« タイムライン | Main | 私の花粉症迎撃心得のこと »

February 05, 2005

ゴマジョーと呼ばれる娘@午後のラーメン編

雨の日の日曜日の午後、小腹の空いた私は、自分のお小遣いでかったラーメンを食べていた。
それは名店シリーズの一つで、そっと買って食べるのを楽しみにしていたのである。

食べ始めるとすぐに、右手斜め前方から強い気の気配、
というか気配を超越した物理的な圧力にまで高まったジリジリと焼け付くような熱気、があった。
誰がこの熱烈な人肌を焦がすような視線を私に投げかけているかは、確かめなくても分かっていた。
次女の席からの方角であるし、彼女は食べることと、お笑いには目がない。

ウチの次女はゴマジョーと呼ばれている。
11才の少女であるが、どうも漂う雰囲気が高利貸しとか、右翼とか、総会屋とか、
お猿の大魔王という感じなのである。

私は人間の視線がこれほどまでの圧力を生むという事実に、驚きながも食べつづけた。
1度書いたがこれは私の小遣いで購入したモノであり、娘といえど分け与えるいわれはない。
しかしその視線の圧力に、正直ビビってもいた。
これなら西武鉄道の株主総会でも仕切れそうな迫力である。

ふっと、娘は立ち上がると、私の隣で生協への注文表に記入している妻の背中に取り付いてきた。

「あら、珍しい。どうしたのごまちゃん」
「甘えにきた」
「コラ、大きくなっても甘えん坊だな、ごまは」

私は妻と娘の会話を聞きながら、慄然としていた。
娘は絶対に甘えにきたのではない。
熱気を孕んだ視線は、今隣からきている。
私のラーメンが目当てなのである。
妻の背中でふざけながら、娘は私のドンブリから目を離さない。
見ていた分けではい。
見なくても分かるくらいの、体が押されてしまうような気迫なのである。

私は負けを認めた。ラーメン1杯で寿命を縮めたくない。
「ごま、らーめん欲しいのか」
「うん、ちょっとね」
この瞬間、私の体を圧倒していた気の圧力がなくなった。
呼吸が楽になり、体が軽くなったようだ。
「パパが食べてるのよ、ダメよ、ごまちゃん」
「わかってるよー」
再び私の体を押しつぶすような圧力が蘇った。
私は諦めた。
「いいよ、ごまちゃん食べなさい」

娘は私の退いた椅子に座ると、スープまで全部飲んだ。

|

« タイムライン | Main | 私の花粉症迎撃心得のこと »

Comments

Σ(`Д`;)
な、なんか臨場感あって怖すぎます...文章が...
手に汗にぎっちゃった・・

Posted by: ハト | February 06, 2005 at 23:10

う~ん。凄い娘さんですねぇ。将来きっと大物になるんでしょうね。そんな女の子を娘に持つ父親も大変かもしれませんが、はるくさんも頑張ってくださいね。

Posted by: スマ | February 06, 2005 at 23:59

>ハトさん。
ホントにスゴイ迫力を感じたんです。
ラーメンを食べたかったという真相が分かった時は、嫁と笑いましたけどね。
娘は笑われながらも食べきりました。
何か、ビンボーそうな記事なので、恥ずかしいです。

>スマさん
始めまして。
いつの間にかリンク張っていただいて、ありがとうございます。
>将来きっと大物になるんでしょうね
いや、雰囲気だけの見かけ倒しで、実際は小鹿に追われて、慌てて自分から猿の檻に逃げ込んでしまうような小心者の娘です。
太いのは体だけ。

Posted by: 晴薫 | February 07, 2005 at 00:23

笑った! かわいいお嬢さんをお持ちですね。テレパシーを身体で表現しているのでしょうか。
>妻の背中でふざけながら、娘は私のドンブリから目を離さない
情景が頭に浮かんできます、晴薫さんの文才のせいでしょうか。
これから先、自分の欲しい物は手に入れられ、世の中をスイスイ渡って行く事を感じさせるお子様ですね。

Posted by: hello nico | February 08, 2005 at 01:31

う~ん 大物間違いなし!>娘サン
あっぱれ!!

Posted by: PAUDA | February 08, 2005 at 15:29

>ハロニコさん。
でも欲望の対象が、食べ物とお笑いマンガだからね。好きなのは氷川きよしだし・・

ただ打たれ強いのはいいかな。
宿題をやらずに嫁に怒られても、30分もするとヘラヘラしているのはかえって安心。
これから生きてく上でイヤなことがあっても、これだけ能天気ならなんとかなるのでは、と思っています。

>PAUDAさん。
通ってる塾で男の子5人と喧嘩をするらしい。
それで困った先生が、女の子は弱いんだから、守ってあげようという目論みで、腕相撲大会をやらせたらしいんだけど彼女が優勝。
「ごまちゃんは強いから、みんなさからちゃダメだよって」
結論が・・・なんか違いますよね。

Posted by: 晴薫 | February 08, 2005 at 21:39

>みんなさからちゃダメだよって
また笑わせていただきました!

Posted by: hello nico | February 09, 2005 at 00:04

女の子だから、腕力があってもしょうがないんだけどね。
親に似て運動神経は鈍いんです。
力だけがあるの。
でも重い荷物とかも持ってくれるので、実用性はある娘です。

Posted by: 晴薫 | February 09, 2005 at 12:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/2816739

Listed below are links to weblogs that reference ゴマジョーと呼ばれる娘@午後のラーメン編:

« タイムライン | Main | 私の花粉症迎撃心得のこと »