« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

September 30, 2008

【キッチリ】NY!想定を超える下げ!【ヤラレテイマス】

昨日のNY,下げましたね。
私は昨晩、夜の7時からネット・セミナーを受けていたんですが、途中から欧州時間の株式市場が暴落と、チャット欄に書き込みがあり、そのまま別ウインドウで動きを見てしました。

個人的には日経先物、ずっとデルタ・ロングなんでやられております。
暫らく前からシステム、買い、買い、買いのサインが出て、それにしたがって買い建てを積み増して来ましたから、今日の急落でさらに含み損増大です。
今年、コツコツ積み増してきた利益もふっとぶ含み損だよ・・・
やっぱり怖いね投機は!
ロスカットはしていないのか?というとしていません。

先物の買い、私には4パターンあるんですね。
1)新規上昇トレンド開始・・・新たな上昇サインに乗るときは機械的に180円のストップを入れます。
2)上昇トレンドの押し目買い・・・上げてきた相場の調整局面で買うときのストップは浅く取ります。そしてLCと同時に売り新規入りますが、このパターンの時は売り買い売り買いと何度もロスカットさせること多いです。
このパターン、気持ちはメゲルけど、実際LCする金額は小額なんでトータルはそれほどでもないんです。そして上手くすれば新規トレンド最初から取れますしね。
3)急騰時に乗る買い・・・買い遅れたって時に目をつぶっての買いですが、この時のストップは深く取ります。かなり大きなトレンドと見ているので、ネバリます。
4)ボックス下限での買い・・・私のシステムではトレンド判定に時間の要素も入れているんですが、この買いの時だけストップは入れない。
今回の買いはこのパターンなんで4回の買いすべて引きずって下げられました。
少しの戻りでリミットなんで1度でも上がってくれれば玉を軽く出来たんですが、目標値に届かず。
逆にここまで下げたら新規買いの注文だけ約定し続けてしましました。

それでも想定元本でのレバレッジ2倍以下なんですけど、もう新規では買いません。
今日も起きて、NY見て、シカゴ見て一度新規成り行きの買い注文入れたんですが、取り消しました。
注文していれば儲かったんですけどね。

私は常に投機は低レバでって言っているのは、今日みたいな日にいそいそ買いに行けるからなんですけど、何より重視する資金管理ルールが一杯でしたから。

だって買っていたら儲かってたのは、結果論でしょう。
もし買って、約定したとたん関東大震災きたらどうする?
NYで核テロ起こったらどうするってことです。

でもパターン4でこんなにハマッタ記憶ないです・・・今日みたいな日は必ず買いで入っていけたのが私の強みだったんですけどね。

で、今後どうするってことですけど、LCはしません。
新規の先物売りも当面しません。(もし売るとしたらこの下落局面が落ち着いたらです)
じゃプットOP買うかっていうと、これだけIV上がっていますから買いません。
ならコールを売るかっていうと、これまたシステムは当面今が底値って指示なんだから売りません。当然コールの買いもしません。プット売りなんて冗談じゃないです。

よってしばらく静観ですね。

為替は前回の暴落で拾った玉は全部処分していたのでコッチはまあまあです。
一時、みんな玉がなくなり寂しかったんですが、うかつに手を出さないで良かった。
ただ昨夜のNY時間でノルウェー・クローナ18円ジャストが約定していました。

現状はそんなとこですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2008

夜間にF1を公道開催するシンガポールと、失言?で罷免させられる大臣の国

今晩、長き伝統を誇るF1レースでも、史上初の夜間公道グランプリがシンガポールで開催されます。
私のブログに一切F1の記事がないことからも分かるように、私はF1にまったく興味ありませんが、それでも今晩だけはちょっと見たいと思います。
だって公道で夜のレースなんてエキサイティングでしょ。
それを実現させたシンガポールのダイナミズムってスゴイよね。

日本じゃ絶対ありえないし。
やろう、なんて言ってもまたエコに反するとかなんとか言い出すヤツラがいるんだろうな。

日本は大胆な構造改革が必要だって、マスコミは言うよね。
でも非効率な官僚機構改革やったりするには、しっかりとした力の背景がいるでしょう。
あの程度の発言で首になる大臣に、大胆な改革の実行、望む方が無理じゃないでしょうか?

まあもう別にイイケドね。
話をF1に戻すと、私がF1に関心がなくなったのは、日本メーカーが全く勝てないからです。
サッカー日本代表に関して、私は負けてもしょうがないと、かなり甘口です。
それはサッカー、プロ化されてまだ歴史浅いし、日本で運動神経の良い少年の半分は野球に行くからです。
野球日本代表には、少し厳しくなります。
だって日本、野球には長いプロの伝統があるし、ずっとアメリカの次に強いのは日本って教えられて来たからね。
そして厳しいというのを通り越して、弱いと危機感すら感じて目をそむけたくなるのが、日本メーカーのラリーやレースでの成績です。
欧州から見れば遥かなる極東の島国、日本の作る内燃機関は他を隔絶し、断然圧倒するほどの高性能!
こういう時だけが私の快感です。
だからホンダがF1で勝ちまくり、1、2、3フィニッシュとか、年間16戦中、15勝なんて時は熱中して見ていました。
我らが物造る民の生きる道ってここにしかないじゃないですか!
それで負けてどうする?
負けて不快というより、存在の基盤が脅かされているようでコワイです。

フェラーリ乗っているからF1もフェラーリってこと全くないです。
イタリア人の作った美術、音楽は好きでも義理はないし。
でも360スパイダーは良く出来ています。
シャープなハンドリングに、何よりエンジンが8500回転のレブリミット目がけて駆け上がる時、二次曲線的に爆発するパワーとサウンドは、やっぱりスゴイよ。
でもなんでホンダやトヨタにこの程度のモノが造れないのか?
デカダンな曲線に満ちたデザインだけは無理だと思うから、それだけイタリア人にやらせれば、内部だけなら出来るんでしょうね?
フェラーリは大したクルマだと思うけど、日本車みたいな安心感はないので、出来たら日本製のこういうクルマに乗りたいです・・・これも実現しそうにないけど・・・

もうイイんだ。
クドリャフカちゃんのフィギュアも届いたし。
Dvc00149
カワイイーでしょ。
レイちゃんと仲良くやってもらいと思います。

ps
今見ているんだけど、ライトアップされたF1って失神するほどカッコイイな。
なんだかVFXの世界をリアルで再現って感じ・・・完全にやられたな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 27, 2008

日教組教師と学問好きの先生の思い出&マスコミの報じる先生今昔記への個人的違和感

自宅から100mの処へ小学校があるんで娘二人はそこへ通った。
ただ心配だったのが問題視され始めていた教師の質。
昨今は随分問題のある先生も多いらしいとマスコミが散々騒いでいたからね。
正直、私は小学校時代の教師にあまり良い思い出はない。
今なら絶対に問題になるであろう、早熟な女子生徒への抱きつき、親の職業を誹謗嘲笑する教師もいたし、生徒の身体的欠陥をあげつらい、笑い者にする教師もいた。

あの当時よりレベルが低いとなると難儀なことがあるかもしれない、と思っていたけど、二人で計10人の先生にお世話になった感想は、非常に良好なものでした。
金八先生みたいなスーパー教師はいなかったけど、みなさん常識的な社会人で、真面目に働いている普通の良い方ばかりだった。
まあ運にも恵まれたんでしょう。
・・・確かにマスコミなどで話題になるショウモナイ教師もいるとは思う。
でも今の教師はレベルが低いなんていうマスコミの論調に、個人の狭い体験範囲ですが、ちょっと疑問も持ちました。

では良い教師とはどんな方だろう、と自分の過去を振り返るに、あの先生は良い先生だったなあと思いだすのは、結局自分の教えている学問が好きで熱意のある先生ですね。
数学の教師なら数学が真から好きな先生。
結局、教師って学問を教えるのが仕事ですものね。
国旗を掲揚して、君が代を強制して、学校に政治を持ち込むな、なんてことを言う先生方がいらっしゃいますが、私個人の狭い範囲の体験では、教えるべき学問より政治の話題ばかりしたがったのは、いわゆる日教組の教師たちでした。
某先生は、ともかく授業時間の間、ほとんど如何に日本の政治社会は酷いかという話に終始し、社会党と共産党礼賛の話が続くんですね。

そして日教組教師というと思い出すのは中学時代に君が代を歌って怒鳴られたことです。
その日は、友人5.6人と放課後教室でたむろっていて、何かきっかけか忘れましたが、ともかくみんなで君が代をちょろっと歌ったんですね。
別に国威発揚とか日本国民である栄誉とかを感じて歌ったわけではまったくなく(日本人であることの恥は散々教わりましたが、誇りの類は教わった記憶がないもんで)なんかの流れで軽い気持ちというかノリで歌い始めたら、普段から少し変わってるなって教師がたまたま聞きつけて血相変えて飛び込んで来た。
もう震えるほど怒っていて、そんなおぞましい曲歌うな、なんて怒鳴るんですよ。
コッチはビックリ、呆然ですね。
おぞましいも何も、国歌でしょう?
なんか悪いことしていたんならともかく、君が代歌っただけで怒鳴られたことにビックリで、意味ワカンネーってことです。

まあ振り返れば、国旗掲揚、国歌斉唱反対派の人だったんでしょうね。
だからそれから時代がたって、日本代表サッカーの試合で、6万人の大観衆が声を揃えて君が代を歌っているのを聴くと、感無量で胸が熱くなります。

マスコミもいい加減にした方がイイよね。
テレビ局も、新聞も最近景気悪いんでしょ。
自分達で自分の国の首絞めているのが遠因であり、根本的な問題だと思うんですけどね。
日本の首を絞めたい人がマスコミの中の人なんなら納得ですけど。
私は自分の国がヤバくなることは、結局、自分の生活に跳ね返ってくるんで、嫌ですけど、
それにしても、朝日毎日TBSはともかく、個人的に好きな日経とNHKにはガッカリだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2008

