« ロココと新古典時代 | Main | S.W.A.T »

January 17, 2005

キル・ビルVol.1

かつて若き映画オタク少年だったタランティーノが、
深作ヤクザ映画を、日本刀を、梶芽衣子の「さそり」を、
雪の降り積もる日本庭園での決闘を、昔みた映画での千葉真一を、料亭を、刀鍛治を
クールだぜ、
と思ったのだ、ということは良くわかる作品。


ともかく俺(タランティーノ)はB級映画が大好きだから好きに造るぜ。
カットバックも音楽も感性のままに突っ走る! モラルも制限もなし!
途中はアニメにするもんね。
ついでに今時の日本女子高生も登場させちゃう。
とやりたい放題やってヒット作にするのだから、天才なんだろうな。
特に音楽の使い方がみんな巧い。
梶芽衣子の「恨み節」なんて、こういう使い方があったのかと、ひっくり返った。


PS:1
R15指定は妥当。
大人数相手の斬り合い場面はダレたし、血しぶき描写もあまり良い趣味とは思えなかった。
まぁ趣味の良さを楽しむ監督じゃないけどさ。

PS:2
ストーリー、「女囚、さそり」のコラージュでしょうか?
ベラスケスの「ラス・メニーナス」をリライトしたピカソ並のコラージュ。
でもあの映画、英訳されているのかな?
まぁ訳がなくても話しはわかるか・・・
日本訳のまま見ていた映画も多かったから、セリフもいつの間にか日本語になる?

印象に残ったセリフ
「フェラーリなんてゴミよ」
よく言った!
日本刀みたいな切れ味と凄みを持ったクルマを出してくれよ、日本車メーカー。
最近はハーレーにすっかり人気をさらわれた日本製大型高性能バイクが、
ハイトーンのサウンドを響かせます。あれも現代日本の誇る音なんだよね。
タランティーノはよく使ってくれたよ。
またお願いします。

|

« ロココと新古典時代 | Main | S.W.A.T »

Comments

こんにちは~。
私はキルビルを見て「さそり」を見たくなりました。「701号怨み節」をレンタルして見ましたよ。
実はこれ小学生の頃親に連れて行ってもらった映画なんです。(どういう親やねん)
小学生が覚えているのはどうかと思うシーンばかり覚えてました。R指定なんてなかった時代ですものね。(笑)
次に「41号雑居房」を借りる予定です。

Posted by: ミミ | January 18, 2005 at 20:27

こんにちは~。ミミさん。

>どういう親やねん
笑! 私も聞きたい! ツッコミたい。

>小学生が覚えているのはどうかと思うシーンばかり覚えてました
そういうもんだよね。
俺も実感して最近は気をつけてるけど、もう手遅れかな@俺の娘たち・・・

最近の映画ってともかく安心できないですよね。
ちょっと油断してると、平気でHシーンになる。
残酷シーンも嫌だ。

でもこっちも時間がないからついつい子供いる時間にも観てる・・・うーーーん困った、困った。

Posted by: 晴薫 | January 18, 2005 at 21:33

いつもコメントありがとうございます。

この映画は映画館で見ました。そして2は見ませんでした。
チャンバラ映画が好きな人にとっては爽快かもしれませんが、私にとってはお金を払った事を後悔させた映画でした。
ルーシー・リュウのたどたどしい日本語(姿は素敵でしたが)に違和感を感じ、もっといい日本人女優はいないのかとも思いました。
タランティーノが好きなので大いに期待したのですが、劇画でしたね。

Posted by: hello nico | January 23, 2005 at 23:54

>いつもコメントありがとうございます。
とんでもございません。
NICOさんの記事にまたコメントを書きたいものがありますが、今日はもう、おねんねの時間なのでまた明日書きます。

>金を払った事を後悔させた映画でした。
確かに、お金払って観るほどの映画ではないかもしれないですね。
私は衛星放送だったので損をした気にはなりませんでしたけど。

>もっといい日本人女優はいないのかとも思いました。
かつての藤純子へのオマージョだと聞いています。

>タランティーノが好きなので大いに期待したのですが、劇画でしたね。
私もタランティーノにしても、遊びが過ぎている感じはしました。
でも2も観ますよ、もちろん衛星放送でやったらね。
金はだせん!
という感じはある。

Posted by: 晴薫 | January 24, 2005 at 00:43

ちゃんと結末を知りたいので(何となく予想できますが)もちろん私も2見ますよ。映画館の大きいスクリーンで見るのはちょっと辛かったので、テレビでいいです。

Posted by: hello nico | January 27, 2005 at 00:12

映画館の大スクリーンじゃ確かに辛そうな映画ですね。
俺も映画館じゃみたくないな。

WOWOWで来月、YESをやりますね~。
この間のD・ボウイは見ましたか?

