« タイタニック@投機への海の旅人へ | Main | パス・ワードは綾波レイ »

March 29, 2008

硝子戸の中     夏目漱石

夏目漱石、最晩年の随筆です。
すでに死に至る病を得て、書斎に引き篭もりながら硝子戸越しに見る世間と、思い出の中に彷徨い出る心情が描かれます。

冒頭から寂寞たる調子であり、死の影は色濃く、なるほど一つの生命が消え行く過程とは、かくなるものか、という描写、心情がリアルです。

新聞に連載された随筆ですが、どこか弟子である内田百閒を思わせる一編もあり、そうすると、それが漱石の現実を写した随筆であるのか、創作の混入した掌編小説であるのか判然としなくなる・・・それが生きる力を失った病人故の幻想なのか、大名人の達しえた妙境からこぼれる何物かなのか・・・


随筆は次のように終わります。
「みんな連れ立って活動写真へ行ってしまった。家も心もひっそりとしたうちに、私は硝子戸を開け放って、静かな春の光に包まれながら、恍惚とこの稿を書き終えるのである。そうした後で、私は一寸肘を曲げて、この縁側に一眠り眠る積である。」
・・・まさに文豪ならではの、見事な終章です。

こんな随筆を読み終えると、せん無いことと思いながら、もし異次元、パラレルワールド、タイムスリップ、なんでも良いのですが、漱石を現代に連れてきたいですね。

縁側での一眠りから醒めた漱石に、今の日本を見せてやりたい。
今の時代なら胃病も治せるでしょう。
そしたらどんな小説を書いてくれるのでしょうか?
そんな小説、ゾクゾクするほど読みたいと思いませんか?

|

« タイタニック@投機への海の旅人へ | Main | パス・ワードは綾波レイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 硝子戸の中     夏目漱石:

« タイタニック@投機への海の旅人へ | Main | パス・ワードは綾波レイ »