フェルメール展特集、OTTAVA meets Vermeer&芸術の秋ですね

OTTAVAでフェルメール展を記念した放送をしています。
PCでの軽作業中のバックグランドにちょうどイイのでオススメします。

川村美術館のモーリス・ルイス展も見たい。
芸術の秋ですね。
仕事は忙しいですけど。
ロスコ・ルーム、暫らく行ってないので再訪ついでに、と思ったら、な、ん、と、マーク・ロスコ軍団、来年の2月までロンドンへ出張です!
川村は遠いからなあ・・・これはジョゼフ・コーネルがあっても微妙ですね。
どうしようかな・・・

勉強もしています。
こんなことやって明日に繋がるのかなあってことやっています。
でも繋がるんですよね。
直接は繋がらなくても、間接的には必ず繋がる。
幸田露伴の努力論には「その場の直接的な努力より、間接的な努力が重要」とありました。
また「努力は功の有無によって、すべきや否やと判ずべきでない。努力は人の性の本然であるからすべきなのである」ともあります。
慶応3年生まれは言うことが違います。

実際は疲れて、仕事なんて放り出したいんですけどね。
ホントは毎日、遊んで暮らしたいーーー
そんな疲れはレイちゃんとクドリャフカちゃんの画像で癒されています。
クドリャフカちゃんのフィギュア、買っちゃおうかなあ・・・

これから腕立て100回やって、30分勉強して寝ます。
ではでは皆様のご健勝をお祈りして今日は終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2008

レギュラー・シーズンでも見るべきかも? 美しいサッカー、FCバルセロナ

酒は飲まないし、民放地上波のテレビもほとんど見ないんだけど、本も読みたいし、映画も見たい、ボクシングと総合格闘技は見逃したくない、なんて言っていると、サッカーもチャンピオンズリーグの決勝トーナメントと日本代表戦位で良いや、となる。

何より仕事も勉強もしなきゃいけないからね。
いくら世界1ですって売り込まれてもスペインの国内リーグをそんなに追っかける気にはなれない。
リーグ戦だとどうしても、後がなくなるトーナメントと違って緊張感が希薄になる気がするんだ。
スポーツなんて追い込まれた緊張感を味わうもんだと思うからさ。
リーグ戦って、どんなスポーツに対してもあんまり燃えないんですよ。

でも今回のS・ヒホン戦で見せたFCバルセロナのサッカーは、文句なく美しかった。
左サイドに、アビダルが壁のように立ちはだかり、そこから前線にパスが流れると、そこはもう流麗なバルセロナ劇場!

メッシにシャビ、イニエスタにエトゥー、交代でボージャンと面子にまったく不足なし。小柄なスーパーテクニシャンたちがドリブルにパスにシュートに見せまくる。
メッシから出されたパスを決めたイニエスタの体の動きはホントウのmagic!
ボージャンからシャビに流されてメッシに行ったシュートへの展開はまさにart!

文句なく美しいサッカーだよ。
今晩深夜にはベティス戦がある。
予約録画したよ。

基本リーグ戦は見ない!
というマイ・ルールに今年のバルサは例外を作るかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 23, 2008

DREAM6ミドル級グランプリ@クールになりたい&エキマの試合は勘が当ったんだよ

やっぱりDREAM、オモシロイですね。
TBSってのがなんですけど。
今日は昼食事にUFC見て、トレーニングしながらエキサイトマッチ見て、夜はこの番組に合わせてスケジュール組んでいました(笑

ワニ男、ジャカレイがあんな負け方をするとは思いませんでしたが、あのタイミングで蹴れるのも才能なので、ガレシックは楽しみです。

マヌーフに勝ったムサシは動きがシャープでナチュラルな強さを感じました。

ハリトーノフは久々の登場で懐かしい。
この人も貴重なタレントだと思います。

ミルコはUFCでダラシナカッタんで、オーフレイムに期待しています。
ノゲイラとヒョードルは結果だしましたから、やっぱり見劣りします。

ヒョードル様の天覧試合でしたが、萌えですね。
静かな表情が、やっぱり他の格闘家とはモノが違う感じ。
雇用統計の時、俺もこういう表情で取引がしたいです。
メンタルだけでも見習いたいよ。
ヒョードル、ヒョードル、ヒョードルみたいに沈着に、と自分に暗示を掛けたいと思います。
バーナンキ師匠、楽屋、入りましたね。

ps
カサマヨルとマルケスの試合は、ちょうどバイクトレの前に始まったので、11RTKOマルケス勝ちと予想して見ていたんですが、カサマヨルが予想以上に巧くて、マルケスが踏み込めなくて、これは大ハズレって思ったら、ピッタリでした。
マグレですけど、まったく見通しがなかったら当らないんで嬉しいです。

リーマンの欧州部門とモルスタのアジア部門を野村と三菱UFJが買収しましたが、良い方向に向かうと良いですね。
日本の金融機関にもしっかりしてもらわないと。
金融だって欧米に絶対に勝てるよ。
アングロサクソンに立ち向かえ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時間はどこで生まれるのか  橋元淳一郎

「時間」とは何者なのか?
アリストテレスの古代から、カント、ハイデッカーなど人類の歴史上、そうそうたる知性が延々と問い続け、考え続けた難題に、今、相対性理論と量子力学の確固たる知識を元に、日本を代表するハードSF作家が挑戦した1冊です。

橋元潤一郎さんは、私が理系分野で最も信頼し、同時にそのイマジネーションに感服する著者です。

まず大概の理系オタクにとってはすでに相対論も量子論も分かった「つもり」になっているだけだったことを非常にハッキリと説得させる、第2章と.3章が素晴らしい!

そこで明らかになるのは、相対性理論が明らかにした、「空間は虚数軸上の存在である」という点と、量子論があばく、時間の「非実在性」です。

私のブログでコレだけ読んでも、なんのコッチャ、でしょうが、橋元さんの本では懇切丁寧に極めて堅固に形成された、旧来のニュートン力学、ユークリッド空間とデカルト座標に慣らされた我々の常識を覆し、新たな科学が明らかにした、真実を教えてくれます。

ミンコフススキーの空間では空間座標軸は虚数で表記される!
量子力学では電子跳躍が離散的にしか供述できないのは、計測技術が至らないせいでなく、その本質が離散的なのだ、なんてことをしっかりと納得させてもらえるだけでもこの本読む価値あります。

そして後半は、そうした科学知識をもとに、エントロピーと意思、ということに問題は至ります。

生命の生き抜こうという意思こそが、宇宙を支配するエントロピーの増大に対抗し、その葛藤が時間を生み出す!

上記一文は、これだけ読んでもまた意味不明と思いますが、この結論に私は同感できました。

前半の科学的知識ガチガチから、どこかロマンティシズム溢れる結論に至る過程には、当然賛否はあるとは思いますが。
真摯な考察のなされた「時間論」として、オススメ出来る1冊です。

相対論は時間も空間も可変であり、光速だけが絶対とした。
かつて人には時間の観念はなく、獲物と襲撃者の速度だけがあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【カワイイ!】能美クドリャフカ・・・【危険?】

ゲームキャラです。
Photo
基本ゲームはやらないですが、「わふー」ってのがカワイイんだよ。
まあ見てくれたまえ

モルスタ救済の話しなんてどうでもいいから。

以下、ウィキより転載@能美クドリャフカ
祖父はロシア出身で祖母が日本人のクォーター。愛称は「クド」、真人や葉留佳には「クー公」「クド公」などと呼ばれる。テヴア共和国出身で、出生国での名は「クドリャフカ=アナトリエヴナ=ストルガツカヤ」。
南方の生まれ故か寒いのが苦手で帽子とマントをいつも身に着けている。
日本贔屓である祖父の影響を多分に受けており、日本文化に日本人よりも詳しく行動も誰よりも日本人的。しかし英語は大の苦手で、英語で話そうとしても間違った内容や発音になってしまう。その容姿と中身とのギャップに少々悩み気味(彼女自身は「外国っぽく」なりたいと思っている。英語で話そうとするのもその一環)。
学校で行われるような試験は苦手だがレポート形式でじっくり考える勉強は得意らしく、通信教育で単位を取りすぎたため一学年飛び級している。真人とは気が合うらしく筋肉関係の話でよく意気投合する。
風紀委員が世話している犬(ヴェルカ・ストレルカ)と仲がよく、休み時間になると彼女たちと遊んでいる。
また、クド自身もどことなく犬っぽい。
廃部寸前の家庭科部に所属し、パッチワークが得意。好きな食べ物は海藻系。
普段から折り目正しい丁寧語で喋っているが、語末の動詞を「連用形+ます」ではなく「終止形+です」と話す点が特徴である(例:買います⇒買うです)。また、「わふー」という口癖がある。

だ、そうです。Rito18

俺はどこで道を誤ったんだろう・・・?
こういう趣味はなかったんだけど・・・
いや、今でもリアルじゃないですよ。
二次元だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

取るに足りない殺人  ジム・トンプスン ノワールというより悪夢

すっかりノワール小説界の大御所となったジム・トンプスンの原点ともいえる作品です。
私はどんな作家でも処女作って好きなんですね。
なんだか余計な技巧や、バリエーションの入る前、その作家の原点、一番言いたい事が、生の形で表現されているような気がします。

そしてこの本を読んだ感想としては、ともかく「怖い小説」だった、ということです。
人の暗黒面を描く、ノワールミステリー。
確かにその範疇に入る1作ですが、ともかく読んでいる間中怖い。
何故か?
ホントはそれほど度胸もないのに、悪いことやっちゃった主人公の気持ちの揺れがリアルで、身につまされるんですよ。
モシ、オレモ、ワルイコトヲシタラ、コンナコトニナルノカナ?
って思わされるんです。

例によって主人公は悪知恵に長けた小悪党です。
超人的な知能も体力も技巧もないタフでもない、凡人が一つの犯罪に手を染める。
そしてそのホコロビを何とかしようと足掻く、トンプスンお決まりのパターンなんですが、後期の作品ほど狂ってないんで、なんか一歩間違うと俺もこうなるかもってリアリティを感じる。

