツとか贅沢言ってないのに、それすら出来ないなんて・・・
マシンを使ったウエイトなんて世界で1番安全な運動だと思ったのにな。
やっている人がいたら気をつけてクダサイネ。
絶対に無理しちゃダメ。
多少上がったって誰も褒めてはくれないんだからさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2009

【奇跡の価値は】バレロ25連続KOで2階級制覇vsピタルア【何時分る?】

ボクシングの華がKOなら25試合やって全戦KO勝ちって選手がいたら伝説クラスのスーパースターだ。
しかも弱い選手相手に記録だけ作っている訳ではなく世界まで、それも今回の試合で2階級を制覇した。

それでもそのレコードほど人気が盛り上がらないのは、ファイトスタイルが変だから。
ボクシングを見慣れた目なら明らかだ。
バレロは顎を上げたまま口まで開けて、体は相手に正対気味、腰を引いたまま手打ちのパンチを連打する。

普通、ガードを下げたまま顎を上げていれば1発もらって終わりだし、手打ちのパンチに破壊力なんてないのが道理なんだが、バレロがやるとあら不思議。
超速のハンド・スピードとスッテプ・イン、さらに野生の当て勘が加わると、相手はダイナマイトに吹き飛ばされるようにリングに崩れ落ちる。
防御は野生の素早さのバック・スッテプだけなんですけど、攻撃力があまりに凄まじいので相手が打てず無問題となる。
階級を上げた今回も1R、開始1分でチャンピオンをコーナーに追い詰める。
2R開始そうそう引っくり返して後は殴りまくって終了、TKO勝ち。
ホントに階級上げたの、って位あっけなく勝つ。

レコードだけ見ればバレロの残している結果はまさに奇跡だ。
ではその価値は?
それが問われ評価される日が早く来ることを祈っている。

具体的にはパッキャオ戦かなあ・・・
パッキャオvsバレロ。
方や幾多の名勝負を勝ち続けた伝説の英雄で、方や圧倒的な記録を残した数字の世界の圧倒王者。

勝った方が、復帰戦を終えたフロイド・メイってことでヨロシク。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2009

【しゅごキャラ!!】 プーチン閣下来日 【どきっ】

【読む前の御注意】
今日の記事は、毎週土曜の朝9時半から放送中の「しゅごキャラ!」というアニメの歌詞を使っているので、見ていなと意味不明かもしれません。
でも「しゅごキャラ」、「なかよし」連載中の漫画だから、見ている層はプーチン閣下に興味ないか・・・
逆にプーチン閣下とローゼン麻生の会談に興味のある方は「しゅごキャラ」見てないだろうなあ・・・ということは誰が読むんだ、ってことですが・・・

「クールで強くて、カッコいい、イケてると言われてい」る、プーチン閣下来日です。
世界で最もクール&スパイシーな「キャラなり」をしている人ですが、どんな「しゅごキャラ」が付いているのか興味あります。
ともかく怖いですよね。「彼は死神だ@佐藤優の傍にいたロシア人の言葉」
本業はKGBだったとかで、怖い世界の本物の方。
ブッシュになら靴を投げられても、プーチンには投げられないよな。
モノホンで命の危険が(笑

願わくばプーチン閣下の心を
「ほんとはそんなでもないし、フツーにおっさんだもん
プレッシャーなんかはねのけて、すなおになりたいんだけどな。
キャラじゃないとか、いわれたって、あたしのこころアンロック@こころのたまご」(リンクで歌に飛びます
という具合に解錠して、とっとと北方領土返還してもらいたいものです。
それにはイクトばりのイケメンじゃないとダメか・・・

これが主人公のあむちゃんです。
5157g2b05ywl
カワイイでしょ。
59b578ecaebfa52b269791fc
萌え要素バッチリ。
Ad02d4d771b363cba144df87

さすが現代のティツィアーノと呼ばれている(俺が言ってるだけですが)
PEACH-PIT様の御作画です。

「しゅごキャラ壁紙」でググルと素敵なサイトにロックオンします。
オススメ!
リンク先は中国語のサイトみたいだけど。
ロシアと中国にいいようにされてるよな、日本。

隣国の首相を死神とか、こういう記事書くと消されたりしてね(でも俺が言ったんじゃないから)
明日にはこのブログなくなってるか、あっても書いているのは別の人かもしれません。

