« 甘く危険なクルマでした、フェラーリ360スパイダー | Main | GW難民になり大企業の力を知る »

May 01, 2008

超ひも理論を疑う:2   ローレンス・M・クラウス

前回の記事で、この本を絶賛しましたが、多少割引きます。

前半は、何回読んでも分からなかった、難解な(←シャレてみた)超ひも理論もこの本との出会いで解決と思ったのですが、終盤に進むに連れ、真面目に一つ、一つ理解しようとするには、扱いきれないほど多数の仮説が、オモチャ箱をひっくり返したように提出されて、こんなの分かるかい!
と放り出したくなりました。
まぁそれは筆者自身が自覚しているようで、随分メンドウになったから、読者のみんなが混乱しても無理はない、発言から始まって最後の方は、主張のあまりの尊大さや、結果のなさに、あきれて首をふった、なんて書いてあります。
それでも可能性を信じたいのは、
物理学には、数学的な糸口が結局のところ現実となるという気高き伝統があるからだ」そうです。

神の理解へと繋がる万物理論に対し、人間の知性は、未だ道遠し、のようですが、参考になりそうな点だけ抜書きしますから、読んでください。

1)そもそもなぜ究極の物質は、素粒子からひもになったのか?
素粒子だと相互作用の行われるところが点になってしまい、数式上の発散(解答なし状態)である無限が多発してしまう。
それを「ひも」という状態に仮定すると、計算する場が、粒子という点から励起したひもという空間へ広がり、極微のスケールでの計算に整合性が出て、重力理論の取り込み過程において有限の結果が得られそうになったから。

2)ゲージ階層性問題
すでに強弱核力と、電磁力は統一された理論がある。
問題は重力の扱いで、それは他の3つの力にくらべ15桁も弱い。
なぜこれほどの差があるのか、そしてこんなに差があるから、自然界のすべての力を説明できる大統一理論が出来ないのだあ!


3)その解釈方として、多次元仮説を持てば、我々が経験出来る3つの空間次元が、より高次元の中間に浮かぶ3ブレーンという「面」であり、重力のみその3ブレーンの外で存在しうる唯一の力とする考えもある。

まぁ俺の理解力じゃこの辺が限界。
この本は読了として記事も今回限りです。

4)素粒子において力に関わるのがボソン(整数スピンを持つ)、物質に関わるのが、フェルミオン(半整数スピンを持つ)とボソンな。
これ素粒子物理の豆知識な。

ps
今後、究極の理論物理学の前提になる、ヤン=ミルズ理論ですが、ヤンとミルズの前に、日本人の内山龍雄は、同じ一般ゲージ理論を完成していたようです。
でも日本では理解されずに、発表が遅れて世界の通り名は、ヤン=ミルズになってしまった!
・・・日本人はホントウに優秀な民族だと思いますが、アピール力に欠けるのが無念です。

|

« 甘く危険なクルマでした、フェラーリ360スパイダー | Main | GW難民になり大企業の力を知る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/41059749

Listed below are links to weblogs that reference 超ひも理論を疑う:2   ローレンス・M・クラウス:

« 甘く危険なクルマでした、フェラーリ360スパイダー | Main | GW難民になり大企業の力を知る »