そしてその悪夢の展開が見事なんです。
次から次へと起こる、あるいは近づいてくる奴等が異常なほど厭らしくて、これは地獄だ、と思う。
目先の金と欲望に踊らされる現代の地獄を、これほど鮮明に書ける作家はそうはいないよ。
この本、道徳の副読本にするとイイよ。
読んだ後なら絶対悪いことしようと思わなくなるんじゃなかな(笑


「無に等しい人間として生きるのがどんなことか。そんな人間が、なんとかまともな存在でありたいと願う気持ちがどんなものか。人に殴り倒されそうになって、ビビルのがどんなものか。そいつが殴りかかってくるのは、あんたが何かをしたからではなく、あんたには殴り返せないことが分かっているからなのだ。ただ、あんたが泣きわめくのを見たいから殴る」
凄い文章でしょ。真実が書いてあるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2008

【最短】腕立て伏せ100回への道【簡単】

男性が体を鍛えようと思う時、最もポピュラーなのが腕立て伏せでしょう。
でも実際にやりだすと大変なばっかりで回数伸びないでしょ。
そこで今日はこの腕立て伏せで100回を達成できる最も簡単は方法をお教えします。

まずジムに行きます。
高級な会員制のジムなんかじゃなくて結構、公共の安い所へ行きましょう。

そしてウエイトトレーニングをするわけですが、ウエイトは体各部の筋肉別に色々なトレーニングがあります。ただソッチについて書き出すと切が無いので、今日は腕立てに効くベンチプレス&チェストプレスにつてのみ書きます。

まずフリーウエイト、バーベルを挙げるベンチプレスはしないようにしてください。
ベンチに寝て、ウエイトをバーにつけてやる一般的なヤツですね。
アレは限界に挑戦する時、介助者がいないと危険なんです。
ギリギリでも上がらないと、その重量はあなたの上から圧し掛かってきます。

そこでウエイト・リジット式という、ピンで重さを調節できるマシーンのみ使います。
一番少ない重量からで結構ですから10回挙げてください。
10回挙げたら、ピンを一つ上に上げてまた10回。
それも上がったらまたピンを1つ上げてまた10回と5セットやります。
5セット目ではもう10回上がらないとなったら、上げられるだけで結構です。

この運動を5セット目まで10回を目標に、じょじょに上げて行きならが、週に2回以上、出来たら3回続けます。
腕立て伏せは一切しません。

最初は情けないほど挙がらないかもしれませんが、気にしない。
すぐに「神経系」が発達し、挙げられる重量はドンドン増えます。
ここでポイントです。
「神経系の発達」
ウエイトのマシーンに取り組むと、最初のうちは挙げられる重量がドンドン増えます。
しかし筋肉量はそれほどすぐには増えてません。
なら何故急速に挙がるようになるかというと、ベンチプレスという運動に、筋肉の神経が適応していくのです。

それで5セット目が60キロ×10回くらいまでいったら、翌日腕立て伏せをしてみましょう。
はい、びっくりすぐほど効果がないですね。
20回くらいでへばると思います。

でもご安心を。あなたにはすでに筋肉はついています。
さっき言った神経系がまたついていっていないだけなのです。
また翌日やってみて下さい。
30回は出来るでしょう。
筋肉痛にならないかって?
なりません。
ウエイト慣れすると、筋肉に疲労感、張りは起こっても筋肉痛はあまり経験しなくなります。

60キロ10回が上がるなら、腕立て、やればやっただけ急速に神経系がおいつくので、50回は楽勝で出来るようになります。

後はウエイトと交互にやっていけば100回はすぐです。
このやり方の肝は、まず筋力だけをマシーントレーニングで楽に付けてしまうことにあります。
腕立てだけで筋力付けるより遥かに楽です。

そしていったんはハマルとウエイトトレーニング、スゴク楽しくなります。
旅行などに行き、マシーンに触れないと重いもの持ち上げたくてしょうがなくなります。

そして怪我や病気などをした後では、腕立て伏せが出来る幸せをかみ締めることが出来るようになります。

また人生、学歴も社会的地位も経済力も関係ない。
その一瞬の生死を分けたのは腕力体力だったってこともないとは限りません。

腕立て100回を達成できたら、それ以上やっても無駄なので、今後は拳で腕立てをする拳立て、あるいは足を椅子やテーブルに乗せて付加を加える方法も試してみてください。

ps
腕立てのフォームは、両腕は肩幅。両足は開いて、が良いです。
それでしっかりと屈伸させてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2008

トランスフォーマー  @アメリカのオタクは半端じゃない!

この映画、公開当時のCMでは、突っ走る自動車が、ガチャガチャとロボットに変身!
なるほど、アイデアですねえ、でもこのロボットの形、日本でやっている子供向けの変身合体戦闘ロボットみたいのに、よく似ているなあ、と思ったら、原案が、アメリカでヒットしたタカラトミーの玩具・アニメーション・コミックシリーズだったんですね!

後はスピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイのVFX大作なんだから、アクションと変身シーンだけ見てお仕舞いかな、と思ったら、上映時間が145分とある!

ヘンシーン!っての見て終わりの映画にしては長いでしょ。
間が持つのかな、と思ったのは杞憂でした。
スピルバーグとかマイケル・ベイクラスになると、もう何でもきるのな。

砂漠での戦闘シーンから、もう陰影と迫力に満ちた本格派で、青春のほろ苦シーンもセリフ段階から手抜きなし、追っ掛けっこであっという間に時間が過ぎ、でもこれでストーリーも切れスジかな、と思えばこそ、手筋を繋ぐ手腕は、竜王挑戦者決定戦での羽生善治みたいな奥の手全開で、クライマックスなんて、予想を遥かに超える激闘の映像に、食事の手が止まりましたよ。(子供じゃないんだけどね)
向こうのオタクはプロだ。根性が座っている。

以下、アメリカ文化への覚え書き
1)「クリスティーン@J・カーペンター」の影
この映画の端々には「E.T」とか「激突」へのオマージュがありますが、主人公が乗る74年型カマロ!(懐かしい!このクルマ、憧れましたよ!)が音楽を鳴らしたり、女の子をナンパさせたりって、なんかキング原作のJ・カーペンターの「クリスティーン」を思い出しました。
映画、ホラーオタクの2人だから、絶対に意識した、と思いますがどうでしょう?

2)クルマ文化と箴言の国
父親が息子にクルマを買ってやる、ってことになった後のギャクが楽しかった。
息子がいたらやってみたいね(笑
笑えると思う。
正直、子供を一人前にするのって大変だから、少しはカラかって笑わないと元が取れない(笑

そして中古屋に行くとインチキ臭い主人が
ここに君にとっての初めての自由がある。車が人を選ぶんだ。人と機械の神秘的な絆だ」なんて言う。
なんでアメリカ人て、こうアフォリズムみたいな事言わせると上手いんだろ?
聖書の伝統ですかね?
でもこういうセリフが決まると映画は締まるんだよな。

ps
制作費で1億5千万ドル使っても、興行収入だけで7億ドル越!
単純差益が5億5千万ドル(600億弱)!
米軍強力で、最新鋭のF22までが集団で飛び回る。
こういうの、バカにするのは簡単だけど、他国では絶対、真似は出来ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2008

ロマンティックな狂気は存在するか   春日武彦

「狂気」とは何か?
と改めて問われると、そのイメージは曖昧模糊として、ちょっと言葉に詰まると思います。
でも我々の周囲に溢れる映画、小説、ドラマには、よく記憶喪失者、サイコキラー、ストーカーなどが登場しますね。
そしてそれをあまり不自然な設定とも思わず受け入れています。
また天才的な芸術家、科学者も、「狂人と紙一重」と呼ばれますね。

現実には剣呑で、あまりお近づきになりたいものではないでしょうが、狂気という、言葉の響きには、怖い物見たさの好奇心と、時に無垢や天才につながるある種のロマンティシズムもあります。

この本は、そんな狂気と日々向かい合う現役の精神科医の方が書いた、狂気治療の現場から見た、狂気をあつかうフィクション、狂気を分かったつもりになっている世間への提言書です。
結論から先に申せば、カウンセリングなどで対応できる、狂気というよりノイローゼ、神経症ならともかく、この方がお勤めになっている病院対応のへヴィーな症例になると、時に人々がイメージするような「ロマンティックな狂気」どころではなく、中々大変なもののようです。
そして著者は、その精神の病の現実を、長年の体験を元にして極めて誠実に、また医師らしく厳密に伝えようと試みます。

この本で印象的なのは、常に論理的な整合性から外れることのないよう構築された堅牢と言っていいほどの文体と、マニアックなほど多くの小説、映画などをご覧になっていることから引用される作品の具体例の豊富さです。
また古今東西の名著への造詣も極めて深く、そんな幾多の著作を読みこなし、消化されて書かれる文章には非常な説得力があり、「狂気」とは何か?
ということを知るには格好の1冊だと思います。

映画や小説の中だけでなく、現実に起こる、あるいは巻き込まれるかもしれない犯罪事例などを考えることからも、どこぞの怪しいネタモトから、いつの間にか知った気にさせられてしまう「狂気というイメージ」から逃れるためにも、読んでおいて良い本だと思います。

ps
作品に対する解釈や好み。
主張への違和感も一部にありますけどね。
この手の本はそれを言い出すと切りがないので止めておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2008

フェラーリvs綾波レイ  PC、携帯、待ち受け画面争奪戦、勝者はどっちだ?