あ、誰か来た

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2009

バルセロニスタ・カンタービレ、失望と不安の終幕@カンプ・ノウ

クラシコに圧勝しCLでも決勝進出を決めたFCバルセロナが、リーガ優勝を賭けての1戦でした。
リーガじゃ負ける気のしないバルセロナですから、10万人を飲み込んだカンプ・ノウは試合開始前から大変な声援でお祭り騒ぎ。

試合はアンリ欠場の穴を埋めるように、左サイドからケイタが先制。
それから果敢に攻め込むビジャレアルが同点としますが、エトゥ、ダニウ・アウベスが逆転、追加点を入れて3-1.
ボールも支配して優勝へのカウントダウンが始まったと思いました。

全席ぎっしりと埋まったカンプ・ノウの三階席から見下ろされるショットは圧巻で、そこにウエーブが走り、声援は一段と音量を増し、まさにフェスタです。
さあバルセロニスタ、カンタービレ!
美しいプレーを1シーズン続けたチームに乾杯、と誰もが思った後半77分にアビダルが1発退場!
PKで3-2にされるとバルサの選手達に隠しようもない疲労の影が覆いだします。
みんな身体が重そう。
メッシもイニエスタも体力の最後の1滴まで絞りだしているようなヨレヨレプレーでボールキープ。

ペースは次第にビジャレアルで、もう時間の経過だけが頼り。
逆に好プレーを続けるビジャレアルは躍動し、終了間際にはバルセロナのゴールに同点弾が吸い込まれました・・・

・・・だから試合のやらせ過ぎだって言ってるじゃないかよ
人間がやってるんだから、少しはペース配分ってのも考えろや!

グラウディオラは大した力量だと思いますが、少し経験、長い目を持つ必要があるんじゃないでしょうか。
カップ戦までやっているんだから、少しは先発変えてだしても良いんじゃないの。
ボージャンとかグジョンセンとか、暇そうじゃないか。

イニエスタなんて終了間際には顔色真っ青。
怪我するし・・・ああ、もう超ガッカリ。
これでCL欠場ってなったら、なんの為の1年だったか。
もう国王杯はメッシだすな。
みんな休ませろ。
リーガは適当にやってれば優勝するから、全てはCL決勝に掛けろ。
割り切りが必要だよ、このチームには。
ダニウ・アウベスも出られないんだろ@CL決勝。
どうすんだよ。

ps
前半、ビジャレアルのFWとビクトール・バルデスがハイ・タッチしたシーンは良かったな。
互いの好プレーを認め合う瞬間。
ビジャレアルは引き篭もりプレーをしなかっただけでも立派。
これがプロというものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2009

ありのまま起ったことを話すと、ファッション通信見ているつもりだったら、マクロスFを見ていた

GWは土日も含めて4日しか休まなかったのに、今週は土日も仕事だった。
昨日も疲れて風呂に入ろうと思ったら、ゴマジョーと呼ばれる次女が入っており、入浴も出来なかった。

リヴィングに降りて(窓が裏側にあって庭が見えるので風呂場は二階に作った)BSデジタル番組表を見たら「ファッション通信」があって、アレキサンダー・マックイーンのショーを見始めたら次に隣りの局で「マクロスF」が放送しているのを知った。
長島自演乙がやっていたので、ランカ・リーのCDは聴いている。
「星間飛行」は自室やクルマの中で歌ってもいる。
キラッ☆とやりながらステアリングを切ったり、外国為替の注文のクリックをするのは結構難しい。
「マクロスF」は初めて見た。
髪の毛が耳みたいに揺れるランカ・リーも可愛いじゃないか。
毎週見ることにしよう。
これで毎週見ている番組は、「エキサイト・マッチ」に「コロンボ」「CCさくら」「しゅごキャラ」に「マクロスF」だ。
萌えキャラが出ているか、格闘技じゃないと見る気がしなくなっている。

何を言っているかわからねーと思うが、オタクになったのは確かなようだった。
萌えは催眠術とか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃ断じてねえ
もっと楽しいモノの片鱗を味わってるぜ。

・・・お粗末

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2009

NHK見て思う未婚化は進むかもね&働きすぎのFCバルセロナと安室ちゃん、綾波レイの素敵なトランスAMV

FCバルセロナが随分試合をしています。
4月25日にバレンシアと戦ってから3日後にCLセミ・ファイナルをチェルシーとホームで。その4日後にクラシコで、そのまた4日後にチェルシーとアウェーで。もしかして国王杯もやっているんでしょうか?

