« 最高でした! クラブWC、決勝、準決を新横浜からレポートpart1 | Main | ロスト・イン・トランスレーション »

December 18, 2007

共鳴する快楽  クラブWC、決勝、準決を新横浜からレポートpart2

寒さに耐え、トイレを済ませ(男子トイレが少なすぎます)ミランvsボカ戦を待っていると、ライトアップされたフィールドでジダがアップを始めました。
審判団もセンターライン上を走りながら何度も往復!  入念にやっています。

そこへガットゥーゾを中心にミランのメンバー登場!
あっと言う間に会場全体が華やぐオーラは半端じゃありませんでした。
ガッツなんて普段はお笑いキャラだと思っていたけど、とんでもないよ。
ミランのメンバーが中学生がやるようなアップを輪になってしているのは、なんとなく不思議な光景・・・そりゃテレビや写真じゃみていたけれどさ、ホントにやっているとこ見ると不思議なんですよ。
あんな達人揃いのメンバーなんだから、アップもドラゴンボール並みの超絶スペクタクルでも見せてくれるんじゃないか、と思ってしまうのね。
ボカのメンバーはいつ練習を開始するかと見ていても結局姿を現さず。
あくまで謎のミステリアス集団を印象付けます。

やがて地球の形のバルーンを上げるセレモニーも終わり、イエローとブルーのボカジュニアーズも登場!
ボカ・サポーターはお約束の巨大フラッグを広げ、歌が一段を盛り上がり、チームカラーの傘をヤクルトスワローズの応援スタイルみたいに上下させます。

先発メンバーのコールでは、引退試合を噂されるマルディーニと、スーパースター、カカへの声援が高いのは当然ですが、FWインザーギを喜ぶ観客多かったのが嬉しい。
私も同感です。正直、ジラルディーノにはゴールの予感がないものね。

試合はご覧の通りでした。
カップに執念を燃やしたミランのチューニングは完璧で、終始ボカを圧倒。
素晴らしい、世界トップのプレーを見せてもらいミランの姿勢には感謝感激です。
でも南米のチームが経済力の格差を見せつけられるように負けるのは、ちょっと複雑な気持ちもあります。

また観客のレベルの高さ、というと傲慢に聞こえるかもしれませんが、ここにいる人たちは、本当にサッカーが好きなんだ、という会場のノリの良さが素敵でした。

ビール売りの方がいるんですよ。
ミランvsボカ戦では、誰も買わないんです。
みんな目の前の試合に夢中で、売り子さんが声を張り上げても見向きもしない。
ゴールシーンだけでなく、ダイナミックなタックルが決まったり、綺麗なパスが通っただけで、まるでタクトを降られた合唱団のように声援のレベルが変わる。
フィールドで選手が発散するエネルギーに、会場は鋭敏に呼応して声援は上下強弱し、それに自分も共鳴するのは曰く言い難い快感ですね。
カカの独走からの得点では、一斉に立ち上がってみんなが叫ぶ。
その瞬間の快楽は、古来、神の御業を称えた人の、根源に触れるような感覚を覚えました。

ps
帰宅後、試合をデジタルBSの放映で見ましたが、会場で見るより遥かに良く細かいプレーまで見られますね(笑
普段意識しないテレビの力にビックリです(笑
会場では、遠い方のゴール前の攻防なんて、ほとんと見分けがつかないもの。
どんなことでも体験すると新たな視点が生まれるものです。

|

« 最高でした! クラブWC、決勝、準決を新横浜からレポートpart1 | Main | ロスト・イン・トランスレーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/17407750

Listed below are links to weblogs that reference 共鳴する快楽  クラブWC、決勝、準決を新横浜からレポートpart2:

« 最高でした! クラブWC、決勝、準決を新横浜からレポートpart1 | Main | ロスト・イン・トランスレーション »