Posted by: 晴薫 | January 27, 2005 at 20:56

>晴薫さん
やっと観ましたので、
TBさせていただきました。 

♪タッタラーッタ、タッター♪
が、頭から離れません。
「恨み節」よかったあ。

Posted by: ユカリーヌ(月影の舞) | May 25, 2005 at 17:16

どうもありがとうユカリーヌさん。
「恨み節」良かったでしょ。
もう、ぶっ飛んだよね。

我々が馬鹿にしがちな「日本の音楽」をこう使ってくるとはね。

やっぱり鋭い感性だと思います。

Posted by: 晴薫 | May 25, 2005 at 17:46

えっと・・・えっと・・・あ、リンクさせていただきました。
で、この映画なんすけど、はっきり書いてないんですが、実は途中で寝ちゃった(笑)
だって・・・チャンバラ長いんだもん・・・そんな集中力続かなかった(^o^;
あ、でもちゃんと見直しましたよ。
タラちゃん節爆裂で、遊んでるなぁ・・・と感心しちゃいました。
これって笑っていい映画ですよね??あれ?

Posted by: chibisaru | August 08, 2005 at 17:11

こんばんは、chibisaruさん。
>あ、リンクさせていただきました。
どーも、どーもです。
これからもどうぞよろしく~

>チャンバラ長いんだもん・
そう、長すぎですよね。
しかもちょっとやりすぎで、1部は趣味も如何なものか・・・と私は思いました。

>これって笑っていい映画ですよね??あれ?
笑ってイイ映画だと思います(笑
おそらく1番笑っているのはタラ自身だと思います。

ではでは。

Posted by: 晴薫 | August 08, 2005 at 21:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58081/2607074

Listed below are links to weblogs that reference キル・ビルVol.1:

» キル・ビル Vol.1 [月影の舞]
「キル・ビル Vol.1」      2003年/ アメリカ    製作・監督・脚本: クエンティン・タランティーノ     出演 :  ユマ・サーマン、ルーシー・リューほか 「復讐」というテーマにもかかわらず暗さや陰陰とした 怨念がない痛快アクションもの。 痛快といっても、グロさもたっぷりあるので ダメな人にはダメかも。 スピーディでチープさとディープさが... [Read More]

Tracked on May 25, 2005 at 17:11

» キル・ビル[Kill Bill:Volume1] [ヒトコトシネマレビュウ]
★とっても濃いオタクにーちゃんの話キル・ビル Vol.12003/アメリカ=日本 監督、脚本:クエンティン・タランティーノ ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする☆すっごい映画オタクで、自分の大好きな映画のことをいっぱいお話ししてくれた。私から見れば、もう古びて... [Read More]

Tracked on May 31, 2005 at 11:49

» 「キル・ビルVol.1」ブッタ斬り! [soramove]
「キル・ビルVol.1」★★★☆ ユマ・サーマン主演、タランティーノ監督 日本の任侠映画が好きだという タランティーノは オマージュという言葉を 借りながらパクリまくりの映画を作った。 (らしい) 元ネタを知らないので そういうことは気にならないが ...... [Read More]

Tracked on July 23, 2005 at 08:46

» #336 キル・ビル Vol.1 [風に吹かれて-Blowin' in the Wind-]
製作:ローレンス・ベンダー 製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、 ハーヴィー・ワインスタイン、エリカ・スタインバーグ 、イー・ベネット・ウォルシュ 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ 撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:THE RZA 美術:種田陽平、デイヴィッド・ワスコ 編集:サリー・メンケ 衣装(デザイン):キャサリン・マリー・トーマス、小川久美子 出演者:ユマ・サーマン 、ルーシー・リュー 、ダリル・ハンナ 、デヴィッド・キャラダイン 、千葉... [Read More]

Tracked on August 08, 2005 at 17:08

» キル・ビル Vol.1 [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
おすすめ度:★★★★  映画公開当時話題になった作品なので映画館へ行くかどうか迷って結局行かなかった。その作品がレンタルショップで旧作になったのを見てすぐにDVDを借りて来た。  先に見たリーくんから血がドバッと出るわ、千葉真一さんが寿司屋のオヤジの役で出...... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 11:10

» Kill Bill vol.1 [ミュージックファクトリーの音楽・映画情報]
この映画は結局何を伝えたかったのかわからなかった映画でした↓ タイトル:キル・ビル Vol.1 主演:ユア・サーマン 出演:ルーシー・リュー 監督:クエンティン・タランティーノ この映画のお話は、ヒロイン(ユア・サーマン)が結婚式当日に、元恋人ビルに婚... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 14:35

« ロココと新古典時代 | Main | S.W.A.T »