全部録画してありますが、完全に付いて行けたのはバレンシア戦まで。
カンプノウでのチェルシー戦とクラシコはまだ前半しか観ていない。
アウェーのチェルシー戦は全く観ていない。
仕事も忙しいし、「CCさくら」とか「しゅごキャラ!」観ているからだと思うのですが、観る方が付いて行けない日程をやっているってどうなんでしょうか?
まあCL決勝は勝って欲しいけどさ。(勝っても日本には来ないけどね)
鉄人ライブを続ける安室ちゃんともども、どうかお体だけは大切に、と応援しておきます。

それにしても幾ら酷いファールを受けても自分からは絶対仕掛けないイニエスタに萌える今日この頃です。
後半も早く見なくちゃ、明日はビジャレアル戦があるものね。

それから最近、聖REI AYANAMI様の記事書いてないことに気づきました。
小説のネタが1本あるんですがまとまりません。
でも良い動画を見つけたので紹介します
MADの編集も趣味が良くバックの音楽も良いでしょ。
トランス系って気取ったイージーリスニングじゃん、と冷ややかな目で見ていたんですが、この曲は良いですね。

最近は週1で放送があるCCさくらちゃんや日奈森あむちゃんに浮気していますが、やっぱり最高はレイちゃんですよね。

一昨日だっけ、PC上の仕事しながらNHKテレビ聴いていたらまた未婚問題取り上げていて、その中で独身女性の本音とか行って座談会やっていたんですが、出てくる話は年収の事ばかり。
正直、本音なんでしょうが、萎える。
終わった後、なんだか虚しくなって思わず机上のレイちゃんのフィギュアを手に取ってしまいました。
台座に少しホコリが溜まっていたので拭きました。

それにしても綾波レイのAMV,世界中のオタクが作っているのね。
ファン、多いんだな。
三次元の女性のみなさん、少し本音は隠さないと「男性にとって恋愛はそれほどオモシロイものじゃない@オタキング岡田」、という言葉、ますます真実味を増しますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2009

血と暴力の国  コーマック・マッカーシー@それほどのモンですかね・・・

この作品は、アカデミー賞主要4部門他、各国で幾多の賞を獲った映画「ノーカントリー」の原作であり、著者のコーマック・マッカーシーは「ザ・ロード」でピューリツァ賞を受賞したことを始め、現代で最も重要な作家ということです。

でも個人的にはあんまりピンと来ませんでした。
独特の文体は個性的ですが、読んでいてもなんだかスカスカと通り抜けてしまう感じ。
サイコ・クライムノベルなら、呪術的な幻惑に落ちて行くようなエルロイや、ふいっと隣りに座った隣人の冷たい狂気を感じさせるトンプスンの方がずっと深いと思うのですが・・・
骨格は「シンプル・プラン」に似てますよね。
でもアッチの作品のコンビニ店の店長の方がずっと怖かったな。

レクターに匹敵する悪の造形とされた「シュガー」も浅い浅い。
レクターが評価されたのは、殺人鬼という属性を通して、類稀な美意識の存在を示唆できたからで、シュガーはスーパーな能力の持ち主であることは分っても、単なる狂人にしか見えない。
この程度の存在ならトンプスン、沢山書いてませんでしたっけ?

途中の経過を書かない決着の付け方は多少の工夫と思えますが、それならその後に続く物語の意味も不明です。
単なる蛇足としか感じえず、効果的とは思えませんでした。

まあ日曜に映画観ますから、比べてみましょう。
コーエン兄弟の辣腕に期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2009

レンタカーで乗ったS180型クラウン、インプレッション&日本で乗る高級車の限界について

京都駅からホテルかみきたまでと、ホテルから大台ケ原まで乗ったクラウンのレンタカーについてインプレッションを書きます。
1)燃費に感動
大人3人が往復320キロ乗ってリッター8キロでした。
昨今クルマの雑誌とか買わなくなっているで、良く分らないのですが、私は感心しました。長距離は燃費が伸びるものですし、酷い渋滞にも嵌まらなかったのですが、北上村の近辺は本当に山また山で登り下りが多かったので随分良いなあ、と感じました。ハイブリットでなくてもこの高燃費は◎だと思いました。

2)V6エンジンの不等間隔爆発(←合ってる?)
家族に限らず人が乗っている時は飛ばさないのですが、それでも何度かフル加速を試みると意外や控えめながら明確にビートが伝わってきます。
スムーズ感もかつての直列6気筒ほどではない感じ。
でもV6の方が横置きとか出来て汎用性が高いんでしょ。
高級車なら確かに直列が良いのかもしれません。BMはまだ直6だよね?

3)飛ばす気の起きないハンドリング
山道でのハンドリングのフィールは曖昧で、攻める!という気にはさせません。ファントゥドライブという感じはしませんでした。

4)広大ではない室内
FRというレイアウトのせいかEU型シビックなどで体験した広々感は希薄です。
昔のクルマ、って感じですね。まあ充分は広さではありますけど。

5)狭い全幅はさすがに「日本の高級車」
北上村の道路は本当に狭い場所があり、そんな処でのすれ違い時は本当に助かりました。
ここレクサスのLSとかSのベンツ、BMの7じゃ大変だと思う。
思い出してみるに、ロータスやユーノス、ポルシェ、バイクのツーリング軍団、は沢山走ってましたが、BMは3まで。レスサスはISまでだったかな?
ISはホテルで2台位見ました。
ベンツのSやLSは見なかったですね。


結論
まあクラウンと言ってもマジェスタやアスリートじゃなく、ロイヤル・エクストラというヤツの2年落ちの旧型で4.9万キロ乗られたレンタカーですから、これでクラウン分った積もりになられても困る、と言われればそれまでですけど。

それでも日本で乗る高級セダン選びは難しいですね。
フェラーリは横幅デカイから不便だよ、というのはしょうがない。
気晴らしに乗るクルマで、狭い道なんか走るな、ってことだから。
でもお金があるから高級セダン買うよ、でSのベンツ買ってもいざそれを使いきろうと長距離ドライブで大台ケ原に行ったら、そのサイズ、持て余すと思います。
高級セダンは贅沢なフィーリングの上に立った実用性が肝心で、そのクルマで行くと持て余して不便、というのでは本末転倒。
この辺が狭い日本で乗る高級セダンのジレンマだよね、というのが結論です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

大台ケ原に行ってきました@山道クタクタ&温泉は良かった

NHKの「雨の物語」から、「世界で最も多雨で、ジブリ世界もかくやという森」を見て行ってみたくなったのでした。
早朝に起きて電車でGO
同行は妻とゴマジョーと呼ばれる次女で、受験生となるニャースに似た長女は妻の実家から塾通いです(笑

私の旅は、電車、飛行機に乗るとすぐ読書が決まりですが、今回は席を一杯まで倒してひたすら睡眠に努めます。
大台ケ原、すごく不便な処にあるんですよね。
新幹線で京都駅まで行ったらそこからレンタカーで3時間なんです。
Dvc00169
遠かった・・・そして山道山道のクネクネ道・・・丁寧に運転したんですが、妻と次女はクルマに弱いんで、酔って大変でした。
イメージとしては京都市内を少し走り奈良行きの高速へ。
そして山道という感じを予想していたんですが、延々下道。
名前だって東熊野街道だよ。
後半はともかく峠道峠道で、長いトンネルを幾つも幾つも潜らされ、中にはホラー映画に出そうなトンネルまで通らされ、偽りなしの秘境でした。

高速は京奈和の短い期間のみ。

ホテルは「ふれあいの郷 ホテルかみきた」に取りました。
私は温泉音痴で、風呂なんて入れればイイんだよ、という方なのですが、さすがに良さが分りました。妻と娘はとても喜んでました。
かみきたは、懐石料理も良かったです。
都心の1流店というわけにはいきませんが、どの品も良心的に一生懸命造っている感じ。刺身や但馬牛は水準でしたが、普段は嫌いな山菜の天ぷらも食べられた。
筍ご飯も普段は食べられないのですが、裏に畑があるそうで、獲り立てを丁寧に調理してあり柔らかく臭みがなかったです。農作物の獲り立ては美味しいよね。
それで値段もリーズナブル。「この値段、パークハイに見習って欲しい@妻」
Dvc00188
さて大台ケ原には西ルートと東ルートがあるのですが、より自然の残った入場制限のある本格派、西コースの入場許可を取り挑戦しましたが、妻と次女は早々に退散。
Dvc00173
私は沢まで行きましたが、限界でした。

