« 小さき勇者たち~ガメラ~ | Main | 中国鉄道大紀行@関口知宏 »

December 26, 2007

日経、日経金融新聞から記事にしたこと@12/26

1)アメリカ金利の見通し。景気現状。欧米中銀5行の連携
①FOMCでの利下げ幅は、0.25でしたが、追加利下げが確実視されています。
券王と呼ばれるピムコのビル・グロスと「マエストロ」グリーンスパンによれば08年中に2.5-3%程度まで低下する、とのご託宣です。

ただ11月の消費者物価は3.5%、生産者物価は6.5%上昇しており、金融緩和の障害となる可能性があります。

②実態経済にも波及しまじめ、消費は高額品も鈍り始めました。GSは、ローンの貸し渋りが2兆ドルに達するという予想です。

➂負のレバレッジがかさみヘッジファンドの損失は最大損失は520億ドルとの観測です。
ドレスナーのI・ハーウッドによれば、90年危機と似て折り、メトルダウンの住宅市場では
「われわれは史上最大のブームの後の荒廃の中にいる@E・シラー」という発言を紹介しています。
また原油が高騰し深刻な需要デフレの危機もある。
しかしFHLB(米連邦住宅貸付銀行)が数百億ドルの資金を住宅ローン業界に注入しています。

GSの来年度予想は日本1.2%、米国1.8%、ユーロ1.7%、中国10%、世界4%

2)中国、アフリカで存在感
56億ドルを投じて南アフリカの銀行の発行済み株式20%を収得しました。
中国の輸入原油の27%はアフリカ産で、アフリカ48カ国の政府首脳を集め北京会議を開催し、資本援助を公約しています。
買いあさる資源が高騰し、投資が促進され、07年のアフリカの成長率は6%に迫る可能性があります。


3)政府系ファンド、ウォール街に急速浸透、崩れる先進国優位
シティにはアブダビ、モルガン・スタンレーは中国、UBSにはシンガポール。シティは11%、MSは9%の金利で普通株に転換される。
300兆円の新興国マネーが国家の論理で動きだした。
「我々が世界の金融秩序の安定に寄与できたのは喜ばしい@中国金融当局
「連中を見てみろ我々より大きな顔をしている@FRB」
そして何もしない日本・・・
しかし米の減速補う収益源を新興国稼ぐのも日本企業です。

そして米国住宅市場低迷からアジア各国の輸出へ影響とも言われています@リーマンB
循環してますね。

4)日本の国際音楽コンクール、ハングリーな外国勢台頭
ウクライナなどは、政治経済状況が不安定な中、脱出してきたので
「音楽で父ちゃん、母ちゃんを養ってみせる」との気迫が違う@中村絋子

スタジアムの建築思想@フットボール熱源
日本のスタジアムは観客に優しくない。
イングランドなら客席は寒風から防御され、席はピッチに迫り、臨場感は抜群である。
この間の横浜国際で実感したよ。
風避けられるとこなんにもないんだもん。

「俺は最強だ!」ラケットにそう書き、大声で叫びながら国枝信吾は戦う。
「この言葉を見ると自分が本当に最強だと思える」

|

« 小さき勇者たち~ガメラ~ | Main | 中国鉄道大紀行@関口知宏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/17488506

Listed below are links to weblogs that reference 日経、日経金融新聞から記事にしたこと@12/26:

« 小さき勇者たち~ガメラ~ | Main | 中国鉄道大紀行@関口知宏 »