« 予想を超えるエンディング!結婚できない男:最終回 | Main | レクサスLS登場 ベンツ、BMW、との個人的比較 »

September 20, 2006

レクサスLS登場! セルシオ・レポート編

レクサスLSデビューのようなので、セルシオのレポートを書きます。
昨日、発表だったわけですがCMも広告も見ませんでしたね。
朝刊あたりに一面ぶち抜きの広告でも打つのか、と思っていたのですが、そこは受注、1万台超の強気でしょうか?

さてレクサスの前モデルとなったセルシオとは如何なるクルマか、と言えば、「完璧に磨き上げられたクルマ」という印象です。
静かで速く、快適で信頼感は抜群。
特に感心したのが空調で、このクルマに乗っている限り空調のことは完全に忘れていられるのです。
物事は完璧になると消え去ってしまうという不思議がここにあります。

真夏の炎天下に駐車してあるクルマに乗ってもいつの間にか冷えている。
その間の作動も無理がなく、大きな排気量から巨大なトルクを生み出して走るように粛々と室内を冷やします。

走りはスムーズですが、飛ばせば相当に速いです。
私はとりあえずどんなクルマに乗っても飛ばすのですが、(一人で乗っている時だけ!)ハンドリングは正確で、少し大きめのロールからコーナリングの限界もつかみやすくかなりイケマス。トルクも低回転から十分で大きなボディに俊敏な瞬発力を与えています。

ただ飛ばしているとなんとなくバカみたいに思えてきて結局止めてしまうのも不思議な処。
安全で良いんですけどね。

また大きな車体の割には見切りが良く182cmある車幅もそれほど気になりません。
日本は乗っていれば絶対狭い処に行かざる得ないのですが入っていくのは大丈夫。
問題はむしろ車体の長さで5メートル越えはやはりキツイです。
駐車で持て余すんですよね。
目的地までの道は選ぶことが出来ても、行った先の駐車場までは計算外ということもあってそれだけは気を使います。この間は込み合ったファミレスで往生しました。
狭い場所では小柄な車体は何よりの性能で、この点車体を伸縮させる訳にはいかず、面倒な処です。

どうもセルシオは優等生過ぎて、シビックに感じる健気さも、マセラティ・スパイダーの妖艶さもなく、良くて当たり前、と気の毒なキャラクターなのですが、一度台風接近の日に、出かけなければならないことがあり、その時は強い風雨の中でも安全や快適さを完全に保障してくれているようでとても有難かったです。
普段は寡黙でも有事には頼りになる静かな日本の男って感じでした。

次回はベンツ、BMW,再来年登場らしいアキュラと比べてどうか?というのを書きます。

|

« 予想を超えるエンディング!結婚できない男:最終回 | Main | レクサスLS登場 ベンツ、BMW、との個人的比較 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/11966074

Listed below are links to weblogs that reference レクサスLS登場! セルシオ・レポート編:

» BMW、レクサス正面対決!〜その6 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
BMW、レクサス正面対決!〜その5の続報です。 ついに9/19、新型レクサスLS460が国内登場です。 BMWやメルセデスのライバルとなる?本命グレードですが、どうなるのか?いろいろなメディアで取り上げられています。 特にTech-On!さんの記事は興味深い内容です。 レクサスは販売開始以来1年で、ほぼ2万5000台を売ったことになります。輸入高級ブランドで年間にこれ以上の台数を売っているのはBMWの4万4980台、Mercedes-Benzの4万6161台程度で、最近販... [Read More]

Tracked on September 20, 2006 at 07:36

« 予想を超えるエンディング!結婚できない男:最終回 | Main | レクサスLS登場 ベンツ、BMW、との個人的比較 »