自分でもホントにクダラナイエントリーだと自覚しているんですが、昨日、今日と忙しくてネタがないのでお許しを。
えーー、自宅には、PCが妻と娘のを含めて5台あります。
妻と娘のPCには、私のアカウントはありますが、めったに触りません。
先日、娘にワードの書式設定を教えたときちょっといじったかな。
だからその2台の私のアカウント画面はデフォルトのままです。

そうなるとPCは残り3台、携帯1台ですが、オフィスに完全にプライベートのPCが1台あるので、フェラーリと綾波レイちゃんのデスクトップ画面争奪戦は5番勝負です。

3番取って勝者となるのはドッチでしょう?(本気でクダラナイよな)
まず職場にある1台は、スタッフに覗かれるのでフェラーリです。
いくら私でもスタッフに綾波レイちゃん好きは秘密にしてますから。
それから携帯は綾波レイちゃんだったのですが、会合なのでどうしても人前で付けること多々で、さりげなく隠し隠しやっていたのですが、疲れてしまいフェラーリにしました。

フェラーリ乗ってます、って言うのは今の日本ではどうも外聞が悪いのですが、綾波レイちゃん好きよりダメージ少ないですからね。
で、フェラーリ2勝、綾波レイちゃん、後がなくなりましたが、書斎とテレビ前のデスクトップは、2台ともレイちゃんです。
これで2-2ですね。
最終戦はノートPCですが、これは・・・最近まで綾波レイちゃんでしたが、今はダーヴィンチの「受胎告知」になりました。200703leonardo_top630
一度やったらカッコ良くってさ・・・よって勝負はドロー、と言いたいですが、フェラーリ勝ちは、外聞優先の場所ばっかりなので、判定で綾波レイちゃん勝利ですね。
スミマセンね、ホント、下らな過ぎますね。

具体的な画像は、フェラーリはコレですDvc00115_3
クリックで拡大します)携帯で撮った写真で、これ以外に5.6枚しかないので使っています。
綾波レイちゃんのはネットから取った画像が100枚以上あるんですが、2台とも今はコレです。
Rei
いいでしょ!(クリックで拡大します)
細い首筋に、寂しげにうつむいた横顔に宿る哀愁と気品。
深い知性を感じさせる深紅の瞳と物言いた気な口もと。それを覆う空色の髪。
名画だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2008

リーマン危機,私の凌ぎ方

今回のことは1度記事にしたくので、もう良いだろう、と思ったんですが、昨日から非常に大きな騒ぎになっているんで、私のやり方を少し書いてみます。

私はほぼ毎日のようにマーケットで取引していますが、それほど慌てていません。
何故かと言うと、私は非常に取引が巧く、下げ相場でも売りで稼げるからです!・・・・
というのはモチロン有り得なくて、ただ低レバレッジで常に資金管理を第一に考えているからです。
ともかく考えることは常にセーフティマージン!
もうこれに尽きます!予想なんて二の次です。

じゃ、どの位の危機を頭に入れて取引するかというと、買い持ちをする場合は、関東大震災とか、NYで核テロが起こったら?です。
ありえないくらいの状況を想定してやって行きます。

今回は、この日に買い持ちを作りましたが、翌日の大幅高で決済しました。
この時点で、それからの下落株価を予想出来ていたわけでありません。
ただチャートは下向きで、欲張りたくなかったのです。

為替は下落したポンドを下値で拾い、戻りを売り、豪ドルの下げを拾い、また戻りで売り、ユーロの下げを売りで取り、とやって行きました。
自慢に聞こえてしまうかもしてませんが、ある程度過去のチャートを見て研究していれば、下値ドンピシャでなくてもそれほど変なプライスでエントリーしてしまうことは防げると思います。

また大勢は下降トレンドなんですから、突っ込みをジックリ待って、拾ったら、1-2円の戻りで決済も出来るでしょう。(イフダンでやっています)

そしてこういうことが出来る前提として、誰もが危なくなってきた言い、さらに「現実に中期のチャートが下向き」になっているのですから、株の買い持ち(円の売り持ち)は、少なくしておくのが生存の秘訣だと思います。
明日の株価、ドル相場をピタリと当てる!…私には絶対に無理です。
あまりに無理過ぎて、そんな神をも恐れぬこと、やろうとも思いません。

でも世界経済の様子が、どの程度悪くなるか分からんけど、なんか不穏だ、という程度のことなら、巷間散々言われていましたでしょ。
私には秘密情報も、絶対に損しないシステムトレードも無いですが、どうやら雲行きが怪しくなってきた、となったらレバレッジはとことん落とします。
具体的には2倍以下です。

そしてどうしても買いのポジションを作りたかったら、安易に入らず、下げに下げるまで待ちます。
ここでやられたら後悔ない、ってポイントで注文し、イフダンで決済が出るようにしておきます。売りならOCOにしておきます。

それで連勝出来たとしても、トレンドは下なのですから、買い注文の指値はドンドン下げます。
出来なくてOK、儲けそこない上等です。
また買いでイフダン出来ず、ポジションが膨らんだら、レバ2倍超えで、新規注文はすべて取り消します。
2倍超えただけで新規中止!
入っていれば儲かった!未来から振り返ればそう思うことになるかもしれませんし、今回もそういうことありましたが、それは塩漬け作った私が下手だった。
私の想定を超える相場だったんですから諦めます。

以上が私の実行しているマーケットサバイバル法です。
①ファンダメンタルとチャートから、常識の範囲で大勢を見る。天才相場師である必要はない。
②ありえないほどの不運も織り込む
③欲に駆られて安易にポジションを作らない&どんなチャンスでも無理はしない。

ですね。
もうご存じでしょうが、勉強になる本です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 15, 2008

戦慄!WBAミニマム、新井田vsゴンザレス 名城、西岡選手オメデトウ!

新井田選手への挑戦者ローマン・ゴンザレスは、20戦全勝18KO、相手を平均2.1Rで屠ってきた強打のヤング・タイガーです。
まあ南米、ニカラグア選手の記録なんて案外当てにならないこともあるんですが、ゴングがなって初発、ボディをフェイントにしたストレートは殺気に満ちていました。
こりゃ本物だ、後は新井田選手のスピードと経験頼み、それから必殺のKOパンチャーは、案外手数が出ないんで、1発を狙ううちに、新井田選手のハンドスピードの速さで幻惑できれば、と期待しましたが、勢いは衰えず。
規格外のパンチ力の上、手数も出る。
ボディも打てるとゴンザレスは、リアル・モンスターでした。
新井田選手もスピードがあり、何より、ゴンザレスの強打に怯まず向かっていったのはナイス・ファイト!
ただDr.チェック時の顔には驚きました。
眼があれではストップもしょうがないでしょうね。
ご苦労様でした。
新井田選手のファイトは好きなんで、再起をして欲しいですね。

それからこれだけはライブだと信じて、1R終了時にトイレに行ったら2Rが始まっている。
テレ東、肝心なとこ、間違ってますよ。
数やればイイってもんじゃない。

ps
西岡選手、オメデトウございます。
良かったですね。

ps
内藤選手はホントに人柄の良さを感じさせる解説でした。
この人柄にはファンになりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヘルメスの音楽   浅田彰@人は嫌いでも本はスゴイ・・・

浅田彰は、その傲慢無礼な発言に感情を逆撫でされること多々で、正直人間としては大嫌いな部類に属する。(会ったことはないですけど・・・笑)

ただこんな本を読んだ後では、一人の書き手としての能力を認めることにはやぶさかではない。今更浅田か、ということを感じる方もいらっしゃるでしょうが、そういうことを言うと、今更漱石か、とか、今更、ドスか、と言うのも同じ。(比較が大物過ぎた? 笑)
一人の書き手として、古典になっていると考えても間違いないと思います。

この本は、ヘルメスというキーワードを軸に、その美学的特質として、
「速きものヘルメス、いたって小さな軌道を踊るように進むその足取りは、どんな追っ手からもやすやすと逃れてしまるだろう」ということから、シューマンとバルト、ポリーニ、G・グールド、ケージ、デルヴォー、フェルメール、F・ベーコンについて語った評論集です。

一番気に入ったは、
「デルヴォー あらゆる終わりのあとの永遠の黄昏の中にたたずむ」
として、絵画一枚づつに寄せられた短文の出来が素晴らしい。
デルヴォーの絵画世界を見事に訳しおおせています。
こういう真似って出来ないんだよね。

個人的に好きなF・ベーコンへの論評も良かった。
ベーコン=暴力性、どうしてもそう思ってしまうのだけれど、そんな評価をベーコン自身が嫌っているのも事実。
ならばどう解釈するのか?
浅田彰の導く解答は、「恐怖より叫びだ。その輝かしいヴァイブレーションなのだ。物語られた恐怖はない。かわりに感覚することの恐怖。強度の中でほとんど恍惚とひとつになった恐怖がある」・・・流石ですね。

ポリーニは正直、それほど好きなピアニストじゃないし、この本を読んだ後でも関心はもてないけど、好きな方なら、その魅力が非常に鮮明に語られているんじゃないかな。
グルードの弾く、極端におそいテンポのモーツァルトが秘める戦慄すべき速度、なんて指摘も、腑に落ちるとしか言いようがない。

とりあえずここまで書ける著者はそうはいませんので、読み応えはあります。

ps
「おぞましさが輝きとなり、生の恐怖が極度に純粋で強度に満ちた生となる。『生とはなんと恐ろしいのか』とセザンヌは言う、しかしこの叫びの中ですでに線と色彩のありとあらゆる歓喜が立ち昇るのだ。@F・ベーコンについて語るドゥールーズ」
カッコイイよな、こういう文章はさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2008

仕事会合勉強会トレーニング&フェラーリ

今日は朝から仕事、昼から会合に出席。それから夕方まで勉強会に出た後、5時に帰りフェラーリでドライブに行きました。

スパイダーなので夕暮れに出発するのは悪くないのです。
高速に乗って走っているとやはり休日、古いMGやオースティンなんかが走っています。
カップルでゴーグル掛けていい感じ!
私はこの間追突されてから、やっぱり事故って怖いな!
俺は今までなんのかんの言って、人身事故は、もらう方も、やる方もなかったので、乗れば飛ばすフェラーリに乗ることが少し不安になってしまい、ベンツかBMに行こうかとおも思ったんですが、やっぱりこのクルマはこのクルマじゃないと味わえない感触があるんで、乗り続けます。
酒も女性もギャンブルもやらないんで、人生、このくらいの盛り上がりがないとさ。

高速の下りは空いていたので、飛ばしました。230くらいまでだけど、オープンなら充分。
ただ360spider、サウンドは極めて刺激的で、エンジンは高回転を欲し、ハンドリングがシャープな分だけ疲れます。
ベンツやレスサスが、常に適度に鈍く、エンジン音を徹底して抑えるってのは、結局ドライバーを疲れさせないためなんだな、という今更のことが良く分かる。
まあフェラーリは、クルマというより走る劇場!
機能は問われていないってことでね。

帰りは高速が渋滞(と言ってもとまるほどではないですけど)していて50キロくらいでしか流せない。綺麗な満月を見ながらサラ・ブライトマンのエデンを聴きながら走りました。
こういうのも悪くないね。
このクルマは街中でストップ&Goをやっていると五月蝿いのですが、トレーリング・スロットを維持しながら流していると案外静か。
音楽も充分聴けます。アニソンも聴きました・・・なんか久しぶり・・・

7時過ぎに帰り、夕食前にトレーニングと風呂、今から明日以降の外国為替取引を検討します。株は休みでも為替は動きますからね。

まあそんな感じの日曜でした。
昨日WOWOWで撮った土曜ロマンスシアター(邦画のエロ映画)、見ながらやるよ。
女優がグラマーで結構好みだ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2008

【誰でも】永世七冠達成か?羽生善治の偉業とは【分かる】

昨日、将棋界に大きなトピックが起こりました。
現名人にして4冠王、永世称号を6つもつ羽生さんが、唯一、永世称号を手にしていない竜王への挑戦権を得たのです。

今日はまったく将棋を知らない人の為に、だいぶ噛み砕いて、羽生という棋士がどのくらい凄いのか、なんで一部の男どもが騒ぐのかということを解説してみます。
かなり法外な例えを連発しますが、今日の昼間、妻に説明したところ、飛車という駒すら知らなかったので、将棋をご存知の方は呆れ返るようなことを書きますがご勘弁を。
将棋好きの方にはps以降に感想があります

将棋というのは、色々な駒にそれぞれの機能が与えられて相手の王様を取りあうゲームです。盤上で行われる戦争ゲームだと思ってください。
歩という駒は9つありますが、機能は低く、戦争で例えるなら歩兵です。
飛車という駒は一番強くて、兵器なら大型戦略爆撃機だと思ってください。
その間には戦車みたいな駒とか、ロケット砲みたいな駒など色々な強さと特徴に準じた駒があります。それを棋士は司令官になって差配し相手を攻略するのが将棋です。

昨日、竜王という将棋のタイトル戦への挑戦者決定戦では、相手が戦車部隊を前線に配置させ、その上で自分の王様を分厚いコンクリート壁のトーチカに囲い、さらに羽生陣地には、戦略爆撃機を飛来させ、羽生さんは自分の一番の主力兵器の戦略爆撃機をいつでも取られるようにされながら、鉄壁堅牢、攻略は絶対不能としか思えないトーチカを破ってしまったのです・・・・あんまり巧い説明になってないかな。(泣

何故羽生善治に人気があるのか?という理由がここにあります。
それは単に強い、よく勝つ、ということだけでなく、勝ち方が劇的である。
一般の常識では計り知れない(だから羽生magicという言葉がある)勝ち方をするからです。

人は常に奇跡を待望する生き物なんですね。
それは日常生活でごくごく平凡にしか生きられないことからの希求なので、スポーツや芸術や、こういう知的ゲームに、ミラクル、神の顕現を見ると感動するわけです。
羽生善治はそれを見せてくれる稀代のスーパースターなんです。

ps
さきほど棋譜を見ましたが、凄いもんですね。
ゴキゲン形から角交換、角換わりかな、と思わせたとこで、向かい飛車!
当然、角打たれて、角受けして、飛車には飛車受け、千日手上等で進行させて、最後は自玉の脇を空けたまま、竜とと金の飛車、銀ただ取り放置して、岩盤打ちまくって崩壊させ圧勝!
この棋譜だけでもただごとじゃないよ。
174手目の6四角ってなんなんだよ
それで角をただ取りさせて、開いた場所に桂打ち!
この流れ、どう考えても117手目の4七歩打ちの角引きから読んでないと出来ないでしょ。
この時点で60手先読んでいたんだろうか?
でもそうなると・・・書いているうちに羽生の頭の中の深遠を感じて怖くなるね。


ナベツネが高笑いしててもこりゃ久々、竜王戦はみないわけには行かないぜ。
2段の認定持っているんだけど、羽生さんの永世名人、竜王の免状なら高くても欲しいかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2008

ダイ・ハード4.0   爆笑必至!  ハリウッド映画はこうだよね!

還暦過ぎてもボクシングのリングに上がらせるのがハリウッド流なんだから、50を超えたNY市警のポリスが、サイバー・テロリスト相手に孤軍奮闘してもなんら問題はない!でしょ。

ただブルース、頭髪もすっかりお見限りで、映画の題名も4だからね。
シリーズ物も、2とか3ならまだ許容範囲と思えても、4となるとさすがにマンネリの心配がつきまとう・・・特に3はなんだかもうイイよ、って印象だった。
しかも今回は相手が大規模サイバー・テロリスト軍団!
サイバー方面が得意分野の敵役だとなんだかオタク臭が漂って、肉体派のブルースとは咬みあわないんじゃないって危惧もあった。
ボクシングの試合でもあるんですよ。
いい選手同士でも、なんかファイトがすれ違いって時がですね。

ところがどっこい、そんな心配は一切無用のノンストップアクション映画でした。
最初のころこそ、いきなり襲われるブルースは命からがらの反撃で、もう年だしなあ、の感もあったのですが、物語が進むにつれてその戦闘能力はサブプライムローン証券並みにレバレッジが掛かり飛躍的に増大!(笑

サイバー方面は、相棒になったソッチ系の若者に任せて、自分は、IT系統を乗っ取られ大混乱のアメリカで、何でもありの大活躍で、もうJ・マクレーンはランボーもコマンドーも越えたな。
ターミネーターとならほぼ互角か?
ただコッチは口が達者で、愚痴も皮肉もハッタリも冴え渡る!
口が達者なタフガイって、アメリカの生んだヒーロー像だよね。
そんな文化的伝統の継承者でもあるわけです。


最後の方は笑うしかないけど、楽しいよ!
細かいことを言うのは野暮というもの。(インテリ的揶揄で、干からびて生きることの愚かしさ@雪/オルハン・パムク)
映画なんだからさ。
これだけ大規模に笑わせてくれる映画もちょっとないと思う。
とってもオモシロかったです。

ps
それにしてもジョン・マクレーンとランボーとコマンドーの三人がいれば、アルカイダーの掃討なんて3日も掛からないような気がするんだが、アメリカ。
とりあえず大統領は共和党でお願いしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2008

街のあかり @アキ・カウリスマキ

 アキ・カウリスマキは、不思議な監督だ。
映画に出てくる俳優、女優陣はみな凡庸に見え、背景となる景色は特に美しくもなく、洒落たセリフも意表をついた展開もない。
派手なアクション・シーンはモチロン、エロティックなシーンもない。(CGなんてどこの国の話だ?)
物語は愛想なく進行し、これといった伏線もなくただ一直線に終わる。
本当に驚くのは、これだけ退屈な要素を並べながらも、その映画はしみじみとした味わいに満ち、とりえのない主人公に真から感情を移入できることだ。

この映画は、サエない警備員が驚くほど単純な陰謀に引っかかり、巻き込まれ、最後に救いを得る話。
「浮き雲」「過去のない男」に続く「敗者三部作」の最終章らしい。
前二作も良かったけど、個人的には、この映画が一番気に入りました。
みんなに疎まれて、バカにされている主人公が他人とは思えない(笑

この間この人と似たストーリーを造る人を読んだ、と思ったらジョイスだった。
ジョイスより遥かにオモシロイ。
その差はやはり登場人物の造形力だな。(ジョイスには他に良い点があるんだろうけど)
アキ・カウリスマキの映画はいつの間にか引き込まれて夢中になって観終わってしまう。

彼には修辞学はないが、真実がある。
情けない人間を見つめる目の温かさが、ラスト・シーンに溢れ出る。
彼の映画を観終わると、どんなに打ちのめされても、この世に愛は存在し、明日はある、と思える。
こういう人が、本当の天才なのかもしれない。

ps
犬だけが異様に可愛かった。
何故?
これまた不思議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BOY MEETS GIRL@TRF 青春への思い、その純粋でパワフルな麻薬的結晶

小室哲哉については巷間色々言われているけど、深く心に残る名曲を世に送り出し続けた稀代の天才であったことは間違いない。
特にこの曲は絶品!  もう大好き!
私にとってこの曲ほど、若い日の憧れと夢を純粋に結晶化して、夢の中に遊ばせてくれる曲はない。

YU-KIの歌にSamのダイナミックなダンスが被り、メキシコの乾いた砂漠(現実のメタファー?)を乗り越える若い日の瑞々しいエネルギーそのままのような放流の映像が続く。

年をとるとせんないことと思いながらも、もう一度若がえたらな、と思うことはある。
でも実際に10代になったって、そりゃ素晴らしいけど、リアルってヤツはとてつもなく厳しくって、夢にみるようなイイ話なんてないんだよな。
でもこの曲を聴いていると、現実になら必ず付きまとう面倒や厄介ごとなどの雑居物が一切精製されて、もう若い日だけにしかないような、突き抜けるような思いと喜びだけを純粋に抽出した鮮やかなイメージに浸れて、若返ることは出来なくても、これでイイや、と思える。

以下、歌詞です!  読みながらストーリーをイメージしてください!
Boy Meets Girl それぞれの あふれる想いに煌めきと
瞬間をみつけている 星降る夜の出会いがあるよに
Boy Meets Girl あの頃は いくつものドアをノックした
あざやかに描かれた 虹のドアをきっと見つけだしたくて・・・
夜明けまで歌ってた あなたが得意なSweet love song
やけに思いだしちゃって スーツケースに入れとこう
Boy Meets Girl 輝いた リズム達が踊りだしている
朝も昼も夜も風が南へと 心ときめかせている
少年はいつの日か 少女の夢必ず見つめる
やすらぎが欲しかった 誇れる場所が欲しかった
だけど大切なのは あなたとあの日 出会えたことね


星の降る夜に出会って、夜明けまで踊って、その音楽のリズムは輝くようで、相手へのあるれるような思いが煌めいて、スーツケースを取り出して旅にでる。
そして最後にいつの日か、二人は同じ夢を見つめるんだ。

二次元バージョン!です。ま、ロマンティックは次元を問わないってことで。


この曲聴いていると、普段は仕事だ、スポーツだ、本だ映画だ勉強だ、恋愛?妻のある身なんで用なしです、って俺が、人生、なんのかんの行っても、Boy Meets Girl だよな、とガラにもないこと思うんだわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2008

雪   オルハン・パムク   邪悪な読者へもオススメです。

非常に読み応えのある、まさに文学の書でした。
私は文学を系統的に学んだことがないので、以下項目別に感想を書いていきます。

「幸田露伴で感じた疑問解決
幻談の記事で、我々は科学の進歩した時代に、高度なテクノロジーと共存し大量の情報を収得、処理できるのに、ある面では知的に退行しているのではないか?その代償は分からないが、と書いたのですが、この本を読み進めるうちに分かりました。
それは安易さへの過剰な依存ですね。
ともかく労苦を厭い、便利と安楽さのみを追求するという文化的側面があるわけです。
そしてそれを適える企業が栄える。だからみんなが目指す。
これは当然のことで、このこと自体にまったく問題はないのですが、それが知的な面でもあまりに突出してくると、我々は本当に深く思考するという大切な労苦すら放棄する。
やがて、出来なくなる。
例えば食品は、文化的洗練と、エネルギー消費の増大とともにどんどん柔らかに処理された物が好まれるようになり、結果、現在の我々の顎は非常に退化しているのだそうです。
平安時代だったかな?
これが当時の標準的な食物です、という写真と解説を週刊誌で読んだ記憶があるのですが、もうこの食べ物を食べられる現代人はいないとか。
咀嚼する力が衰えているんですね。
顎が退化する位なら仕方ないとしても、それが知性全体の咀嚼力を弱めるとしたら問題でしょう。
そういう意味でも、なんでも安易な解説書に頼らない。
たまにはこういう咬み応えのある本を読むことは決して無駄ではないと思います。


180度反転させられる視点
イスラムを知ろうとする時、我々はイスラム教とはいかなる物か?
その信者にとって生活上の行動、習慣はどのようなものか?を知ろうとします。
「我々」が「イスラム」を知ろうとするわけのです。
この本で発見できるのは、イスラムが我々(と言っても欧州のことですが)をどう見ているか、です。
トルコの田舎に生きる貧しい人々は、欧州をいかなる視線で見ているのか?がこの本の一つのテーマですが、この反転させられた視点からの思いは非常に新鮮でした。


「カフカ、ボルヘス、ジョイス、カルヴィーノ、ドストエフスキー」の影
Kaという主人公が出てきます、と云われたら、カフカ的な作品ですか、と反射的に考えるところでしょう。
それは当っていると思います。本家のカフカほど病的な幻想譚ではありませんが、この小説のストーリーはKaという無神論者の詩人が、雪によって閉ざされたトルコ辺境の小さな街でクーデターに遭遇し、一つの恋をする話です。
その孤独感と不条理は、やはりカフカ的な側面である、と思いました。
またボルヘス的な迷宮もありますが、あれほど凝った迷宮ではありません。
ジョイス的な日常の細密な描写もありましたが、本家ほどアンチ・ストーリーではありませんし、ドストエフスキー的な内面の告白もありましたが、それほど激しい物ではなかったです。トーマス・マンやカルヴィーノの風味も感じました。
この本はそんな20世紀文学の主要な潮流を、みな消化吸収して手際良く調理されていると思いました。


雪、とはなんなのか
この本は雪への言及に始まり、雪を描写して終わります。
この雪への描写が絶品で、詩情豊かで心に残ります。
雪は全ての物の上に降り積もり、汚れを浄化し、断絶を隠します。
「雪」とは時と空間の暗喩であり、宇宙の中に溶け出す人の思いの集合体のように思いましたが、どうでしょうか?


ps
「いわゆる邪悪な読者諸兄に
邪悪な読者、いわゆるマスメディアの宣伝にまったく反応しない読者の方々へも、この本をオススメします。
我々は、ベストセラーを哂い、芥川賞、直木賞、ノーベル賞の発表にも冷淡ですが、読んでおいて良い1冊だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2008

鬼神!フェデラー全米5連覇! 彼は怒ってました

4年半ぶりに世界ランク1位の座を明け渡してのぞんだ全米オープン決勝!
ロジャー・フェデラーは猛烈に怒っていました。
第1セット、第1ゲームから全開!
センターにサーブをぶちかますと、当たり前のようにラブでゲームを取って、それからもひたすらアグレッシブ!
そんなにムキにならんでも良いのに、大人気なく、来たボールはみんな引っ叩く!
サイドに振って、ダウンザラインに決めに行く!
ネットにも出まくる!
当然ミスも出るけど気に掛けない。
テニスにおけるあらゆる技巧を全部使って攻めまくる!

気の毒なのは相手のマレーで、連日の疲れもあるのか、フェデラーの剣幕に圧倒さるように第1セットは終了!

第2セットも出しなにブレーク!
こりゃスゲエや、と思ったところでマレーも目覚め、ブレークバック!
それでも5-5まで来るとなんかもう先が見えた感じ・・・最悪でもタイブレかなと思ったらあっさり7-5で終了!

弟3セットも猛烈なタイフーンのような勢いであっという間に5-0.
マレーは意地でキープした後1ゲームのブレークバックをしましたが、その後ブレークバックバックして6-2の終了!

それにしても今日のフェデラーは、凄い剣幕でした。
なんであんなに怒っていたんだろう?
世界ランク連続1位がたった237週で途切れたからか?
まだ1度もGSを取ってなかったからか?(決勝には2度出ていたけど・・・)
でも今年は、食中毒もあったし、病気もあったし、しょうがないよ、なんて思わないんだろうか?

偉業をなす人間は、時に鬼になるんだな、ってことが分かった。
ロジャー・フェデラーはその一人だ。
それはもやはハングリー精神とか、根性とかってレベルじゃなくて、やっぱり鬼としか言いようのないものだ。

ともかく今日のフェデラーは美しく強かった。
その強さと美しさは、やはりどこかで人を超えた処があるから得られるものなんだろうな。
もしかしたら我々は今回の決勝で一人の「鬼」を見たのかもしれない。

ps
まあこの記事の最後にあるps部分も参考にしておいてくれたまえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2008

エディット・ピアフ ドキュメンタリー@WOWOW

私は数学、スポーツ、投機、など男性色の強いものを好み、アートや文学も女性的なるものへの美意識、価値観、感性などには理解がない方だと自覚するのですが、こと歌うことに関してなら男は女性に敵わないのではないか、と思う。

唐突に話しを飛ばしますが、ギリシャ神話に、セイレーンの伝説というのがある。
船乗りを美声で難破させる話だが、こういう伝説が生まれるのも、やはり歌うことに関してなら太古の昔から、こと女性が上手だったのではないだろうか?

歌うことでの私の最初のアイドルは、ビートルズだったし、ミック・ジャガーだったけれど、この年になると、つくづくと胸を打たれるのはエディット・ピアフを始めとする女性シンガーが多い。
彼女たちは、男なら立ちすくむはずの理性の断崖をいとも簡単に飛び越えてみせる。
まったく恐れ気もなく、当たり前のように深淵を飛んでみせ、「何を怖がるの?」っと笑っている。

エディット・ピアフは、その声を聴くだけで涙が出てくる。
彼女が歌いだすと、狂おしく愛を求める生生した生き物がそこに産まれ出るような幻覚を見る。
愛・・・生きとし生けるものが性を持ってから生まれた不可思議な存在。
愛はそれを持つ生き物と一緒に進化し、人類において一つの頂点を迎えた。

ただ今ではすっかり「金」という神に、とって代わられつつある、「死に行く大神」だ。

でも歌を聴いていると、ピアフは「愛」とことん信じていたんだな、ということを感じる。

彼女の歌の魅力はあらゆる普遍的な芸事と基を同じにする。
小柄な体躯から産まれ出るとは思えないパワーと、悲しみのゆらぎ。
緩急が非常に大きく、後は泣かせの上手さだ。

ただこんな「男の分析」は、彼女の実際の歌の前では実に虚しい。

彼女の歌がもっと聴かれると良いと思う。
そうなればきっともっと愛を信じる人が増えると思う。
そいういうことなら彼女は愛を信仰とする教えの伝道者だ。
悲しみを乗り越える意思の強さと愛への絶対的な信頼。
ひたすらな愛への原理主義。
原理主義は嫌いなのだが、愛への原理主義ならいいんじゃないかな。

個人的には史上最高の歌手は彼女だと思う。
時代を問わず、ジャンルを問わず、男女を問わず・・・
そんな事をかんがえさせるドキュメンタリーでした。

歌の始まりは、きっと相手を持てめる小鳥(ピアフ)のさえずりだったのだと思う。
だから彼女の歌はこれほど心を動かすのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2008

休日ですが勉強していました&俺にアメックスのプラチナのお誘いとは、乱発ね

今日は朝方サッカーを見ましたが、その後、二度寝して、さらに昼食後も少し昼寝をしましたが、後はトレーニング以外、勉強をしていました。

本業じゃなくてシステム・トレードの方ですけど・・・
本業は来週勉強会、ありますからね。

働いて働いて休日は勉強。
もうこんな毎日は嫌だ、と思うのですが、勉強していないとなんとなく焦りが出るのです。
それに勉強は結果が出るしね。
すぐにじゃないけどさ・・・
だから止められないんですよ。

それからアメックスのプラチナ・カードのお誘いが来ました。
アメックスはゴールドなんですが、まったく使っていません。
つーか、カード自体、使う生活してないし・・・
アメックスは、携帯代7000円とETC代だけ・・・
高速最近まったく使ってないし、普段は自販機一つない住宅街を仕事場まで100m往復して朝から晩まで終了!・・・お酒を最後に飲んだのは、ローマ空港のラウンジで無料のビール飲んだかな・・・後はもう2週間以上、1滴も飲んでいません。
外食したのも成田からの帰り道、夜遅くなっていて翌日は仕事だったので寿司屋に寄っただけ・・・これも2週間以上前の話ですね。
吉野家にも行ってない・・・マックは1回食べたかな・・・現金で払いましたよ(笑

むかーし、中村うさぎが、アメ・プラのステイタス云々という記事を読んで、これ位使うとお誘いも来るのかと思ったんですが、ギャンブル、女性関係の出費は普段から0ですから、俺には一生縁がないって思ってたんですけどね。

ウチで一番使っているカードは、妻が良く行くスーパーのカードらしい・・・
私ならアマゾンのVISAかな・・・それでも平均すると月2万いかないと思う・・・
アメ・プラ、年会費は10万ですよ!
10万!
10万ってどんだけ本、買えんだよ!
それで24時間365日のコンセルジュサービスが受けられるようですが、俺の娯楽はサッカー観戦と自宅でウエイト、本読み(まーだ「雪」読んでます・・・)だからな・・・

今、サラリーマンneo見ています。
笑う!
録画もしたんだあ・・・この番組は二度見るの。
これじゃ、アメックスのコンセルジュいらないよな。
今、セクシィー部長、来ました!
笑う!
「ビジネスと色恋は一緒になさらぬよう!」
良いなあ・・・この言葉、いつか使ってみたいんだけどな・・・チャンスないんだ。
普通ないか。
あーーーまた明日から仕事!
したくないんだよ、ホントは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南アフリカWカップ、最終予選@vsバーレーン  最後までオモシロイ! 日本代表はエンターテイナー

最終予選の初戦はアウエーでバーレーンです。
試合が夜中の3時半開始なので、7時前に起きてHDD録画追っかけ再生です。
肝心なのは、まだ放送中なので、結果が先に分らないように、まずHDDの電源を入れ、その間に新聞を取りに行き、わずかでも時間を稼いでHDDが立ち上がってから再生スイッチ、それからテレビの電源です。
地球の裏側でやっている試合をオンタイムで見る気になるのは大変です。
ツマンナイ煽り番組を全部飛ばせるのは救いですが・・・

試合は開始から互いに良く言えば攻守の切り替えが早い。
悪くいうと共にキープ力に欠け、ボールの落ち着きが悪い。
それでも時間と共に日本のペース。ボールはバーレーンのサイドで動くようになります。
田中達也の運動量、松井のプレーが印象的で、中村は消えているなあ・・・これでFKが無ければやっぱり使いずらい選手なのか、と思った処で、FK!
遠藤でタイミングをずらせて、空いたとこからゴールの左スミに決めました。
この1発で中村、千金の値ですからFKってスゴイよね。
それからも日本はゴール前への戻りが速く、ピンチの状況でも人手が多く、安心です。

それにしてもボールでなく体に行くバーレーンは、プレーが汚い。
私、異境願望が強く、料理も音楽もイスラムの異質さにも好感を持っていたんですが、先日のアフガンでの日本人NGO殺害事件からすっかり中東イスラム圏への見方が変わりました。
バーレーンにしてみれば、アフガンと俺達を同じに見るなんて、北朝鮮と日本も同じか、と言われそうですが、こういう感情は論理を超えているんで難しいですね。

それからゴール前の攻防からハンドを取り、PK!
遠藤神のコロコロPK炸裂ですが、今日はいつもより速い分だけスリルが無かったです。
しかしPKを当たり前に決めてもこんな事言われる遠藤選手ならでは(笑
これで前半終了です。

後半はバーレーン、ホームで負けるわけにはと、いきなりギアを上げて攻めかかります。
それを日本、ゴール前の密集ディフェンスで凌ぐ。
今日はみんな暑い中運動量多かったと思うよ。
後半も30分前後からスタミナを切らしたバーレーンに対して、日本が攻勢。
パスを回してシュートを連発、バーを二度叩きましたが、入らない。
まあ後半40分だし、これで終わればイイや、と思ったら中村憲のミドルが入る!
これで3-0!
良い終わり方だとな、思ったら、バーレーンのサイドチェンジが綺麗に通って、1点返される。
でも後、3分。余裕、余裕、とまだ余裕かましていたら、なんと!トゥーリオのバックパスと楢崎のタイミングが合わずオウン・ゴール!
3-2!
ロスタイムがでてまだ3分!
こういう具合になると日本はバタバタし始める。
なんとか終了!
イヤー最後のスリルまで見せてくれます日本代表!
途中で寝た人、録画早送りした人は負け組!(笑


ps
松木の解説はやっぱり好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2008

エヴァンゲリオン登場人物好悪から考える私の嗜好

エヴァンゲリオンには色々な登場人物が出てきますが、その人物に対してどう思うか、ということを書きながら、自分自身を振り返ってみます。
断るまでもないでしょうが、初めてこの記事から私のブログを読む方の為に書いておけば、私に取って綾波レイは集合論的に言えば、綾波レイ⊇エヴァンゲリオン、(綾波レイは、エヴァンゲリオンを内包する)です。

1)碇ユイ
肉体上の遺伝子的には綾波レイの母体になった女性です。
確かに綾波レイと似た顔立ちでヘアスタイルもシャギー・ショートと同じなんですが、その笑顔は見たとたんに忘れます。
Dvc00139(画像はクリックで拡大します)
このことからはっきりするのは、私は、その内面性から綾波レイに惹かれているんですね。
何故、碇ユイに惹かれないかというと、彼女はあの事故に遭遇する前までは、非常に恵まれた女性だったんですよね。
若くして才能を認められ、その美貌から多くの男性の好意を受けたでしょう。
それはそれで非常に結構なことだと思うのですが、結局充足された女性だったわけです。
私は充足された存在より、空虚さを抱えた存在に惹かれるんでしょうね。
綾波レイが内包する虚空を見る時、私は、丁度真空に吸い込まれる虫のように惹かれてしまう、ということでしょうか。


2)シンジ君
非常に共感の持てるキャラクターです。
今までのアニメの主人公では考えられないような、へタレキャラですが、私の彼の優しさが好きです。
それにあんなのに乗って、訳のワカラン使途と戦ったんだから、度胸もあると思うよ。
少なくても私だったら最初の戦いで逃げ出しますね。
私はボクシングオタで総合格闘技好きで、一度空き巣に入られた時は、回りから出会わなくて本当に良かったと言われましたが、私は出会いたかったです。
所持している武器しだいですが、黙って盗られるだけだったのは、納得出きません。
まあ相手がチェ・ホンマンみたいのだったら、速攻で逃げますけど・・・
そう思えば、シンジ君は何度も病院送りになりながら戦ったんですから立派です。
しかも私は、自分勝手で彼ほど優しくありませんからね。


3)加治さん
次に好きなキャラクターがこの人です。
「オマエと過ごせた数が月があったから俺は死ねるんだ」なんてセリフは泣けますね。
この人も暗い過去抱えていて、人生達観しているんですよね。


4)ミサト
いい人なんだと思いますが、加治さんという人がありながら、シンジに粉掛けるとこなど、私としては道義的について行けません。
酒飲みで、ダラシナイとこも嫌い。


5)リツコ
嫌いなキャラです。
貞本版では綾波の首絞めたりしているし。
親子二代で絞殺魔ってどんだけなんだよ、ってことです。


6)伊吹マヤ
人気のあるキャラクターですが、まったく目に入りませんでした。
伊吹マヤって誰?って調べてやっと分かりました。
非常に神経質で私はこういうタイプ、苦手です。


7)委員長
私も中学時代委員長だったんですが、副委員長にこういうタイプいたんですね。
私は腕力も度胸もなかったんで、「悪」なんて大それた存在にはなれませんでしたが、親と教師の言うことは守らない、という程度の「子供の常識」はありました。
それをこういうタイプは、イチイチ教師に報告するんですよ。
見ていて嫌な思い出が蘇りましたね。


8)ゲンドウ
問題外ですね。
自分の息子にあの態度はなんなんですか。
嫁からとって育てた娘だって可哀想に。
この年頃なんて一番カワイイのにな。
Dvc00137
それをほっとくんだから、保護者義務違反で投獄で良いでしょう。


総括
ゲンドウ以外、私は全体に男性に甘く、女性に厳しいんですね。
そういう現実の傾向が、なんとなく出ていると思いました。
最後に
アスカ:気の毒な面もあると思うんですが、「萌え」られません。
この娘の魅力もまったく分からないや。
けたたましい女性って嫌いなんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2008

株、クロス円大暴落! やはり才なきは低レバで・・・

昨日出たADPの雇用報告や新規失業保険申請数が大分悪くて、NY、東京とも株、クロス円ともに大幅な下落になりましたね。

やはりこういう時にものを言うのが低レバレッジの投機です。
俺は天才、というのでなければやはり何より安全運転!

ただ今回のユーロ安は8月に出たGDPのマイナス発表から、豪州ドル安は、先日の中銀の利下げから、前もって充分にファンダメンタルから予想がついたと思います。
日本がダメで、アメリカもダメ、ここまでは市場も織り込んでいたましたが、ユーロ圏のマイナスと豪州のマイナスは、先週までのレートから言ってもまったく織り込んでいませんでした。
それならオマエは売りで獲ったのか、と言われると実は小額売りで入ったものの、マイナスのスワップがはやり嫌で薄利撤退していました。
言うのとやるのと大違い、ってのはこういうことですね。

今回は株の下落も取れていないので、少しガックリです。
でも前々から感じていたパターンを一つ加えたので良しとしましょう。
今日は夕場で、日経のOP新規でデルタプラスに取りました。
後1時間後に出る雇用統計の悪化は、かなり織り込んだと思うのですが、どうでしょうか?

まあダメなら損きりですね。

豪ドルは一段下げがあればいったん拾いたいですが、どうしましょうか・・・

どっちにしろ低レバです。
ともかく投機は低レバで!
そしてファンダメンタルは一応見ておきましょう。
逆行くことも多いんだけどね。
それならまたしょうがないよ。
投機をやっていると人間、アキラメが良くなります。
年中逆に行かれますからね。
だからやっぱり低レバ最強!なんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2008

あるスキャンダルについての覚え書き

原作がブッカー賞候補になった、二人の女教師の物語り・・・この背景からは、地味な文芸映画かと思われましたが、内容は非常にハイ・レベルなスリルに満ちた1本でした。

舞台は中学。定年を間近に控えた女老教師と、赴任してきた色花溢れる美術教師・・・
二人の間に繰り広げられる愛憎の行方は・・・です。

人がその胸の内をさらけ出した時、そこに一点の曇りも、闇もない、ということは、あり得ません。
もしそんな人がいたら、それは完全な狂人か神の子でしょうか?
どちらにしろ凡人には、非常に恐ろしい存在です。
どんなに良い方でも、我々は誰しもが、その内面に幾らかの悪意、嫉妬、卑劣な気持ち、を抱いている。
それを内面だけに留め、他者に害悪をもたらさないようにするのが文化文明、民度、人格というものです。

凡庸なサイコ映画が花盛りですが、連続殺人者のような極端な例ではなく、日常、誰しもが抱く闇の深さを非常に鮮明に描きだしたのが、この映画の値打ちです。
大げさな仕掛けはなし。
それでも十分に人の奈落が覗けます。

その抑制された演出を飽きさせずに観客を引っ張るのが、2人の主演女優の演技合戦です。
その戦いのレベルは極めて高く、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが二人ともにアカデミー賞主演、助演の候補に挙がったのもむべなるかな。
優れた役者が、いかに映画のクオリティを上げるのか、とい点でも良い見本でしょう。

特にラスト、幕切れのシーンが残す余韻は見事です。
彼女は事件をきっかけに、本格的にダークサイドへと墜ちたのでしょうか?
そしてそんな穴倉は、常に我々のすぐ隣に、ぽっかりと静かに口を開けて佇むものなのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2008

PCも身体も気持ちも、気鬱な一日

今日は休日でしたが、先日の事故で見てもらった総合病院の整形外科に。
まだ背中の上部が痛いし、人身扱いになったので、警察に持っていく診断書をもらいに行く。
整形は以前から親しくさせて頂いていた非常に良い先生がいたのですが、(現代の基準では)若くしてお亡くなりになってしまっていたのでした・・・
その先生がお亡くなりになったと聞いた時は、これから親共々お世話になろうと思っていたので、とても戸惑い、悲しかったです。
良い先生だったのになあ・・・

総合病院の整形担当はまだ若い女医さんでした。
化粧気がなく、髪は後ろに束ねて、非常に理知的なお顔立ち・・・思わず「女医さん、萌え」なんて思ったんですが、それから調剤薬局に行って待たされたりしてさらに警察に書類を出しにいくと、人身扱いには相手のドライバーも立会云々と言われまた、この役所仕事め、と思ったんですが、冷静になって考えれば、一方の言い分だけ聞いて書類には出来ないわな・・・まあしょうがない、と諦めて帰宅。
保険会社へ連絡して妻の作ってくれたパスタを食べて昼寝。
それから久々に乗ったセルシオの鍵の電池が切れていたりしていて、トヨタにも連絡。
・・・ホントは今日は王羲之の展覧会に行こうと思っていたのになあ・・・

オルハン・パムクの「雪」を読み進む。
それから3台目のPC(XP)を立ち上げると更新が入ってくる・・・やたら長い・・・そして中断してしまう・・・5年目ですからね、コレは・・・
PLCで繋げているヤツなので、一旦電源を落として再開するとまた33%で停止・・・
ノートンの期限が迫っているので、他社の3台インストールできるウイルス・ソフトに入れ替え・・・
もう遅いんだわ・・・これが・・・なんとか終了・・・
ウイルス検索を始めるとなんと3時間かかった。
それから更新のインストールが始まってまだやっています。
問題のサービスパック3ですが、もうしょうがないね。
寝室とは別の部屋なんで寝るわ・・・
明日の朝までに終わっていれば良しとしよう・・・

ああ、もうなんかダメ。
気力が萎えている。

救いは運動許可がでたんで、久々にバイク漕いだくらいだ。
ウエイトはやっていません。
早くやりたいけどしょうがないよな。

ps
SP3,上手く入らなかったというメッセージが、今残っていた。
もうこのPCもダメかもわからんね・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 02, 2008

Thank You!Kei! 錦織圭 @08全米オープン、ベスト8ならず

全米オープン、ベスト8をめぐる戦いは、錦織君には厳しいものになりました。
相手は未だ無名の19歳でしたが、明らかになったその正体は、ただいま4大会連続優勝で、ハードコートでは22連勝中という急上昇の新鋭!
武器は198㎝の長身に、長いリーチをフルに使ったサーブとストローク。
ほとんどフラットに打ってくるボールの威力とスピードは、世界のトップレベルの中でも一際の印象でした。
そんなデルポトロ相手に錦織、出だしのゲームをブレイクし、相手のチャレンジは2度失敗と幸先の良いスタートを切ったのですが、結局力に押し切られました。
ゲームが3-0になったときは、このまま一気に押し切ってくれ、と思ったんですけどね。

早い決着を望んだ理由は二人の顔色の差です。
デルポトロは生気に溢れ、連戦の疲労もあまり感じさせないものでしたが、錦織君の顔色は明らかに冴えず、先日の激闘の残りが消えていませんでした・・・
だからエアケイもあまり出ず、ストロークではネットしたり(相手の力に負けている)、わずかにオーバーしたり(デルポトロのボールを抑え込めない)・・・まさしくパワーの差にやられました。
でも錦織選手、力任せのデルポトロ相手に機敏に走り回るとこなんて、弁慶に対する牛若丸、とかゴリアテに対するダビデとかそんな印象でした。

惜しかったなあ・・・セットカウントは3-0でも錦織、自分のゲームはほとんど40まで行くんですよね。
そこからあと1歩が取れないのは、連戦で疲弊してしまった錦織選手の総合的な力量不足でしょうが、それを取らせなかったのは、勢いに乗りまくるデルポトロの力です。
連勝中でランクも急上昇中の相手ってのは、ツキがなかったですね。

まあしょうがない。
それこそ錦織選手には明日があります。
メジャースポーツであり、完全な個人戦であり、体重による階級別もないテニスという競技で、育成環境も悪い日本からアメリカに留学までして成し遂げた結果は見事の一言。

草トーナメント1回戦負けの常連としては、もう夢にすら見ない世界だ。
それに今回2試合見て、何よりの成果は、たとえ負けても錦織選手の試合は見応えがある、観て後悔はない、ということです。
GSに錦織あり、ってだけで楽しみが全然違うよね。
とりあえずお疲れ!ってことで。

ps
常々思うんですけど、男子テニスのトーナメント、5セットマッチってハードですよね。
かつてのボクシングのタイトルマッチ、15R制を思わせます・・・これ以上言うと、錦織より私の愚痴がみっともないので止めますが・・・草トーレベルでも、ホント、デカイ選手のハードヒットって、ボールが強暴な肉食獣みたいに跳ねるんだよな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2008

神は銃弾       ボストン・テラン

「このミス」1位で文庫発売、と手にしやすい条件の本だったのですが、読んでいませんでした。
その理由は、「神は銃弾」という題名が、あまりに見も蓋もない気がしたからです。

ところがこの題名の由来を聞くと著者は
「神は頭にまっすぐに向かう銃弾である。死ねば、その瞬間から人は楽になる」
という言葉を聞きなるほど、良い題名だと思いなおしました。
先日読んだ村上春樹の本に、冬を迎える街で死んだ小鳥が、何物かから開放されたような表情で死んでいる、という一節があり、なんとなく納得した覚えがあったのです。
生きる上で困難のない人はなく、生は、それだけの重荷を背負っているのは確かでしょう。

さてこの本、読む前に巻末の解説を読んだのですが、悪人が、あのハンニバル・レクターのパンク青年版のようだ、とある。
これは楽しみだ、と思ったのですが、結果はまったく比較にならないものでした。

Dr.レクターが何故あれほどのカリスマ性を持ちえたか、というと、T・ハリスとA・ホプキンスのコラボから生み出されたあのキャラクターは、確かに一般の生活には受け入れがたい猛毒そのものでも、真に優れた芸術が、その根底に毒を含むように、フィクションとしてなら、凡俗で卑しい人間像を徹底して破壊してみせる超然たる輝きがあるからです。
結局、現実には成立しない背反性を成り立たせたのが魅力なんですね。
この小説のサイラスは、単なる異常者ですよね。
厳然たる美学を持つレクターとはモノが違います。

もう一人、主人公を助けるジャンキー女性のキャラクターも秀逸とありましたが、こちらは、まあ認めても良いです。
確かに彼女の行動原理は「ハードボイルド」そのもので、捨て身の信条には、グッとくる場面ありましたね。

結局、オススメか、というと微妙ですね。
この本、実際にも600p弱と長いのですが、ボストン・テランの比喩や言い回し、あまり私の好みじゃありませんでした・・・客観的にも巧みだとは思えず、文章とストーリーの流れを阻害しているような気がします。
だから余計に長さを感じさせてしまう。

まあ二作目は読まないな・・・
どうも食欲をそそらない記事でスミマセンでした。
代わりにコッチを、おススメします。
特にフィレンツェ編はもう最高です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »