« クラブ・ワールドカップJapan2007 浦和vsミラン興奮&満足 | Main | クラブWCを見に、明日横浜に行きます »

December 14, 2007

風に舞いあがるビニールシート    森絵都

直木賞を取った短編集ですが、そんなことはまったく知らずに妻の机に置いてあるのを手にとって、ベットに昼寝の体勢のまま読みだしましたが、一気に引き込まれました。

驚くべきことに、この短編小説集は、短編小説の魅力の全てを、その全作品で兼ね備えています。
曰く、たちどころに読者を引き込む描写、魅力的な人物造形、先を読ませぬプロット、長く余韻の残る幕切れ、です。
凡庸な短編集では、このうちにいくつかでも兼ね備えた短編が1編でもあれば、まぁ時間の無駄ではなかった、と思える程度の本となりますが、この作品集は全てがパーフェト!

以下、作品ごとですが、
「器をさがして」では、天才的なパティシェールに振り回される秘書役女性のうっちゃりが見事!
人間、どんなにカリスマになっても人である限り苦労は耐えないのね、なんてこの間のメイウェザーの怪我発言すら思い出させたほど、才能と労苦のリアリティが描けています。

「犬の散歩」ではいきなり冴えないスナックの描写から入るのですが、女性はハベる場所には縁のない私ですが、あー、分かる、分かる、と思うような出だしから、あれよあれよと話が進んで、気がつくと、二段構えの余韻に打たれています。
結局、断章を切り取る形になる短編小説は、余韻でこそ語る表現形式ですが、それを二つ成功させるのは練達というか天才の域ですね。

「守護神」!
一番気に入りました。アイテムの使い方が最高です。
セリフも良い。
「私の目の黒いうちは、嫌がらせに屈して・・・する・・を」
ダイハードだな。
カッコイイよ。
そしてこの価値観、私のツボなんです。
日本人の勤勉、真面目、努力! バック・トゥ・ザ・・・
なんと言われようと、俺は支持するぜ(笑


「鐘の音」
仏像に関する薀蓄が見事ですが、この辺になると森さんの作風が見えてきて、これは鐘の音がポイントだ、と思って読み進めていくと・・・
確かに鐘の音ですが・・・
よく驚きのラストを売り物にする安手の作品集がありますが、ラスト1行で驚きたかったら、この本が良いよ。
驚くだけじゃなく、感動が味わえる。


「ジェネレーションX」
現実に地べたを這い回る仕事の辛さと不条理と・・・あえて爽やかな青春ストーリーと呼びたいですね。
まさに「エンドレス・サマー」俺たちの夏は終わらないってか・・・
私も仲間に入りたいけど、俺の夏は、本読みの夏だったからな・・・やっぱ暗いな俺は。

「風に舞うビニールシート」
表題作ですが、前の5編より話のスケールが大きくなった分、読んだ直後こそ戸惑いますが、やっぱりあのラスト1行の一言は見事な反転ですね。
大きな世界が見えてくると思います。

小説好きなら絶対のオススメ!

|

« クラブ・ワールドカップJapan2007 浦和vsミラン興奮&満足 | Main | クラブWCを見に、明日横浜に行きます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/17367669

Listed below are links to weblogs that reference 風に舞いあがるビニールシート    森絵都:

« クラブ・ワールドカップJapan2007 浦和vsミラン興奮&満足 | Main | クラブWCを見に、明日横浜に行きます »