ほとんどこれ忍者の世界だよ。

それから一般的な東コースに行って御仕舞い。
帰る頃には、それらしく雨まで降ってきました。

ホテルに帰ってからは例によって読書(「血と暴力の国」読破。後は「フーコーの振り子」)
2泊とも早寝してました。
疲れた~
でもたまには良いよね。
外を歩くのもさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2009

【呆然】何処まで強いかパックマン、ヒットマンを2RKO【唖然】パッキャオvsハットン

「雨の物語」で感動した大台ケ原に行ってきまして、さっき帰ってすぐHDDレコーダーのスイッチを入れました。
観るは当然、この試合です。
幾多の名選手を打ち倒してきて今や伝説の領域に達しつつあるマニー・パッキャオが、今回はリッキー・ハットンに挑戦します。

試合は、剃刀の切れ味で踏み込むパックと、闘志剥き出し前進あるのみのリッキー・ハットンのモノですからどう考えても一直線のぶつかり合いでしょう。

そうなれば後は物理の問題。
二つの物質が激突した時、勝つのはどちらか?
重量の重い方ですね。
それが道理というものですが、試合が開始されるといきなりパックの右が当る。
それが光速。
物凄く速くて、瞬きの間にハットンの顎を打ち抜く。
ハットンはまったくガード出来ません。
向き合えば両者、身体の厚み、大きさ共にハットンの方が明らかに大きいんですが、小さいパッキャオのパンチは獰猛で素速い。
そして残酷なほどの角度が付いている。

1Rに二度のダウンを奪うシーンではただ呆然とするのみ。
2R、クリンチとプレッシャーで回復を図ろうとするハットンに、利き腕である左がハンマーとなって一閃。
ハットンを長々と、まさに棺おけ入りさせるような格好に伸ばして終了・・・気絶したハットンの表情は忘れられないものとなるでしょう。
どんだけのパンチ受けたんだよ、と。

運動方程式は良く見れば
F=ma(力=重量*加速度)
威力は重量に比例するのですが、加速度が掛けられるのですね。
パックの速度が圧倒したというこでしょうが、人間同士、チャンピオン同士なんだから、スピードはそれほど違わないと思うんですが、(それゆえに階級差が付けられているんだから)それを乗り越える。

イヤー、スゴイわ、パッキャオ・・・恥をさらして書きますが、この試合、ハットン勝つと思ったよ。
でも私、書いてない時も試合前は予想しているんですが、結構当るんです。
ただパッキャオの試合は当ったことがない。
なんとならば、パッキャオ、いつもこの相手には勝てないだろう、という相手に勝ち続けているからですね。
凄いわ。
驚いた。
これでフロイド・メイ復帰ですか?
これはビック・マッチでしょう。
これに勝ったら、「私の伝説のボクサー入り」です。
ちなみにもし入ったら黒人以外で初の私の伝説入り(今のとこ、アリ、タイソン、ハグラー、シュガー・レイ、ロイ坊、フロイド・メイだけ。厳しいの。「俺の伝説」、に入るのは)
でも夏休みには、ヤラナイデネ。
見るまで情報遮断しているの大変なんだから。
今回は知らずに見れましたが、クラシコの方は帰りの山手線内でいきなり男の子が話し出して知ってしまいました。
親の家行ったら読売にしっかり載ってるし・・・(嫁売り市ね)
旅行中は見られないんだから、みんな黙ってようよ。
こんな時だけ報道するな!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2009

私をスキーに連れてって  @この映画は日本の見た夢だったのかな?

87年の映画なんですね。
当時の日本も沢山の問題を抱え、みんなそれぞれ大変な事、多々ありだったと思うのですが、今観ると夢のように楽し気な若者たちの生活が描かれています。
会社が終わったらタイヤを替えてスキー場に一直線。
仲間はロッジを借りてパーティをしていて、ゲレンデでは純な出会いがある。
相手の女の子もプリンスで部屋借りて、何気にシャンパンが置いてある。

派遣村とか、公務員最高とか、自殺者三万人とかという話は全くない(また電車止まってるよ)

私はこの出演者とほぼ同世代だったんですが、憧れを持って見ていました。
布施博にそっくりのノリの軽い友達がいて、女、食いまくりだったなあ、なんてことを思い出します。(そうでなくてもスキーやってる男はモテタよね)
当時私が何をしていたかというと、2ストのバイクで狂ったように飛ばしては部屋に篭って読書・・・驚くことにこの辺は変わってない(笑
いなくなったのは布施博的なキャラの人?
ヒロクン、自殺しちゃったけど、運命なんとなくその後の日本を象徴してますか?
布施博も訴えられたしね。

これから日本はバブルの坂を一気に登り詰めて転げ落ち、以来20年近い停滞の時期になるわけです・・・
この映画からは、熱狂前の、もう何でもありという浮かれた雰囲気が伝わってきます。

今や若者はスキーどころか(今やスキー場はオージーと中華の国の人のモノ?)クルマにも興味を無くし(雪山を飛ぶセリカと運転する原田貴和子がカッコイイ)、掲示板で男女は「残飯、中古」「萌えオタ、キモイ、年収低い」とか罵り合う・・・(←大分偏見入ってます?)


原田知世の笑顔はひたすらに可愛い(長女によると、これは萌え系でロリ系だね、だそうです)
無垢で純情そのもので、ほとんどこれは日本のヘップバーン。となるとこのお伽噺みたいな流れは日本版「ローマの休日」か。

この頃は綾波レイもいなかった・・・というか日本は二次元萌え、綾波レイを必要としていなかった。
目の前の相手に恋が出来たのかもしれない。
バイク屋さんも呉服屋さんも会社員(正社員当然、というかそれ以外いない?)もお医者さんもみんなピカピカでお気楽、極楽って感じ。
楽しい映画だけど、昨今の世情から比べると隔世の感いなめず、寂しさも感じます。
でもいい夢だから観てない人は観て見ましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2009

悲しみよ こんにちは F・サガン@なんとまあ・・・美しい倦怠と空虚・・・であることよ

わずか17才の少女が書いた1編の小説が世界を席巻したことがあったらしいです。
少女の名はフランソワーズ・サガン。小説の題名は「悲しみよ こんにちは」
舞台は地中海を望む南フランスの別荘地、
そこで繰り広げられるまばゆいほどの日々・・・父親と娘と二人の愛人のストーリー・・・
その少女の気持が揺らいだ時に起される残酷な罠と悲劇の結末・・・

登場人物がセシルとかシリルとか言うので、男の方はついて行き難い?とも思われるかもしれませんが、内容は大したデキです。
小説の最初と最後の繋がりなんて、すでに手練の完成度。

印象派の画家のような軽いタッチで描かれる海と風と光の描写は、どことなくカミュやサルトルにも通じてます。
やっぱりフランス繋がりってあるんでしょうか?
文化的、民族的な基盤を感じます。

やっぱり人間、夏休みは5日まで、なんて言っていたらダメだね(←私の場合)
GW、まだ1日も休んでいません・・・明日も仕事です、ていうかもう10日、休んでません、なんてのは美しくないよ(←私の事です)

この登場人物たちは2ヶ月のバケーションです。
時間だよなあ・・・豊かさも文化も芸術も時間が生み出すものかも知れない・・・なんてことも考えますなあ・・・

「わたしは存在していないみたいだ。わたしは型にはめてしまえるなにかで、・・・わたしが自分自身を愛せないようにしてしまう・・非難や良心の呵責のなかに落ち込んで、自分自身を失ってしまう」
心に滲みる言葉です。


仕事漬けか失業のどちらかしかない日本に、「空虚な倦怠」という甘い果実はあるかしらん・・・アニメの中かな←結局、そこかよ(笑
綾波レイは美しい空虚だよねえ。
日本人だから倦怠はないけどさ。

たまには良いんじゃないでしょうか。
こういう小説で欧州流のデカダンを味わうのも。
と、思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »